・【私が書いた電子書籍一覧です】

・このブログのオリジナルコンテンツ一覧

・全記事タイトル一覧

「PR」本ブログはアフィリエイト広告を利用しています

結婚に消極的な彼女の淫らな過去3(マガブロ 転載禁止).

前回の話

 優奈は、本当に中出しされてしまった。あっけないくらいに簡単に、初対面の男性の精液を膣中に受け止めてしまった。恍惚とした顔で身体を震わせながら、僕の事を見つめている。
 僕は、彼女のすぐ近くで正座したまま、結合部を見つめている。こんな風に、男性が射精をするのを間近で見るのも初めてだ。

 射精すると、睾丸があんなに収縮するように動くなんて、想像もしていなかった。それにしても長い射精だ。優奈はのけ反り気味になりながら身体を震わせ続ける。


「出されてるよ、夏くん、中に出されてる」
 優奈は、声を震わせながら言う。僕は、射精したばかりなのに興奮状態のままだ。
「お姉さん、ほら、大好きなおチンポだよ。入れてごらん」
 大学生くらいの男性が、ベッドに仰向けで寝転んだ状態で声をかけた。彼のペニスも、かなりのサイズだ。そそり立って縦に時折揺れている。

「大っきいね。夏くん、比べてみたら? 全然サイズが違うでしょ? ほら、彼の横に寝てみて」
 優奈は、イジワルをするような顔になっている。そんな顔をも可愛いなと思うが、酷い事を言われてしまっている。

 でも、僕は素直に男性の横に寝転がった。僕のペニスも最大限に勃起している。でも、サイズの差は明らかだ。長さも太さも半分くらいに見える。
 こんな風に、わざわざ比較する必要もないくらいに差は歴然だと思う。でも、優奈は楽しそうに男性の上にまたがって腰を下ろしていく。脚を開いてまたがった事で、さっき中に注がれた精液があふれ出す。

 ダラッと垂れてしまった精液は、そのまま若い男性の下腹部に落ちていく。
「フフ、溢れちゃった」
 優奈はイタズラっぽく笑いながら、彼の下腹部に垂れ堕ちた精液をすすり取る。そして、僕に向かって大きく口を開けると、口内にいっぱいになった精液を見せつけてきた。

 僕は、無性にドキドキしていた。元彼に色々な調教を受けていた事はわかっているが、こんな風に目の前で淫乱な姿を見ると、焦燥感が凄い。
 居ても立ってもいられないというのは、こういうことなんだなと思うくらい、強烈な光景だ。

「まだ溢れてくるみたい……ねぇ、受け止めてみて」
 優奈は、そう言って僕のお腹の上あたりで脚を拡げてまたぐ。軽く力を入れるような仕草をすると、すぐに精液が溢れてきた。
 僕は、落ちてくる精液に対して、思わず手を出した。手の平に落ちてきた精液……その熱さに驚いた。そして、臭いも強い。

「こんなに出されちゃった……孕んでないかな?」
 優奈は、僕の事を見つめながら言う。これでは、僕が調教されているみたいだ。優奈は、ドMの牝奴隷だったと言っていた。でも、まるで逆に見える。

 6人の男性に囲まれた状況で、怯む事なく余裕すら感じる。僕は、優奈の知らなかった顔がどんどん出てくる事に、軽く恐怖も感じ始めている。

 すると、優奈は僕の手の平に口を付けてすすり始めた。どう考えてもわざととしか思えない、ズルズルと大きな音を立ててすすっている。
 優奈は、すすり取ったそばから飲み干しているみたいだ。そして、僕の手の平をペロペロと舐めてきた。くすぐったさと快感を感じる。

 優奈は、僕のペニスを握りながら、
「すごく固いよ。私が他の人のザーメン飲むのが、そんなに嬉しいの?」
 と聞いてきた。僕は、思わずゴメンと謝りながら、素直に興奮している事を告げた。
「フフ、ドヘンタイだ。私よりも、ドヘンタイなのかもね」
 優奈は、可愛らしい笑顔で言う。あどけなくて驚くほど可愛らしい顔……でも、内面はビックリするくらいに淫乱で色々な顔を持っている。

「お待たせ。いっぱい出して、夏くんの見てる前で妊娠させてね」
 優奈はそんな事を言うと、彼にまたがって腰を下ろしていく。そして、当たり前のように生ペニスを手で掴んで膣口に導くと、躊躇もなく腰を下ろした。
「んうぅっ、大っきい」
 優奈は、目にハートマークが浮かんでいるような可愛らしい声で言う。そして、そのまま腰を上下に動かし始めた。

「うわ、なんだこれ、メチャ気持ちいい。これ、どうやってるの?」
 男性は、驚いた顔だ。
「大っきなおチンポ入れると、子宮がうずいて勝手に動いちゃうんだ。気持ちいい? いつでも出して良いからね」
 優奈はそう言って腰を動かし続ける。男性は、本当に気持ちよさそうにうめきながら、優奈の事を見つめている。

 優奈とのセックスが最高なのはわかっているが、勝手に膣中が動くというのは経験していない。そんな事があるのだろうか? と思うが、男性のリアクションを見ていると事実なのだと思う。

 僕のペニスが小さいから、優奈の膣が反応しなかった……そういうことだと思う。

 他の男性達も、優奈を取り囲む。ペニスを握らせたり、胸を揉みしだいたり、ペニスをくわえさせてしまった。優奈は、両手でそれぞれのペニスをしごきながら、フェラチオまでしている。
 こんなに同時に出来る事に驚かされてしまうが、どう考えても初めてではないんだろうなとわかる。本当に、元彼の前で輪姦プレイをさせられていたんだなと実感した。

 さすがに6人一度には対応出来ていないが、残った二人もペニスを緩くしごいている。そのペニスも、大きくてカリ首が張り出している。
 どうやって、こんなにも巨根の男性ばかりを集める事が出来たのだろう? そして、優奈の巨根好きにも驚かされる。小柄な優奈にとっては、彼らのペニスは大きすぎるはずだ……。

「んっ、うぅっ、ンふぅっ、ふぅ~~っ」
 優奈は、ペニスをくわえたまま発情した牝ネコのようにうめく。男性達は興奮した顔で思い思いに優奈の事をオモチャにし続ける。あぶれていた男性も、優奈の足の指を舐めたりし始めた。

ほとんど6人全員が何かしらの形で参加している。7Pなんて、アダルトビデオビデオですら見た事がない。優奈は、こんな異常なプレイを慣れた動きで続けている。
 僕は、ふと結婚して本当に良かったのかな? と、思ってしまった。後悔なんて感じた事もなかったが、目の前の優奈の姿を見てそんな考えがよぎる……。

「ヤバ、もう出る。優奈ちゃん、妊娠してね」
 またがられている男性は、余裕のない声をあげ始めた。優奈の本名まで知られている事に危機感を感じながらも、中出しされようとしている優奈を見て興奮が収まらない。
 いきり立ったペニスが、縦に揺れるように動いてしまう。
「イッてっ! 夏くん、見ててっ! 夏くんじゃないので妊娠するの見ててっ!」
 優奈は、興奮しきった顔で叫ぶように言う。そして、男性はあっけなく射精をしてしまった。

「うぅああっ、夏くん、見てっ! いま受精するからっ!」
 優奈は、のけ反り気味で腰回りをガクガク震わせる。早漏気味の射精でも、充分に感じる事が出来たみたいだ。
「フフ、夏くんの、出ちゃいそう。なんか、白いのも出てるよ。漏れちゃった?」
 優奈は、中出しされて恍惚の顔のまま僕のペニスを見ている。確かに、僕のペニスからは少しだけ精液が漏れている。しごいてもいないペニスから、精液が漏れ出す……そんな事があるんだなと驚いてしまった。

「じゃあ、交代して比較しないとね。いまハメるね」
 そう言って、男性の上から移動してきた。でも、比較してくれなんて、僕が言ったわけでもなんでもない。優奈はすぐに僕にまたがると、腰を下ろして挿入してしまった。

 優奈の膣中は、いつもとまったく違う状態だった。入れたそばから膣全体がうごめいているような感覚になった。断続的に収縮するような感覚……入れただけなのに、強制的に射精させられそうな感じだ。
「フフ、ザーメン溢れてきてる。ねぇ、掻き出さないと本当に孕んじゃうよ? 頑張って」
 優奈は、心から楽しそうだ。僕は、言われてすぐに腰を動かし始めた。突き上げるように動かした。すると、精液が溢れ出てくるのがわかる。

「夏くん、頑張って。夏くんの小っちゃいおチンポでも、けっこう掻き出せてるよ」
 優奈は、酷い事ばかり言う。でも、悪意は感じない。不思議な感覚だ……。

 僕は、夢中で腰を動かした。でも、優奈はあえぐ事もなく煽るような事ばかりを言ってくる。そして、僕もあっけなく限界が来た。いつも早漏な僕だが、いつも以上に早い。さっき射精をしたのに、関係なく限界が来てしまった。

「アンッ、もう出ちゃったの? 夏くんのって、細いのにすぐイッちゃうんだね。あんまり刺激されてないでしょ? 私も、ほとんど刺激感じてないもん。それでも、こんなに早くイッちゃうんだね」
 優奈は、イジワルを言いながらも嬉しそうだ。
「夏くんので妊娠出来てると良いな」
 優奈は、そんな事を言ってくれる。でも、すぐに男性の一人が優奈を抱えるようにして僕から引き剥がした。

「じゃあ、旦那さんのザーメン、俺が全部掻き出して妊娠させるよ」
 そう言って、30歳くらいの男性が優奈をバックで犯し始めた。
「気持ちいいっ、おチンポ固いよ。すごく固い。こんなに固いの初めてっ!」
 優奈は、バックから激しく突かれながら叫ぶ。今日のリアクションの中で、一番激しいリアクションだ。本当に気持ちよくて仕方ないというのが伝わってくる。

 6人とも巨根で、見る限り固そうだ。それでも、固さには差があるのだろうか? 固さの違いで気持ちよさも違うのだろうか?

 優奈はとろけきった顔であえぎながら、お尻をさらに突き出すようにしている。こんな仕草をされたら、男としては最高なんだろうなと思う。

「イグッ、イグッ、オマンコイグッ、んおぉっ、おぉおぉっ、イグゥッ!」
 優奈は、かなり激しく感じている。こんなに感じるなんて、想像以上だ。男性は、スパートをかけている。激しいピストンが続く。

 優奈は、頭をブンブン振り、髪を振り乱しながらあえいでいる。
「もっとっ! 夏くんの劣勢精子、全部掻き出してっ! 素敵なおチンポで孕みたいの……大っきくてガチガチのおチンポで、妊娠アクメしたいのっ」
 優奈は、もう本気で言っているようにしか思えない。あくまでプレイとして……僕を興奮させるために言っていたはずなのに、どうしてこんな事になってしまったのだろう?

「ほらほら、もっとケツ突き出せって。奥までいじめてやるよ」
 この男性は、かなりサディスティックだ。
「いじめて下さい。優奈のオマンコ、大っきなおチンポで目茶苦茶にいじめて下さい」
 優奈は、急にM奴隷モードに変わった。もう、どれが本当の彼女なのかわからなくなってしまう。
「エロいね。ホント、ド淫乱だ」
 男性は、小馬鹿にしたように言いながら腰を動かし続ける。

 ピストンされるたびに、漏れ出す精液……。僕の種で妊娠する可能性は、どんどん低くなるようだ。でも、そもそも今日は危険日ではない。
 妊娠する可能性は、さほど高くないはずだ。それでも優奈が他の男に生でハメられていると思うと、嫉妬と危機感で居ても立ってもいられなくなる。

「もっと締まってきた。旦那と話すと興奮するんだ。マジでどうしようもないドヘンタイだね」
男性は、あきれ顔で言う。
「そうなの。淫乱な牝豚を、もっとしつけてくださいっ」
 優奈は顔をトロトロにとろけさせながら叫ぶ。優奈は、太ももまで精液を垂れ流しながらあえぎっぱなしだ。

 まだ、部屋に入ってそれほど時間が経っているわけではない。それなのに、優奈はもう中に出されているし、飲精もしてしまっている。
 今さら過去に嫉妬しても仕方ないが、元彼が優奈をいいように調教していたと思うと悔しくて仕方ない。

 バックで犯され続ける優奈……。他の5人もペニスをくわえさせたり胸を荒々しく揉んだりし始めた。優奈は、こんな風に酷いことをされるとより快感が増すようだ。

 すると、バックで優奈を犯している男性が、親指を優奈のアナルにねじ込もうとし始めた。
「んうぅっ、ダメぇ、お尻はダメぇ」

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

夫には言えない私のブルマ露出.

30歳、子供が一人いる人妻です。
そんな玲奈には、主人は知らない性癖があります。
露出です。
子供は8歳、学校に言っている間にしています。

続きを読む

仲良しのお隣夫婦と、1日パートナーを入れ替えてみた4(マガブロ 転載不可).

前回の話

 パートナーを交換しての1日を終え、涼介と優子は力関係が少し変わった。どちらかというと涼介に従うタイプだった優子は、涼介がウソをついていたことをきっかけに涼介に強目の態度を取ることが増えた。
 涼介も、みゆきと最後までしてしまった負い目から、弱気な態度を取るようになった。

 健吾とみゆきに関しては、力関係の変化はなかったが、セックスの仕方が大きく変わっていた。みゆきが涼介とのセックスのことを話しながら、健吾をいじめるようにセックスをするようになっていた。
 健吾は、みゆきが涼介と最後までしてしまったことに裏切られた気持ちになりながらも、いままでに感じたことのない快感を感じるようになっていた。

「ダメじゃん。もっと大きくなったよ。ちょっと、痛いかも……」
 みゆきは、興奮した顔で腰を振る健吾に、少し顔をしかめながら言う。
「ゴ、ゴメン……なんか興奮しちゃって」
 健吾は、慌てて腰の動きを止めた。彼の巨根は、みゆきの狭膣にずっぽりとはまり込んでいる。目一杯拡げられたようになっている膣は、見るからにギリギリな状態だ。

「そんなに興奮するの? 私が涼介くんと生ハメしちゃったことに?」
 みゆきは、妖艶に微笑みながら言う。健吾は嫉妬した顔で、
「そんなに気持ちよかったの? ちょうど良い大きさだったの?」
 と聞いた。すでにいままでも何回も聞いたことだ。でも、どうしても聞かずにはいられない気持ちになるようだ。
「すごかったよ。大きさがちょうど良いだけじゃなくて、すごく固かった。いまの健吾のよりカチカチだったよ。それが、気持ちいいところに当たりっぱなしになるの」
 みゆきは、うっとりとした顔で言う。

「で、でも、奥には届かないんでしょ?」
「うん。でも、私は奥は痛いだけだから」
 みゆきは、にべもなく答える。実際、みゆきにとっては奥に当てられると苦しいだけだ。巨根信仰のアダルトビデオや漫画では、奥に当たると気持ちよくて狂う……そんな描写は多い。でも、実際には痛みを感じる女性がほとんどだ。

「うぅ……彼とする方が気持ちいいってこと?」
「うん。全然気持ちいい」
 みゆきは、からかうように言った。健吾は、嫉妬したまま腰を動かし始める。
「興奮しすぎだよ。あんまり奥まで入れないで……痛いから」
 みゆきは、いじめっ子の顔で言う。健吾は、浅いピストンを繰り返しながら、
「そんなに気持ちいいの? 俺のより、気持ちいいの?」
 と、嫉妬まみれの顔で聞いた。
「うん。全然気持ちよかった」
 みゆきに笑顔で言われ、健吾は強い興奮の中、射精を始めた。

「アンッ、フフ、早いね。興奮しすぎだよ~」
 みゆきは、妙に嬉しそうだ。こんな風に、健吾が嫉妬と独占欲を見せることが嬉しいようだ。健吾はペニスを引き抜くと、コンドームを外して処理をした。

 普段、健吾とみゆきは安全な日は生でする事が多い。二人目を作っても良いと思っているし、みゆきの生理は比較的安定している。
 それでも最近では、みゆきは必ずコンドームをつけさせる。そして、涼介には生でハメせて中にまで出させたことを言いながら、健吾を嫉妬させる。
 みゆきは、嫉妬して燃え上がる健吾を見て、幸せを感じているようだ。

 そして、涼介達が健吾の家に遊びに来た。ただ、子供達もいるのでごく普通の食事会の形だ。際どい会話もなく、いつも通りの子供達がメインの会話が続く。

 ただ、今日は示し合わせたように優子もみゆきもミニスカートだ。真っ白で細い脚の優子と、少し太目で肉感的なみゆきの太もも……涼介も健吾も、チラチラ見ているような状況だ。

 食事が終わり、子供達がテレビゲームを始めた。すると、みゆきが会話を切り替えた。
「次の土曜日、また交換しない? 今度は、泊まりで日曜まででどうかな?」
 みゆきは、母親の顔からオンナの顔に変わっている。その変化を見て、健吾はドキッとしていた。子供を産んで以来、セックスの時ですら母親の顔だった。
 みゆきのこんな顔を見るのは、いつ以来だろう? そんなことを思いながらも、嫉妬もし始めている。

「良いですね。OKです」
 優子が、涼介の意見も聞かずに承諾した。優子の顔も、まるで発情してしまったように上気している。涼介もまた、母親の顔から牝の顔に変わった優子を見て激しい嫉妬を感じていた。

「あら? イヤなのかしら?」
 男性陣の表情を見て、みゆきがからかうように聞く。涼介と健吾は、お互いの顔を見て困った顔になっている。すると、また示し合わせたように、優子とみゆきがお互いの夫の股間を握った。
「カチカチだね」
「興奮してるじゃん」
 そんなことを言われ、二人とも慌てて手を振りほどいた。

 結局、女性陣に圧されるように土曜日の企画は決定した。その夜、涼介も健吾も妻を抱こうとした。嫉妬と興奮で、収まりがつかなくなったせいだ。
 ただ、これも示し合わせたように、
「ダメ、週末までエッチ禁止だよ」
「優子ちゃんにいっぱい出してあげないと。貯めとかないとダメよ」
 と、拒否をしてしまった。肩を落とす二人だったが、素直に従った。力関係に、また変化が訪れたようだ。

 週末、実家に子供達を預けた足で、そのまま優子もみゆきも相手の家に行った。出迎えた涼介に、いきなり抱きついてキスを始めたみゆき……。
 涼介は、戸惑いながらもすぐに火がつき、舌を絡めてキスを始めた。玄関で、お隣の奥さんとキスをしている……そんな背徳感に、涼介はドキドキが止まらない。

 みゆきは、卑猥に舌を使いながら涼介のペニスをズボンごと握ってしごく。二人のキスは、さらに熱を帯びていく。
「ドキドキしちゃう。あれから、ずっとしたいって思ってた。涼介くんと、セックスしたいって思ってた」
 みゆきは、熱を込めて言う。実際、みゆきは今日のことをずっと楽しみにしていた。

 みゆきは、ひざまずいて彼のズボンとパンツを降ろしていく。そして、あっという間に剥き出しになったペニスを見て、
「涼介くんも、楽しみにしてたんだね。もう、出ちゃいそうじゃん」
 と微笑んだ。そして、嬉しそうに彼のペニスをくわえた。涼介は、うめきながら見下ろしている。みゆきの舌は、生き物のように絡みついている。

 優子と違い、経験豊富なみゆき……フェラチオも上手だ。涼介は、すでに射精感が増していることに戸惑いながら、みゆきの舌技を堪能している。

 みゆきは、フェラチオしながらスカートの中に手を差し込んだ。クリトリスをまさぐりながら、夢中でフェラチオを続ける。
 甘いうめき声……涼介は、オナニーまで始めたみゆきを見て、強い興奮を感じている。そして、射精を堪えているような状況だ。

 みゆきも、興奮しきった気持ちでフェラチオを続けている。スカートの中に差し込んだ指は、ショーツをずらして膣に入れられている。かき混ぜるように激しく動かしながら、みゆきもイク寸前だ。
 夫のものとは違う、カチカチにいきり立ったペニス……それが、口の中にあるという事実に、どうしようもないほど強い興奮を感じてしまうようだ。

「もう、出そうです……」
 涼介は、まったく余裕のない声で言う。
「良いよ、飲んであげる」
 みゆきは興奮した顔で言うと、スパートをかけたように頭を激しく振る。涼介は、ほとんど堪えることも出来ずに射精を始めた。

「ん~~っ」
 うめきながら射精を受け止めるみゆき。その瞬間に、身体を大きく跳ねさせて果てた。荒い息遣いで、みゆきを見つめる涼介。興奮はまったく収まらないようだ。

 みゆきは、涼介の顔の前に自分の顔を持っていく。そして、口を大きく開けて中を見せた。みゆきの口の中には、溢れそうな程の精液が湛えられている。

 みゆきは、イタズラっぽい目で涼介を見つめている。涼介の興奮した顔を見て、母性をくすぐられるような気持ちも感じているようだ。

 そして、みゆきは口を閉じて精液を飲み干した。喉に絡みついてくる独特の感触……みゆきは、ゾクゾクした快感と興奮を感じながら、涼介の顔を見つめている。
「フフ、ごちそうさま。いっぱい出たね」
 みゆきは、無邪気に嬉しそうだ。涼介は、荒い息遣いのままお礼を言った。

「じゃあ、二人のエッチも見ちゃおっか」
 みゆきはそう言って涼介をリビングにいざなう。涼介は、慌ててパンツとズボンを穿くと、リビングに移動した。
 ソファに座り、カバンからタブレットを取り出すみゆき。その顔も、すっかりと興奮している。
「もう、しちゃってるかな?」
 みゆきは、無邪気な子供のような態度をとり続けている。健吾が他の女性とセックスをすることには、それほど抵抗は感じていないようだ。

 涼介は、ドキドキしすぎて貧血気味になってきている。もしかしたら、もうセックスをしているかもしれない……そう思うだけで、嫉妬で身が焦げそうな気持ちになっているようだ。
「興奮しすぎだよ。そんなに楽しみなの?」
 みゆきは、タブレットを操作しながら楽しそうに言う。涼介の頭の中は、みゆきがすでにセックスをしているイメージでいっぱいだ。
 止めてくれと思いながらも、どうしても画面から目が離せないでいる。そして、タブレットに映像が映った。リビングのソファの上に座っている健吾。
 下半身裸の状態で、いきり立った巨根が映っている。そのすぐ横に優子が座っていて、健吾のペニスに顔を近づけて観察している。

 まだ服を着たままの優子を見て、みゆきが、
「ちょうどこれからってところみたいね。良かったわね」
 と言う。本当に無邪気で楽しそうで、健吾が下半身丸出しでいることにも抵抗は感じていないようだ。

「やっぱり、全然違います。大きさもだけど、ここの形が違う」
 優子は顔を赤くしながら健吾のペニスを触った。カリ首辺りを指でさするように触りながら、じっと観察を続けている。
「どう違う?」
 健吾は、落ち着いた口調で聞く。
「ここの張り出し方が全然違います。こんなに出てないです」
 優子は、物珍しそうに触りながら言う。
「そうなんだ。ここが張り出てた方が、オマンコの中こすれて気持ちいいんじゃないかな?」

 健吾に下品な言葉で言われて、優子は顔を真っ赤にしている。
「フフ、比べられちゃってるね。でも、確かにカリ首は張り出てる方がこすれて気持ちいいわ。でも、大きすぎて奥に当たるから、私には合わないのよね」
 みゆきが解説をする。涼介は、敗北感と劣等感を感じながら画面を見つめる。

「でも、やっぱり大きすぎるかも……ちょっと怖いな」
 優子は、そんなことを言う。もう、入れることが前提になっているような会話だ。涼介は、その会話を聞いてよりドキドキが増す。

「そんなことないと思うけど。でも、痛かったら止めたら良いよ。どうする? まずは僕が攻めようか?」
 健吾は、落ち着いた声で言う。優子は、緊張した顔で、
「私からします。してみたいから」
 優子は恥ずかしそうに言いながらも、健吾にキスをした。唇を押しつけるだけのキス……それでも涼介は強いショックを受けている。

 優子は、すぐに舌を差し込んで大人のキスを始めた。すぐに絡みついてくる健吾の舌……時折絡み合う舌が見え隠れしている。

「優子ちゃんがキスするの、本当に好きなのね。こんなに大っきくしてる」


Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

仲良しのお隣夫婦と、1日パートナーを入れ替えてみた3(マガブロ 転載不可).

前回の話

「あ~あ、出ちゃった。もったいない」
 そう言って、みゆきは涼介の飛び散った精液をすすり取り始めた。まったく躊躇なくそれを飲み干しながら、
「美味しい。でも、したかったな……涼介くんと最後まで」
 と、みゆきは上気した顔で言う。精液を飲んだ事で、かなり興奮しているのがわかる。

 画面の中では、全裸の優子が健吾の上になってフェラチオを続けている。健吾に、すべてをさらけ出しながらフェラチオを続ける姿に、涼介は激しく動揺している。


 健吾は、目の前にある優子の膣やアナルを見つめている。色素沈着がとても少ない、綺麗な秘部だ。健吾は、むしゃぶりつくようにクリトリスを舐め始めた。
「んっ、うぅ~~っ」
 健吾のペニスをくわえながら、うめく優子。健吾の大きなペニスをくわえているので、口はほとんど目一杯拡がっているような状態だ。
 優子も、頭を前後に振るようにしてフェラチオを続ける。涼介は、信じられないという顔でそれを見つめるばかりだ。

「出したのに、固いね。いつもこうなの?」
 みゆきが、涼介のペニスを握りながら聞く。卑猥なランジェリー姿の彼女がペニスを握っていると、まるで風俗嬢やAV女優のような淫らな雰囲気だ。
「そんな事ないよ。でも、今日はなんか固いままなんだ……」
 涼介は、自分自身戸惑っている。いつもは、射精するとすぐに柔らかくなるし、興奮も潮が引いたように綺麗になくなる。
 でも、今の涼介は異常なほどの興奮を保ったままだ。自分の妻が他の男とシックスナインをしている姿を見て、強い興奮を感じているようだ。

「んっ、うぅ~っ、んっ、うぅっ!」
 みゆきは、舐められて激しく感じている。膣周りはさらにドロドロになっていて、みゆきの蜜なのか健吾の唾液なのか判別出来ない状態だ。

 そのまましばらくシックスナインが続き、涼介はひたすら画面を見つめ続ける。すると、みゆきが涼介を押し倒し、彼にまたがるようにしてシックスナインの体勢に移行した。
 慌てる涼介を無視して、そのままペニスをくわえてしまった。涼介は、目の前のみゆきのアソコを目の当たりにし、興奮と罪悪感を感じている。
 綺麗に切りそろえられたヘア。膣周りやアナル周りは全くの無毛だ。剃った形跡もなく、脱毛しているのだろうか? と、涼介は不思議に思っている。

 そして、勃起して包皮から飛び出たクリトリスは、小指大の大きさだ。涼介は、セックスを主張しているようなクリトリスにむしゃぶりついた。
 涼介の舌が触れると、みゆきは大きくうめく。涼介は、みゆきの敏感さにより興奮して舌をでたらめに早く動かしていく。
「んっ、ううぅ~~っ」
 みゆきはめきっぱなしだ。そして、早くも身体を小さく震わせて果てた。

 涼介は、優子との違いにドキドキしている。そして、こんなにリアクションが良いと、嬉しいと思ってもいた。チラッと画面に目を移すと、優子が大きすぎるペニスを頬張ったまま、うめき声をあげて全身に力を入れている。

 見るからに、今にもイカされてしまいそうな姿だ。涼介は、他の男にイカされそうになっている優子を見ながら、射精感が高まるのを感じていた。

 優子はペニスを吐き出し、
「イクっ、イッちゃうっ! ダメぇ、こんなのダメっ!」
 と、必至で何かに耐えるような顔をする。でも、健吾は嬉しそうに舐め続けていく。そして、優子は身体を震わせると、
「イヤァっ!!」
 と叫んで身体を震わせた……。健吾が舐めるのをやめると、グッタリと弱々しくソファに横たわる。
「気持ちよかった?」
 健吾は、口の周りを腕で拭いながら聞く。健吾の口の周りは、ドロドロのグチャグチャに濡れていた。

 涼介は、焦燥感で苦しくなっている。でも、今にも射精しそうだ。みゆきは涼介の上から離れ、横に座った。
「イカされちゃったね。あれは、浮気になるんじゃない?」
 みゆきは、まとわりつくような、煽るような言い方をしている。そして、妖艶な笑みを浮かべたまま涼介のペニスを指で弄び始めた。
 涼介は、射精するほどではないが、強い快感を感じている。画面の中では、恥ずかしそうにモジモジする優子が映っている。
 そんな媚びたような仕草をする優子を見て、涼介はさらに焦燥感で身を焦がしていた。

「気持ちよかったです……健吾さん、上手ですね」
 優子は、腕で胸を隠しながら言う。今さらだと思うが、そんな風に恥じらう姿を見せている。健吾は、恥じらう優子を見て新鮮な興奮を感じている。
 みゆきは、こんな風に恥じらう事はない。比較してはいけないと思いながらも、健吾は色々な面で二人を比較していた。

「そんな事ないよ。でも、優子ちゃん敏感だね。クリトリス舐められるの好きでしょ」
「そ、それは……好きです」
 優子は、顔を赤くしながら言う。
「涼介くんにはしてもらわないの?」
「恥ずかしいです……」
 優子ははにかむように言う。
「して欲しい事は、もっと言わないとダメだよ。夫婦なんだから、隠し事はなしにしないと」
 健吾は、優しい顔で言う。

「でも……ヘンタイって思われたら恥ずかしいもん」
 優子は、打ち解けた雰囲気だ。シックスナインをした事で、急速に二人の距離が縮まったように見える。
 涼介は、そんな優子の態度に危機感をあらわにする。
「なんか、良い雰囲気だね。最後まで行っちゃいそう」
 みゆきは、楽しそうに言う。自分の夫が他の女性と肉体関係を持とうとしているのに、嫌がる気配もない。

 涼介は、良いんですか? と聞いた。嫌じゃないですかとも聞いている。
「嫌じゃないわよ。優子ちゃんなら全然OKよ。それに、私も涼介くんとエッチしたいって思ってるから」
 そう言って、みゆきはキスをした。舌が飛び込んできて、涼介の舌に絡みつく。涼介は、キスをしながらペニスをしごかれ、興奮がさらに高まった。

 涼介は、舌を絡めながらもどうしても画面から目が離せない。画面の中では、二人もキスをしている。優子は嫌がるどころか積極的に舌を使っているようで、二人の興奮した息遣いが響いてきている。

「どうする? 続ける?」
 健吾は、優しく聞く。優子は、
「……ダメだよ。手だけって約束だったから。もう、破っちゃったけど……」
 と、今さら罪悪感を感じているような顔になった。
「そっか、残念。そろそろ帰る? 向こうも、帰ってきてる頃じゃないかな?」
 健吾は、あっさりと諦めた。すると、優子がモジモジと恥ずかしそうに、
「でも、健吾さんまだイッてないでしょ? 私ばっかり申し訳ないもん……」
 と言って、彼のペニスを再びくわえてしまった。そして、頭を前後に振りながらフェラチオをする。さっきとは違い、動きが力強い。射精をさせようという意思が見えるようなやり方だ。

「あぁ、ヤバい、メチャ上手じゃん」
 健吾は、少し余裕がなくなっている。涼介は、興奮しきった顔で画面を見つめている。みゆきは、そんな涼介にいきなりまたがってしまった。
 熱い肉に包み込まれる感触……涼介は、慌てて秘部を見た。みゆきの膣に、避妊具も何も付けていないペニスが入ってしまっている。
「マ、マズいですって!」
 大慌ての涼介。セックスをしてしまった事よりも、避妊をしていない事に動揺しているようだ。
「フフ、カチカチ。気持ちいいわ」
 みゆきは、かまわずに腰を動かし始めた。
「あっ、アンッ、気持ちいい。涼介くんの、ちょうど良いところに当たるわ」
 みゆきは、本当に気持ちよさそうにあえぐ。演技をしているとか、場を盛り上げようとしている感じではなく、本当に気持ちよさそうだ。

「コンドーム付けてないです。妊娠しちゃいますって!」
 涼介は、慌てて言いながらみゆきを持ち上げようとする。でも、みゆきはかまわずに腰を動かしながら、
「大丈夫よ。今日は平気だから」
 と言う。涼介は、ダメと言いながらも絡みついてくるヒダの感触に、腰が浮くほどの快感を感じていた。

「本当に気持ちいいわよ。当たってる。気持ちいいところにずっと当たってる。んっ、フゥ、あっ、アンッ、カチカチ」
 みゆきは嬉しそうにあえぐ。涼介は、
「健吾さんと比べると、かなり小さいですけど気持ちいいんですか?」
 と、劣等感を感じながら質問した。
「健吾のは大きすぎて、私のじゃちょっと痛い時あるんだ。私の膣、小っちゃいみたいなの」
 みゆきは、そんな返答をした。涼介は、それで理解した。あまりにもみゆきの膣は締め付けが強く、搾り取られるような感触が強い事を。

「痛いんだ……でも、気持ちいいんでしょ?」
 涼介は、釈然としない感じだ。涼介のイメージでは、ペニスは大きければ大きいほど気持ちいいと思っているようだ。
「気持ちいいけど、涼介くんの方が気持ちいいわよ。これって、身体の相性の問題だから。大きければ気持ちいいってものでもないのよ」
 みゆきは、そんな説明をした。涼介は、驚いていた。健吾とするよりも気持ちいい? みゆきがそんな事を言った事が信じられないようだ。

「アンッ、うぅっ、気持ちいいっ。このおチンポ、ぴったりだわ」
 みゆきは心から気持ちよさそうにあえぐ。そして、涼介にキスをした。それは、感情がこもったようなキスだ。涼介は、舌が絡みついてくる事でより快感が増すのを感じていた。

 涼介は、まさか最後までする事になるとは思っていなかった。しかも、避妊具なしでお隣の奥さんとセックスをするなんて、想像もした事がなかった。

 みゆきの腰の動きは、なまめかしくて力強いものだった。くねらせるように、こすりつけるように動かしながら、どんどん顔がとろけていっている。
 さっきまでの余裕のある大人の女性という態度から、セックスに狂った人妻という顔に変わった。

 涼介は夢中でみゆきとキスをしながらも、画面の中の優子を見つめている。優子は、かなりのスピードで頭を前後に振り、健吾をイカせようと頑張っている。
「気持ちいいよ。目茶苦茶気持ちいい」
 健吾は、嬉しそうに言いながら優しく優子の頭を撫でる。優子は頭を撫でられて、本当に嬉しそうな顔になった。そして、さらにフェラチオのスピードを加速した。

「あぁ、イキそう。優子ちゃん、出ちゃうよ」
 健吾は、少し焦り気味の声だ。優子の口からペニスを抜くような動きをしている。でも、優子はさらにフェラチオを力強くしていく。
「あぁ、出そう。ヤバい、出るよ」
 健吾は、慌てている。優子の口の中に射精する事に、強い抵抗感があるようだ。でも、優子はそのままスパートをかけるように頭を振り続けた。

「あぁ、出る、うぅっ」
 健吾は、申し訳なさそうな顔で射精を始めた。
「ん~~っ」
 優子は、うめきながら射精を受け止める。そして、受け止めながらブルッと小さく身体を震わせた。涼介は、優子が口内射精をされてイッたのを見てしまった……。
 涼介は、強いショックを受けながらも、興奮の絶頂だ。
「涼介くんの、固くなってきた。凄く固いよ……あぁ、ダメ、夢中になっちゃう。本当に気持ちいいわ」 
 みゆきは、のけ反るようになりながらあえぐ。涼介は、さらにキツく締め付けてくるみゆきの膣に、まったく余裕がなくなっている。

「ヤバいです、出そう」
 涼介は、絞り出すように言った。気を抜くと、すぐにでも射精してしまいそうになっているようだ。
「良いよ、出して。出してほしいっ」
 みゆきは、すっかりと興奮してしまっている。そして、腰の動きを加速していく。
「さすがに、無理です! ヤバいですって!」

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

セックスレスの私が、ジムで出会った彼と週一でエッチする仲に.

私は専業主婦をしている35歳のルミです。結婚して10年、子供は2人います。
家が自営業で夫の両親もいるので、家でエッチしたのは新婚時代の数ヶ月だけです。

今は子供もいるから2人だけでホテルにも行けず、ここ数年エッチなしです。
欲求が溜まるけど夫に言えないし、オナニーもできない。

体系も太り気味になってきたのでスポーツジムに通うようになり体系も子供生む前に戻りました。
ジムでエアロビクスなどして動くことが麻薬見たいになり、週に昼、夜と4~5回と行くようになり、友達もできて楽しい日々でした。

続きを読む

乳首やアソコにリングをつけられる家畜以下の私.

「おい奥さん、居るんだろ、今から来い、ああそんな時間は取らせない」
「そんな急に言わないで、お願いご飯の支度もあるの、夕方子供が帰るまでには帰してください」
昨日午後携帯が鳴る、もう携帯が突然なると身体が固まる。

続きを読む

オフ会の人妻は強引に行ったらすぐに蕩けた.

昨年の冬、とある楽器趣味コミュで仲良くなった奴らと泊りがけオフ会することになった。

その中で一番仲がよかった人妻(旦那は出勤でこなかった)がいて、会議室をかりて仲間で演奏会後、廊下で別れるときに、そっと後ろについていって部屋のドアを閉めるときに入り込んで抱いた。

女なんかもう随分抱いてなかったし20も年下(つまり、俺かなりおっさん)のものすごく小柄で、抱きしめたら折れそうなほど華奢な体にはじめから興奮状態。

抵抗されても軽々押さえつけてすき放題に若い体を堪能させてもらった。
前、チャットで男は硬さだろ太さだろいや持久力だみたいなくだらない男の下ネタ入った会話になったときに

続きを読む

妻に短小を馬鹿にされたり、元カレと比べられて興奮しました.

とうとう妻が私の見ている前で他人とSEXしました。

私は短小包茎早漏のマゾでして以前より妻にペニスのことを馬鹿にされたり、結婚する前に付き合っていた彼氏と比べられたりして興奮していました。
そして、私の目の前で他人のペニスを奥まで挿入されて喘ぐ妻の姿を見せ付けられ、終わった後の汚れた所を口で綺麗に掃除したいという願望もずっと持っていました。
私たちは7年ほど前に結婚し、当初は普通にSEXをしようと努力したのですが、妻に扱かれている間やクンニしている時、挿入しようとしているときなどに射精してしまうことが殆どで、なんとか挿入しても動けずに秒発といった具合でして・・・。

続きを読む

外国人の人妻立ちんぼに声をかけられて生でしてしまったら.

川崎には路地裏でいろんな女が立っていたが、おととしの冬のこと。
深夜にレンタルビデオ店にCDを返しにいった帰り、ひとりの女が寒そうに立っていた。

いつもの女たちかな?と思って、金もないし目を合わさないようにして通ると、案の定声をかけてきた。

続きを読む

カテゴリ

kindle 電子書籍出版情報

電子書籍出しました



ハード系です

新作です

新作です

新刊です

新刊です

バッドエンド



プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読めます。
なお、規約の変更などにより、予告なく削除されることがございます。
大変にお手数ですが、webページの保存などをしてください。
※以前購入されたブロマガが削除により購読出来なくなった方は、読めなくなった作品のタイトルをメールにてお知らせ下さい。個別で対応いたします。
netorarezuki@gmail.com

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

現在、VISAカードでの決済がしづらいようです。VISAカードは、アダルト系のサイトでの決済に使えなくなっているようです。楽天カードが年会費無料で、JCBやMasterカードで作れます。すでに楽天カードを持っていても、2枚目をJCBやMasterカードで無料で作れます。

筆者マガブロ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
63位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク元ランキング