・【私が書いた電子書籍一覧です】

・このブログのオリジナルコンテンツ一覧

・全記事タイトル一覧

「PR」本ブログはアフィリエイト広告を利用しています

連帯保証人になった私のせいで、妻がM性感で働くことに4(ブロマガ 転載禁止)

前回の話

優花は、約束通りお客さんとのプレイを隠し撮りしてくるようになった。そして、毎回それを一緒に見るようになっていた。

画面には、エアマットレスの上でローションプレイをする優花が映っている。すっかりと慣れてしまった動きで、男性のペニスや乳首を責め続けると、
「ココロちゃん、気持ちいいよ」
と、お客さんが満足げな声をあげる。


『ホントですか? 下手くそでごめんなさい』
優花は、そんな事を言いながらローションプレイを続けている。見るからに気持ちよさそうで、慣れた動きに見える。
「そんな事ないって。ココロちゃんみたいな可愛い子に、こんなことしてもらえるだけで満足だって」
お客さんは、そんな風に優花を褒める。
『そう言ってもらえて、嬉しいです。舟橋さん、いつも来てくれるから、好きになっちゃいました』
そう言って、キスをする優花。積極的に舌を使い、イヤらしいキスを続ける彼女……。

すると、隣で一緒に映像を見ていた優花が、
『本当に好きになっちゃったんだよ。だって、いつも長い時間で入ってくれるし、お土産も買ってきてくれるから』
と、いたずらっぽい笑みを浮かべながら言う。私は、焦燥感を感じながら、そんなのダメだよと言った。
『ダメって言われても、好きになっちゃったんだもん。気持ちは止められないよ』
優花は、悪びれる事なく言う。私は、さらに言葉を続けようとしたが、いきなり股間を握られてしまった。
『ダメって言っておきながら、ギンギンだね~』
からかうように言う優花。確かに、私はこんなやりとりをしている最中も、ずっと画面を見つめている。お客さんにキスを続ける優花。キスをしながらも、ローションまみれの手でペニスをしごき続けている。もう、すっかりとソープ嬢になってしまった感じだ。

『悠人も、その方が良いんでしょ? 身体だけじゃなくて、心も寝取られたいんでしょ』
優花は、私のペニスをしごきながらそんな事を言う。私は、そんな事はないと言いながらも、画面を凝視し続けている。

画面の中では、優花がお客さんの指を膣に入れている。壺洗いというテクニックらしい。指を一本一本膣に入れていく優花。入れるたびに、甘い声も漏れている。
『舟橋さん、もう入れても良いですか? 我慢出来なくなっちゃいました』
優花は、甘えた声でおねだりを始めた。
「良いよ。好きにしていいから」
男性がそう言うと、優花は彼の上にまたがり始めた。ローションで滑りながらも、器用にまたがる優花。そして、あっという間に挿入を始めてしまった。
『アン。舟橋さんのおチンポ、やっぱり気持ちいいです。ホント、私の気持ちいいところにぴったり当たるの』
優花は、そんな事を言いながら腰を動かし始めた。
『あっ、んっ、気持ちいいっ、奥まで当たってるの。舟橋さんのおチンポが、一番気持ちいい』
優花は、そんな事を言いながら腰を動かし続ける。私は、私のペニスをしごいている優花に、そんなに気持ちいいの? と、質問した。
『うん。舟橋さんのおチンポ、私の気持ちいいところにぴったりハマるの。もっと大きな人もいるけど、舟橋さんのが一番気持ちいいんだ』
そんな風に答える優花。私は、私のよりも気持ちいいのかと質問した。
『……聞きたいの? もう、言わなくてもわかってるんじゃない?』
優花は、そんな言い方をした。私は、敗北感や劣等感を感じながら、黙ってうなだれた。

画面の中では、甲高い悲鳴みたいな声をあげながら優花が腰を上下に動かし続けている。カメラの位置を考えながらしてくれているのか、結合部まではっきりと見えてしまっている。
『イッちゃう。舟橋さん、もうイッてもいいですか? おチンポ気持ち良すぎて、すぐイッちゃうの』
優花は、卑猥な言葉を口にしながら、腰の動きを加速していく。
「まだダメだって。もっと頑張って」
男性は、応援でもするような言い方をしている。優花は、
『わかりました。でも、あぁ、気持ち良すぎるのぉ。おチンポ気持ちいいのっ』
と、余裕のない声をあげるばかりだ。

すると、私のペニスをしごいている優花が、下半身裸になると私にまたがってきた。そして、そのまま挿入してしまった。
『アン。カチカチ~。興奮しすぎだよ~』
優花は、楽しそうな口調で言う。私のペニスは根元まで挿入されている。でも、優花は乱れる事もなく、余裕の口ぶりだ。そして、画面の中の優花と同じように、腰を上下に動かし始めた。強烈に締め付けてくる優花の膣。ソープで働くようになり、膣の締まりをアップするトレーニングもしているそうだ。

私は、まるで手で握られたような締め付けに、早くも射精しそうな感覚になってきた。

優花は、そのまま腰を動かし続ける。すると、優花が上に動きすぎ、ペニスが抜けてしまった。
『あれ? 抜けちゃう? いつもは平気なのに』
優花は、不思議そうな口調で言う。私は、ただただ情けない気持ちだった。私のペニスでは、短すぎて上手く騎乗位すら出来ないみたいだ。

『フフ。悠人の固いけど、短いんだね』
優花は、そんな事を言いながらも腰を動かし続ける。優花は、あえぎ声をあげる気配もない。画面の中の優花は、本当に気持ちよさそうな声をあげているし、余裕も全くない感じだ。

「ココロちゃん、もう出ちゃうよ。締まり良すぎるでしょ」
男性は、余裕なく言う。
『イッて下さい。ココロのオマンコ、舟橋さんのザーメンであふれさせて下さい』
優花は、そんな事を言いながら腰の動きをさらに加速していく。
「あぁ、すごい。もうダメだ、出る。イクよ」
男性はそう言うと、優花の中に射精を始めた。
『うぅああっ、イクっ、クッ、うぅぁっ!』
中に出されながら、優花ものけ反ってイッてしまった。私も、それにあわせるようにあっけなく射精を始めていた。

『フフ。悠人もイッちゃったね。気持ち良かった?』
優花は、そんな風に言うと、さっさと私の上から離れてしまう。でも、画面の中の優花は、まだ男性の上に乗っていて、キスまで始めている。甘えたように何度もキスをする優花……。本当に、その男性のことが好きになってしまったようだ。

「また、締まりよくなったんじゃない?」
男性が、そんな質問をする。
『そうですか? ちゃんとトレーニングしてるからですかね? 舟橋さんが喜ぶかなぁって……』
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

セックスレスだった妻が、パート先の男の子にデートに誘われた2(転載禁止)

前回の話

麻衣子は、ズボン越しに俺のチンポを握りながら、今まで見せた事のないような妖艶な笑みを浮かべている。俺は、思わず言葉を失ってしまっていた。画面の中の麻衣子も、健也くんのチンポを握っている。
麻衣子の小さな手だと、余計に彼のモノは太くて長い感じがする。
『どうして欲しい?』
画面の中の麻衣子は、本当に楽しそうな感じだ。

「えっと、その……舐めて欲しいです」
遠慮がちに言う健也くん。麻衣子は、いいよと言った後、すぐに彼のチンポを舐め始めてしまった。カリ首の周辺を舐め回し、大きく口を開けて飲み込んでいく。健也くんは、気持ちよさそうなうめき声をあげながら、
「気持ちいいです。めっちゃ気持ちいい」
と、感激した様子で言う。童貞の彼には、刺激が強すぎるのかもしれない。俺は、麻衣子が他の男のチンポをフェラチオしている姿を見ているのに、イヤな感情がわいてこない。ただただ、強い興奮が俺を支配している。自分でも、どうしてそうなるのかわからない。

すると、俺のチンポを握っている麻衣子が、
『どうしてこんなになってるの? 私が他の人のおちんちんくわえてるのに、興奮するなんておかしくない?』
と、不思議そうに言う。ただ、怒っている感じではなく、本当に疑問に感じているという雰囲気だ。俺は、自分でもわからないけど興奮してしまうと答えた。

『じゃあ、もっと興奮させちゃうね』
麻衣子は、楽しそうに言う。画面の中では、麻衣子が頭を前後に激しく降りながらフェラチオしている。
「すごいです。ヤバい、気持ち良すぎる」
彼は、あまり余裕のない声で言う。本当に、射精しそうな感じになっているみたいだ。
『どうする? 一回出しちゃう?』
麻衣子は、風俗嬢のようなことを言う。
「は、はい。その……飲んでもらっても良いですか?」
健也くんは、緊張した口調でリクエストした。
『え? 飲むって、精液を?』
麻衣子は、驚いた口調だ。俺は、慌てて横の麻衣子を見た。麻衣子は、ニヤニヤしながら俺を見つめるだけで、何も言ってくれない。

俺は、麻衣子に飲んでもらうどころか、口の中に射精した事すらない。
「ダメですか?」
弱々しい声で言う健也くん。
『良いよ。飲んであげる。今まで、一回も飲んだ事ないから飲んでみたい』
麻衣子は、そんな風に言った。俺は、麻衣子の初めてを奪われてしまう……そんな危機感で、胸がドキドキしていた。
「嬉しいです! めっちゃ嬉しいです!」
健也くんは、本当に嬉しそうに言う。麻衣子は、妖艶な笑みを浮かべると、再び彼のペニスをくわえてしまった。そして、さっきよりも激しくフェラチオを始める。俺にしてくれるときよりも、激しいフェラチオに見える。すると、麻衣子は俺のズボンとパンツを降ろし、むき出しになったチンポをくわえてきた。画面の中の麻衣子と同じように、激しいフェラチオをしている。俺は、現実と映像がリンクし、不思議な感覚になっていた。

画面と交互に見比べながら見ていると、チンポの大きさがまるで違う事に気がつく。画面の中の麻衣子は、目一杯口を大きく開けているが、リアルの麻衣子はそうでもない……。

画面の中の健也くんが、余裕のない声で、
「出そうです。麻衣子さん、出ます」
と、告げると、麻衣子はさらに動きを速くした。そして、彼はうめきながら麻衣子の口の中に射精を始めた……。射精は驚くほど長く続いている。

射精が終わると、麻衣子は健也くんの目の前に顔を持って行き、見せつけるようにして飲んでしまった。
『いっぱい出たね。ごちそうさま』
麻衣子は、精液を飲んだのに、顔をしかめる事もなく微笑んでいる。健也くんは、感激したような顔で、
「ありがとうございます! 嬉しいです!」
と、言う。本当に嬉しそうだ。でも、俺はショックを受けていた。すると、俺のチンポをくわえていた麻衣子が、
『もっと固くなった。本当に興奮しちゃうんだね。寝取られ性癖ってヤツなの?』
と、不思議そうな顔で聞いてくる。俺は、今まで自覚がなかっただけで、寝取られ性癖なんだと思う。でも、麻衣子にはわからないと答えた。
『そうなんだ』
麻衣子は、ニヤニヤしながら言う。すると、画面の中の麻衣子に、健也くんがキスをし始めた。慌てて顔を背ける麻衣子。
『ま、まだ口に残ってるよ。うがいしてくるね』
慌てて言う麻衣子。でも、健也くんは強引にキスを続ける。自分の精液が残る麻衣子の口に、気にする事もなく舌を突っ込む彼。抵抗していた麻衣子も次第に抵抗を緩め、自分からも舌を絡め始めた。俺は、そんな二人の姿を見て、あっけなく射精してしまった。

『ん~』
麻衣子は俺に口内射精を受け、嬉しそうにうめく。そして、俺の目の前に顔を持ってくると、口を開けて中を見せてきた。自分でも驚くほど沢山出てしまった精液を見て、どうするつもりだろう? と、ドキドキしていた。麻衣子は、いたずらっぽい顔で口を閉じると、そのまま喉を大げさに動かして飲み干してくれた。

『いっぱいだね。秋則さん、興奮しすぎだよ~』
楽しそうな麻衣子。すると、麻衣子は俺にキスをしてきた。俺は、思わず顔を背けてしまう。
『フフ。やっぱり、ヤダよね。自分の精液なんて、気持ち悪いよね』
麻衣子は、笑いながら言う。俺は、健也くんに負けた気持ちで落ち込んでしまった……。

画面の中では、二人はまだキスをしている。麻衣子は彼を抱きしめ、恋人同士のようなキスを続ける。荒い息遣いが聞こえてくるようだ。

「今度は、僕が舐めても良いですか?」
健也くんは、興奮した口調で質問する。画面の中の麻衣子が、
『舐めるって、どこを?』
と、質問する。健也くんは、質問には答えずに麻衣子の上に覆い被さった。そして、そのまま下腹部のあたりに顔を近づけていき、アソコを舐め始めてしまった。麻衣子は、抵抗すると思ったが抵抗をしない。
『んっ、んぅ、あっ、気持ちいい。上手よ、うぅっあっ』
麻衣子は、気持ちよさそうな声をあげながら、彼の頭をなでたりしている。健也くんは、そのまま夢中で麻衣子のアソコを舐め続けている。
『本当に、気持ちいいわ。上手よ。そこの皮、剥いて舐めてみて』
麻衣子は、恥ずかしそうな感じなのに、そんなリクエストまでする。健也くんは、指で麻衣子のクリトリスの皮を剥きながら、直接舌で刺激を始めた。
『アンッ、うぅっ、アンッ、あっ、気持ちいいっ、もっと強くっ、うぅあっ!』
麻衣子は、どんどん声を大きくしていく。ベッドの上で、なまめかしい声をあげながらシーツをグチャグチャにしていく麻衣子……。

俺は、このまま最後までしてしまうのだろうか? と、不安と期待でドキドキしていた。麻衣子が、
『真剣だね。そんなに興奮しちゃう? 私が秋則さんじゃない人に感じさせられてるのに、イヤじゃないの?』
と、聞いてくる。俺は、それに答える事が出来ず、ただただ画面の中の麻衣子を見つめていた。

『イキそう……イッちゃう、あぁ、気持ちいい。もっと舐めて。メチャクチャにして』
麻衣子は、うわずった声で言う。淫乱でマゾ……そんな感じがするリアクションだ。健也くんは、クリトリスの皮を指で剥いたまま、舌をメチャクチャに早く動かしている。ピチャクチョいうような、湿った音もどんどん大きくなっていく。

『イクっ! イクぅっ! イッちゃうっ! うぅあああっ!!』
麻衣子は、腰を浮かせるような格好になると、ガクガクッと太もものあたりを痙攣させた。

俺の隣の麻衣子が、俺のチンポを握りながら、
『興奮しすぎだよ。もうイッちゃうそうじゃん』
と、少しだけからかうような言い方をする。俺は、ドキッとしてしまっていた。確かに、射精したばかりとは思えないほどに勃起している。しかも、握られた事で射精感まで急激に高まっている。

画面の中では、口のあたりを手の甲で拭いながら、
「イッたんですか 気持ち良かったですか?」
と、興奮気味の声で言う健也くん。嬉しくて仕方ないという感じが伝わってくる。
『そうよ。童貞君にイカされちゃったわ。なんか、悔しいな』
麻衣子は、少しだけ悔しそうだ。でも、すぐにどちらからともなくキスを始めてしまった。麻衣子は、イカされた直後という事もあるのか、興奮気味で激しく舌を使っている。
康介くんも麻衣子の舌に舌を絡め、むさぼるようなキスを続ける。

「もう、入れても良いですか?」
健也くんは、切羽詰まったような声で言う。それにしても、どう見ても彼はイケメンだと思う。それなのに、なぜ童貞なのだろうか? そんな事を考えてしまう。

『本当に、良いの? 最初って大切だよ。こんなおばちゃんで良いの?』
麻衣子は、少し迷っているような口調で言う。年の差が10歳もあると、気になってしまうのかもしれない。
「麻衣子さんが良いんです! 俺、本当に麻衣子さんの事……」
彼は、熱心な口調で言う。
『フフ。ありがとう。でも、セックス直前の好きとか愛してるって言葉は、信用出来ないけどね~』
麻衣子は、おどけたように言う。そして、麻衣子は自分からキスをした。しばらくキスを続けた後、
『良いよ。来て』
と、麻衣子はうわずったような声で言う。
「は、はい。その……コンドームつけます」
健也くんは、緊張気味に言う。
『偉いね。そう言うの、ホント大事よ』
麻衣子は、感心したように言う。そして、彼はラブホテル備え付けのコンドームを装着し始めた。

『キツそうだね。サイズ、あってないみたい』
麻衣子は、驚いたような口調で言う。俺は、コンドームのサイズの事なんて気にした事がないので、麻衣子の言葉に驚いていた。

「平気です。ちょっと痛いけど、大丈夫です」
健也くんは、そんな風に言う。
『でも、これだとイケないんじゃないかな? 良いよ、外しても』
麻衣子は、あっさりと言う。
「えっ? 良いんですか? その……赤ちゃんとか」
健也くんは、戸惑った感じだ。
『たぶん、平気だよ。もうすぐ生理だし』
麻衣子は、そんな風に言う。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

カテゴリ

kindle 電子書籍出版情報

電子書籍出しました



ハード系です

新作です

新作です

新刊です

新刊です

バッドエンド



プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読めます。
なお、規約の変更などにより、予告なく削除されることがございます。
大変にお手数ですが、webページの保存などをしてください。
※以前購入されたブロマガが削除により購読出来なくなった方は、読めなくなった作品のタイトルをメールにてお知らせ下さい。個別で対応いたします。
netorarezuki@gmail.com

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

現在、VISAカードでの決済がしづらいようです。VISAカードは、アダルト系のサイトでの決済に使えなくなっているようです。楽天カードが年会費無料で、JCBやMasterカードで作れます。すでに楽天カードを持っていても、2枚目をJCBやMasterカードで無料で作れます。

筆者マガブロ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
65位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク元ランキング