このブログのオリジナルコンテンツ一覧
全記事タイトル一覧
・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品

※部長に弱みを握られた僕は、妻をオモチャにされてしまいました4(転載禁止)

前回の話

美波は、この前の部長とのセックス以来、まるでキャラクターが変わってしまったようになった。部長との関係が始まって以来すっかりとしなくなっていたセックスも、美波の方から誘ってくるようになっていた。
そして、セックスの間中、美波は挑発的な発言をするようになっていた。

『あなた、次はお尻でされちゃうんだって。どうしたら良いのかな? お尻の中綺麗にしないとダメだよね? 今度からは、あなたに浣腸もしてもらった方が良いのかな?』
美波は、そんな事を言いながら僕のペニスをしごいている。

挑発するような顔で僕を見つめる美波に、ドキドキしてしまう。美波は、僕が何も言えないのを気にせず、さらに言葉を続ける。
『お尻で気持ちよくされちゃったら、どうしよう……。あなた、お尻で気持ちよくなっても嫌いにならないでね』
美波は、そんな事を言う。僕は、嫌いになるはずがないと答えた。
『そうだよね。だって、私が気持ちよくなると興奮するんだもんね。あなたが見てる前で、お尻でもイッちゃうね』
美波は、そんな事を言いながらペニスをしごき続ける。僕は、うめくような声を上げながら、そんなのダメだよと言う。

『何がダメなの? だって、さっきから凄く固いよ。興奮してるんでしょ? 私が部長さんにお尻を犯されて感じてる姿を想像して』
美波は、妖艶な笑みを浮かべながら言う。僕は、完全に言葉に詰まってしまった。でも、やっとの思いで、
「美波ちゃんはイヤじゃないの? 部長にお尻を犯されるの、イヤじゃないの?」
と、質問した。
『イヤだって言っても無駄でしょ? どうせ犯されるなら、感じちゃった方が良いでしょ?』
美波は、そんな風に言う。僕は、そんな風に言われてなにも言い返せなくなってしまう。いっそ、もうやめよう……会社を首になっても良いから、もうやめよう……そんな風に言おうとした。でも、僕の考えを読んだように、
『二人の幸せのために、我慢しようね。それに、あなたは興奮して楽しんでくれてるんでしょ? 私も、楽しまないと損だよね』
と、挑発的な顔で言ってきた。僕は、そう言われてしまうと何も言い返すことが出来ずに、ただうなだれながらゴメンねと言うのがやっとだった。

美波は、挑発的な顔のまま僕の乳首を舐めてくる。
『フフ。ここも固い。そんなに興奮してるの? もう、土曜日が待ちきれないって感じなの?』
美波は、そんな事を言いながら僕の乳首を舐めながらの手コキを続ける。あっという間に射精感が高まり、僕はうめくような声を上げるばかりだ。

『フフ。そんなに興奮するんだね。でも、本当はどっちが良いの? お尻を犯されても妊娠しないでしょ? 正君は、私が妊娠した方が喜ぶのかな? 部長さんの子種で妊娠しちゃった方が良いって思ってるのかな?』
と、興奮したような顔で言ってくる。僕は、そんな事があるはずないと言った。
『そうなんだ。でも、ここはそう言ってないよ。さっきから、固くなりすぎて金属みたいになってるよ』
美波は、そんな事を言いながら手コキを続ける。僕は、言い訳出来ない状況にただうなだれる。すると、美波は僕にキスをしてきた。荒々しく突っ込まれる舌、僕は思わずたじろぐ。
『正君って、キス苦手なの? 部長さんのキスと比べると、遠慮しすぎな感じだよね』
美波は、こんな風に部長と僕を比較するようなことを言うようになった。僕は、悔しい気持ちのまま舌を絡ませる。夢中で舌を絡め、荒々しく吸ってみたりもする。

『フフ。必死になってるね。でも、部長さんのキスの方が、男らしくて気持ちいいよ』
美波は、そんな風に言ってイタズラっぽく微笑む。僕は、比較されたことにただただ悔しい気持ちになってしまう。

『あなた、もうイッちゃいそうだよ。早く入れないと、妊娠させられないよ』
美波は、僕の暴発寸前のペニスをしごきながら言う。僕は、必死にイクのをこらえているような状況だ。少しでも気を抜くと、あっけなく射精をしてしまいそうな感覚……。頭の中は、アナルを犯される美波のことでいっぱいだ。

僕は、それでも美波に覆い被さっていく。そして、射精しそうなペニスを掴んで膣口に押しつける。ツルツルに剃り上げられたヘア……。これも、部長の好みだと思うと悔しくて仕方ない。

すると、美波が僕のペニスを掴んでしごき始めた。正常位で入れる寸前の体勢になっているのに、美波は怪しく微笑みながら僕のペニスをしごき続ける。
『本当は、入れるよりも部長のことを聞かされながら手でされる方が気持ち良いんでしょ?』
美波は、そんな事を言いながらしごき続ける。僕は、亀頭の先に膣の感触を感じながらも、手でしごかれるに任せてしまっている。腰を押し込めば、あっけなく挿入出来る……それなのに、それをしない僕。美波は、
『だって、入れても緩くなっちゃったもんね。部長さんのおっきなおチンポで、緩くなっちゃったもんね』
と、聞くに堪えないようなことを言ってくる。でも、僕はその言葉に押されるように、あっけなく射精をしてしまった。
美波の膣周りをドロドロに汚しながら、大量の精液が飛び散っていく。僕は、あまりの快感にうめいてしまっている。

『フフ。また外に出しちゃったね。入り口にかけるだけじゃ、赤ちゃん出来ないよ』
美波は、そんな事を言いながら微笑んでいる。その笑みは、優しいいつもの美波の笑みだ。
『じゃあ、シャワー浴びてくるね。先に寝てても良いよ』
美波はそう言って部屋を出て行った。僕は、情けない気持ちのまま、眠気に勝てずに寝てしまった……。

土曜日になると、美波はいつものように身体にタオルを巻いた格好で、
『あなた、お願いします』
と、言ってきた。でも、これまでの悲壮感のこもった口調ではなく、笑みすら浮かべている。僕は、美波の変化に戸惑いながらも、素直に彼女のヘアを剃り上げていく。
『フフ。大っきくなってるよ。もう興奮してるんだね。もしかして、今までもそうだったの? 全然気がつかなかった』
美波は、脚で軽く僕の股間を踏みながら言う。僕は、思わずうめきながらも、そんな事はないと否定した。

『そうなんだ。でも、今は興奮してるでしょ? もう、出ちゃいそうだよ』
グイグイと脚で踏みながらそんな事を言う美波……。まるで、痴女になってしまったような感じだ。僕の知っている美波は、恥ずかしがりで控えめな女性だった。それが今は、僕の股間を笑顔で踏みながら、挑発的な言葉を口にしている。

僕は、興奮をなんとか抑え込みながらヘアを剃り上げていく。もう、すっかりと慣れてしまったので、あっという間にツルツルのパイパンが出来上がる。ヘアを剃っただけで、より美波が幼く感じる。まるで、少女のような雰囲気に見える。

『じゃあ、今日はこっちも……。恥ずかしけど……お願い』
美波は、そう言って小さな箱を渡してきた。僕は、それを見てドキッとしてしまった。いわゆる、イチジク浣腸だ……。僕は、思わず美波を見た。そして、本気なのかと聞いた。
『うん。だって、綺麗にしておかないと怒られちゃうでしょ? それに、正君も興奮してるでしょ?』
美波は、恥ずかしそうに言う。そして、僕の方にお尻を向けて四つん這いになってしまった。こんなに明るい場所で妻のアナルを見ることになるなんて、夢にも思っていなかった。

綺麗なアナル周り。毛も生えていないし、色素沈着も少ない。僕は、戸惑いながらもイチジク浣腸のキャップを外す。そして、別に用意してあったワセリンを塗ると、ゆっくりと美波のアナルに差し込んでいった。軽い抵抗感を感じるが、ちょっと力を入れただけでするすると入っていく。僕は、行くよと言ってから溶液を絞り始めた。

『うぅ……変な感じ……』
美波は、不安そうに声を上げる。僕は、そのまま容器を絞り上げていく。そして、そのまま全部注入した。

【続きは出典元から】


・FC2BlogRankingでこの続きを探す
・オリジナルの体験談一覧(姉妹ブログも含む)
関連記事
・バイト先のパートの人妻が、エッチな動画を見せてきた4
・部長に弱みを握られた僕は、妻をオモチャにされてしまいました6
・高校生の息子の友人と、親密すぎる嫁 完
・スーパー銭湯でパートしている嫁が、セクハラされていた5
・無精子症の私は、妻の妊娠を巨根の甥に託してみた6
・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品


 

カテゴリ

プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読めます。


月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者マガブロ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
4位
アクセスランキングを見る>>

リンク元ランキング