・【私が書いた電子書籍一覧です】

・このブログのオリジナルコンテンツ一覧

・全記事タイトル一覧

▲大好きな彼女は、先輩のセフレだった(姉妹ブログ 転載不可)

 同じ大学の葵ちゃんと、最近よくデートをしている。たまたまバイト先が同じだったことで仲良くなり、食事に行ったりカラオケをしているうちに、デートをするようになった。
 葵ちゃんは、僕と同じ20歳の可愛らしい女の子だ。スタイルが良く、モデルみたいな体型をしている。スカートを穿いていると、その長い脚に見とれてしまうときもある。

 僕がバイトしているショッピングモールに、同じようにバイトとして入ってきたことで知り合った。僕が色々教えることになり、同じ大学だという事もわかって一気に打ち解けた。
 見た目の可愛らしさや美しさで、当然彼氏がいると思っていた。でも、彼氏がいないという事が分かり、食事に誘ったりするようになった。
・【私が書いた電子書籍一覧です】

 僕は、可愛い葵ちゃんと比べると、ごく平凡な草食系の大学生だ。ルックス自体はそれほど悪くないと思っているが、醸し出す雰囲気が陰キャなせいか、女性にモテたことはない。
 ただ、それでも最近まで彼女はいたし、ごく普通に恋愛は経験してきた。ちなみに、別れたのは元カノが他の男を好きになったからだ。寝取られてしまった、情けない男という事になると思う。


 今日も、葵ちゃんと遊園地でデートをしている。もう、何回目のデートかもわからないくらいに、こんな風に楽しい時間を過ごしている。
「ねぇ、この足跡って、どこまで続いてるのかな?」
 葵ちゃんは、動物の足跡みたいなものに気がついて、その跡を追っている。もちろん、コンクリートやアスファルトに動物の足跡なんかつかない。
 遊園地の演出としての足跡だ。でも、僕はそんなものがあることに気がつかなかった。葵ちゃんは、無邪気な笑顔を見せながら歩き続ける。
 こんな風に、好奇心が強くて可愛らしい彼女が本当に好きだ。このまま交際して欲しいと思っている。でも、断られるのが怖くて言い出せずにいるような状況だ。

「すごい! お部屋があった!」
 葵ちゃんは、井戸のようなものの中にあった小動物の巣を見て、大はしゃぎだ。こんな子供だましでここまで喜ぶ彼女に、さらに恋心が増すのを感じた。
 遊園地は平日だけあって、それほど混んではいない。でも、並ばずにアトラクションに乗れるほど空いてもいない。葵ちゃんと一緒に並んでいると、それだけでも楽しい。
「優一くんは、彼女と来た事あるの?」
 急にそんな事を聞かれた。僕は、正直にあると答えた。関東住みのカップルで、ここに来た事がない方が珍しいと思う。
「そうなんだね。私は初めてだよ。初めて来た」
 そんな事を言い始めた彼女。僕は、メチャクチャテンションが上がった。もしかして、付き合ってくれるのかな? と感じる態度だ。

 僕は、意外だと言った。デートはどこに行ってたの? と聞いた。
「……した事ないよ。優一くんとデートするまで、した事なかった。一緒に映画行ったり、遊園地行ったり、全部初めてだよ」
 意外すぎる告白をしてきた彼女に、僕は舞い上がってしまった。この会話の後は、僕はいつも以上に積極的になった。初めて手を握ってみた。
 葵ちゃんは、そのまま手を握り返してくれた。こんな風に手を繋いで歩いているだけで、胸がときめく。このままイケるのではないか? 告白するタイミングなのではないか? そんな気持ちが膨らむ。

 アトラクションを目指して歩いていると、急に葵ちゃんが手を振りほどいた。えっ? と思ったが、
「ゴメンね、汗かいちゃった……緊張しちゃってる。ゴメンね」
 と、可愛らしく謝ってきた。確かに、彼女の手の平は汗がびっしょりだった。葵ちゃんは、ハンカチで手の平を拭っている。そんな仕草が、メチャクチャ可愛いと思った。

 どうして、彼氏がいなかったんだろう? こんなに可愛い女の子を、身の回りの男はなぜほっておいたのだろう? もしかして、最近整形して可愛くなった? でも、子供の頃の写真も見せて貰った。今の可愛い感じのままだった。
 謎すぎる。レズ? それにしても、デートをした事がないという事と矛盾する。
 僕は、汗を拭いてまた手を繋いできた彼女に、さらに恋心を募らせた。
「こんな風に、手を繋いで歩いたりしたの?」
 葵ちゃんは、ヤキモチを焼いているように見える顔で聞いてきた。僕は、正直にうなずいた。
「そうなんだ……ねぇ、まだ行ったことない遊園地とかある?」
 そんな事も聞いてくる。僕は、思いつく限りの遊園地を口にした。意外に多い。僕は大学で東京に来たし、彼女がいた期間も一年足らずだったので、行っていない所は多い。
「じゃあ、次はそこに行こうよ。行きたいな……」
 はにかんだように言う彼女。これは、明らかにサインなんじゃないかな? と思った。

 そんな会話がきっかけになったのか、葵ちゃんの態度が変わった。いつも以上にベタベタしてくるし、アトラクションに乗っても身体を密着させてくる。
 これはもう交際しているのではないか? そんな気持ちにすらなってきた。そして、楽しいデートが続く。室内のホラー系の乗り物に乗ったとき、急にキスをされた。
 可愛い顔が目の前に来たと思ったら、唇を押しつけられた。でも、すぐに離れてしまう。ビックリして彼女を見るが、こっちを見ていない。

 そのままアトラクションは進行し、終わった。
「楽しかったね。次はなに乗る?」
 葵ちゃんは、何事もなかったように話しかけてくる。まるで、キスした事なんてなかったような態度だ。あまりの何事もないような態度に、もしかしてキスは幻だった? と思うくらいの態度だ。
 そして、さらにアトラクションに乗って、食事もした。
「ねぇ、楽しい? 私とデートして、楽しい?」
 葵ちゃんは、急にそんな事を聞いてきた。今まで一度もなかった質問だ。僕は、すぐに楽しいと答えた。そして、葵ちゃんはどうなの? と聞いた。
「楽しい! メチャクチャ楽しいよ。いつもありがとう」
 葵ちゃんは、笑顔で言ってくれた。僕は、このタイミングだなと思って、付き合って欲しいと言った。
「えっ? ……考えさせて」
 葵ちゃんは、まさかの返答をした。流れ的に、100%行けると思っていったのに、まさかの答えだった。

 終わった……と思ったが、葵ちゃんは態度が変わらない。楽しそうに話しかけてくるし、手を繋いでグイグイ歩いていく。キスまでしてくれたのに、どうして付き合ってくれないのだろう? 不思議で仕方ない。
 そして、閉園時間まで遊んだ後、電車で帰宅した。電車の中でも、葵ちゃんは手を繋いでくる。どう見ても、僕に好意を持ってくれていると思う。
 どうして告白を受け入れてくれなかったのだろう? 僕は、保留にされた理由がわからないまま、葵ちゃんと話を続けた。

 そして、駅について歩き始めた。ここでも手を繋いでくる彼女……。見慣れた商店街でも、こんな風に葵ちゃんと手を繋いで歩くと、いつもと違って見える。
 もう、すっかりと遅い時間になってしまった。夜のニュースも終わっているような時間になっている。いつも別れる交差点で、今日はありがとうと言って別れようとした。
 すると、彼女は手を離さずにギュッと握ってきた。そして、上目遣いで僕を見つめてくる。急に心臓の鼓動が早くなるのを感じた。

 いくら鈍い僕でも、彼女の考えは伝わった。僕は、ドキドキしながら歩き始めた。僕の家に向かって歩くが、やっぱり彼女はついてきてくれる。
 そして、会話が少ないまま帰宅し、部屋に入ってすぐに彼女を抱きしめてキスをした。唇を押しつけるキス……こんな子供みたいなキスでも、最高に幸せを感じる。
 そして、葵ちゃんは僕の身体に腕を回して抱きついてきた。拒絶されなかった事で、僕は舌を差し込んでのキスを始めた。すぐに絡みついてくる舌。
 こんなに興奮したキスは初めてだ。僕は、夢中で彼女を抱きしめながらキスを続けた。そして、そのまま彼女をソファに誘導して押し倒した。

 夢中でキスをしながら、彼女の上着を脱がしていく。ボタンを外すのに手間取りながらも、上着を脱がせた。可愛らしいパステルカラーのブラジャー、でも、その谷間に驚いた。
 痩せて華奢なイメージだったのに、しっかりとした谷間がある。と言うよりも、かなり大きい。着痩せするタイプだと知った。
 僕は、すぐにブラジャーを外した。こぼれ落ちた胸は、やっぱりかなりのボリュームだ。細いウェストとの対比でそう見えるだけかもしれないが、巨乳と言っても良いくらいのサイズ感だ。

 僕は、その薄いピンク色の乳首にむしゃぶりついた。
「あっ、うぅ、んっ、フゥ」
 控えめに声を漏らす彼女。その顔は、耳まで真っ赤になっている。本当に恥ずかしそうだ。僕は、慌てて照明を暗くすると言った。
「……シャワー浴びたい。汗かいちゃったから……」
 恥ずかしそうな彼女。もう、最後まで受け入れてくれるんだなと確信出来た。

 そして、照明を暗くして、彼女はシャワーを浴びに行った。僕は、とりあえずパンツ一枚になってベッドに座った。でも、すぐにバスタオルを用意して風呂の前に置いた。
 落ち着かない気分だ。興奮と喜びで跳びはねたくなる。でも、落ち着いてとりあえず歯を磨いた。すると、シャワーの音が止まった。僕は、慌ててベッドに戻る。少しして、身体にタオルを巻き付けた葵ちゃんが、恥ずかしそうにこっちに歩いてきた。
「お待たせ……」
 葵ちゃんは、本当に恥ずかしそうだ。僕もシャワーを浴びに行くと行って立ち上がったが、葵ちゃんに抱きつかれた。そのままキスをしてくる彼女。小ぶりな舌が口の中に飛び込んできて、僕の舌に絡みつく。

 彼女は、まだ顔が真っ赤だ。恥ずかしがっている割に、積極的にキスをしてくる。僕も夢中で舌を絡めながらシャワーを浴びたいと思っていた。でも、葵ちゃんはそのまま僕をベッドに押し倒す。
 葵ちゃんは、興奮したような顔で僕に覆い被さってキスをしてくる。葵ちゃんは、セックスの経験があるのかな? と、そんな事が気になってしまう。
 男性とデートをした事がないのなら、まだ処女? でも、キスも慣れているような気がする。僕は、どっちだろう? と思いながらも、舌を絡め続けた。

 すると、パンツごとペニスを握られた。
「カチカチだよ……凄く固いね……」
 と、やっぱり恥ずかしそうな彼女。でも、恥ずかしがっている割に、僕のパンツを脱がせ始めた。どう考えても、処女ではないように思える。
「元気だね」
 そんな事を言うと、僕のペニスをくわえてくれた。慌ててシャワーを浴びてないと伝えたが、そのまま舌を絡めてくる。上目遣いでフェラチオを続ける葵ちゃん……。
 最高の気分だ。でも、やっぱり処女ではないんだなと、ガッカリする気持ちもある。でも、それは僕も同じだ。童貞ではない。

 葵ちゃんは、上目遣いのままフェラチオを続ける。カリ首に絡みついてくる舌、唇を引っかけるようにして責めたり、亀頭を頬の内側に押しつけたりしてくる。
 今まで経験した中で、一番上手なフェラチオだ。実際、もう射精しそうな感覚になってしまった。僕は、手を伸ばして彼女のタオルを外した。

【続きは出典元から】

・FC2BlogRankingでこの続きを探す
・オリジナルの体験談一覧(姉妹ブログも含む)
関連記事
・気弱な僕と、妻をオモチャにする怖い部長(kindle)
・家賃の代わりに夜伽を求める大家さん3
・ヨメカリの因習が続く漁村の跡取りの僕は7
・出産のために入院した妻と、家事を手伝ってくれる義姉4
・僕の願望を叶えるために、寝取られてくれた年上の妻ー完ー
・コンカフェの人気キャストの妻が、客を育てていたー完ー
・大好きな彼女は、先輩のセフレだった5


新刊です

本を書きました

本を書きました

本を書きました

ハード系です

カテゴリ

kindle 電子書籍出版情報

電子書籍出しました




ハード系です

新作です

新作です

新刊です

新刊です

バッドエンド



プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読めます。


月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

現在、VISAカードでの決済がしづらいようです。VISAカードは、アダルト系のサイトでの決済に使えなくなっているようです。楽天カードが年会費無料で、JCBやMasterカードで作れます。すでに楽天カードを持っていても、2枚目をJCBやMasterカードで無料で作れます。

筆者マガブロ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
189位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
11位
アクセスランキングを見る>>

リンク元ランキング