・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品
・このブログのオリジナルコンテンツ一覧
・全記事タイトル一覧

事故の後遺症で息子の学校の子達に手を出しまくる妻

俺31歳、妻32歳、結婚8して8年余りの夫婦です。
この春から子供が小学校に入学しました。
一見普通の家族なのですがここ3年で6回も引っ越ししています。
それは妻の行動によるものでそこにいられなくなり引っ越しているのですが俺の仕事場の関係もありあまり遠方には引っ越しできません。
しかしいずれは転職も考えていますし場合によっては・・・
ことの発端は4年前の妻の交通事故なんです。
自転車での単独事故で外傷も大したことなかったのですが頭部を強打して一晩意識がありませんでした。
意識が戻っても記憶が一時的に戻らずに心配しましたが、三日ほどで元に戻り安堵しました。
医者からは後遺症が出るかもしれないので妻の状態には気をつけてみるようにと言われてましたが数ヶ月しても普段と変わらないようなのでいつの間にか病院へも行かなくなり忘れていたのです。
今から思えば躁病のように少しハイなところもあったような気がしますが元気になったんだと勘違いしていました。

最初の事件は3年余り前でした。
地区の会合に出た時に「いつもお世話になっています。」と30代半ばから40前後の奥さんたちに声を掛けられました。
奥さんたちは共働きだったり片親だったりして夕方遅くに帰宅するらしいのですが、どうも妻がその子供たちの面倒をみているようだったのです。
少し天然でおっとりしていますが気の優しい面倒見のよい妻らしい話で午後3時、4時ころから夕方6時、7時ころまで俺んちに小学生たちが集まって妻に勉強を教えてもらってるとのことでした。

ところがある頃からピタッと子供たちが来なくなったと妻がぼやくのです。
実際には全員が来なくなったのではなく5年生と6年生の2人を除いて4年生以下の子供たちが来なくなったみたいでした。
俺も夜8時ころの帰宅なので何が原因なのか全くわかりませんでした。
それがわかったのは帰宅するときに駅前の酒屋さんに寄ったときに奥さん連中が大きな声で話をしていた時のことでした。
「そうそう○○さんところの奥さんがねぇ・・・」
○○さんって俺のことか?と思い聞き耳を立てて聞いていました。
全部をちゃんと聞けなかったのですが聞いててマジか?!と思いました。
彼女たちの話では勉強を教えてあげると妻が子供たちを部屋に集め全裸になり子供たちに胸を揉ませたり舐めさせたり陰部を開いて見せているらしい。
また子供たちのチ○チンを舐めたりしているとも言っていた。
どこかの子供がそれを他の子に言ってるのを聞いた親が問い詰めて一緒に我が家に集まってる他の子の親に連絡したとのこと。
とりあえず我が子には行かせないように注意し他の親と先生たちで警察に通報するかどうか話し合ってるとのこと。
その日は帰宅しても普通に振る舞う妻でしたが信じられない気がしたものの万が一を考えて翌日は午後から早退して自宅近くで様子を見ていました。
それらしき小学校高学年の子供2人が我が家に入っていきました。
少し間をおいて玄関の前に行き鍵穴に鍵を挿し込み回そうとしたら鍵はされていませんでした。
そーっと靴を脱ぎ中を覗いてビックリしました。
仰向けに寝ている子供の腰付近に妻がお尻を子供の顔の方を向けて跨って腰を振っていました。
その妻の前にはもう一人の子供が立っていてそのチン○ンを妻が咥えていました。
もちろん3人とも全裸でした。

「こらぁー!」少しの間、呆然と見ていましたが我に返って一喝し子供たちと妻に成り行きを聞きました。

最初は勉強を教えているときにワンピースの胸元から乳房が見えたとかと子供たちが囃し立てたらしいのです。
自宅にいる時はブラはしないのは知っていましたが子供とはいえ高学年にもなると女の人の身体に興味は持って当然ですから少し妻に説教しました。
その次は低学年の子供たちが怪獣ごっこを始めていつのまにか妻が怪獣役にされたんだそうだ。
子供たちは其々「ウルトラマン○○」「ウルトラマン□△」「ウルトラマン△○」だとか勝手に決めてドタンバタンやってると高学年の子供たちもウルトラマン役でかかってきたらしい。
低学年の子供たちを相手にしている時はそれなりにやってたんだそうだが高学年ともなると背丈は変わらないほどですぐに押し倒されてしまい抵抗空しくワンピースもショーツも剥ぎ取られ全裸にされたんだそうだ。
低学年の子供たちは無邪気に「おっぱいだ!」といって乳房を揉み揉みして「どうだ怪獣まいったか!」とかやってたんだそうだが高学年の子供たちは股裂きだとかいって妻の股間を集中的に狙ってきたんだそうだ。
その日はその程度だったのらしが翌日からも同じ流れになり結局毎日子供たちに陰部を曝していたんだそうだ。

ここからが妻と子供たちのいうことが相違するのだが妻がいうには数日後に子供たちが「怪獣の弱点だ!」とかいって陰部に指を入れてきたり近くにあった化粧用スプレー缶とかを挿入してきたんだそうだ。
しかし子供たちの言い分は妻から怪獣の弱点はここだから挿入してやっつけるように言い出したんだそうだ。

どちらが本当か嘘なのかより子供たち相手に大変なことになったとそればかりが頭にあり翌日に学校に謝罪に行きそのまま逃げるように引っ越しました。
しかしまた・・・

引っ越した先では子供を引っ張り込まないと約束させました。
事故から何気に毎日過ごしてきたので妻の変化に気づきませんでした。
夜の夫婦生活も週に1、2回と事故前から増えもせず減りもせずでした。
ただ天然でおおらかな性格でしたが服装はキッチリしていたのですが事故後は徐々に乱れてきたような気がしました。
自宅でもブラは付けていたのが最近ではノーブラで買い物に行くこともあるようです。
パンツルックが多かったのに短いスカートやワンピースが多くなりました。
肌の露出する服装を嫌っていたはずなのに今は露出度の大きな服を好んで着ているようです。
四六時中監視しているわけではないので推測が多いのですが自宅のタンスや衣装ケースとか見てて感じました。

妻が約束を守って子供たちを家に引き込んでいないか、しばらくは早退して様子をみていましたが守ってるようなので回数も減らしました。
引っ越した先は以前のように駅前に酒屋はありませんが自宅に帰る途中にコンビニがあり少し高くつきますがそこでビールとか買って帰るのが日課になりました。
ただコンビニってのはなぜか不良が溜まるんです。
その日もビールを買って出てくると駐車場の端で数人の中学生が溜まっていました。
自宅方向だったので彼らの横を通って帰ろうとした時ニタニタした顔で彼らは変な話をしていました。
何か引っかかる話だったので駐車場を出たところを曲がり彼らの塀の後ろ側でタバコを吸ってる振りをして聞いていました。

最近小さな子供を連れた30ぐらいのおばさんの話です。
もしかしたら、いやこれはきっと妻のことだろうと聞き耳を立てました。
午後からよく近くの公園とか土手沿いの遊歩道に出没するらしい。
胸元の大きく開いたワンピースで小さな子供と歩いていたり公園の遊具で遊んでいるんだそうだ。
噂を聞いた不良たち(コンビニの駐車場の端にいる彼ら)も見にいったら遊具で子供と遊んでいてパンチラや胸チラを見たと言ってた。
しかもノーブラだから乳首もハッキリ見えたと騒いでた。
警戒心もなく目の前でウンコ座りしてくれるから股間もバッチリ見えるとも言ってた。
しかしその後の彼らの言葉には驚いた。
隣のクラスの数人は少し前から接近して見るだけでなく胸を揉んだり下着の中に手を突っ込んだりしてたんだそうだが昨日か今日かは不明だが公園のトイレに連れ込んで真っ裸にしたうえ犯したらしい。
それを聞いた他のグループも近々襲うって話で盛り上がってるらしい。

帰宅して妻に子供連れて散歩とか公園に遊びに行ってるのとか聞いたら行ってるとのこと。
しかし変わったことは無かったのと聞くと特別変わったことは無いわねぇと答えた。
問い詰めようかと思ったが一度確認しようと翌日早退した。

実は恥ずかしい話、前回の子供たちに悪戯されてる妻の話を聞いて想像してしまい勃起したのです。
今回は小学生ではなく中学生なので不安はありましたが見てみたい衝動に駆られました。
どうせこれだけ噂になればこの地区も長くは居れないという思いと噂になるほどやってるならもう1回や2回という思いもありました。

不良たちの話では公園のトイレが有力かと思い公園に向かいました。
案の定、砂場と遊具の間を子供とタンクトップと短いスカートを穿いた妻が行ったり来たりしていました。
少し離れて見つからないように木陰から覗いていると中学生らしいグループが妻に近づいて行きました。
平日でまだ学校で授業している時間じゃないかなと時計を見ると午後2時前でした。
妻と中学生らしいグループは何か話をしていましたがここからでは聞こえません。
すると皆が座りました、ウンコ座りというかヤンキー座りというのか正式な名前は知りませんが座って何か話をしています。
ここからだと見えませんが妻の股間の下着は正面の数人には見えてるはずです。
しばらくして子供と妻は横の遊具(大きなトラックタイヤか建設機械のタイヤを半分埋めたような)の穴を四つん這いでくぐり抜けています。
子供はわけなくくぐって行きますが妻は胸やお尻が引っ掛かり四苦八苦して中学生たちはその妻の前後から胸元や股間を覗くように見ています。
すると妻が自分がお尻を見えないのをいいことに妻のスカートを捲り薄い紫色のショーツが丸見えになりその股間に中学生二人が手をやり押すようなしぐさをしています。
おそらく「おあばさん後ろから押してやるよ。」みたいなことを言ってるのでしょうか。
遠いのでどのようなやりとりをしているのかわかりませんが妻の今の体勢ではタイヤの空間を通り抜けるのは無理です。
胸の下あたりはタイヤの空間の中なので地面スレスレなのに膝を立ててるので尻を突き上げてるような体勢でスカートを捲られお尻を覆ったショーツが丸見えで股間を中学生が押している。
上半身は別の中学生が片腕を引っ張っているが別の中学生はハッキリ見えないが脇を持って引っ張ってるのか胸を揉んでるようにも見えるが妻の身体の自由はないはずだ。
下半身部にいる中学生の体が邪魔でチラチラしか見えないが妻のショーツが下げられているようにも見えるがここからでは確認できない。
が想像するだけで俺の股間が痛いほど勃起していた。
数分その状態が続いたが上半身を持っていた中学生たちが手を放し妻が後ずさりするようにバックでタイヤの空間から出てきて立ち上がった。
やはりショーツは膝あたりまで下げられていた。
ということは下半身部にいた中学生たちには妻のマ○コや肛門も丸見え状態でもしかしたら指を入れてた可能性もあるはず。

妻はショーツを上げてスカートやタンクトップを直しながら何か中学生たちと話をしているようだった。
突然「トォー!」「ヤァー!」みたいな格闘技っぽい恰好をしながら爆笑してる中学生たちとトイレに向かって歩いていった。
あの恰好はなんなんだろうか? 中学生たちは何を笑っていたんだろうか?
子供と二人の中学生をトイレへと通じる道の入り口に残して妻と三人だと思うが中学生がトイレに消えていった。
慌てて俺は公園の裏側を回り垣根を乗り越えてうっそうとした樹木を掻き分けてトイレの裏へと向かった。
トイレの裏側には明り取りのガラス窓がある。
しかし窓はハメ殺しで開かないし透明ガラスではないのでハッキリ見えない。
それでもボヤッとだが人影が見えて話し声はハッキリ聞こえた。
「正義の味方もこれまでだな!」「おまえの弱点はここか!」とか中学生が喋っている。
「ぐはっ!ぐぐぐぅ正義は負けないわよウルトラの○○は負けない!」妻の声だ。
まだウルトラマンごっこやってたのか・・・
「どうだまいったか!」「ま、まだよアハッ!」「うるさい口だな俺の必殺チ○コで塞いでやる!」「はがっにゃにほにゃ・・」
ぼやけた姿と話してる内容からしてバックで突かれながらフェラさせられてるな。
俺は恥ずかしながら自慰をしてしまった。

一人が果てると交代し外の二人とも交代しながら五人で順番にウルトラの○○になりきった妻を犯していたが突然
「そこはダメェ~~~!」と妻の叫び声と同時に
「ここがおまえの本当の弱点なのか!」と叫ぶ中学生の声がして少し騒がしくなり妻の安否が気になったが今更出ていくわけにもいかず聞き耳を立てた。
「いったぁ~~~い!痛い!お、お願いそこは堪忍してぇ~!」と半泣きの妻の声と
「うるさい!正義の味方ウルトラの○○は囚われの身だ!」「おまえに倒された数多くの怪獣の仇だ!酬いだ!覚悟しろ!」とこれもまた怪獣か宇宙人になりきったような中学生の声が響いた。

「今度は俺だウルトラの○○覚悟!」どうやら交代したようだ。
「まいりました降参しますから助けてぇ~!あひぃ~~~!」
いったいどんな攻撃をしているんだろうか?なんて考えながら自慰を続けていると
「あぁー気持ちよかったぜぇ交代しょーか?」妻が痛がって泣きながら降参しているのにまだ交代してやるのか?ここはやはり止めるべきなのかと考えていたら
「俺・・遠慮しとくわ何か病気になりそうやし。」
「大丈夫やって!ケツの穴は締りええぞ。」
こいつら妻の尻の穴でやってたのか!少し怒りを覚えたが股間も怒り狂ったようにギンギンになってしまった。
断った彼は結局は妻の肛門には興味もなかったようでトイレから彼らは出ていった。
また俺は猛ダッシュで彼らが来た方向に先回りして公園出口の自販機の後ろに隠れた。
予想通り彼らは自販機でジュースを買って笑いながら妻のことを放し始めた。
「俺お尻の穴は初めてだったけど痛いぐらいの締りやなぁ。」
「あんな汚いとこによう突っ込むなぁ。」
「でも泣きながらヒィーヒィー言ってたぞ。」
「おばさんやけどマ○コもなかなか締りよかったやん。」
「明日からやり放題やなぁ。」
「でも他のグループも狙ってるらしいぞ、なんでも調教して売春させるとかって雄哉が言ってるみたいやしなぁ。」
勝手なことを言いながら彼らは帰っていったがこれはマズイぞ・・引っ越しするか。



その夜に妻に迫ったが痔になったかもとか言って拒否された。
俺は今日妻が中学生たちと一緒にいるところを見たことを言った。
トイレに一緒に入っていって長いこと出てこなかったこと、帰りの中学生たちの会話(かなり着色して話したが)のことも言ってやった。
「ご、ごめーん・・・」
妻の肛門はザクロのようになっていた。


そしてまた引っ越しをしたが病気なのか変な性癖になってしまった妻は同じことを繰り返し繰り返しやってしまう。
あまり自分と同世代(20代半ば)から上の男には興味がないそうだ。
俺もかと問うと俺は大事な旦那さんだから別で大好きだと答える。
複数の男の子に裸を見てもらい触ってもらうのが気持ちいいんだとか。
挿入するとこまでは望んでいないらしいが、陰部の奥まで見せたり触らせたりすると子供たちも歯止めが利かなくなってしまい最終的には挿入されてしまうらしい。

俺が一番心配しているのは自分たちの子供がもう少し大きくなると妻は子供に同じことをしそうな気がしてならない。
近親相姦までカウントダウンかもしれない。
その前に入院させて治療させるほうがいいのかもしれないが変態な妻で興奮する俺もおかしいのかもしれないと最近は自問する日々です。

・FC2BlogRankingでこの続きを探す
・オリジナルの体験談一覧(姉妹ブログも含む)
関連記事
・ツーリングに行ったら、道の駅で男の娘に話しかけられた6
・不妊に悩む妻と、オタクで童貞の兄が始めた代理子作り(kindle)
・友人夫婦と食事をしてたら、アレのサイズの話になって2
・嫁がパート先の工場長に、シリコンリングで身も心も堕とされていた4
・久しぶりに妻と温泉宿に行ったら、イケメン二人に声をかけられた3
・無邪気で可愛い母が、大家さんに寝取られ堕とされてしまったー完ー
・家庭教師先のママさんは、同級生よりも可愛くてエッチだった6



電子書籍です

新作出版です

本を書きました

新刊です

本を書きました

本を書きました

本を書きました

ハード系です

姉さん女房です

カテゴリ

kindle 電子書籍出版情報

電子書籍出しました

2話収録です

2話収録です

2話収録です

ハード系です

新作です

新作です

新刊です

新刊です

バッドエンド



プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読めます。


月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者マガブロ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
3位
アクセスランキングを見る>>

リンク元ランキング