・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品
・このブログのオリジナルコンテンツ一覧
・全記事タイトル一覧

■姉さん女房の涼子と、調子の良い私の部下5(姉妹ブログ 転載不可)

前回の話

「なに中に出してるんだよ。常識で考えろよな」
 涼子は、そんな事を言いながら研二の身体を押しのける。研二は、まさかという顔で涼子を見つめている。
「ご、ごめんなさい。でも、脚が絡んで……」
「うるさいよ。言い訳するなって。人妻に中出しなんて、あり得ないだろ? ちゃんと考えろよな!」
 涼子は、ぶち切れトーンのまま立ち上がり、リビングから出て行った。動揺した顔で私を見つめる研二。
「やり過ぎでしたか?」
 すごく申し訳なさそうだ。私は、気にするなと告げた。でも、私もめちゃくちゃに気にしている。妊娠は平気だろうか? そんな危機感で胸がドキドキする。

「どうしたら良いですか? 消えた方が良いですか?」
 研二は、おどおどしている。さっきまでの自信たっぷりな感じが消えてしまった。こういう所が、本当に憎めないなと思う。そうこうしている間に、涼子が戻ってきた。
「研二も、風呂入ったら? パジャマは出しておいたから」
 涼子は、少しはにかんだように言う。こんな風に照れている姿は、やっぱり新鮮だ。研二はホッとして、本当に嬉しそうに風呂に向かった。

「とめるどころか、何回射精してるんだよ。ホント、ドヘンタイだな」
 涼子は、怒っているような口調だ。でも、その顔はどう見ても不安そうだ。
「……イヤじゃなかったか? ちょっと、その……やり過ぎたかなって」
 涼子は、私と会話をしながらも私の事を見ない。すごく気まずそうな感じだ。私は、今なら聞けると思い、気持ちよかったのかと聞いた。
「そりゃ、少しは……でも、思ったほどじゃなかったかな?」
 涼子は、やっぱり私の事を見ずに話を続ける。その仕草が、イタズラを見つかった子どもみたいで可愛いと思ってしまった。

「どうする? もう、寝る? それとも、まだ飲む?」
 涼子は、迷っている口調だ。まだ夜も早いので、もう少し飲んで良いんじゃないかと告げた。
 すると、研二がもう戻ってきた。
「早いな。ちゃんと洗ったのか?」
 母親のような事を言う涼子。
「もちろんです。色々舐めてもらっても平気なように、全身洗いました!」
 研二は、ふざけているのか真剣なのかわからない口ぶりだ。
「舐めないし。ほら、飲むぞ」
 涼子は、迷いが見える態度ながら、ワインを飲み始めた。私も研二も飲み始める。

「そんなだから、結婚出来ないんだよ」
 研二のいい加減な女性に対する態度を聞き、イラッとしたように言う涼子。
「まだ、結婚なんて考えられないですよ。なかなか良い子いないし。涼子さんみたいな最高な女って、なかなかいないもんですよ」
 研二は、ずっと涼子の事を褒め続けている。実際に、研二が涼子の事をかなり好きなのは知っている。涼子の方が9歳も年上だが、研二は姉さん女房的な女性が好みなんだろうなと思う。
 そして、それは私も同じだなと思った。涼子に尻に敷かれっぱなしの生活。でも、それがイヤだと思った事は一度もない。
 涼子が色々としてくれるので、全部任せてしまっているような感じだ。そして、それが楽で心地良いと思って生活している

「て言うか、人妻とばっかり遊んでるんだろ? そもそも結婚出来る相手じゃないだろ?」
 涼子は、やっぱり研二の女遊びが気に入らないみたいだ。
「でも、人妻じゃないと俺のチンポ受けとめられないんで。痛がっちゃうです。涼子さんは、バッチリ最高だったみたいですね。安心しました」
 研二は色々怒られているのに、怯む事もない。
「だから、別に気持ちよくもないし相性も良くないから」
 涼子は、素っ気なく言う。でも、両腕両脚まで絡めて中出しを求めていた姿を思い出すと、相性はぴったりだったんだと思う。

「ホントですか? このチンポ、忘れられないんじゃないですか?」
 研二は、少し強気が戻ってきた。
「別にそんな事ないから。そんな事ばっかり言ってるから、まともな恋愛出来ないんだろ?」
 涼子は、なかなか厳しい指摘をしている。実際、その通りなのかもしれない。
「そんな事……ありますね」
 おどけたように笑う研二。本当に、楽しい時間だ。でも、二人はすでにセックスをしてしまっていると思うと、嫉妬や不安も感じてしまう。

「じゃあ、そろそろ寝るか?」
 涼子が少し眠そうに言う。私も、かなり眠い。
「じゃあ、今日は涼子さんと俺が一緒に寝ましょうよ。たまには、新鮮じゃないっすか?」
 研二は、グイグイと迫る。
「ハァ? 気持ち悪い」
 涼子は、一刀両断だ。でも、私が助け船を出した。少し仕事が残ってるので、二人で先に寝てて欲しいと。
「まったく……どうせ、打ち合わせてきたんだろ? この、ドヘンタイが」
 涼子が、怒った顔で言う。すると、研二がすぐに言い訳を始める。打ち合わせなんてしていないと。
「まぁ、どっちでも良いけど……。じゃあ、寝るか。仕事、お疲れ様」
 涼子は、そんな言葉をかけてくれる。そして、研二と一緒に寝室に向かっていった。一人リビングに取り残され、強烈な疎外感を感じる。

 夫の私が1人で寝るのに、妻と他の男が一緒に寝る……同じベッドで寝るなんて、あまりにもツラい……。でも、やっぱり私のペニスは制御盤が壊れたみたいに、ずっとガチガチに勃起したままだ。

 私は、少しだけ書類をまとめた。でも、別に今日やらなくてもいい仕事だ。さっきのは、2人を一緒に寝かしたいがタメのウソだ。
 2人は、本当に寝室に行ってしまった……。まさか、涼子が受け入れるとは思っていなかった。私の想像以上に、涼子は研二の事を気に入ってしまっているのだろうか?

 私は、こっそりと寝室に行った。ドアの前に立つと、かすかに声が聞こえてくる。どう考えてもあえぎ声のような声だ。そっとドアに耳を押し当てると、
「ンッ、うぅ、うぅ、声出る……もっとゆっくり……」
 と、涼子の苦しげな声が聞こえる。やっぱり、すぐに寝るはずはないだろうなと思っていた。でも、こんな風に私のいないところでもセックスをしてしまうのは、完全に浮気になると思う。寝取られプレイ……そういう言葉では説明出来なくなってしまう。

「ゆっくりで良いんですか?」
「……バックで。クッションに顔つけるから」
「了解です」
 そんな会話を続ける2人。少しすると、
「んぅ〜〜っ、ん〜っ」
 と、うめき声が響き始めた。声は聞こえてこないが、うめき声はかなり大きい。さっきの会話よりも、よほど聞こえてきてしまう。そして、音よりも聞こえてくるのが、肉がぶつかる鈍い音だ。
 この状況でも、やっぱり私は興奮してしまっている。勃起しすぎたペニスは、射精してもおかしくないくらいにいきり立っている。

 そして、堪えきれずに薄くドアを開けた。すると、ベッドの上で全裸の涼子が、バックで激しく責め立てられていた。
 涼子の腰をガシッとホールドした研二が、強く長いストロークで腰を振り続けている。涼子は、顔をクッションに押しつけてうめきっぱなしだ。
 涼子の身体は時折震えたり、のけ反るように硬直したりしている。本当に気持ちよさそうなリアクションだ。私は、堪えきれずにオナニーを始めてしまった。パジャマとパンツを降ろしてペニスをしごき始めると、すぐに射精感が湧き上がる。少しでも気を抜いたら、あっけなくイッてしまいそうだ。

「アナルヒクヒクしてきた。イキそうですか?」
「う、うるさい」
 涼子が声を震わせながら言う。
「て言うか、もう何回もイッてますよね? もっとイキまくって下さい」
「うぅ、イッてない……良いからイケ、うぅあっ」
 涼子は、まだ強気な事を言っている。でも、その声はトロトロにとろけている。
「まだイカないっす。さっき出したばっかりなんで」
「も、もう無理……イケ……イッて」
 涼子は、徐々に弱気になってきた。まるで、涼子が調教されているように感じる。でも、普段の姿とのギャップに、異常なほどに興奮してしまう。

「うぅあぁっ、ダ、ダメっ、抜けっ!」
 急に涼子が慌てた声をあげる。
「やっぱり、経験あるっすね。簡単に入っちゃった」
「な、ない。バカな事言うな。早く抜けって」
「でも、オマンコめちゃくちゃうねってますよ。こっちも感じるんだ」
「うぅ、あっ、ンッ、違う……抜け……ヒィ、うぅぁっ」
 研二は、涼子のアナルに指を入れているみたいだ。距離があるので、そこまでハッキリとは見えない。でも、会話からもそれがうかがえる。
 アナルでの経験がある? 知らなかった。そもそも、涼子の過去の男性経験は一切知らない。教えてくれないからだ。でも、美人で胸も大きくスタイルも良い涼子なので、モテたはずだ。それなりに色々な経験はしていると思う……。

「良いっすよ。ケツ穴ほじられながらイッて下さい」
「イヤァ……抜いて、もうダメ、うぅ、イキそう、イッちゃう、こんなのイヤ」
 涼子は、ビックリするくらい可愛らしくなっている。こんなに弱々しい声を出すなんて、まるでイメージにない。
「ほらほら、イッて下さい。ケツマンコでイッちゃうって言って下さい」
「ダ、ダメ、イクっ、イッちゃうっ、ケツマンコでイクっ」
 涼子は、あっけなく卑猥な言葉を口にした。そして、ガクガクッと身体を震わせた。
「あぁ、ヤバい、搾り取られる。イキます。オマンコに出します」
 そう言って、研二は腰を思いきり押し込みながら射精を始めた。
「ヒィ、うぅあぁ、熱い……溢れちゃう……」
 中に出されながら、涼子はさらに身体を震わせる。身体を硬直させながら震える姿は、強い快感を感じているのがよくわかる……。アナルに指を入れられ、中出しされながら強い快感を感じている涼子を見て、私はあっけなく射精をしてしまった……。
 強すぎる快感に、声が漏れそうだ。でも、なんとか声を押し殺しながら、2人を見つめる。

「アナルも感じるんですね。アナルでしますか?」
 研二は、指をアナル抜いてペニスも抜きながら聞く。涼子は、四つん這いの体勢からグッタリとうつ伏せの体勢になった。脚がだらしなく拡がって、膣口も見えてしまっている。
「……今は無理……」
 涼子は、怒るでも否定するでもなく、そんな事を言ってしまった……。どんどん浸食されていく……そんな恐怖を感じる。
「じゃあ、寝ますか。オマンコ拭いてあげます」


【続きは出典元から】

・FC2BlogRankingでこの続きを探す
・オリジナルの体験談一覧(姉妹ブログも含む)
関連記事
・優しく清楚な妻が、温泉旅行で若者二人に褒められて2
・婚約者の可愛い妹がキスしながら教えてくれた最悪な秘密(kindle)
・友人夫婦と食事をしてたら、アレのサイズの話になって6
・妻のバイオリン教室は、秘密のご褒美のおかげで評判が良い
・事故で半身不随になった私と、いつも優しい年下の妻5
・妻がこっそりと裏垢サイトを見ていた
・可愛らしい若妻がナンパされたことをきっかけに夫の寝取られ性癖を目覚めさせた5



新作出版です

本を書きました

新刊です

本を書きました

本を書きました

本を書きました

ハード系です

カテゴリ

kindle 電子書籍出版情報

電子書籍出しました




ハード系です

新作です

新作です

新刊です

新刊です

バッドエンド



プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読めます。


月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者マガブロ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
48位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
3位
アクセスランキングを見る>>

リンク元ランキング