このブログのオリジナルコンテンツ一覧
全記事タイトル一覧

※一人でホテルに泊まったら、カップルの男の子に声をかけられました完(転載禁止)

前回の話

すみれちゃんは、射精してしまった彼氏さんを見ながら、腰を振り続けていました。対面座位で腰を振りながらも、彼氏さんのことをじっと見つめています。
『今日は、イッてもまだ大きいままなんだね。じゃあ、交代する? しょうちゃんのと比べてみようよ?』
すみれちゃんは、彼氏さんにそんな提案をしました。彼氏さんは、戸惑った顔になりながらもうなずきます。すると、すみれちゃんは私にキスをしてきました。興奮した感じで舌を差し込み、私の舌に絡めてきます。

でも、すぐにキスをやめ、
『しょうちゃん、ちょっとだけ待っててね。愛してる』
と、言いながら立ち上がりました。ペニスが抜けて、すみれちゃんの膣からはまだ残っていた精液が流れてきました。そんな状態で、すみれちゃんは彼氏を私の横に座らせました。そして、またがって挿入してしまいます。

私は、この異常な状況に本当に戸惑っていました。テレビに出ているようなアイドルと、こんな風にセックスを出来るのはラッキーと言うしかないと思います。でも、あまりにも異常な状況です。

『あれ? これって、ちゃんと入ってる?』
すみれちゃんは彼にまたがると、すぐにそんなことを言い始めました。一瞬で真っ赤になる彼氏さんの顔。でも、怒りで赤くなったのではなく、恥ずかしくて赤くなったようです。

「は、入ってる……。全部入ってる」
彼氏さんは、消えそうな声で言います。
『しょうちゃんの後だと、入ってるかわからなくなっちゃうんだ……。あっ君の細すぎるし、奥に全然届かないんだね』
すみれちゃんは、作り物かと思うほどの綺麗な顔で、ひどいことを言っています。

「ゴメンね。すみれちゃん、小さくてゴメン」
彼氏さんは、申し訳なさそうに謝ります。最初の印象では、すみれちゃんの方が彼氏さんに惚れているような感じでした。でも、彼氏さんは完全に尻に敷かれているような雰囲気です。

『仕方ないよね。ちょっと、動いてみるね』
すみれちゃんは、そんなことを言いながら腰を動かし始めました。上下にうごきはじめると、すぐに、
『あっ、抜けちゃった。ゴメンね。しょうちゃんのより短いんだもんね、同じ動きしたら抜けちゃうよね』
と、謝りました。腰を上げすぎて、彼氏さんのペニスが抜けてしまったみたいです。すると、すみれちゃんはベッドに仰向けで寝転がりました。そして、両脚を拡げながら、
『あっ君がして。頑張って気持ち良くしてくれないと、しょうちゃんに奪われちゃうかもよ』
と、挑発するように言いました。私は、すみれちゃんが見た目とは違って、小悪魔的な性格をしているのだなと感じました。彼氏さんに一途……そんな印象は、間違っていたのかもしれません。

彼氏さんは、すぐに彼女に覆い被さりました。そして、正常位で挿入すると、ハイペースで腰を動かし始めます。彼氏さんのセックスは、正直、弱々しく見えます。動きもキレなく、単調に腰を振っているだけに見えます。
『あっ君、頑張って。気持ち良くしてくれないと、しょうちゃんと連絡先交換しちゃうよ』
すみれちゃんは、彼を煽ります。彼氏さんは、慌てて腰の動きを強くし始めました。
『そう、気持ち良いよ。もっと強く。あっ、ンッ、気持ち良い』
すみれちゃんは、軽くあえぎながらリクエストも飛ばします。彼氏さんは、必死で腰を動かし続けています。
『そう、気持ち良いっ、あっ君、いつもより気持ち良いっ』
すみれちゃんも、徐々に声が大きくなってきました。
『あんっ、あっ、んっ、あぁっ、もっと! もっと奥にっ!』
すみれちゃんは、思わずそんなことを言います。でも、彼氏さんは根元までペニスを入れてピストンをしています。

『ゴメンね。奥までは無理だよね……。あっ君、やっぱりしょうちゃんの方が気持ち良い。変わってもいい? 私がいっぱい気持ち良くなるところ、ちゃんと見ててね』
すみれちゃんは、そんなことを言いました。ショックを受けたような顔になる彼氏さん。でも、素直に彼女の上からどいてしまいました。そして、悲しそうな顔で私を見てきます。

『しょうちゃん、やっぱりしょうちゃんの方が良い。来て……すみれのこと、妊娠させて下さい』
すみれちゃんは、上気してとろけたような顔で言ってきました。それだけではなく、自分でアソコを拡げるような仕草までしています。

細いのに、大きな胸。そして、真っ白な乳房にピンク色の乳首。陥没乳首は完全に勃起して露出しています。そして何よりも、すっぴんなのに息を飲むほどの美しい顔……。現役アイドルの美しさに圧倒されてしまいます。

そんな超絶美少女が、自らアソコを拡げてセックスをねだっている……。そう思うと、私は興奮しすぎて呼吸が荒くなってしまいます。

そして、私はいきり立ったペニスを彼女の膣口に押しつけようとしました。すると、イタズラっぽい笑みを浮かべたすみれちゃんが、
『あっ君、ちゃんと入るように誘導して』
と、彼氏さんに言い始めました。意味がわからずにポカンとしてしまう私の前で、彼氏さんはスッと手を伸ばし、私のペニスを握ってきました。慌てる私。でも、彼はしっかりと私のペニスを握ってすみれちゃんの膣口に誘導していく。

『しょうちゃん、来て。あっ君のより大きなおちんちん、すみれのアソコに入れて下さい』
すみれちゃんは、本当に可愛らし声で言います。甘えたような、媚びるような、なんとも言えない口調です。おそらく、私の人生で、こんなにも美しい女性にこんなことを言ってもらえるのは最後だろうなと思っていました。

私は、彼氏さんに補助されたままペニスを押し込んでいきました。絡みつく膣中のヒダヒダの感触、そして、痛いほど締め付けて来ます。

そして押し込んでいくと、子宮口にぶつかる感触がありました。
『うぅあっ、当たってる。あっ君、しょうちゃんのおちんちん、子宮にギュッて当たってるよ』
すみれちゃんは、はしたない言葉を言います。そして彼氏さんは、興奮しきった顔で私とすみれちゃんの結合部を凝視していました。

「そんなに気持ち良いの? 僕のとは違うの?』
彼氏さんは、悲しそうな声で質問します。すみれちゃんは、
『全然違う。あっ君のは、細くて短いけど、しょうちゃんのはぶっとくて長いんだよ。子宮にググって当たって、本当に気持ちいいの』
おすみれちゃんは、妙に説明的なセリフを言いました。でも、彼氏さんはその言葉に強い興奮を感じているような顔になっています。

「本当に、好きになっちゃったの?」
彼氏さんは、さらにそんな質問をしました。
『なってる。しょうちゃんのこと好きって思ってる。今は、本当にしょうちゃんの精子で妊娠させてもらいたいって思ってる……。ゴメンね』
すみれちゃんは、そんなことを言いながら私にキスをしてきました。小さな舌が、私の口内をメチャメチャにかき混ぜてきます。

私は、興奮状態で舌を絡め腰を振り始めました。
『んっ、ん~~っ』
すみれちゃんは、私とキスをしたままうめき続けます。私は、ペニスの先っぽをすみれちゃんの子宮口にガンガンぶつける勢いで腰を振り始めました。

『んっ、んうぅっ! うぅんぅ~っ』
すみれちゃんは、うめきながらもキスを続けます。彼氏さんは、泣きそうな顔でそれを見つめながら、小さなペニスを限界まで勃起させています。すると、彼氏さんはすみれちゃんの手を握り始めました。
すみれちゃんも、しっかりと彼の手を握り返します。そして、恋人つなぎのように手を握り始めました。

私とセックスをし、キスまでしているのに手をつなぐ……。私は、二人の気持ちが良くわからないなと感じました。でも、すみれちゃんは彼氏さんと手をつないだ途端、さらに膣の締まりが強くなり、うねるような感覚も感じます。

彼氏さんはすみれちゃんと手をつないだまま、
「本当に、妊娠しちゃうよ。もう、中に出してもらうのはやめようよ」
と、弱気な声で言います。
『ダメ。だって、本当に中に出して欲しいって思ってるもん。しょうちゃんに孕ませてもらいたいの。ゴメンね。あっ君のことも愛してるよ』
すみれちゃんは、とろけきった顔で言います。私は、すみれちゃんのことが少し怖くなってきました。私に妊娠させられたいというのが、本気にしか聞こえません。

私は、こんな美少女を妊娠させることが出来る……と、思うと、雄としての喜びを感じます。でも、良いのかな? 芸能活動への影響は大丈夫なのかな? と、冷静な私が心配をしています。

「そんなのダメだよ……。違う人に妊娠させられるなんて、僕は耐えられないよ」
彼氏さんは、悲しそうに言います。すると、すみれちゃんが彼の手を離し、彼のペニスを握り始めました。
『こんなになってるのに? 興奮してるでしょ? 私が他の人に孕ませられるの想像して、興奮しちゃってるんでしょ?』
すみれちゃんは、そんなことを言いながら彼のペニスをしごき始めました。

私は、異常なシチュエーションに興奮しながらも、この先どうなるのだろう? と、不安な気持ちも感じています。
「あぁ、すみれちゃん……。気持ち良いよ」

【続きは出典元から】

・FC2BlogRankingでこの続きを探す
・オリジナルの体験談一覧(姉妹ブログも含む)
関連記事
・オッパブ好きの友人が遊びに来て、嫁と3人で飲んでいたら完
・親父の再婚相手は、親父よりも俺と歳が近い地味系巨乳だった
・久しぶりに会った友人が、僕の嫁と合コンして撮影までしていた4
・嫁さんが事故で死んだ親友に、色々と世話を焼く俺の嫁2
・Fカップの見た目が派手な嫁を、友人に本気で堕としてくれと頼んでみた3
 

カテゴリ

プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読めます。


月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者マガブロ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
55位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
4位
アクセスランキングを見る>>

リンク元ランキング