・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品
・このブログのオリジナルコンテンツ一覧
・全記事タイトル一覧

市の絵画教室のヌードモデルを妻にさせたら1

はじめまして裕一(32)と言います。
妻の洋子(28)と結婚して5年ちょっと過ぎました。経済的に楽になってからと言う事で、しばらく子供を作らない様にと思っていたら、いつのまにかこんな年月が過ぎてしまいました。
インターネットでこんなに興奮するこのHPを見つけてからは、皆さんほどでは無いのですが、自分達の体験をお話しようかと思いカキコさせていただきます。
私は会社が近隣なので、仕事が終わると5時過ぎには帰宅しており、新婚当初は、良かったのですが、さすがに帰ってからなにもやる事がなく、暇つぶしに自治体がやっているスクールをやって見ようかと思いました。ただに近い講習料が気に入り、市の広報誌を見て、自分の出来そうな物を捜し、絵画のスクールに入る事にしました。
 そのスクールは公民館を主な活動場所としており、メンバーは年輩の方々が多く、静物などの写生を活動としていました。自分も出たり出なかったりとかなり出席率の悪い生徒だったと思います。講師の方は、これ又年輩の女性でしたが、美術の先生をなさっていた方と聞きました。

 ある日、その日の講習会の終わり頃、たまに出席した私をちらっと見て、先生が『そろそろ、次のステップ移る事にします。また趣向を変えてみて、若い方にも出席していただきたいと思います』と言いました。みんなが次は何をするのかと思っていると、『人物の写生ですが、ヌードをやって見たいと思います』と言われ、みんなが、一瞬『ほぉー』と声にならない声を上げました。これまでも人物の写生はやったことはあるのですが、当然着衣だし、お互いの顔の写生だったりしたものでした。

 先生は『モデルの方を呼んでやりたいのですが、私達にはそんな費用はありませんので、自前で調達しなければなりません。そこでこのメンバーの方の中からモデルを選んでやりましょう』とみんなが驚いていると『どうでしょう、誰かいらっしゃいますか』と言いましたが、誰も手を挙げる人はいません。

そこで先生は私を見て『Kさん(私)、いかがでしょうか、一番お若いし、ここは一つお願い出来るでしょうか?』と言います。〔えっ、いや、・・〕と戸惑っていると廻りの人達が『私達は年寄りだし、それにこんな年寄りの裸を写生しても絵にならないから、やってもらえませんか』と口々に言います。〔あー、でも、自分もそんな自信がないし、それに私本人の写生どうしましょう〕と言いました。『そうですね、確かにそうなのですが、どなたか代わりの方がいらっしゃれば・・・』と言い、『あっそう、奥様にお願いは出来ないでしょうか?』と言われました。

 妻は、この講習会には、雨が降ったりしたときに迎えに来てもらったりして、顔を出していて、数回は、一緒に作業もしたことがあり、知らない仲ではないのです。『そーそー、ぜひ、お願いします。』〔でも、これは、洋子に聞いてみないとなんとも言えません。〕『そうですよね、でもお話して頂けませんか?』〔はい、一応言ってみますが、なんとも・・・〕と言っていると、外は、雨が降りだしていました。

何も言わなくても妻は雨が降ると私を車で迎えにくる事になっているので、『あっ、雨ですね。ひょっとして奥様は今日も来られますよね』と言うので〔そうですねたぶん・・・もう来ているかも〕と言うと先生は部屋の外を見に行きました。妻は、すでに来ていて、私の終わりを待っていました。先生は、その妻を見つけ、教室に招き入れました。そして、妻に先程の話しをしました。妻は〔へぇー、あなたがやって見たらいいんじゃない。〕と言いますが、先生とその他の出席者の方々は、『お綺麗だし、芸術のために』などと私を無視して強引に説得しています。

妻は私に助けを求めるようなまなざしをちらちらと送ってきましたが、そんな妻を他の方々が廻りを囲む様に『お願いします。そんないやらしいものではないので安心して下さい』と説得していました。妻は〔えーっ・・でも、〕渋っていましたが、終了時間を大幅にオーバーして、〔はい〕と応じてしまいました。今にして思えば、自分の妻の裸をみんなが見せろと言う状況を指をくわえて見ていたと言われてもしょうがないと思います。

 他の出席者が帰った後、先生と私、それに妻が残り、どうしたらいいのかと聞きました。先生は、『普通にして頂ければいいんですよ。ただし、当日は脱ぎやすい服装で、場所は、すいませんがここでやりますが広い方の教室を借りましょうか。』と言い、妻と帰りました。車中、妻は〔どうしてこんな事になったの?〕と言いましたが〔そうなんだ、よくわからないうちにあーなってしまって〕と言いましたが、妻は、怒った様子もなく〔引き受けたし、しょうがないか〕とあっさりとした感じでした。

 家に帰ってから先生から聞いた話しを思い出しながら、妻と相談をしました。更衣室などは無いので、その場で脱ぐことになるそうなので、脱ぎやすそうな服を捜しました。上着はTシャツとし、下はスカートにしましたが、妻が、ミニと通常の丈を持ってきて、どうしようかと言っています。私が、〔ちょっと脱いでみろよ〕と言うと、〔そうね、練習しようか〕と両方、それぞれ履いてみて脱衣の練習を始めました。結局、ミニの方がストンと落とせるので、ミニスカートにしました。下着も安売りのではなく、高めの物を買いに行きました。

 その開催日前に妻と練習をしました。妻に当日と同じようにTシャツとミニスカートを履かせ、私の目の前で脱ぐ練習を始めました。妻はミニの時は、Tバックを履くのですが、普通のパンティーにするかどうしようかと言います。私は〔どうせ脱ぐんだし、いつもの様にしたらいいさ。逆におじさん達を悩殺かな〕と言うと〔いやーねぇー、じゃーやるわよ〕と服を脱ぎ始めました。

 Tシャツ、ミニスカートを脱ぎ、下着だけになりました。心なしか、妻の顔が上気している様に見えました。ブラとTバックだけになり、『じゃー、いよいよね』と自分に言う様に、ブラのホックを外し、ブラを取り去りました。ぷるんと妻の乳房が揺れました。そして、Tバックに手をかけて一気におろし、全裸になりました。〔どう、こんな感じで〕と言うとぐるりと体を回して、私を見ました。

明るい所で妻の陰毛をみると結構毛深いものだったのだなと思いつつ〔うーん、ここの毛は手入れした方がいいかな。ちょっとぼーぼーだな〕と私がいうと、〔あら、いやだ。わかったわ〕といい陰毛をかき分けています。そんな妻のストリップで興奮してしまい、なんとも言ったらいいのかわからず、その部分にむしゃぶりついていきました。そして自分も裸になり、妻をそのまま押し倒してSEXしてしまいました。

妻のあそこは、既にぬるぬるになっていて、そんな妻にいきなり挿入し、ピストン運動をしていると、感じているのか、いつもより大きなあえぎ声をあげました。感じている妻を見て自分もゴムを付けるのも、膣外射精のため抜くのも忘れ、妻の奥深くに射精してしまいました。
 妻が〔どうしたの、そんなに良かった〕と聞くので、〔だって、あんなの見せられて我慢できるわけないだろ。それに洋子も凄かったぞ〕と言いました。
〔うん、なんか、興奮しちゃって〕
〔当日、おじさん達大丈夫かな卒倒したりして〕
〔えっ、どうしようか〕
〔大丈夫さ、今の洋子は一番きれいさ。俺は自慢できる〕と妻にクンニをはじめ、妻は大きな声をあげて再びSEXに突入しました。

 当日、私は会社を午前中だけ出て午後は早々に帰宅しました。妻は、シャワーを浴び、体を綺麗にし、脱ぐためだけの衣装を身につけ、いつもより、早めに公民館に行きました。用意された教室に行くと、先生は既に来ていて準備をしています。それにもう数人の生徒をいました。
先生に挨拶をして待っていると、生徒達がぞろぞろとやってきました。知っている顔もあるのですが、見た事もない人も結構いました。
先生に〔なんか、いつもより多いんですね〕と言うと
『そうですね、幽霊生徒の人も今回は出てきている様ですね』と言いました。

結局、いつもの倍ぐらいの人数が集まり、いよいよ始まりました。特に男性が多く、自分も、参加する予定だったのですが、妻がこんな多くの人数の中でヌードになるのを見るのがつらく、席を外して後ろの方に移動しました。教室の前の方の一段高い壇上に先生が立っていて、モデルさんを紹介しますと言い妻が入ってきました。ミニスカートから見える妻の足が心なしか震えている様に見え、先生が挨拶をし、妻を紹介しているのが聞こえました。ざわざわしていたのが、その瞬間シーンと静まりかえりました。

そして、先生は注意事項など言い、そして妻に『お願いします』と言うと、妻は私を見ます。私は『うん』とうなづくと、それを合図の様に、妻は、練習したとおりにTシャツを脱ぎ、ミニスカートに手をかけました。すっと、ホックを外すとミニスカートを足元に落とします。ブラと、Tバックだけの姿になると、私の横にいた男が『へぇー』っと言う感じでささやく様に言うのが聞こえました。横を見るとあまり見た事の無い男で記憶にありません。そいつは、にやにやしながら、スケッチブックを股間に押し当てる様にしています。

 妻は、クルッと手をブラのホックに手を回し外しました。そして、恥ずかしそうにブラを脱ぎ、そのブラを先生に渡します。先生が妻に何か言っている様に見えました。そして、妻は、うなづき、次にTバックに手をかけました。一瞬、ためらう様に見えましたが、一気にTバックをおろしました。

妻の陰毛がみんなにさらけ出されてしまいました。そして、そのTバックを脱ぐために足を上げた時、その陰毛の奥にある、大切な赤い部分が一瞬見えました。隣の男は、それを見て、今度は露骨ににやにやしています。もう一つの足からTバックを脱ぐ時も、妻のあそこを見せる様になってしまいました。きっと、最前列にいる人は、妻を見上げる様になっていて、妻の、そして昨日私の精液を吸い込んだあそこは丸見えに違いないと思います。

 先生は、妻のTバックやブラ、Tシャツ、ミニスカートを片づけながら、妻にポーズをつけています。腕を後ろに組んだ立ち姿を取り、立ったままポーズを付けています。一斉に生徒達が鉛筆を走らせ始めました。自分は、スケッチブックを抱えたまま、ボーッとしていました。隣の男は、妻のヌードの写生を始めました。特に妻の陰毛の部分を念入りに書き写している様に見えます。

私も、簡単に鉛筆を走らせただけで、スケッチを止めてしまいました。妻が動かない様に我慢している姿はけなげに見え、自分が、最初拒否したため私の代わりに妻を衆人監視の元でヌードに、さらにストッリップの様なまねごとをさせてしまい、男として、そして、夫として情けなくなってしまいました。そして、隣にいる赤の他人に妻の大切な部分をさらけ出させてしまい、恥ずかしさがこみ上げてきました。

 1時間ぐらいで終わり、妻は、全裸のまま、先生にお礼を言われ、そして、参加者の拍手を受けました。そして、脱いだのと逆に服を着て、退場して行きました。その後、私達生徒は仕上げを行いました。隣の男は、妻のヌードの絵を仕上げながら、簡単にしか書いていない私の絵を見て、何を思ったのか、私に『今日、女性のヌードと言う事で、きたんですが、予想以上に若い女性で、スタイルも良かったし、目の保養になりましたね』と言います。隣に座っているのが、その女性の夫である事は知らないみたいです。

私は、〔えぇー、まぁー、良かったですね〕と言うと、『モデルさんではなく、一般の女性だそうで、結婚指輪をしていたから、人妻さんなのですかね。まぁーそれを聞いた人達がこんなに参加して、皆さんも同じですよね』と私もそうであるかの様に言います。曖昧に返事をしていると、『さっき、Tバックを脱いだ時に全部見えちゃって、あの女性の旦那さんしか知らない部分をみせてもらったので、今日は非常に良かったですよ』と、猥褻な笑い顔をしながら、私に言います。それを聞きながら、妻の裸体をみんなが見た事にある種の興奮を覚えました。

 みんなが終わって帰ったあと、車にいた妻を呼び、教室に戻りました。そして、先生からお礼を言われました。ブラを取り、最後の一枚を脱ぐときに先生が何か言っていたので、それを聞くと、その時妻は恥ずかしくて泣きそうになったのですが、先生が『綺麗よ、みんな芸術のためにきているのよ。恥ずかしいなんて思わないで』と言われ、勇気づけられたそうです。しかし、自分に先程の男性が言った事は、黙っていました。『次は、旦那さまにお願いしますね。今度は女性の生徒の参加が増えるのではと思いますよ』と言い、妻は〔そうよ、私だけなんて、不公平だからね。〕とやけに陽気に言います。〔判ったよ、機会があれば、次は私やりますから〕といい、公民館をあとにしました。

 しかし、車の中ではお互いに黙ったままでした。そこで私は、家に帰るコースとは違う角を曲がりました。妻は、〔えっどうしたの〕と聞きます。それを無視してしばらく走り続け、ラブホテルに入りました。〔こんな所でしなくても〕と言いましたが、強引に妻を引っ張り、部屋を選んで入りました。そして、部屋に入り、部屋の入り口付近で妻のミニスカートの中に手を入れ、Tバックの上からあそこをなぞりました。

あそこを覆っているTバック部分はしっとりと濡れていて、〔やっぱり、興奮したんだね〕と妻に言うと、〔だって、あんなに多くの人がいる中で脱いだんだもん。変な気持ちになっちゃって〕と、抱きついてきました。〔俺も、洋子が脱いでいるとき、最高に興奮した〕とTバックの横から指を入れると、既にビショビショになっていて、クチュクチュと音を立てています。

ズボンをずり下げ自分の物を取り出し、妻を後ろ向きにして、Tバックを横にずらし、私の物を挿入しました。妻の中に私の物が出入りしているのを見ながら、妻に先程の男の話しをしました。すると妻は、少し怒った様になりましたが、自ら腰を振り、私より早く逝ってしまいました。今度は、ベットに妻を移し、Tバックだけを脱がして、正常位になって責め続けました。

私が、妻に〔もしかして、あのまま男達やられてみたかったんじゃない。〕とか、〔あとで、先生に、奥さんをちゃんとしてあげてねと言われたけど、先生とか、前に人には、洋子が濡れていた事がわかっていたじゃない〕と言葉で責めると、妻は顔を真っ赤にしながら、あえぎ声を上げながら、再び逝ってしまい、自分も、子宮の届くぐらいに射精しました。ベットで妻の乳首をいじりながら、〔また、ヌードをやらないか〕と言うと、恥ずかしそうにうなづいていました。今度は、もっといやらしい事をさせて見たいと思っています。


前に妻(洋子)がヌードモデルを体験した事を投稿した裕一です。
あれから、絵画スクールは足が遠ざかり、なんとなく止める形になっていたのですが、この投稿をきっかけに久々に公民館を訪れてみました。先生も元気でいらっしゃり、私を見つけると声をかけて来られました。妻にそして私も含め、お礼を再度言われました。そして、『奥様は気を悪くされたんじゃない。この前は私の配慮も足りなくてごめんなさいね』とお詫びを言われ、「いや、成り行きだし私も同意しましたし、妻もそんなに思ってませんよ」と言うと『そう、そう言ってもらえると気が少し楽になったわ』とほっとした感じを受けました。

「あれ以来、またやっているのですか?」とヌード写生の事をそれとなく聞くと、『あれから・・モデルさんもいないし、ちょっと裕一さん達にも反省もあってやめたのよ』と言い、「あぁーそうなんですか」まさか、また洋子をモデルにと思っていたのですが、ちょっと言う雰囲気ではなく、なんとなく世間話などをしていました。

そんな所に、以前教室でよく一緒になった知り合いのおじさん(私より、高齢)が2人を見つけて挨拶をしてきました。そして、先生は用事があるとの事で離れると、今度はその人と話しを続けました。その方は、まじめに出席していて、妻の時はもちろん私の時も数少ないギャラリーとして参加していた方でした。
その時の、絵の話しになり、『奥さんの絵と、そうそう裕一君のもあるんだよ』
「いやー妻は別として私のなんか恥ずかしくて」
『あはは、自分のはそう思うか、いやーしかし、実際奥さんはおきれいで、筆が進んだよ』
「そうですか、それはよかったです。洋子もそれを聞くとやった甲斐があります。」
『奥さんは、気を悪くされたんではと、心配していたんだけど』
「先程、先生にもそう言われましたが、本人それほどでもないようで、またやっても、なんて言ってまして・・」と言うと

『ほぉー、そう。実は、あれからその話しを私の仲間に話したら、参加したかったと悔しがって、もっともあいつは写真が趣味だし、違うから無理だと言ったんだ。でも、奥さんが気を悪くされていないのなら、もう一度お願いしたところだったんだけど』そして、しばらく考えて『どう、もう一回お願いできるかね。モデル料は出すんで』と言い、聞くとその方と仲間だけの撮影をしたいとのことでした。「妻しだいなんで、なんとも、たぶんokかな。あっ私は勘弁してもらいたいんですが」『あはは、いやー、裕一君もと思ったけど、じゃ奥さんに聞いてみて下さい。』と言われ、その場を別れ、家に帰りました。
その夜、SEXをしながら、その最中に今日の事を話すと,洋子は、最初は拒否した感じでしたが、本心は、まんざらでも無く、結局、okが出ました。

次の日、その方に連絡をしてokを言うと、大変喜んで、早速用意をしますと言い、スケジュールを調整しました。そして、どうすればよいのかと聞くと『この間の様にしてもらえればいいし、あっそうそう跡が付くといけないんで、ゴムの様な締めつけるものは当日朝からしないで下さい。』と説明などを受けました。

そして、当日、私も平日なのに会社を休んで、洋子に付き添って行きました。服装は、妻は少し嫌がっていましたが、ボディコンのミニのワンピースと、下着もTバックのちょっといやらしいやつを奮発して新しく購入しました。

朝、家にその方が車で迎えにきました。二人で後部座席に乗り込み、妻は、緊張の為か、挨拶以外は終始無言でした。跡が付かない様にパンストを履かない、生脚の妻の太股は小刻みに震えている様に見えました。そんな、妻の緊張をほぐせればと思い、手をふとももの上に乗せ撫ぜていると数分で目的の建物に到着しました。
そこは、その方の知り合いがやっているスタジオで、今日は休みでした。裏口から中に入るとその方以外に5人がいて、いずれも同じような年代の人でそれぞれ自己紹介をしたあと、『今日、無理言ってお願いしたご主人の裕一さんと、奥様の洋子さんです。』と紹介されました。
今日の妻の服装を見て、口々に妻を褒めています。

そのうちの一人が『奥さん、早速いいですか』と言うと洋子は、私をちらっと見ます。うんとうなづくと妻は「はぃ」と小さな声で返事をしました。『では、こちらに』とスタジオのある部屋に連れて行かれました。
私もどうしよかと手持ちぶたさにしていると、紹介したその方がコーヒーを持って来てくれました。「あっすいません。あの、行かれないんですか?」と聞くと
『いやー私は絵の方なんで、それにこの間奥さんを描いたんで、実はこの前の持って来ているんでどうです見ますか』と言い、袋から取り出して見せてくれました。

「あっ、そうですか、じゃー」といい見ると、洋子の立ち姿のヌードデッサンが描かれていました。絵の構成からすると前の方にいたらしく、見上げるようになっています。恥ずかしそうにうつむいている顔、そして、Cカップの乳房に乳首、下を見るとほっそりした足首からむっちりしたふともも、そして、ちょっと毛深い洋子の陰毛が丁寧に描かれていました。見慣れた妻の裸体なのに、オナニーで抜けるかもしれないと不謹慎にも思ってしまいました。
『いや、これをあいつ、さっき最初に挨拶したやつなんだけど、見せたら、ぜひ、って言われて、私もこの趣味を続けていて良かったと思っているですよ』と言います。

でも、この位置だと、洋子が全裸になった時、つまり最後のTバックを脱ぐ際に脚を上げた際に、妻の大事な部分、洋子の全てを見たはずと確信しました。
『どうです、ちょっとスタジオを見ますか?』と聞かれたのですが、
「うーん、妻が気にするといけないんで、ちょっと後で行きます。」
『そうですか、では、ちょっと、見てきます。』といい、席を立ちました。
ここからは見えない奥のスタジオからは、シャッター音と褒めながらポーズを付ける声が聞こえています。

奥から『次は、下着でお願いします。』と言う声が聞こえました。あっまだ、服を着たままだったのかと思い、気になって、自分も行こうかと、どうしようかとしていると、先程の方が戻ってきました。
『奥さんは相変わらずお綺麗で、それに下着姿もいいですね。あっ失礼』
「あっ、そうですか、今日は妻には少し派手にさせてきたんで、どうかと思ったんですが」
『いえいえ、メンバーがヌードだけじゃもったいないと言う事で、服をきたままから撮影することにしたようです。絵と違って、この点写真はいいですな』
実際には30分、私には半日以上時間がたったように感じた頃、メンバーの一人が出てきました。「ご主人は、どうされます。ご覧には」というので、先程と同じように言っていると、
「そうですか、ではポーズを付けるために試し撮りなのですが、」と言い、ポラロイドをくれました。

そこには、洋子のミニのワンピース姿から始まって、立ち姿や寝たポーズが写っていました。そして、次々にめくっていくと、下着姿の妻の写真がありました。ブラは、ハーフカップで乳房を強調するようにし、ショーツは後ろがヒモになっている網のTバックでした。前は網の間から妻の黒い陰毛が透けて見え、そして、お尻を突き出しているポーズでは、Tバックのヒモがアナルに食い込んでいます。心持ち洋子の顔は、赤く上気しているように見えます。

『では、奥さんがのってきているようなので、このまま続行させていただきますので、すいませんが、また』と言い、先程の方と一緒に二人でスタジオに戻って行きました。
一人になってしまい、スタジオが気になり、覗いて見ようと近づいてそっと中に入って行きました。中からは、『では、そのTバックも取っちゃってください』と言う声で聞こえ、妻を照らすこうこうとした明るい照明とその器具から発するであろう熱気で、室内は、むっとした感じでした。撮影しているのは、年長と思われる二人だけで、あとは、妻の横でポーズを付ける手伝いをしています。なんだ、全員が撮るのでは無いのかと思いつつカメラマン達を見ると、ショートパンツ一つの上半身裸になっていて、汗をかいています。そのうちの一人が私に、『奥さんが風邪をひくといけないんで、暖房を効かせてあるんですよ。』と説明します。

「へぇーそうですか」と間の抜けた返事をし、洋子は、座ったままTバックを脱ぐところでした。こっちに脚を向けて脱いだので、洋子のあそこが丸見えになってしまいました。
『では、そのままで、はいっ』といい、パシャパシャとシャッター音がします。立たせて、前、後ろ姿を撮影しながら、たんたんと進行していきました。そのうち、寝姿になり、うつ伏せにされ、腰を突き出し下さい。とカメラマンから言われました。妻は、四つんばいのポーズのままでいると、『いや、そう、セックスの時にバックスタイルで』と言われ、補助の人が、妻のウエストを押し下げながら、お尻を持ち上げようとしました。たぶんその時、補助の人の手が、妻のあそこを触ったようで、突っ伏した顔から「うっ」と言う感じが見えました。

そして、仰向けにされ、脚を曲げさせられてこちらを向いています。再び補助の人が、妻の太股と足首を持って大きく広げようとしています。ぐっと、広げられ、一瞬、苦痛にゆがんだ妻の顔をパシャパシャと近くで撮影しています。そして、向きを変えられて我々の方に脚を向ける形になり、洋子のあそこが全開になっています。そこには、汗では無いぬめっとした感じで光っていて、濡れているのが判ります。洋子もすっかり、上気した感じで、息が上がっているようです。

私の物がズボンの中で勃起するのがわかり、恥ずかしくなって、ふと廻りを見回しました。カメラマンや、補助者などのショートパンツが同じく膨らんでいる様に見えます。もし、この場に私が居なかったら、洋子は犯されていたのでは、また、洋子もやっていたかもと、変な想像をしてしまい、ますます、勃起がおさまらなくなりました。
しばらくして、年長のカメラマンが私の所に来て、『ありがとうございました。いい写真が撮れました。』と言い、続きのポラを見せてくれました。洋子のあそこは、足首の影になったり、物をおいてあったりして、見えない様に配慮されている構成でした。

『あの、実は、ここまでが、通常の撮影なのですが、奥様があまりにも魅力的なので、もう少しいいですか?』と聞かれました。「はぁ?」と聞き返すと、言いにくそうに、『ほんとは、奥様の全てを撮影したいんで、それをお願いできないかと』と言います。『えっと、つまり、こういった物を無くしてということで・・・』とここまで言うと私にも判ってきました。

「えっと、つまり、海外の写真のような感じということですね。つまり、妻のあそこも写ってしまうと言う」と言うと『はいっ、実はそうなんです。今日のこの写真は絶対に表に出さないし、ネガも差し上げますので、我々の趣味の一環と言う事でご理解頂ければ』と説得されました。洋子は、全裸のまま、横になっています。その手は、意識していないのか、乳首とあそこを覆い、かすかに動いている様に見えます。

そこで、私は、「洋子、もうちょっとだけ、いいかい、洋子の全てを撮影したいそうだ」と言うと、カメラマンにどうぞ続けて下さいといいました。
『ありがとうございます。奥さんすいませんがもう少しおつきあいを』といい、再び撮影を始めました。今度は、洋子のあそこを隠すことなく撮影し、さらに、補助の人がうつ伏せにして洋子のお尻をこちらに向かせました。肛門の穴と、あそこが丸見えになっています。

明るい照明の中で見る洋子のあそこは、意外な所に陰毛が生えていたりして、ちょっとした発見をした気分でした。更に、うつ伏せにして脚を大きく広げ、洋子の長い脚をくの字に曲げさせました。ちょうど正常位で今まさに挿入しようと言うばかりのポーズです。そうか、さっきのはバックかと思いつつ、洋子のあそこをみると、透明な液体が、アナルまで落ちてきています。カメラマンは、補助の人を呼んで、あそこを拭く様にいいます。その人は、濡れテッシュを持ち、

『すいません、奥さんちょっといいですか、』と妻のあそこをぬぐいました。
「うっ、あぁ~」とかわいい声が聞こえ、その人の手を押さえました。あわててその人が手を引っ込めると、カメラマンが、『奥さん、いいですよ、もし、よければ、そのまま、指をお願いします。』と言うと、補助の人が、今度は、洋子の手をあそこに持っていかせました。

すると洋子は、何かに弾かれた様に、ひだの中に中指と挿入し、また、廻りをねぶりはじめました。その様子をハシャパシャと撮影し、今度は、妻を座らせて、あそこを広げる様に言います。洋子は、憑かれた様に両手で、自分のあそこのヒダを広げて、全開にさせ、おそらく今まで私しか知らないはずの奥の赤い部分をさらけ出させました。そして、それを近所のおじさん達に見せ、そしてオナニーまでさせられ、さらに撮影されるという恥ずかしい行為に妻はもちろん、私も張り裂けそうになり、私の物は爆発寸前です。
そして、いろいろな体位で行わされ、撮影は、終了しました。

口々に褒められましたが、妻の痴態をみんなに見られたことと、そんな事を経験させられた洋子をみて、早く終わりたくてしょうがありませんでした。
全裸で横たわっている洋子を抱き起こし、服を着させました。他の人も手伝う様にしてくれますが、妻に触れさせたくなく、自分で行いました。洋子のあそこは、ビショビショで、Tバックをはかせるさいに拭こうとしましたが、洋子はそのままでと言い、濡れたまま履きました。

帰る際に今回の事は、絶対に秘密と誓い、後日写真とネガをもらう事になりました。
帰る道中、車で送ってもらう道中、『奥さん、ご主人すいませんでした。』
「いや、こちらも途中から盛り上がってしまって、しょうがないですよ。」
『そう言って頂けると、でも、奥さんは、すばらしい、また、お願いしたいです。』
「いや、あのまま行くとやっちゃっていたかも、これで勘弁して下さい。」
『そうですか、残念ですが、しょうがないですね』
などと、話しをしながら、帰宅しました。

洋子を抱えるように家に入り、洋子のミニのワンピースのお尻を見ると、染みが付いていました。玄関を閉めるとその玄関先で妻のTバックをやぶくように脱がせ、自分も裸になって、そのままつながりました。やられた体位を思い出しながら、そして、妻に挿入しながら、「きっと、あの人達も今日は、洋子でオナニーをしているに違いないさ、どう思う」と言うと、妻は大きな声をあげて何度も逝ってしまい、自分も、妻の中に精液を放出してしまいました。さらに、夜明けまで妻のあそこを堪能しました。

・FC2BlogRankingでこの続きを探す
・オリジナルの体験談一覧(姉妹ブログも含む)
関連記事
・友人夫婦と食事をしてたら、アレのサイズの話になって4
・パートに出て綺麗になった妻と、お客さんの裏垢男2
・久しぶりに妻と温泉宿に行ったら、イケメン二人に声をかけられたー完ー
・姉さん女房の涼子と、調子の良い私の部下2
・ツーリングに行ったら、道の駅で男の娘に話しかけられたー完ー
・妻が意外に乗り気で寝取られプレイに同意してくれました(kindle)
・事故で半身不随になった私と、いつも優しい年下の妻



電子書籍です

新作出版です

本を書きました

新刊です

本を書きました

本を書きました

本を書きました

ハード系です

カテゴリ

kindle 電子書籍出版情報

電子書籍出しました

2話収録です

2話収録です

2話収録です

ハード系です

新作です

新作です

新刊です

新刊です

バッドエンド



プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読めます。


月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者マガブロ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
50位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
4位
アクセスランキングを見る>>

リンク元ランキング