このブログのオリジナルコンテンツ一覧
全記事タイトル一覧
・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品

親父の再婚相手は、親父よりも俺と歳が近い地味系巨乳だった4(オリジナル 転載禁止)

前回の話

結衣さんは、お漏らしをしながらうめき続ける。もう、ショーツもスカートもビチャビチャだ。手首足首を連結されているので、身動きも取れずにうめき続けている。
口にくわえさせた口枷からは、よだれがとめどなく流れ出ている。結衣さんは、泣いているような顔でうめいてる。俺は、腰をガクガク震わせ始めた結衣さんを見て、やっと電マを離した。

スカートはまくれ上がり、ショーツが丸見えだ。お漏らしでビチョビチョになったので、クリトリスの形まではっきりとわかる。俺は、慌ててスカートを脱がせ始めた。けっこう濡れてしまったスカート……。俺は、それを椅子にかける。少しは乾くかな? と、思いながら、ショーツも脱がせる。


無理矢理M字開脚にされたまま、下半身裸になる結衣さん。本当に恥ずかしそうで、耳まで真っ赤になっている。でも、何か言おうにも、口枷のせいで声にならない。

俺は、とりあえずタオルを持ってきて濡れたシーツの上に敷いた。そして、結衣さんを持ち上げて濡れていない場所に移動させる。結衣さんは、何か言いたそうな目で俺を見つめている。俺は、それに気が付かないフリをして、結衣さんの膣口に顔を近づける。

「ビチョビチョだ。クリも、メッチャ大きくなってる。本当に、結衣さんって淫乱だね」
結衣さんの膣口を見ながら、そんなことを言ってみた。結衣さんは、なんとか内股にして膣口を隠そうとする。でも、手首と足首が拘束具で連結されているので、身動きできない。

俺は、恥ずかしがる結衣さんがたまらなく可愛いと思ってしまった。眼鏡をかけて地味な感じの結衣さん。でも、よく見るとすごく整った顔をしているし、胸も大きい。すごくイイ女なんだと思う。

俺は、結衣さんのキャミソールもめくり上げ始めた。すぐにあらわになるブラジャー。ショーツとそろいの、可愛いけど少しセクシーなタイプのヤツだ。俺は、ブラジャーを下に引き下げるようにした。むき出しになる大きな胸。抜けるように真っ白で、乳首も乳輪もちっちゃくてピンク色だ。
結衣さんは、泣きそうな顔で俺を見つめる。俺は、乳首にむしゃぶりつくように口を付けた。そして、舌を激しく使って舐め始める。
『んぅっ、ぅっ、んぅっ、うぅ~~っ』
あえぎ始める彼女。乳首は、さらにカチカチになっていく。俺は、興奮しきった状態で乳首を舐め続ける。結衣さんは、身体を震わせたり、硬直させたりしながらうめきっぱなしだ。

戸籍の上では俺の母親になる結衣さん。そんな結衣さんにこんな事をしている俺は、どうしようもない男なのかもしれない。でも、この状況で我慢できる男なんて、いるはずがないと思う。

俺は、乳首を責めながらクリトリスを触り始めた。
『うんぅぅう゛っ!!』
結衣さんは、ひときわ大きな声をあげる。でも、俺はかまわずに指でクリトリスを触り続ける。カチカチになっているクリトリスは、触る度に結衣さんが身体を震わせるようにする。

俺は、指でクリトリスの包皮を剥いてみる。そして、直接クリトリスを刺激する。結衣さんは、うめき声が大きくなり、表情もさらに泣きそうな顔になっている。

俺は、とにかくまさぐり続けた。もっと気持ち良くなってもらいたい一心で、勃起した結衣さんのクリトリスを触り続ける。すると、結衣さんは、
『うぅう゛っ~~~っ!』
と、口枷が壊れるくらいの感じでうめき、身体を震わせた。またイカせることが出来た……。そう思うと、俺は有頂天になってしまう。

俺は、脚を拡げたままぐったりしている結衣さんを見て、もっと気持ち良くなってもらいたいと思った。そして、恐る恐る指を膣中に入れていった。
ググッと締め付ける感触があったが、すんなりと入っていく。初めての感触、指触りにゾクゾクしてしまう。結衣さんは、うめきながら身をよじろうとする。指を抜こうとしている感じだ。

俺は、そのまま指を根元まで入れてみた。そして、なんとなく見様見真似で指を動かし始めた。
『うぅっ、うぅうっ、うぅ~~っ!』
うめき始める結衣さん。電マの時とはリアクションが違う。怖がっている感じがなく、本当に気持ちよさそうなうめき方だ。俺は、動きを早くしていく。そして、ネットで聞きかじった知識で、膣壁の上の方をこするようにしてみた。

どこがどこだかはまるでわからないが、Gスポットがあるらしき場所をこすり続ける。すると、結衣さんはアゴを上げてのけ反るような格好になっていく。俺は、こんなに感じてくれている! と、嬉しくなってきた。そして、指をもう一本増やして挿入した。

締め付けられる感覚。少し痛いくらいだ。俺は、こんなに締め付けられたら、ペニスだったらあっけなくイカされてしまいそうだなと感じていた。そして、とにかく膣壁の上側をこすり続ける。徐々に、掻き出すような激しい動きになっていく。

結衣さんは、うめき声がどんどん大きくなる。痛そうではなく、気持ちよさそうだ。俺は、どこをこすると反応が大きくなるのか徐々にわかってきた。そして、結衣さんはうめきながら潮吹きを始めてしまった。
俺の指の動きにあわせて、透明のしぶきを飛び散らせる結衣さん。俺は、慌ててタオルをシーツの上に敷く。結衣さんは、頭を左右にブンブン振りながら、潮を吹き続ける。そして、お尻を持ち上げるようにして、身体をガクガクッと震わせた。

俺は、指を引き抜く。結衣さんは、ぐったりとした感じで動かない。でも、妙に熱っぽい目で俺を見つめている。俺は、めちゃくちゃ迷った。このまま、ペニスを入れてしまおうか……そんな風に迷った。でも、結衣さんは俺の母親……そう思うと、どうしても踏み切れない。

俺は、さっき買ったディルドを取り出した。リアルな造形で、手に持つと大きくて重い。俺のペニスと、多分ほとんど同じサイズ感だ。俺は、ドキドキしていた。結衣さんは、ディルドを熱っぽい目で見つめている。欲しがっている……そう感じる。

俺は、ディルドを結衣さんの膣口に押しつける。結衣さんは、何も抵抗しない。ただ見つめている。そのまま、ゆっくりとディルドを押し込んでいく。

あまり抵抗を感じず、ズブズブと入っていくディルド。
『うぅぅうぅ! んぅうぅっ!』
結衣さんは、うめきながら腰を浮かせる。手首足首が連結された状態で、そんな体勢になる結衣さん。かなり力が入っているのがわかる。

俺は、そのまま一気にディルドを奥まで突っ込んだ。すると、結衣さんは背中を反らせて身体をガクガクッと震わせた。俺は、結衣さんが心配になってきた。そろそろ、解放した方が良いのかな? と、思った。でも、結衣さんは腰をなまめかしく動かしている。まるで、もっと動かして欲しいとリクエストしているように感じる。

俺は、ディルドを抜き差しし始めた。すると、入れるときよりも抵抗を感じる。グッと押さえられたような感じだ。俺は、それを強引に抜き差しする。
『んぅぅっ! うぅう゛っ~~~っ!! うぅう゛う゛う゛う゛っ~~っ!』
結衣は、本当に大きな声でうめく。俺は、ものすごく興奮しながらディルドを動かし続ける。これは、実質セックスをしているのと同じではないか? そんな感じがする。夢中で動かし続ける俺。うめき、叫び続ける結衣さん。

すると、いきなり結衣さんのスマホが鳴った。ビックリしてディルドから手を離す俺。結衣さんも、驚いた顔になっている。俺は、結衣さんのスマホを手に取った。親父からだった。
俺は、結衣さんの口枷を外して画面を見せる。結衣さんは、慌てた顔になり、
『ぬ、抜いて。これ、外して』
と、言う。俺は、慌てた顔の結衣さんを見て、少し意地悪な感情が湧いてきた。俺は、スマホを通話状態にした。スピーカーホンの状態だ。

「あ、もしもし、結衣? 電話できる?」
親父の声がする。結衣さんは、恨めしそうな顔で俺を見ながら、
『うん。大丈夫だよ』
と、返事をした。手首足首を連結され、M字開脚になっている結衣さん。膣には、ディルドが突き刺さったままだ。こんな状態で親父と通話をする結衣さんに、俺はドキドキしてしまった。

「予定変わっちゃって、高雄の方も行かないといけなくなったんだ。帰れるの、10日後くらいになりそう。ゴメンね」
親父は、優しい口調で言う。自分の妻に言っていると言うよりは、娘とかに話しているような口調だ。

『そうなんだ。寂しいけど、頑張ってね。無理しちゃダメだよ』
結衣さんは、やっぱり優しい口調で言う。そして、台湾の事を色々と報告し始める親父。結衣さんは、嬉しそうに会話を続ける。俺は、疎外感を感じて意地悪な気持ちになってきた。

突き刺さったままのディルドを握ると、ゆっくりと動かし始めてみた。目を見開き、ビックリした顔で俺を見る結衣さん。首を振ってダメとアピールする。でも、俺はかまわずに抜き差しし続ける。さすがに、強くは動かせないが、ゆっくりと抜き差しをする。

『うん。そうなんだ。……私も行ってみたい……な』
結衣さんは、徐々に声がおかしくなっていく。妙な間も開いている。


Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

カテゴリ

プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読めます。


月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者マガブロ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
61位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
3位
アクセスランキングを見る>>

リンク元ランキング