このブログのオリジナルコンテンツ一覧
全記事タイトル一覧
・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品

遠距離の彼と久々に会ってエッチして朝帰りしたのがきっかけで、父とエッチをするようになった私

半年ほど前、私はメールで知り合った彼がいました。

二人は近い将来結婚しようと、誓い合っていました。

彼は一つ上で、高校を卒業しても定職に就かず、アルバイトなどをやっていました。
その彼が私の町にやって来ました。

その日、私は久々にあった彼と楽しい1日を過ごしました。

彼はその日、「どこかのカプセルホテルか何かで泊まる」と言うので、

私は彼と離れるのが嫌で、「そしたら、二人でラブホテルに泊まり、時間が来たら、私一人家に帰る」ということで、二人でラブホテルに行きました。

そして、二人はそこで初めてSEXをしました。

私も初めてで、彼も初めてだったので、なかなか上手く出来ませんでしたが、何とか出来ました。

私は彼と離れるのが嫌で、なかなか帰れませんでした。

結局、朝まで彼と一緒にいました。

翌日の朝、二人でベッドに寝ていると、私の携帯が鳴り母から、「今どこにいるの?女の子が外泊するなんて、あの彼と一緒なの」

母は彼とメールでやりとりをして、いい仲だとは分かっていました。

「とりあえず、早く帰ってきなさい」と母に言われ、彼は午前の新幹線で帰りました。

その後、私は家に帰りました。

家に帰ると、母から散々怒られました。

夜、父が帰りましたが、私は一言も怒られず・・と言うよりも、父は話すと自分が押さえられないと思い、怒りをこらえていたようでした。

数日後、母は上の弟のクラブの試合の応援に行きました。

下の弟は友達と遊びに行き、家には父と二人しか居ませんでした。

父は、私が上の部屋に居ることで、私に対する怒りを抑えようとリビングで昼間からお酒を飲んでいるようでした。

暫くすると、父は私の部屋に入って来ました。

「春香、この前は何処に行っていた?あの男と会っていたのか?」

私は、もうばれていることなので、「会っていたよ」

「二人で、何処に泊まったんだ」

「・・・・ラブ、ホ テ ル」

私は、怒られるのを承知で話しました。

「ラブホテルぅだぁ!?」父の怒りは増していきました。

「ラブホテルでやったのか」

「は   い」

父はその言葉を聞くと、 「おまえは、何を考えているんだ。あんな男の何処が良いんだ!定職にも就いていない男と、それも二人で泊まるなんて」

「そんなこと、私の勝手でしょ!もう子供じゃないんだから、ほっといてよ」

私は、父の言葉に腹を立て、言い返しました。

すると父は私に襲いかかり、私をあお伏せにして、その上に馬乗りになり、「あんな男に抱かれるなら、俺が抱いてやる」と言うやいなや、私のGパンを脱がしに掛かりました。

「やめてー」

私は、異様な父に気付き暴れましたが、建築業を営んでいる父の力に勝てるはずもなく、Gパンとショーツを簡単に脱がされてしまいました。

「お父さん、やめてー」

父は私の身体を押さえつけながら、自分のズボンとパンツも脱ぎ、自分の一物を私の陰部にあてがうと、一気に突いてきました。

「痛いー、痛いよ、やめてー」

私の陰部はまだ濡れておらず、激痛が走りました。

「おまえは、俺の宝なんだ、他のやつにやってたまるか」

「痛い、痛い、お父さん、ごめんなさい」

父は私の悲鳴に耳を貸さず、突き続けました。

父に段々突かれているうちに、私は感じ始めていました。

「あんー、あ、あ、あ、ぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」

父の腰の回転を速め、いくようでした。

「う、う、う、ううぅぅぅぅ」父は私の中で果てました。

暫く、父は私の中に一物を入れたまま動きませんでしたが、正気に戻ると

「春香、ごめん、俺は春香にやってはいけないことをしてしまった。他の男に春香が抱かれているのを想像すると、押さえきれらなかった。本当にごめん・・・」

父は自分の物を抜くと、私の陰部を優しく舐め始めました。

私は、父に入れられた余韻が残り、まだいっていなかった事もあり、陰部を舐められて感じてしまいました。

「ああん、お父さん、気持ち良い、ああん」

父の舐め方は彼とは違い、優しく気持ちの良いものでした。

「いい、ああああ、い、い、い、いくーーーー」

私は、段々と喘ぎ声も激しくなり、とうとういってしまいました。

父は陰部を舐めるのを止め、私の唇に父は唇を持っていき、口の中へ舌を入れて来ました。

「うんん、んぐんぐんぐ」

父は私の口の中で舌を這わせながら、Tシャツを捲り上げ、ブラジャーを外すと、手で優しく胸を揉みだしてくれました。

私は、彼のぎこちない荒いsexと違う、優しいそして快楽に満ちた父の愛撫に引きずり込まれていきました。

そして、胸の乳首を舌で転がされ、陰部を指で触られて 「お父さん、入れて、私の中にお父さんの入れて・・」

父は、「今度は、優しくするからね・・」

父は私の足を抱えると、私の陰部に父の物が入って来ました。

今度は、優しくゆっくりと入り、動き始めました。

「あああ、いいー」彼とのSEXとは全然違う、とろけそうな感じです。

「いい、あ、あ、あ、ああー」

「いいか、気持ち良いのか?」

「いい、お父さんのSEX気持ち良い」

父は優しく、何度もいきそうでした。

父は自分もいきそうになってきたらしく、腰を激しく動き始めました。

そして、二人はいきました。

それから父とは、母の目を盗んで会っては、関係を結んでいます。

あれから彼とは別れ、父が恋人なのです。

父は果てるときは、外で出してくれてますが、私はピルを服用し始めたので父に「中に出しても良いよ」と言っています。

父の子供を産み、母から父を奪いたい気分ですけど。

・FC2BlogRankingでこの続きを探す
・オリジナルの体験談一覧(姉妹ブログも含む)
関連記事
・Fカップの見た目が派手な嫁を、友人に本気で堕としてくれと頼んでみた4
・嫁がバイト先のファミレスで、高校生に本気になっていた3
・お隣さんと月に一回嫁を交換していたら、拡張されてしまっていた5
・嫁さんが事故で死んだ親友に、色々と世話を焼く俺の嫁4
・親父の再婚相手は、親父よりも俺と歳が近い地味系巨乳だった3
・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品
 

カテゴリ

プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読めます。


月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者マガブロ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
3位
アクセスランキングを見る>>

リンク元ランキング