・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品
・このブログのオリジナルコンテンツ一覧
・全記事タイトル一覧

大昔、テレクラでド変態の寝取られ男に超年下彼女の調教を頼まれた

まだ早取りだった頃のテレクラでのことなので、20年位前の話。
思い出すと、今でも下半身が熱くなる思い出。
夏のある日、藤沢のテレクラで獲物を探していた。
ランプが緑色に変わり、
「こんにちは」と話だすと、
「話を聞いて貰えませんか?」と男の声。
なんだよ。おかまか?と思い早々に切ろうと、
「なんですか?」と不満そうに答えたら
「指定した場所で、調教している若い女を抱いてもらえませんか?」というものでした。
 
何か危ない話だったが…少し興味を持つ。
こういった事は長いテレクラ経験の中で、後にも先にもこの1回だけだった。
当然俺は(当時は20代後半)、警戒をしていたのは、相手もわかっている様で、
「調教している女は、いっさい文句をいいませんから、好きに遊んで下さい。ただ、1つだけ条件があります」
そらきた、金か?と当然疑った。
「最初に出すまでを、電話で聞かせて欲しい」
何だその要求は?
Pが立たない老人のエロい妄想か?と思ったが、そんなに歳を取った声にも聞こえない。危ない関係の人間でもなさそうだった。
まぁやる事しか考えていなかったので、取り敢えず話を聞いてみる事にした。
女の自宅に行って欲しいというもので、最寄り駅から自宅までの道程も細かく聞いた。
ただ場所がちょっと遠くて、一度乗り換えをしないと行けない場所だった。
まぁ暇だったので、騙されたつもりで指定された自宅(コーポタイプのアパートの2F)の家だった。
ドア開けて怖い男が出てきたら逃げる積もりでチャイムを鳴らした。
「はーい」と出てきたのは…
髪の毛が緑色に染まったジャージの16歳のB子。
確かに若い女だったが、まさか16とはびっくりした。
Hできるか?と少し不安が…
いかにもHが好きなタイプだったら気兼ねなくハメたけど、ちょっと幼さが残る女だったので躊躇しない訳では無かったが、もうここまで来てしまった手前、やれるところまでやるしか無かった。
通された部屋は自分の部屋かと思いきや、二段ベット。
「妹でもいるの?」って聞いたら、
「お姉ちゃん」といっていた。
家の人間が帰って来る前に、引き上げなくちゃとだけ思った。
ベットに並んで、「じゃ、よろしくね、B子ちゃん」と挨拶した。
「じゃ電話するね」って言うことで、例の男に電話を入れた。
まだ、携帯が無い時代だったので子機だったと思う。
いったいどんな関係の男なのか気になったが、敢えて聞かなかった。
「もしもし、今、会った」
何らや一言二言…「代わってだって」
「はい、もしもし…」
「最初に出すまで、枕元に電話置いておいてください。話す必要は無いので気にしないで抱いて下さい」
俺はついでなんで
「生ハメでもいいの?」と聞いてみたところ、
「構いませんよ」という返事で、更に
「中出しはいいの?」といったら、
「どうぞ、やりたい様にしてください」という。
後にもなって何か言われるのも嫌だなぁと思ったけど、今と違い携帯も無かったので、こちらの素性は全く分かっていなかったので、お言葉に甘える事にした。
肩を抱き寄せてみたものの、電話で聞かれていると思うと中々やりにくいものだと実感。
キスをしてみたら、弱くだけど反応した。
頭が緑だったんで、ヤンキーかバンド関係の女でタバコ臭いかと思ったら、普通だったので拍子抜けした。
おっぱいに手を伸ばしてみると、そんなに大きく無い感じ。
服をまくりブラを見るとまだ幼い感じが…
ブラをずらすと、BとCの間位だろうか、まだ固い青いおっぱいが出てきた。
B子は、感じているのかどうなのか反応がほとんどない。
これじゃ電話先もつまらないだろうとわざと、大きな音をたてておっぱいを吸った。
これでやっと目覚めたって感じになった。
万に手を伸ばしてみると、少し濡れていた。
二段ベットでというのもなんなので、
「ベットないの?」っていったら、
「奥にある」っていう。
電話持って奥へ移動。
いかにも、親のベットという感じ。
何かエッチな気分になる。
そこで、まずFをさせた。
あまり上手くない。
頭を持って奥へのみ込ませるいわゆるディープスロートを強行した。
ゲホゲホってなったが、関係なく頭を押して続けさせた。
ウグウグッてなんたけど、嫌がらなかった。
で、そのあと、上着を脱がしておっぱいを堪能したのち、いよいよ万とご対面。
赤いというか、まだ使い込んでないものだった。
入るかな?
そんな感じだった。
びちょびちょじゃなかったけど、濡れていたのでそのまま生で入れさせて貰った。
「うーっ」
少し苦しいそうだった。
俺のは少し大きいPだったから、苦しいのかもしれなかったけど関係無く腰を降った。
やっぱり10代の体はピチピチだなぁと感じながらズコズコ…
一瞬どうするか考えたが、中出しも良いと言われていたのでラストスパートで、たっぷり万に中出しさせて貰った。
妊娠はしないよな?って少し気になったが気持ち良さが上回り、テイッシで拭いてあげた後、
「もう一回ハメでもいい?」ときいたら、
「いいよ」って。
で、電話は切らせてやっと安心してはげめる事に。
若い体を堪能したくて、今度はバックで突きまくった。
で、段々気持ち良くなって来た。
バックから腰を振っていると、アナルがやらしく見える。
経験はないんだけど、この時やってみたくなった。
「アナルに入れてもいい?」
「いいよ」って。
「やったことあるの?」
「無いよ」
普通なら躊躇するところだが、もうエンジン全開状態だったので止める事が出来なかった。
一応、唾液をPと万に付けて突撃。
何とも言えない反動があって中々進まない。
何かチャレンジしてみると、正にプチッって感じで亀頭部分が入った。
「痛いーっ」
「もう少し我慢して」って鬼畜の言葉に無言になる。
で、鬼畜の俺はそのあとグサッと奥まで入れた。
入り口周辺は、万とは違うキツイ締め付けを感じたが、意外というか、奥は抵抗の無いホールといった感じで、正直こんなものなのか?という印象だった。
でも興奮している俺は、そのまま出す事を目的に振りまくった。
で、発射‼︎
万とは違うもんだなぁと思いながら、ズボッと抜いた。
ウンがついていたら、それも嫌だなぁと思っていたら、意外な事に綺麗な状態だった。
B子のアナルは泡を吹いた状態で、多少ウンの色に染まり出していたが、ティッシュで拭いてやり、俺はトイレに行き尿を出した後は洗面所で洗浄をした。
その後、服を来た俺は「じゃ帰るね」と、逃げるようにその家を後にした。
その後連絡することも、行くことも無く時が過ぎて行った。
時々思い出すと、あれは夢だったのか、幻だったのかと思う。
今考えると、とんでもない鬼畜だったなぁと思う思い出です。

・FC2BlogRankingでこの続きを探す
・オリジナルの体験談一覧(姉妹ブログも含む)
関連記事
・友人夫婦と食事をしてたら、アレのサイズの話になって4
・パートに出て綺麗になった妻と、お客さんの裏垢男2
・久しぶりに妻と温泉宿に行ったら、イケメン二人に声をかけられたー完ー
・姉さん女房の涼子と、調子の良い私の部下2
・ツーリングに行ったら、道の駅で男の娘に話しかけられたー完ー
・妻が意外に乗り気で寝取られプレイに同意してくれました(kindle)
・事故で半身不随になった私と、いつも優しい年下の妻



電子書籍です

新作出版です

本を書きました

新刊です

本を書きました

本を書きました

本を書きました

ハード系です

カテゴリ

kindle 電子書籍出版情報

電子書籍出しました

2話収録です

2話収録です

2話収録です

ハード系です

新作です

新作です

新刊です

新刊です

バッドエンド



プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読めます。


月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者マガブロ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
50位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
4位
アクセスランキングを見る>>

リンク元ランキング