・【私が書いた電子書籍一覧です】

・このブログのオリジナルコンテンツ一覧

・全記事タイトル一覧

「PR」本ブログはアフィリエイト広告を利用しています

嫁が元彼とかなり過激なセックスを経験していた完(オリジナル 転載禁止).

前回の話

「フフ、また無駄打ちだね。ホント、すぐ出ちゃうんだから」
 結衣は、パンツの中に射精してしまった俺に小馬鹿にしたような口調で言う。画面の中では、透けたビスチェを身につけた結衣が、バックで激しく犯されている。男性は、結衣の妊娠した大きなお腹を気にすることもなく、全力で腰を動かしている。そして、もう一人も結衣の口にいきり立った巨根をくわえさせた。
 結衣は、とても妊婦とは思えないような扱われ方をしている。でも、結衣の顔は幸せそうだ。本当に気持ちよさそうで、嬉しそうに見える。


 俺は、隣の結衣を見た。そして、平気だったのかと聞いた。
「うん。いっぱいイカせてもらったよ。久しぶりだったから、本当に気持ちよかった。やっぱり、私は回されないとダメみたい。ねぇ、今度はなお君の前で回されたい」
 結衣は、興奮しきった顔で言う。俺は、そう言えば結衣の方から声をかけたの? と聞いた。
「そうだよ。安定期に入ったから、ご主人さまに連絡しちゃったんだ」
 結衣は、ニコニコと楽しそうに答えた。俺は、このまま元彼との関係は終わってくれるものだとばかり思っていた。それなのに、結局結衣は元に戻ってしまった。最近、やっとお腹の中の赤ちゃんに関して、受け入れる気持ちになりつつあった。誰の種で孕んだのかわからないまま、自分の子として受け入れる……そんな覚悟も出来ていた。
 結衣は、結局あっさりと俺を裏切った。それなのに、俺は怒りを感じていない。どうしても興奮の方が上回ってしまう。

 画面の中では、結衣がオモチャになっている。後ろから激しく突かれ、口でも手でもペニスを扱っている。こんなメチャクチャな扱われ方をしているのに、どうして結衣は感じてしまうのだろう? 妊娠しているのに、心配にならないのだろうか? こんなに激しく子宮を刺激されたら、破水してしまいそうに思えてしまう。

 結衣は、イタズラっぽい笑みを浮かべたまま、俺のズボンとパンツを脱がせてきた。あっという間に精液でドロドロのペニスがあらわになる。
「フフ。本当にイッちゃってる。触ってもなかったよね? 興奮しすぎだよ〜」
 結衣は、楽しそうに言いながら俺のペニスを握ってきた。
「まだカチカチだね。出しても固いままなんて、なお君じゃないみたい」
 からかうように言う結衣。俺は、何も言い返せない。何も言えないまま、つい画面を見つめてしまう。結衣は、精液を顔にかけられてドロドロになっている。
 そして、顔にかけられた精液を指で口に集めて飲み干していく。お腹の大きな結衣が、そんな事をしている……。俺は、強すぎる不安を感じながらも、興奮しすぎて呼吸がおかしくなりそうだ。

 画面の中で結衣を犯している男性が、うめきながら射精を始めた。あまりにいきなりの射精……。結衣に、中に出して良いのか確認することもなかった。
 当たり前のように結衣の膣中に精液を注ぎ込む男性……気持ちよさそうな声をあげている。結衣も、中に注ぎ込まれてうめきながら身体を震わせている。
「ダメぇ、赤ちゃん溺れちゃう」
 結衣は、とろけきった顔で言った。すると、すぐに他の男が結衣のアナルにペニスを突き立てた。
「あうぅっ、ケツマンコダメぇ、久しぶりだからキツくなってるの、あぁ、裂けちゃう……ゆっくりして」
 結衣は、泣きそうな声で言う。でも、すでに男性のペニスは、結衣のアナルにあらかた入ってしまっている。まったくほぐす事もなく、いきなり入れてしまった……。それなのに、結衣は痛がっていない。
「メチャしまってる。気持ちいい。ホント、この人妻エロいな」
 結衣のアナルを犯しながら、感心したように言う男性。雑な動きで腰を振り、結衣のことを責め立てる……。本当に酷い状況だ。

「あぁ、ケツマンコイクぅ。気持ちいいのっ! もっと犯してっ! ケツマンコ、ぶっといおチンポでガバガバにしてぇ」
 結衣は、卑猥ではしたない言葉を口にし続ける。これが結衣の本当の姿なんだなと、釈然としないものを感じながらも思った。

 その後も、結衣ははしたない言葉を口しながら、巨根とのセックスを心底楽しんでいるようだ。俺は、横に結衣がいるのに、画面の中の彼女ばかりを見てしまう。
 正直、結衣のことを見るのが怖いと思っていた。目を合わせると、俺のヘンタイな部分を軽蔑されてしまう……。そんな危機感で、まともに彼女を見ることも出来ない。
 すると、結衣の吐息のような声が聞こえた。俺は、慌てて横を見る。結衣は、自分で乳首をまさぐってオナニーを始めていた……。両手の指で、両乳首を強くつねるようにいじっている。
 俺は、何か声をかけるべきか迷いながらも、結局画面に視線を戻した。画面の中では、アナルにペニスを入れられた結衣が、仰向けに寝転がるような体勢にされている。
 そして、もう一人の男性が結衣の膣にペニスを押しつけ始めた。
「む、無理、お腹に赤ちゃんいるのっ! 二本同時はまだ無理!」
 結衣は、泣きそうな顔で叫んでいる。それなのに、男性はそのままペニスを挿入してしまった……。
「うぅあぁっ! ダメぇ、赤ちゃん生まれちゃうぅ」
 結衣は、泣き声だ。でも、その顔はすっかりとろけてしまっている。
「ホントだ。チンポに当たる。破水するかな?」
 男性は、楽しそうに言いながら腰を動かし始めた。
「うぅあっ、あっ、ダメぇ、壊れちゃう、オマンコ壊れるっ」
 結衣は、追い詰められたような声で言う。それなのに、男性は腰を激しく動かし続ける。下になっている男性も、動きを合わせるようにして腰を突き上げ始めた。
 結衣は、叫ぶような声であえぎ続ける。卑猥なランジェリー姿のまま、膣もアナルも貫かれ、妊娠している大きなお腹をものともせずに責め抜かれてしまっている……。
 俺は、信じられないものを見た気持ちになった。そして、恐る恐る結衣の方を見た。すると、結衣は膣に指を二本入れてかき回すようにオナニーをしていた……。
「なお君、あれ凄いんだよ。気持ちよくて、何も考えられなくなるの」
 膣を激しくかき混ぜながら、話しかけてくる結衣……。その表情は快感にとろけているが、それ以上に狂気を帯びているように見えてしまう。

「なお君、こんなに溢れてきたよ。妊娠してるからもう妊娠しないけど、赤ちゃん溺れちゃうね」
 そんな風に言いながら、さらに激しくかき混ぜていく。画面の中では、結衣は膣にもアナルにも当たり前のように中出しをされていて、その度に身体を痙攣させるような勢いで震わせていた。

 アナルに入れていた男性がペニスを抜くと、カメラがそれをアップにする。ぽっかりと穴が空いているようなアナルから、真っ白な精液が溢れ出てくる。俺は、結衣のアソコを凝視した。膣からは、指の動きにあわせて精液がとめどなくあふれてくる。一人二人が注いだ量とは思えないくらいの量に見える。
「なお君、こっちにも出されてるよ」
 結衣はそう言って、四つん這いになった。スカートはまくれ上がり、お尻が丸見えだ。すると、お尻にはプラグが入っていた。
「なお君、抜いて」
 うわずった声でおねだりをする結衣……。俺は、複雑な気持ちのままプラグを摘まんだ。そして、引っ張り始める。でも、強烈に締め付けているのか、動く気配がない。
「うぅあぁ、気持ちいいよ。なお君、もっと強く引っ張って」
 結衣は、膣をかき混ぜながらおねだりをしてくる。俺は、異常な光景に興奮しきった状態になりながら、プラグを必死で引っ張る。すると、ズルズルっとゆっくり抜けていく。
「うぅあぁあぁ、なお君、ダメぇ、イキそう。ケツマンコ気持ちいいのっ」
 結衣は、とろけた声でうめく。お腹の大きな結衣が、四つん這いになっているだけでも違和感がある。ましてや、スカートをまくり上げてアナルに入ったプラグを抜こうとしている光景なんて、まるで現実感がない。

 俺は、強い抵抗感を感じながらも、無理矢理プラグを抜いていく。
「うぅあぁあ、あヒィ、うぅ」
 結衣は、信じられないくらいにとろけた顔をさらす。俺は、そのまま一気に引き抜いた。結衣は、ガクガクッと身体を震わせ、
「うぅああっ、イグぅっ、ケツマンコイグッ」
 と、目を剥くような顔をしながら果てた……。ぽっかりと穴が空いたアナルからは、とめどなく精液が溢れ出てくる。強い臭い……部屋中が、一瞬で精液の青臭い臭いに包まれた。

「なお君……来て。ハメて」
 結衣は、力なく絞り出すように言う。俺は、他人の精液が溢れ出るアナルに、慌ててペニスを押しつけた。他人の精液に触れる……。それは、正直かなり抵抗がある。汚いと思うし、気持ち悪いと感じてしまう。

 でも、俺は一気にペニスを突き入れた。すると、あっさりと根元まで入っていく。
「うぅああっ、なお君、固いッ。おチンポカチカチだよっ」
 結衣は、嬉しそうに卑猥な言葉を叫んだ。俺は、結衣のアナルの感触に、物足りないものを感じてしまう。アナルの入り口はキツいのに、中は空洞みたいな感じだ。カリ首が、まるで刺激されていないように感じる。
 それでも俺は、腰を動かし始めた。
「うぅっ、あっ、アンッ。気持ちいいよ。なお君、アナルだと気持ちよくなれそうだよ」
 結衣は、そんな言葉を口にしながらあえぐ。俺は、馬鹿にされたような気持ちになりながらも、必死で腰を動かし続けた。少しでも感じさせたい……アイツから、取り戻したい……そんな気持ちだ。

 俺は、あまり快感を感じることなく腰を動かし続ける。画面を見ると、結衣は立ちバックの体勢になっていて、男性が後ろからペニスを挿入して激しく腰を振っている。
 結衣は、泣き叫ぶような声であえいでいる。
「もう無理っ! 壊れる、オマンコ壊れるっ! 破水しちゃう。赤ちゃん生まれちゃうっ」
 結衣は、普通の妊婦が口にしないような言葉を口にしながら高まっていく。俺は、もう無理なのかもしれない……と、思い始めていた。俺には、結衣のことを満足させることは無理だ……。

 男性は、ペースを変えることなく腰を激しく動かし続け、無言で膣内射精をした。すると、すぐに男性はペニスを抜き、次の男性が挿入してスパートをかけた。
「アガッ、あうぅ、ヒィ、ああぁっ、もう無理、イッてる、イッてるのにイッてるのっ!」
 結衣は、泣き叫ぶように果てる。でも、男性はペースを変えることなく結衣を犯し続けている。肉がぶつかる大きな音、泣き叫ぶ結衣、男性の荒い息遣い……。どうしてこうなったのだろう? 俺は、今さら後悔していた。もっと、いい終点があったはずだ……。

 男性は、あっけなく結衣の膣中に射精をした。再び身体を痙攣させる結衣……。そして、すぐに男性は交代した。次に挿入した男性も、いきなりスパートの早さで腰を振っている。

「イグイグイグッ! もう無理、死ぬっ、オマンコ死ぬっ、もうダメ、イグ! イグゥ〜〜ッ!! んおっぉおぉっ!」

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

初めて同士で付き合った彼女にオモチャを使っていたら、寝取られた完(オリジナル 転載禁止).

前回の話

 千里は、自分で膣口を拡げながら後部座席に座ってカメラを見つめている。薄いニットには乳首が完全に浮き出ていて、短すぎるスカートはもはや何の役にも立っていない。
 ピンク色の髪の美少女……アニメかと思ってしまう。地味な眼鏡の文学少女……僕が好きになった千里は、そんな女の子だったはずだ。
 秀一さんの好みで、すべて変わってしまった。メイクも教えられ、ピアスも開けられた。着る服も、全部ビッチ系の露出が高いものばかりだ。
 僕は、自分の恋人が他人好みに変えられてしまったことに、どうしても興奮してしまう。嫉妬や焦燥感が、そのまま快感や興奮に変換されるのだと思う……。


「危ない日って、妊娠するって事?」
 男の1人が質問した。不安そうと言うか、驚いているような感じだ。
「そうだよ。妊娠しちゃう日だよ。中に出したら、パパになっちゃうかも」
 千里は、膣口を大きく拡げたまま誘うような顔で言う。ヌラヌラと光っている膣口……すでに濡れすぎなほど濡れている。
「マジか。まぁ、いいや」
 男は一瞬たじろいだが、結局そのまま千里の膣に生ペニスを挿入してしまった。
「おチンポ、大っきい」
 嬉しそうに言う千里。結局、危ない日とわかっているのに避妊なしでセックスをしてしまっている……。
「気持ちいい。メチャ良いオマンコじゃん」
 男性は、気持ちよさそうな声で言いながら腰を動かし始めた。千里を感じさせようと言う感じはなく、ただ自分の射精のためだけに腰を動かしているようなやり方だ。
 それでも、千里はとろけきった顔であえぐ。
「気持ちいいっ! おチンポ大きくて、子宮にガンガン当たってるよ。ねぇ、孕ませたいの? 私のこと、妊娠させちゃうの?」
 千里は、とろけきった顔で言いながらカメラの方を見た。男の1人が、千里のスマホで撮影をしているみたいだ。千里は、撮影している男のペニスをくわえた。上下の口を塞がれ、うめくような声をあげ続けている。

 ワンボックスカーの後部座席で、二人の男とセックスをしている……。もう、浮気セックスをすることに何の罪悪感も感じないようだ……。僕は、千里の手コキでイキそうになってきた。千里が二人がかりで犯されているのに、どうしてこんなに興奮してしまうのだろう?
「なお君の、カチカチになってきたよ。もう出しちゃうの? 出しちゃったら、また秀一さんの家に泊まりだよ?」
 千里は、興奮しきった顔で言う。僕は、千里が何に対して興奮しているのかわからなくなってしまった。僕にヤキモチを焼かせたい……そんな気持ちが大きかったはずだ。
 今の千里は、ただ肉の快楽に流されているようにしか見えない……。僕は、今日こそは千里と一日過ごしたいと思い、必死で射精を堪える。

 画面の中の千里は、興奮しきった顔になっている。口でされている方の男性が、
「ヤバい。出そう。フェラ上手すぎでしょ」
 と、余裕のない声で言う。そんな事を言いながらも、カメラはずっと千里のフェラ顔を撮し続けている。本当に美味しそうにくわえている……。
「フフ。セックスの先生に教えてもらったんだ。いつでも出して良いよ。お口の中なら妊娠しないから。全部飲んであげる」
 千里は、楽しそうに言う。もう、ビッチを演じているのではなく、ビッチになってしまったんだなと思った。
「セックスの先生? なんだそれ」
 男が、意味がわからないという顔で言う。
「うん。結婚する恋人もいるんだけど、おチンポちっちゃいし早漏なんだ。だから、セックスをいっぱいしてくれる先生がいるの。このピアスもピンクの髪も、先生の好みなんだよ」
 千里は、快感にとろけた顔で答える。
「フィアンセがいるのに、セフレがいるって事?」
「違うよ、セフレじゃなくて、セックスの先生だよ」
 千里は、そんな風に答えた。さらに、
「フィアンセがいるのに、セフレなんて作るはずないでしょ?」
 とも言った。
「なんだそれ。セフレはいなくても、ナンパされて生ハメしてるじゃん」
 男は、笑いながら言う。
「だって、なお君喜ぶんだもん。私がビッチになればなるほど、興奮してくれるの。なお君のために、ビッチになってるんだよ。本当は、なお君以外の人とエッチなんてしたくないの」
 千里は、そんな事を言う。でも、言い終わると同時にペニスをくわえて激しいフェラチオを始めた。
「やべーな」
 男は、あきれたように言う。そして、フェラチオされている方の男が、
「あぁ、ダメだ、出る。飲んでっ」
 と言いながら射精を始めてしまった。
「ん〜」
 千里は、うめくような声をあげながら口内射精を受け止める。そして、出されたそばから喉を大きく動かして飲み干していく……。

「フフ。いっぱい出たね。ごちそうさま」
 無邪気に笑う千里……。カメラは、精液を飲み干してしまった千里の口の周りをアップにしている。口の周りはヌラヌラ光っている。他人の精液にまみれた千里の口……僕は、興奮が異常なほどに高まってしまう。でも、射精は必死で堪える……。

「なお君、出ちゃいそうだよ。良いの? また手でイッちゃうの? オマンコに入れないの?」
 千里が、僕のペニスを緩く手コキをしながら質問する。僕は、興奮しきった状態で彼女のスカートをまくり上げた。穴あきの卑猥なショーツ……。
 千里の秘部が丸見えだ。ビッチな行動からは信じられないほど、綺麗な膣周りだ。ビラビラも小さく、色も薄い。ヘアも秀一さんの趣味で剃り上げてしまっているので、より綺麗に見える。

 そして、千里の膣からは何かヒモが出ている。僕は、イヤな予感しかしないまま、千里に聞いた。
「フフ。なお君へのお土産だよ。引っ張ってみて」
 千里は、興奮した顔で言う。僕は、ヒモを摘まんでゆっくりと引き抜き始めた。ググッと、思ったよりも抵抗感がある。でも、スルスルと抜けてきた。

 抜け落ちたのは、やっぱりタンポンだった。生理? と、思う間もなく、千里の膣からはドロッとした白いモノが溢れ出てきた……。
「フフ、お土産だよ。興奮しちゃう?」
 千里は、興奮した顔で聞いてくる。僕は、慌てて避妊のことを質問した。
「ゴメンね、出されちゃったんだ。あっ、ちょうど出されるところだよ。見て!」
 千里が画面を見ながら言う。僕は、すぐに画面に目を向けた。正常位のような体位で犯されている千里……もの凄く気持ちよさそうにあえいでいる。
「おチンポ気持ちいいっ! カチカチになってきたよ。イクの? 危険日マンコに中出ししちゃうの?」
 千里は、興奮しきった声で言う。男性は、
「ヤバいな、メチャクチャ気持ちいい。オマンコうねってるじゃん」
 と、余裕のない声で言う。
「私もイキそうなの。おチンポ気持ちいいのっ。イッちゃう? 子宮にぶっかけちゃう?」
 千里は、興奮しきった声で言いながらカメラを見つめる。
「なお君、中に出されちゃう。危険日なのに、中出しされちゃうよ。妊娠したらゴメンね、キライにならないで」
 カメラ目線でそんな事を言い続ける千里……。信じられないくらいにとろけて気持ちよさそうな顔になっている。
「ヤバい、出そう。抜くよ」
 男は、さすがに躊躇している。すると、千里の両脚が彼の身体に絡みつき始めた。
「ちょっ、ダメだって、離して」
 ガシッと両脚でホールドされ、男が慌てて言う。
「もう少しなの、イキそうなの」
 とろけた顔で言う千里。僕は、ドキドキしながら画面を見つめる。
「ダメだって、妊娠しちゃうって」
 そう言って、男は動きを止める。でも、ほとんどシームレスに千里が腰を動かし始めた。正常位の下側で、男性を蟹挟みみたいにしながら腰をくねらせるように動かす……どう考えても、異常な行動に見える。

「ヤバいって、マジで出る」
 男は、困ったような声を出している。でも、千里は腰を夢中で動かし続けながら、
「気持ちいいっ。おチンポガチガチになってきた。イキそう、イクっ、なお君、他人チンポでイッちゃうっ!」
 と、カメラ目線で叫ぶ。すると、男が、
「出すぞ、イクっ、うぅっ」
 と、うめきながら射精を始めてしまった……。中に出された途端、千里は身体をガクガク震わせながらのけ反る。
「ヒィ、うぅ、出てる、熱いのでてるのぉ」
 とろけきった顔をさらす千里……。僕は、結局射精をしてしまった……。

「フフ。イッちゃった。またオマンコに入れられなかったね。もしかして、なお君はもう私のオマンコに入れたくないのかな?」
 千里は、からかうような口調で言いながら、手や指についた精液を舐めとる。そして、飲み干しながら、
「やっぱり、薄いね。おちんちんが小さいと、精液も薄くなるんだね。これって、あるあるなのかな?」
 無邪気な顔で精液をすすり取る千里に、僕は少し怖くなってしまった。秀一さんに変えられてしまった部分は大きいと思う。でも、千里に淫乱の血が流れていなかったら、きっとこんなにも淫乱になることはなかったような気もする……。

「じゃあ、今日も秀一さんのところに行くね。泊まってくるから。いっぱい動画も撮るから楽しみにしててね。もしかしたら、秀一さん、また何か千里の事変えちゃうかもよ」
 千里は、意味ありげな顔で言う。僕は、色々想像してしまい、暗い気持ちになった。でも、気持ちとは裏腹に、ペニスは射精したばかりなのにいきり立ったままだ……。
 結局、千里は本当に秀一さんの所に行ってしまった。今日は、僕と一緒に過ごして泊まる予定だったのに……。悲しい気持ちになりながらも、千里がどんな風に変えられてしまうのだろう? と、ドキドキしてしまった。

 千里は、次の日の昼にウチに来るまで連絡をしてこなかった。ずっとやきもきしていた僕に、笑顔でただいまと言う千里……。見たところ、特に変化はない。さすがに、ネタ切れなのかな? と、思っていると、千里が尻尾みたいなものをぶらせていることに気がついた。
「フフ。可愛いでしょ。猫みたい?」
 千里は、そう言って後ろを向く。ミニスカートの中から、尻尾が映えている。確かに、猫のような尻尾だ。どうなっているのだろう? と、不思議に思っている僕の前で、千里はスカートをまくり上げていく。千里は、Tバックの下着を履いていた。そして、尻尾は彼女のお尻から生えている……。

「昨日は、お尻も使えるように調教してもらったんだ。これで、生理の時でも秀一さんに抱いてもらえるよ」

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

初めて同士で付き合った彼女にオモチャを使っていたら、寝取られた7(オリジナル 転載禁止).

前回の話

 アニメキャラのようにピンク色の髪になった千里は、僕を射精させた後も足でペニスを踏み続けている。
「いっぱい出たね。でも、足で踏まれて出しちゃうなんて、なお君もっと変態になったんだね。今日は、秀一さんに良い物ももらったから、後で使おうね」
 千里は、僕のペニスをグイグイと踏みつけながらイタズラっぽく微笑んだ。本当に可愛らしい顔だ。秀一さんに教えられたメイクで、ぱっちり二重の美少女という感じになっている。
 そして、耳に開けられたピアスも、ピンク色に染められた髪も、全部彼の好みだ。自分の恋人を良いように変えられてしまい、今さら強いショックを受けてしまう。でも、千里が何か変えられるたびに、僕は信じられないほどの強い快感を感じてしまう。


 画面の中では、射精した男のペニスを舐め続ける千里が映っている。口の周りに精液を付着させたまま、丁寧にお掃除フェラを続けている。千里の話だと、彼はナンパしてきた男性だそうだ。初対面の男性とこんなことをしている……。いつもの清楚な彼女と比べると、まるで別人に思えてしまう。
 ピンク色の髪の千里が、多目的トイレで初対面の男性にフェラチオしている……。エロアニメのようなビジュアルに無性にドキドキしてしまう。

「フフ、まだカッチカチ。おチンポ、元気だね」
 画面の中の千里が、ビッチのような言葉を使う。でも、ビジュアルにマッチしていると感じてしまう。いつもの眼鏡をかけた真面目な感じの千里とは、まったく違うイメージだ。

「お姉さんがエロすぎるから。いつもこんなことしてるの?」
 男性は、満足げな声で聞く。
「してないよ。初めてこんなことしたよ」
 千里は、素直に告白する。
「またまた〜。お姉さん、ヤリマンでしょ? 乳首もメチャ浮いてるし」
 そう言って、男性はシャツに浮き出ている乳首を摘まんだ。
「うぅっ、あぁ、もっと強くぅ」
 千里は、一瞬でとろける。男性は、片手で撮影をしながら千里の乳首をグイグイ摘まんでいく。
「うぅ、あぁ、気持ちいい。もっと強くして」
 千里は、本当に気持ちよさそうだ。
「マジで淫乱じゃん。ねぇ、やらせてよ」
 男は、軽いノリで言う。
「え? 良いよ。すぐ出来るの?」
 千里は、笑顔で聞く。
「マジで? 良いの? 出来るに決まってるでしょ」
 男は、千里のあっさりした返事に逆にびっくりしている感じだ。

「じゃあ、ハメて」
 千里は、あっさりとそんなことを言ってお尻を突き出すような格好になる。そして、スカートをまくり上げて秘部をさらけ出した。
「うわ、なにこれ。こんなパンツ穿いてるんだ。やっぱり、目茶苦茶ヤリマンでしょ」
 男は、びっくりした声で言いながらカメラを千里のアソコに向ける。スリットが入って秘部が丸出しのパンツ……。まるで下着の意味がない。
「ヤリマンじゃないもん。ちょっと、エッチが好きなだけだよ」
 モジモジと恥ずかしそうに言う千里。妙に可愛い。でも、やっていることはメチャクチャだ。千里は、自分でアソコを拡げてしまう。カメラは、大きく拡げられた秘部をアップにしていく。うごめくピンクの秘肉、すぐに精液があふれ出てきた。
「あれ? なんか出てきた。もしかして、もうやった後なの?」
 男性は、さすがにドン引きしたような声だ。
「うん。中にいっぱい出されちゃってるよ」
 千里は、アソコを広げたまま恥ずかしそうに答える。
「やっぱりビッチじゃん。じゃあ、俺ので掻き出してやるよ」
 そう言って、男はあっさりと千里の膣に生挿入してしまった。他人の精液があふれる膣に入れることに、抵抗はないのだろうか? 僕は、そんなことを考えてしまった。生理的に気持ち悪いし、性病のことなんかも気にならないものだろうか? でも、男性はすぐに根元まで突っ込むと、腰を動かし始めた。
「気持ちいい。おチンポ固くて気持ちいいよ」
 千里は、すぐにとろけた声をあげる。それだけではなく、甘い声であえぎ始めた。
「声ヤバいって。聞こえるから!」
 男性は、少し慌てている。でも、慌てていながらも腰を止めない。
「だ、だって、気持ちいいの。こんなところでハメられるの、初めてだから。ドキドキしちゃう。見られたら、どうしよう?」
 千里は、不安そうに言いながらもあえぎ声を出し続ける。本当に気持ちよさそうで、とろけた顔になっている。

「声我慢して。さすがにマズいから」
 男はそう言いながら腰を動かし続ける。こんな、初対面のナンパ男に身体を許す……しかも、生挿入まで。もう、僕の好きだった地味で清楚な千里は、いなくなってしまったんだなと思った。

「ごめんね、ナンパされちゃった。初めてだから、ドキドキしちゃったよ」
 僕のペニスを踏んでいる千里が、ニヤニヤしながら言う。僕は、他に聞くべき事はあるはずなのに、気持ちよかったの? と聞いてしまった。
「気持ちよかったよ。誰か来るんじゃないかって思ったら、ドキドキしてオマンコ勝手に締っちゃうの」
 千里は、発情したような顔になっている。もう、僕は訳がわからなくなってしまっていた。僕と一緒にいるときに、急に秀一さんに呼ばれて中出しをされる……。完全に都合に良いセフレ状態だ。その上、その帰りにナンパされて生ハメまでしてしまった。
 どうしちゃったんだろう? 千里は、おかしくなってしまったのだろうか? でも、そんな千里にペニスを踏まれて勃起しきっている僕も、完全に異常だと思う。

「ねぇ、なお君も出来る? もう、カチカチだよ」
 千里は、僕のペニスを踏みつけながら聞いてくる。僕は、黙ってうなずく。画面の中では、千里があえぎ声を必死で抑えながら犯され続けている。もう、興奮が高まりすぎてすぐにでも射精してしまいそうだ。

「じゃあ、秀一さんからのプレゼント出すね」
 カバンを探りながら千里が言う。楽しそうにニヤついた顔になっている。僕は、一体に何を出すのだろう? と、ドキドキしていた。すると、千里が取り出したのはペニスバンドだった。僕は、意味が理解できずにポカンとしている。

「フフ。これ、ここにおちんちんハメられるんだよ。内側のここのところが、オナホになってるんだって」
 千里はそう言いながら、ペニスバンドの内側のオナホ部分にローションを塗り込んでいく。僕は、まだよくわかっていない。何をするんだろう? そう思っていると、千里が僕のペニスにオナホ部分をハメていく。人体とは違う、ゾリゾリしたようなエッヂの立った快感……。思わずうめいてしまった。そんな僕にかまわず、千里はペンスバンド部分のベルトを締めていく。

「フフ。立派なおチンポになったね」
 千里は、嬉しそうに言う。僕は、ペニスバンドを装着した形になり、そそり立ったペニスがエグいことになっている。
 大きい……それに、カリ首の拡がり方が極端だ。秀一さんのペニスよりも、凶悪な姿に見える。でも、僕の本体はこのペニスバンドの中に隠されている状態だ。

「なお君、すぐハメて。見てるだけで欲しくなっちゃった」
 千里は、ソファにM字開脚に座る。すると、スリットの隙間から千里の膣周りが見える。ドロドロに濡れて光っている膣からは、白い物が流れ出てしまっている……。
 僕は、怯んでいた。さすがに、この状態でセックスをするのは惨めすぎる……。でも、千里はアソコを拡げながら妖艶な笑みを浮かべて僕を誘う。
「早くハメて。動画見てたら、うずいちゃった」
 千里は、焦れきったような顔になっている。結局、僕は惨めな気持ちのまま千里に覆い被さっていった……。ペニスバンドの先端が、千里の膣口に触れる。でも、当然のことながら感覚はない。
「すごい……太いよ、早く押し込んで」
 千里は、とろけきった顔でおねだりをした。僕は、意を決して腰を押し込んでいく。
「うぅっ、あぁ、気持ちいい。なお君、オマンコ拡がってるの。なお君のぶっといおチンポで、千里のオマンコ拡がってるっ」
 千里は、一瞬で顔をとろけさせた。僕は、まったく快感を感じていない。膣の感触なんて、少しも伝わってこない。それでも千里のとろけた顔が嬉しくて、腰を動かし始めた。
「ヒィうぅ、アッ、気持ちいいっ。全然違うっ! んオおぉっ、おぉおおっ、おチンポ気持ちいいっ!」
 千里は、今まで僕には見せたことのない顔であえぎ始めた。

 そして、僕も気持ちよくなってきた。千里の膣が締ることでペニスバンドが引っ張られ、ペニスバンドの中の僕のペニスの動きとずれが生じる。それによって、僕のペニスはオナホにこすり上げられる。ゾリゾリした強い刺激……。まったり系のオナホしか経験がない僕は、あまりの刺激に腰が引けそうだ。

「なお君、気持ちいい。これなら、なお君とのセックスでもイケるかも」
 千里は、本当に嬉しそうに言う。僕は、複雑な気持ちのまま腰を動かす。僕の腰の動きで、千里が野太いようなうめき声をあげる……強い快感を感じてくれているのが伝わってきて嬉しい。でも、結局これは僕の物ではないので、僕が感じさせているとは言えないのかもしれない。

 僕は、夢中で腰を振る。画面の中では、トイレの中で犯されあえぐ千里が映り続けている。一体、どれだけの時間セックスをしたのだろう? 誰か来なかったのだろうか? そんな心配をしてしまう。

「なお君、気持ちいい。本当にすごいの。オマンコこすれてイキそうだよ。なお君ので、初めてイケそうなのっ」
 千里は、嬉しそうに言う。でも、実際には僕の物ではないので複雑な気持ちだ。それでも僕は腰を動かし続ける。千里が感じてくれるのが本当に嬉しい。
「ダメぇ、イクっ、いっちゃうっ、なお君、イクっ!」
 千里は、気持ちよさそうに叫ぶ。僕は、夢中で腰を動かしながら、射精しそうな感覚が大きくなってきた。実際に、生で千里の膣に入れたら、とっくに射精してしまっていると思う。でも、ペニスバンドでこんな形での刺激なので、射精感が多少は緩い。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

カテゴリ

kindle 電子書籍出版情報

電子書籍出しました




ハード系です

新作です

新作です

新刊です

新刊です

バッドエンド



プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読めます。
なお、規約の変更などにより、予告なく削除されることがございます。
大変にお手数ですが、webページの保存などをしてください。
※以前購入されたブロマガが削除により購読出来なくなった方は、読めなくなった作品のタイトルをメールにてお知らせ下さい。個別で対応いたします。
netorarezuki@gmail.com

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

現在、VISAカードでの決済がしづらいようです。VISAカードは、アダルト系のサイトでの決済に使えなくなっているようです。楽天カードが年会費無料で、JCBやMasterカードで作れます。すでに楽天カードを持っていても、2枚目をJCBやMasterカードで無料で作れます。

筆者マガブロ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク元ランキング