・【私が書いた電子書籍一覧です】

・このブログのオリジナルコンテンツ一覧

・全記事タイトル一覧

結婚に消極的な彼女の淫らな過去3(マガブロ 転載禁止).

前回の話

 優奈は、本当に中出しされてしまった。あっけないくらいに簡単に、初対面の男性の精液を膣中に受け止めてしまった。恍惚とした顔で身体を震わせながら、僕の事を見つめている。
 僕は、彼女のすぐ近くで正座したまま、結合部を見つめている。こんな風に、男性が射精をするのを間近で見るのも初めてだ。

 射精すると、睾丸があんなに収縮するように動くなんて、想像もしていなかった。それにしても長い射精だ。優奈はのけ反り気味になりながら身体を震わせ続ける。


「出されてるよ、夏くん、中に出されてる」
 優奈は、声を震わせながら言う。僕は、射精したばかりなのに興奮状態のままだ。
「お姉さん、ほら、大好きなおチンポだよ。入れてごらん」
 大学生くらいの男性が、ベッドに仰向けで寝転んだ状態で声をかけた。彼のペニスも、かなりのサイズだ。そそり立って縦に時折揺れている。

「大っきいね。夏くん、比べてみたら? 全然サイズが違うでしょ? ほら、彼の横に寝てみて」
 優奈は、イジワルをするような顔になっている。そんな顔をも可愛いなと思うが、酷い事を言われてしまっている。

 でも、僕は素直に男性の横に寝転がった。僕のペニスも最大限に勃起している。でも、サイズの差は明らかだ。長さも太さも半分くらいに見える。
 こんな風に、わざわざ比較する必要もないくらいに差は歴然だと思う。でも、優奈は楽しそうに男性の上にまたがって腰を下ろしていく。脚を開いてまたがった事で、さっき中に注がれた精液があふれ出す。

 ダラッと垂れてしまった精液は、そのまま若い男性の下腹部に落ちていく。
「フフ、溢れちゃった」
 優奈はイタズラっぽく笑いながら、彼の下腹部に垂れ堕ちた精液をすすり取る。そして、僕に向かって大きく口を開けると、口内にいっぱいになった精液を見せつけてきた。

 僕は、無性にドキドキしていた。元彼に色々な調教を受けていた事はわかっているが、こんな風に目の前で淫乱な姿を見ると、焦燥感が凄い。
 居ても立ってもいられないというのは、こういうことなんだなと思うくらい、強烈な光景だ。

「まだ溢れてくるみたい……ねぇ、受け止めてみて」
 優奈は、そう言って僕のお腹の上あたりで脚を拡げてまたぐ。軽く力を入れるような仕草をすると、すぐに精液が溢れてきた。
 僕は、落ちてくる精液に対して、思わず手を出した。手の平に落ちてきた精液……その熱さに驚いた。そして、臭いも強い。

「こんなに出されちゃった……孕んでないかな?」
 優奈は、僕の事を見つめながら言う。これでは、僕が調教されているみたいだ。優奈は、ドMの牝奴隷だったと言っていた。でも、まるで逆に見える。

 6人の男性に囲まれた状況で、怯む事なく余裕すら感じる。僕は、優奈の知らなかった顔がどんどん出てくる事に、軽く恐怖も感じ始めている。

 すると、優奈は僕の手の平に口を付けてすすり始めた。どう考えてもわざととしか思えない、ズルズルと大きな音を立ててすすっている。
 優奈は、すすり取ったそばから飲み干しているみたいだ。そして、僕の手の平をペロペロと舐めてきた。くすぐったさと快感を感じる。

 優奈は、僕のペニスを握りながら、
「すごく固いよ。私が他の人のザーメン飲むのが、そんなに嬉しいの?」
 と聞いてきた。僕は、思わずゴメンと謝りながら、素直に興奮している事を告げた。
「フフ、ドヘンタイだ。私よりも、ドヘンタイなのかもね」
 優奈は、可愛らしい笑顔で言う。あどけなくて驚くほど可愛らしい顔……でも、内面はビックリするくらいに淫乱で色々な顔を持っている。

「お待たせ。いっぱい出して、夏くんの見てる前で妊娠させてね」
 優奈はそんな事を言うと、彼にまたがって腰を下ろしていく。そして、当たり前のように生ペニスを手で掴んで膣口に導くと、躊躇もなく腰を下ろした。
「んうぅっ、大っきい」
 優奈は、目にハートマークが浮かんでいるような可愛らしい声で言う。そして、そのまま腰を上下に動かし始めた。

「うわ、なんだこれ、メチャ気持ちいい。これ、どうやってるの?」
 男性は、驚いた顔だ。
「大っきなおチンポ入れると、子宮がうずいて勝手に動いちゃうんだ。気持ちいい? いつでも出して良いからね」
 優奈はそう言って腰を動かし続ける。男性は、本当に気持ちよさそうにうめきながら、優奈の事を見つめている。

 優奈とのセックスが最高なのはわかっているが、勝手に膣中が動くというのは経験していない。そんな事があるのだろうか? と思うが、男性のリアクションを見ていると事実なのだと思う。

 僕のペニスが小さいから、優奈の膣が反応しなかった……そういうことだと思う。

 他の男性達も、優奈を取り囲む。ペニスを握らせたり、胸を揉みしだいたり、ペニスをくわえさせてしまった。優奈は、両手でそれぞれのペニスをしごきながら、フェラチオまでしている。
 こんなに同時に出来る事に驚かされてしまうが、どう考えても初めてではないんだろうなとわかる。本当に、元彼の前で輪姦プレイをさせられていたんだなと実感した。

 さすがに6人一度には対応出来ていないが、残った二人もペニスを緩くしごいている。そのペニスも、大きくてカリ首が張り出している。
 どうやって、こんなにも巨根の男性ばかりを集める事が出来たのだろう? そして、優奈の巨根好きにも驚かされる。小柄な優奈にとっては、彼らのペニスは大きすぎるはずだ……。

「んっ、うぅっ、ンふぅっ、ふぅ~~っ」
 優奈は、ペニスをくわえたまま発情した牝ネコのようにうめく。男性達は興奮した顔で思い思いに優奈の事をオモチャにし続ける。あぶれていた男性も、優奈の足の指を舐めたりし始めた。

ほとんど6人全員が何かしらの形で参加している。7Pなんて、アダルトビデオビデオですら見た事がない。優奈は、こんな異常なプレイを慣れた動きで続けている。
 僕は、ふと結婚して本当に良かったのかな? と、思ってしまった。後悔なんて感じた事もなかったが、目の前の優奈の姿を見てそんな考えがよぎる……。

「ヤバ、もう出る。優奈ちゃん、妊娠してね」
 またがられている男性は、余裕のない声をあげ始めた。優奈の本名まで知られている事に危機感を感じながらも、中出しされようとしている優奈を見て興奮が収まらない。
 いきり立ったペニスが、縦に揺れるように動いてしまう。
「イッてっ! 夏くん、見ててっ! 夏くんじゃないので妊娠するの見ててっ!」
 優奈は、興奮しきった顔で叫ぶように言う。そして、男性はあっけなく射精をしてしまった。

「うぅああっ、夏くん、見てっ! いま受精するからっ!」
 優奈は、のけ反り気味で腰回りをガクガク震わせる。早漏気味の射精でも、充分に感じる事が出来たみたいだ。
「フフ、夏くんの、出ちゃいそう。なんか、白いのも出てるよ。漏れちゃった?」
 優奈は、中出しされて恍惚の顔のまま僕のペニスを見ている。確かに、僕のペニスからは少しだけ精液が漏れている。しごいてもいないペニスから、精液が漏れ出す……そんな事があるんだなと驚いてしまった。

「じゃあ、交代して比較しないとね。いまハメるね」
 そう言って、男性の上から移動してきた。でも、比較してくれなんて、僕が言ったわけでもなんでもない。優奈はすぐに僕にまたがると、腰を下ろして挿入してしまった。

 優奈の膣中は、いつもとまったく違う状態だった。入れたそばから膣全体がうごめいているような感覚になった。断続的に収縮するような感覚……入れただけなのに、強制的に射精させられそうな感じだ。
「フフ、ザーメン溢れてきてる。ねぇ、掻き出さないと本当に孕んじゃうよ? 頑張って」
 優奈は、心から楽しそうだ。僕は、言われてすぐに腰を動かし始めた。突き上げるように動かした。すると、精液が溢れ出てくるのがわかる。

「夏くん、頑張って。夏くんの小っちゃいおチンポでも、けっこう掻き出せてるよ」
 優奈は、酷い事ばかり言う。でも、悪意は感じない。不思議な感覚だ……。

 僕は、夢中で腰を動かした。でも、優奈はあえぐ事もなく煽るような事ばかりを言ってくる。そして、僕もあっけなく限界が来た。いつも早漏な僕だが、いつも以上に早い。さっき射精をしたのに、関係なく限界が来てしまった。

「アンッ、もう出ちゃったの? 夏くんのって、細いのにすぐイッちゃうんだね。あんまり刺激されてないでしょ? 私も、ほとんど刺激感じてないもん。それでも、こんなに早くイッちゃうんだね」
 優奈は、イジワルを言いながらも嬉しそうだ。
「夏くんので妊娠出来てると良いな」
 優奈は、そんな事を言ってくれる。でも、すぐに男性の一人が優奈を抱えるようにして僕から引き剥がした。

「じゃあ、旦那さんのザーメン、俺が全部掻き出して妊娠させるよ」
 そう言って、30歳くらいの男性が優奈をバックで犯し始めた。
「気持ちいいっ、おチンポ固いよ。すごく固い。こんなに固いの初めてっ!」
 優奈は、バックから激しく突かれながら叫ぶ。今日のリアクションの中で、一番激しいリアクションだ。本当に気持ちよくて仕方ないというのが伝わってくる。

 6人とも巨根で、見る限り固そうだ。それでも、固さには差があるのだろうか? 固さの違いで気持ちよさも違うのだろうか?

 優奈はとろけきった顔であえぎながら、お尻をさらに突き出すようにしている。こんな仕草をされたら、男としては最高なんだろうなと思う。

「イグッ、イグッ、オマンコイグッ、んおぉっ、おぉおぉっ、イグゥッ!」
 優奈は、かなり激しく感じている。こんなに感じるなんて、想像以上だ。男性は、スパートをかけている。激しいピストンが続く。

 優奈は、頭をブンブン振り、髪を振り乱しながらあえいでいる。
「もっとっ! 夏くんの劣勢精子、全部掻き出してっ! 素敵なおチンポで孕みたいの……大っきくてガチガチのおチンポで、妊娠アクメしたいのっ」
 優奈は、もう本気で言っているようにしか思えない。あくまでプレイとして……僕を興奮させるために言っていたはずなのに、どうしてこんな事になってしまったのだろう?

「ほらほら、もっとケツ突き出せって。奥までいじめてやるよ」
 この男性は、かなりサディスティックだ。
「いじめて下さい。優奈のオマンコ、大っきなおチンポで目茶苦茶にいじめて下さい」
 優奈は、急にM奴隷モードに変わった。もう、どれが本当の彼女なのかわからなくなってしまう。
「エロいね。ホント、ド淫乱だ」
 男性は、小馬鹿にしたように言いながら腰を動かし続ける。

 ピストンされるたびに、漏れ出す精液……。僕の種で妊娠する可能性は、どんどん低くなるようだ。でも、そもそも今日は危険日ではない。
 妊娠する可能性は、さほど高くないはずだ。それでも優奈が他の男に生でハメられていると思うと、嫉妬と危機感で居ても立ってもいられなくなる。

「もっと締まってきた。旦那と話すと興奮するんだ。マジでどうしようもないドヘンタイだね」
男性は、あきれ顔で言う。
「そうなの。淫乱な牝豚を、もっとしつけてくださいっ」
 優奈は顔をトロトロにとろけさせながら叫ぶ。優奈は、太ももまで精液を垂れ流しながらあえぎっぱなしだ。

 まだ、部屋に入ってそれほど時間が経っているわけではない。それなのに、優奈はもう中に出されているし、飲精もしてしまっている。
 今さら過去に嫉妬しても仕方ないが、元彼が優奈をいいように調教していたと思うと悔しくて仕方ない。

 バックで犯され続ける優奈……。他の5人もペニスをくわえさせたり胸を荒々しく揉んだりし始めた。優奈は、こんな風に酷いことをされるとより快感が増すようだ。

 すると、バックで優奈を犯している男性が、親指を優奈のアナルにねじ込もうとし始めた。
「んうぅっ、ダメぇ、お尻はダメぇ」

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

カテゴリ

kindle 電子書籍出版情報

電子書籍出しました




ハード系です

新作です

新作です

新刊です

新刊です

バッドエンド



プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読めます。


月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

現在、VISAカードでの決済がしづらいようです。VISAカードは、アダルト系のサイトでの決済に使えなくなっているようです。楽天カードが年会費無料で、JCBやMasterカードで作れます。すでに楽天カードを持っていても、2枚目をJCBやMasterカードで無料で作れます。

筆者マガブロ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
148位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
9位
アクセスランキングを見る>>

リンク元ランキング