・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品
・このブログのオリジナルコンテンツ一覧
・全記事タイトル一覧

※部長に弱みを握られた僕は、妻をオモチャにされてしまいました完(転載禁止)

前回の話

射精している僕に、美波は潮吹きを続ける。顔に熱いしぶきを受けながら、僕は射精の快感にうめき続ける。いままでの人生で、一番と言っても良いくらいの快感を感じながら、僕はうめき続けている。

美波は、泣き叫ぶような声であえぎながら、噴水のように潮吹きを続ける。
『イクぅっ、うぅっ、イクっ、イクっ! うぅああぁっ』
美波は、ほとんど泣き声のような声で叫びながら僕を見つめている。部長は美波の脚を抱え上げたまま、楽々と美波を上下に動かし続ける。力強い部長の腕力。そして、太すぎるペニス。美波の膣は、押し広げられて裂けそうに見える。


「酷いな。旦那の顔、ビチャビチャだぞ」
嬉しそうに言いながら、美波の身体を上下に動かし続ける部長。本当に、心の底から楽しいと思っている顔だ。僕は、小馬鹿にされているのをわかっていながらも、興奮がまったく収まらない……。

『ダメなの、気持ちよすぎてダメ……。あなた、ごめんなさい。部長のおチンポ本当にすごいの。あなたのとは、全然違うのっ』
美波は、僕に謝りながらあえぎ続ける。でも、謝ってはいるが、申し訳ないという感じはまるでない。快感に歪んだ顔は、見るのもツラい。それなのに、興奮はさらに高まるばかりだ。

「ほらほら、もっとかけてやれ。もっと、グチョグチョにしてやれ」
部長は、高笑いでもしそうな勢いで言う。美波は身体を震わせ、のけ反らせ、泣き叫ぶようにあえぎ続ける。僕は、そんな美波の姿を見て興奮の極地にいた。

美波は、何度もイカされながら僕を見つめている。部長は、ただひたすらに美波を犯し続ける。あんなに子宮を責められてしまって、大丈夫なのだろうか? 妊娠している美波を、あんなに犯し抜いても平気なんだろうか? そんな心配で、胸が苦しくなる。

「よし、出すぞ。旦那の目の前で、もう一人孕ませてやるからな。元気な双子を産めよ!」
部長は、支離滅裂なことを言いながら美波の膣中に射精を始めた。
『んオォおっ、出てるっ、あなた、中に出されてるのっ』
美波は、僕を見つめたまま叫ぶ。僕は、脳が痺れるような興奮を感じながらそれを見続けた。

「いっぱい出たぞ。わかったか?」
部長は、得意気な顔で言う。こんなにも、ザ・ドヤ顔という顔は、なかなか出来るものではないと思う。
『はい。わかりました。子宮に沢山入ってきたのもわかります』
うっとりとした顔で言う美波。妊娠した身体で、あんなにも激しいセックスをしてしまったこと……。それを心配している感じはない。

部長は、美波の身体を持ち上げる。すると、ペニスが抜けて美波の膣から一気に精液が溢れてくる。確かに、驚くほどの量が流れ出ている。すでに妊娠しているのでこれ以上妊娠する心配はないが、それでも心配してしまうほどの量が流れ出てきている。

部長は、さっさと衣服を整えると、
「じゃあ、丈夫な子供を産んでくれよ」
と言って出て行ってしまった……。

『あなた、興奮してたね。やっぱり、性癖は変わらないんだね。パパになったのに……』
美波は、無表情で言う。僕は、ゴメンと謝るのがやっとだ。
『やっぱり、私もダメみたい。忘れられるかなって思ってたけど、部長さんのおチンポ、すごく気持ちいいの。もうダメだよ、思い出しちゃったから。これからも、部長さんに抱かれるね』
美波は、そんな風に言う。その顔は、うっとりとしたような感じになっていて、興奮しているのが伝わってくるような表情だ。僕は、そんなに気持ちいいの? と、聞いてしまった。見ればわかる事なのに、聞かずにはいられない……。そんな心理状況だ。

『ねぇ、部長さんに伝えておいてね。いっぱい遊びに来て下さいって』
美波は、そんな風に言う。僕は、嫉妬にまみれながら美波に抱きついた。そして、いきり立ったままのペニスを、部長の精液が溢れ出ている膣口に押しつけ一気に挿入した。
『あんっ。固いよ、凄く固くなってる。興奮してるね。いっぱい動いて』
美波は、そんな風に言う。でも、大して気持ちよさそうな感じはない。僕は、まだ顔中が美波の潮まみれの状態で腰を動かし続ける。久しぶりのセックスに、一気に射精感が高まる。でも、美波はあえぎ声一つあげない。僕は、気持ちよくないの? と、聞いた。

『ゴメンね、全然気持ちよくない。部長さんのすぐあとじゃ、仕方ないよ……。そうだ、お尻でしてみる? そっちなら、私も気持ちよくなれるかも』
美波は、良いアイデアを思いついたというような顔で言う。僕は、弱々しくうなずく。すると、美波はするりと僕の下から移動し、四つん這いになる。でも、ローションも何も塗っていないのに、入るのだろうか? そんな疑問をぶつけたら、
『部長さんの精液、塗り込んで。ローションの代わりにして』
と、美波に言われてしまった。僕は、その言葉に動きが止まる。でも、美波に早くと言われてすぐに膣口に手を伸ばした。

まだ溢れてくる部長の精液。僕の精液と比べて粘度が高そうだ。僕は、言われるままにそれを手に取り、美波のアナルに塗り込んでいく。
『ん、中にも……』
美波が軽くうめくように言う。僕は、言われるままに指で美波のアナルの中にも部長の精液を塗り込んでいく。
『んぅ、うぅ』
うめく美波。この時点で、僕が膣にペニスを入れているとき以上に気持ちよさそうだ。締め付けてくるアナル。多分、ずっと使っていなかったはずだ。

『早く、入れて。もう平気だから』
焦れた声出言う美波。僕は、こんなにも感じている美波に引きながらもすぐにペニスを突き立てる。あっさりと入ってしまうペニス。痛みを感じるくらいに締まっている。
『うぅあっ、あなた、気持ちいい。あなたのでも、こっちなら気持ちよくなれるかも』
美波は、そんな風に言う。僕は、初めての美波のアナルの感触に、うめくような声を出しながら腰を振る。本当に、痛いくらいに締まっている。でも、入り口はすごくキツいが、中は感覚が薄い。と言うよりも、亀頭周りはほぼ感覚がない。僕は腰を振りながら、なるべくペニスを抜けそうなところまで動かすようにした。
『気持ちいい? あなたも気持ち良い?』
美波は、気持ちよさそうな声で聞いてくる。僕は、美波が感じている事に嬉しくなりながらも、入り口の方しか感覚がないことを正直に告げた。

『そうなんだ……。部長さんのは、太いから中でも締め付けられるんだね。確かに、あなたのはあんまり感触がないかも』
そんな風に言う美波。僕は、ここでも比較されてツラい気持ちになる。
『あっ、固くなった。フフ。部長さんと比べられると固くなるんだね。ホント、どうしようもないヘンタイなんだ』
美波は、小馬鹿にした顔で言う。でも、僕はこんな扱いをされて興奮がさらに高まってしまっている。何も言い返さない僕に、
『部長さんのおチンポだと、中の方もこすれるんだよ。それで、腸ごと子宮を押してくるんだ。あれされちゃうと、頭真っ白になる。部長さんの事、好きって気持ちが大きくなる』
美波は、絶望的なことを言い続ける。僕は、腰を必死で動かしながら、
「好きなの? 部長のこと、好きなの?」
と、泣きそうな顔で聞いてしまった。
『うん。好きだよ。だって、あんなに気持ちよくされたら、そうなっちゃうよ。女に生まれた喜びを教えてくれるんだもん……。ゴメンね。でも、正君が悪いんだよ。正君のおチンポが、ちゃんと私に女の喜びを教えてくれてたら、こんな事にはならなかったから』
美波は、僕を非難する。僕は、何一つ言い返すことが出来ず、ただただうつむく。
『ねぇ、ちゃんと動いて。気持ちよくさせて。そうしないと、正君から気持ちが離れちゃうよ』
美波は、ボソッととんでもない事を言う。僕は、危機感に押されるように腰を動かし始めた。さっきの美波の話をから、なるべく奥に押し込んでいくようにする。でも、やっぱり僕の亀頭部分は、どこにも触れる感じがない。
『もっと強く、奥まで入れて。頑張って。さっきよりは気持ちいいよ』
美波は、そんな風に言ってくる。僕は、悔しい気持ちを感じながら腰を動かし続ける。そして、ずっと考えていた。お腹の赤ちゃんは、どちらの子なんだろう? と……。

正直、僕は勝ち目がないと思っている。あんなに長いペニスで、子宮に直接注ぐように中出しをされたのなら、それで妊娠したに決まっている。僕の小さなペニスでは、子宮に直接かけることなんてあり得ない。無理だったはずだ。

他人の種で妊娠した美波……。それでも、僕は美波と別れようとは思っていない。ずっと一緒にいたい。その気持ちは、逆に以前よりも強くなったと思う。

『もっと突いて。少し気持ちいいよ。正君のおチンポ、気持ちいいところには当たらないけど、さっきよりは気持ちいい』
美波は、少し気持ちよさそうな顔になっている。僕は、夢中で腰を動かしながら、少し角度をつけてペニスをアナルの中で動かしていく。すると、やっと亀頭部分が腸壁に当たるのを感じる。
『そう、そこ気持ちいい。もっと角度つけてみて』
美波は、そんな指示をしてくる。僕は、素直になるべく角度がつくようにペニスを動かし続けた。腸壁に亀頭が当たると、膣とは違う気持ちよさがある。僕は、快感にうめきながら腰を振り続ける。でも、どうしても膣から垂れてソファに付着する部長の精液が気になってしまう。

『気持ちいいよ。正君、これからはお尻でしようね』
美波は気持ちよさそうな顔で言う。でも、言葉もうわずっていないし、口調も普通な感じだ。僕は、本当は大して気持ちよくないんだろうなと思いながら腰を振る。そして、すぐに射精をしてしまった。
『あっ、ダメ、早いよ、まだなのに』
予告なくイッてしまった僕に、美波は不満げだ。

【続きは出典元から】

・FC2BlogRankingでこの続きを探す
・オリジナルの体験談一覧(姉妹ブログも含む)
関連記事
・友人夫婦と食事をしてたら、アレのサイズの話になって4
・パートに出て綺麗になった妻と、お客さんの裏垢男2
・久しぶりに妻と温泉宿に行ったら、イケメン二人に声をかけられたー完ー
・姉さん女房の涼子と、調子の良い私の部下2
・ツーリングに行ったら、道の駅で男の娘に話しかけられたー完ー
・妻が意外に乗り気で寝取られプレイに同意してくれました(kindle)
・事故で半身不随になった私と、いつも優しい年下の妻



電子書籍です

新作出版です

本を書きました

新刊です

本を書きました

本を書きました

本を書きました

ハード系です

カテゴリ

kindle 電子書籍出版情報

電子書籍出しました

2話収録です

2話収録です

2話収録です

ハード系です

新作です

新作です

新刊です

新刊です

バッドエンド



プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読めます。


月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者マガブロ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
50位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
4位
アクセスランキングを見る>>

リンク元ランキング