・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品
・このブログのオリジナルコンテンツ一覧
・全記事タイトル一覧

生のペニスを膣にヌルヌル出し入れさせてセックスしよう

生セックスとは、生でするセックス、つまり男の子と女の子がコンドームをつけずに生のペニスを膣に出し入れする行為です。生セックスをしている男の子と女の子は非常に気持ちよく、興奮したセックスを楽しむことができます。お互いの性器が生のまま直に結合し、ペニスと膣がこすれ合う感触を存分に楽しむことができる上、そのまま射精をして精液を膣内に送り込んだ場合は、男の子と女の子が二人の子供を作ることができます。動物としての本能を満たすことができる生セックスは、とても気持ちよい行為なのです。
     
生セックスの魅力はやはり、ペニスと膣粘膜が直に触れ合うということです。お互いの性器が直に触れ合うことで、男女の結合感もより強いものとなります。コンドームをつけたセックスの場合でも、男の子は膣の温かさ、締め付け感、柔らかさ、ヌルヌル感など、膣の様々な感触を楽しむことが出来、ペニスを気持ちよくすることができます。生セックスだとさらに、膣粘膜のヒダがペニスに絡みつく感触や、膣内に分泌された愛液でペニスが濡れる感触など、さらにエッチな感触を味わうことができます。
     
生セックスは、コンドームをつけたセックスよりもさらにプライベートな行為です。男の子と女の子がお互いの性器から出す体液に触れ合います。男の子がペニスから出したカウパー液や精液が女の子の膣の中に流れ込みます。女の子の膣から分泌されるバルトリン腺液、愛液、おりものなど様々な体液が、膣に挿入された男の子のペニス全体にべっとりと絡みつきます。生セックスはお互いの性器から出した体液に触れ合う行為となりますから、すこし恥ずかしいと思う気持ちもあるかもしれません。お互いに信頼しあった関係の男女が行う、プライベートな行為なのです。単なる友達の関係といっても、男の子と女の子であればコンドームをつけてセックスをすることもあるでしょう。しかし、生セックスをするには、さらに踏み込んだ関係が必要です。お互いに、妊娠することを理解した上で、生セックスを楽しめる関係でなくてはなりません。
     
生セックスは、生のペニスを膣に挿入するため、ペニスの穴から出てくる液体に含まれる精子が子宮に入り、妊娠する可能性があります。そのため、生セックスを楽しむのは結婚をしている男女だけであることが望ましいという風潮があります。しかし、最近では気持ちよさと強い性的興奮を楽しむため、結婚をしていないカップルたちも生セックスを楽しむようになってきています。生セックスは、非常に多くのカップルたちが楽しむ、非常に気持ちよい行為なのです。
     
結婚をしていないカップルも、お互いに愛し合っているのであれば生セックスを楽しむことは悪いことではありません。生セックスはとっても気持ちいい行為ですし、そんな気持ちいい行為を愛している人と二人で楽しむのはとても幸せなことです。そのまま膣内射精すれば妊娠します。妊娠がきっかけで結婚をするカップルも非常に多く、全体で30%以上のカップルがいわゆるでき婚をしています。20~24歳だとデキ婚の割合は64%と非常に多くのカップルができ婚です。若い世代のカップルたちは、頻繁に生セックスをしているということが伺えますね。(ちなみに、でき婚カップルの離婚率は、でき婚でないカップル場合の倍以上だと言われています。しかし、でき婚だから離婚しやすいということはありません。ここからわかるのは、離婚するカップルには、でき婚だった人が多いということだけです。)
     
コンドームをつけずペニスを膣に生挿入する場合、非常に自然な挿入感を味わうことができます。コンドームをつけている場合は、どうしてもコンドームが膣粘膜との摩擦でずれたりしてしまい、ペニスを膣に出し入れさせることによる性器同士のこすれ合いの感触を100%味わうことができません。
     
ベッドの上で女の子は股を大きく広げ、男の子に自分の性器を露出させます。男の子は指で女の子の性器をさらに広げ、自分のペニスを挿入する膣の穴を確認します。そして、男の子は女の子の膣の穴に自分のペニスをあてがい、ゆっくりとペニスを膣に挿入します。最初は亀頭部分だけを膣に出し入れさせます。亀頭と膣の粘膜同士をこすり合わせ、お互いの性器を馴染ませます。亀頭部分だけを出し入れするのは、思った以上にエッチで気持ちいいものです。生の亀頭を膣に出し入れすると、クチュクチュといやらしい音が響きます。亀頭はペニスの中でも快感を感じる神経が集中している部分です。そんな気持ちいい部分だけを出し入れすることで、男の子はペニスの快感を純粋に味わうことができます。そして男の子は興奮し、ペニスはより固く勃起し亀頭は大きく膨らみます。女の子も、あのいやらしい形をした亀頭が、自分の膣から出たり入ったりしていることを感じ、興奮が高まります。膣からは愛液が溢れだし、すべりがよくなってきます。
     
膣がよく塗れていると、亀頭を膣にあてがい少し力を加えただけで、ペニスを膣に「ヌルッ」と根元まで挿入することができます。生セックスだと、この「ヌルッ」という感触が非常に気持ちよいものです。生セックスの醍醐味は、男の子にとっても、女の子にとっても、この「ヌルッ」とした感触を楽しむことです。
     
そして、男の子は女の子の膣にペニスを生挿入したとき、「とっても温かい」と感じることでしょう。コンドームを着けている場合、コンドームを介して膣内の温かさがペニスに伝わりますが、コンドームが温かくなるまでに、若干時間がかかります。コンドームは徐々に温かくなるため、男の子はその温かさに気づきにくいということがあります。しかし、生セックスであれば、挿入した途端、膣の温かさが直接ペニスに伝わります。その温かさは、お風呂に入った時のような感覚で、ペニスに伝わってきます。これも生セックスの良い点です。
     
ペニスと膣を直にこすり合わせる快感を存分に味わい、最高に気持ちよくなったら、最後はもちろん中出しです。男の子が、女の子の膣の中に精液を出すのです。男の子は腰の動きを止め射精します。ドクドク脈打つペニスからは大量の精液が女の子の膣へ出されます。中出しをしている最中はそのあまりの気持よさに男女ともに思わず身をよじらせてしまいます。ペニスはより膣の奥へと深く挿入され、膣の奥は射精された精液がたっぷりと溜まります。
生セックスで一番気持ちいいのは中出しをしている時です。生セックスの気持よさと射精の気持よさ、そして女の子に自分の精液を送り込む気持よさを存分に楽しむことができます。
     
生セックスは性器の結合部分のヌルヌル感が非常に気持ち良い行為ですが、性器を清潔にしてセックスをすることが大切です。特に、男の子は尿で汚れやすく、湿って菌が繁殖しやすい部分であるペニスを、女の子の体の中に挿入するのですから、よく洗っておく必要があります。性病ではないと思っていても、不潔なペニスを女の子の膣に挿入することで、膣の中に菌が入って膣炎になったり、尿道に菌が入って血尿が出たりと、様々な症状の原因となるのです。生セックスの前にはお互いに性器をよく洗うようにしましょう。
     
多くのカップルが楽しんでいる生セックス。もっとその気持よさを楽しみ、たっぷりと中出しをして、男女の仲をより親密なものにできるとよいでしょうね。

・FC2BlogRankingでこの続きを探す
・オリジナルの体験談一覧(姉妹ブログも含む)
関連記事
・友人夫婦と食事をしてたら、アレのサイズの話になって4
・パートに出て綺麗になった妻と、お客さんの裏垢男2
・久しぶりに妻と温泉宿に行ったら、イケメン二人に声をかけられたー完ー
・姉さん女房の涼子と、調子の良い私の部下2
・ツーリングに行ったら、道の駅で男の娘に話しかけられたー完ー
・妻が意外に乗り気で寝取られプレイに同意してくれました(kindle)
・事故で半身不随になった私と、いつも優しい年下の妻



電子書籍です

新作出版です

本を書きました

新刊です

本を書きました

本を書きました

本を書きました

ハード系です

カテゴリ

kindle 電子書籍出版情報

電子書籍出しました

2話収録です

2話収録です

2話収録です

ハード系です

新作です

新作です

新刊です

新刊です

バッドエンド



プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読めます。


月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者マガブロ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
50位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
4位
アクセスランキングを見る>>

リンク元ランキング