このブログのオリジナルコンテンツ一覧
全記事タイトル一覧

▲オッパブ好きの友人が遊びに来て、嫁と3人で飲んでいたら3(転載禁止)

前回の話

『ダメぇ、強く吸いすぎだよぉ』
望は、おどけたように言う。祐介に強く舌を吸われ、少し戸惑ったような感じだ。裸エプロンのまま、ソファに座っている望。すぐ横に座った祐介が、さらにキスをする。

望は、チラチラと僕の方を見ながらも、祐介とキスをしている。祐介の舌に対して、望の舌も積極的に絡んでいるのがわかる。祐介は、望に濃厚なキスをしながら、エプロン越しに望の胸を揉み始めた。

『んっ、うぅっ』
キスをしたままうめく望。祐介の指は、エプロン越しに乳首を触っているようだ。さっきから、キスしっぱなしだ。こんなに長時間キスをしたことは、僕とはないと思う。自分の嫁が他の男とキスをしている……。考えられる限り、最悪な状況のはずなのに、僕は射精寸前になってしまっている。さっきまでは、ズボン越しにペニスをしごいていた。でも、今はしごいたらすぐに射精してしまいそうだ。

『お店でも、こんなに長くキスするの?』
望は、上気したような顔で質問する。
「う、うん。もちろん。お店でしてるとおりだよ」
祐介は、少し焦っているような口調だ。多分、お店ではこんなに長い時間のキスをしていないのだと思う。
『そうなんだ……。なんか、キスだけでも気持ち良くなっちゃうんだね』
望は、そんなことを言い始める。
「え? キス、気持ち良かった?」
祐介は、嬉しそうだ。
『うん。こんなに長くしたことないから……。なんか、この辺がキュンってなった』
望は、自分の下腹部あたりをさすりながら言う。僕は、望のそんな態度に、強い危機感を持ち始めてしまった。

「そっか、じゃあ、もっとキュンキュンさせてあげるよ」
祐介はそう言うと、エプロンの中に手を突っ込んだ。そして、望の秘部のあたりをまさぐる。
『だっ、だめっ! そこはダメだよっ!』
大慌てで言う望。祐介の腕を掴んで押しのけようとする。
「え? なんでダメなの?」
祐介は、キョトンとした顔で言う。
『だって、お店でこんなことしないでしょ?』
望は、動揺しながら言う。
「イヤ、するって。最後まではしないだけで、普通のエッチみたいなことするんだよ」
祐介は、そんな風に説明した。
『えっ!? ……そうなんだ……』
望は、絶句した。本当に驚いたような感じだ。
「うん。俺はどっちかというと、責めるほうが好きなんだ」
祐介はそう言って、さらに手を突っ込んでいく。望は、困ったような顔になりながら、抵抗をやめる。

「すっごい濡れてる」
祐介は、良い笑顔で言う。本当に嬉しそうな顔だ。望は、うつむいて顔を真っ赤にした。でも、なにも言わずにいる。祐介は、そのまままさぐり続ける。
『んっ、うぅ、んっ、うぅっ、うぅあっ、あっ』
望は、アソコをまさぐられて吐息を漏らし続ける。もう、かなり甘い響きも混じっている感じだ。

「太ももまでビチョビチョだね」
祐介は、望の耳元でささやくように言いながら手を動かし続ける。望の吐息に混じって、湿った水音までが聞こえてくる……。他の男に気持ち良くさせられてしまい、太ももまで濡らす望……。僕は、こんな状況なのに、興奮が高まってしまい呼吸がどんどん荒くなってしまう。

『イヤァ……。言わないで……』
望は、耳まで真っ赤になっている。でも、祐介はさらに手を動かし続ける。
『ンッ、あっ、あんっ、ダメぇ、うぅっ、剥いちゃダメぇ』
望は、恥ずかしがりながらそんな風に言う。
「乳首と違って、クリは大きめなんだ。オナニーしすぎなんじゃない?」
祐介はそんな風に言いながら触り続ける。
『あっ、ンッ、イヤッ! してない、そんなのしてないもん、あっ、あんっ、ダメぇっ』
望は、完全にあえぎ声になってしまった。僕は、望がオナニーをしているのだろうか? と、気になってしまった。雰囲気的には、オナニーなんてしたことないという感じはする。でも、そんなにクリトリスが大きいのだろうか?

すると、祐介はエプロンをまくり上げ始める。そして、強引に望の脚を拡げると、顔を突っ込んだ。
『ダメっ! 汚いっ! イヤッ、あっ、舐めちゃダメぇ、うぅあっ、あっ、あんっ、あぁっっ!!』
望は、アソコを舐められ始めてしまった。快感を感じながら、あえぐ望。祐介はわざとなのか、大きな音を立てて望のクリトリスを舐め続ける。望は、意外なほど抵抗しない。

『うぅっ、うぁうっ、うぅ~っ! ダメぇ、気持ち良いっ、気持ち良くなってるっ』
望は、罪悪感を感じているような口調で叫ぶ。祐介は、ひたすら舐め続ける。手を伸ばして、乳首も触り始めた。

『あっ、あんっ、あんっ、ダメっ、イッちゃうっ、気持ち良いっ、パパ、ごめんなさい、イクっ、イクっ!』
望は、僕に謝りながら身体を震わせる。僕は、いきり立ったペニスを握りながら、必死で射精を我慢していた。

グッタリした望。祐介は、ズボンとパンツを脱ぎ始める。あらわになる立派なペニス。ズボンの盛り上がりで想像はしていたが、本当に大きなペニスだ。
「じゃあ、交代してくれる?」
祐介は、優しい口調で言う。
『交代?』
望は、まだ少しボーッとしている。
「うん。口でしてもらえる?」
祐介は、そんな風に指示をする。
『あ、うん。するね……』
望は、戸惑ったような感じながらも、祐介の前にひざまずく。そして、そそり立ったペニスを握った。
『太い……。すごく大きいんだね』
望は、祐介のペニスを握ったままボソッと言う。望が、他の男のペニスを握ってしまった……。僕は、嫉妬で泣きそうになってきた。僕としか経験がないというのが本当ならば、こんな風にペニスを握るのも2人目と言うことになる。僕は、嫉妬以上に後悔も感じていた。それなのに、握りしめているペニスは、気を抜くとすぐにでも射精を始めてしまいそうだ。

『痛かったら、言ってね』
望は、そう言って祐介のペニスをしごき始めた。裸エプロンのまま、祐介のペニスをしごき始めた望……。僕は、ただただ後悔をしていた。望が、祐介に胸を触られたとき、僕は確かに興奮した。でも、ここまでするなんて、想像もしていなかった。

「メチャ気持ちいいよ。望ちゃんの手、柔らかいね!」
祐介は、ハイテンションで言う。望は、ゆっくりとしごき続ける。よく見ると、指がほとんど回っていない感じだ。望の手は小さいが、それでも指が回るかどうかなんて、いくらなんでも太すぎると思う。
『本当に太いね。それに、すごく固いよ。いつも、こんなに固くなるの?』
望は、祐介のペニスをしごきながら会話をする。いつもの見慣れたリビングで、あまりにも非日常的な状況が生まれている。僕は、もしかしたら夢でも見ているのかな? と、思ってしまった。

「そりゃ、相手が望ちゃんだからだよ。こんな美人、お店にはいないから」
祐介は、そんな風に望を褒める。望は、そんなことないよと言いながらも、まんざらではない感じだ。男性経験が僕しかなく、ずっと女子校だったこともあって、こんな風に男性に褒められる事もなかったのかもしれない。

『どうすればいい? お店じゃ、どうやってもらうの?』
望は、イヤがっている感じはない。それどころか、好奇心いっぱいの顔になっている。
「じゃあ、乳首も舐めてくれる?」
祐介は、そんな風に言いながらシャツも脱いでいく。ほぼ全裸になった祐介、相変わらず無駄な肉のない、引き締まった身体だ。
『うん。舐めるね』
望は、手でしごきながら乳首を舐め始めた。気持ちよさそうにうめく祐介。望は、可愛らしい舌で乳首を舐めながら、太すぎるペニスをしごき続ける。本当に、風俗嬢になってしまったような感じだ。

【続きは出典元から】

・FC2BlogRankingでこの続きを探す
・オリジナルの体験談一覧(姉妹ブログも含む)
関連記事
・オッパブ好きの友人が遊びに来て、嫁と3人で飲んでいたら4
・嫁と軽い露出プレイをしているうちに、友人に見てもらうことになって2
・久しぶりに会った友人が、僕の嫁と合コンして撮影までしていた2
・自慢の可愛い嫁は、むかし野球部のフェラペットだった5
・マンネリ気味の嫁に、温泉宿で性感マッサージを受けさせてみた完
 



カテゴリ

プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読めます。


月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者マガブロ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
49位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
3位
アクセスランキングを見る>>

リンク元ランキング