・【私が書いた電子書籍一覧です】

・このブログのオリジナルコンテンツ一覧

・全記事タイトル一覧

「PR」本ブログはアフィリエイト広告を利用しています

妻によく似た女性が、新宿で立ちんぼしてた2(マガブロ 転載禁止).

前回の話

 僕は、絶望的な気持ちを感じているのにズボンごと股間をまさぐり続けている。圧倒的な快感と興奮を感じながら、画面を食い入るように見つめてしまう。

 男性は、女性……おそらく美冬をバックで犯し続ける。大きなペニスで、力強く犯している。美冬は、ベッドのシーツをギュッと握りながらあえぎっぱなしだ。

「気持ちいい。オマンコ気持ちいいっ、旦那よりぶっといおチンポで、イキ狂ってるのっ!」
 美冬は、ほとんど叫ぶような声であえいでいる。お金だけの繋がりのはずなのに、本気で快感を感じているようにしか見えない。


 僕は、完全にパニックになっている。美冬がコンカフェの男に狂って、新宿で立ちんぼをしている……ニュースやネットでそんな話はよく聞く。
 でも、まさか自分の身に降りかかってくるとは思っていなかった。

 幸せな家庭だと思っていた。コロナの影響で残業がなくなり、収入自体は減ってしまったが、共働きなのでかなり余裕はある生活だと思っていた。
 まさか、美冬がこんな形でお金を稼ぎ、コンカフェの男なんかにつぎ込んでいるなんて、信じられないし信じたくもない……。

「そんなに気持ちいいの? 旦那、粗チンなの?」
 男性は、楽しそうに腰を動かし続ける。自分のペニスやセックスに、絶対の自信を持っているような態度だ。
「粗チンじゃないよ。でも、巨根でもない。やっぱり、後ろから奥までガンガン突かれて、オナホみたいに扱われたいの」
 美冬は、とんでもないことを言っている。

「マジか。お姉さんエグいね。ド淫乱じゃん」
 男性は嬉しそうに腰を動かし続ける。こういう隠し撮りのアダルトビデオは、全部やらせだと思っていた。まさか、本当に立ちんぼの女性を盗撮しているとは思っていなかった。

「だって、おチンポ気持ちいいんだもん。やっぱり、大っきいのが好き」
 美冬は、おどけたように言う。こんなにセックスが好きな女性ではなかった……。少なくとも、僕の前では。これが美冬の本当の顔だと思うと、脚が震えてきてしまう。

 美冬のことは、全部知っているつもりになっていた。まさか、こんな秘密があるなんて……。

「すごいね、ザーメン溢れてるよ。中に出されるのも好き?」
「好きだよ。満たされる。でも、ちょっと怖いかな? 病気とか流行ってるでしょ?」
 美冬は、そんな不安を口にする。だったら、こんなことしなければ良いのに……そんな風に思ってしまう。

「性病になったことないの?」
「う、うん。あるよ。クラミジア」
「マジで? 旦那に移らなかったの?」
「うん。こっそり抗菌薬も飲ませたから……」
 美冬が、酷すぎる会話をしている。
「最悪じゃん。旦那可哀想」
 あきれたように言う男性。でも、どこか楽しそうだ。

「だから、ちょっと怖いんだ。お兄さん、性病持ってないよね?」
「もってないって! でも、持っててもそう言うけど」
「それもそうか」
 二人は楽しそうに笑う。もう、感覚がおかしくなっている。僕は、性病治療薬まで飲まされていたことにショックを受けている。

「ほら、そんなの良いから自分で動いてみて」
 後ろから貫いたまま、そんなことを言う彼。美冬は、すぐに腰を動かし始めた。四つん這いのまま、お尻を前後にスライドさせるように動かしている。
 あまりにもはしたない姿だ。バックで繋がっているのに、美冬の方が動いている。なまめかしく、激しい動きはとても慣れているように見える。

「ヤバ、腰の動き最高じゃん」
 男性は、あきれたように言う。美冬は、嬉しそうに腰を振り続ける。モザイクは目の辺りにしかなく、それも薄い。表情までよくわかってしまう。

「ホント、お兄さんのおチンポ気持ちいいよ。こんなに気持ちいいおチンポ、久しぶり。ねぇ、全力で動ける? 泣きわめいても止めずに犯し抜いて欲しいな」
 美冬は、そんなことまで言っている。お金のために仕方なく身体を売っている……それなら、まだ少しは救いがあると思う。
 でも、こんな姿を見せられてしまったら、なにも言えない……。

「マジか、了解!」
 男性はそう言って、美冬の腰を掴んで動き始めた。さっきよりも力強くて激しい腰の動きに、美冬はのけ反りながらあえぐ。
「イグイグッ、オマンコイグッ」
 すぐに果てる美冬……でも、男性はそのまま力強く腰を振り続ける。肉がぶつかる音が響き続け、美冬の声は嗚咽を漏らして泣いているようになっている。

「スゲぇ声。マジでセックス大好きなんだ」
「好きっ、オマンコ好きっ! もっと犯して、うぅあっ、オォッ、おぉおおぉっ、壊してっ!」
 美冬は、叫びながらあえぎっぱなしだ。こんなにもセックスが好きだったなんて、想像もしたことがなかった。

 自分の妻が立ちんぼをしていたと知ったとき、どういうリアクションをすればいいのだろう? 僕は、なにも出来ずにただ股間をまさぐっている。

 寝室では、美冬が熟睡している。いつも、彼女が寝たあとにこっそりとオナニーをするのが日課だ。でも、まさか寝ている美冬自身がオカズになるとは思っていなかった。

 きっと、普通なら美冬を起こして問いただすのだと思う。当然だと思う。でも、僕はペニスを出して直接しごき始めた。理解を超えてしまい、パニックになったのかもしれない。

「気持ちいいっ、もっと奥にっ、うぉおおぉっ、子宮にハメてっ! おチンポつっこんでっ!」
 美冬は、我を忘れて叫ぶ。もう、サービスとか、相手を興奮させて早く終わらせたいとか、そんな感じではないと思う。本気でセックスを楽しんでいるとしか思えない態度だ……。

「マジで当たりすぎない? こんな子いるんだ。最高」
 男性は、嬉しそうに腰を激しく打ち付ける。のけ反りながらあえぐ美冬は、よだれも垂れて目の焦点まで合っていないように見える。
「マジで孕ませたい」
 男性は、かなり興奮している。こんな風に盗撮ビデオを販売しているくらいなので、経験は豊富のはずだ。それでもかなり興奮しているように見える。それほど美冬は当たりだということなんだろうか?

「孕ませてっ、違う種で孕みたいっ!」
 美冬は、とろけきった顔で叫ぶ。本当に妊娠を望んでいるとしか思えない態度だ。こんな事を、いつもしているのだろうか? 毎日、何人くらいの男性とこんなセックスをしている? 今までのトータルで、何人と寝た? 

 僕は、死にそうな顔でオナニーを続けていると思う……。こんなに興奮してしまう自分に、激しい自己嫌悪を感じてしまう。

「ほら、出すぞ。子宮開いとけ!」
 男性は、無理なことを叫ぶ。自分の意思で開いたり出来るはずがない。
「開いてるっ! 子宮口開いてるっ! 妊娠したいって叫んでるのっ!」
 美冬も、常識を外れたことを叫んでいる。でも、この二人のセックスを見ていると、本当にそんなこともあるのかもしれないと思ってしまう。

「うぅっ、孕めっ!」
 男性は、うめきながら美冬の膣中に射精をした。立て続けの2連射だ……。さすがに、危険日ではないと思う。そう信じたい。でも、そうじゃないかもしれないと思ってしまう。
 僕は、見ていられないくらいにとろけた顔で種付けされている美冬を見て、あっけなく射精をしてしまった……。

「うぅああぁ、ああぁあぁ、最高だよ……オマンコ喜んでる」
 夢うつつのような美冬……幸せそうだ。男性はペニスを引き抜くと、美冬の口の突き立てた。
 美冬は、うっとりしたような、魂の抜けたような顔のままお掃除フェラを始める。感情をこめて、自分を天国に導いたペニスを清めている。

「本当に素敵だったよ。くわえてるだけで、まだオマンコキュンキュンしちゃう」
 美冬は、3回戦が始まりそうな口ぶりだ。
「いや、マジで最高すぎる。て言うか、なんでソープとか行かないの? お姉さんだったら、高級ソープでやってけるでしょ。こんな立ちんぼよりも安全なんじゃない? いろんな意味で」
 男性は、そんなことを言い始めた。言われてみると、確かにその通りだ。

「ダメなの。最近、風俗店も確定申告とかうるさいから。旦那にバレちゃうでしょ?」
 美冬は、そんなことを言った。脱税のために、リスクを冒している?
「なるほどね、それはあるかも。じゃあ、お姉さんバイトしない? ウチなら日払いでOKだし、うるさいこと言わないし」
 そんな提案を始めた彼。涼子は、興味を引かれたみたいだ。

 彼の説明は、結局売春だった。でも、富裕層の会員だけを相手にするデートクラブ的なものみたいだ。
「金持ちのヒヒじじいだけ相手にしてればいいから、病気とか妊娠のリスクも低いと思うけど。たぶん、今より稼げると思うよ」
 男性は、よどみなく説明をする。確かに、非合法の動画で稼いでいる彼なら、色々なルートは知っているのかもしれない。

「う~ん、若い人はいないの? 乱暴な人とか絶倫の人」
 美冬は、願ってもない提案なのに、そんなことを言い始めた。心配になるのは当然だと思う。
「大丈夫だよ、変な人はいないから」
「違うの、そういう人がいた方が良いの」
 美冬は、想定外のことを言い始めた。
「マジでドヘンタイなんだ。お姉さん、見た目と違いすぎません?」
 あきれたように言う彼。動画は、ここで唐突に終わった。あまり詰まった話は外に出せないのだと思う。

 美冬は、結局どんな選択をしたのだろう? ただ、どんな選択をしたにしろ、立ちんぼか高級コールガールかの違いでしかない……。

「どうしたの? ジッと見てるね。フフ、可愛いって思った?」
 食事中に彼女を見つめた僕に、頬を赤くしながら言う彼女……。恥じらう仕草がたまらなく可愛らしいが、僕が彼女を見ていたのは、何か変化がないかと観察していただけのことだ。

 売春をしていると、何か変化があるかもしれない。そんな変化を見つけようと観察をしていた……考えてみれば、変な話だ。問いただすことの出来ない僕の、気弱な行動だ。

 それでも僕は、誤魔化すように可愛いよと言った。こればかりは、実際に可愛いので仕方ない。売春をしていようが、美冬が可愛いのは間違いない話だ。

「ねぇ、今日はダメ? 疲れてる?」
 耳まで赤くしながらおねだりをする彼女……とても演技とは思えない。本気で恥ずかしがっているとしか思えない態度だ。
 僕は、メチャクチャ嬉しいと思いながらも、この前もしたばかりだよね? と聞いた。

「う、うん。2日前にしたね……でも、ダメ? エッチな美冬は嫌い?」
 美冬は、本気としか思えない態度だ。普段、セックスは飽きるほどしているはずだ。今さら僕なんかと平凡なセックスをしても、満足なんか出来ないと思う。

 僕は、そんなことはないと言った。エッチな美冬が好きだと。嬉しいよとも言った。
「よかった。愛してる。ずっと一緒にいようね」
 美冬は、本当に愛をこめて言ってくれていると思った。でも、裏では立ちんぼもしているし、コンカフェの推しの男性に貢いでもいるみたいだ。

 僕は、こんな無邪気な笑顔でよく裏切れるなと怖くなってしまう。でも、どうしても興奮もとめられない。僕は、かなり重度の寝取られ好きのようだ……。

 そして食事が終わり、風呂に入って寝室に移動した。やっぱり、美冬とのセックスはたまらなくドキドキするしテンションも上がる。
 僕だけの美冬だったはずなのに、どうしてこんな事になっているのだろう……。

 タオルを巻いた美冬が入ってきて、真っ直ぐに僕に抱きついてキスをしてくれる。すぐに照明を消して真っ暗にすると、恥ずかしそうにタオルを外した。
 真っ暗といっても、間接照明で僅かに明るい。身体のラインも表情も、かろうじてわかるくらいはある。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

カテゴリ

kindle 電子書籍出版情報

電子書籍出しました



ハード系です

新作です

新作です

新刊です

新刊です

バッドエンド



プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読めます。
なお、規約の変更などにより、予告なく削除されることがございます。
大変にお手数ですが、webページの保存などをしてください。
※以前購入されたブロマガが削除により購読出来なくなった方は、読めなくなった作品のタイトルをメールにてお知らせ下さい。個別で対応いたします。
netorarezuki@gmail.com

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

現在、VISAカードでの決済がしづらいようです。VISAカードは、アダルト系のサイトでの決済に使えなくなっているようです。楽天カードが年会費無料で、JCBやMasterカードで作れます。すでに楽天カードを持っていても、2枚目をJCBやMasterカードで無料で作れます。

筆者マガブロ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
65位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク元ランキング