・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品
・このブログのオリジナルコンテンツ一覧
・全記事タイトル一覧

女装して公園に行って、ナンパしてきた男性に中出しされて女の子イキしました

今週末に体験した事を書きます。

金曜日、仕事が休みだったので一日中、女装をして鏡の前に立っていました。

でも、ずっと女装をしているとまた何かしたくなってきました。

そこで、ずいぶん前から知っていた夜に同性愛者が集まるという公園に行ってみようと思いました。
これは、男性同士の専門のテレクラがあってそこの人から教えてもらいました。

そこで、できれば男性とHをしてみたいと考え、その準備だけはしていくことにしました。

一応、いつものように化粧をして下着はブラとガーターベルトとタイツと、電車に乗って遠出をするのでペニスが目立たないように少し生地の多めのパンティをつけました。

あと、黄緑のミニスカートと白ブラウスに黄緑のカーディガンをはおって出かけました。

途中で、コンドームと浣腸とベビーローションを薬局で買いました。

浣腸は、メモ用紙で店員さんに見せて買いました。

きっと変な目で見られていたと思いますが、震えながら品物を受け取って早足でその店をでました。

そのあと電車に乗ったのですが、時間が夕方の6:30頃だったので混んでいました。

私の後ろの男性が、股間を一生懸命に私に押し当てているのがわかりました。

また、手の甲をお尻の割れ目にこすり付けられたりしました。

わたしも思わず興奮して勃起していましたが、前を触られるとまずいと思ってカバンを前に持ってじっと我慢していました。

ちょっと、手を後ろにまわして確かめると、男性のペニスが勃起しているのがわかりました。

すぐに手を前にしてじっとしていると、途中の駅の乗り降りの際に、その男性のペニスがちょうど私のカバンを持っている腕にあたるように男性が立っていたのです。

私は、顔をじっと見られるのが恥ずかしくずっと下を向いていました。

男性の硬いものを私は少し腕でさすってあげました。

そうすると、彼も私の腕に電車の揺れに合わせてこすりつけてきました。

次の駅で彼から離れました。

彼がこっちの方を見ていましたが、下を向いておきました。

ようやく目的の公園のある駅について、すぐにトイレに行きました。

そこで、オナニーをしようと思ったのですが、思いとどまりました。

もう時間も遅いので、早く行かないと終電に乗れなくなるからです。

そして、公園についてからしばらく外灯の下で立っていました。

なんだか、胸がドキドキして足がハイヒールのせいもあるとおもいますが、がくがくしていました。

でも、人の気配はするのですが、誰も私のほうには来ませんでした。

20分くらい経って、自分が女装している事に気づきこれではまずいと思い、公園の茂みの方に入ってパンティを脱ぎました。

そして、外灯から少し離れた所に立って、スカートをめくって自分の大きくなったペニスが少し見えるようにしました。

そうすると、すぐに一人の男性がやってきて「どうしたいの??」って聞いてきました。

わたしは、直ぐにスカートの裾を直して男性を見上げました。

私はドキドキしていて言葉に詰まっていると、さっきからずっと見ていたというような事を私に言ってきました。

後からきいたところ、私が茂みでパンティを脱ぐ所も見られていたそうです。

彼は、私のペニスを触りながら質問をしてきました。

そして、どこか行くと聞かれたのですが、首を横に振ると・・・「じゃあ、なにがしたい?」と聞かれたので、恥ずかしかったのですがカバンの中身を見せました。

そして、自分は男性は始めてで、人に見てもらう事が好きだと告白すると、公園の奥に連れて行かれました。

少し暗い所で、私はペニスを握られました。

彼は、私のをしごきながらカバンの中の浣腸をだしました。

それを私に渡して、開けさせました。

その浣腸を2個ともペニスをしごかれながら入れられてしまいました。

浣腸には慣れているつもりだったのですが、すぐに出したくなりました。

彼は、私を歩かせて公園のトイレに連れて行き、男子トイレの小便の便器の中に出すように言われました。

わたしは、なんだか興奮していて命令を聞きました。

すごくいっぱい出ましたが、おしっこは勃起していたためにほとんど出ませんでした。

そのあと、彼に私がお尻をきれいに拭いているところを見られました。

そして、トイレをでて彼が私のお尻の穴を触り始めました。

そのとき、彼にお願いをしてベビーローションをお尻の穴の中に入れるように頼みました。

彼はやさしくローションを入れてくれました。

冷たいものが中に入ってきました。

そのあと、彼がすぐに指を入れてきました。

彼は自分のペニスを出し舐めるように言われ、私は一生懸命に彼のペニスを舐めました。

なんだか、もう何もかもが変になったようで彼のものを一生懸命に舐めました。

彼は、私の口の中に出してしまい、少し飲んでしまいました。

すごく濃かったと思います。

そのあと、彼にコンドームを付けてもらおうと思っていたのですが、気が動転していてそのままお尻の穴に入れられてしまいました。

普段からお尻に指を入れてオナニーしているのとローションのおかげで痛くなく、すごく気持ちよくてペニスを触られていないのに、お尻に入れられているだけで精液を漏らしてしまいました。

彼の腰の振り方が急になってきて、さらに彼が入れながら私のペニスをしごいてくれました。

わたしはすごく興奮していて、ペニスは硬いままでした。

そして、私が2回目に行った後、彼も私の中で出しました。

私は自分がイッたときに自分のお尻の穴がヒクヒクするのがわかって、すごくHな気分になっていました。

終わった後、地面に膝を突いて座り込んでしまいました。

ローションのせいで、ストッキングが汚れてしまい、その場で脱ぎ捨てました。

パンティもどこかで無くしてしまいました。

彼にお尻をきれいに拭いてもらい、彼とは日曜日に会う約束をして、彼の電話番号を教えてもらい、その日は家に帰りました。

その日はなんだかボーっとしていて、電車に乗っているとお尻の穴からなにか出てきました。

たぶん、彼の精液だと思うとすごくHな気分になってしまいました。

足の間に流れていきました。おそらく、電車の私の後ろ側に座っていた人には見えたはずです。

また、見えていると思うとすごく興奮してしまい、カバンをペニスに一生懸命にあてて我慢していました。

家の近くに駅について、すぐに駅の女子トイレに入りました。

そして、足元を見てみると精液がいっぱい出ていました。

そこで、もう一度オナニーをして家に帰りました。

・FC2BlogRankingでこの続きを探す
・オリジナルの体験談一覧(姉妹ブログも含む)
関連記事
・友人夫婦と食事をしてたら、アレのサイズの話になって4
・パートに出て綺麗になった妻と、お客さんの裏垢男2
・久しぶりに妻と温泉宿に行ったら、イケメン二人に声をかけられたー完ー
・姉さん女房の涼子と、調子の良い私の部下2
・ツーリングに行ったら、道の駅で男の娘に話しかけられたー完ー
・妻が意外に乗り気で寝取られプレイに同意してくれました(kindle)
・事故で半身不随になった私と、いつも優しい年下の妻



電子書籍です

新作出版です

本を書きました

新刊です

本を書きました

本を書きました

本を書きました

ハード系です

カテゴリ

kindle 電子書籍出版情報

電子書籍出しました

2話収録です

2話収録です

2話収録です

ハード系です

新作です

新作です

新刊です

新刊です

バッドエンド



プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読めます。


月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者マガブロ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
2位
アクセスランキングを見る>>

リンク元ランキング