・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品
・このブログのオリジナルコンテンツ一覧
・全記事タイトル一覧

#可愛すぎる彼女が僕と交際してくれる条件は、したくなったら誰とでもHすることだった

僕には、分不相応な彼女がいる。取り立てて取り柄もない僕が、必死で頑張ってなんとか交際までこぎ着けた。
彼女は真希子という名前だ。でも、某政治家と同じ名前なのが気に入らないらしく、マキちゃんと呼ばせる事が多い。SNSもマキで統一しているので、友人関係でも、マキが本名だと思っている人も多いようだ。

マキは、彼氏のひいき目もあるかもしれないが、10人いれば10人が可愛いと言う女の子だと思う。157cmで小柄。童顔で子供っぽい印象だけど、脱ぐと意外に胸がある。
顔は、目がぱっちりと大きく、八重歯が可愛くて印象的だ。細かく言うと、黒目がちょっと大きめで、まつげも長くて量も多く、付けまつげをしているように見える。何よりも、肌のきめが細かく、赤ちゃんみたいな肌をしている。48人集めなくても、単独で通用しそうなルックスだと思う。
そして、一番驚いたのが、天然のパイパンだと言う事だ。本人は、温泉やスーパー銭湯に行くのが恥ずかしいのでイヤだと言っているが、僕にとっては最高だ。

そんなマキなので、とにかく競争率がやたらと高かった。大学のサークルでも、男は全員マキを狙っているんじゃないか? という感じだったし、実際、それに近いものがあったと思う。

そんな中、映画の好みや読む小説なんかが一緒だったので、学校帰りに買い物に行ったりするようになった。そして、映画に行ったり、休日にデートっぽい事をするようになっていった。そんな日々が続き、僕はイケるんじゃないかと思うようになり、交際を申し込んだ。
『ゴメンね。カズ君の事は好きだけど、友達としてなんだ。これからも、ずっと仲良くしたいから、付き合うとかは無理だよ』
と、明るく言われた。でも、明るく言ってくれたので、気まずくなる事もなく、その日以後もそれまで通りに接する事が出来た。

でも、マキは他の男と付き合う事もなく、ほとんど毎週末、僕と遊ぶような感じだった。サークルでも、僕とマキが付き合っているという噂が流れるほどだったが、マキは笑顔でそれを否定していた。
『えぇ〜? ただの友達だよ。だって、顔が好みじゃないもん』
と、サークル仲間に笑顔で答えるマキを見て、僕は落ち込みながらも、苦笑いをした。

そんな風に日々は流れていったが、クリスマスイブが近づいてきた。僕は、今までの人生であまり意識した事もなかったけど、今年は少し意識していた。マキはどうするのだろう? 誰と過ごすのだろう? そんな期待と不安が入り混じったような気持ちになっていた。

『ねぇ、今度の土曜日って、ヒマ?』
マキとカフェでお茶をしている時、何気ない感じで聞かれた。次の土曜日は、まさにクリスマスイブだ。
「えっ? ヒマだよ。何も予定ないけど」
僕は、少し声が裏返り気味だった。
『だったら、シーに行かない?』
そう言って、浦安のテーマパークに誘ってきたマキ。
「えっ? いいの? クリスマスイブだよ?」
僕は、バカ正直にそんな事を言ってしまった。マキが気がつかずに言っているとしても、素直に行くと言えば良かったのに、確認してしまった僕は、本当にバカ正直な間抜けだと思う。

『クリスマスイブだからじゃん。カズ君なら、安心でしょ?』
と、おどけて笑いながら言うマキ。安パイと思われて誘われたんだとしても、僕は飛び上がりそうに嬉しかった。

そして、僕は浮かれた気持ちのまま週を過ごし、あっという間に土曜日になった。マキと駅で待ち合わせた僕は、やたらと早く起きてしまい、30分も前に駅に着いてしまった。すると、マキはもう待ち合わせ場所に立っていた。いつ見ても可愛いのだけど、今日はいつもより髪がクルクル巻いてある感じで、服も初めて見る可愛らしいものだった。そして、コロの付いたカバンを持っていた。けっこう大荷物なんだなと思いながら、彼女のそばに駆け寄った。
「おはよ〜。早かったね!」
僕は、笑顔で声をかけた。すると、
『え? だって、待ち合わせ7:30でしょ? ちょうどじゃん』
と、耳を赤くしながら言うマキ。約束は8:00だ。すぐにスマホに書き込んだから、間違いはないと思う。
何か言おうとする僕の腕を掴み、
『早く行こ。これ、重いから持ってよ!』
と、カバンを押しつけてくるマキ。僕は、30分も前から待っていたのが僕に知られて、恥ずかしがっているんだなと理解した。本当に可愛いなと思う。僕は、ずっしりと重いカバンを引きずって歩き始めた。

何となく、街全体がクリスマスイブで浮き足立っているような感じがした。そして、電車の中もカップルが多い気がした。そして、シーに到着した。チケット購入の長い列に驚きながらも、慌てて並ぼうとする僕。すると、
『もうチケットあるから並ばなくていいよ』
と、笑顔で言うマキ。そして、入場ゲートに向かうが、宿泊者の15分前入場の列に並ぶマキ。
「え? ここでいいの?」
と、質問する僕に、
『うん。宿泊パックで申し込んであるから。カズ君、どうせ明日もヒマなんでしょ? 予定ないなら、泊まっていけば? 予定あるなら1人で泊まるけど……』
と、恥ずかしそうに言うマキ。僕は、自分の身に起きた幸運がやっと理解できた。ハイテンションで予定がないことを告げ、ありがとうとか、支払いするよとか言ったが、
『別にいいよ。ただ、ファストパスが欲しかっただけだし、カズ君のために部屋取ったわけじゃないから。1人で泊まるつもりだったから』
と、耳まで赤くしながら言うマキ。これがツンデレかと感動しながら、ありがとうと、もう一回言った。

『じゃあ、並んでてね。ホテルに荷物預けてくるから』
と言って、一旦列を離れるマキ。僕は、何となく気になってスマホで色々調べた。すると、イブのミラコスタなんて、まず予約できないみたいだ。半年前から申し込まないとダメだし、宿泊パックの料金も驚くほど高いと思った。

マキの本気が垣間見えて、僕は嬉しかった。もしかして、心変わりして、僕と交際してくれる気になったのかな? いや、きっとそうだ! と、ウキウキしながら待っていると、マキが戻ってきた。やっぱり、周りの目を引くほど可愛らしいと思う。けっこう注目を浴びているように思えた。

そして、デートが始まった。入場が始まると、人混みで迷子になりそうになる。そんな僕の手を握り、
『こっちだよ〜』
と、引っ張っていくマキ。何度も一緒に歩いたが、手を繋いで歩くのは初めてだった。人混みを抜けても、手を繋いだままのマキ。僕は、本当に幸せだった。

15分早く入ったので、タワーのアトラクションにもあっさりと乗れた。落ちる瞬間、ギュッと手を握ってきたマキ。僕は、どんどん彼女のことを好きになっていった。

そして、宿泊特典のファストパスを使いながら、ほとんど並ぶことなく色々なアトラクションを体験した。そして、あっという間に15:00になり、
『チェックインの時間だよ、部屋行こうよ!』
と、テンション高めに言うマキ。そして、部屋に行くと、そこはバルコニーのテラスに出ることの出来る部屋だった。こんな部屋があることにも驚いたし、バルコニーテラスに出ることが出来るのにも驚いた。まるで、セレブになったような気持ちだ。

『すっご〜い。これ、夜のショーとかも見られるね!』
と、無邪気な子供の顔で言うマキ。
「ねぇ、ここって、高いでしょ? 僕も出すよ。なんか、申し訳ないよ」
と、僕が言うと、
『カズ君の為じゃないって! 泊まりたかったら泊まればいいっていう程度だもん。1人で泊まる気だったんだから、気にしなくて良いよ』
と、またツンデレをしてくれたマキ。僕は、癖になりそうだった。

そして、少しそこでくつろいだ後、スイート利用者専用ラウンジでお茶をした。マキも少し緊張気味だったが、僕はもっと緊張してしまった。
「マキちゃんもここ使うの初めてなの?」
『うん。泊まるのも初めてだよ。カズ君は?』
「僕も。なんか、緊張しちゃうね」
『でも、ちょっといい気分だね』
と、無邪気に笑うマキ。こんな施設があるなんて、ここもやっぱりお金持ち優遇なんだなと思った。僕も、頑張って稼げるようになろう! と、少し気合いが入った。

そして、楽しく時間が過ぎ、夕食も食べて、バルコニーテラスでショーを見始めた。それは、凄く幸せな時間だった。空を見上げれば星が見える。そして、周りにはマキしかいない。二人きりでこんな風に見られるなんて、最高すぎて震えそうだった。

僕は、無邪気にショーを見続けるマキの後ろに立ち、そっと抱きしめてみた。一瞬身体を固くしたマキ。でも、抵抗はなかった。そして、抱きしめた僕の腕に手を乗せて、ギュッと握ってきた。

そのまま抱き合ったままショーを見続け、花火が上がり始めた時に、勇気を持ってキスをした。すると、マキが僕に抱きついてくる。そして、小さな舌が僕の口の中に飛び込んできて、僕の舌に絡みついてくる。

僕は、この時までキスもしたことがない童貞だったので、絡みついてくる舌に驚き、何も出来なかった。
『キス……しちゃったね』
恥ずかしそうに言うマキ。僕は、もう一度付き合って欲しいと言った。すると、マキは恥ずかしそうに僕の手を握り、そのまま部屋に引っ張り込んでいく。

そして、僕をそのままベッドに引っ張っていき、僕に抱きつきながらベッドに倒れ込んでいった。柔術の技でもかけられたように、ベッドに寝転がる僕。マウントポジションにはマキがいる。そして、僕に覆いかぶさりキスをして来るマキ。

『私、初めてじゃないよ……。私みたいな汚れた女、カズ君にはもったいないよ……』
と、悲しそうな顔でいうマキ。悲しそうな顔をしても、なんでこんなに可愛いんだろう? それにしても、汚れているなんて大げさだと思った。処女じゃないのは確かにショックだけど、これだけ可愛ければ男達が放っておく訳もないと思う。
「汚れてなんてないよ。それに、もし汚れていたとしても、そんなの関係ない! ずっと好きだった」
僕がそう言うと、マキは嬉しそうに笑ってキスをしてきてくれた。

そして、マキは僕の服を脱がせ始める。慣れた様子であっという間に僕の上半身を裸にすると、そのまま首筋や乳首にキスをして来る。未知の快感に、僕は声が漏れてしまう。マキは、夢中で僕の体中にキスをする。そして、ズボンの上からペニスをまさぐってきた。

指で引っかけるような、こすりつけるような、巧みな指の動きで僕のペニスを触り続けるマキ。ズボンの上からなのに、僕はイキそうになってきてしまった。
「ダ、ダメだよ、出ちゃいそう……」
弱々しく言う僕に、マキはニコッと笑いながら、
『まだダメだよ。脱がせるね』
と言って、僕の下も脱がせ始めた。慣れた動きで僕のズボンとパンツを脱がせるマキ。僕は、あっという間に全裸になった。

そして、マキはすぐに僕のものを口でし始めた。可愛い顔で、口を大きく開けて僕のものを飲み込むマキ。そして、舌と唇での責めが始まった。気持ち良すぎて、声が漏れてしまう僕に、くわえながら微笑むマキ。
本当に、経験豊富という感じだ。童顔で子供っぽいところもあるマキだけど、性的な経験は豊富なようだ。僕は、ショックを受けていたし、過去の男達に嫉妬もした。でも、今は僕だけのはずだ。そう思うと、嬉しさがこみ上げてくる。

マキは、僕の竿やカリ首を舐め続け、睾丸のものまで舐めてくる。玉を口に含んだり、内ももを甘噛みしたりもしてくる。
「マキちゃん、ゴメン。もうダメ、出る……」
僕が情けない声で言うと、マキは僕のものを口に含んで激しく頭を前後に振った。一気にこみ上げる射精感。僕は、うめきながらマキの口の中に射精した……。
『んっ、ん〜ん♡』
と、マキは可愛らしい声でうめきながら、僕の竿をバキュームしてきた。僕は、あまりの快感に腰が抜けそうになりながら、竿の中の精液まで吸い取られた。

マキは、僕の顔を見ながら、コクンと喉を可愛らしく動かして飲み込んでくれた。
『いぃ〜っぱい出たね! お腹いっぱいになっちゃった♡』
マキは、無邪気な顔で笑いながらそんなことを言う。僕は、イッて多少冷静になったが、それでもまだ興奮状態だった。

マキは僕のものを指で弾くと、
『まだガチガチだね。カズ君、好きにして良いよ♡』
と言って、ベッドに寝そべった。僕は、すぐにマキにキスをした。そして、見様見真似で舌を差し込み、マキの口の中をかき混ぜた。すると、何とも言えない生臭い感じがしたが、興奮状態の僕は構わずに舌を絡め続けた。

『ふふ。飲んだ後って、みんなキスしたがらないのに、カズ君はしてくれるんだね♡』
と、嬉しそうに言うマキ。でも、僕はその言葉に凹んでしまう。一体、マキは何人の精液を飲み干してきたのだろう? 僕は、嫉妬にまみれながらマキの服を脱がし始める。勝手がわからず、少し苦労しながらもマキを下着姿にした。マキは、真っ赤なレースの高級そうなランジェリーを身にまとっていた。
『クリスマスっぽい?』
と、無邪気に聞いてくるマキ。最初から、こうなることを見越していたのかな? と思った。僕は、クリスマスっぽいということと、凄くセクシーだということを言った。

『今日のために買ったんだよ』
マキは、照れた顔で言う。
「あれ? 1人で泊まるつもりだったんじゃなかったっけ?」
僕は、ちょっとだけイジワルを言ってみた。すると、一瞬で耳どころか首元まで真っ赤になったマキが、
『べ、別にカズ君のためとは言ってないもん!』
と、すねた感じで言う。
「じゃあ、誰のためなの?」
『そ、それは……サンタさんだよ』
と、恥ずかしそうに言ったマキ。僕は、思わず吹き出してしまった。
『も〜! 笑うな!』
と、恥ずかしそうなマキ。僕は、彼女を抱きしめてキスをした。舌を絡ませてギュッと抱きしめていると、どんどん彼女の息遣いが荒くなってくる。僕は、キスを続けたまま、彼女のブラジャーを外そうとした。でも、ホックに悪戦苦闘しているうちに、マキが自分で外してしまった。
『下手くそ』
笑いながら言うマキ。

初めて見た彼女のおっぱいは、想像以上に大きかった。そして、肌のきめが細かく、色も白くて、本当につきたてのお餅かと思った。僕は、夢中でそれを揉んだ。柔らかくて、そしてすべすべしている。指が乳首に触れると、
『んふぅ♡』
と、マキが可愛らしくうめいた。僕は、我慢できずにそれを口に含んで舐め始めた。マキの乳首は、とても小さいのにカチカチで、不思議な感触だった。乳輪はビックリするくらい小さくて、パッと見た時、乳輪がないのかな? と思うほどだった。そんな、究極に美しいおっぱいを、僕は舐め続けた。

『カズ君、もう我慢できないよぉ……。下も……』
と言って、モジモジと太ももを内股にするマキ。僕は、すぐにショーツに手をかけて、それを脱がせ始めた。すると、どこまでショーツを降ろしても、ヘアが出てこない。僕は、不思議に思いながらも、ショーツを完全に脱がせた。
『私、生えてこないんだ……。なんか、子供みたいでしょ?』
と、マキは恥ずかしそうに言う。僕は、マキのパイパンを絶賛した。実際、恐ろしくエロい姿だ。これが、他の男に剃られたものだとしたら、それは立ち直れないほどのショックだと思う。でも、マキの場合はそうじゃないみたいだ。僕は、凄く綺麗で好きだよと言った後、そこを舐め始めた。
『あぁっ! カズ君、ダメぇ、まだシャワー浴びてないもん』
マキはそんな風に言う。でも、僕を押しのけようとはしない。僕は、夢中でマキのあそこを舐め続けた。

味も臭いもほとんどなくて、ムニっとした肉の柔らかさに驚きながら、とにかく舐め続けた。
『気持いい、カズ君、もっと強く舐めてぇ♡』
マキはすぐに感じ始めてくれた。俺は舐めながら、女の子はこんなにも濡れるんだなと驚いていた。舐め取っても舐め取っても、どんどんあふれてくる愛液。僕は感じてくれてると思うと、嬉しくなってきた。

すると、マキが自分の指であそこを触る。そして、クリトリスの皮をめくり始めた。すると、ぷっくりと膨らんだピンク色の肉芽が姿を現わす。
『ここ舐めて♡』
快感にうわずった声でマキが言う。僕は、そこを舐め始めた。すると、マキがビクッと身体を震わせる。
『気持ち良いぃっ、クリ気持ちイイよぉ♡ もっと、軽く噛んでぇ』
マキは、腰を突き上げるようにしながら言う。すると、凄く舐めやすくなった。マキは、舐められる事にも慣れている感じだ。僕は、姿もわからない元彼たちに嫉妬をしながら、恐る恐る甘噛みしたりした。

『カズ君、イッちゃうよぉ、もう入れて♡ 一緒にイキたいよぉ』
甘えた声であえぎ続けるマキ。僕は、ここでコンドームがない事に気がついた。まさか、こんな展開になるとは予想もしていなかったので、そんな準備はしていない。謝りながらそう言うと、
『そのまま来てぇ♡ 平気だから。そのまま入れて』
マキは、いつもの無邪気な笑顔からは想像も出来なほどの、妖艶な顔でおねだりをしてくる。僕は、ヤバいと思う気持ちよりも、欲望が勝ってしまった。

マキに覆いかぶさる僕。すると、嬉しそうな顔でマキが僕のペニスを掴む。そして、濡れすぎな秘穴に導いてくれた。
『そのまま押し込んで』
マキは、僕を潤んだ目で見つめたまま指示をした。僕は、こんな風にリードされていることを恥ずかしいと思うこともなく、腰を押し込んだ。すると、今まで味わったこともない感覚に包み込まれ、うめき声をあげてしまった。

『うぅん♡ 入ったね。カズ君、気持いい?』
優しい顔で微笑みながら、マキが聞く。僕は、正直に気持ち良すぎてもうイッちゃいそうだと話した。
『まだダメ〜。マキのことも気持ち良くして♡』
そう言って、キスをしてくれた。僕は、キスをされたまま腰を動かし始めた。キスしながらのセックスが、こんなに気持いいなんて想像も出来なかった。僕は、必死で腰を振ってみた。思っている以上に動かしづらく、なかなか上手く出来なかったが、それでも必死で腰を振った。

『あんっ、あっ、うぅあっ! カズ君、気持いいよぉ♡ 好きっ! 好きっ! ギュッとして!』
と、潤んだ目で叫ぶマキ。僕は、好きと言われて泣きそうなほど嬉しかった。
「マキちゃん、好きだ! 好きだっ! ずっと好きだった!」
そう言って、ガンガン腰を振る僕。でも、もうイキそうだ。
『カズ君の大きくなってきた♡ イッてっ! マキの中でイッてぇっ!』

【続きは出典元で】

・FC2BlogRankingでこの続きを探す
・オリジナルの体験談一覧(姉妹ブログも含む)
関連記事
・友人夫婦と食事をしてたら、アレのサイズの話になって4
・パートに出て綺麗になった妻と、お客さんの裏垢男2
・久しぶりに妻と温泉宿に行ったら、イケメン二人に声をかけられたー完ー
・姉さん女房の涼子と、調子の良い私の部下2
・ツーリングに行ったら、道の駅で男の娘に話しかけられたー完ー
・妻が意外に乗り気で寝取られプレイに同意してくれました(kindle)
・事故で半身不随になった私と、いつも優しい年下の妻



電子書籍です

新作出版です

本を書きました

新刊です

本を書きました

本を書きました

本を書きました

ハード系です

カテゴリ

kindle 電子書籍出版情報

電子書籍出しました

2話収録です

2話収録です

2話収録です

ハード系です

新作です

新作です

新刊です

新刊です

バッドエンド



プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読めます。


月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者マガブロ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
50位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
4位
アクセスランキングを見る>>

リンク元ランキング