このブログのオリジナルコンテンツ一覧
全記事タイトル一覧
・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品

学校で絵里とセックスした話

学校でしたエチ話を思い出したので書いてみっか。
今日は仕事もヒマだし(W)

相手はその時の彼女で深津絵里似、152cm,40kgのCカップ。
髪は染めてなく肩ぐらいのちょっとマジメ入ってる感じ。
高三11月の放課後(PM4頃)
彼女とは1年前に初エチ。
彼女は俺が初めて(彼女の自己申告。事実はわからん)
俺は彼女で3人目。(彼女じゃなんかつまらんので絵里としとくか)
イスに座る俺の上に絵里が後ろ向きで座りゃ
まずは自然と首筋にキスするわな
「やん」なんて声聞くと余計萌えてブレザーの上着に手を忍ばせてシャツのボタン
を2つ外して片手を入れると「ダメ!」と絵里。
遠くで部活の声がする中、時々廊下を人が通る声が聞こえると二人とも静かに黙ったりしながら
また首筋から耳に舌を這わす。
シャツの中の右手はブラをずらして乳首をつまんだりして弄び左手はモモをなでながら
徐々にスカートの中へ。
その時すでに絵里はハァハァ状態。

腿から奥に手を入れていくと自然と足を広げる絵里。
振り向かせながら舌を絡めあわせつつ右手は乳首を責め左手はすでにしっとりしている下着の上から
優しく縦にナデナデ。
左の中指で下着をずらしトロトロになったクリを撫でると絵里はビクッとしてより強く舌を吸ってきた。
絵里はイキやすい体質みたいで特にクリが弱い。
たぶん小さい頃から一人エチはしてたんだと思う(本人は違うと言い張っていたが)W
Hモードにスイッチが入ると絵里は妙に色っぽくなっていつものマジメちゃんから豹変する。
こんな絵里の一面を知っているのは俺だけだと思うと余計萌えた。

体勢を変えてヒザの上で横向きにさせ、もう一つシャツのボタンを外しブラからはみ出ている乳首に
吸いつく。
今度は右手の中指を中に入れゆっくり優しくかき混ぜると俺の頭にしがみつきながら「あぁ・・」と
片手で口を押さえて声を出すのを必死にこらえてる絵里が可愛い。
(やはり場所が場所だけに制服や下着を脱がせられない。とっさに誰か来たらまぁいちゃついてた程度に
押さえたいし。もちろん声もあくまでも静かに。下着は脱がさず、ズラシが基本。このシチュエーションが萌える!萌える!)
指を二本にして絵里の弱い部分を責めると首を振って「ダメダメっ」と苦しそうに言ったので一度休憩。
ふやけて濡れた二本の指を見せると「ヤダっ」と言ってポケットからハンカチを出して拭いてきた(W

絵里が自分ばっかり気持ち良くなって悪いというのでフェラしてもらうことに。
立ちながらカチカチになったモノを出すと絵里はしゃがんで恥ずかしそうに照れ笑いするとパクッとくわえた。
俺の部屋なんかでココ一年教えてきた絵里のフェラはなかなか上手い。
もう暗くなりつつある教室でしゃがみながら時々上目遣いフェラはたまんない。
そのまま口に出してもよかったんだけどやっぱり下の口に入れたい!
さすがに断られると思ったけど聞いてみると「いいよ・・」と意外な答え。
(学校のトイレで絵里とは前にしたことがあるけどさすがに教室は無かった)

「でも・・・誰か来たら・・・」と心配そうな絵里。

「じゃあ下着だけ脱いで」とやけに冷静な俺。

恥ずかしそうにササッと脱いでスカートのポケットにしまい込んだ。

机に手をつかせてスカートをめくり後ろからゆっくりとトロトロになってる絵里の中に入れる。
「んんっ・・」と必死に声を我慢してる姿がたまらなかった。
あまり速く動くとガタガタと机が音を立てるのでゆっくりと出し入れする。
色白の絵里のもっと白い尻を掴みいきり立った自分のモノがヌラヌラと濡れながら出たり入ったりを
見ながらするのは俺を余計に興奮させた。
いつも絵里とのHではフィニッシュが7対3で正常位よりもバックが多い。
もちろん俺がバックが好きなのもあるけど口では言わないが絵里も後ろからが一番感じるらしい。

最初は手をついてた絵里も片手で声を抑えながら机にしがみつくように胸から潰れた感じになった。
するとますます絵里の好きな部分にカリがあたる体位になりあっという間にヒクヒクと膣が痙攣してイッテしまった。
俺はそれを確認するとピストンをスピードアップして机の音も気にしながらイク寸前に抜いて絵里の尻に
出そうと思った瞬間・・・

抜いたと同時に放出したため俺のDNAは隣りの奥村の机の上に見事着床。

絵里はハァハァしながら立ち上がると俺にしがみついてきたので優しくキス。
と余韻に浸ってる場合ではないのでチャックを閉め教室の端にあった雑巾で奥村の机を拭くと
ますます広がって塗りたくってるようになったので(W)一度水でぞうきんを流してから三回ほど拭いたら
まぁわからなくなったのでヨシとした(W )
絵里は空気(Hのニオイ)が気になったらしく窓を全部開けていた。
辺りはすっかり暗くなり部活帰りの声が遠くで聞こえてた。

絵里はビショビショで気持ち悪いといってトイレに行き良く拭いてから下着を履いたと手をつなぎながら
帰った帰り道で恥ずかしそうに教えてくれた。そんな横顔がとても愛らしかった。


今は絵里も他の男と結婚して二児の母になったと風の噂で聞いた。
今となっては懐かしい思い出だなぁ。

そして最後に・・・・・

スマンorz・・・奥村。 



・FC2BlogRankingでこの続きを探す
・オリジナルの体験談一覧(姉妹ブログも含む)
関連記事
・なんでも聞いてくれる従順な嫁が、目の前で寝取られてくれました5
・仕事が減った僕のせいで、妻がメンズエステで働き始めました3
・バイト先のパートの人妻が、エッチな動画を見せてきた2
・スーパー銭湯でパートしている嫁が、セクハラされていた2
・無精子症の私は、妻の妊娠を巨根の甥に託してみた4
・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品


 

カテゴリ

プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読めます。


月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者マガブロ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
2位
アクセスランキングを見る>>

リンク元ランキング