・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品
・このブログのオリジナルコンテンツ一覧
・全記事タイトル一覧

祭りの後、彼女の同級の男を家に泊めたら彼女をやられた

学生の時に仲間内で秋祭りに遊びに出掛け、隠れて飲酒。

祭りが終わって彼女と帰ろうとしたら、彼女の同級の後輩が飲んでるから家に帰れないと言いだし、仕方なく僕の家に泊まらせることにした。
僕的には嫌だったんだよね。

家に帰ったら彼女と楽しむつもりだったし。

彼女も「可哀相だから泊めてあげたら」なんて言うし、この時に少し彼女と喧嘩?


家に帰り、彼女は泊まる用意してたから風呂に入りたいって言い風呂。

僕は後輩に毛布を出してやり、「風呂どうする?」と聞いたら「寝ます」だって。


彼女が風呂から出て、僕は後輩と2人にしたくないが風呂に入り、部屋に行くと笑い声。

ちょっとイラっとした。


後輩は普段は大人しい奴だけど飲んでから気がデカくなってた感じ。

3人で深夜番組を見ながら雑談やY談を少し。

後輩はウトウトしだし、ちょっと安心し寝ることにした。

彼女はまだ眠くないからテレビ見ると言い、僕は彼女と一緒にベッドに。

僕的には彼女とエッチしたい気持ちもあり、彼女とちょっとだけ楽しんだ。

後輩が寝てるっぽいし、僕は彼女の側で腰に手を回した状態で触りながら寝ました。


それから2時間程度して、僕は話声で目が覚めたんです。

彼女は変わらず背中を僕の方に向けてるけど側にいる。

テレビを見ながら後輩とエッチな話をしてる!?


うつらうつらで僕は2人の話を聞いてた。

後輩が彼女に「もうエッチしてるよね?」とか、「痛かった?」みたいなことを聞き、彼女は素で答えたりさ。

後輩が彼女に「胸わりとあるよな?」と言うと、彼女は「◯◯子はDだよー」と友達の話をした!

寝たふりの僕も興味深く耳をすました。


彼女が友達の◯◯子の胸の話をして、


後輩が「◯本は(彼女)もう黒いでしょ?」

彼女は「黒くないよ~」と・・・。


空気が変わりました!

2人の会話がヤバい・・・。


後輩は「◯本、見たい・・・。」


彼女は黙ったまま、後輩は「駄目?」

彼女は黙ったまま、首を振ったみたい。


後輩は「じゃあ触らして」と言い、

彼女は「ちょっとだけなら・・・」


僕は本気か?ドキドキした。


彼女と僕は同じベッドで横になってるし、彼女の背中には僕がピッタリ僕がいて、腰に手を回してるのに後輩が近くに来た気配。


彼女は毛布をめくったみたい・・・。

僕は薄目を開けて様子を伺う、彼女の頭しか見えないけど。


後輩が「あっ、K本・・・大きなぁ、何カップ?」

彼女は「Bだよ」と答えた。


2人の会話がヤバくなってきた。

後輩がパジャマの中に手を入れたみたいで彼女はびっくとした。


2人の会話が無くなった?数分?数秒?


彼女から(あっ・・・んっ)


僕は焦りました!

ピチャピチャ・・・。


彼女は(んっんっあっ)

彼女は胸を吸わせた。


ピチャピチャ・・・。


数分、愛撫され、彼女が「駄目・・・もう駄目・・・」って言い、後輩に終わりを告げた。

彼女が「もう駄目」と後輩に言い、後輩は離れたみたい。


後輩も場所が場所だし、僕が側にいるし、諦めたみたいだった。

彼女は横向きから体勢を変えて上向きに。

後輩がトイレに行くと言い部屋を出た。

彼女は僕の手をどけベッドに座り、捲れたブラを直してる。

僕は今起きたふりをしながら起き上がる。


彼女はびっくりして固まる?

僕はわざとらしく彼女の胸元を見て、怪訝な顔をしてみた。

祭りでちょっと喧嘩したのと先程のこと・・・なんかムカついたし?!


ちょっとキツく「何した?」と彼女に言った。

彼女は黙ったままです。


僕は彼女のパジャマに手を掛け・・・


「吸わしたんだろう?」


彼女は観念したのか、首を下げた。

後輩が戻り険悪化。

後輩はすぐに何があったか分かったみたいで、土下座して平謝り・・・。


なぜだか?分かんないですけど、平謝りされたら強気になった言うか・・・どうでもよくなってきた?

彼女に向かって「ヤリたいならヤレば?」後輩にも「ヤレばいいじゃん」って思ってないことを言った。


場が凍りついた感じがしました。


「もう一度ヤレば?」


この言葉に彼女キレました・・・。


キレた彼女は、「胸くらいいいじゃん・・・」とボソっと言うから、僕はムカッとして「もっと吸わしやれよ!」と思ってもないことを言ってしまう。

彼女はパジャマのボタンを外し、ブラを胸の上にズラした。

薄暗い部屋だけど、テレビの明かりでも充分に・・・。


後輩は凍りついたまま、でも彼女の胸を見てる感じです。


彼女は後輩に「いいよ触って」なんかショックでした。


僕は「止めろ」って言う前に、彼女はふてぶてしく「していいだよね?」先に言われ、僕は「勝手にすれば?」売り言葉に買い言葉・・・。

後輩は黙ったままです。


彼女は後輩に「いいよ?来て」と伝えた、後輩はチラチラと僕を見る。


仕方なく僕は後輩に「ヤリなよ・・・」。


ベッドに座ったままの彼女の前に後輩が来て、後輩は彼女を抱きしめる感じで胸を吸い始めた。


僕の側で、胸を吸わせてる彼女の顔は口が半開きで、喘ぎが漏れてる。

2人の行為がヤバく感じて、僕はここで止めさせたんです。

・FC2BlogRankingでこの続きを探す
・オリジナルの体験談一覧(姉妹ブログも含む)
関連記事
・ツーリングに行ったら、道の駅で男の娘に話しかけられた6
・不妊に悩む妻と、オタクで童貞の兄が始めた代理子作り(kindle)
・友人夫婦と食事をしてたら、アレのサイズの話になって2
・嫁がパート先の工場長に、シリコンリングで身も心も堕とされていた4
・久しぶりに妻と温泉宿に行ったら、イケメン二人に声をかけられた3
・無邪気で可愛い母が、大家さんに寝取られ堕とされてしまったー完ー
・家庭教師先のママさんは、同級生よりも可愛くてエッチだった6



電子書籍です

新作出版です

本を書きました

新刊です

本を書きました

本を書きました

本を書きました

ハード系です

姉さん女房です

カテゴリ

kindle 電子書籍出版情報

電子書籍出しました

2話収録です

2話収録です

2話収録です

ハード系です

新作です

新作です

新刊です

新刊です

バッドエンド



プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読めます。


月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者マガブロ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
3位
アクセスランキングを見る>>

リンク元ランキング