このブログのオリジナルコンテンツ一覧
全記事タイトル一覧
・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品

地方の神事に参加したら、女性のふんどし姿フェチになりました

10数年前に、地方の神事に参加した時の話です。
ある地方の小さな町に、結婚前の若者が冬の海に入り神に一年の安全を祈る神事があります。
男性はふんどし、女性は白装束で凍るような冷たい海にズブズブ入って行き、
神主さんのような方が祈りをささげるというものです。
その町に親戚がいる私は、中学生の頃からタイミングが合えば参加させてもらっていましたが、
だんだん部活や塾通いが忙しくなり、敬遠するようになっていました。

しかし私が大学3年の年は地元の参加者が特に少なかったらしく、何度も誘いの電話が。
東京に住んでいる学生にとってその地方は簡単に行ける距離ではなかったのですが、
「交通費と小遣いを出すから」という甘い誘惑に負けて行くことにしました。

すると、驚くことというか嬉しいことというか、が待っていました。
10人ほどいた女性参加者のうち3人が、なんと「ふんどしに晒」姿でした。
ヤンキーとかギャルってわけでもなく、いたってフツーの学生風の娘たちです。
特別かわいいというわけではありませんでしたが、ふんどしのおかげで2倍増しに見えます。

あとで聞いたら、その3人は私のように県外から来た地元民の親戚だったのですが、
白装束を知らなかったわけではなく、気合を入れるために敢えてふんどしになったそうです。

もうこうなると男たちは神事どころではありません。
最初に浜で神主さんが簡単な儀式をするんですが、その間もずっとソワソワキョロキョロ。
いつもなら奇声を上げて我先にと海に入っていく男たちが女性たちの後ろについてモゾモゾ。
逆にいつもなら終わったとたんに我先にと出てくる男たちが、なぜか海の中でダラダラ。

そしてふんどし女性3人が海から出る時は、そのプリプリのお尻を凝視です。
待機してる係の人たちにすぐにバスタオルをかけられてしまうので一瞬も見逃せません。
前垂れがペタッっと張り付いて少し黒いものが透けてるようなところも目に焼き付けます。

私は海水の冷たさにも負けずビンビン。たぶんみんなそうだったと思います。
だってなかなか海から出ませんでしたから。

終わった後の宴会でも、ふんどし3人娘は男性陣に取り囲まれ大人気でした。
以後、その神事には3回参加しましたが、女性のふんどしを見たことはありません。
私はすっかり女性のふんどし姿フェチになってしまいましたが…。


・FC2BlogRankingでこの続きを探す
・オリジナルの体験談一覧(姉妹ブログも含む)
関連記事
・高校生の息子の友人と、親密すぎる嫁
・無精子症の私は、妻の妊娠を巨根の甥に託してみた
・出張先で見た妊婦物動画には、見慣れたリビングが映っていた
・親父の再婚相手は、親父よりも俺と歳が近い地味系巨乳だった6
・彼女がいない私の友人に、嫁が手でしてあげると言いだした3
・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品


 

カテゴリ

プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読めます。


月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者マガブロ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
49位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
2位
アクセスランキングを見る>>

リンク元ランキング