このブログのオリジナルコンテンツ一覧
全記事タイトル一覧
・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品

※彼女がいない私の友人に、嫁が手でしてあげると言いだした2(転載禁止)

前回の話

「ご、ごめん、出過ぎちゃった……。いま拭くね、ティッシュ……」
清は、かなり動揺している感じだ。菜々美の手は、まだ彼のペニスを握ったままだ。そして、その細い指は、清が出した精液でドロドロになってしまっている。確かに、見るからに量が多い感じだ。

『大丈夫だよ。気持ち良かった?』
菜々美は、そう言ってペニスを離す。そしてティッシュを手に取りながら精液を拭いていく。
「う、うん。気持ち良かった。最高だったよ……ありがとう」
清は、射精したせいか冷静になった感じだ。申し訳なさそうな感じになっている。

『気持ち良かったんだね。よかった。下手くそだから、痛くないかなって心配だったんだ。今、清さんのも拭くね』
そう言って、再び彼のペニスを掴んでティッシュで拭き始める菜々美。慌てて遠慮する清。でも、
『まだ固いままなんだ。いつもこうなの?』
と、菜々美が質問を始める。清は、恥ずかしそうな顔で、
「う、うん。なんか、出しても固いままな事が多いんだよね……。性欲強いのかな?」
と、告白する。実際、彼のペニスはさっきのガチガチの状態と同じように見える。

『そうなんだ……。でも、羨ましいかも。パパなんて、出したらフニャフニャだもん。あ、最近はしてる途中でもそうなるか』
菜々美は、おどけたように言う。でも、実際にその通りなので、私は申し訳ないような気持ちになってしまう。不思議なもので、さっきまでは私のペニスもガチガチで射精寸前かと思うくらいの感じだった。でも、今は刺激がなくなったせいか、すっかりと普通に戻ってしまっている。
私は、どちらかというと性欲は少ない方かもしれない。セックスも、なければないであまり気にならない。菜々美とも、気が付けば何ヶ月もしないで過ぎてしまう。

「へぇ、意外だな。菜々美ちゃんみたいな子が奥さんなら、毎日でもしちゃうのかなって思ってたよ」
清は、私と菜々美を交互に見ながら言う。
『そんなことないんだよね~。もう、私に飽きちゃったのかも』
菜々美が明るい口調で言う。
「そんなことないでしょ。菜々美ちゃん、すごく可愛いし。俺が旦那なら、絶対に毎日しちゃうよ」
清は、いつになく踏み込んだことを言う。
『本当に? じゃあ、清さんの奥さんになっちゃおっかな?』
菜々美は、挑発的な顔で言う。私を興奮させるためなのかはわからないが、さっきから妙に挑発的な目で私を見ている気がする。

「そ、そんなの無理だよ。菜々美ちゃん、孝弘の奥さんだもん」
少し動揺している清。珍しいなと思う。いつも、動揺したり慌てたりせず、とことんマイペースという感じだ。うどの大木というあだ名がつくのも仕方ないかな? と、思うくらいの感じだ。

『じゃあ、エッチの時だけ奥さんになる』
菜々美は、そんな風に言う。
「えっ? ど、どういう意味?」
清は、本当に意味がわからないという顔だ。
『私がエッチしたくなったら、清さんにしてもらうって事だよ』
菜々美は、やっぱり私を挑発的な顔で見つめながら言う。
「そんなのダメだよ! だって、菜々美ちゃんは孝弘の奥さんでしょ? そんなの出来ないよ」
慌てた感じで言う清。いつものんびりしている彼が、慌てている姿はちょっと新鮮だ。
『どうして? 私とじゃ、イヤ?』
菜々美は、色っぽい顔で質問する。まるっきり、誘惑しているような感じだ。
「い、いや、それはその、イヤではないけど……。孝弘、なんとか言ってくれよ」
助けを求めるように私に言ってくる彼。でも、私が何か言う前に、菜々美が、
『別に良いいでしょ? パパも、そうしろって思ってるんでしょ?』
と、言ってくる。その表情は魔性の女という感じで、菜々美がこんな顔をするなんて今まで見たことがない。私は、菜々美のそんな顔に魅入られたようにうなずいてしまった。

『ね? パパもOKだって』
菜々美は、笑顔で言う。
「マジで? 本気なの?」
清は、驚いたような顔で言う。私は、もう一度うなずいた。
『じゃあ、早速しちゃう? 私、したくなっちゃってるよ』
菜々美は、上気したような顔で言う。さっきから、ブラジャー姿になっている菜々美……。表情も含めて、妖艶な雰囲気がプンプン漂っている。
「えっ? 今から?」
清は、ビックリしたような顔で言う。でも、彼のペニスはどう見てもギンギンに勃起した状態だ。
『うん。だって、清さんのすごいんだもん。触ってるだけで興奮しちゃったよ』
菜々美は、恥ずかしそうに言う。
「いや、でも、そんな……」
ただただ動揺する清。菜々美は、動揺する清にかまわず、彼の前にひざまずくように座る。ソファにペニスをむき出しのまま座っている清。菜々美は、ゆっくりと顔をペニスに近づけていく。
『すごい……。本当に大きい。ドキドキしてきた』
菜々美は、好奇心で目が輝いているような感じだ。そして、舌を出して清のペニスを舐め始めてしまった。あまりにも急な展開に、私は完全に固まってしまった。
「あぁ、菜々美ちゃん、やっぱりこんな……」
清は、ペニスを舐められながらもやっぱり困ったような顔になっている。
『そんなこと言っても、カチカチになってるよ』
菜々美はそう言って舐め続ける。菜々美もまだ迷いがあるのか、舐め方がぎこちない。私は、無意識に股間をまさぐり始めていた。ズボンの上からまさぐるだけでも、あっという間にイキそうになってしまう私……。嫉妬の感情が興奮に置き換わっているのかな? と、不思議に思ってしまう。

菜々美は、清のカリ首あたりを重点的に舐めていく。私にするときと同じ感じだ。でも、私の物よりも大きなペニスを舐めているので、菜々美の舌が妙に小さく感じる。

『本当に固い。こんなに太くて、くわえられるかな?』
菜々美はそう言いながら舐め続ける。そして、大きく口を開けて清のペニスをくわえ込んでいく。
「あぁ、菜々美ちゃん、気持ちいいよ」
思わず声を漏らす清。本当に気持ちよさそうだ。そして、菜々美は口の中いっぱいに広がる太いペニスに対して、頭を振ってフェラチオをし始めてしまった。本当に目一杯口を大きく開けている菜々美。少し苦しげだ。それでも、菜々美は熱心にフェラチオを続けていく。

「菜々美ちゃん、触ってもいいかな?」
清が、興奮した顔で質問する。いつもの温和な彼からはイメージしづらい、血走ったような顔だ。本当に興奮しているんだなとわかる。

『良いよ。触って欲しかったんだ。私も気持ち良くして』
菜々美がそう言うと、清は手を伸ばして菜々美の胸を揉み始める。サイズの合っていない小さなブラ……。それごと揉み始めた清。少し荒っぽい感じで、鷲づかみみたいにしている。

『ブラ、外してくれる?』
菜々美が、やっぱり興奮気味の声で言う。すると、清はすぐにブラを外し始めた。意外に上手くホックを外す彼。菜々美の大きな胸があらわになる。

妊娠をきっかけにして大きくなった胸……。妊娠の最中は、乳輪が黒ずんだ感じになっていた。でも、今は元のピンク色に戻っている。私は、ドキドキしていた。本当に、揉まれてしまう。私だけが許されるはずの行為を、清がしてしまう……。

そんな危機感を持っているのに、私は結局なにも言えずなにも出来ずに見つめるだけだ。
「綺麗だね……それに、大きい」
清は、菜々美の胸を見つめながら言う。
『そんなに見られたら、恥ずかしいよ』
菜々美は、恥ずかしそうに言う。すると、清が菜々美の乳首に吸い付くように口をつけた。そして、舐め始めると、
『あっ、んっ、あっ、あんっ、ぼ、母乳出ちゃうかも』
と、あえぎ声交じりに言う。この前の、菜々美が浮気をしたというウソを聞きながらのセックスは、嫉妬と興奮がすごかった。今、菜々美は本当に浮気をしている。そして、本当に母乳を他の男に飲ませようともしている。私は、あの時以上の嫉妬と興奮を感じながら、股間をまさぐり続ける。

清は、菜々美の言葉を聞いて吸うような動きを始めた。
『あっ、ダメぇ、吸っちゃダメ、出ちゃう、おっぱい出ちゃう』
菜々美は、泣きそうな顔で言う。でも、清は吸い続ける。
「思ったより、甘いんだね。美味しいよ」
清は、かなり興奮している。勃起したペニスが、揺れるようにビクンビクンと動いていることからも、それがよくわかる。

『パパ、ゴメンね、本当に飲まれちゃったよ』
菜々美は、そんな風に言ってくる。でも、その顔は挑発的な感じに見える。清は、胸を責め続ける。指でも乳首を触りながら、夢中で舐め続ける。
『あっ、あんっ、うぅっ、気持ちいい。清さん、上手だよ』
あえぎ続ける菜々美。他の男に感じさせられてしまっている……。菜々美が、他の男にあえぎ声を上げさせられている……。私は、悪い夢を見ているような気持ちになりながらも、股間をまさぐり続ける。

清は、菜々美をソファに寝かせた。そして、覆い被さるような格好で胸を責め続ける。短いスカートはまくれ上がり、薄いピンクのショーツが丸見えだ。そのショーツには見てわかるほどの大きなシミが出来ているのがわかった。菜々美の身体が、清のペニスを求めている……。そう思った瞬間、私は嫉妬と興奮がさらに一段強くなるのを感じた。

「キ、キスしてもいい?」

【続きは出典元から】


・FC2BlogRankingでこの続きを探す
・オリジナルの体験談一覧(姉妹ブログも含む)
関連記事
・バイト先のパートの人妻が、エッチな動画を見せてきた
・出張先で見た妊婦物動画には、見慣れたリビングが映っていた5
・彼女がいない私の友人に、嫁が手でしてあげると言いだした完
・高校生の息子の友人と、親密すぎる嫁6
・無精子症の私は、妻の妊娠を巨根の甥に託してみた3
・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品


 

カテゴリ

プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読めます。


月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者マガブロ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
2位
アクセスランキングを見る>>

リンク元ランキング