・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品
・このブログのオリジナルコンテンツ一覧
・全記事タイトル一覧

△マンネリ気味の嫁に、温泉宿で性感マッサージを受けさせてみた(転載禁止)

最近、息子が東京の大学に進学したのをきっかけに、嫁と二人の生活が戻ってきた。いわゆるできちゃった婚だったので、嫁は若くに息子を産んだ。そのため、嫁はまだ42歳で体型も維持出来ている方だ。

私は45歳になったので、体力の衰えを感じているこの頃だが、体力以上に勃起の衰えを感じていた。嫁は性欲が強くなる年頃なのか、週に2回はお誘いをしてくる。
私にとっても嬉しいことだけど、正直少しマンネリを感じてはいる。そんなことを会社の同僚に話すと、贅沢な悩みだと怒られた。同僚いわく、ウチの嫁は美人で胸も大きく、セックスするには最高の相手だという。
確かに、夫の私が言うのも恥ずかしいが、嫁はイイ女だと思う。胸の大きさや顔の感じが、高岡早紀に似ていると言われる。私も、かなり似ているなと思う。

『パパ、今日も良いかな? 疲れてる?』
お風呂上がりに早紀が聞いてきた。すでに表情が色っぽい感じになっていて、私はドキッとしてしまう。唇の横のほくろが、今日はいつも以上にセクシーだ。

私は、疲れていないと告げた。すると、早紀はすぐに私にキスをしてきた。舌が滑り込んできて、私の舌に強烈に絡みついてくる。私は、一瞬でスイッチが入り、夢中で早紀の舌を吸った。

早紀は、荒い息遣いのままキスを続け、私のペニスを握ってくる。パジャマ越しでも、的確にカリ首あたりを刺激してくれる。キスをしたままペニスを刺激され、一瞬で勃起する私。でも、この勃起が維持出来るか不安を感じる私もいる。

『パパの固くなってる。ねぇ、すぐ入れちゃう?』
早紀は、そんな風に言ってくる。途中で柔らかくなってしまうことが多くなってきたので、その前に挿入してしまおうという気遣いだと思う。

私は、そんな風に気を遣われて情けないなと思いながらも、素直に挿入準備をした。と言っても、私はパイプカットをしているのでそのまますぐに入れるだけで良い。息子がいなくなってセックスの回数が劇的に増えたこともあり、最近手術を受けた。

私のペニスが挿入されると、
『うぅあっ、パパ、すごく固いぃ』
と、とろけた声で言ってくれる早紀。私は、出産経験ありとは思えない締まりの良い膣の感触に、声が漏れそうになっていた。

そして、私はすぐに腰を動かし始めた。柔らかくなってしまう前に、なんとか早紀を楽しませよう……。そんな気持ちだ。早紀は、気持ちよさそうに声をあげている。私は、腰を振りながらも、違うことを考えていた。
勃起を維持するために、AVやエッチな画像のことを思い出したりする。そして最近は、早紀がAV男優に抱かれている姿を想像するようになっていた。

自分に寝取られ性癖があるとは思っていなかったが、早紀が他の男性とセックスをしている場面を想像すると、なぜか興奮してしまう自分がいる。

早紀が、他の男のペニスをくわえている姿……。バックで犯されている姿……。何よりも興奮するのは、正常位でキスをしながらセックスをしている姿だ……。

『あぁっ、パパのもっと固くなってきたっ。気持ち良いよ。パパ、気持ち良いっ』
早紀は、気持ちよさそうにあえぎ声をあげる。私が腰を振るたびに、豊かな胸がユサユサと揺れる。大きさの割に、垂れている感じも少なく、乳輪も小さめだ。本当に、セクシーな身体をしているなと感じる。

私は、興奮してくれている早紀に申し訳ないなと感じていた。セックスをしているのに、違うことを考えている……。しかも、早紀が他の男とセックスをしている場面を……。

私は、結局早紀が他の男とキスをしているイメージを浮かべながら、早紀の膣中に射精をした。
『あっぁっ、パパ、私もイクっ!!』
早紀は、私に抱きつきながら身体を小さく震わせた。私は、射精して急速に冷静になり、変な想像をしてしまったことを反省した。

そんな日々が続く中、私の妄想はさらにひどいものになってしまった。実際に、早紀が他の男とセックスをしている姿を見てみたい……。そんな気持ちが膨らんでしまっていた。

そして私は、ある思いつきを実行することにした。

『温泉なんて、久しぶりだね。楽しみだなぁ』
出発前に、早希は嬉しそうにそう言った。今日から2泊で温泉旅館に泊まる。結婚前に何度か行っていた温泉郷で、20年ぶりくらいの訪問だ。車を走らせると、早紀が色々と話しかけてくる。息子の話題が多いが、徐々に昔話やこれから行く旅館の話になったりする。

私は、色々と計画を練っているので、その通りになるかな? と、ドキドキしながら妄想していた。そして、滝を見たり、神社に行ったりした後、旅館に到着した。

『なんか、良い感じだね。すぐお風呂入っちゃう?』
早紀は、無邪気に喜んでいる。40歳を過ぎても、子供のような無邪気さが残っているなと思う。私は、可愛らしいなと思いながらも、この後のことで胸がドキドキしていた。

そして、すぐに温泉に入ってリラックスをしながら、部屋でのんびり過ごした。あっという間に夕食の時間になり、仲居さんが料理を用意し始める。

『美味しそう。少し飲んじゃおうか?』
上機嫌の早紀。日本酒を飲みながら、楽しい食事が始まる。鮎や山菜、和牛の陶板焼きなどを食べながら楽しい時間が過ぎていく。でも、私のドキドキはどうしようもないほど高まっていて、ずっと勃起もしっぱなしだった。

食事が終わって少しすると、予定通りマッサージの男性が部屋を訪れた。驚いている早紀。私が、少し腰が痛いからさっき頼んでおいたと説明すると、すぐに納得した。私が腰痛持ちなのは昔からなので、すんなりと納得してくれたみたいだ。

マッサージの男性は、実は私の友人だ。今日も、宿には内緒で来てもらっている。宿のマッサージの人には無茶なことはお願い出来ないので、こんな形をとった。

友人の高藤は、上手いこと芝居をしてくれている。私とも、初対面という感じで話を続けている。そして、マッサージを始めてもらう。高藤は実際に整体師として働いている男なので、このあたりの動きは慣れたものだ。

凝りがほぐされていくのを感じる。高藤は、整体師としての会話を続けながら揉みほぐしていく。私は、最初の計画通りに寝たフリを始めた。私が寝たフリを始めても、しばらくマッサージを続ける彼。

「ご主人、寝ちゃいましたね」
高藤は、早紀にそんな風に話しかける。
『そうみたいですね。最近、疲れやすくなってるから……。もう、いい歳ですもんね』
早紀は、落ち着いた口調で言う。
「まだ時間余ってますから、奥様もどうですか?」
高藤は、そんな提案をする。早紀は、遠慮するようなことを言ったが、高藤が料金がもったいないというようなことを言うと、
『じゃあ、お願いしちゃおうかな? 今日はよく歩いたから、ふくらはぎが張ってるんですよね』
と、言い始めた。早紀が、もったいないとか、お得というワードに弱いと教えておいたので、そのあたりを上手く突いた感じだ。

高藤は、私から離れていく。そして、私の横で早紀にマッサージを始めた。
「確かに、ふくらはぎ張ってますね。ほぐしていきますよ」
高藤は、真面目な声で言う。
『お願いします。マッサージしてもらうの、久しぶりです』
早紀は、少し楽しそうだ。高藤は、今時のイケメンという感じではないが、男前だ。何よりも、声が良い。よく、セクシーな声と言われたりするらしい。

そのまま、多少の会話をしながらマッサージが続く。私は、薄く目を開けて二人の様子をうかがった。浴衣姿の早紀……うつ伏せに寝ている。高藤は、早紀のふくらはぎのあたりを揉みほぐしている。

私が高藤にこんなことをお願いしたのは、彼が趣味で性感マッサージをしているからだ。本業の整体とは別に、趣味で性感マッサージをしていて、リピーターがかなり多いそうだ。下手をすると、本業の収入よりも多いくらいだと言っていた。その話を聞いた私は、早紀を寝取って欲しいと依頼した。
突拍子もないその依頼に、高藤は驚きもしなかった。そういう依頼もかなり多いそうだ。寝取られ性癖の男性は、私が思っている以上に多いみたいだ。

「ハムストリングもほぐしましょうね」
高藤は、そんな風に言った。
『え? は、はい。お願いします』
早紀は、一瞬戸惑ったように返事をした。たぶん、ハムストリングがわからなかったのだと思う。
「じゃあ、少しめくります」
高藤は、早紀の浴衣をまくり上げる。太ももがあらわになる。早紀は、一瞬身体を硬くした。でも、何も言わない。
「失礼します」
高藤は、淡々と早紀の太ももの裏側を揉み始めた。浴衣はまくられているが、下着が見えるほどではない。それでも、早紀は恥ずかしそうにモジモジ動いている。
「やっぱり、張ってますね。少し腰も痛くなってませんか?」
高藤は、早紀の太ももを揉みながら質問する。
『あ、はい。少し重い感じです』
早紀は、そんな風に答える。
「ここが張ってると、腰痛になるんです。少し、強くしますよ」
高藤は、そう言って揉み続ける。揉んでいる場所は際どいが、たぶんまだ普通のマッサージなのだと思う。
『あぁ、気持ち良いです。こってたんですね……』
早紀は、気持ちよさそうな声をあげる。私は、無性にドキドキしていた。普通のマッサージとは言え、早紀が太ももを触られている。そして、性的ではないかもしれないが、気持ち良いと言っている。

「かなり凝ってますね。しっかりほぐしていきます」
そう言って、施術を続ける彼。微妙に、揉む位置が上に上がっていっている。早紀は、何も言わずに揉みほぐされるに任せている。高藤の手は、そのまま上がり続け、ほとんど付け根のあたりまで来ている。

「痛くないですか?」
高藤が質問する。
『い、痛くないです。気持ち良いです』

【続きは出典元から】

・FC2BlogRankingでこの続きを探す
・オリジナルの体験談一覧(姉妹ブログも含む)
関連記事
・友人夫婦と食事をしてたら、アレのサイズの話になって4
・パートに出て綺麗になった妻と、お客さんの裏垢男2
・久しぶりに妻と温泉宿に行ったら、イケメン二人に声をかけられたー完ー
・姉さん女房の涼子と、調子の良い私の部下2
・ツーリングに行ったら、道の駅で男の娘に話しかけられたー完ー
・妻が意外に乗り気で寝取られプレイに同意してくれました(kindle)
・事故で半身不随になった私と、いつも優しい年下の妻



電子書籍です

新作出版です

本を書きました

新刊です

本を書きました

本を書きました

本を書きました

ハード系です

カテゴリ

kindle 電子書籍出版情報

電子書籍出しました

2話収録です

2話収録です

2話収録です

ハード系です

新作です

新作です

新刊です

新刊です

バッドエンド



プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読めます。


月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者マガブロ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
50位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
4位
アクセスランキングを見る>>

リンク元ランキング