・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品
・このブログのオリジナルコンテンツ一覧
・全記事タイトル一覧

新入社員の中でも一番可愛い子が酔い潰れたので介抱してみた

33歳の会社員です。少し遅めの新入社員歓迎会が先週の金曜日に行いました。
宴会は、いつも同じで、新入社員の挨拶、そしてゲーム、後は恒例の新入社員にお酒を飲ませ、緊張をほぐし本来の性格を見る事でした。

俺の横には、営業に配属された新入社員の中でも一番可愛い由美ちゃんだった。
お酒を飲ませ、明るく楽しそうに話す由美ちゃんは、営業で頑張っていけると確信した。
そうして、歓迎会も終わりに近づいた時、隣の由美ちゃんは、かなり酔った感じで、気分が悪そうだった。

俺が、「大丈夫?」と声をかけた。
「大丈夫です。ちょっとトイレに行ってきます」。

そうして、歓迎会も部長の挨拶で終ろうとした時、由美ちゃんが戻って来ていない事に心配し、トイレへの方へ向かった。

すると、由美ちゃんは、トイレの前に座り込んだ状態で倒れていた。
「大丈夫?」と声をかけても、あまり反応がない。
これではやばいと思い、同期の女性の慶子を呼びに行った。


すると、歓迎会も終わり、皆が外に出てしまって誰もいない。
俺は仕方なしに、由美ちゃんのところへ戻り、由美ちゃんをかかえた。ふらついた由美ちゃんは、かなり細い体にもかかわらず、かなり重い。

すると、吐きそうな感じだったので、仕方なしに男子トイレへ連れて行き、吐かせる事にした。

その時、俺の右手は、かすかに、由美ちゃんの胸を掴んでいた。
それでも由美ちゃんは、気分が悪そうな感じだったので、介抱する事にまぎれ、胸を揉んだ。
かなり大きい。

すると由美ちゃんは、少し吐いた。
しかし、服につきそうだったので、上着を脱がせた。

でも、俺の頭の中は、胸の感触が忘れられず、いたずら心に火がついてしまった。

俺は「大丈夫?ホックを外すと楽だから・・・外すね。前のボタンも外すね。」と言いながら、ブラウスのボタン、ブラのボタンを外した。それでも彼女は気づかない。

前かがみになった彼女の胸元からは、ブラもずれ、ピンク色の乳首が見えた。
俺は、もう、どうしても我慢ができなくなった。

彼女をかかえる様に彼女の生乳を手でわし掴みした。
かなり、柔らかい。俺のチンコもかなり大きく、はちきれそうだ。俺は、チャックを下ろし、チンコを出した。
右手は、彼女の乳首を触り、左手で自分のチンコをしごいた。

それでも我慢できない俺は、彼女のスカートを少し捲った。
色白の少し大きめなお尻とブラとおそろいのパンティー。
恐る恐るパンティーを少しずらし、チンコをお尻にあて、更にしごいた。もう、その時点で我を忘れた。

彼女のお尻には、我慢汁が付き、光っている。
それでも、彼女は気づかない。
今度は、彼女のアソコあたりにチンコをあて、こすってみた。
かなり気持ちいい。

やってはいけないと思ったが、我慢の限界だった。
彼女のアソコに押し当ててみた。当然、濡れていない為、入らない。でも、俺は、それでも少し力を入れ、俺のチンコを押してみた。

すると、かなりキツイが入った。かなり暖かい。俺はイキそうな状態を必死に我慢し、腰も動かさず、入れたままの状態で彼女の背中をさすった。

しかし、彼女が酔っていた為、ゆらゆらふらつく。そのゆれが、俺のチンコを刺激する。

俺は、「いく。いく。」と思わず声を出し、彼女のお尻に精子をかけた。
その後、俺は、精子を拭き、彼女を立たせ、ブラ、ブラウスのボタンを閉め、外へ連れだした。

すると、外では、心配していた同期の慶子が待っていた。
慶子は「大丈夫?なかなか出てこないから心配で・・・皆は2次会に行ったよ。由美ちゃんは、私が連れて帰るね」
俺は「お願い・・」

気づかれていないか、とても心配でその日は眠れなかった。

月曜日の朝、会社へ行くと、由美ちゃんが声をかけてきた。
「歓迎会で介抱して頂いたそうで、ありがとうございます。全く、私、覚えていなくて・・・失礼な事はしませんでしたか?」

俺は、その言葉を聞き、安心し「大丈夫だよ。でもかなり酔っていたね。大変だったよ(笑」

由美ちゃん「すいません。また、このお礼に今度、ご飯でもおごります」
俺「じゃぁ、楽しみにしているわ」

正直、俺は、今度は、酒で酔わせ、ホテルでゆっくり由美ちゃんを攻めてみたいと思っている。

・FC2BlogRankingでこの続きを探す
・オリジナルの体験談一覧(姉妹ブログも含む)
関連記事
・友人夫婦と食事をしてたら、アレのサイズの話になって4
・パートに出て綺麗になった妻と、お客さんの裏垢男2
・久しぶりに妻と温泉宿に行ったら、イケメン二人に声をかけられたー完ー
・姉さん女房の涼子と、調子の良い私の部下2
・ツーリングに行ったら、道の駅で男の娘に話しかけられたー完ー
・妻が意外に乗り気で寝取られプレイに同意してくれました(kindle)
・事故で半身不随になった私と、いつも優しい年下の妻



電子書籍です

新作出版です

本を書きました

新刊です

本を書きました

本を書きました

本を書きました

ハード系です

カテゴリ

kindle 電子書籍出版情報

電子書籍出しました

2話収録です

2話収録です

2話収録です

ハード系です

新作です

新作です

新刊です

新刊です

バッドエンド



プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読めます。


月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者マガブロ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
2位
アクセスランキングを見る>>

リンク元ランキング