・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品
・このブログのオリジナルコンテンツ一覧
・全記事タイトル一覧

26年彼女がいなかった俺は、処女の彼女をゲットした

漏れ26歳、彼女いない歴26年。
まだ学生。
彼女25歳。
部活の後輩で、付き合うのは初めて。
処女。
一回、漏れからデートに誘うも、断られる。
しかししばらくメールでたわいない関係を続けていたら、ある日、向こうからご飯に誘われる。

もう今後は無いな・・・と
思っていたので、向こうからご飯に誘われたのには驚いた。

ちなみに彼女はU-15アイドルの真奈をもっとたれ目にした感じ。

ご飯を食べたあと散歩して、ベンチに座って話した。
その流れで告白。

彼女は「私でいいの?付き合った事が無いから、こういうのは分からない」と言うも、顔をすごいくしゃくしゃにして笑い、目が見たこと無いくらいきらきらしていた。

そしてしばらく話して、しばしの沈黙のあと、帰ることに。
そこで彼女が一言。
「手、繋ぎません?」

人生で初めて好きな女の子と手を繋いだ。
なんか照れくさいような、誇らしいような、そんな気持ちになった。

その後、数回目のデートの帰りに、彼女から本当に好きかどうか分からなくなってきたと言われた。

彼女は泣きそうで、もうどうしていいか分からなくて苦しそうな顔をしていた。
漏れもどうしていいか困った。
で、なぜか分からないが、キスできるんじゃないかって直感して、意味不明に「キスしてみようか・・・」って言ってみた。

そうしたら彼女は目を瞑って背伸びしてきて、漏れと彼女はお互い人生初めてのキスをした。

その日はキスの後に帰宅したが、まだ彼女は悩んでいた。
それで後日、別れを言われた。
でも頑張って漏れは引き留め、彼女に精一杯、好きだという姿勢を示した。
そしてまたしばらくデートを何回かして、お互いの関係を育んだ。

その後、デートの際に二人で抱きしめ合っているときに、
「最後まで行きたい・・・」と言ってみた。

彼女は「ええー。緊張しちゃう」
と恥ずかしそうにしてたが、ホテルへ付いてきてくれた。

そしてお互い初めてラブホテルに入った。
彼女は興味深そうに色々見ている。
そしていよいよ、ちょっと空気が締まり、口数も減り、お互い抱き合った。
そしてとりあえず順番にお風呂に入った。

服は風呂の後もまた着たが、ベッドに座ってお互い抱き合い、
「脱がせていい?」と言いながらついに脱がせていった。

お互い下着だけになり、素肌で抱き合った。
透けるような白い肌がすべすべして気持ちいい。

そしていよいよブラを外した。
彼女の乳首はぷくっと丸く、膨らんだ形。
乳輪はこちらが恥ずかしくなるくらいの鮮やかなピンク。

胸を触り、乳首を舐めた。
たまらん。
次に、パンツの上からあそこを優しく擦ってみると、次第になんか指先に湿り気を感じた。

パンツの上から股に顔を埋めてみた。
夢実現。
でも臭いは想像と違い、あそこってやっぱ独特の臭いなのね。
デーデルライン桿菌のせいだ。

その勢いでパンツを脱がし、間近であそこを見た。
なんと毛がボーボーだ。
これは残念。

ちょっとがっかりしながらも、毛をかき分けて割れ目を探す。
なんと!彼女は割れ目がぴっちり閉じており、まるで少女の様だ。
そして指で押し開けると、そこにはこれまた恥ずかしいくらいの淡いピンク色で、小陰唇が殆ど無い、まさに穢れの無い、もっとも美しい輝きがあった。

やった。
26年童貞だった甲斐があった。
この世界で最も美しいピンク色が自分のものになるんだと思った。

彼女は毛がかなり多かったが、このぴったり閉じた割れ目とピンクは他にはなかなかいない。

指で触ると、「痛い」と言われた。
しばらく軽く触り、ついに口で舐めてみた。
口が触れた瞬間に「なんか痛い・・・」と言われたが、彼女の穢れない初めての淡いピンク色を、短時間であれ、舐めたという事実に充足した。

しかしこの後、悲しいことに、精神的充足や疲れが大きく、ちんぽが経たない。
加えて、今思うとEDだったのかもしれない。

ちんぽをあそこに押しつけるも、入らず。
ただ、彼女が
「気持ちいい・・・」
と消え入りそうな声で一人背をよじらせた姿に、自分もついに女性と一つになろうとしてるんだ・・・という思いが湧いた。

結局、彼女の毛や、そもそもの狭さ、漏れのEDちんぽのせいで俺は入れられずショックを受けたが、彼女は精一杯励ましてくれ、彼女と裸でお互いの素肌を感じ合ったのは良かった。

その日からしばらくして、彼女と旅行に行った。
ここでもちょっとEDな漏れのちんぽと、彼女の初セックス対する恐怖感、狭いあそこのせいで入らず。

しかし、抱き合いながら、「これ、舐めてみる?」と彼女に促してみた所、彼女と2回目にして人生初フェラ。
初めてにしてはそこそこ上手いと思った。

でも何より、彼女が俺のちんぽを可愛い唇で咥えて、時に舌を出して舐めている姿に興奮した。

また別の日。
この日は漏れのちんぽがそこそこ元気だったので、頑張って入れてみた。
彼女もかなり濡れやすくなり、小指はゆっくり全部を飲み込んだ。
すごい狭い。

ちんぽは、ついに先っぽが入った。
しかし、ほんとに先っぽの方だけ入ったとこでつっかえが。
体重掛けても全く進まない。
そして亀頭が挟まれたような痛み。
これは無理と思い、この日はここまで。
でも少し入ったので、進歩。

そしてまた別の日。
正常位だと彼女が怖がったり、足がつっかえたり、漏れのちんぽがその間に萎えるので、騎乗位で行ってみた。
寝た姿勢でびんびんになったちんぽを、お互いで頑張っていれる。
位置が見づらいし、なかなか上手く行かないが、彼女が痛いと言いながら頑張る。

そしてついに「つぶっ」っという感じで、何かスポンジを裂くような、張り付いたのりをはがすような感触。
しかし萎えたり、抜けたり。

しかしこれを数回繰り返し、ついに彼女が腰を完全に下ろし、漏れの上に座った。

でも漏れは感触が無い。
彼女の体重ばっか。
しかもちんぽはふにゃってる気がする。
でも彼女は痛みと気持ちよさが同時に来てるらしい。

彼女が「自分だけ気持ちいいなんて嫌だよ」というので、腰を動かす。
でも感触無し。
そのまま正常位に移行し、腰を振る。

ちんぽは相変わらずちょいフニャ。
でも擦ってると、固くなりそうな感触。
入り口あたりがこりこりして、このまま腰を振ってれば逝けそう。

「一つになったよ!」と名前を叫びながら猛烈に腰を振った。
しかし彼女が「痛い・・・」と言い、呼吸も苦しそうなので、この日はこれにて。

感想としては、これから慣れればちんぽ固い状態でできると思うので、もっと気持ちよくなると思う。

ちんぽ自体の気持ちよさは、もしかしたらオナニーの方がコントロールできるので気持ちいいかも。
でも、お互いがお互いを思う気持ちのみを持って、抱きしめて一心同体になるのは堪らない。

いつか彼女の中でイッて、お互いもっともっと気持ちよくなりたいと思う。

ながながと体験記を書いたが、藻前らも頑張っていい女性を見つけろよ!
愛は最凶!最狂!最強!

おまけ
ちなみに最初は軽いキスだけで、舌いれようとしたらビクっとした彼女が、いまや自分から「私が◯◯くんの手助けしてあげる」って、ねっとりぶっちょりじゅるじゅるのキスしてくれるよ。
信じられない。
やっぱ愛って良いね☆

・FC2BlogRankingでこの続きを探す
・オリジナルの体験談一覧(姉妹ブログも含む)
関連記事
・友人夫婦と食事をしてたら、アレのサイズの話になって4
・パートに出て綺麗になった妻と、お客さんの裏垢男2
・久しぶりに妻と温泉宿に行ったら、イケメン二人に声をかけられたー完ー
・姉さん女房の涼子と、調子の良い私の部下2
・ツーリングに行ったら、道の駅で男の娘に話しかけられたー完ー
・妻が意外に乗り気で寝取られプレイに同意してくれました(kindle)
・事故で半身不随になった私と、いつも優しい年下の妻



電子書籍です

新作出版です

本を書きました

新刊です

本を書きました

本を書きました

本を書きました

ハード系です

カテゴリ

kindle 電子書籍出版情報

電子書籍出しました

2話収録です

2話収録です

2話収録です

ハード系です

新作です

新作です

新刊です

新刊です

バッドエンド



プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読めます。


月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者マガブロ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
2位
アクセスランキングを見る>>

リンク元ランキング