このブログのオリジナルコンテンツ一覧
全記事タイトル一覧

※一人でホテルに泊まったら、カップルの男の子に声をかけられました4(転載禁止)

前回の話

私は、自分の部屋に戻ると、すぐにスマホで検索をしました。すみれちゃんのことは、すぐに出てきました。水着を着たグラビアや、歌っている動画などを見ていると、異常に興奮してしまいました。
現役アイドルのこの子と、セックスをした……。そう思うと、射精した直後なのにガチガチに勃起してしまいます。そして、隣の部屋からは、まだかすかにあえぎ声が聞こえてきていました。
私とすみれちゃんとのプレイは、寝取られ好きの彼氏さんにとっては最高のシチュエーションだったようです。私はその声を聞きながら、スマホの中で踊っている彼女を見てオナニーをしました。

そして、声も聞こえなくなり、私も疲れたこともあってベッドに寝転がりました。ただ、なかなか寝付かれません。強烈な体験をしてしまったので、目が冴えてしまったのだと思います。

何度も寝返りを打ちながら寝ようとしても寝られず、1時間ほど経過したとき、ドアがノックされました。こんな時間に? 誰だろう? 私は、不審に思いながらもドアに近づき、ドアを開けました。すると、浴衣姿のすみれちゃんが立っていました。
『こんな時間にごめんなさい』
小声で言う彼女。私は、すぐにチェーンロックを外しました。どうしたの? と、声をかけると、彼女は私に抱きついてキスをしてきました。

驚く私にかまわず、舌を差し込んでくる彼女。そればかりか、キスをしながら私の股間をまさぐってきます。荒い息遣いの彼女……かなり興奮しているのがわかります。

そして、彼女はひざまずくと私のズボンとパンツを引きずり下ろし、小さな口でフェラチオを始めました。ぎこちないながらも強烈にバキュームする彼女。私のペニスも、一気に勃起してしまいました。
『入れて下さい。もう我慢出来ないです。しょうちゃん、好きです、好きになっちゃいました』
すみれちゃんは、そんな風に言いながら浴衣を脱ぎました。浴衣の下は全裸で、輝くような裸体があらわになります。そして、二人でもつれるようにベッドに倒れ込むと、彼女は脚を広げてアソコまで指で拡げました。
『入れて下さい。しょうちゃんの大きなおちんちん、すみれのアソコに入れて下さい』
耳まで真っ赤にしながらおねだりをする彼女。私は、夢の中にいるのかな? と、思いながらも彼女に覆い被さりました。そして、迷うこと無く避妊具無しで挿入すると、
『うぁあっ、やっぱり違う。全然違うよ。しょうちゃんの、全然違う』
と、すみれちゃんはとろけた声で言います。私は、彼氏さんに悪いと思いながらも、すぐに腰を動かし始めました。絡みついてくる膣壁。握られているようなキツい締まり。なによりも、現役のアイドルとセックスをしているというシチュエーションが私を異様に興奮させます。

『アッ、アンッ、気持ちいいっ、しょうちゃん、すごいのっ』
すみれちゃんは、私に抱きつきながらあえぎ始めました。私は、なるべく彼女の膣奥に当たるように腰を振り続けます。

『うぁっ、あっ、好きっ、しょうちゃん好きっ! もっと、もっと強くっ! うぅああっ!』
すみれちゃんは、そんなことを言いながら乱れ続けます。私は、隣に声が聞こえちゃうよと言いました。すると、
『だって、気持ち良くて声我慢出来ない。ねぇ、キスして。キスしながら中に出して』
と、甘えた声でおねだりをするすみれちゃん……。私は、理性が飛ぶのを感じながら、彼女にキスをしました。絡みついてくる舌、きつく抱きついてくるきゃしゃな身体。私は、あんなに何度も射精したのに、もうイキそうになってきてしまいました。

『好きっ、大好きっ、しょうちゃんは? すみれのこと好き?』
すみれちゃんは、潤んだ目で聞いてきます。さっきは、彼氏に見せつけるためにそんなことを言っているとのだと思っていました。でも、今のシチュエーションでこんなことを言われると、本当に私に惚れてくれたのかな? と、思ってしまいます。私は、すぐに好きだと言いました。
『嬉しい。しょうちゃん、これからも会ってくれますか? 抱いてくれますか? 恋人にしてくれますか?』
すみれちゃんは、とろけた顔で聞いてきます。私は、慌てて彼氏さんはどうするの? と、質問しました。
『彼とはそのままです。でも、身体はしょうちゃんが恋人です』
すみれちゃんは、罪悪感を感じているような顔で言いました。私は、彼にはナイショにするの? と、質問します。
『……しないです。彼の前でも抱いてもらいたいから……』
モジモジと言うすみれちゃん。私は、彼氏も変わっているけど、すみれちゃんもかなり変わってるんだなと感じました。でも、どんな形でも彼女とセックス出来るのは幸運以外の何物でも無いので、恋人になると告げました。

『嬉しい。好き。しょうちゃん、愛してる。中に下さい。しょうちゃんの精子、すみれの子宮に入れて下さい』
甘えた声で言うすみれちゃん。私は、さらに理性が飛びながら腰を強く動かします。すみれちゃんは、必死で声を抑える仕草をしながら、それでも可愛らしい声を漏らし続けます。

「そんなに気持ちいいの? 彼氏のと、そんなに違う?」
私は、そんなことを言いながら腰を振り続けました。
『違います。全然違う。しょうちゃんの、子宮に届いてる。気持ち良くておかしくなりそうです。こんなに気持ち良くされたら、もっと好きになっちゃう。心もしょうちゃんに奪われちゃう』
すみれちゃんは、泣きそうな顔で言います。私は、セックスの快感で恋愛感情を持つものなのかな? と、思いながらも、すみれちゃんのことをどんどん好きになっていく自分を感じていました。

『ダメぇ、イッちゃう、声我慢出来ない。キスして。キスしながらイキたい』
すみれちゃんは、甘えた声で言います。私は、彼女にキスをしながらさらに腰を強く振り始めました。
『んっ、ん~っ! んぅうっ~っ!』
キスをしながらうめくすみれちゃん。私に抱きつき、両脚まで絡めてきます。私は、腰を打ち下ろすようにぶつけながら、本当にすみれちゃんを妊娠させてみたいと思い始めていました。

さっき、スマホの中で歌って踊っていた彼女……。キラキラと輝いているように見えました。そんな彼女が、私の下でトロトロにとろけた顔であえぎ続けている。私は、最高の気分でした。両脚を絡みつかせていることからも、本当に種付けされたいと思っているみたいです。

私は、イキそうなのを堪えながら、彼女の子宮口を突き続けました。少しすると、
『も、もうダメ、イッてるの、イッてる、しょうちゃんもイッてっ! おかしくなっちゃう。しょうちゃんのこともっと好きになっちゃうっ』
と、切羽詰まったような声で言い始めました。追い詰められた感じの彼女に、私は征服感を感じながら腰を振り続けました。

「あぁ、出そう。出すよ」
私は、限界を迎えてしまいました。すみれちゃんは、
『出して下さい。しょうちゃんの全部子宮にかけて下さいっ。すみれを妊娠させて下さいっ』
と、とろけきった顔で言いました。私は、彼女にキスをしながら射精を始めると、すみれちゃんは私にしがみつきながら身体をガクガクッと震わせました……。

最後の一滴まで出し尽くすと、私はキスを解きました。すると、すぐに顔を近づけてきてキスを継続する彼女。本当に求められている感じで嬉しいと思いながらも、本当に妊娠させてしまうのではないか? と、不安な気持ちも湧いてきました。

『しょうちゃん、今日はここで寝ても良い?』
甘えきった顔で言うすみれちゃん。私は、彼氏さんはどうするの? と、聞きました。
『もう寝てるし。寝たら起きないから。それに、この方が喜ぶと思うから』
イタズラっぽく笑う彼女。私は、彼女が寝取られ性癖の彼氏を喜ばせようとしているのか、自分がしたいからこうしているのかわからない気持ちになりました。

私は、良いよと言いました。すると、私に抱きついてキスをしてくる彼女。
『大好き。じゃあ、綺麗にするね』
すみれちゃんはそう言って、私のペニスを舌で清め始めました。彼氏を喜ばせるためにしているのかな? と、思っていた私も、どうやらそうではなさそうだなと思い始めていました。

一生懸命にお掃除フェラを続ける彼女……。私は、射精して多少冷静になっていることもあり、隣の彼氏さんが気になってしかたありません。そもそも、ナイショでこんなことをしなくても、彼氏さんの前ですれば喜ぶのではないか? そんな風に思ってしまいました。

『しょうちゃんの、本当に大きいね。こんなので子宮までいじめられたら、すぐに好きになっちゃうよ』
すみれちゃんは、まだ興奮しているような声です。彼氏さんとあんなにラブラブな雰囲気だったのに、こんな風に裏切っている……。彼氏さんが寝取られ性癖と言うこともあるかもしれませんが、それにしてもやりすぎなのではないか? と、思ってしまいます。

『あれ? しょうちゃんの、また固くなってきた。入れてもいい? 欲しくなっちゃった』
すみれちゃんはそう言って、私にまたがってきました。躊躇なく生ペニスを入れると、
『うぅあぁ、やっぱり大きい。しょうちゃん、奥までギュッてされると、どんどん好きになっちゃう。あっ君より好きになっちゃったら、どうしよう……』
すみれちゃんは、私のペニスを根元までくわえ込みながら言います。下から見ると、迫力のある巨乳です。大きいのに張りがあり、乳輪も乳首もピンク色……陥没乳首も、さっきからずっと勃起して飛び出ている状態です。まるで、エロアニメとかのキャラクターのような身体です。

すみれちゃんは、ゆっくりと腰を動かし始めました。
『あぁ、気持ちいい。こんなのズルいよ。あっ君が可哀想。もう、しょうちゃんのじゃなきゃ、イケなくなっちゃったかも』
そんなことを言いながら腰を振り続けるすみれちゃん。さっきから、腰の動きに合わせて膣口から精液が漏れ出しています。

私は、こんなに大量に中出ししてしまったら、本当に孕ませてしまうかも……と、再び不安になってきました。でも、とろけた顔で腰を振る彼女を見て、不安よりも妊娠させたいという気持ちが大きくなってしまいます。

『ねぇ、気持ちいい? すみれのオマンコ、気持ちいい?』
すみれちゃんは、耳まで真っ赤にしながらはしたない言葉を口にします。清楚な美少女の口からそんな言葉を聞くと、興奮は高まるばかりです。
私は、最高に気持ちいいと言いました。今までで一番気持ちいいとも言いました。

『私もだよ。しょうちゃんのおちんちん、一番気持ちいいよ』
すみれちゃんは、そんな風に言います。私は、彼氏さんよりも? と、質問しました。その質問で、一瞬で耳まで真っ赤になる彼女。モジモジとしながら、
『そ、そんなの……言えない……』
と、恥ずかしそうに言います。私は、恥じらう彼女にムキになってしまいました。下から突き上げるようにしながら腰を動かし、
『どっちが気持ちいい? 言わないとやめちゃうよ』

【続きは出典元から】

・FC2BlogRankingでこの続きを探す
・オリジナルの体験談一覧(姉妹ブログも含む)
関連記事
・嫁のハメ撮り動画が入ったパソコンを後輩に修理させたら
・真面目な営業さんとミニスカの嫁を二人きりにしてみた2
・倦怠期のセックスレス解消に、妻に3Pを提案したらあっさりOKだった完
・不妊に効くと噂のマッサージを受けた嫁が、敏感な身体になって帰ってきた2
・嫁に露出狂のような格好をさせて、後輩を家に招いてみた4
 



カテゴリ

プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読めます。


月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者マガブロ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
3位
アクセスランキングを見る>>