・【私が書いた電子書籍一覧です】

・このブログのオリジナルコンテンツ一覧

・全記事タイトル一覧

「PR」本ブログはアフィリエイト広告を利用しています

結婚に消極的な彼女の淫らな過去ー完ー(マガブロ 転載禁止).

前回の話

「溢れて来ちゃうの。拭いても拭いても、どんどん溢れちゃう……。拭いてくれる? 夏くんに拭いて貰いたいな」
 可愛らしいミニスカートをまくり上げたまま、恥ずかしそうに言う優奈。そのはにかんだ顔を見ていると、恥ずかしがりの清楚な女の子にしか見えない。

 僕は、動揺しながらもティッシュで優奈の太ももを拭き始めた。ツルツルの秘部、服装も可愛らしいので、とても幼く見える。ロリコンの元彼のために、こうしているのだと思う。

 僕は、膣周りも拭き始めた。陰唇のリングのピアスが南京錠で連結されているので、あまり陰唇を開けない。それでもティッシュが重くなるほどの蜜が拭き取れた。

「ゴメンね、夏くんが見てる前で子作りセックス出来ると思うと、ドキドキして興奮しちゃうの。そうだ、もうピル飲んでないからね。その方が、夏くん喜ぶかなって……」
 優奈は、恥ずかしそうにモジモジと言う。僕は、思わず本当なの? と聞いた。
「うん、本当だよ。楽しんでね。目の前で優奈が元彼に中出しされるの見て、オナニーしても良いよ」
 優奈は、声がすっかりとうわずっている。僕は、焦燥感にまみれながら、安全な日なの? と聞いた。

「違うよ。でも、そこまで危険日でもないよ。どうする? 今からでもピル飲んだ方が良い? あんまり効果ないと思うけど」
 優奈は、僕の事を真っ直ぐに見据えながら聞いてくる。彼女の考えがまったくわからなくなってしまった。一体、どこまでが本気なんだろう? 僕を煽るために言っている? 本当に考えが読めない。

 優奈の考えを読もうと、彼女の顔を見つめる。返事もろくに出来ない。すると、急に笑顔になった。
「なに興奮してるの? フフ、ヘンタイさんだね」
 優奈は、僕の股間を見て楽しそうに笑った。僕の小ぶりなペニスでも、はっきりと盛り上がっているのがわかるくらいに勃起してしまっている。

「そんなに興奮するなら、ピルなしで中出しされた方が良いみたいだね。良いよ、してあげる。夏くんの見てる前で、いっぱい中出しして貰うね」
 優奈は、弾けるような笑顔で言った。そして、家を出た。優奈は、いつも以上に上機嫌だ。僕の手を握って、グイグイ引っ張っていく。

「なんか、ドキドキしちゃうね。夏くんも? ドキドキしてる?」
 優奈は、僕を見つめながら言う。無邪気な笑顔と、小悪魔のような笑みが入り混じっている。僕は、この先のことを考えて怖くなってしまった。

 この先、子供を作ったとき、それが自分の種かどうか確証が持てない気がする。優奈の淫乱は、おそらくこのまま治らないと思う。元彼と会うなと言っても、他の男性と乱れたセックスをするはずだ。

 僕は、メチャクチャドキドキしているよと伝えた。
「夏くん……一つだけ約束して欲しいな。優奈がどんな姿を見せても、嫌いにならないで」
 優奈は、泣きそうな顔で言う。僕は、約束すると言いながらも、どんな姿を見せるつもりなのかとドキドキしている。

「良かった。やめなきゃって思っても、調教始まっちゃうと抑えが効かなくなるから……。でも、夏くんも楽しみにしてくれてるみたいだね」
 優奈は、僕の股間を見て笑った。小ぶりなおかげで、勃起していてもそれほど目立たない。でも、ズボンのファスナーの辺りにシミが出来てしまっている。

 そして、電車に乗ったりしながら移動を続けた。優奈は、本当に可愛らしい姿だ。ロリっぽい格好がとても似合っている。26歳という年齢は、見た目からはわからないと思う。
 でも、無邪気で幼い印象の中に、やたらと色っぽい雰囲気を感じる。
 ふと見ると、太ももまで蜜が溢れている。興奮して快感を感じているみたいだ。それが、まるでフェロモンでも出しているような雰囲気に繋がっている。

「ゴメンね、溢れて来ちゃう。淫乱でゴメンね」
 優奈は、おどけたように謝りながらも移動を続けた。そして、元彼のマンションに到着した。ごく普通の分譲マンションみたいに見える。

 優奈は、合鍵を取り出してオートロックを開ける。合鍵を持たされているなんて、聞いていない……。僕は、ショックを受けながらもマンションに入っていった。
 そこそこ古そうなマンショだが、造りは良い。高いんだろうなと思う。エレベーターに乗ると、優奈はスカートをまくり上げた。

 想像以上に蜜が溢れて、酷いことになっている。ショーツなんて、染みで変色してしまっている。
「ゴメンね、想像しただけでこんなになっちゃうの」
 優奈は、申し訳なさそうに謝った。でも、やっぱりその顔はとろけているようになっていて、この後のことを楽しみにしているようにしか見えない。

 そして、部屋に入った。優奈は、自分の家に上がるようにさっさと上がっていく。僕も、慌てて後を追う。
「初めまして。新田です」
 新田さんは、30半ばくらいの優しそうな男性だった。想像していたよりも、年齢が行っている。けっこうな年の差のカップルだったみたいだ。

 僕も、挨拶と自己紹介をした。優奈の夫ですと自己紹介をするのも、違和感が強かった。元彼……しかも、現在進行形で肉体関係のある元彼にそんな挨拶をしている僕は、あまりにも滑稽だと思う。

「今日は、よろしくお願いします。優奈に聞いてます。楽しんでもらえるように頑張りますね」
 新田さんは、僕には丁寧に話をしてくる。でも、優奈のことを自然と呼び捨てにしている。色々モヤモヤするが、僕はよろしくお願いしますと言ってしまった……。

 優奈は、新田さんの前に立つと、
「溢れてこんなになってるの。ご主人さまのおチンポ欲しくて、溢れてる……」
 と、切なげに言う。思ったよりは、言葉遣いはフランクだ。調教という言葉から、絶対的な主従関係を想像していた。

「見せて」
 新田さんが指示をすると、優奈はすぐにスカートを脱いでしまった。染みで変色したショーツ……南京錠で変な風に出っ張っている。
 優奈は、ショーツもすぐに脱いだ。陰唇のリングに通された南京錠……それも、蜜で濡れている。

「淫乱だね。彼がいるのに、こんなに溢れさせて良いの?」
 新田さんは、言葉責めみたいに言う。
「ダメです……でも、溢れちゃう……。鍵外してください。もう我慢出来ない……おチンポ下さい」
 優奈は、切なげに言う。本当に、もう我慢出来ないという感じだ。すると、彼は鍵を優奈に手渡し、
「彼に外してもらって」
 と指示をした。優奈は、下半身裸のまま僕の前に立つ。そして、鍵を手渡してきた。溢れた蜜……太ももまで垂れた物は、膝の辺りまで濡らしている。

「夏くん……外して」
 声がうわずるのを止められないみたいだ。僕は、鍵を受け取って南京錠を開け始めた。指が触れると、ネチャッとしている。蜜でドロドロだ。
 少し滑るなと思いながら鍵を開け、南京錠を外した。僕との結婚指輪……陰唇に付けるために、一度切断したんだと思う。どうやったのかはわからないが、今は見た目は繋がっている。

 そして、もう一つのリング……新田さんの牝奴隷の証だそうだ。ここだけ見ても、充分に異常だ。やっぱり、ここで立ち止まってやめるべきだと思う。でも、僕はリングから南京錠を外した。

 優奈は、嬉しそうに新田さんの前に戻る。そして、陰唇のリングを掴んで左右に拡げた。タラッと蜜が溢れて床に落ちる。もう、少しも我慢出来ないと思っているようなリアクションだ。

「ハメて下さい。おチンポ欲しい。我慢出来ないよぉ」
 優奈は、焦れきった顔だ。こんな顔を見せられては、僕は敗北感しか感じない。僕がもう少し優奈を感じさせることが出来ていれば、こんな事にはならなかったはずだ。

「まずは、彼としてごらん。どんなセックスしてるのか見てみたい」
 新田さんは、そんな提案をしてきた。優奈は、露骨にガッカリした顔に変わる。そんな顔を見せられては、僕は立場がない……。
「……はい。すぐ代わってくださいね」
 優奈は、そんなことを言いながら僕の前に戻ってきた。そして、僕のズボンとパンツを一気に脱がせてしまう。今にも射精しそうなペニスがあらわになるが、自分でも悲しくなるほどサイズがない……。

「入れるね。我慢しなくて良いよ、いつでもイッて」
 優奈はそんなことを言うと、さっさとまたがってしまった。濡れすぎなほど濡れた膣……まったく抵抗がない感じで、根元まで一気に入ってしまった。
「フフ、カチカチ。出そうだね。良いよ、出して」
 優奈はそう言って腰を動かし始めた。強烈な締まりと、力強い動き。どう考えても、さっさと射精させようとしている。

 僕は、情けない気持ちで優奈を見つめている。優奈は、たいして気持ちよさそうではない。他に気を取られているような感じだ。でも、動きは激しい。
「良いよ、出してね」
 優奈はそんなことを言いながら、シャツの中に手を突っ込んで乳首を触ってきた。さらに快感が増し、余裕がなくなっていく。

「気持ちいい? 私も気持ちよくなるから、ちゃんと見ててね。ご主人さまのすごいんだよ」
 嬉しそうに言う優奈。僕の立場なんてない……。

 それでも僕は、必死で射精を堪えた。せめてもの抵抗だ。でも、巧みな指遣いで乳首を責められ、強烈に膣を締め付けられたことで、あっけなく限界を迎えた。
 すると、優奈はさっと僕の上からどいてペニスをしごいた。むなしく優奈の手で射精をしながら、快感にうめいてしまった……。

「危なかった。夏くんが先に出しちゃったら、意味ないもんね。夏くんも、ハラハラしたいんでしょ? ご主人さまの子種で孕んで欲しいんでしょ?」
 優奈は、楽しそうに微笑んでいる。酷いことを言っているのに、すごく楽しそうだ……優奈のことが怖くなってしまった。

 優奈は、射精した僕にかまわず、さっさと新田さんのところに移動した。そして、一人がけのソファに座る彼のズボンとパンツを脱がしていく。
 ダランとしたままのペニス……優奈のあられもない姿を見ているのに、勃起していない。なんとなく、怒りに似た感情がもたげてきた。

「失礼します。ご奉仕させてください」
 優奈は、そんな風に言うと彼のペニスをくわえ始めた。勃起していなくても、太いペニス……。優奈の頬はギュッとすぼまっている。かなり強く吸引しているみたいだ。そして、フェラチオしながら彼の服も脱がせていく。

 優奈は、フェラチオしながら乳首も指で触り始めた。陰唇に通された二つのリングも揺れている。そして、優奈は睾丸を口に含んで手コキをしている。
 ご奉仕という言葉がピッタリくるような、一生懸命の奉仕だ。新田さんは、とくに気持ちよさそうな感じはない。でも、ペニスは徐々に大きくなってきた。

 輪姦プレイの時の6人の中にも、巨根はいた。新田さんのペニスは、立派だがそこまでの巨根とは言えない感じだ。でも、反り方とカリ首の発達具合が特徴的だ。

「ご主人さまのおチンポ、ハメても良いですか? 優奈の淫乱な牝穴に、入れさせてもらっても良いですか?」
 優奈は、すがりつくように哀願する。本当に、欲しくて仕方ないというのが伝わってくる。

「彼の前で妊娠してごらん」
 新田さんに言われて、すぐに彼にまたがってしまった。一瞬の躊躇もなく、一気に根元まで挿入すると、のけ反るようになりながら身体を震わせた。
「イグゥッ」
 短くうめくように言う優奈。その顔は本当に幸せそうだ。
「妊娠します。夏くんの前で、ご主人さまので孕みます!」
 優奈は、嬉しそうに腰を動かし始めた。僕の目の前で、本気で妊娠しようとしている……この目で見ても、信じられないような行動だ。

「見える? 奥まで入ってるよ。夏くんのが全然届かないところまで、しっかり届いてる。もっと近くで見て」
 優奈は、そんなことを言いながら腰をさらに激しく動かす。僕は、素直に近づいて二人のセックスを間近で見た。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

続きを読む

仲良しのお隣夫婦と、1日パートナーを入れ替えてみたー完ー(マガブロ 転載不可).

前回の話

「ホント、すぐカチカチになる。優子ちゃんのこと大好きなんだね」
 みゆきは、からかうように言いながら涼介のペニスをしごき続ける。涼介は、画面の中の優子を見つめている。優子は、腰を動かしながらあえぎ続けている。

「気持ちいい。本当に気持ちいい。ダメ、好きになる。もっと好きになっちゃう」
 優子は、真剣な顔で真剣な口調で言う。いくらなんでも、一気に気持ちが傾きすぎているのではないか? 涼介は、優子の心の動きに動揺していた。でも、彼もみゆきに好意以上の感情を持っている。


「どうするの? ガチ恋じゃん」
 みゆきは、涼介を煽るように言う。でも、みゆき自身も、健吾がみゆきに恋愛感情を持っていることに不安を感じている。
 涼介は、何も答えることが出来ずに画面を見つめている。優子は、健吾にキスをしながら腰を振っている。本気のキスをしながら、腰を振り続けている。

「良いの? 私達が見てるの知らないのに、あんなセックスしているよ。本気になってるじゃん」
 みゆきは、自分の不安を重ねるように涼介に話を続ける。涼介は、やっぱりなにも言えずに画面を見つめている。不安よりも興奮が大きく、止めに行く事も出来ずにいる。

「ダメぇ、イクっ、イッちゃうっ、一緒にイッて! 愛してますっ!」
 優子は、のけ反るようになりながら叫ぶ。健吾は、その言葉に一気に射精感が高まり、余裕のない顔になる。まだ射精には至らない健吾……優子の腰の動きは加速するばかりだ。

「涼介くんのも爆発しちゃいそう。フフ、美味しそう」
 みゆきは、そう言って彼にまたがった。当たり前のように避妊具なしで騎乗位で繋がると、すぐにキスをしながら腰を動かし始めた。

 画面の中の二人と、同じ事をする二人……倫理観は吹き飛んでしまっているようだ。少しして、健吾が苦しげに、
「出すよ。優子ちゃん、前から好きだったよ」
 と言い始めた。
「私もっ! 抱いて欲しいって思ってたっ!」
 優子もそんな言葉を叫ぶ。その言葉を聞いた途端、涼介は一気に射精をしてしまった。
「あっぁっ、熱い、好きよ、涼介くん、愛してる」
 みゆきは、中に出されながらうめくように言う。以前から、みゆきも涼介に好意を持っていた。身体の相性が抜群だったこともあり、その気持ちも一気に爆発してしまったようだ。

「うぅっ」
 うめきながら射精を始めた健吾。みゆきも、彼にしがみつくようになりながらうめく。そして、むさぼるようにキスを始めた。中に出されながらキスを続ける二人……。

「まだ始まったばかりなのにね。もう、腰抜けそうよ」
 みゆきは、妖艶な笑みを浮かべながら言う。涼介も、まだ土曜日が始まったばかりな事を思い出して苦笑いをした。

「一緒にお風呂入ろっか」
 みゆきは、甘えた声で誘う。涼介も、画面の中でキスを続ける二人を気にしつつも、浴室に向かった。
「涼介くんのこと、ずっと前から良いなって思ってたのよ。可愛いし、真面目そうだし」
 涼介の身体を洗いながら言うみゆき。身体にボディソープを塗り、涼介の身体を身体で洗っている。ソープランドのような状況に、涼介の興奮も高まる。

「フフ、エッチなお店みたいだね。そういうお店は、行ったりするの?」
 みゆきは、涼介に強い興味を持っている。涼介は、素直に行ったことがないと答えた。
「フフ、そうだと思った。大好きよ。健吾、ワイシャツのポケットに、女の子の名刺入れたまま帰ってくるんだもん」
 みゆきは、そんな愚痴をこぼす。

 涼介は話に詰まってしまい、みゆきの男性経験のことを聞いた。
「そんなに多くないわよ。20人は超えてないと思う」
 みゆきの発言に、思わず多いですってと言った涼介。
「そう? みんな、言わないだけよ。優子ちゃんだって、男がほっておくはずないわ」
 みゆきは、煽るように言う。涼介は、急に不安を感じ始めていた。

 涼介と結ばれたときは、確かに優子は処女だった。でも、その後はどうだったのだろう? 浮気はなかったのだろうか? そんな心配で、急にドキドキしている。

「フフ、冗談よ。優子ちゃんは、そんな子じゃないわ」
 みゆきは、そんなことを言う。その言葉に、なんとなくホッとした顔になる涼介。
「私、涼介くんもだけど、優子ちゃんのことも好きなのよね。エッチしても良い?」
 みゆきは、そんな願望を口にした。涼介は、意外な発言にまた固まる。でも、すぐにうなずいた。みゆきと優子のレズプレイを、見てみたいという気持ちが膨らんでいく。

「本当に? じゃあ、合流しちゃおっか。4人で気持ちよくなろ?」
 みゆきは、発情したような顔で言う。涼介は、戸惑いながらもうなずいた。そして、身体を綺麗にすると、服を着て出かける準備をした。でも、みゆきは買い物に付き合ってくれと言い始めた。

 涼介は、少し拍子抜けしながらも、素直に車を出した。みゆきの指示通り車を走らせる。すると、繁華街近くのアダルトショップに着いた。
 DVDショップ併設のグッズ店ではなく、まるごとアダルトグッズのお店。涼介は、驚いてみゆきを見つめている。

「優子ちゃんとするのに、必要な物買わないと」
 そう言って、さっさと店に入っていくみゆき。涼介は、慌てて後を追う。涼介は、初めてのアダルトショップにドキドキしている。
 興味深く周りを見回すと、意外にカップル客が多いことに気がついた。女性一人のお客さんもいる……涼介は、この状況に興奮して勃起し始めていた。

 みゆきは、ロープや拘束具、ペニスバンドやアナルバイブなんかをカゴに入れていく。驚いた顔でそれを見つめる涼介……。
「優子ちゃんとは、アナルセックスはしてないの?」
 みゆきは、周りを気にすることもなく質問した。涼介は、周りの目を気にしながら、
「ないです! したことないです」
 と、小声で答えた。
「あら、そうなの? 後でする? 私のケツマンコ、気持ちいいわよ」
 みゆきは、フェロモンを出しながら言う。涼介だけではなく、周りの男性全員を勃起させそうだ。 

 涼介は、慌ててレジに向かう。そして、会計を終えると、帰宅の途についた。
「可愛い子いたね。あんなに可愛い顔して、凄いバイブ買ってたね」
 みゆきは、興奮させようとしているような話し方だ。実際に、涼介は思い出して興奮していた。どう見ても20歳行くかどうかの美少女が、一人で極太バイブを買っていた。
 涼介は、色々なことを想像して興奮している。
「あんなので、オナニーしてるのかな? 優子ちゃんも、実は持ってたりして。健吾のでいきなり感じるなんて、おかしいもん」
 みゆきは、涼介を煽り続ける。涼介は、その言葉にドキドキしながら興奮を高めていく。みゆきが、こっそりと極太バイブでオナニーをしている……そんな想像をしただけで、息苦しいほどの興奮を感じているようだ。

 涼介は、ロープのことなんかも聞こうとした。でも、車はすでに自宅のすぐ横に来てしまった。
「じゃあ、行こっか」
 みゆきは、躊躇なく自分の家のドアを開けた。そして、黙って入っていった。足音をさせないように、そっと近づいていく。涼介も、同じように後を追った。

 リビングに突入すると、ソファにうつ伏せに突っ伏す優子がいた。優子は、お尻を高く上げたままぐったりしていて、膣からは精液を溢れさせていた。
 涼介は、愛する妻の衝撃的な姿を見て、言葉も失って立ち尽くす。
「ど、どうしたの? あれ、明日までじゃなかったっけ?」
 健吾は、慌てて股間を隠す。でも、大きすぎるペニスは、手では隠しきれない。

 優子は、ぐったりしたまま顔だけ涼介に向けた。
「ゴメンね、いっぱい中に出されてる……見える? 子宮の中までいっぱいだよ」
 優子は、呆けたような顔で言う。涼介は、とめどなく溢れてくる精液に魅入られたようになっていた。

「何回出したの? 私とは一回しか出来ないくせに」
 みゆきがイヤミを言うと、健吾は慌てて謝った。でも、謝りながらも勃起したままだ。
「でも、どうしたの? そっちはしなかったの?」
 健吾は、かなり動揺している。
「したよ。やっぱり、健吾とするより気持ちよかった。いっぱいイカせてもらったよ」
 みゆきは、本当に楽しそうに言う。そして、挑発的だ。

「じゃあ、どうしてここに来たの?」
 健吾は、まったく理由がわからないという顔になっている。
「うん。優子ちゃんとエッチしたいなって」
 みゆきはそう言って、うつ伏せに横たわる優子の膣口に口をくっつけた。そして、派手な音を立ててすすり取り始める。
「うぅあぁ、ダメぇ」
 優子は、まだ身体に力が入らないようだ。

 みゆきは、そのまま優子の秘部を舐めながら健吾の精液をすすり取り、飲み干していく。健吾も涼介も、いきなり始まったみゆきの卑猥な行動に目を奪われている。
「うぅっ、んっ、うぅ、あっ、ンフゥ」
 優子は、吐息とうめき声が入り混じった声を漏らす。あえぎ声をあげることには抵抗があるようだ。そのまま、みゆきは優子を責め続ける。そして、優子はうめきながら身体を小さく震わせた。

 口の周りを精液まみれにしたみゆき……そのまま優子にキスをした。キスをしたと同時に、口の中の精液を流し込み始める。
 優子は、嫌がる様子もなく舌を絡め、精液を口内に受け止め続ける。そして、健吾の精液が行ったりきたりをしながらのキスを続ける。

「んっ、んうぅ」
 みゆきも優子も、気持ちよさそうにうめきながらキスを続ける。お互いの口の周りは精液でドロドロの状態だ。そして、二人とも軽く身体を震わせた。精液まみれのキスに高ぶり、軽くイッた二人……。

「フフ、イッちゃった。優子ちゃんキス好き?」
 みゆきは、妖艶に微笑みながら話しかける。そして、自分も服を脱ぎ始めた。
「みゆきさんのキス、凄いです」
 優子は、トロンとした顔で答える。
「ありがとう。じゃあ、もっと優子ちゃんをいじめちゃうね」
 そう言って、みゆきは優子をロープで縛っていく。亀甲縛りほど本格的ではないが、胸を強調しつつ、上半身が縄で締め付けられるような縛り方だ。

「フフ、可愛い。興奮してるね」
 優子の表情を見て、みゆきは嬉しそうだ。
「ドキドキしちゃいます。こんなのしたことないです」
 優子は、うっとりとした顔でこちらを見つめてくる。みゆきは、嬉しそうに優子を縛り続ける。拘束具で足首と手首を連結すると、強制的に開脚状態になった。

 ロープで縛られ、大きく開脚状態で拘束されている姿を見て、健吾も涼介も強い興奮を感じている。
「丸見えね。フフ、ツルツルにしてあげる」
 みゆきは楽しそうにI字型の安全カミソリを取り出した。そして、シェービングフォームを塗ると、優子のヘアを剃り始める。

「フフ、可愛い。女の子って感じだね」
 みゆきは、心から楽しそうに優子のヘアを剃り上げていく。あっという間にツルツルになってしまった優子のヘア。そこだけ見ると、とても幼い印象だ。

 みゆきは、サイドボードの中から取り出したクリトリス吸引型のバイブを優子のクリトリスに押し当てた。それは、さっきのアダルトショップで購入したものではなく、普段から使っている物だ。

 スイッチを入れると、軽い作動音を響かせ始めた。
「うぅっ、あっ! こ、これ……ヒィ、うぅっ、あっ、アンッ、ダメぇ」
 優子は、未体験の強い快感に軽くパニックになる。みゆきは、嬉しそうにスイッチを操作して吸引力を強くしていく。
「あっ、あっ、あぁあぁっ!」
 優子は、悲鳴のような声になってきた。圧倒的な快感に、優子は腰が完全に浮いてしまっている。手首足首を拘束されているので、抵抗は出来ない。身をよじることも出来ずに、悲鳴を上げ続ける。

「イ、イクっ、イクっ、うぅあああぁっ!」
 優子は、ガクガクと腰を震わせて果てた。あまりにも早く、あっけなくイッてしまった事に、涼介は驚いている。クリトリス吸引型のバイブの威力に、あっけにとられているようだ。
「フフ、イッちゃった。もっとイッて良いわよ」
 みゆきは、そう言って手を離した。それでもバイブは吸い付いたままで、優子のクリトリスを吸い続ける。

「もうダメっ、無理です、あぁっ、外してっ、気持ちよすぎて変になるっ」
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

結婚を控えていた私が、既婚男性のアレにハマってしまいました.

半年前に仕事帰りにナンパされ、ナンパ男について行ったことのない私がまさかついて行ってしまったのが事の発端。

彼:りゅう、27歳。
私:なみ、31歳。

正直、りゅうの見た目が好みだったわけではありませんでした。
でも声と喋る雰囲気が凄く好みだったのです。

続きを読む

玄関には、母の友人だという熟女が立っていました.

大学進学してから、1人暮らしを始めた頃の事。
まだ友達もさほどいないのし、サークルも決まっていなかったのに、いきなりドアのチャイムが鳴って、驚かされた。

一応、ドアの小さな窓から覗くと、小奇麗な熟女が玄関の前に立っていて、スーパーの袋に入れた何かを持っていた。

続きを読む

続きを読む

カテゴリ

kindle 電子書籍出版情報

電子書籍出しました




ハード系です

新作です

新作です

新刊です

新刊です

バッドエンド



プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読めます。
なお、規約の変更などにより、予告なく削除されることがございます。
大変にお手数ですが、webページの保存などをしてください。
※以前購入されたブロマガが削除により購読出来なくなった方は、読めなくなった作品のタイトルをメールにてお知らせ下さい。個別で対応いたします。
netorarezuki@gmail.com

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

現在、VISAカードでの決済がしづらいようです。VISAカードは、アダルト系のサイトでの決済に使えなくなっているようです。楽天カードが年会費無料で、JCBやMasterカードで作れます。すでに楽天カードを持っていても、2枚目をJCBやMasterカードで無料で作れます。

筆者マガブロ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク元ランキング