・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品
・このブログのオリジナルコンテンツ一覧
・全記事タイトル一覧

#婚約者の可愛い妹が急に手コキしてくれたことで知った、知りたくなかった秘密5(転載禁止)

前回の話

 まさみは、トロンとした顔のままソファにもたれ掛かる。
「最後の記念にね」
 叔父さんは、からかうような口調で言うと、すぐにまさみの乳首を舐め始めてしまった。
「んっ、うぅ、あっ、気持ちいい」
 まさみは、驚くほどあっけなく感じ始めてしまった。僕は、動揺しながら美桜ちゃんを見る。美桜ちゃんは、僕のペニスを握ったままニヤニヤと笑っている。こうなることはわかっていた……そんな顔に見える。

「乳首、いつもよりカチカチになってるじゃん」
 叔父さんが、からかうような口調で言うと、
「そんなことないもん。いつもこんな感じだよ」
 と、まさみは少し慌てた感じで言う。こんな状況になってしまっては、今さら動揺する必要もないように感じる。

 叔父さんは、まさみの乳首を舐め続ける。空いている方の乳首を、指でも弾き始めた。
「んっ、フゥ、あっ、うぅっ、やっぱり上手……」
 まさみは、とろけた声を出し続ける。そして、中途半端になっていたフェラチオを再開した。
 叔父さんは、身体を倒すようにして苦しそうな体勢のまま乳首を舐め続ける。まさみも、フェラチオしながら身体を少しずつずらしていく。叔父さんが乳首を舐めやすいような体勢にしている感じだ。
 
 まさみは、無理な体勢をしたことでスカートがまくれ上がってしまった。ショーツが丸見えだ。それでもかまわずにフェラチオを続けている。
 まさみの頭が前後に動き、可愛い顔が必死の顔になっている。頬はキュッとすぼまり、強くバキュームをしているのがわかる。そして、頬の内側にペニスをこすりつけるようにしているので、ぽっこりと頬が膨らむような感じになったりもしている。
 美しい顔が、間抜けた感じになる。でも、それが僕をものすごく興奮させるようだ……。すると、美桜ちゃんが僕のペニスをくわえてしまった。すぐに舌が絡みついてきて、強いバキュームも始まる。
 慌てて美桜ちゃんを見ると、美桜ちゃんはイタズラっぽい目で僕を見つめながら、僕の手を自分の胸に持っていった。僕は、すぐに美桜ちゃんの大きな胸を揉み始める。美桜ちゃんは、すぐに気持ちよさそうな顔に変わっていく。
 シャツの上から彼女の乳首を探り、驚くほど固くなったそれを摘まみ始めた。
「ん、うぅ」
 小さくうめく美桜ちゃんに、僕は焦った。声を出すのはマズい……。美桜ちゃんは、すぐにトロンとした顔に変わっていく。

「うぅあぁっ、ダメぇ、そこはダメっ」
 まさみの声に驚き、僕はまた覗く。すると、叔父さんの手がまさみのショーツの上にあった。すでに、クリトリスの辺りをまさぐり始めている。
「ダメって、こんなになってるじゃん。脱がないと、パンツグチョグチョになっちゃうよ」
 叔父さんは、からかうような口調だ。まさみのショーツには、確かにシミが出来ている。膣口の辺りに、500円玉よりも大きなシミが出来ている。
「う、うん。じゃあ、仕方ないから脱ぐ」
 まさみは、そんな風に言いながらショーツを脱ぎ始めた。叔父さんは、ニヤニヤしながらそれを見つめ、ソファに仰向けに寝転がった。そそり立ったペニスは、禍々しく見えるほどに迫力がある。太いとか長い以前に、カリ首の張り出し方がエグい。

 まさみは、特に何も指示がなかったのに、叔父さんの上にシックスナインの体勢でまたがり始めてしまった。叔父さんの顔のすぐ上に、まさみのアソコがある……。こんなにもはしたない姿をさらしているのに、まさみは恥ずかしがっている気配もない。
 まさみは、叔父さんのペニスをくわえた。そして、頭を振り始める。叔父さんも、当たり前のようにまさみのアソコを舐め始めた。
 もう、セックスはしないと言ったまさみ……。でも、シックスナインを始めてしまった。僕は、異常なほどの興奮を感じながら、それを覗き見し続ける。さっきから、美桜ちゃんのフェラチオでイキそうになってしまっているが、なんとかこらえながら彼女の胸を揉み続ける。

 婚約者の浮気を覗き見ながら、その妹とこんなことをする……。僕は、どうしてこんなことになってしまったのだろう? と、不思議な気持ちになった。でも、快感と興奮が圧倒的すぎて、すぐにどうでも良くなってしまう。

 叔父さんは、指でまさみのクリトリスの皮を剥く。すぐに剥き出しになったクリトリスは、やたらと大きく見える。僕の知っている彼女のクリトリスは、いつも皮を被っていてもっと小ぶりだったはずだ。

 叔父さんは、まさみのクリトリスを直接舐め始めた。
「んぅっ! うぅ〜っ」
 まさみは、叔父さんのペニスをくわえたままうめく。本当に気持ちよさそうな声が響いてくる。僕は、まさみの気持ちよさそうなうめき声と表情を見ながら、あっけなく射精をしてしまった……。

 美桜ちゃんは、軽くうめく。慌てて彼女を見ると、興奮したような顔になっている。そして、僕のペニスの最後の一滴まで吸い取るようなバキュームをしてきた。強すぎる快感に、声が漏れそうだ……。

 美桜ちゃんは、妖艶な笑みを浮かべながら、僕の顔のすぐ前まで顔を持ってくる。そして、口を開ける。僕の精液が少しあふれ出てきて、美桜ちゃんは慌てて指でそれを戻す。 
 可愛い顔……美桜ちゃんは、本当に可愛らしい顔をしている。大きな目は、瞬きすると風が起きそうな程だ。そんな彼女の口の中に、僕の精液がたっぷり入っている。こんな幸運はなかなかないと思う。
 すると、美桜ちゃんがそのまま僕にキスをしてきた。僕は、慌てて身をよじろうとする。でも、美桜ちゃんがガシっとしがみつくように僕の身体をホールドしながら、小さな舌を差し込んできた。
 彼女の口の中の精液が、僕の口にも入ってくる。美桜ちゃんは、興奮しきったような仕草でキスを続けてくる。さすがに気持ち悪いと思ってしまう。でも、興奮してしまう気持ちも湧いてくる。

 美桜ちゃんは、興奮しきった顔でキスを続け、口の中の精液を飲み干していく。でも、僕の口の中にも流し込んできた。僕は、嫌悪感を感じながらもなぜか興奮も高まる。僕は、結局飲んでしまった……。美桜ちゃんは、すごく良い笑顔で僕を見つめる。そして、僕の耳に口をくっつけながら、聞こえるかどうかの小声で、
「大好き」
 と言ってくれた。そして、またキスをしてくる。かなり感情がこもったキスに感じる。僕への好意を感じて嬉しくなるが、まさみの妹とこんなことをしてしまうのは、さすがにマズいなと言う気持ちも大きい……。
 美桜ちゃんは、なぜこんなに好意を持ってくれるのだろう? 僕は、さえない男だと思うし、なによりもペニスが小さくてセックスも下手くそだ。叔父さんとのセックスと比べると、全然気持ちよくないはずだ。
 すると、クローゼットの向こうから、
「イクっ! イクっ! うぅあっ!」
 と、まさみの切羽詰まった声が響く。慌てて覗くと、まさみは叔父さんの舌でイカされていた……。
「気持ちよかった? 最後の記念にするんだっけ?」
 叔父さんは、口の周りを手の甲で拭いながら聞く。
「う、うん。でも、最後だから……もう少しだけ」
 まさみは、恥ずかしそうに言う。そして、ベッドの上に移動すると、自分で脚を抱えるようにしてM字に開脚してしまった。
「結局するんだね」
 からかう口調の叔父さん。まさみは、脚を抱え上げたまま、
「うん。早く来て。最後の記念に、いっぱいイカせて下さい」
 媚びるような声でおねだりをするまさみに、僕は激しく嫉妬してしまう。まさみは、潤んだような目で叔父さんを見つめたまま、さらに脚を拡げる。まさみの膣周りはしたたるほど濡れて光っているのがよくわかる。
 僕は、まさみにこんなにも求められたことはない。羨ましい気持ちが大きくなっていく。

 叔父さんは、ベッドに上がるとペニスを握る。叔父さんの手で握っても、半分以上も飛び出ている。大きなペニスが、まさみの膣口に押しつけられる。まさみは、さらにとろけた顔になった。
 叔父さんは、ニヤニヤした顔のままペニスをこすりつける。
「早く……入れて」
 まさみは、恥ずかしそうにおねだりを続ける。でも、叔父さんはペニスをこすりつけるだけで入れようとしない。
「良いの? もう、裏切らないんじゃなかった?」
 叔父さんは、からかうような口調になっている。
「……それは……。最後だから。早く入れて下さい」
 まさみは、甘えた声で言う。叔父さんは、ニヤニヤした顔のまま、
「おねだりしてくれないと」
 と言った。
「もう……意地悪なんだから。叔父さんの大っきなおちんちん、まさみの淫乱なオマンコにハメて下さい」
 まさみは、美しい顔から出たとは思えないような卑猥な言葉を口にした。
 叔父さんは、嬉しそうな顔でペニスを押し込んでいく。
「うぅあぁ、気持ちいい。太い……やっぱり太いよ」
 まさみは、すでにとろけている。コンドームも何も着いていないペニスを受け入れながら、叔父さんのことを真っ直ぐに見つめている。
 結局、まさみはセックスをしてしまった……。横を見ると、美桜ちゃんが微笑んでいる。妖艶な笑みを浮かべながら、僕のペニスを握ってきた。僕は、どうしたら良いのかわからないまま、吸い寄せられるように彼女にキスをした。美桜ちゃんは、キスをしながら僕にまたがってくる。いつの間に脱いだのかわからないが、すでに下半身は裸だ。
 すぐに熱い肉に包み込まれる感覚に襲われる。美桜ちゃんは、僕に抱きつきながら腰を動かす。真っ直ぐに僕を見つめたまま、美桜ちゃんは腰を振り続ける……。

 まさみへの対抗心で、僕にこんなことをしているのだろうか? それとも、僕のことを本当に好きになった? まったく判断が付かない。

 美桜ちゃんは、僕の耳に口をくっつけ、
「好き。大好き」
 と言ってくれる。僕は、美桜ちゃんに気持ちが傾いていくのを感じてしまう……。

 クローゼットの隙間からまさみを覗く。まさみは、対面座位で腰を振っている。叔父さんにキスをしながら、夢中で腰を動かし続けている……。
「そんなに締め付けたら、すぐ出ちゃうよ」
 叔父さんが、あまり余裕のない声で言う。
「だって、勝手に締っちゃうの。ねぇ、気持ちいい? 美桜のオマンコと、どっちが気持ちいい?」

【続きは出典元から】

・FC2BlogRankingでこの続きを探す
・オリジナルの体験談一覧(姉妹ブログも含む)
関連記事
・友人夫婦と食事をしてたら、アレのサイズの話になって4
・パートに出て綺麗になった妻と、お客さんの裏垢男2
・久しぶりに妻と温泉宿に行ったら、イケメン二人に声をかけられたー完ー
・姉さん女房の涼子と、調子の良い私の部下2
・ツーリングに行ったら、道の駅で男の娘に話しかけられたー完ー
・妻が意外に乗り気で寝取られプレイに同意してくれました(kindle)
・事故で半身不随になった私と、いつも優しい年下の妻



電子書籍です

新作出版です

本を書きました

新刊です

本を書きました

本を書きました

本を書きました

ハード系です

カテゴリ

kindle 電子書籍出版情報

電子書籍出しました

2話収録です

2話収録です

2話収録です

ハード系です

新作です

新作です

新刊です

新刊です

バッドエンド



プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読めます。


月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者マガブロ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
50位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
4位
アクセスランキングを見る>>

リンク元ランキング