このブログのオリジナルコンテンツ一覧
全記事タイトル一覧
・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品

しょこたん似の先生に、性教育の教材になって欲しいと言われた僕は

小学6年生の頃、授業中に気分が悪くなり保健室に行った時の話です。
保健室の先生は就任したばかりの二十歳そこそこの若い女性の(しょこたん似)の先生でした。
スタイルもよく、見た感じ(B88・W55・H83)ぐらいだったと思う(記憶から計算)。

俺は、先生に気分が悪いのでベッドで寝かせてもらうよう頼みました。
先生は承諾し、ベッドに案内してくれました。
そこで俺は一時間近く寝ていました。
睡眠中にちょっとエロい夢を見て目が覚めました。
するとパンツの中がベタベタになっていました。
今でこそ夢精したのだとわかりますが、当時はものすごく怖くて、何かの病気じゃないのだろうかと思い、本当に焦りました。
それでゆっくりとベッドから下り、仕切りのカーテンを開けトボトボと歩いていたら、保健室の先生が話し掛けてきました。

「調子はどう?」

俺がはっきりと返事ができずに俯いていたら、先生に「心配事があるなら相談に乗るよ」と言われ、俺は今の状況を説明しました。

先生は相槌を打ちながら丁寧に聞いてくれました。
一通り話を聞いた先生は、「じゃあ、ちょっと見せてくれる?」と聞いてきた。
小6とはいえ、人前にちんこを見せるのは抵抗があったし、ましてや奇麗な女性の前でなんて・・・。
でも気持ち悪いし、と思い、ズボンとパンツを脱ぎ、先生に渡しました。
先生は俺のパンツの中身を見て、「うん、大丈夫。病気じゃないよ」と優しく言ってくれました。
そうして先生が僕のちんこに付いた精子をティッシュで拭き取ろうとしたところで・・・。

先生「写真に撮っていい?」

俺「え!」

先生「私、子供たちに性の勉強を教えないといけないから、わかりやすく教えるために写真みたいなのが欲しいんだけど」

俺が黙っていたら先生は続けて、こう言いました。

先生「ちゃんと大事なとこはモザイクかけるから、誰のとは言わないから」

俺「・・・あ、はい」

先生は「ありがとう」と言うと、机からデジカメを取り出し、まず俺の精子付きのパンツを撮り、続いて今度は俺をベッドに寝かせて、精子付きちんこパシャパシャ撮っていった。
撮られてる最中に俺のちんこはだんだん勃起してきて、先生にクスリと笑われました。

一通り済んだらやっと先生は僕のちんこの精子を拭き取ってくれました。
優しく包み込むように触られました。
俺の精子付きパンツとズボンは先生が洗濯中で、当分の間、下半身裸かと思っていたら、フル勃起している僕のちんこを見た先生が、「このままだと恥ずかしいよね」と言い、バスタオルみたいなのを腰に巻いてくれました。
洗濯物が乾く間、先生が性の授業をしてくれました。

先生「女性と男性の体の違いは大きく分けて三つ。男性には股間部位にペニスという生殖器がついていて・・・」

先生は、「君のそれね」と言って俺のちんこを指差しました。
やっと収まりかけていたちんこが再びそそり立ってしまいました。

先生「で、女性の一つ目は胸。思春期から大きく発達していくもので、赤ちゃんを育てるために乳首から母乳が出ます」

そう言いながら俺の方に近づいてきて、「これね」と言い、俺の方に胸を突き出してきて・・・。

先生「触って」

俺が少し遠慮しながら触ったら、「どう?」と先生が感想を聞いてきたので、「柔らかいです」と答えた。

(それは正直な感想で、今、付け加えるとしたら、柔らかいだけでなく弾力があり、張りもありました)

そう言うと先生は俺の手に被さるように先生の手を重ね、胸に俺の手を押し付けました。
俺が目を白黒させていたら、「わかる?このしこり、これが乳首。母乳が出るところ」と言い、俺の手を乳首にぐりぐりと押し付けていました。
確かにしこりを感じていました。
(今思えば、あれは完全に勃起してたのではと思います)

そして今度は服をずらし、ブラもずらしておっぱいを見せて、簡単に解説してくれました。

先生「乳首の周りを乳房と言い、おっぱいの頂上あたりの、色がピンク色になっているのが乳輪で、その真ん中にあるのが乳首。そしてその先端から母乳が出るの」

その時も触るよう言われたので触りました。
今度はしっかり押さえつけるように触りました。
摘んだりまでは出来ませんでしたが・・・。

そして最後に、「女性は、男性のペニスがあるところに穴が開いていて、そこから赤ちゃんが生まれてくるの」と説明してくれました。
そして今度はミニスカート越しに先生のアソコに触るように言われ、そっと触りました。

先生「あなたみたいにペニスはないでしょ?」

俺「・・・はい」

先生は俺に触らせたまま、「見たい?」と尋ねてきたので、俺は「出来るのなら」と言った。
そうすると先生は少し悩んだ末に、「勉強だから」と言い、椅子から立ち上がるとスカートを脱ぎ、パンツも脱いで、また椅子に座って俺の方に向きました。
でも先生は股を閉じた状態で俺の方に向いているので、まだアソコは見えていません。

先生「じゃあ、説明するね」

先生は自分に気合いを入れるよう言い、股を開きました。
生まれて初めて女のアソコを見て呆気にとられていたら、先生が「どうしたの?」と心配そうにと問いかけてきたので、「いいえ、別に」と平常を装った。
先生のアソコはマン毛が生えており、開いただけでは中身までは分からないのだが、それだけで俺は興奮の絶頂だった。
バスタオルの上からでも勃起したのが判るぐらいそそり立っていたの覚えている。

先生「このままだと分かりづらいから、ちょっと剃ろうか」

そう言って椅子から立ち上がると、剃刀を持ってベッドの方に歩いていきました。

「ちょっと手伝って」と言われ、俺も先生が腰かけるベッドの方に向かった。
先生はベッドに腰かけ、足を上げてM字開脚状態だった。

「これを使ってちょっと剃ってくれない?」と頼まれて剃刀を受け取り、剃ることになった。

今まで剃刀なんか使ったことがなかったので自信はなかったけど、腹を決めて剃った。
最初はうまくいかなかったが、だんだんと慣れてきてうまく剃れた。
剃ってる最中、先生がたまにピクッと動いていた。
(たぶんクリトリスを刺激していたんだと思う)
その時は剃るのに必死だったから気にも留めないし、クリトリス自体知らなかったし。

全部剃り終わって、先生がアソコの説明に入った。
先生は、「この穴は膣と言う」とか、「思春期になると月経が始まる」とか色々教えてくれました。
でも性感帯やクリトリスなどは教わらなかった。

一通り説明を聞き終わり、落ち着いたところで急に部屋のドアが勢い良く開き、ぞろぞろと人が入ってくる音が聞こえた。
俺と先生は焦った顔でベッドの仕切り用カーテンの隙間から誰が入ってきたのかを確認したら、生徒たちと男性教員だった。
ふと時計を見れば掃除時間になっており、掃除に来る子供たちと先生だった。
保健の先生は急いで隠れようとするが、隠れる場所が無くそわそわしている。
まぁ~当たり前である。
今の格好は半分ブラを外してTシャツ一枚で、下に関しては全裸なのだから。

二人でカーテンの隙間から見ていたら、こっちに子供たちが歩いてくる。
よく見たらベッドの隅に掃除道具入れがある。
掃除道具を取るためにこのカーテンを開けに近づいてくるのだ。
俺は咄嗟に先生にベッドの下に隠れることを提案し、俺と先生はベッドの下に隠れた。
直後、カーテンが開かれ子供たちと男性教員が入ってきた。
俺と先生は抱きつくようにして狭いベッドのスペースに隠れていた。
ちょうど俺の顔に先生のノーブラおっぱいが当たっていて、俺のちんこは奇跡的に先生のクリトリスの辺りをかすめていた。
なので俺が興奮してちんこがピクピクなると先生のクリトリスに当たり、先生も感じてしまう形になっていた。

ベッドの上の方では子供たちが騒いでいる。
よく聞いてみると、「なんでこんなところに髪の毛が落ちてるの~?」なんて声が聞こえる。
そのとき思い出した、さっき剃った毛は処分していなかったのだ。
子供たちが騒ぐから男性教員も「なんだ、どうした?」と言いながら、マン毛が散らかっているところに近づいていく。

「これは!」

男性教員はそれがただの毛ではなく陰毛だと気付いたらしく動揺した声。
保健の先生を見ると顔が真っ赤になっていた。
他人に、しかも男性に陰毛を見られたのがよほど恥ずかしいのだろう。

そんなことを聞いていると、違う子供が、「こっちに服が落ちてるよ!」と叫んでいる。

またそちらに男性教員が向かうと、男性教員は絶句しているのか何もしゃべらない。
子供たちは「ブラジャーだー」などと言い、「パンツもあるよ」なんて言いっていた。
保健の先生の顔をまたも見ると、先程よりももっと赤面していてもう涙目になっている。

その顔を見ていけないと思っているのだが、俺は興奮してしまった。
そのせいで俺のが先生のに当たって擦れている。
先生は赤面の顔で口に手を当てて声が漏れないようにしている。
その姿を見て余計興奮して先生のを強く刺激してしまい、先生の腰がビクッビクッと動いたのがわかった。
そして先生の股から暖かい汁が流れ出てきて、それが俺のちんこにも当たり、俺は初めて射精をした。

やがて掃除が終わり、みんなが保健室から出ていった。
その後、先生に射精をしたことを謝ったが怒られなかった。
ただ感想を聞かれたので、「すごく気持ちよかったです」と伝えたら、「そう、よかったわね」と言われた。
そして先生は、男性教員がきれいに畳んでいった服を着た。

その一ヶ月後の保険体育の授業の時、俺のちんこの写真が使われてクラス中のみんなに見られた。
名前は伏せてあるので誰も俺のとはわからないが、なんか恥ずかしかった。
モザイクは尿道の先っちょだけがかかっているだけで、あとは全部そのままだった。

・FC2BlogRankingでこの続きを探す
・オリジナルの体験談一覧(姉妹ブログも含む)
関連記事
・お隣さんと月に一回嫁を交換していたら、拡張されてしまっていた5
・嫁さんが事故で死んだ親友に、色々と世話を焼く俺の嫁4
・嫁の浮気相手は、ハゲた中年太りのおっさんだった2
・親父の再婚相手は、親父よりも俺と歳が近い地味系巨乳だった3
・Fカップの見た目が派手な嫁を、友人に本気で堕としてくれと頼んでみた3
・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品
 

カテゴリ

プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読めます。


月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者マガブロ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
63位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
3位
アクセスランキングを見る>>

リンク元ランキング