カテゴリー  [ オリジナル体験談 ]
次ページ ≫



このブログのオリジナルコンテンツ一覧
全記事タイトル一覧
・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品

海外赴任が決まった友人が、俺の嫁とデートをさせてくれと言ってきた5(オリジナル 転載禁止)

前回の話

伊黒は、仮名のリクエスト通りに本当に毎日のように遊びに来るようになった。海外赴任までの短い期間、毎日来るつもりのようだ。

そして、伊黒と香菜は直之が興奮するのが面白いのか、挑発するような行為を繰り返すようになっていた。今日も、食事をしながら何度もキスを繰り返す二人。直之は、食事を続けながらもドキドキしっぱなしだった。


香菜は、挑発するように伊黒とイチャイチャを繰り返す。
『ねぇ、舌出して』
伊黒の膝の上に乗って甘えた声で言う香菜。伊黒は、言われるままに舌を突き出す。すると、香菜は直之のことを見たまま舌を絡めていく。唇を押しつけるわけではなく、舌だけを絡ませるキスをする二人。直之は、それを見つめながら呼吸が荒くなってきている。

『なお君、興奮する?』
香菜は、そんな質問をしながら舌を絡め続ける。伊黒は、少しばつが悪そうな顔をしながらも、舌を絡めていく。直之は、興奮しながらも、あの時のようにセックスをしないのかな? と、考えていた。あの旅行以来、香菜は直之を挑発するようにキスをすることはあっても、それ以上のことはしようとしない。
直之は、二人の激しいセックスを見てみたいと思う気持ちが日に日に強くなっていた。それとなく、伊黒に対してもっと思い切ったことをしてもかまわないと言ったりもしているが、香菜の方が思い切った行動に移らないような状況だ。

すると、伊黒が手を伸ばして香菜の胸を揉み始めた。今までにない展開に、直之は背筋をピンと伸ばして緊張した顔になる。香菜は、胸を揉まれて驚いた顔になっている。でも、抵抗をすることはなかった。

伊黒は、香菜の胸を揉み続け、乳首のあたりをつまんだりもし始めた。香菜は、顔を真っ赤にしながらうつむく。でも、抵抗はしない。伊黒は、膝の上の香菜の両胸を揉み続ける。
『んっ、あっ、うぅ、んっ』
香菜は、吐息のようなあえぎ声のような声を上げながら、みるみる耳まで真っ赤になっていく。

直之は、恥ずかしがりながらも甘い吐息を漏らす香菜を見て、ひどく興奮している。息遣いもどんどん荒くなり、股間も完全に勃起してしまっているのがわかる。

すると、伊黒は黙って香菜のシャツを脱がせ始めた。まだ、食事も終わっていない食卓で、大胆な行動に移る伊黒。香菜は、不安そうな顔で直之を見る。でも、直之の興奮しきった顔を見ると、両腕をあげるようにしてシャツを伊黒が服を脱がせやすくしていく。

ブラジャー姿になった香菜。大きな胸がこぼれ落ちそうになっている。谷間もすごく目立っていて、直之はさらに興奮していく。

伊黒は、そのままブラジャーを引きずり下ろすようにした。胸がボロンとこぼれ落ち、真っ白な乳房が丸見えになる。薄いピンクの乳首は、目に見えて勃起しているのがわかる。
『恥ずかしいよ……』
香菜は、やっと言葉を口にする。本当に恥ずかしそうにモジモジとしている感じだ。

伊黒は、乳首にむしゃぶりついた。すぐに舌を使って舐め始めると、
『あっ、ダメ、うぅっ、あっ、み、見てるよ、なお君が見てる』
と、かなり動揺しながらもあえぎ声が混じっていく。
「カチカチになってるよ。香菜ちゃんも興奮してるね」
伊黒は、香菜の乳首を舌と指で責めながら言う。
『だって……。見られてると……。うぅ、ダメぇ、あっ、あんっ、イヤッ、あぁっ!』
香菜は、気持ちよさそうな声を上げ始めた。直之は、そっとズボンの上から股間をまさぐり始める。今までにない展開だ。香菜に挑発されても、興奮して勃起をしながらもこんな風に股間をまさぐることはなかった。

『あっ、あんっ、ダメ、見てる、なお君が見てるっ』
香菜は、耳まで真っ赤になりながらさらに声がとろけていく。伊黒は、夢中で乳首を責め続けている。香菜は、あえぎながら直之を見た。困ったような顔で直之を見つめる香菜……。でも、直之が股間をまさぐっているのを見て、驚いたようなホッとしたような顔になる。

香菜は、乳首を責められながら手を伸ばす。そして、伊黒の乳首のあたりを触り始めた。シャツの上から伊黒の乳首を触る香菜。伊黒も、気持ちよさそうな吐息を漏らす。お互いに乳首を責め続ける二人。

すると、香菜が伊黒にキスをした。さっきの見せつけるようなキスではなく、唇を強く押しつけるような激しいキスだ。全力のキスを見ながら、直之は嫉妬に燃えたような顔になっている。でも、そんな顔になりながらもオナニーまがいの行動は止まらない。

香菜は、キスをしながら伊黒の股間に手を伸ばす。そして、ズボンごとペニスを握る。伊黒は、うめくような声を上げながらキスを続けていく。

香菜は、床に降りてひざまずいた。そのままの状態で、伊黒のズボンとパンツを脱がせていく。直之は、いつもと違う展開に興奮に目を輝かせている。そして、剥き出しになった伊黒のペニス。直之は、やっと実物を目にすることができたという気持ちになっていた。

動画でわかっていたことだが、大きい。小柄な彼の体に対して、大きすぎると言ってもいいくらいのサイズ比だ。直之は、この時点でかなりひるんでいた。敗北感のようなものも味わっていた。

『伊黒さんの、大きいんだね。びっくりしちゃった』
香菜は、驚いた声で言う。まるで、初めて見たようなリアクションだ。直之は、そんな小芝居をする香菜に、少し怖いなと思っていた。こんな自然なリアクションをされては、香菜の浮気に気がつくことなんてできない……そんな風に思っていた。

香菜は、直之を見る。挑発しているようにも見える目だ。そして、香菜は舌を這わせ始めた。太いペニスに、香菜の可愛らしい舌が絡みついていく。伊黒は、うめくような声を上げながら、香菜のフェラチオを見つめている。

『すごく固い。それに、太いね……』
そんなことを言いながら舐め続ける香菜。直之は、ドキドキしながらそれを見つめ、ペニスをまさぐる手を動かし続ける。ズボンの上からなのに、一気に射精感が湧き上がっているようだ。

「香菜ちゃん、気持ちいいよ。くわえられる?」
伊黒は、優しい口調で言う。香菜は、
『うん。やってみる。歯が当たっちゃうかも』
と、言いながら口を大きく開けてくわえ始めた。ギリギリの感じで入っていく太いペニス。直之は、動画で見るのとは迫力が違うなと思いながら、とにかくペニスをしごき続ける。

そして、香菜は伊黒のペニスを半分ほどくわえ込むと、頭を動かしてフェラチオを始めた。いつもの食卓で、自分の妻がほかの男にフェラチオをしている……。直之は、嫉妬で涙目になっている。でも、すでに射精寸前なほどに高ぶってもいる。

香菜は、太いペニスに苦労しながらフェラチオを続ける。少しでも奥にくわえ込もうとして、えずいたりもしながら続ける香菜。しばらくそのままフェラチオを続けた後、香菜は目だけを直之に向けた。直之は、ほかの男のペニスをくわえたままの香菜と目が合い、思わず動きが止まる。香菜は、目が笑っているような感じだ。

直之は、自分のことを見つめながらフェラチオを続ける香菜を見て、息が苦しいほどの興奮を味わっていた。そして、ファスナーに指をかけてペニスを取り出すと、握ってしごき始めた。

香菜は、直之がペニスを出してしごき始めたのを見て、さらに激しくフェラチオを続ける。じっと直之の目を見ながら、フェラチオを続ける香菜。見せつけるように、伊黒の睾丸を舐めたり、乳首を舐めたりもする。

『なお君、興奮してる? イヤじゃない?』
香菜は、心配そうに質問する。直之は、ホッとしていた。動画での香菜の態度を見ると、伊黒に対して本気になっていたように思えた。もしかしたら、伊黒の元に走ってしまうのではないか? そんな心配もしていた。でも、恋愛体質な香菜なので、伊黒に本気になっているのと同時に、自分に対しての気持ちも変わっていなかったんだなと思っていた。

直之は、興奮していると告げる。香菜は、
『フフ。焼き餅焼き屋さんだね。もっと興奮させるね』
と、可愛らしく言いながらイヤらしく舌を使う。伊黒は、時折心配そうに直之のことを見るが、彼がオナニーをしているのを見て安心したような表情になる。

『なお君、見える? 伊黒さんのこんなに大きいの。なお君のより、大きいね』
香菜は、声がうわずっている。挑発的なことを言いながらも、かなり心配しているような雰囲気だ。直之は、オナニーをしながら、
「……入れてみたい?」
と、質問する。すでに何度も香菜と伊黒がセックスをしているのを知っていながら、そんなことを言う直之……。香菜に何か言われるのを期待しているような雰囲気だ。
『そ、そんなのダメだよ!』
慌てたように香菜が言う。激しすぎる反応が、逆に怪しい感じになってしまっている。すると伊黒が、
「どうして? 焼き餅焼いてもらいたいんでしょ?」
と、言葉を続ける。
『そ、それは……そうだけど……。でも、なお君、イヤでしょ?』
香菜は、困ったような顔で言う。直之は、
「香菜がしたいなら……」
と、香菜に判断を委ねるようなことを言う。香菜は、困ったような顔のまま、
『ダメ……。なお君、意地悪言わないで』

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

親父の再婚相手は、親父よりも俺と歳が近い地味系巨乳だった7(オリジナル 転載禁止)

前回の話

結局、麻衣さんは本当に妊娠してしまった。でも、麻衣さんは親父ともタイミングを見てセックスをしていたので、怪しまれることはなかった。
親父は、年の離れた兄弟が出来ることをバツが悪そうに話してきた。俺は、ヒヤヒヤしながらも、良かったねと言った。麻衣さんは、結局親父の子として産んで育てるという選択をした。俺は、正直ドキドキしていた。あの時の麻衣さんの勢いだと、本当に俺と一緒になろうとするかと思った。


麻衣さんは、地味で真面目な見た目に反して、かなり思い切ったことをしそうな雰囲気がある。メンヘラ的な気質があるのかな? と、感じることも多い。実際、妊娠しても俺との関係は継続された。当然、何もなかったことにするんだろうなと思っていた俺は、麻衣さんが部屋に忍び込んできたとき、心底驚いてしまった。

何かが動く気配を感じて目を覚ました俺。足下を見ると、麻衣さんが俺のペニスをくわえていた。パジャマ姿のまま、イヤらしくペニスを舐める姿……。俺は、夢の中にいるかと思って軽くパニックになった。

『あ、ゴメンね、起こしちゃった?』
麻衣さんは、イタズラっぽい笑みを浮かべている。俺は、慌てて、何やってるの!? と、言った。麻衣さんは、
『声大きいよ。聞こえちゃうでしょ?』
と、ささやくように言う。俺は、今日は親父が家にいることを思い出し、慌てて声をひそめながら、もう一度どうしたの? と聞いた。
『したくなっちゃったの。1ヶ月くらい、バタバタだったでしょ? 勇気君も、溜まってるんじゃない?』
麻衣さんは、上気したような顔で聞いてくる。すでに、興奮しているのが伝わってくるような顔だ。俺は、妊娠してるのにマズいんじゃないですか? と聞いた。
『大丈夫よ。まだ、お腹も大きくなってないでしょ? それに、我慢出来ないの。勇気君のおチンポのことばっかり考えてるの……』
麻衣さんは、はしたない言葉を口にする。俺は、ドキドキしていた。もう、麻衣さんとセックスをすることはないだろうと思っていた。子供が出来てしまっては、麻衣さんも慎重になるだろうと思っていた。

麻衣さんは、口ごもる俺にかまわず、再びフェラチオを再開する。イヤらしく舌が絡みついてきて、俺は快感にうめいてしまう。
『気持ち良い? 勇気君のおチンポ、やっぱり凄いね。大きくて、すごく固い』
麻衣さんは、うっとりしたような顔で言いながら、俺の睾丸まで舐めてくる。血は繋がっていなくても、自分の母親が夜這いをしている……。そう思うと、俺はドキドキしてしまう。異常なシチュエーション。しかも、家には親父もいる。この状況で、こんなことをしてしまうのは、あまりにもリスキーだと思う。

麻衣さんは、眼鏡をはめたままだ。どう見ても、真面目な女性。地味な印象の、学級委員タイプ。そんな彼女が、イヤらしい舌遣いで俺のペニスを舐め回している。麻衣さんは、フェラチオしている自分自身に興奮しているような雰囲気だ。
『おチンポ美味しい。勇気君のザーメン、飲ませて欲しいな』
麻衣さんは、うわずった声で言いながらフェラチオを続ける。睾丸まで舐めてみたり、軽く噛んできたりする。麻衣さんは、最初からこうなることが目的だったのだろうか? あの時、お風呂に入ってきたのは、こうなることを望んでいたからだろうか? 俺は、そんな想像をしながらも、すっかりと目が覚めて興奮状態になっていた。俺は、セックスはしないのかと聞いた。
『ダメよ。正人さんいるでしょ? 起きちゃうわ』
結衣さんは、俺のペニスをイヤらしく舐めながらそんな風にい。俺は、罪悪感を優越感を感じながらも、麻衣さんの淫乱ぶりに少し怖くなってもいる。

俺は、麻衣さんは満足出来るの? と、質問した。
『出来ないわよ。だから、明日早く帰ってきてね。正人さんが帰ってくる前に、めちゃくちゃに犯して』
麻衣さんは、発情したような顔でそう言った。俺は、その言葉に異常なほど興奮してしまった。
『フフ。カチカチ。興奮してるね。いつでも出して良いよ。早く飲ませて』
麻衣さんは、そんな風に言いながらフェラチオを続ける。喉の奥までくわえ込み、バキュームしたりもする。本当に、フェラチオが上手になったと思う。俺で練習をしたというか、色々と実験を繰り返してきた感じなので、今では口だけであっけなくイカされてしまう。

麻衣さんは、俺のペニスを口でしながら、股間をまさぐり始めた。
『んっ、ん、うぅ、んっ』
ペニスをくわえたまま、うめくような声をあげる麻衣さん。オナニーをする姿を見るのは、本当にドキドキする。女性のオナニー姿なんて、なかなか見られるものではないと思う。

俺は、あっと言う間に限界になってきてしまう。そして、イキそうだと告げると、麻衣さんが俺のペニスを吐き出した。
『やっぱり、我慢出来ない。声出さないから、入れちゃうね』
麻衣さんは、そう言って下半身だけ裸になる。そして、俺にまたがって生ペニスを挿入した。

『あぁあぁ、凄い。やっぱりこれが好き。ずっと欲しかったんだよ。我慢してたの。勇気君のおチンポ欲しくて、おかしくなりそうだったんだよ』
麻衣さんは、とろけきった顔で言う。俺は、この1ヶ月、麻衣さんが普通の良い母親という感じになったので、妊娠をきっかけに異常な関係をやめたのだと思っていた。普通の親子になるのだと思っていた。

『ダメ、声出ちゃう。気持ち良すぎちゃう』
麻衣さんは、腰をくねらせるように動かしながら、切なげな声で言う。そして、麻衣さんはキスをしてきた。舌が俺の口をこじ開け、ものすごい勢いで俺の舌に絡みついてくる。1ヶ月ぶりのキスは、すごく気持ち良かった。麻衣さんの荒い息遣いに、どアップになっている可愛らしい顔。俺は、夢中で舌を絡めに行く。
麻衣さんは、キスで口が塞がったせいか、腰の動きを加速していく。さっき、口でイク寸前まで責められていた俺は、あっけなくイキそうな感じになってきた。
『我慢して。まだイッちゃダメ』
麻衣さんは、荒い息遣いで言う。その言い方にもゾクゾクしてしまう。親父が寝ているのに、息子の部屋に夜這いをかける麻衣さん。考えてみれば、かないヤバい母親だ。血のつながりはないが、それでも異常な状況だと思う。

俺は、イクのを必死でこらえている。まったく関係のないことを頭に思い浮かべながら、なるべく力を抜いて射精感が遠ざかるようにし続ける。でも、麻衣さんの膣は驚くほど締め付けてきて、ウネウネとうねるような動きまでしている。

麻衣さんは、腰だけを前後に激しく動かしながら、俺の口の中をめちゃくちゃにかき回す。俺が必死でイクのを堪え続けていると、
『イクっ、勇気君、イッていいよ。一緒にイコ』
と、絞り出すような声で言う。俺は、その言葉を聞くと同時に、一気に射精を始めた。麻衣さんは、歯を思い切り食いしばりながらのけ反り、身体をガクガクッと震わせる。そして、すぐにキスをしてきた。俺は、キスをしながらの射精に、最高の快感を感じていた。

『気持ち良かったよ。ありがとう。じゃあ、そろそろ戻るね。怪しまれちゃう』
麻衣さんは、そう言ってスッと立ち上がる。そのままパジャマを着ると、部屋を出て行く。出て行く間際、
『明日、早く帰ってきてね』
と、笑顔で言った。俺は、結局最後までしたのに、あれだけでは足りなかったんだなと思った。そして、俺の精液を膣中に入れたまま、親父の元に戻るんだ……と、麻衣さんの行動に驚いてしまった。

朝、3人で食事をした。麻衣さんは、普通に親父にラブラブな態度で接しているし、俺に対しては母親の顔で接してくる。親父も幸せそうな顔をしている。俺は、罪悪感を感じてしまった。死んだ母親のことを凄く愛していた親父。長いこと、俺を一人で育ててくれた。麻衣さんと結婚して、親父は凄く明るくなった。やっと、気持ちの整理がついたのかもしれない。

「じゃあ、行ってくる。今日は、かなり遅くなちゃうから、先に寝てて」
親父は、麻衣さんに優しい口調で言いながら、玄関に向かう。そして、出て行った。俺は、トーストを食べながら、そろそろ学校に行く時間だなと思った。

すると、戻ってきた麻衣さんが、俺にキスをしてきた。まだ口の中にトーストがあるのに、かまわずに濃厚なキスをしてくる。俺は、驚きながらも興奮し始めていた。麻衣さんは、俺の口の中のトーストを奪っていく。そして、それを飲み込むと、
『フフ。美味しい。もっと食べさせて』
と、さっきまでの母親の顔から淫乱な痴女の顔に変わって言う。俺は、言われるままにトーストを口に入れ、咀嚼する。すると、麻衣さんは俺にキスをしながら口の中のトーストを奪っていく。麻衣さんは、荒い息遣いでそれを飲み込む。俺も、口移しで食べさせる行為に、強い興奮を感じてしまう。

そして、何度かそれを繰り返すと、麻衣さんが俺の股間を握ってきた。ズボンごとペニスを握る麻衣さん。
『ねぇ、今日は学校休めない? 一日中、犯して欲しいな……』
麻衣さんは、発情した牝の顔で言う。俺は、すぐに休むと答えた。俺の成績は、かなり優秀な方だ。1日休んだところで影響はないし、学校もうるさく言ってくるような学校ではない。

麻衣さんは、テーブルに両手をついてスカートをまくり上げた。すると、真っ白なお尻が丸見えになる。ショーツは穿いていないみたいだ。
『すぐ来て。今すぐ犯して』
麻衣さんは、トロトロにとろけた声で言う。俺は、麻衣さんの膣からあふえれた蜜が、膝のあたりまで濡らしているのに驚いてしまった。いつからこうなっていたのだろう? 親父は、気が付かなかったのだろうか? そんな心配をしながらも、慌ててズボンとパンツを脱ぐ俺。

ガチガチに固くなったペニスを握ると、麻衣さんの膣に押しつけていく。すると、俺が入れる動作をする前に、麻衣さんの方がお尻をぶつけるように押しつけてきた。一気に膣に飲み込まれる俺のペニス……。
また、握られているような強い締め付けを感じる。
『うぅああっ、気持ち良いっ! 勇気君のおチンポ、やっぱり気持ち良いっ』

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

海外赴任が決まった友人が、俺の嫁とデートをさせてくれと言ってきた4(オリジナル 転載禁止)

前回の話

直之は、絶望的な気持ちのまま、圧倒的な快感を感じていた。うめきながら精液を出し続ける直之。画面の中では、香菜が研二に抱きつきながらキスを続けている。そして、研二は香菜の中に精液を注ぎ続ける。

直之は、ほとんど泣いているような顔になりながら、自分のペニスを握りしめている。
「香菜、愛してる」
研二は、玲奈の中に出し尽くすと、優しい顔でささやくように言う。香菜は、その言葉を受けて本当に嬉しそうに微笑んだ。


『研二、愛してる。フフ。まだ固いよ。続けて出来る?』
香菜は、イタズラっぽく言う。
「でも、そろそろチェックアウトだよ」
研二が時計を見て言う。
『まだ30分あるよ。ギリギリまで……愛してる』
香菜は、感情を込めた口調で言う。もう、気持ちを抑えるつもりはまるでないみたいだ。
「わかった。香菜、動くよ」
研二はそう言って、腰を動かし始めた。射精直後に、そのまま続けてセックスをする……。普通は、なかなか出来ることではない。くすぐったい感じになってしまうし、そもそも勃起を維持することが出来ない。でも、研二は当たり前のように腰を動かし始め、香菜に優しくキスをする。香菜は、嬉しそうに研二に腕を回して抱きつきながら、舌を絡めていく。

外の光りが入ってくる中、二人は夢中で愛し合う。建物の外では、カップルや家族連れがテーマパークを楽しんでいる中、夢中でお互いを求め合う……。直之は、握りしめたペニスが柔らかくならないことに驚きながら、ペニスをしごき始めた。

『気持ち良い。研二、どうしよう。気持ち良すぎて怖い。研二は? 気持ち良い?』
香菜は、真剣なまなざしでそんな質問をする。
「気持ち良いよ。今までこんなに気持ち良かったことないよ。愛してる」
研二は、心を込めて言う。
『私もだよ。こんなの知らなかった。セックスがこんなに気持ちいいものだなんて、想像もしてなかった。好き。研二が動く度に、好きがどんどん大きくなる。もっとして。研二に染めて』
香菜は、そんな言葉を口にしながらあえぎ続ける。本当に気持ちよさそうで、幸せそうだ。直之は、強い敗北感を感じながら二人を見つめる。敗北感とか劣等感にまみれながらも、ペニスをしごき続ける直之……。すると、玄関で物音がし始めた。直之は、慌てて動画をとめて衣服を整える。

『ただいま~! ゴメンね、遅くなっちゃった!』
玄関から、元気いっぱいの声が響く。直之は、慌てて玄関に向かった。玄関には、大きな袋をぶら下げた香菜がいた。いつもの笑顔で、特に変わった様子はない。直之は、香菜が戻ってきたことにまず驚いていた。きっと、もう戻ってこない……。直之は、8割方そうなると思っていた。
直之は、笑顔でお帰りと言った。香菜は、お土産のチョコなんかを直之に渡しながら、
『ゴメンね、楽しくてつい長居しちゃった! お腹すいてる?』
と、本当に申し訳なさそうに言う。直之は、さっきの動画とのギャップに、ただただ戸惑ってしまっていた。香菜は、笑顔のまま袋からぬいぐるみなんかを取り出す。そして、それをソファに座らせながら、
『これ、買って貰っちゃった。なんか、気を遣わせちゃったな……。こんな事しなくても良いのにね』
香菜がそんな風に言う。直之は、色々と聞きたいことが頭をグルグル回っている。でも、動画を見ていることなど言えるはずもなく、どんな感じだったの? と、なにも知らないフリをして質問した。

香菜は、紅茶を入れながら説明を始める。二日間の楽しい出来事を、笑顔で詳しく話し続ける。でも、ほとんど真実を話しているが、キスのことや一緒のベッドで寝たこと、セックスのことなどは話をしない。直之は、香菜の考えというか、方針がわかってきた。
隠すと言うことは、自分と別れるつもりはない……。そんな風に判断して、直之はホッとしていた。でも、安心しながらも、モヤモヤしてもいた。自分を裏切って、隠し事まで作る……。それは、冷静に考えれば立派な離婚事由だ。直之は、全てを知っているだけに、もどかしい気持ちでモヤモヤしてしまっている。

香菜は、説明を終えると、
『でも、寂しくなっちゃうね。伊黒さんも、悲しそうだったよ』
と、しんみりと言う。直之は、
「そうだね。すぐ帰ってこられれば良いのにね」
と、言った。
『出発までの間、毎日遊びに来てもらいなよ。美味しい夕ご飯、作るよ』
香菜は、笑顔で言う。直之は、ドキッとしていた。動画の中でも、香菜は毎日会いたいというようなことを言っていた。毎日抱いてもらいたいとも言っていた。直之は、香菜の言葉をそのまま素直には受け取れずにいる。自分が会いたいからそう言っている……。そうとしか思えない。でも、直之は、結局良いねと言った。
『じゃあ、連絡しておいてね』
香菜は、そんな風に言った。直之は、香菜のあまりに普通の態度に心の底から驚いていた。少しも怪しい部分がない。動画を見ていなかったら、ただ楽しく遊んできた……。そうとしか感じられなかったはずだ。

そして、時間も遅いのですぐに風呂に入ってベッドに入る二人。直之は、逡巡した後、
「なにもなかった?」
と、聞いた。
『なにもって? どういう意味?』
香菜は、キョトンとした顔で言う。直之は、香菜のその態度に感心すらしていた。女性の浮気は見抜けない……それは、本当なのだなと感じていた。

直之は、男女が一緒の部屋で寝たんだから、そういうことはなかったの? と、聞く。普段の直之ならば、とても聞けないような内容だ。直之は、気が弱い部分がある。そんな彼が食い下がって質問を続けるのは、少しムキになっているからかもしれない。

『フフ。ナイショ』
香菜は、可愛らしい声で言う。直之は、モヤモヤしながらも、それ以上のことは聞けなくなってしまった。すると、いきなり香菜が抱きついてきた。そして、直之の股間を触る。
『どうしたの? さっきから、ずっとこうなってるね。興奮してるの? 焼きもち焼いてるから?』
香菜は、イタズラっぽく言う。直之は、まったく想定していなかった香菜の行動に慌ててしまっている。直之は、慌てて身をよじって逃れようとするが、香菜はパジャマのズボンごとペニスを掴んでしまった。
『凄いよ、本当に固くなってる。こんなの初めてじゃない?』
香菜は、驚いた顔で言う。本当に驚いているような雰囲気だ。直之は、言い訳の言葉も浮かばず、ただただ焦っている。

『こんなになるほど焼きもち焼いてくれてるんだね。なんか、嬉しいな。なお君、愛してる』
そう言って、香菜は直之に覆い被さってキスをし始めた。香菜は、珍しく自分から舌を使い、積極的に激しいキスを続ける。直之は、香菜のその態度に驚きながらも夢中で舌を絡める。でも、直之の頭の中には、キスをする伊黒と香菜の姿がある。

激しい嫉妬と興奮。直之は、さっきあれだけ射精したにもかかわらず、ガチガチに勃起していた。すでに、軽く射精感すら覚えるくらいに。

香菜は、興奮した様子で直之のパジャマを脱がせていく。そして、自分も裸になる。直之は、大きな胸が揺れるのを見ながら、伊黒が香菜の胸を揉んだり舐めたりしていた場面を思い出していた。

『なお君、来て。すぐ欲しい』
興奮した声で言う香菜。直之は、コンドームを取ろうとする。
『なお君、そのまま来て。今日は大丈夫だから』
香菜は、小さな声で恥ずかしそうに言う。直之は、迷った。本当に大丈夫な日なのだろうか? もしかしたら、伊黒とあんな事になったので、万が一妊娠したときのことを考えて、自分とも避妊なしでのセックスをしようとしているのではないか? そんな疑念を持ってしまう。

躊躇して動かない直之を、香菜が押し倒すようにして仰向けにする。そして、そのまま彼のペニスを挿入してしまった。
『あぁっ、なお君すごい。固くなってる。いつもより固いよ。すごく気持ち良いの』
香菜は、そう言うとすぐに腰を動かし始めた。直之は、あまりの快感にうめく。香菜が伊黒に抱かれている姿を思い出しながら、自分の上で腰を振る香菜を見つめている。香菜は、最初から激しく腰を動かしている。直之は、久しぶりの生膣の感触に最高の快感を感じているが、どうしても香菜の反応が気になってしまっている。

香菜は、さっきからあまりあえいでいない。色々と言葉を口にはしているが、あえぎ声自体は少ない。直之は、伊黒とのセックスで狂ったようにあえいでいた香菜を思い出していた。敗北感……。直之の中で、それが大きくなっていく。

『あぁ、凄い。もっと固くなってきた。イッちゃうの? イッて。愛してる』
香菜はそう言って、直之にキスをしてきた。そして、キスをしたままめちゃくちゃに腰を振る。すると、直之はあっけなく射精を始めてしまった……。
『フフ。ドクンドクンってなってるね』
嬉しそうに言う香菜。直之は、やっと興奮が収まっていった。

『なお君、今日は凄かったよ。あんなに固くなるんだね。伊黒さんに焼きもち焼くと、こうなるのかな?』
香菜は、少し恥ずかしそうに言う。直之は、
「……そうかもね。本当に、なにもなかったの?」
と、あらためて質問した。香菜は、まだ直之の上に乗ったまま、
『どう思う? 本当はどうだったと思う?』
と、質問に質問を返した。
「そ、それは……」
口ごもる彼。全てを知っているとは言えない状況に、直之は挙動不審になってしまう。
『手は繋いだよ。恋人みたいに、ずっと繋いでたんだ』
香菜は、挑発的に言う。直之は、
「……そうなの? それだけ?」
と、声を震わせながら聞く。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

海外赴任が決まった友人が、俺の嫁とデートをさせてくれと言ってきた3(オリジナル 転載禁止)

前回の話

直之は、荒い息遣いのまま動画を見つめている。飛び散った精液を拭き取りながら、画面の中の二人を見つめる直之……。画面の中では、二人は抱き合ったままキスを続けている。

直之は、強烈な後悔を感じていた。どうして二人のデートを許可してしまったのだろう? 一泊で行くことを、なぜ許可してしまったのだろう? そんな後悔で、胸が潰れそうになっている。

『明日もあるんだよね。楽しみだね。朝ご飯、どこで食べる?』
香菜は、甘えた声で伊黒に話しかける。二人はまだ全裸のままで、繋がった状態だ。

伊黒は、香菜の上から身体をどかしながら、
「キャラクターと一緒に食べるところ行ってみようか?」
と、優しい声で言う。
『うん。そうする。楽しみだね。そういえば、お部屋って何時まで使えるの?』
香菜が、伊黒の胸に頬を寄せながら聞く。甘えた仕草……そして、幸せそうな表情。直之は、強い危機感を感じていた。香菜は、完全に伊黒に心を許してしまっている……。すぐに電話をして呼び戻そう……。そんな気持ちにもなっている。でも、スマホの画面から磁力が出ているみたいに、目が離せない状態になってしまっている。

「11時かな? 先に朝ご飯食べて、一回戻ってくる? 荷物とか車に運ばないとね」
彼はそう言う。
『うん。そうしたい。その時も……その……抱いて欲しい』
香菜は、モジモジと本当に恥ずかしそうに言う。
「うん。俺もそのつもりだったよ」
伊黒が、優しい口調で言う。すると、香菜は嬉しそうに伊黒に抱きつき、
『フフ。気が合うね。身体の相性も良いし、大好き。さっき言ったこと、本当? 私のこと、ずっと好きだった?』
と、甘えた声で聞く。直之は、この地獄はいつ終わるのだろう? と、思いながら画面を見つめる。
「うん。本当だよ。でも、そんなこと言えないしね。やっと言えて、すっきりしたよ」
伊黒は、少し申し訳なさそうな感じになっている。やはり、カメラで撮影していることを意識しているのかもしれない。そして、二人は一緒にお風呂に行ったり、ソファでくつろいだりしながら過ごす。直之は、ただその動画を見続けていた。

散々イチャイチャした後、二人は仲良く一緒のベッドで寝始めた。動画は、二人が抱き合ったまますぐに眠りにつく姿を映し続ける。直之は、やっと終わった……。そんな気持ちで動画を見ていた。すると、伊黒がそっと起きだし、ベッドから降りる。そして、真っ直ぐにカメラの方に歩いてきて手を伸ばす。動画は、そこで終わった……。

直之は、強い眠気を感じながらも色々なことを考えていた。手遅れになる前に、伊黒に話をした方が良いかもしれない……。香菜にも、早く戻ってくるように電話をした方が良いのかもしれない……。そんなことばかりを考えてしまっている。

直之は、スマホを気にしながらも、気を失うように眠りについた。翌朝、直之は目が覚めるとすぐにスマホを見た。でも、メッセージもなにもない。直之は今日は会社が休みなので、いつもならもう少しゆっくりと眠る。でも、今日はすっかりと目が覚めてしまっているようだ。

朝から、ずっとスマホを気にする直之……。でも、特になにも動きはない。そのまま、昼になる。昨日話していたとおり、朝もセックスをしたのだろうか? そんなことが気になってしまう直之は、再び昨日の動画を見始めた。

二人が、愛していると言い合いながらセックスをする姿……。直之は、それを見てどうしてこんなに興奮してしまうのだろう? と、思いながらオナニーをしてしまう。すぐに射精をすると、罪悪感と自己嫌悪に陥る。

そして夕方になると、メッセージが届いた。
”wifiないから、写真だけ”
短いメッセージとともに、URLが届く。すぐにタップすると、クラウドストレージが開く。新しいフォルダを確認すると、写真がたくさんアップロードされていた。

昨日見た写真とは、明らかに違う親密な二人。恋人に向けるような表情で映っている香菜の顔を見て、直之は泣きそうな顔になっている。一緒にキャラクターと映る二人。アトラクションの列に並ぶ二人……。どれも、本当に楽しそうな表情をしている。

直之は、セックスをしている姿を見るのと同じくらいのショックを受けていた。伊黒のことを、昔から好きだと言った香菜……。直之は、それに気が付かなかった。香菜は、気持ちを隠して伊黒と接していたんだなと思うと、直之は切ない気持ちにもなってしまう。

直之はダメージが大きく、写真を見るのをやめた。そのまま、放心状態のようになった彼。そのまま夜になった。そろそろ帰ってくるかな? 直之は、そんな風に思い始めた。でも、22:00を過ぎても帰ってくる気配もない。そして、昨日から今に至るまで、結局香菜からの連絡はなかった。

すると、またメッセージが届く。すぐに確認すると、動画が一本だけアップロードされていた。直之は、すぐに再生を始める。動画は、また伊黒のアップから始まる。カメラをセットして、撮影を始めた場面からだ。

『お待たせ~』
香菜の声が響き、伊黒は慌てて声の方に身体を向ける。すると、香菜が画面に映り込んでくる。身体にタオルを巻いただけの姿だ。
「あ、じゃあ、俺も浴びてくる」
伊黒が言うと、
『平気だよ。時間もったいないし……』
と、香菜は言いながら伊黒に抱きついてキスをし始めた。窓の外は明るい。もう、昼間だとわかる。直之は、どのタイミングなのだろう? 朝食後なのだろうか? そんなことを考えた。

そんなことを考えている直之の前で、二人は濃厚なキスを続ける。舌が絡み合い、お互いの口の中をかき混ぜるような熱烈なキスだ。

『座って』
香菜が伊黒に言う。素直にソファに座る伊黒。香菜は、すぐにファスナーに指をかけて脱がしていく。ズボンとパンツが膝まで降ろされ、そそり立つペニスがあらわになる。
『フフ。凄いね。明るいところで見ると、怖いくらいだね』
香菜はそう言って、すぐにペニスをくわえてしまった。
「あぁ、香菜ちゃん、シャワー浴びてないし……」
慌てる伊黒。
『平気だよ。伊黒さんのなら、全然平気。すごく固いね。興奮してる?』
香菜は、興奮した声で聞きながらペニスを舐め続ける。息遣いも荒くなっているのがわかるくらいだ。
「してるよ。すごく興奮してる。だって、香菜ちゃんとこんなことが出来るなんて、夢みたいだから」
伊黒は、本当に嬉しそうな顔で言う。香菜は、
『私もだよ。夢が叶って嬉しい……。伊黒さんの、本当に凄い。大きくて固くて、ドキドキする』
香菜は、そう言いながらフェラチオを続ける。直之は、敗北感にさいなまれながらも、堪えきれずにペニスを出してしごき始めた。

伊黒との1泊のデートによって、直之も香菜も、隠れていたものが一気に噴出してしまったような状況だ。直之の性癖、香菜の本当に気持ち……。それは、こんなことをしなければ、ずっと表に出てこないものだったはずだ。

香菜は、夢中でフェラチオを続ける。心を込めて、丁寧に愛情を込めてしているように見える。
『ここも凄いね。こんなに張り出してたんだ……。これがこすれて、頭真っ白になっちゃった……』
香菜は、興奮した声で言いながらフェラチオを続ける。伊黒は、
「香菜ちゃん、気持ち良いよ。すごく気持ち良い。俺も、舐めたい」
と、興奮した声で言う。すると、香菜はスッと立ち上がって身体のタオルを外す。ソファに座る伊黒の前で、全裸になってしまった。窓から明るい日差しが差し込み、香菜の裸体もハッキリと見えてしまっている状況だ。

「綺麗だよ。凄く綺麗だ」
伊黒は感動したような顔で言う。そして、すぐに香菜の大きな胸にむしゃぶりついていく。
『あっ、んっ、伊黒さん、好き』
香菜は、とろけた声を漏らしながら、伊黒の髪に指を絡めていく。
「すごく固くなってる。香菜ちゃんも、興奮してるんだね」
嬉しそうに言う伊黒。香菜は、
『してるよ。だって、伊黒さんの舐めてたら、身体の奥が熱くなるの……』
と、恥ずかしそうに言う。
「俺もだよ。香菜、愛してる」
伊黒は、香菜の名前を呼び捨てにして愛の言葉をささやく。香菜は、嬉しそうな顔になり、
『研二、愛してる。海外に行っちゃうまで、毎日会いたい。毎日抱いて欲しい……』
香菜は、感情を込めて言う。直之は、香菜の本気が伝わってきて、危機感で汗が噴き出す。脇や背中に冷たい汗を感じながらも、ひたすらにオナニーを続けてしまっている……。

直之は、自分がおかしくなってしまったと感じていた。普通なら、すぐに香菜に電話をするべきだと思っている。でも、それをする事なくオナニーを続けてしまっている。直之は、自分が壊れてしまったのかな? と、怖くなってもいた。

すると、伊黒が身体をかがめるようにして香菜の下腹部を舐め始めた。一瞬、身をよじろうとした香菜。でも、伊黒の舌がクリトリスに触れると、
『うぅあっ、研二、気持ち良いっ』
と、一瞬でとろけて声をあげてしまった。伊黒は、香菜の膣口を舐め続ける。クリトリスに舌が触れる度、香菜はのけ反るようになったり、身体を折り曲げるようにして震わせたりする。
『気持ち良いっ。研二、凄いの、こんなの初めて。すぐイッちゃいそうだよ』
香菜は、甘えたような、媚びるような声で言う。直之は、自分の妻が他の男に媚びるような仕草をしていることに、絶望的な気持ちがわき上がる。でも、それすらも快感に変換されたように、ペニスをしごき続けてしまっている。

「香菜ちゃん、溢れてくるよ。もっと気持ち良くなって。俺のこと、ずっと忘れないようにもっと感じて欲しい」

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

親父の再婚相手は、親父よりも俺と歳が近い地味系巨乳だった6(オリジナル 転載禁止)

前回の話

結衣さんとの生活は、どんどんエスカレートして行ってしまった。親父が出張でいないときは、ほぼ毎日セックスをするようになってしまった。結衣さんが生理の時でも、口でしてくれる感じだ。

麻衣さんみたいな可愛らしくておっぱいの大きな女性と、毎日のようにセックスが出来るのは、童貞だった俺にとっては夢のような日々だ。でも、血が繋がらないとはいえ、自分の母親にあたる結衣さんとセックスをすることに、罪悪感は感じてしまう。


人の気配に目が覚めると、結衣さんが俺のペニスをくわえていた。俺は、寝たふりを続けながら薄目を開けて状況を確認する。麻衣さんは、全裸だ。そして、俺のズボンとパンツを脱がせてフェラチオをしている。
『んっ、んっ、うぅぅっ、んぅ~っ』
麻衣さんは、ひたすら頭を振りながら、俺のペニスを責め立てる。でも、よく見ると、麻衣さんの手は股間の方に伸びていてせわしなく動いている。もう少し目を開けて確認すると、麻衣さんは膣に入れたディルドを動かし続けていた。

オナニーしながらのフェラチオ……。そんなに欲求不満が溜まっているのだろうか? つい、数時間前にもセックスをしたばかりなのに、麻衣さんはどうしてしまったのだろう? 俺とのセックスを経験して、麻衣さんは弾けてしまったように感じる。もともと淫乱な体質だったのかもしれないが、出会った頃はそんな風には少しも見えなかった。

『あぁ、固い。勇気君のチンポ、ガチガチになってる。欲しい……オマンコに入れて欲しい……生チンポで、イカせて欲しい』
麻衣さんは、そんな言葉をささやきながらフェラチオを続ける。一応、俺を起こさないように声を潜めているような感じはある。

麻衣さんの舌は、俺のペニスのカリ首を責め立てる。舌で強くこするように舐めたり、バキュームをして痛いくらい吸ってくる。それだけではなく、睾丸を口に含んでくれたり、竿を甘噛みしてきたりもする。とにかく、本当に気持ちいいフェラチオだ。
最初の頃は、麻衣さんは本当にフェラチオが下手くそだった。童貞の俺でも、それはわかるくらいだった。でも今は、気を抜くと口でイカされてしまうこともあるくらいに、すっかりと上達してしまった。

『うぅぅ、イクっ、イクっ、うぅっ!』
麻衣さんは、ディルドを狂ったように動かしながらイッてしまったようだ。でも、身体をガクガクと震わせながらも、フェラチオは止めようとしない。俺も、射精感が高まってきてしまった。すると、麻衣さんはフェラチオを止めてペニスを口から吐き出し始めた。俺は、一瞬不満を感じた。生殺しみたいになってしまう。でも、そう思ったのもつかの間、麻衣さんがまたがってきた。

『うぅあぁ、太い。おチンポ太いのぉ』
麻衣さんは、とろけた声で言いながら腰を下ろしてくる。そして、根元まで完全に入れてしまうと、腰をなまめかしく前後や上下に動かし始めた。まるで、官能的なダンスでも踊っているような腰の動き……。僕は、ペニスを握ってしごかれているような感覚になってきた。

圧倒的な快感……。でも、また生で入れてしまった。コンドームを使った方が良いと言っても、麻衣さんは平気で生挿入をしてしまう。赤ちゃんが出来てしまったらどうするつもりなのかと聞くと、
『フフ。大丈夫。正人さんと勇気君は親子でしょ? DNAも一緒のような物よ』
と、答えになっていないような返答をするばかりだ。

麻衣さんは、上下に激しく腰を振りながら、あえぎっぱなしになってきた。もう、声を潜めるのをあきらめたような声であえいでいる。
『気持ち良い。勇気君のおチンポ、本当に凄いの。こんなの知ったら、もう戻れない。あぁ、ダメぇ、またイッちゃう。勇気君のおチンポで、息子のおチンポでイッちゃうのっ』
麻衣さんは、声を震わせながら言う。麻衣さんも、母子でセックスをしていることに、罪悪感と背徳感を感じているようだ。

すると、いきなり麻衣さんが倒れ込んできて、俺にキスをしてきた。すぐに舌が飛び込んできて、俺の舌を絡め取っていく。
『んっ、んふぅ、んぅっ、ふぅ~~っ』
麻衣さんは、必死で舌を絡めながら狂ったように腰を振り続ける。俺は、さらに射精感が増していき、すぐにでも出てしまいそうな感覚になってきた。

『あぁ、カチカチになってきた。出して。ママの中に出して。ママのこと、妊娠させてっ』
麻衣さんは、興奮しきった声で叫ぶ。眼鏡をかけた、地味な感じの女性……。それが第一印象だった。あの時は、胸が大きいなとは思いながらも、きっとこの人はセックスなんかにはたいして興味がないんだろうなと思っていた。

俺は、イキそうなのを必死でこらえる。でも、寝ているフリがバレないように、あまり力むことも出来ない。そもそも、寝たふりをする必要もなさそうに感じるが、なんとなく今さら起きているアピールもしづらい。

『イッてっ、出してっ! ママのこと、妊娠させてっ』
麻衣さんは、そんなとんでもないことを口走りながらまたキスをしてきた。ギュウっと締まる膣。軽い痛みを感じるレベルだ。そして、俺の口の中で暴れ回る麻衣さんの舌。俺は、最高の気持ちになっていた。ほとんど我慢することも出来ず、あっけなく麻衣さんの膣中に射精を始めてしまった。

『うぅうぅう゛っ!! 出てるぅ、勇気君のザーメン、子宮に全部入っていくのぉ』
麻衣さんは、腰のあたりを中心にガクガクと震わせながら、膣を何度も何度も収縮させていた。俺は、最後の一滴まで搾り取られているような感覚になりながらも、うめき声を堪えていた……。

『またやっちゃった……。勇気君のオチンポ、本当にダメ……。気持ち良すぎてダメになる……』
麻衣さんは、少し反省したような声で言いながら、俺の上からどいた。そして、お掃除フェラを始めてくれた。竿の中の残りまで、吸い取るようにバキュームしてくれる麻衣さん……。喉を鳴らして飲み干すと、
『フフ。美味しい。勇気君のザーメン、濃くて美味しい』
と、恍惚としたような声で言う。俺は、麻衣さんの膣中に射精するより、飲んでもらう方が嬉しいと感じてしまう。膣中に出すのは、確かに圧倒的に気持ち良いが、妊娠させてしまったらどうしよう? そんな不安で息が詰まりそうになる。

麻衣さんは、その後もしばらくフェラチオしてくれた後、俺のパンツとズボンを穿かせ始めた。そして、自分もパジャマを着ると、俺の横で寝始めた。俺の部屋のベッドは、もともとシングルベッドだった。でも、ある日帰宅すると、ダブルベッドに変わっていた。麻衣さんは、恥ずかしそうにモジモジしながら、
『ベッド、かなりくたびれてたから、買い換えておいたよ』
と、言った。俺の部屋のベッドは、まだ買って1年ほどしか経っていない物だった。麻衣さんの考えはよくわかっていたし、嬉しいと思っていた。でも、やっぱり良いのかな? と、自問してしまう感じだった。

麻衣さんは俺の腕を勝手に動かし、腕枕にする。腕に麻衣さんの重みを感じて、俺は幸せな気持ちになる。麻衣さんは、頭というか顔を俺の胸のあたりに埋めるようにしてくる。そして、すぐに寝息を立て始めた。
俺の胸で眠る麻衣さん……。可愛すぎて倒れそうだ。そして、俺も射精の疲れで、少しすると寝てしまった……。

麻衣さんとの生活は、セックスに染まっているような感じだ。食事をしているときも、テーブルの下にもぐり込んできて、俺のペニスをくわえてくる。
「ちょ、ちょっと麻衣さん、まだ食べてるよ!」
慌てて俺が言うと、
『だって、欲しくなっちゃったんだもん。ねぇ、食べさせてあげる』
麻衣さんはそう言って、俺の膝の上に乗ってくる。そして、対面座位で挿入すると、一瞬でとろけた顔になる。膣肉に包み込まれる感触……。気持ち良くて、思わずうめいてしまう。麻衣さんは、俺の食べかけのハンバーグを口に含むと、咀嚼した後キスをしてきた。俺の口内に流し込まれるハンバーグ……。俺は、興奮状態でそれを飲み干す。
『美味しい?』
麻衣さんも、トロンとした顔で聞いてくる。俺は、美味しいと告げた。その後も、ご飯や卵焼きを口移しで食べさせてくる麻衣さん。俺は、興奮しながらそれを食べさせてもらう。麻衣さんは、腰を微妙に動かしながら口移しで食べさせてくれて、そのまま激しいキスに切り替わっていった。
口移しで食べさせてもらうのがこんなに興奮するのはどうしてだかわからないが、俺はもう、食事どころではないくらいに興奮してしまった。

『フフ。勇気君のカチカチになった。そんなに興奮してくれたの? 嬉しいな』
麻衣さんは、口の周りをドロドロにしながら言う。麻衣さんも、かなり興奮しているようだ。俺は、腰を突き上げるように動かし始めた。
『あぁっ、勇気君、気持ち良い。もっと、もっとして。ママのオマンコ、壊れるくらいに突いてっ』
とろけた顔で言う麻衣さん。俺は、麻衣さんのキスをしながら腰を突き上げ続ける。エプロン姿のままの麻衣さん……。凄く可愛らしい。そんな麻衣さんが、セックスに狂っている……。俺は、ギャップに興奮しながらも、夢中で腰を動かし続ける。まだ食事は終わっていないのに、麻衣さんのペースにハマってしまっている……。

『勇気君、気持ち良いの。すぐイッちゃう。勇気君、好き。大好き。いっぱい出してね。ママのこと、妊娠させてね』

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

海外赴任が決まった友人が、俺の嫁とデートをさせてくれと言ってきた2(オリジナル 転載禁止)

前回の話

伊黒と香菜は、ずっとキスをしている。膣中に精液を注ぎ込まれたまま、固く抱き合いキスをする香菜。直之は、涙を流しながらも今まで経験したことがないくらいに強く勃起している。

少しすると、香菜が恥ずかしそうに、
『しちゃったね……』
と言った。
「香菜ちゃん、ゴメン。裏切らせるようなことさせちゃって……」
伊黒は、本当に申し訳なさそうな顔で言う。


『した後にゴメンって、一番言っちゃダメな言葉だよ』
香菜はそんなことを言うが、口調は明るい。
「ゴ、ゴメン。でも、裏切らせちゃったのは事実だし……。気持ちを抑えられなかったよ」
伊黒は、動揺もしているような感じだ。
『私もだよ。気持ちを抑えられなかった……。伊黒さん、ずっと好きだったの。抱いてもらえて、嬉しいよ……』
香菜は、はにかむように言う。
「俺も好きだった。夢みたいだよ。でも、中に出しちゃったのは……。マズいよね?」
伊黒は、まだ申し訳なさそうに言う。射精したことで冷静になる男性と、何度でもイケる女性との違いが出ているようだ。

二人の会話を、直之はハラハラしながら聞いている。まさかの事態……。多少想像していた悪い筋書きよりも、はるかに悪い現実に、直之は動揺を隠しきれない。

『そうだね。でも、中に出して欲しいって思った。伊黒さんので、満たしてもらいたいって思った。伊黒さん、大好き……』
甘えた声で伊黒に抱きつき、キスをねだるような仕草をする香菜。伊黒も香菜を優しく抱きしめながら舌を絡めていく。

『伊黒さんの、また固くなってきた。このまま、続けて出来る?』
香菜は、恥ずかしそうに聞く。
「もちろん。香菜ちゃんとなら、何回でも出来るよ」
伊黒はそう言って、ゆっくりと腰を動かし始めた。さっきの荒々しいセックスではなく、ゆっくりとした動きのセックス……。お互いの気持ちを確かめ合うようなセックスに、直之は動揺していた。気持ちが盛り上がりすぎて、冷静さをなくしてついセックスをしてしまった……さっきのセックスはそう見えた。でも、今の二人のセックスは、お互いを見つめ合い、慈しむようにキスを繰り返している。勢いでしてしまった過ちという感じではない。

「香菜ちゃん、好きだ。ずっと一緒にいたい」
伊黒は、感情を込めて言う。
『私も。ずっとそばにいたい。会えなくなるなんて、本当に悲しい』
香菜は、泣きそうな声で言う。そして、何度もキスをしながら、スローペースのセックスが続く。お互いに、まだ服を全部脱いでいないまま夢中で愛し合っているようだ。

『伊黒さん、すごく気持ちいいの。こんなの知らなかった。ずっとこうしてたい。好き。大好き』
香菜は、感極まったような声をあげ続ける。本当に、気持ち良くて仕方ないような仕草だ。
「もっと気持ち良くなって。俺のこと忘れないように、もっと感じて」
伊黒も、感情を込めて言う。

そんな二人の濃厚なセックスを見て、直之は絶望的な気持ちになっていた。でも、絶望的な気持ちとは裏腹に、股間だけは別に生き物になったように脈打つように動いている。
直之は、この状況でなぜ勃起しているのか理解出来ないまま、画面を見続けている。そして、ほとんど無意識で股間をまさぐり始めていた。
ズボンの上からまさぐるだけで、驚くほどの快感を感じている直之。血走ったような目で画面を見つめながら、固くいきり立ったペニスをまさぐり続けている。

『ダメ、イク、イク、うぅっ』
香菜は、小さな声で果てる。
「良いよ、もっとイッて。もっと感じて」
伊黒は、そんな風に声をかけながら腰を動かし続ける。大きなベッドの上で、夢中で愛し合う二人。窓の外に、花火が上がっているのが見える。テーマパークの中のホテル。そこで、花火も見ずに愛し合う二人。そして、その光景を見ながらオナニーを続ける直之。

香菜は、その後も何度もイッてしまう。直之は、自分とのセックスではこんなに何度もイク事がないのにな……と、敗北感を感じていた。

『伊黒さんは気持ちいい? 感じてくれてる?』
香菜は、感情を込めて質問する。伊黒は、すぐに気持ちいいと答える。
『私が上になる。伊黒さんにも、いっぱい気持ち良くなって欲しい』
そう言って、香菜は伊黒の下から抜け出した。このタイミングで、やっと二人は残った服を脱ぎ始めた。服を脱ぐのももどかしくセックスを始めた二人だったが、やっと全裸になった。

香菜は、仰向けで寝転がる伊黒に覆い被さるようにしてキスをする。そして、そのまま下にずれていき、彼の乳首を舐め始めた。指と舌で伊黒の乳首を責め続ける香菜……。伊黒は、気持ちよさそうな声であえぐ。
「香菜ちゃん、気持ちいいよ。すごく気持ちいい」
伊黒は、感情を込めて言う。香菜は、嬉しそうな顔になり、
『もっと気持ち良くなって欲しい。私の事、忘れないように。向こうで良い人が見つかっても、忘れないで……』
と言った。そして、伊黒のペニスを舐め始める。心を込めてフェラチオを続ける香菜。伊黒は、
「忘れるはずないよ。香菜ちゃん、好きだよ」
と、答える。

香菜は、一生懸命に口で奉仕を続ける。直之は、香菜に口でしてもらう事があまりない。ただでさえ早漏気味なので、口でしてもらうと、より早くイッてしまうからだ。

直之は、自分にする以上に心を込めて口でする香菜を見て、さらに敗北感と嫉妬が強くなっていく。
『本当に、固い。伊黒さんの、大きくて固い……。こうしてるだけで、ドキドキしちゃう』
香菜は、興奮気味の声で言う。牝の本能か、伊黒の立派な物をくわえているだけで、快感を感じているような顔になっている。
「そんなに違う? 気持ちいい?」
伊黒が質問すると、香菜はすぐに、
『全然違う……。知らなかった。こんなに違うんだね。気持ち良すぎて怖いくらいだよ』
と、恥ずかしそうに言う。直接的な表現はないにしても、直之は自分の事を言われていると感じ、強い劣等感を感じていた。

『もう、入れても良い? 欲しくて我慢出来なくなっちゃった。はしたないよね……』
香菜は、本当に恥ずかしそうだ。でも、恥じらいながらもすぐに伊黒にまたがり、ペニスを自ら導いていく。
『うぅっ、太い……。伊黒さんの、太くて固い……』
香菜は、恥ずかしそうに言いながらも腰をどんどん降ろしていく。そして、根元まで挿入してしまった。
『あぁ、ダメぇ、入れただけなのに、イッちゃう……』
香菜は、身体を震わせるようにしながら言う。
「香菜ちゃん、俺もすごく気持ちいいよ」
伊黒も本当に気持ちよさそうだ。

香菜は、すぐに腰を動かし始める。ぎこちない動きで、腰を上下に動かし続ける。
『あっ、あんっ、うぅっ、これ凄い。さっきより、奥まで入ってるのっ。うぅっ、あっ、あんっ、気持ちいいっ、こんなの初めてっ』
香菜は、我を忘れたように腰を上下に動かし続ける。動く度に揺れる胸、そして、荒い息遣いとあえぎ声。直之は、まさかこんなにも香菜が夢中になるなんて、少しも想像していなかった。
二人が一緒に泊まると決まったとき、少しは想像した。でも、二人の性格を考えたとき、それはないだろうなと安心もしていた。それなのに、二人は我を忘れたように愛し合っている。
裏切られたという思いを抱きながらも、直之はオナニーまがいの事を続けてしまっている。

「痛くない? 大丈夫?」
伊黒が心配そうに質問する。
『痛くない。気持ちいいの。こんなの知らなかった。奥まで届くと、胸がキュンてなっちゃう。頭も真っ白になる。もっと好きになっちゃう。伊黒さん、好き。大好き。どんどん好きになっちゃう。好きがあふれちゃう』
香菜は、恋する女の子に戻ってしまっているような感じだ。そして、身体を折り曲げるようにして伊黒にキスをし始めた。絡み合う舌。なまめかしく動く腰。直之は、ますます画面に目が釘付けになっている。彼は、画面を凝視しながら、さっきから射精してしまいそうな感覚に陥っていた。

「香菜ちゃん、もう出そう」
伊黒が余裕のない声で言う。すると、香菜は、
『イッて。中に出して欲しい。伊黒さんの、全部受け止めたい。好き……。あ、愛してる』
と、恥ずかしそうに言いながらキスをした。そのまま激しく腰を動かし続け、夢中で舌を使い続ける香菜。少しすると、伊黒が香菜を抱きしめながらうめいた。

『あぁ、伊黒さん、出てる……ドクンドクンってなってる……好き、愛してる』
香菜は、うっとりしたような感じで言う。中に出されながら、幸せそうな顔をする香菜……。直之は、そんな彼女の表情を見ながら、パンツの中に射精をしてしまった。

伊黒は、うめきながら射精を続ける。そして出し終えると、
「香菜ちゃん、愛してる。ずっとずっと想ってた」
と、感情を込めて言う。本当に、香菜の事が好きでたまらないという感情が伝わってくるような言い方だ。直之は、自分が射精してしまった事に強く動揺をしている。どうして興奮してしまったのだろう? どうして、こんなにも快感が強いのだろう? そんな疑問で頭が混乱してしまっているようだ。

『花火、終わっちゃったね……』
香菜が、唐突に言う。
「ホントだ。見れなくて残念だね」
伊黒は、少しけだるそうに言う。
『明日見ようよ。明日も、閉園まで一緒にいたい』
香菜が切なそうに言う。
「そうだね。まだ、明日もあるんだよね。この後はどうする? まだ閉園まで時間あるよ」
伊黒が質問する。
『じゃあ、まだ遊ぼ。でも、今からは恋人同士で。友達じゃなくて、恋人として』

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

海外赴任が決まった友人が、俺の嫁とデートをさせてくれと言ってきた(オリジナル 転載禁止)

「え? 香菜となんだって?」
直之は、思わず聞き返した。親友の伊黒の言った言葉が、聞こえてはいるけど理解できなかったからだ。伊黒は、
「いや、しばらく戻れなくなっちゃうから、思い出に香菜ちゃんとデートさせて欲しいなって……。ダメかな?」
と、言った。切れ長の目でクールな印象の伊黒が、モジモジとしながらそんなセリフを言うことに、直之はさらに驚いた。

直之と伊黒は、高校時代からの付き合いだ。中肉中背でルックスもごく普通の直之と、ちょっと怖い印象を持たれがちだけがルックスの良い伊黒は、なぜか初対面の時から馬が合った。
あまり女性にもてない直之に、モテて仕方ない伊黒が女の子を紹介したりすることもあった。

そんな伊黒が、海外赴任が決まった途端、急に直之の妻の香菜とデートがしたいと言い出したことは、直之にとっては青天の霹靂だった。

「それって、本気で言ってるの? なんで今さら香菜とデートしたいの?」
直之は、驚いていると言うよりは怪訝な顔で質問する。直之と香菜は大学の頃に出会った。なので、もう7年くらいは経過している。当然のことながら、伊黒と香菜の付き合いも7年経つ。

直之と香菜、伊黒と当時の彼の彼女とで、ダブルデートもしたことがあるし、3年前に直之と香菜が結婚してからは、頻繁に家に遊びに来たりもしている。
直之は、伊黒が香菜を女性として見ていることにも驚いていた。二人は、とても仲が良い。見ていて、気の合う良い友達なんだなと思っていた。

「香菜ちゃん、可愛いなってずっと思ってたんだよね。でも、直之の嫁さんだから、女としては見ないようにしてたんだけど、何年か会えなくなると思ったら一回くらいデートしたいなって……」
伊黒は、照れくさそうに言う。いつもクールな彼が、こんなに照れくさそうにしているのはこの先二度と見れないかもしれないなと思いながら、直之は会話を続けている。

「別に、俺はかまわないけど。香菜がOKなら、良いよ。て言うか、今まで二人でどっか行ったことなかったっけ?」
直之は、ぼんやりした記憶を遡りながら聞く。
「いや、ないよ。コンビニに行ったことくらいはあるかもしれないけど、どっかに遊びに行ったりはないよ」
伊黒は、きっぱりと答える。直之は、そうだっけと生返事をしながら、
「じゃあ、香菜に聞いてみるよ」
と、言った。そして、すぐにスマホで香菜に連絡を取り始める。それを見て、伊黒は慌てて止める。
「いや、電話じゃなくて、直接話してみてよ。て言うか、俺がいる前で話してくれるとありがたいな」
そんな風に言う伊黒。直之は、伊黒には沢山の借りがあるので、これくらいは仕方ないなと思っていた。そして、デートと言っても、別におかしな事にはならないだろうと、伊黒のことを信頼していた。

「じゃあ、これからウチに来るか? 飯もまだだろ?」
直之は、そんな風に誘う。伊黒は、喜びながらうなずいた。そして、二人は直之の自宅に向けて移動を開始する。直之の車に乗りこむと、直之はいろいろと質問を始めた。
「海外赴任って言っても、たまには帰ってこられるんだろ?」
「異常に交通の便が悪いところなんだよ。基本、船しかないし。5年くらいは行ったきりになるかな?」
「マジか……。今時、そんな場所あるんだな」
「セニョール・デ・ロス・ミラグロス市場って、聞いたことないか? ほら、テレビでもたまに取り上げてるアマゾンの奥地の」
「いや、聞いたことない。て言うか、アマゾンなの? それって、赴任なのか? 島流しっぽいけど」
「まぁ、新規開拓みたいな感じだからな。でも、可能性がヤバい。ほぼ手つかずだから、上手く行けば独占できるかもしれないんだよね」
そんな会話を続ける二人。一区切りつくと、直之は香菜とのことを聞き始めた。
「デートって、なにするの?」
「ディズニーランドとシー。出来れば、泊まりで行きたいんだけどダメかな? 1日じゃ、二つは回れないからさ」
「え? 泊まり? 一緒の部屋で?」
直之は、少し動揺している。思っていたのとは違う内容に、割と真剣に衝撃を受けているようだ。
「うん。シーの中のホテル、高いから」
「え? 中のホテルに泊まるつもりなの?」
「うん。一回泊まってみたいって思ってたんだよ」
「それは、香菜も喜ぶと思う。ずっと泊まりたいって言ってたからな」
「マジで? でも、良いの? そんなこと言ってたなら、オマエと泊まった方が良い気がするけど」
「俺はそんなにディズニーに興味ないからね」
「そうなんだ。じゃあ、悪いけど香菜ちゃん借りるよ」
「あ、あぁ」
そんな会話をしていると、車は直之の駐車場に到着した。直之は、複雑な心境を処理し切れていないような表情をしている。それに引き換え、伊黒は嬉しそうな笑顔だ。そして家に入ると、
『あれ~。伊黒さんだ! いらっしゃいませ。嬉しいな』
と、香菜は本当に嬉しそうな笑顔で言う。エプロン姿の彼女は、夕ご飯を作っている最中だ。大きな胸がエプロンを盛り上げていて、イヤでも目がそこに行ってしまう。
香菜は、先月29歳になった。ほがらかで明るい性格の彼女は、いつでもニコニコしている。童顔気味と言うことも相まって、とても若く見える。いまだに学生と間違えられることも多い。

伊黒は、クールな顔をくしゃくしゃにして笑っている。本当に嬉しそうだ。
「お邪魔します。香菜ちゃん、いつも可愛いね」
伊黒は、いつものように香菜のことを褒めながら靴を脱ぎ始める。香菜は、
『そんなことないよ! 私なんて、全然可愛くないもん。伊黒さんは、いつも格好いいよ』
と、頬をほんのりと赤くしながら言う。社交辞令とかそんなことは考えず、人の言葉をそのまま受け取るのが彼女の良いところだと直之は思っている。

ただ、実際に香菜のルックスは可愛らしい。パッチリした二重まぶたに、整った顔。童顔気味なので綺麗と言うよりは可愛いと言われることが多いが、本人はあまり自覚がない。
ピンク色の物が好きで、エプロンも可愛らしピンク色の物を身につけているが、アラサーなのに痛いかな? と、最近は気にしているようだ。

『伊黒さん来るなら、もっと良いの作れば良かったな。ゴメンね』
そんな風に言いながら配膳をする香菜。肉じゃがや焼き魚などの、ごく普通の夕食だ。でも、伊黒は嬉しそうに、
「こういう普通の夕ご飯が一番だよ。香菜ちゃんが作ってくれるな物なら、何でも美味いんだけどね」
と、言う。その言葉を聞いて、本当に嬉しそうに微笑む彼女。

直之は、いつも見慣れた光景にハッと気がついたような気持ちになる。どう見ても、二人はお互いに好意を持っている。友人と言うよりは、男女の好意に見える。今まで、そんなことを考えたこともなかったが、あらためて見てやっと気が付いた感じだ。

食事の終わりがけ、伊黒が直之に話し始めた。直之は、伊黒に促されるままに香菜に伊黒とのデートの件を話し始める。
『えっ? 海外に行っちゃうの? いつから? いつまで?』
香菜は、デートの話よりも海外赴任の話の方に食い付いている。伊黒が説明すると、香菜はボロボロっと涙をこぼす。香菜が泣いてしまったことで、直之も伊黒も大慌てになる。

『それって、断れないの? 5年も会えないなんて、寂しいよ』
香菜が泣きながら言う。直之は、香菜の涙を見て複雑な心境になっていた。嫉妬のような感情……それが、直之の心の中に芽生えている。
「いや、上手く行かなさそうならすぐに戻ってくるパターンもあるから。多分、そんなに上手く行かないと思うし」
伊黒はそんな風に説明をする。香菜は、
『でも、上手く行ったら5年より長くなるかもしれないでしょ?』
と、泣き顔で言う。
「でも、たまには帰ってくるつもりだし。なかなか難しいかもしれないけど、世界の果てに行くわけじゃないし」
伊黒は、直之に説明したこととは違う内容を話す。
『絶対だよ。約束』
香菜は、やっと泣き止んでそう言った。すると、伊黒が遠慮がちに、
「その……デートは?」
と、聞く。
『うん。する。出発までに、何回もする』
香菜は、そんな風に言う。直之は、慌てた顔で、
「え? 何回もするの?」
と、聞いた。
『うん。だって、しばらく会えなくなっちゃうんだよ。良いでしょ? なお君は、私が伊黒さんとデートするの、イヤ?』
つぶらな瞳で見つめながら質問する香菜に、直之はイヤとは言えなくなってしまった。
『良かった。じゃあ、すぐ予約しようよ』
そう言って、香菜はホテルのサイトを見始めた。意外に空いていて、翌週の火曜からの予約をすることが出来た。

「平日に、大丈夫?」
直之が質問する。
「あぁ、来月にはもう出発だから、会社も悪いと思ってるみたいで、いつでも休んで良いよって言ってるんだよね」
伊黒がそんな風に答える。そして、その後も色々と海外赴任の話をした後、伊黒は帰って行った。

『なお君、怒ってる? 泊まりはやっぱりやめた方が良い?』
二人きりになると、香菜が心配そうに聞く。
「……でも、下手したら何年も会えなくなっちゃうし。香菜はどうしたいの?」
直之は、心の中の葛藤と戦いながらそう言った。
『……行きたいな。なお君が許してくれるなら、行ってみたい』
香菜は、罪悪感を感じているような顔で言う。さすがに、泊まりで行くと言うことに色々と考えてしまっているようだ。
「せっかく予約も取れたんだし、楽しんで気なよ。伊黒なら安心だよ」
直之は、心の中の葛藤と戦いながらそう言った。香菜は、
『ありがとう。なお君、愛してる』
と、泣き笑いのような顔で言った……。

翌日、伊黒が直之の会社まで会いに来た。
「その……本当に良いのか?」
伊黒は、言葉に迷いながらもシンプルに質問した。
「あぁ。でも、一つだけ条件がある」
直之は、一晩考えた条件を口にした。なるべく写真や動画を撮って欲しいという内容だ。何をしてもかまわないが、何があったのかは知りたいという気持ちを伝えた。
「え? そんなことなら、いくらでも」
伊黒は、ホッとしたような顔で言う。条件と言われたときは、なにを言われるのか不安な気持ちが膨らんでいた。

ただ、直之はさらに話を続ける。ホテルの部屋で過ごすときは、隠し撮りをしておいて欲しいと言う内容だ。
「え? う、うん。でも、その……なにもないよ。変なことするつもりはないし、そういうことは絶対にないよ」
伊黒は、言いづらそうに話す。ただ、直之は驚くようなことを口にした。香菜がイヤがらなければ、何をしてもかまわないという内容だ。
「え? な、なんで? 良いのか? て言うか、香菜ちゃんも変なことするはずないよ」
伊黒は、軽くパニックになっている。
「……香菜が望むなら、その……望むとおりにしてやって欲しい」
直之は、少し悲しげに言う。
「な、なに言ってんだよ! そんなの、ダメに決まってるだろ? なんでそんなこと言う?」
まるで意味がわからないという顔になっている伊黒。直之は、
「香菜に後悔させたくないんだ。香菜がしたいことをしてやって欲しい。俺は、香菜を信じてるし、愛してるから。だから、香菜が万が一そういうことを望んで、そういうことになっても、俺の香菜への気持ちは変わらないよ」
直之は、そんなことを言った。
「……わかった。でも、そんなことにはならないよ。香菜ちゃん、本当にオマエのことが大好きだからさ。羨ましい限りだよ」
伊黒は、そう言って笑った。

そして、あっと言う間に時は流れ、出発の朝になった。でも、直之はいつも通りに仕事に向かう。香菜は、出発の準備をしながら、明るい顔で直之に話しかける。
『ホントに、ゴメンね。2日間、楽しんでくるね。お土産買ってくる!』
香菜は、明るく言う。罪悪感のような物は感じていないようだ。香菜自身、伊黒と変なことになるとは夢にも思っていないからだ。

そして、直之は落ち着かない気持ちで仕事を続ける。特に連絡もなく夕方になり、会社を出る直之。家に戻ると、とにかく落ち着きなく掃除をしたりゲームをしたり、コンビニに行ったりする彼。ずっとスマホを気にしているが、結局何の連絡もなく夜になる。

そして、落ち着かない気持ちのままスマホを気にし続けるが、気が付くと寝てしまっていた。ふと目が覚めると、伊黒からメッセージが届いていた。
”まとめてアップしておいた。確認して”
短いメッセージとともに、URLが記載してある。クリックすると、ファイルを転送するサービスのサイトに繋がる。直之は、タブレットにダウンロードをして内容を確認し始めた。それは、大量の写真や動画データだった。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

嫁と軽い露出プレイをしているうちに、友人に見てもらうことになって完(オリジナル 転載禁止)

前回の話

若い男性は、由紀恵の手でしごかれ始め、
「あぁ、柔らかい」
と、嬉しそうに言う。もう一人の男性が、
「兄ちゃんの、しゃぶってやれよ」
と、由紀恵に言う。由紀恵は、二本のペニスをしごきながら、僕の方を見てくる。不安そうな顔ではなく、妙に挑発的な感じの顔だ。そして、由紀恵は身体を折り曲げるようにしてかがみ、若い男性のペニスを舐め始めた。舌でカリ首当たりを舐め回す由紀恵……。若い男性のペニスを舐め始めた途端、膣が痛いくらいに締まり始めた。
初対面の男性のペニス。シャワーも当然浴びていない。そんなペニスを、舐めている……。そして、そんな状況なのに由紀恵は興奮している。


「あぁ、気持ちいいです」
若い男性は、戸惑った感じながらも嬉しそうな声を漏らす。中年の方の男性は、ニヤニヤと下品な顔で笑いながらそれを見つめている。

由紀恵は、しばらくカリ首当たりを舐め回した後、口を開けて若い男性のペニスをくわえてしまった。うめく男性。すごく気持ちよさそうだ。人気のない夜の公園で、由紀恵が他の男にフェラチオをしている。
僕は、こんな状況なのに興奮しすぎて射精しそうな感覚になってきている。由紀恵は、僕のペニスを膣に入れたままフェラチオを続ける。腰は動かしていないのに、膣自体が収縮するように動いていて、僕は射精を堪えるのに必死だ。

しばらく由紀恵のフェラチオが続くと、中年が由紀恵の美しい顔に太いペニスを押しつけていく。
「ねぇちゃん、俺のもくわえてくれよ」
そんな風に言いながら由紀恵の頬にペニスをこすりつけるようにする彼。僕は、美しい由紀恵が汚されていく感覚に、ドキドキしてしまった。

すると、由紀恵は中年のペニスを舐め始める。若い男性のペニスは手コキに切り替えた。
「良いね、上手いじゃん」
中年は、由紀恵に嬉しそうに声をかける。由紀恵は、熱心に中年のペニスを舐め続ける。若い男性はまだ清潔感がある。でも、この中年は腹も出っぷりと出ているし、頭髪もかなり薄い。正直、女性に相手にされるタイプには見えない。

由紀恵は、そんな男のペニスを一生懸命に舐め続けている。そして、
『本当に大きい。太すぎて、お口に入らないかも』
と、うっとりとしたような声で言い始めた。僕は、こんな不潔そうな男のペニスをくわえるつもりなんだ……と、驚いている。でも、由紀恵は大きく口を開けてそれをくわえ込んでいった。

ギリギリのサイズ感。本当に太いペニスだ。でも、由紀恵はそれをくわえていく。余裕は全くないが、なとかくわえ込んだ由紀恵。そのまま、頭を前後に動かし始める。
「ねぇちゃん、ホントにチンポ好きなんだな」
中年は下品な言い方をする。由紀恵は、そんなことを言われても無心で頭を前後に動かし続ける。手に握った若い男性のペニスも、ずっと動かし続けている。そして、膣がさらにうごめくように収縮し始める。由紀恵は、この状況に強い興奮を感じているみたいだ。

中年は、嬉しそうに由紀恵のフェラチオを受け続ける。由紀恵は、かなり苦しそうな顔になっているが、それでもフェラチオをやめない。こんな事までするなんて、由紀恵はなにを考えているのだろう? 僕を興奮させるため? でも、さすがにやり過ぎにしか思えない。

すると、中年が、
「もっと奥までくわえろよ。ほら、口開けろ」
と言いながら、腰を使い始めた。由紀恵の頭を両手で固定し、セックスでもするように腰を振る彼。由紀恵は半分程までしかくわえられていなかったが、中年は無理矢理押し込んでいく。ほとんど根元までペニスを押し込まれている由紀恵。一気に顔が真っ赤になり、えずくような声をあげ始める。

「ほらほら、喉まで届いてるぞ。気持ちいいだろ」
そんな風に言いながら、由紀恵の口を犯し続ける彼。由紀恵は涙目になって吐きそうな声をあげながらも、無抵抗だ。まるっきり、由紀恵がオナホにされてしまったような状態だ。

僕は、由紀恵の人格が無視されてオナホ代わりになっている状況に、今までに感じたことのない興奮を感じていた。幸夫とのセックスも強烈だった。由紀恵の心まで奪われてしまったようなシチュエーションは、焦燥感と絶望感で息が止まりそうだったが、興奮も信じられないほどに大きかった。
でも、今の状況は、あの時に近いほどの興奮を感じてしまう。由紀恵は、えずきながらも口を大きく開け続ける。よだれというか、粘液のようになったものが口からあふれていく。僕と繋がったまま、喉を犯され続ける由紀恵……。僕は、もう射精を堪えるのが困難なほど高ぶってしまっている。

「ホント、チンポ好きな女だな」
中年は、下品な笑みを浮かべながら言う。そして、由紀恵の服を脱がせてしまった。ブラまで外された由紀恵は、ほとんど役に立っていない短すぎるスカートだけの姿になってしまった。

こんな野外で、ほぼ全裸になった由紀恵。でも、由紀恵はそのままの状態で中年のペニスを再びくわえた。そして繰り返されるイラマチオ。
「よし、イクぞ」
中年は、興奮した声で言う。そして、さらに激しく腰を動かす。由紀恵は、涙目を通り越して涙を流しながら喉を犯され続ける。中年は、そのまま由紀恵の喉奥の射精を始めてしまった……。
苦しそうにうめく由紀恵。気持ちよさそうにうめく中年。中年は、射精を終えるとペニスを引き抜く。太いペニスが由紀恵の粘液だらけになっていてる。由紀恵は、むせるように咳き込みながら口の中の精液を足下に吐き出し続ける。すごい量の精液が、由紀恵の口から流れ出ている。

苦しそうに咳き込む由紀恵に、中年は、
「ありがとな。またよろしく頼むわ」
と、軽い感じで声を変えて去って行った。射精が終わればもう興味はない……。そんな感じが伝わってくる。由紀恵は、本当にオナホになってしまったんだなと強く感じた。

口の周りをドロドロにしながら、由紀恵が振り向いて僕を見てくる。僕は、他人の精液で汚された由紀恵の顔を見て、なぜだか美しいと感じていた。もともと美しい顔をしているのは間違いないが、さらに美しいと感じてしまう。

『ちょっと飲んじゃった。すごい量なんだもん』
由紀恵は、涙目のまま笑う。僕は、その言葉に強いショックを受けながら、由紀恵の膣中に射精を始めてしまった。
『あん。イッちゃったね。動いてないのにイッちゃうんだね』
由紀恵は、笑いながら言う。僕は、情けない気持ちになりながらも、信じられないほどの強い快感に声も出ない。
『どうする? 中出しされちゃった後だけど、入れたい?』
由紀恵は、若い男性にそんな風に声をかけてしまった。
「い、良いんですか? 入れたいです!」
彼は、驚きながらも嬉しそうに言う。僕は、まさか……と思いながらも、ドキドキし始めている。

由紀恵は、若い男性を横に座らせる。僕の横に、恐縮した感じで座る彼。由紀恵は、スッと立ち上がる。そして、若い男性にまたがってしまった。対面座位でまたがる由紀恵。長いペニスを握って、自分の膣口に誘導する。でも、なぜかそれを途中でやめた。

ペニスから手を離すと、急に僕を見てくる。そして、
『たっちゃん、手伝って。おちんちん、ちゃんと入るように手伝って』
と、妖艶な笑みを浮かべて言ってくる。僕は、思わず固まる。でも、僕は震える手で若い男性のペニスを掴んだ。他人の勃起しているペニスなんて、当然触ったこともない。固い……自分のものよりも固く感じる。そして、その熱さにも驚く。僕は、複雑な気持ちのまま彼のペニスを直立させた。

由紀恵は、僕が保持しているペニスに向けて腰を下ろしていく。そして、ほとんど何の躊躇もなく入れてしまった。慌てて手を離す僕。由紀恵は、長い彼のペニスを一気に根元まで入れてしまう。
「あぁ、すごい……」
思わず声を漏らす彼。由紀恵は、
『すごい、長いよ。子宮に届いちゃってる』
由紀恵は、本当に驚いたような顔だ。そして、そのまま彼に、
『気持ちいい?』
と、質問した。
「は、はい。すごく気持ちいいです。僕、初めてだったんです」
男の子は嬉しそうに言う。
『そうなの? ゴメンね、初めてがこんな痴女で』
由紀恵は、おどけた感じで言う。男の子は、
「そんなことないです。最高です」
と、嬉しそうに言った。由紀恵は、その言葉を聞いて嬉しそうに微笑み、彼にキスをした。キスをしたまま腰を振り始めた由紀恵。

由紀恵は、気持ちよさそうにうめきながら、激しく腰を振り続ける。僕のすぐ横で、キスをしながら初対面の男の子とセックスをする二人。僕は、ドキドキしながらそれを見つめる。

由紀恵は、ひたすら腰を動かし続ける。膣口をこすりつけるような動きになりながら、夢中で腰を動かし続ける。
『あぁ、ダメぇ、すぐイッちゃう。このおちんちん、子宮に入っちゃいそう。たっちゃん、イカされちゃう。童貞君にイカされちゃうよぉ』
由紀恵は、僕にそんなことを言いながら腰を動かし続ける。避妊具無しのセックス……。相手は童貞と言っているので、まだ性病のリスクは低いかもしれないが、妊娠のリスクはある。

僕は、そんなに気持ちいいの? と、質問した。
『気持ちいいよ。すごく長いの。ずっと子宮に当たってるの。たっちゃん、ゴメンね、たっちゃんより気持ちいい』
由紀恵は、そんな風に言うと彼にキスを始めた。むさぼるようなキスをする二人。由紀恵の腰の動きは、さらに早くなっていく。由紀恵の膣口を見ると、僕が注いだ精液が溢れ出ている感じだ。

男の子のペニスで、掻き出されてしまっている……。僕の精液ではなく、彼の精液で妊娠してしまう……。そんな危機感を持ってしまう。

でも、由紀恵は腰を動かし続ける。妊娠とかそんなことは一切考えていない感じで、全力で腰を動かしている。
「ダ、ダメです。出そう。イキそうです」
男の子は、余裕のない顔で言う。
『イッちゃうの? 中に出しちゃうの? 子宮にかけたら、妊娠しちゃうわよ。人妻を妊娠させちゃうの?』
由紀恵は、そんなことを言いながら腰を動かし続ける。いじめるような顔になっている。男の子は、
「そ、それは……」
と、返答に詰まる。由紀恵は、腰をなまめかしく動かしながら、
『たっちゃん、どうしたら良い? 中に出してもらっても良い?』

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

親父の再婚相手は、親父よりも俺と歳が近い地味系巨乳だった5(オリジナル 転載禁止)

前回の話

俺は、強烈な快感が通り過ぎると、慌ててペニスを引き抜いた。そして、結衣さんに中に出してしまったことを謝った。
ベッドの上で手首と足首を連結された状態の結衣さん。強制的にM字開脚になっているので、膣口から精液があふれ出しているところまで丸見えだ。薄いヘアに、大きな胸。本当に、地味な印象からは想像も使いないほどにイヤらしい身体をしている。
結衣さんは、トロンととろけたような顔で俺を見つめている。フレームレスのいつもとは違うお洒落な感じの眼鏡。すごく似合っていると思う。



『大丈夫だよ。今日は、大丈夫な日だから。それよりも、そんなにすぐ抜いちゃダメだよ。終わった後が大事なんだから……。来て……キスして』
結衣さんは、甘えたような声で言う。俺は、慌てて彼女に覆い被さり、キスをした。舌を使って彼女の唇や舌を舐めるように擦ると、結衣さんの舌が絡みついてくる。俺は、キスの気持ち良さにあらためて驚きながら、夢中で舌を絡め続ける。

『終わった後は、こんな風にイチャイチャするものなんだからね』
結衣さんは、甘えたように言ってくる。本当に可愛い女性だなと思った。好きという感情がさらに大きくなってしまう。血のつながりがないにしても、結衣さんは俺の母親だ。マズい状況だなと思ってしまう。

『フフ。当たってるよ。カチカチになったのが、脚に当たってる』
結衣さんは、嬉しそうに言う。俺は、自分のペニスがガチガチに勃起したままだと言うことに気が付いた。慌ててペニスを結衣さんの身体から離すと、ごめんなさいと謝る。

『謝らなくても良いよ。嬉しいから。そんなに興奮してくれるの? 私の身体、興奮する?』
結衣さんは、モジモジと恥ずかしそうに言う。俺は、メチャクチャ興奮すると告げた。
『まだ出来る? 良いよ、入れても』
結衣さんは、そんな風に言う。俺は、黙ってうなずいてペニスを挿入した。
イッたばかりで少しくすぐったさも感じるが、さっきよりもさらに気持ちいいと感じる。結衣さんは、
『すごい……カチカチだね。勇気君の、子宮に当たってる』
と、さらにとろけたような顔で言う。俺は、
「気持ちいいですか? 痛くないですか?」
と、あらためて質問した。
『痛くないよ。すごく気持ちいい。こんなの知らなかったから、ビックリしちゃった』
結衣さんは、そんな風に言う。俺は、ペニスをなるべく奥まで入れた状態で動きをとめてみた。

『あぁあぁ、すごい、押し込まれてるよ、気持ちいい』
結衣さんは、本当に気持ちよさそうな声をあげる。俺は、そのまま彼女の乳首を触ってみた。
『うぅっ、乳首も気持ちいい。すごく敏感になってる』
結衣さんは、切なげな顔で言う。俺は、腰の動きをとめたまま、彼女の乳首を触り始めた。
『んっ、あっ、気持ちいい。うぅっ、うぅあっ、もっと、強く、うぅっ』
結衣さんは、気持ちよさそうにあえぐ。俺は、さらに結衣さんの乳首を強く触り始めた。しばらくあえぎながら俺を見つめていた結衣さんが、
『動いて。勇気君、動いて』
と、甘えたような口調で言う。俺は、少し意地悪な気持ちのまま、腰を奥に押しつけるだけで動かないようにしている。
『意地悪しないで。動いて。お願い』
結衣さんは、切なげな声で言う。俺は、結衣さんのクリトリスも触り始めた。でも、腰は押し込んだままにして動かないでいると、結衣さんが泣きそうな顔で腰を自分で動かし始める。でも、拘束されているのでほとんど動かせず、くねらせるような感じで少し動く程度だ。

俺は、結衣さんが必死で腰をくねらせるのを見て、メチャクチャ興奮してしまった。あの地味で真面目そうな結衣さんが、必死で快感を得ようと腰を動かしている……。俺は、興奮しすぎて息遣いが荒くなるのを感じる。

『動いて。お願い、意地悪しないで』
結衣さんがおねだりをし続ける。俺は、最高の気分になっていた。そして、手首足首を連結している拘束具を外すと、結衣さんに上になって下さいと言ってみた。

結衣さんは、
『う、うん。恥ずかしいけど……してみるね』
と、モジモジと言いながら寝転がった俺にまたがり始める。そして、ゆっくりと腰を下ろしてきた。結衣さんが、自分からペニスを入れていく姿は本当に卑猥で、ペニスがより固くなるのを感じる。
『うぅあぁ、固い……それに、太いよ』
結衣さんは、そんな風に言いながら腰を下ろしていく。そのまま一気に根元まで入れてしまうと、
『ヒィうぅ、奥に当たってるよ。勇気君のおチンポ、オマンコの奥まで当たってるの』
と、顔を真っ赤にしながら卑猥な言葉を言う。自分で言いながら、その言葉に興奮しているような感じだ。結衣さんは、真面目な見た目とは違って、かなりエッチな女性なんだなと思った。アダルトショップのこととか、ディルドのことを考えると、昔から色々とエッチな妄想をしてきたんだなと思う。

結衣さんは、そのまま腰を動かし始める。上下に激しく動かしながら、
『あっ、あんっ、気持ちいいっ! おチンポ太いのっ、奥までグリグリしてるのっ!』
と、卑猥な言葉を口にする。とろけた顔、半開きの口。時折身体を細かく震わせる姿は、セックスに没頭しているんだなと思った。そして、結衣さんの腰の動きはこすりつけるような動きに変わっていく。この動きだと、俺のペニスは奥に当たったままになっている。

『うぅあっ、あっ、うぅう゛っ! イクッ、イクっ、勇気君、イッちゃうっ!!』
結衣さんは、さっきよりもイクのが早くなっている。焦らされて敏感になっているのかもしれない。腰を押しつけ、前後に勢いよく振り続ける結衣さん。俺は、射精感が高まるのを感じていた。
『うぅあっ!! イクっ!! クッ! うぅぅう゛っ!!』
結衣さんは叫ぶと、身体を硬直させて震えた。
『またイカされちゃった……。勇気君の気持ち良すぎるよ……』
結衣さんは、甘えたような声で言う。そして、身体を俺に預けるように倒してくると、キスをし始めた。俺の口の中を優しくかき回す彼女……。俺は、さらにペニスが固くなるのを感じる。
『フフ。カチカチ。じゃあ、次は勇気君が気持ち良くなる番だね』
結衣さんはそう言うと、俺の乳首を舐め始める。同時に、腰も上下に動かしてくる。あまりの気持ちよさに、俺はうめいてしまった。
『気持ちいい? 良いよ、いつでも出して良いよ。中にいっぱい出してね』
結衣さんは、そんな風に言いながら乳首を舐め続ける。俺は、最高の気分になりながら、俺の身体に密着している大きな胸を眺めていた。

そのまま、最高に気持ちいい状態が続くと、あっけなく限界が来てしまった。イキそうだと告げると、結衣さんはキスをしてくる。さっきよりも激しく舌を使い、俺の口の中をかき回す結衣さん。腰の動きも、ぶつかる音が響くほど激しくなる。俺は、搾り取られるように結衣さんの中に射精をしてしまった……。

イッた後も、キスを続ける結衣さん。夢中になっているような感じだ。そして沢山キスをした後、
『気持ち良かった?』
と、結衣さんが照れくさそうに聞いてくる。俺は、最高に気持ち良かったと言った。
『勇気君、今度からはちゃんとコンドームつけないとダメだからね』
結衣さんは、顔を真っ赤にしながら言う。俺は、次もあるんですか? と、聞いた。
『……ダメ?』
結衣さんは、本当に恥ずかしそうに言う。俺は、ダメじゃないですと答えた。結衣さんは、本当に嬉しそうな顔で笑うと、またキスをしてきた。俺は、結衣さんの膣中に入ったままのペニスが、また固くなるのを感じながら舌を絡め続けた……。

結衣さんとの生活は、大きく変わった。親父が出張でいない時は、恋人のようにして過ごす感じになった。セックスも、結衣さんの方から誘ってくる事も多くなってきた。

今日も学校から帰ると、結衣さんが夕ご飯を作っていた。でも、彼女は裸にエプロンを着けただけの格好で料理をしていて、
『お帰りなさい~』
と、言ってくる顔がすでにトロンとしている。俺は、卑猥な結衣さんの格好を見て、我慢出来ずに抱きしめてキスを始めた。すぐに絡みついてくる舌。
『興奮した?』
結衣さんは、恥ずかしそうに聞いてくる。俺は、自分の股間に彼女の手を持って行き、ズボン越しにペニスを触らせながら、
「めちゃくちゃしてる」
と、言った。嬉しそうに笑う彼女。すぐに俺のズボンとパンツを脱がせてしまう。

『フフ。大っきくなってる』
嬉しそうに笑う彼女。そのまま、俺のペニスをくわえてしまう。シャワーを浴びていないことを言っても、結衣さんはかまわずにフェラチオをしてくれる。俺は、ますます彼女にハマっていく自分を感じながら、裸エプロン姿の結衣さんを眺めている。

エプロンの横から、胸が見えてしまっている。でも、乳首は上手く隠れていて、下手に丸見えよりもイヤラシく感じてしまう。
そして、ギリギリ下腹部が隠れる長さなので、ひざまずいてフェラチオしていると太ももがほとんど根元まで見えてしまっていて、たまらなくセクシーだ。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

嫁と軽い露出プレイをしているうちに、友人に見てもらうことになって7(オリジナル 転載禁止)

前回の話

由紀恵と幸夫は、キスをしたままセックスを続けている。ベッドがきしみ、揺れているのが伝わってくる。僕は、ほとんど泣き顔でペニスをしごき続けている。

由紀恵は、幸夫にギュッと抱きつきながら舌を絡めるキスを続ける。幸夫も、舌を絡ませながら腰を打ち付けるように動かしている。僕のペニスでは真似することが出来ない、長いストロークの動きで由紀恵を責め続けている。

僕は、さっきの由紀恵とのセックスでは勃起させるのに苦労したペニスが、ガチガチに勃起しているのに戸惑いながらもしごき続ける。由紀恵は、本当に気持ちよさそうにうめいているし、両脚まで彼の身体に巻き付けるようにし始めている。



本当に、中に出されるのを望んでいる……妊娠させられるのを望んでいる……そんなセックスに見えてしまう。由紀恵は、どこまで本気なんだろう? 僕を興奮させるために、プレイとして色々としているだけだと思いたい。

『幸夫、気持ちいいよ。本当に気持ちいいの。こんなの知らなかった。こんな幸せなことがあるなんて、今まで知らなかった。お願い。中に出して。妊娠させて欲しい』
由紀恵は、演技とは思えない顔で言う。どう見ても、本気の顔だ。
「わかった。絶対に妊娠させる。中に……一番深いところに出すからね」
幸夫も、そんな風に言いながら腰を動かし続ける。幸夫は、どういうつもりなのだろう? 彼も、プレイを盛り上げるために演技をしている……そうだと思いたい。でも、由紀恵と同じで、本気になっているような雰囲気がする。

二人は、キスを始めた。激しいセックスをしながら、舌を絡ませ続ける。由紀恵は、時折身体を震わせたり、幸夫の背中に爪を立てるような動きをしながらうめき続ける。

ただ、幸夫もすでに射精をしているだけに、なかなかイキそうにはならないみたいだ。僕もペニスをしごき続けているが、まだイク気配がない。

すると、由紀恵がキスをやめて身体をかがめるようにして幸夫の乳首を舐め始めた。正常位で突かれながら、相手の乳首を舐める……。とても卑猥な行為に見える。幸夫は、
「あぁ、気持ちいい。由紀恵、すごく気持ちいいよ」
と、嬉しそうに言う。由紀恵は、それ以上に嬉しそうな顔になりながら、幸夫の乳首を舐め続ける。幸夫は、本当に気持ちよさそうだ。

『もっと固くなってきた。幸夫、ゴリゴリこすれてるよ。今まで刺激されたことがない場所、ゴリゴリこすられてるよ』
由紀恵は、トロンとした顔で言う。気持ち良くてどうしようもない……。そんな感情が透けてみる顔だ。

「もっと気持ち良くなってよ。もう、俺のじゃなきゃ感じなくなって欲しい」
幸夫は、そんな言葉まで口にしている。由紀恵は、その言葉を聞いて嬉しそうな顔になり、
『もう、なってるかも……。だって、こんなの知らなかったから……。知っちゃったから、もうダメだよ……忘れられないよ』
由紀恵は、少し悲しそうに見える顔で言う。僕は、こんな状況になっているのに、のんきにオナニーを続けている。僕も、今まで経験したことがないくらいの快感を感じてしまっているので、やめるにやめられない状況だ。

由紀恵は、自分から何度もキスをする。幸夫も、情熱的なキスをしながら腰を動かし続ける。それを見ながらオナニーを続ける僕は、一体何なんだろう?

『もうダメ、イクっ、イッちゃうっ、幸夫、好きっ! 愛してるっ! 中に出してっ! たっちゃんが見てる前で孕ませてっ!』
由紀恵は、そんなことを言った直後に僕を見た。オナニーをしている僕を見て、由紀恵は薄く笑ったように見えた。僕は、由紀恵に見られているのにオナニーをやめることが出来ない。

「由紀恵、愛してる。俺のオンナにするから!」
そう言って、さらに激しく腰を動かす幸夫。由紀恵は、嬉しそうに、
『もうなってる。幸夫のオンナになってる』
と、言う。でも、そんな風に言いながらも、僕の方を見ている。幸夫に抱きつきながら、僕を挑発的な顔で見ている由紀恵に、僕はドキドキしてしまった。どういうつもりなんだろう? 何を考えているんだろう? そんな風に思いながらも、夢中でペニスをしごき続ける。

『幸夫、私が上になる。いっぱい気持ち良くなって欲しい』
由紀恵は、媚びるような声で言う。そして、二人は繋がったまま騎乗位に体勢を変えていく。短小の僕には、出来ない動きだ。幸夫の長いペニスがハマったまま、簡単に騎乗位になった二人。

由紀恵は、妖艶な笑みを浮かべながら腰を動かし始めた。腰を上下や前後に動かしながら、クリトリスを幸夫の身体にこすりつけるような動きを続ける由紀恵。
『気持ちいい。奥にずっと当たりっぱなしになってる。幸夫は気持ちいい?』
由紀恵は、そんな質問をしながら腰を動かし続ける。
「気持ちいいよ。由紀恵のオマンコ、すごく締まってる。俺の形に変えるから。もう、俺のじゃなきゃ、感じなくさせるから」
幸夫は、そんなことを言う。彼がこんな事を言い始めるなんて、想像もしていなかった。悪ノリという感じではなく、真剣に言っているように思えてしまう。

『変えて欲しい。幸夫の形にして。もう、幸夫のじゃなきゃ、感じなくさせて』
由紀恵は、そんなことを言いながら腰を動かし続ける。でも、由紀恵はこんな会話をしながらも、僕の方を見ている。僕は、射すくめられたような気持ちになりながらも、無心でペニスをしごき続けてしまう。

幸夫は、下から由紀恵の胸を揉んだりしながら、クリトリスも触ったりする。その度に、由紀恵は大きくあえぎ、身体を細かく震わせる。気持ち良くて仕方ないと言う感じだ。僕とのセックスでは、一度も見たことがない姿だ。

「由紀恵の子宮、すごく下まで降りてきてるよ。いま出したら、全部子宮の中に入っちゃうんじゃない?」
幸夫は、楽しそうに言う。
『うん。そうなっちゃう。全部子宮に入っちゃう。絶対妊娠しちゃう』
由紀恵は、声を震わせながら言う。自分で言いながら、その言葉に興奮しているように見える。そして、由紀恵は、
『たっちゃん、中に出してもらっても良い? 絶対に妊娠しちゃうけど、出してもらっても良い?』
と、声を震わせながら聞いてくる。挑発的にも聞こえるし、迷っているようにも聞こえる。僕は、言葉に詰まってしまう。色々なことが頭をよぎる。由紀恵が、他の男に妊娠させられる……。
それを思うと、ものすごくツラい気持ちになる。でも、僕のペニスはさらに固さを増していく。由紀恵は、何も答えずにオナニーを続ける僕を見て、また薄く笑った。心の中まで見透かされているような気持ちになってしまう。

『良いって。幸夫に妊娠させてもらっても、良いんだって。出して。幸夫、子宮に全部飲ませてっ!』
由紀恵は、感情を込めた顔で言う。すると、幸夫は下から腰をガンガン突き上げ始めた。肉がぶつかる音が響き、由紀恵がのけ反るような格好になっていく。
『イクっ、イクっ、もうダメぇ、イクっ! たっちゃん見てっ! 違うおチンポでイクのっ! たっちゃんより気持ちいいおチンポでイッちゃうのっ!』
由紀恵は、僕を見つめたまま叫ぶ。全身が紅潮し、汗も噴き出ているような由紀恵。本当に気持ちいいと、こうなるんだなと思い知らされる。僕とのセックスでは、こんな風になったことはない。これからも、由紀恵をこんな風に感じさせることはないんだろうなと思う。

僕が与えられない快感を、他の男に与えられる……。それは、夫としては死にたくなるような状況だ。でも、僕はもう射精を堪えることが出来ないくらいに強い快感の中にいる。

「あぁ、ヤバい。もうダメ。出る。出すよ。由紀恵、妊娠させるよ」
まったく余裕のない声で言う彼。由紀恵は、身体を折り曲げて彼にキスをした。キスをしたまま行為を続ける二人。由紀恵は幸夫とキスをしているのに、目は僕の方を見ている。僕は、どうリアクションして良いのかわからないままオナニーを続ける。

すると、幸夫がうめきながら射精を始めた。
『うぁあぁ、出てる。たっちゃん、中に出されてるよ。下まで降りた子宮に、直接かかってる。全部子宮に入っちゃう。妊娠しちゃうよ』
由紀恵は、とろけた顔になりながら僕を見つめる。僕は、由紀恵が受精している姿を強くイメージしながら、堪えきれずに射精を始めた……。

僕は、強すぎる快感にうめいている。そして、同時に強い不安も感じている。由紀恵は、どうなってしまうのだろう? 幸夫に、奪われるのではないか? そんな不安だ。

でも、由紀恵は彼の上からすぐに離れ、僕の方に来た。
『興奮した? 気持ち良かった?』
由紀恵は、さっきまでの挑発的な顔からうって変わり、いつもの優しい顔になっている。僕は、由紀恵の急な変化について行けず、ただただ戸惑っている。

由紀恵は、僕の横に座ると、射精したばかりのペニスを握ってきた。
『まだ固い。すごく興奮したんだね。イヤじゃなかった?』
由紀恵は、心配そうな顔になっている。僕は、イヤじゃなかったと答える。
『よかった。たっちゃんの事を興奮させようと思って、幸夫さんに協力してもらったんだ』
由紀恵は、そんな風に言って説明を始めた。さっき、二人で先に寝室に行った時、打ち合わせたとのことだった。僕を興奮させるために、愛し合ってるみたいにセックスをしようと言うことと、妊娠をさせられる姿を見せようと。

『安全な日だよ。決まってるじゃん。そうじゃなかったら、こんなことしないよ』
由紀恵は、無邪気に笑いながら言う。幸夫が、
「それにしても、マジで寝取られ性癖なんだな。こんなに興奮するなんて、ちょっとヤバいぞ」
と、笑いながら言う。僕は、全身の力が抜けていくのを感じた。さっきまでは、由紀恵を失う覚悟をしていた。本当に幸夫に奪われてしまうことを覚悟していた。

由紀恵は、僕のペニスをくわえてきた。そして、丁寧にフェラチオをしてくれる。
『たっちゃんのおちんちん、小さいけど好きだよ。愛してる』


Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

親父の再婚相手は、親父よりも俺と歳が近い地味系巨乳だった4(オリジナル 転載禁止)

前回の話

結衣さんは、お漏らしをしながらうめき続ける。もう、ショーツもスカートもビチャビチャだ。手首足首を連結されているので、身動きも取れずにうめき続けている。
口にくわえさせた口枷からは、よだれがとめどなく流れ出ている。結衣さんは、泣いているような顔でうめいてる。俺は、腰をガクガク震わせ始めた結衣さんを見て、やっと電マを離した。

スカートはまくれ上がり、ショーツが丸見えだ。お漏らしでビチョビチョになったので、クリトリスの形まではっきりとわかる。俺は、慌ててスカートを脱がせ始めた。けっこう濡れてしまったスカート……。俺は、それを椅子にかける。少しは乾くかな? と、思いながら、ショーツも脱がせる。


無理矢理M字開脚にされたまま、下半身裸になる結衣さん。本当に恥ずかしそうで、耳まで真っ赤になっている。でも、何か言おうにも、口枷のせいで声にならない。

俺は、とりあえずタオルを持ってきて濡れたシーツの上に敷いた。そして、結衣さんを持ち上げて濡れていない場所に移動させる。結衣さんは、何か言いたそうな目で俺を見つめている。俺は、それに気が付かないフリをして、結衣さんの膣口に顔を近づける。

「ビチョビチョだ。クリも、メッチャ大きくなってる。本当に、結衣さんって淫乱だね」
結衣さんの膣口を見ながら、そんなことを言ってみた。結衣さんは、なんとか内股にして膣口を隠そうとする。でも、手首と足首が拘束具で連結されているので、身動きできない。

俺は、恥ずかしがる結衣さんがたまらなく可愛いと思ってしまった。眼鏡をかけて地味な感じの結衣さん。でも、よく見るとすごく整った顔をしているし、胸も大きい。すごくイイ女なんだと思う。

俺は、結衣さんのキャミソールもめくり上げ始めた。すぐにあらわになるブラジャー。ショーツとそろいの、可愛いけど少しセクシーなタイプのヤツだ。俺は、ブラジャーを下に引き下げるようにした。むき出しになる大きな胸。抜けるように真っ白で、乳首も乳輪もちっちゃくてピンク色だ。
結衣さんは、泣きそうな顔で俺を見つめる。俺は、乳首にむしゃぶりつくように口を付けた。そして、舌を激しく使って舐め始める。
『んぅっ、ぅっ、んぅっ、うぅ~~っ』
あえぎ始める彼女。乳首は、さらにカチカチになっていく。俺は、興奮しきった状態で乳首を舐め続ける。結衣さんは、身体を震わせたり、硬直させたりしながらうめきっぱなしだ。

戸籍の上では俺の母親になる結衣さん。そんな結衣さんにこんな事をしている俺は、どうしようもない男なのかもしれない。でも、この状況で我慢できる男なんて、いるはずがないと思う。

俺は、乳首を責めながらクリトリスを触り始めた。
『うんぅぅう゛っ!!』
結衣さんは、ひときわ大きな声をあげる。でも、俺はかまわずに指でクリトリスを触り続ける。カチカチになっているクリトリスは、触る度に結衣さんが身体を震わせるようにする。

俺は、指でクリトリスの包皮を剥いてみる。そして、直接クリトリスを刺激する。結衣さんは、うめき声が大きくなり、表情もさらに泣きそうな顔になっている。

俺は、とにかくまさぐり続けた。もっと気持ち良くなってもらいたい一心で、勃起した結衣さんのクリトリスを触り続ける。すると、結衣さんは、
『うぅう゛っ~~~っ!』
と、口枷が壊れるくらいの感じでうめき、身体を震わせた。またイカせることが出来た……。そう思うと、俺は有頂天になってしまう。

俺は、脚を拡げたままぐったりしている結衣さんを見て、もっと気持ち良くなってもらいたいと思った。そして、恐る恐る指を膣中に入れていった。
ググッと締め付ける感触があったが、すんなりと入っていく。初めての感触、指触りにゾクゾクしてしまう。結衣さんは、うめきながら身をよじろうとする。指を抜こうとしている感じだ。

俺は、そのまま指を根元まで入れてみた。そして、なんとなく見様見真似で指を動かし始めた。
『うぅっ、うぅうっ、うぅ~~っ!』
うめき始める結衣さん。電マの時とはリアクションが違う。怖がっている感じがなく、本当に気持ちよさそうなうめき方だ。俺は、動きを早くしていく。そして、ネットで聞きかじった知識で、膣壁の上の方をこするようにしてみた。

どこがどこだかはまるでわからないが、Gスポットがあるらしき場所をこすり続ける。すると、結衣さんはアゴを上げてのけ反るような格好になっていく。俺は、こんなに感じてくれている! と、嬉しくなってきた。そして、指をもう一本増やして挿入した。

締め付けられる感覚。少し痛いくらいだ。俺は、こんなに締め付けられたら、ペニスだったらあっけなくイカされてしまいそうだなと感じていた。そして、とにかく膣壁の上側をこすり続ける。徐々に、掻き出すような激しい動きになっていく。

結衣さんは、うめき声がどんどん大きくなる。痛そうではなく、気持ちよさそうだ。俺は、どこをこすると反応が大きくなるのか徐々にわかってきた。そして、結衣さんはうめきながら潮吹きを始めてしまった。
俺の指の動きにあわせて、透明のしぶきを飛び散らせる結衣さん。俺は、慌ててタオルをシーツの上に敷く。結衣さんは、頭を左右にブンブン振りながら、潮を吹き続ける。そして、お尻を持ち上げるようにして、身体をガクガクッと震わせた。

俺は、指を引き抜く。結衣さんは、ぐったりとした感じで動かない。でも、妙に熱っぽい目で俺を見つめている。俺は、めちゃくちゃ迷った。このまま、ペニスを入れてしまおうか……そんな風に迷った。でも、結衣さんは俺の母親……そう思うと、どうしても踏み切れない。

俺は、さっき買ったディルドを取り出した。リアルな造形で、手に持つと大きくて重い。俺のペニスと、多分ほとんど同じサイズ感だ。俺は、ドキドキしていた。結衣さんは、ディルドを熱っぽい目で見つめている。欲しがっている……そう感じる。

俺は、ディルドを結衣さんの膣口に押しつける。結衣さんは、何も抵抗しない。ただ見つめている。そのまま、ゆっくりとディルドを押し込んでいく。

あまり抵抗を感じず、ズブズブと入っていくディルド。
『うぅぅうぅ! んぅうぅっ!』
結衣さんは、うめきながら腰を浮かせる。手首足首が連結された状態で、そんな体勢になる結衣さん。かなり力が入っているのがわかる。

俺は、そのまま一気にディルドを奥まで突っ込んだ。すると、結衣さんは背中を反らせて身体をガクガクッと震わせた。俺は、結衣さんが心配になってきた。そろそろ、解放した方が良いのかな? と、思った。でも、結衣さんは腰をなまめかしく動かしている。まるで、もっと動かして欲しいとリクエストしているように感じる。

俺は、ディルドを抜き差しし始めた。すると、入れるときよりも抵抗を感じる。グッと押さえられたような感じだ。俺は、それを強引に抜き差しする。
『んぅぅっ! うぅう゛っ~~~っ!! うぅう゛う゛う゛う゛っ~~っ!』
結衣は、本当に大きな声でうめく。俺は、ものすごく興奮しながらディルドを動かし続ける。これは、実質セックスをしているのと同じではないか? そんな感じがする。夢中で動かし続ける俺。うめき、叫び続ける結衣さん。

すると、いきなり結衣さんのスマホが鳴った。ビックリしてディルドから手を離す俺。結衣さんも、驚いた顔になっている。俺は、結衣さんのスマホを手に取った。親父からだった。
俺は、結衣さんの口枷を外して画面を見せる。結衣さんは、慌てた顔になり、
『ぬ、抜いて。これ、外して』
と、言う。俺は、慌てた顔の結衣さんを見て、少し意地悪な感情が湧いてきた。俺は、スマホを通話状態にした。スピーカーホンの状態だ。

「あ、もしもし、結衣? 電話できる?」
親父の声がする。結衣さんは、恨めしそうな顔で俺を見ながら、
『うん。大丈夫だよ』
と、返事をした。手首足首を連結され、M字開脚になっている結衣さん。膣には、ディルドが突き刺さったままだ。こんな状態で親父と通話をする結衣さんに、俺はドキドキしてしまった。

「予定変わっちゃって、高雄の方も行かないといけなくなったんだ。帰れるの、10日後くらいになりそう。ゴメンね」
親父は、優しい口調で言う。自分の妻に言っていると言うよりは、娘とかに話しているような口調だ。

『そうなんだ。寂しいけど、頑張ってね。無理しちゃダメだよ』
結衣さんは、やっぱり優しい口調で言う。そして、台湾の事を色々と報告し始める親父。結衣さんは、嬉しそうに会話を続ける。俺は、疎外感を感じて意地悪な気持ちになってきた。

突き刺さったままのディルドを握ると、ゆっくりと動かし始めてみた。目を見開き、ビックリした顔で俺を見る結衣さん。首を振ってダメとアピールする。でも、俺はかまわずに抜き差しし続ける。さすがに、強くは動かせないが、ゆっくりと抜き差しをする。

『うん。そうなんだ。……私も行ってみたい……な』
結衣さんは、徐々に声がおかしくなっていく。妙な間も開いている。


Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

嫁と軽い露出プレイをしているうちに、友人に見てもらうことになって6(オリジナル 転載禁止)

前回の話

由紀恵は、僕の方を見ながら微笑んでいる。そして、スッと脚を拡げて、
『たっちゃん、早く来て。すぐに中に出してくれないと、負けちゃうよ。幸夫さんので妊娠しちゃうよ』
と、言ってきた。その表情は、上気したような感じになっていて、脚を拡げているのでアソコも丸見えだ。膣からは、幸夫の精液が流れ出てきている。他の男の精液をあふれさせながら微笑む由紀恵……。いつもの上品で清楚な雰囲気は、まるで感じない。


僕は、射精したばかりで柔らかくなっているペニスを握りながら、由紀恵に覆い被さるようにした。
『たっちゃんは、続けて出来ないの? 固くならない?』
由紀恵は、僕のペニスを触りながら無邪気に聞いてくる。僕は、必死で勃起させようと頑張るが、やっぱりすぐには固くならない。

『じゃあ、興奮させるね。そこで見てて』
由紀恵は、そう言ってベッドの端で座っている幸夫に、甘えたような仕草で抱きつく。そして、僕の目を見つめながら、彼とキスを始めた。

僕を見たまま、舌を絡ませていく由紀恵。唇を密着させず、舌だけ突き出す格好でキスをしている。それは、キスをするためのキスと言うよりは、見せつけるためのキスという感じだ。

僕は、すぐ目の前で由紀恵が他の男とキスをしているという状況に、息が苦しくなるほどの興奮を感じてしまっている。でも、まだペニスは固くなる気配がない。焦っているので、余計に勃起しづらくなっているような感じがする。
僕は、チラッと幸夫のペニスを見た。すると、彼のペニスはほとんど完全に勃起しているような感じで、真上を向いてそそり立っている。
僕は、雄としての性能の差を見せつけられているような気持ちになり、悔しくて悲しくなってしまった。

由紀恵は、見せつけるようなキスを続けながら、幸夫のペニスを握り始めた。
『もう、カチカチだね。続けて出来ちゃうね』
由紀恵は、そんな言葉を口にする。僕を見たまま、挑発でもするような口ぶりだ。
「言ったでしょ。由紀恵となら何度でも出来るって」
幸夫は、楽しそうに言う。僕は、彼が何を考えているのかよくわからなくなってきた。もともと、由紀恵のことを気に入っていたのはなんとなくわかっていた。でも、僕が見ている前で、やり過ぎな感じはする。

『ダメだよ。次は、たっちゃんの番だから。口でするね』
そう言って、由紀恵は彼のペニスをくわえ始めた。他の男のペニスをくわえながら、上目遣いで僕を見つめる由紀恵……。
こんな状況は、想像もしていなかった。ただ、由紀恵とのセックスを見てもらいたいだけ……。そんな、軽い露出プレイというか、見せつけるプレイがしたかっただけなのに、どうしてこんな事になってしまったのだろう? 僕は、強い後悔を感じながらも、興奮がどんどん高まるのを感じている。

ただ、興奮はしているのに、ペニスが固くなる気配がない。多分、心理的な理由なのだろうかと思いながらも、なとか勃起しようと焦る僕。

由紀恵は、そんな僕の気持ちを知らず、他の男のペニスを、イヤらしい舌遣いで舐め続ける。見せつけるようにフェラチオをする由紀恵……。舌が立派なカリ首に絡みつき、チロチロと動き続ける。
『すごく大きい。ここのところ、ゴリゴリ気持ちいいところをこすってくれるんだよ。たっちゃんのも、こんな風になってると良いのにな……』
由紀恵は、僕を見ながらそう言ってくる。僕は、情けなくて思わずうつむく。すると、妙に細いペニスが目に入ってしまう。こうやって比べると、長さも太さも一廻り以上も小さい。でも、一番違うなと感じるのが、カリ首の造形だ。

彼のカリ首は、張り出していて鉛筆が隠れるんじゃないかと思うほどのサイズがある。僕のカリ首は、ほとんど竿の部分と大差ないほどの張り出し方だ。確かに、これでは気持ちいい部分をこすることは出来ないかもしれない。

僕は、どうしてこんなに違うのだろう? と、不公平を感じていた。僕にあのペニスがついていれば、由紀恵はもっと僕のことを好きになっていたのではないか? そんなことまで思ってしまう。

『あぁ、本当に素敵。舐めてるだけで、イキそうになっちゃうよ』
由紀恵は、媚びるような声で言う。完全に、牝にされてしまった……。そんな由紀恵が、挑発的な目で僕を見つめながらフェラチオを続けていく。

『たっちゃん、大きくなったらすぐ入れてね。後ろから奥まで入れて』
由紀恵は、そんな風に言う。奥まで入れてと言う言葉に、小馬鹿にされたような気持ちになってしまう。でも、僕はそんな言葉にすら興奮を感じている。

「気持ちいいよ。すごく上手。まだ、大きくならないみたいだから、入れちゃおうよ。勃起したら交代で良いんじゃない?」
幸夫は、そんな風に言う。由紀恵は、彼のペニスを手でしごきながら、僕の方を見てくる。そして、
『たっちゃん、大きくならない? まだ、ダメそう?』
と、聞いてきた。僕は、さっきからペニスを直接しごきながら大きくさせようとあがいていた。でも、まだフニャフニャのままだ。僕は、敗北感にまみれながら、黙ってうなずいた。

『まだ、ダメだって。じゃあ、またがるね』
由紀恵は、そんな風に言って彼にまたがり始めた。対面座位でまたがる由紀恵。なんの躊躇もなく、彼の生ペニスを挿入してしまう。
『うぅああぁ、すごい、深いの……奥までギュッてなる』
由紀恵は、とろけきった顔で絞り出すように言う。本当に気持ち良くて仕方ないみたいな感じだ。
「そんなに気持ちいいの?」
幸夫が聞く。
『うん。すごく気持ちいい。たっちゃんに見られてると、ダメなのに気持ち良くなっちゃうの』
由紀恵が、興奮した声で言う。
「見られてるのに感じちゃうんだ。イケない奥様だね」
幸夫が、からかうように言う。
『言わないで。ダメって思うと、もっと気持ち良くなるの。たっちゃん、ゴメンね。幸夫さんのすごく気持ちいいの』
由紀恵は、うわずった声で言う。二人とも、さっきの愛し合っているような感じはなくなっている。また、もとの感じに戻ったような雰囲気だ。
セックス中に、興奮してあんな態度を取ったんだなと少しだけ安心しながらも、僕を見つめながら他の男と繋がっている由紀恵に、強い嫉妬を感じてしまう。

「じゃあ、もっと気持ち良くなっちゃおうよ。その方が、達也も喜ぶみたいだし」
幸夫は、そんな風に言った。すると、由紀恵は挑発的に微笑みながら、腰を動かし始めた。上下動ではなく、前後に揺らすように動かす由紀恵。やっぱり、僕を見つめたままだ。

僕を見ながら、腰をくねらせるように動かし続ける由紀恵。顔は、快感にとろけてきている。
『たっちゃん、ゴメンね、気持ちいいの。幸夫さんのおちんちん、たっちゃんのより奥まで来るの』
そんな風に言う由紀恵。僕は、泣きそうな顔になっていると思う。でも、由紀恵から目をそらすことが出来ない。自分の嫁が、他の男の上で腰を振っている姿……。胸がかきむしられるような状況なのに、どうしてこんなに興奮してしまうのだろう?

『たっちゃん、興奮する? 大きくなった?』
由紀恵は、そんな風に聞いてくる。僕は、興奮はしているのに勃起しない。どう答えて良いのかわからず、口ごもってしまう。
『たっちゃん、来て。お口でしてあげる』
由紀恵は、そんな風に言ってくる。僕は、迷いながらも立ち上がり、由紀恵の顔の横のペニスを近づけた。由紀恵は、にっこりと微笑むと、僕のペニスをくわえてくれる。すぐに舌が絡みついてきて、カリ首辺りを刺激してくる。
勃起していないのに、気持ちいい。僕は、思わず声を漏らす。由紀恵は、僕を見つめたままフェラチオを続けてくれる。腰をなまめかしく動かしながら、激しいフェラチオを続ける由紀恵。僕は、必死で勃起させようとあがく。でも、すごく気持ちいいのに、肝心の勃起はする気配がない。

『気持ち良くない? ゴメンね、下手くそで』

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

嫁と軽い露出プレイをしているうちに、友人に見てもらうことになって5(オリジナル 転載禁止)

前回の話

由紀恵は、夢中でキスをしながら腰を動かし続けている。僕らの寝室のベッドの上で、僕ではない男とコンドームもはめずにセックスをしている……。
そう思うと、僕は立っていられないくらいのショックを受けてしまう。由紀恵は、舌を絡ませたり吸ったりしながら、見せつけるようなキスをしている。僕が覗いていることに気が付いているのだろうか?

「キス、激しいね。そんなに激しいキスしたら、アイツが焼きもち焼いちゃうでしょ」
幸夫が、心配してるともからかっているとも取れるような口調で言う。


『だって、キスするとここがキュンとするから……。それに、幸夫さんのもっと固くなるし……』
由紀恵は、そんな風に言う。
「そりゃ、由紀恵とキスしたら誰でもこうなるって。メチャ可愛いもん」
幸夫は、そんな風に言う。
『嬉しいな。幸夫さん、好きです』
由紀恵は、そんな風に言いながら自分から積極的にキスをする。僕は、由紀恵の好きという言葉に、すごく不安になってしまう。

ただ、由紀恵とのセックスを幸夫に見てもらうだけ……そんなはずだった。それが、いま由紀恵とセックスをしているのは僕ではなく、幸夫だ。どうしてこうなってしまったのだろう? 後悔の感情も大きくなっていく。

「俺も好きだよ。由紀恵、好きだ」
幸夫も、感情を込めてそんなことを言う。
『嬉しい。幸夫さん、今度は後ろからして欲しいな……』
由紀恵は、恥ずかしそうにおねだりをする。
「良いよ。いっぱい気持ち良くしてあげるよ」
幸夫も、やる気がみなぎっている感じだ。

そして、由紀恵はスッと立ち上がってペニスを抜くと、四つん這いの格好になった。お尻を幸夫に向けて、挑発するように突き出している。自分の嫁が、他の男にお尻を突き出して挑発する姿なんて、想像もしていなかった。

「由紀恵は、バックが好きなの?」
幸夫が質問する。
『うん。恥ずかしいから、あんまりしないけど……』
由紀恵は、恥ずかしそうに答える。僕は、由紀恵がバックが好きというのを知らなかった。
「アイツとはしないの?」
幸夫が質問する。
『え? う、うん。バックって、ある程度長くないと抜けちゃうから……』
由紀恵は、すごく言いづらそうに答える。確かに、僕がバックで責めていると、ペニスが抜けてしまうことがある。あまり考えたことがなかったが、短いと言うことなんだなと気が付いた。

「そっか。子宮にも当たらないんだっけ?」
幸夫は、わかりきったことを質問する。
『うん。だから、知らなかったの。奥まで当たると、あんなに気持ちいいって事……』
由紀恵は、モジモジと恥ずかしそうに言う。
「じゃあ、大好きなバックで子宮をガンガン突かれたら、どうなっちゃうんだろうね?」
幸夫は、ペニスを由紀恵の膣口にこすりつけながら言う。
『す、すごく気持ちいいと思う。ねぇ、早く……入れて』
由紀恵は、本当に恥ずかしそうに言う。幸夫は、ペニスを膣口にこすりつけながら、
「あれ? おねだりの仕方忘れちゃったの?」
と、いじめるような口調で言う。
『うぅ……幸夫さんの大っきなおチンポ……たっちゃんのより大きなおチンポ、由紀恵のオマンコに入れて下さい』
由紀恵は、さっきよりも卑猥な言葉を使っておねだりをした。その瞬間、幸夫は腰をグンと押し込んだ。
『うぅああぁっ!! ダメぇ、イッちゃうっ、うぅ~~っ!』
由紀恵は、泣きそうな顔で言う。そして、とろけた声で、
『もっとして。いっぱい突いて!』
と、幸夫におねだりをする。すると、幸夫は腰を動かし始めた。リズミカルに、パンパンと音が響くような強さで腰を動かす彼。

『うぅあっ、あっ、気持ちいいっ! 子宮にいっぱい当たってるっ』
由紀恵は、そんな風にあえぎながら、急に正面を見た。すると、ドアの隙間から覗いている僕とバッチリ目が合った。思わず怯む僕。でも、由紀恵はあえぎながら僕を見つめている。

他の男にバックからはめられている由紀恵……。僕と目を合わせながら、とろけた声であえぎ続けている。僕は、魅入られたように動くことも出来ずにそれを見つめている。

「すごいね、下まで降りきってるよ。そんなに妊娠したいのかな?」
幸夫は、そんな風に言いながら腰を動かし続ける。
『ち、違う、妊娠はダメ、ダメなの、うぅっ、でも、もっと強くしてっ』
由紀恵は、うわずった声で言いながらおねだりを重ねる。でも、僕から視線を逸らす気配もない。
「気持ちいい?」
幸夫が質問する。
『気持ちいいっ』
即答する由紀恵。幸夫は、
「アイツよりも?」
と、意地悪な質問をする。
『そ、それは……言えない……』
由紀恵は、言いよどむ。
「言わないと抜くよ」
幸夫は、そう言ってペニスを抜く素振りを見せる。
『ダメッ! 抜かないでッ!』
慌ててとめる由紀恵。
「じゃあ、答えて」
幸夫は、ペニスを半分ほど抜いた状態でそんな言葉をかける。
『……イジワルしないで……奥まで入れて欲しい』
由紀恵は、泣きそうな顔で言う。でも、こんな会話をしている間も、僕から視線を逸らしてくれない。僕は、敗北感とか罪悪感なんかを感じてしまっている。

「じゃあ、抜いちゃうよ」
そう言って、幸夫はさらにペニスを引き抜いていく。
『イヤァッ! ダメッ、抜いちゃダメっ!』
由紀恵は、焦れきった顔で言う。
「じゃあ、言いなよ。聞かなくてもわかってるけど、由紀恵の口から聞きたいよ」
幸夫は、そんな意地悪を言う。由紀恵は、泣きそうな顔で僕を見つめながら、
『……幸夫さん……。幸夫さんの方が気持ちいい……』
と、小さな声で言う。
「え? 聞こえないよ」
幸夫は、そんなことを言う。
『幸夫さんっ! 幸夫さんの方が、たっちゃんより気持ちいいっ!』
由紀恵は、泣き顔で叫ぶ。すると、幸夫は一気にペニスを突き入れた。
『アガァッ、うぅあぁ、イッちゃったぁ、幸夫さんのおチンポで、イッちゃったぁ』
由紀恵は、トロンとした顔で言う。こんなに感じている顔は、見たことがない。

「すごいね。イクとこんな風になるんだ。チンポ、ちぎり取られそう」
幸夫は、そんな感想を言う。
『ヒィうぅ、あぁ、ダメぇ、オマンコ勝手に締めちゃうの』
由紀恵は、とろけきった顔のまま言う。
「すごいね、これ、勝手に収縮してるの?」
幸夫は、そんなことを聞く。
『う、うん。勝手に動いちゃってる……』
由紀恵は、戸惑った顔で言う。でも、こんな会話中も、僕と目を離さない。

「身体が、本気で妊娠したがってるね」
幸夫は、そんなことを言う。
『そ、そんなこと……』
由紀恵は、途中で言葉が止まってしまう。
「あるよね」
笑いながら言う幸夫。由紀恵は、なにも答えない。

「由紀恵ちゃんって奥突かれると、すぐイッちゃうんだね」
幸夫は、さらに会話を続ける。
『うん。頭真っ白になっちゃう』
由紀恵は、そう答える。
「奥突かれないと、イケないんじゃない?」
幸夫は、そんな質問をする。
『そんなことない……』
由紀恵は、言いよどむ。
「もしかしたら、アイツとのセックスでイッたことないんじゃないの?」
幸夫は、そんなイヤな質問をする。僕とのセックスで、由紀恵はイクと言って果てることは多い。イッてないなんて事はないと思う。

『……うん。もう少しって時はあるけど……』
由紀恵は、申し訳なさそうに言う。僕は、脇が汗でびっしょりになっている。聞きたくなかった真実……。僕は、焦燥感で貧血を起こしそうだ。

「だったら、いま交代すれば良いんじゃない? ここまで子宮降りてたら、届くでしょ」
幸夫は、そんな提案をする。
『え? 今すぐ交代するって事?』
由紀恵は、驚いた顔で言う。
「そうそう。今がチャンス。アイツので、初めてイケるかも」
幸夫は、かなり悪ノリしているなと感じる。
『……もう少ししたい。幸夫さんのおチンポで、もっとイカせてもらいたいです』
由紀恵は、言いづらそうに言った。僕は、幸夫の提案にも驚いたし、由紀恵が断ったのも驚いた。ただただ泣きたいような気持ちだ。

「OK。じゃあ、俺のでイッた後、すぐに交代してみようか」
幸夫はそんな風に言うと、すぐに腰を動かし始めた。いきなり強く腰を動かす彼。由紀恵は、僕の顔を見つめたまま、
『あっ、あんっ、あぁっ、気持ちいいっ! 幸夫さんのおチンポ奥にいっぱい当たるっ!』
と、叫ぶような感じであえぐ。僕は、泣きそうな気持ちで由紀恵の顔を見つめながら、異常なほどの興奮を感じてしまっている。

さっきから、イヤな事実を聞かされているのに、それがむしろ興奮を増強しているような変な感じだ。

『ダメぇ、イッちゃうっ、もうイッちゃう~~っ!』
由紀恵は、まるで余裕のない顔で叫ぶ。
「ほらほら、アイツのじゃないチンポで、あっさりイッちゃえよ。アイツのじゃ、一回もイッたことないのに、他人棒であっさりイッちゃえよ」
幸夫は、まるで言葉責めのような感じで言う。由紀恵は、その言葉を聞いて身体を震わせる。
「ホント、子宮に当てるとすぐイクな。どんどん淫乱になってくみたいだ。よし、代わろうか」
幸夫が、そんな風に言う。
『う、うん。たっちゃん、すぐ来て』
由紀恵は、僕事を見つめながら言う。僕は、すぐにドアを大きく開けて中に入っていく。由紀恵は当然ながら、幸夫も驚いた様子もない。僕が覗いていたことは、わかっていたみたいだ。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

親父の再婚相手は、親父よりも俺と歳が近い地味系巨乳だった3(オリジナル 転載禁止)

前回の話

俺は、恥ずかしそうにうなずく麻衣さんを見て、興奮が振り切れそうになった。
「その……俺で良ければ手伝おうか?」
俺は、緊張で喉がカラカラになるのを感じながら、絞り出すようにそう言った。麻衣さんは、顔を真っ赤にしながらうなずく。そして、俺のベッドに寝転がった。

パジャマ姿の麻衣さん。胸の部分は大きく膨らんでいて、乳首がくっきりと浮き出てしまっている。ショートパンツというか、ホットパンツみたいなパンツも、短くて太ももがあらわになっている。



俺は、手伝うと言ったものの、何をしたら良いのかわからずにドギマギしていた。結衣さんは、顔を赤くしたまま俺を見つめている。でも、俺がまごまごしてるのを見て、優しく微笑みながら、
『じゃあ、上脱ぐね』
と、言ってパジャマのボタンを外し始めた。すぐに大きな胸があらわになる。寝ているので多少潰れたような感じになっているが、それでも張りがある状態でそそり立っている。俺は、すぐにベッドに腰を下ろし、結衣さんの胸を揉み始めた。

お風呂の中でしたときは後ろからだったので、こんなにはっきりと見ることは出来なかった。小ぶりな乳輪、ピンク色の小さな乳首。でも、乳首が勃起している感じは伝わってくる。俺は、その乳首に指を這わせる。
『んっ、恥ずかしい……』
結衣さんは、吐息のようなモノを漏らしながら、恥ずかしそうに言う。俺は、かまわずに乳首を指の腹でさすり続ける。
『んっ、うぅ、ふぅ、あっ、ん』
結衣さんは、恥ずかしそうに吐息を漏らし続ける。俺は、夢中で乳首を責め続けた。固くなっている乳首……。悩ましい吐息。俺は、自分の指で結衣さんが感じてくれていることが嬉しくて、夢のような気持ちだった。

そして、俺は結衣さんの乳首を舐め始めた。
『あっ、ダ、ダメ、舐めちゃダメだよ、うぅ、あぁ、んっ』
結衣さんは、慌てた感じで言う。でも、俺を押しのけようとしたりはしない。俺は、初めての感触に夢中になりながら、必死で舌を使い続けた。気のせいか、さらに固くなってくる乳首。
そして、息遣いも荒くなってきてる。俺は、
「結衣さん、気持ちいいですか?」
と、質問した。
『う、うん。気持ちいいよ。でも、それ以上したら声出ちゃう……』
結衣さんは、恥ずかしそうに言う。俺は、声出したら良いじゃないですかと言った。
『でも……正人さんいるから』
結衣さんは、親父のことを気にしている。無理もないと思う。でも、俺は、
「酔ってるから起きないんでしょ? 平気だよ。声出した方が気持ち良くなるんでしょ?」
と、言った。
『う、うん。じゃあ、もっと舐めて……』
結衣さんは、そんな風に言う。俺は、許可をもらったことで、さらに激しく舌を使う。どうやったら気持ち良くなるのかはわからないが、自分がされて気持ち良かったことをしてみた。
『あぁっ、そ、それ気持ちいい、うぅ、もっと……して……』
結衣さんは、恥じらいながら言う。俺は、興奮しすぎておかしくなりそうな気持ちのまま、結衣さんの乳首を舐め続ける。結衣さんは軽く声をあげながら、さらに気持ちよさそうな顔になっていく。俺は、舌だけではなく、指も使って乳首を責め始めた。両乳首を同時に責められると、結衣さんはさらに顔をとろけさせながらあえぐ。
『うぅっ、あっ、んっ、くぅ、あぁっ、気持ちいい。すごく気持ちいいよ。こんなに気持ち良くなっちゃダメなのに、うぅっ、気持ち良くなっちゃうの』
結衣さんは、戸惑いと罪悪感を感じているような感じだ。俺は、そんな結衣さんの仕草に、より興奮が大きくなっていく。

そして、俺はショートパンツ越しに結衣さんのアソコも触り始めた。すると、身をよじって逃れようとする結衣さん。
『そ、そこはダメだよ! 触っちゃダメ、うぅ、ダメ、ダメなの、うぅっ』
結衣さんは、俺の腕を掴んで引き剥がそうとしている。さすがに、抵抗が大きいみたいだ。でも、俺は指先に湿った感触があるのに気が付いた。ショートパンツに染み出るほど、濡れている……。僕は、
「結衣さん、すごく濡れてるよ」
と、指を見せながら言ってみた。
『……だって……』
結衣さんは、それだけ言って黙ってしまった。俺は、覚悟を決めてショートパンツを脱がせ始めた。震える指でボタンを外し始めると、結衣さんは、
『……電気消して』
と、恥ずかしそうに言う。俺は、すぐに照明のリモコンを手に取る。そして、常夜灯だけに切り替えた。

かなり暗くなるが、ちゃんと見える。結衣さんは、心配そうな感じの顔になっている。俺は、ショートパンツを引き下ろし始めた。結衣さんは、腰を軽く浮かせる。俺は、イヤがってたんじゃないんだ……と、不思議な気持ちになっていた。女性のイヤは、イヤじゃない? 俺は、一気にショートパンツを引き抜いた。

多分、薄いピンク色のショーツ。レースのフリフリが着いた可愛いヤツだ。大事な部分に、シミが出来て濡れているのが見える。俺は、そのまま触るか迷ったが、どうしても女性器を見てみたいという思いが上回り、ショーツに指をかけた。

結衣さんは、目を閉じて何も言わない。俺は、義理とはいえ母親にこんな事をしていいのだろうか? と、不安な気持ちになってきた。すると、結衣さんが脱がしやすくするためなのか、脚をスッと拡げた。俺は、その行動を見て安心してショーツを脱がせ始めた。

薄いヘア、そして、膣周りのビラビラ。全部丸見えだ。俺は、ネットの動画で見た膣周りよりも、グロテスクじゃないなと思っていた。ビラビラも小さいし、色も薄い感じがする。

俺は、マジマジと見つめてしまった。
『そ、そんなに見ないで……恥ずかしいよ』
結衣さんは、本当に恥ずかしそうに言う。俺は、その可愛らしい言い方にさらに興奮してしまい、吸い付くように結衣さんの膣に口を付けた。
『ダッ、ダメッ! 舐めるのはダメッ』
慌てて言う結衣さん。腰をひねって逃げようとする。俺は、結衣さんの腰のあたりを掴んで固定する。抵抗は感じるが、それほど強いわけではない。俺は、クリトリスらしきモノを舐め始めた。
柔らかい舌触りなのに、クリトリスはコリコリしている。俺は、結衣さんが興奮しているんだなと感じながら、夢中で舐め続ける。結衣さんは、すぐに抵抗をやめて、
『んっ、うぅっ、んうぅっ、ヒィうぅ』
と、大きめの吐息を漏らし続ける。舌で舐めていると、膣周りがグチョグチョなのに気が付く。あふれた蜜が、太ももやお尻の方まで行っている感じだ。味はほとんどしない。俺は、初めての体験に異常に興奮してしまっている。

『んぅっ、んぅあっ、あっ、んうぅ、あぁっんっ』
結衣さんは、徐々に声が抑えられなくなってきている感じだ。俺は、結衣さんを感じさせていることに感動しながら、もっと強くこすりつけるようにクリトリスを舐めてみた。
『ヒィああぁっ、ダメぇ、声出ちゃう、うぅっ!』
結衣さんは、声を必死で抑えている。家の中には、酔って寝ている親父がいる。まず起きないはずだが、絶対ではない。俺も、やっぱり気になってしまう。

俺は、結衣さんのクリトリスを舐め続ける。結衣さんは、どんどん声が大きくなっていく。俺は、あふれてくる蜜を舐め取るようにしながら口に含み、飲んでみたりもした。

『勇気君……クリの皮剥いてみて……』
結衣さんは、本当に恥ずかしそうにおねだりをしてきた。俺は、戸惑いながらも指でクリトリスを触る。そして、包皮みたいなモノをめくるようにしてみた。
『うぅっ!』
強めにうめく結衣さん。本当に気持ちよさそうだ。俺は、むき出しになったクリトリスを慎重に舐め始めた。
『あぁっ、気持ちいぃ。すごく気持ちいぃ』
結衣さんは、とろけたような声を出す。俺は、生で女性のこんな声を聞いたことがない。もう、興奮しすぎてペニスが破裂しそうだ。

結衣さんは、声を殺しながらもあえぐ。そして、自分の手の甲を口に押しつける。声が漏れないように、必死になっている感じだ。

俺は、徐々に強く舐める力を強くしていく。舌で弾くようにする度に、結衣さんの身体がビクンビクンと震えるのがわかる。もう、無我夢中で舐め続けた。結衣さんは、手の甲で口を押さえ続ける。でも、結構な声が漏れてくる。すると、結衣さんは自分の腕を噛み始めた。声を殺すのに、必死になっている……。俺は、手を伸ばして乳首も触り始めた。結衣さんは、ビクンと身体を跳ねさせる。そして、腕を噛んだままうめき続ける。俺は、さっきよりも固くなっている乳首に驚きながらも、さらに責め続けた。

『ダメぇ、イッちゃう、イッちゃうの、うぅっ、あっ、あんっ、もうダメっ、イクっ! うぅぅっ!!』
結衣さんは、腰を持ち上げるようにしてガクガクッと震えた。俺は、結衣さんをイカせることが出来たんだ……と、感動していた。

結衣さんは、うっとりしたような顔で俺を見つめる。
『イカされちゃった……。上手だったよ』
結衣さんは、そんな風に言う。俺は、どうしたら良いのかわからなくなってしまった。さっき射精したばかりなのに、俺のペニスは暴発寸前になっている。でも、さすがにこれ以上は進めない。
『フフ。また大きくなってるね。どうする? もう一回出しておく?』
結衣さんは、イタズラっぽく聞いてくる。俺は、黙ってうなずく。
『じゃあ、そこに寝てくれる?』
と、言って俺をベッドに寝かせる。そして、俺のペニスをくわえてくれた。ぎこちない動きで、結衣さんの舌が俺のペニスを舐め回す。ベッドの上で、結衣さんが全裸のまま俺のペニスをくわえている……。
そう思うと、あまりの異常なシチュエーションに、ドキドキしてしまう。親父に悪いという感覚はあまりないが、母親としているという気持ちは少し感じる。血のつながりはなくても、やっぱり母親は母親だ。罪悪感を感じてしまう。

『気持ちいい? 下手くそでゴメンね』
結衣さんはそんなことを言いながらも、俺のペニスを丁寧に舐めてくれる。舌が、カリ首あたりを重点的に舐めてくれる。

『すごい……。もっとカチカチになってきた。私も……変な気持ちになっちゃう……』
結衣さんは、おずおずと言う。俺は、もしかしてチャンスなのか? と、心が騒ぐ。すると、結衣さんが、俺のペニスをくわえたまま俺の顔の上にまたがってきた。そして、顔に膣口を押しつけてくる結衣さん。俺は、シックスナインをするなんて想像もしていなかったので、驚いてしまった。

俺は、目の前にあるクリトリスにむしゃぶりつくように舌を這わせた。うめく結衣さん。でも、フェラチオは続けている。俺は、負けないように結衣さんのクリトリスを舐めながら、目の前の結衣さんのお尻を見つめていた。

初めて見る女性のアナル。毛もなく、穴も小さい感じだ。俺がクリトリスを舐めるのにあわせるように、ヒクヒク動くのがなまめかしい。

『んっ、うぅ~! んっ、うぅうっ!』
俺のペニスをくわえたままうめき続ける結衣さん。俺は、ひたすらクリトリスを舐め続ける。自分からシックスナインを始めるなんて、意外に積極的なんだなと思う。

親父とは、あまりセックスしていないんだろうか? 確かに、親父は出張がちで家にいることが少ないし、結衣さんも、親父は勃起しても元気がないというようなことを言っていた。

欲求不満が溜まってるんだろうか? 俺は、そんなことを考えながらも、夢中で結衣さんのクリトリスを舐め続ける。すると、結衣さんはフェラチオの動きをとめた。そして、俺の脚にしがみ付くように抱きつく。
『うぅっ、んぅ~~っ、うぅ~~~っ!』
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

嫁と軽い露出プレイをしているうちに、友人に見てもらうことになって4(オリジナル 転載禁止)

前回の話

ソファに上で、キスをしながらセックスをしている由紀恵と幸夫……。僕は、まさかの状況なのに、ペニスをしごき続けてしまっている。

ただ、僕とのセックスしているのを、幸夫に見てもらう……。軽い露出プレイというか、自慢するような意味合いだったはずなのに、由紀恵は夢中で幸夫にキスをしている……。

「由紀恵ちゃん、キス好きなんだね。舌が絡むと、めっちゃ膣がキュンキュン動くよ」
幸夫は、そんなことを言う。



『そ、そんなことないよ! キス……しちゃったね。ダメだよ、エッチもしちゃダメなのに……』
由紀恵は、今さらそんなことを言い始めた。
「そうなの? じゃあ、抜いた方が良い?」
幸夫は、そう言ってペニスを引き抜きにかかる。
『ううっ、ダ、ダメッ! 抜かないで……』
由紀恵は、慌ててそんな風に言う。
「あれ? ダメなの? 抜くのがダメ?」
幸夫は、イジワルな感じで言う。
『……たっちゃん、どうしたら良い?』
由紀恵は、困った顔で僕を見てきた。でも、僕はすごい勢いでペニスをしごいている最中だった。慌てて手をとめた僕。由紀恵は、ほとんど無表情になってしまった。そして、
『やっぱり続けて。でも、キスはしないでね』
と、幸夫に言った。
「了解。じゃあ、動かすよ」
幸夫は、嬉しそうな顔になり、腰を動かし始めた。上体を起こしたまま腰を動かす彼。由紀恵は、すぐにあえぎ声を上げ始める。
「この格好だと、Gスポットにこすれて気持ちいいでしょ」
幸夫は、なんとなく得意気な顔で言う。幸夫は、ペニスが大きいだけではなく、経験も豊富なのが伝わってくる。
『気持ちいい。中の上の方がすごくこすれてるよ……。ねぇ、もっと奥まで入れて……』
由紀恵は、恥ずかしそうにおねだりをする。そういえば、さっきから幸夫はペニスを半分程度しか入れていない感じでストロークさせている。

「もう我慢出来なくなっちゃった? 我慢我慢。焦らした方が、気持ち良くなるからさ」
そう言って、幸夫は腰を動かし続ける。奥までは入れず、Gスポットを集中的に責めているような動きだ。
『あんっ、うぅっ、気持ちいい。すごくこすれてる……。あぁ、あっ、こんなの初めてだよ。も、もっと、奥に……欲しいっ』
由紀恵は、快感を感じながらも焦らされて切なげな顔になっている。幸夫は、一定のリズムで腰を動かし続ける。僕は、夢中でペニスをしごきながら、由紀恵のとろけた顔を見つめている。
僕とのセックスの時、こんな顔になることはある。でも、僕とのセックスで、本当に満足しているのだろうか? そんな心配をしてしまう。

「そんなに奥に欲しいの?」
幸夫は、イジワルっぽく聞く。
『欲しいっ。奥まで入れて欲しい』
由紀恵は、焦れた顔で言う。
「じゃあ、おチンポ奥まで入れて下さいって言ってごらん」
幸夫は、イジワルを続ける。
『うぅ……幸夫さんおチンポ、奥まで入れて下さい』
由紀恵は、清楚な雰囲気からは想像もつかないような卑猥な言葉を口にする。
「どんなおチンポ?」
幸夫は、徹底的にイジワルをするつもりみたいだ。
『そ、それは……幸夫さんの、大きなおチンポ……』
由紀恵は、顔を真っ赤にして言う。
「どんな風に大きな?」
幸夫がイジワルを言う。
『……たっちゃんのより大きなおチンポ……。イジワルしないで……。奥まで入れて』
由紀恵は、少し怒ったような声で言う。その瞬間、幸夫は思いきり奥までペニスを挿入した。
『んぅっうぅう゛っ!!』
由紀恵は、不意打ちされてのけ反りながらうめく。今まで一度も聞いたことのないような声をあげてしまっている。
「あらら。イッちゃった?」
幸夫は、ニヤけた顔で言う。さっきまでの、多少の遠慮の気持ちはなくなってしまったようだ。

『イ、イッちゃった……。すごいの……奥に当たると、真っ白になっちゃう』
由紀恵は呆けたような顔で言う。
「子宮がすごく降りてきてるから、強く当たるでしょ」
幸夫は、ペニスを奥まで入れたまま言う。
『う、うん。すごくギュッてなってる。こんなに降りてくるんだ……』
由紀恵は、戸惑ったような顔だ。
「そうだよ。この雄で妊娠したいって思うと、身体が反応するんだって」
幸夫は、そんなことまで言う。僕は、ここでハッと気がついた。幸夫は、コンドームをしていない。生のまま入れてしまっている。
『そんなこと、思ってないよ。たっちゃんに妊娠させてもらうんだから……。あっ、幸夫さん、コンドームしてないでしょ!?』
由紀恵は、やっぱり気が付いたようで、慌てて言う。
「ホントだ。じゃあ、抜くね」
そう言って、ゆっくりとペニスを抜いていく幸夫。
『うぅああぁ、ダメぇ、こすれて、うぅっ』
由紀恵は、抜けていくペニスに強い快感を与えられているようだ。抜けそうになったところで、
「あれ? 抜いて欲しくないって顔になってるよ」
と、幸夫が言う。
『そ、そんなこと……ない……』
由紀恵は、少し苦しげに見える顔で言う。すると、幸夫はまたペニスをゆっくり入れていく。
『ダッ、ダメぇ、抜いて。コンドーム付けて、うぅあぁ、奥、当たって……ヒィうぅ、ダメになっちゃうぅ』
由紀恵は、ペニスをゆっくり根元まで入れられ、のけ反るような格好になってしまっている。
「あ、ゴメン、コンドーム付けるんだった」
そう言って、またペニスをゆっくりと抜き始める幸夫。
『うぅうぅう゛っ、そこダメぇ、き、気持ちいい……。ダメぇ、抜いて、早く、ううぅっ!』
由紀恵は、葛藤しているようだ。抜けそうになるペニス。
『ダメッ、抜かないでっ!』
由紀恵は、そんなことを言ってしまった。すると、幸夫はその言葉が聞こえなかったように、ペニスをズルンと抜いてしまった。

『ど、どうして? 抜いちゃダメなの……』
由紀恵は、悲しそうな顔になっている。すると、幸夫はどかっとソファに座りながら、
「ちょっと疲れちゃった。口でしてよ」
と、少し冷たいような口調で言う。
『え? う、うん』
由紀恵は、一瞬怪訝な顔になったが、すぐにソファの前にひざまずく。そして、さっきまで由紀恵の膣中に入っていたペニスを、舐め始めた。由紀恵の体液でドロドロになったペニス……。ただ濡れているだけではなく、何か白いものも付着している。
湯気が出そうな感じだ。それを、由紀恵は躊躇なく舐めている。丁寧に、心を込めたような舐め方をし、大きく口を開けてくわえてしまった。

さっきまで、自分の膣中に入っていたペニス……。それを、こんな風に舐める由紀恵。イヤではないんだろうか? 僕は、すっかりと幸夫のペニスに夢中になってしまった感じの由紀恵を見ながら、夢中でオナニーをしていた。

『あぁ、すごい……本当に大きい……。太くて、固い……。我慢出来ないよ……入れても良い?』
心のこもったフェラチオをしながら、由紀恵は我慢出来ないという顔で言う。
「コンドーム付けないとダメなんじゃないの?」
幸夫は、そんなことを言う。
『……中に出しちゃダメだからね。外に出してね』
由紀恵は焦れきった顔で言うと、幸夫にまたがった。対面座位の格好で一気に挿入してしまうと、
『ひぃうぅっ、ダメぇ、深すぎるよ、子宮潰れてるぅ』
と、一瞬でとろけた声をあげる。自分の意志で、我慢しきれずに生ペニスを挿入してしまった由紀恵……。いつもの、上品で清楚な雰囲気の彼女からは、想像もつかない行動だ。

「すごいね、メッチャ締まる。そんなに気に入った?」
幸夫は、得意気に質問する。
『好き。このおチンポ、好きぃ』
由紀恵は、快感にとろけた顔で言う。そして、そのまま腰を動かし始めてしまった。対面座位で、揺さぶるように身体を振る由紀恵。あえぎ声がどんどん大きくなっていく。

『気持ちいい。奥まで当たってる。こんなの知らなかった。こんな気持ちいいの、知らなかった』
由紀恵は、うわごとのように言いながら腰を動かし続ける。積極的に、ペニスを奥に当てるような動きだ。僕は、僕のペニスを見つめた。手の平で、ほとんど隠れてしまう長さ。太さも、幸夫のものと比べると、悲しくなるほど細い……。

「あぁ、良いね。すごく気持ちいいよ」
幸夫は、満足げに言う。僕は、不安になっていた。気持ちいいと言うことは、沢山ガマン汁も出ているはずだ。それにも、精子は含まれていると聞く。由紀恵が、他の男に妊娠させられてしまう……。僕は、その危機感で息が止まりそうだ。でも、なぜかはわからないが、ペニスはより固くなっていく。

『ダメぇ、またイクっ、イクぅっ、おチンポイクっ! 幸夫さんの大っきなおチンポでイッちゃうのっ!』
由紀恵は、卑猥な言葉を口にしながら腰をさらに早く動かす。もう、ヘソから下だけをグラインドさせるような、サンバか何かのダンサーのような動きになってきている。

「ヤバいね、搾り取られそう」
幸夫は、少し余裕のない顔になっている。もしかして、このまま中に出すつもりなのではないか? そんな疑いを持ってしまう。
『あっ、あっ、あんっ、気持ちいいっ、奥すごいのっ! 子宮、壊れちゃうっ、赤ちゃん出来なくなっちゃうよぉ』
由紀恵は、そんなことを口にしながら、さらに腰の動きを加速していく。
「ヤバいね、こんなのされたら、イキそうになるよ」
幸夫は、さらに余裕のない声で言う。
『固くなってきた。幸夫さんのおチンポ、カチカチになってきた。あぁ、ダメぇ、気持ちいいっ! たっちゃんのより大きなおチンポで、またイッちゃうのっ!』
由紀恵は、泣きそうな顔で叫ぶ。気持ち良すぎて泣く。僕とのセックスでは、味わうことの出来ない快感なのだと思う。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

カテゴリ

プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読めます。


月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者マガブロ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
4位
アクセスランキングを見る>>

リンク元ランキング