カテゴリー  [ オリジナル体験談(マガブロ) ]
次ページ ≫



・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品
・このブログのオリジナルコンテンツ一覧
・全記事タイトル一覧

友人夫婦と食事をしてたら、アレのサイズの話になって4(オリジナル 転載不可)

前回の話

 僕は、ゆかりちゃんの膣中に射精を続けながら、詩織が祐介の身体にしがみつくようになりながら叫ぶ姿を見つめていた。
 幸せそうに、本当に気持ちよさそうに祐介の身体に両腕両脚を絡めながら、絶叫するようにあえいでいる。
「フフ、いっぱい出たね。孝君のザーメンで、オマンコの中ヤケドしちゃいそうだったよ」
 ゆかりちゃんは、妖艶な笑みを浮かべている。小柄でロリ可愛いゆかりちゃんなのに、まるで痴女のような雰囲気になっている。


「もうダメっ! イッてるのっ、祐介のおチンポでイッてるのっ! 孝君、ごめんなさい。孝君のより気持ちいいの……」
 詩織は、泣きそうな顔になっている。でも、祐介が腰を動かし続けているので、あえぎっぱなしだ。こんなにも気持ちよさそうな詩織は、見たことがない。本当に、奪われてしまうのではないかと心配になってしまう。
「気持ちいい? 奥にガンガン当たってるけど、平気?」
 祐介は、興奮した顔で聞く。
「気持ちいいっ! もっと奥に当ててっ! こんなの初めてだよ……孝君とは経験したことない……祐介の方がずっと気持ちいい」
 詩織は、申し訳なさそうに言う。でも、その顔はとろけっぱなしだ。すると、ゆかりちゃんがキスをしてきた。
「私を見て。大好きだよ。孝君のこと、大好きになった」
 そんなことを言いながら、キスをしてくれる。対面座位で、まだ繋がったままだ。僕のペニスは、ゆかりちゃんの狭い膣が締め付けてくるせいでまだいきり立ったままだ。
 ゆかりちゃんは、舌を絡めてくれる。すごく感情がこもったようなキスを続けてくれる。僕も、詩織のことが気になりながらも舌を絡めていく。

 詩織は、泣きそうな顔で僕を見つめている。ゆかりちゃんとキスをしているのが悲しいのか、祐介のペニスで感じすぎてしまった罪悪感なのかわからないが、本当に泣きそうな顔になっている。

「あぁ、ヤバい。もうイキそう。詩織ちゃん、イッても良い?」
 祐介が、余裕のない声で聞く。詩織は、
「良いよ、イッてっ! 中に出して欲しいっ。好きっ、祐介好きっ!」
 詩織は、感情を込めたような声で叫ぶ。好きと言ってしまった……ショックで泣きそうな気持ちになる。
「フフ、幸君のおチンポ、もっと固くなったよ。詩織ちゃんが祐介のこと好きになって、興奮してるんだね。寝取られ好きのヘンタイだね」
 ゆかりちゃんは、そんなことを言いながら腰を微妙に動かし始めた。くすぐったさも感じるが、すごく気持ちいい。ゆかりちゃんは、妖艶な笑みを浮かべたまま腰を動かし続ける。僕は、射精感が再び湧いてくるのを感じながらも、詩織の事を見つめている。

「イクっ、うぅっ」
 祐介は、うめきながら射精を始めた。コンドームをつけた状態での射精だが、詩織の体内で射精をしていると思うと、嫉妬で身体が燃え上がりそうだ。
「うぅあぁ、ああぁ、出てる……ドクンドクンしてる……好き……祐介大好き」
 うっとりしたような顔で言う詩織。本当に、気持ちよすぎて夢見心地になっているようだ。

「フフ、好きになったんだって。詩織ちゃん、取られちゃうよ」
 ゆかりちゃんは、挑発的に言う。僕は、不安で胸が苦しい。すると、詩織が、
「孝君、ごめんね。いっぱいイカされちゃった……好きになっちゃった」
 と、本当に申し訳なさそうに言う。僕は、そんなに気持ちよかったの? と、聞いてしまった。
「気持ちよかったよ。頭の中、真っ白だもん……。ねぇ、ちょっと横になるね。力が入らない……」
 そう言って、詩織はソファに横になった。その横に座る祐介。そのペニスは、まだ勃起したままに見える。コンドームの中には、大量の精液がたまっているみたいだ。

「ゆかり、早く中の精液流さないと……。妊娠しちゃうでしょ」
 祐介は、不安そうな顔だ。
「大丈夫だよ。今日は、安全でもないけど危なくもない日だから」
 ゆかりちゃんは、不安を増すようなことを言う。でも、祐介はなぜか安心した顔になった。
「祐介は気持ちよかった? 詩織ちゃんのオマンコ、どうだったの?」
 ゆかりちゃんは、僕と生で繋がったまま祐介と会話をする。異常な状況だ……。
「気持ちよかったよ。その……最後まで出来たから、気持ちよかった」
 祐介は、かなり気を遣っている。
「良かったね。私も、気持ちよかったよ。孝君の痛くなくてすごく気持ちよかった。カリ首が、オマンコの中ゴリゴリこすって最高だったよ」
 ゆかりちゃんは、祐介とは違って気を遣うようなコメントはしていない。祐介は、ショックを受けた顔になっている。二人の力関係が、面白いなと思ってしまう。

 すると、ゆかりちゃんはスッと立ち上がった。そして、そのまま祐介のすぐ横に移動する。
「祐介、見える? 中に出されたよ。こんなに溢れてきてるの」
 そんな風に言いながら、軽く脚を拡げている。祐介は、ゆかりちゃんのアソコを凝視しながら悲しそうな顔になっている。ゆかりちゃんのアソコからは僕の精液が溢れて垂れている。床に垂れてしまった精液は、液だまりみたいになっていた。
「本当に、大丈夫なの? 妊娠しない?」
 すごく心配そうに言う祐介。
「そんなに心配だったら、祐介ので掻き出して。今なら、ほぐれてるから痛くないかも」
 ゆかりちゃんは、可愛い顔からは信じられないくらいにどぎついことを言った。

 すると、祐介はゆかりちゃんを押し倒しながらペニスを挿入する。大きなペニスが、小さなゆかりちゃんのアソコに入っていく。
「うぅっ、あぁ、祐介……大丈夫だよ。今日は、痛くない」
 ゆかりちゃんは、そんなことを言う。祐介は、嬉しそうに腰を動かし始めた。
「うぅっ、あっ、ダメ、もっと浅く……奥は……痛いよ」
 ゆかりちゃんは、少し顔をしかめる。祐介は、ゴメンと言って腰の動きを調整し始めた。

 やっぱり、ゆかりちゃんの身体には祐介のペニスは大きすぎるみたいだ。動きをかなりセーブして浅いピストンになっている。すると、グッタリしていた詩織が身体を起こして僕の方に移動してきた。
「フフ、祐介君必死になってるね」
 楽しそうに言う詩織。そのまま僕に抱きついてキスをしてきた。詩織も、すごく興奮しているのがわかる。したが僕の口の中をかき混ぜるように動き回る。
「ゆかりちゃんのこと、本当に好きになった?」
 詩織は、嫉妬しているのを隠そうともしない顔だ。でも、こんな風に嫉妬してもらえて、嬉しいと感じる僕がいる。

 僕は、言葉に迷いながらも好きになったと告げた。そして、詩織も祐介のことを好きになったのかと尋ねた。
「うん。好きになった。あんなのでずっと子宮までいじめられたら、もうまともに考えられなくなっちゃうよ。もっとして欲しいって思い続けてた」
 詩織は、挑発でもするような感じで言う。私は、聞かなくてもわかることなのに、どっちが気持ちいいか聞いた。
「聞きたいの? わかってるでしょ?」
 詩織は、言いよどむ。気を遣っているのが伝わってくる。でも、同情されていると思うと、悲しくなるし敗北感が湧き上がる。

 詩織は、そのまま僕にまたがってペニスを入れてしまった。僕は、思わず固まってしまった。明らかに感触が変わっている。挿入した感覚が薄い。詩織の膣が拡がっているのか、ゆかりちゃんの狭膣の後だからかわからないが、明らかに感覚が薄い。
「孝君、違う感じがする?」
 詩織は、心配そうな顔になっている。僕は、どうしてそんなことを聞くのかと聞いた。
「だって、ビックリした顔になってるし……私も、ちょっと違う感じがしたから」
 詩織は、とても言いづらそうだ。僕は、どう違うのかと聞く。

「なんか、いつもよりも感触が薄いかな?」
 やっぱり、詩織も同じ事を考えたようだ。僕は、拡がってしまったのではないか? と、聞いた。
「そんなはずは……」
 詩織も言いよどむ。僕は、不安と焦燥感が大きくなり、嫉妬もしてしまう。

ゆかりちゃんは、たまに痛そうな顔をするが、あえぎ声も出している。祐介は、慎重に腰を動かしながらゆかりちゃんのアソコを見つめている。祐介が腰を動かす度に、中から精液が溢れてくる……。
「こんなに……本当に、妊娠しない?」
 祐介は、もの凄く心配している。でも、ゆかりちゃんは、
「あれ? 祐介と孝君って、同じO型でしょ? だったら大丈夫だよ」
 そんなことを言うゆかりちゃん。ドキッとしてしまう。

「ねぇ、ゆかりちゃんの方が気持ちいい?」
 詩織は、腰を動かしながら聞いてくる。僕は、言葉に詰まりながらも、同じくらいだと告げる。
「ふ〜ん、そうなんだ。でも、今は緩いって思ってるでしょ?」
 詩織は、すねた顔で言う。私は、そんなことはないと言いながらも、感触が薄いままだなと思っていた。

「ねぇ、もう充分でしょ? 全部出たよ。ちょっと、痛くなっちゃったから抜いてくれる?」
 ゆかりちゃんは、そんなことを言う。
「う、うん。ごめんね」
 祐介は、悲しそうな顔だ。すると、詩織も僕の上からどいてしまった。
「ごめんね、緩くて」
 詩織は、そんな皮肉を言う。僕は、そんなことないと慌てて言った。
 すると、詩織はそのまま祐介の前に移動する。そして、無言のまま彼にまたがってしまう。まさか……と、思っている僕の前で、詩織は腰を下ろし始めた。悪夢のような状況なのに、僕は何も言えない。
「うぅ、あぁ、大きい……やっぱり、全然違うみたい」
 詩織は、うめくような声で言う。あっさりと生のペニスを入れてしまった。
「詩織ちゃん、さすがにマズいんじゃ……」
 祐介は、動揺している。でも、詩織を押しのけようとするほどの抵抗はしていない。ゆかりちゃんは、
「ごめんね、痛くなっちゃったの。詩織ちゃん、相手してあげて」
 ゆかりちゃんは、そんなことを言いながら詩織の胸を揉み始めた。
「うぅぅっ、アンッ、気持ちいい。ゆかりちゃん、舐めて」

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

友人夫婦と食事をしてたら、アレのサイズの話になって3(オリジナル 転載不可)

前回の話

「出し過ぎだよ〜。ドロドロになっちゃったじゃん」
 詩織は、顔中精液まみれにしながら、少し怒ったように言う。でも、表情自体は笑顔だ。そして、ゆかりちゃんも僕の精液で顔がドロドロだ。
 二人の妻が、夫のものではない精液で顔をドロドロにしている……。異常な状況だと思う。でも、僕は激しく興奮したままだし、祐介も嫉妬心丸出しの顔でゆかりちゃんを見つめている。


「詩織ちゃん、綺麗だね。精液まみれでも、すごく綺麗……」
 ゆかりちゃんは、発情でもしてしまったのかと思うような表情で詩織を見つめている。その表情に、僕はドキドキしっぱなしだ。
 ゆかりちゃんは、顔についた僕の精液を指で触る。
「祐介のよりも、濃い感じだね」
 そんな事を言いながら、指先についた精液を舐めてしまった。
「やっぱり、濃いよ。味も濃い」
 詩織ちゃんは、僕の精液をそんな風に批評する。
「ダ、ダメだって、なに舐めてんの!」
 祐介が、慌てて言う。本当に焦っている顔になっている。意外にヤキモチ焼きというか、嫉妬しやすい性格なのかもしれない。
「フフ、ヤキモチ? 珍しいね。祐介がヤキモチ焼くなんて。祐介のも、飲んでみるね」
 ゆかりちゃんは、そんな事を言いながら詩織に近づいている。そして、詩織の頬についた祐介の精液を舐めてしまった。
「やっぱり、薄いね。大きいと、量は多いけど薄いのかな?」
 と、からかうように言った。すると、いきなり詩織がゆかりちゃんの頬を舐めた。
「ホントだ、味が違う」
 そんな事を言う。ゆかりちゃんが、
「え? 祐介の口に入ったの?」
 と、聞くと、
「うん。だって、すごい勢いだったから。少し飲んじゃった」
 と、答えた。僕は、強すぎるショックを受けて脚が震えそうだ。詩織が、他の男の精液を飲んでしまった? 嫉妬で息が詰まりそうだ。
「そうなんだ、ごめんね、マズかったでしょ?」
 ゆかりちゃんは、そんな風に謝る。そして、いきなり詩織にキスをした。ビックリした顔で固まる詩織。僕も同じだ。ゆかりちゃんは、舌を絡めるハードなキスをしている。
 顔中精液まみれの二人が、キスをしている……。あまりのも異常な状況だ。ゆかりちゃんは、キスをしながら詩織の顔の精液もすすり取る。そして、すすり取りながらキスをするので、詩織の口にも祐介の精液が入ってしまっている状況だ。

 すると、詩織も舌を絡め始めた。すごく興奮した顔で、夢中でキスをしている。次第にキスも激しくなり、詩織もゆかりちゃんの顔の精液をすすり取る。
 二人は、口を精液まみれにしながら激しいキスを続ける。もう、僕と祐介の精液は混じり合って、どちらのものかわからない。

 荒い息遣いの二人。二人とも、かなり興奮している。精液まみれのレズキスに、興奮しているのだろうか? そして、長いキスが終わる。
「ドキドキしちゃった……ゆかりちゃん、キス上手なんだね。女の子とも経験あるの?」
 詩織は、上気した顔で聞く。相手が女の子だとしても、こんなにとろけたような顔になっている詩織を見るのは、かなりショックだ。でも、僕は自分でもあきれるほどに勃起している。射精したばかりなのに、すでに射精しそうな感覚も沸いているほどだ。

「うん。女子校だったから。詩織ちゃん、イヤじゃなかった?」
 ゆかりちゃんは、少し心配そうだ。
「全然イヤじゃなかったよ。なんか、ドキドキしちゃった」
 詩織がはにかんだように答えると、ゆかりちゃんはまたキスをした。詩織の事を抱きしめるようにしながら、積極的に舌を使っている。ゆかりちゃんが、男になったような感じのキスだ。
 イメージでは、逆だった。ゆかりちゃんが責められる側……そんな印象だった。でも、ゆかりちゃんは慣れた感じでキスを続ける。そして、そのまま詩織の事をゆっくりと押し倒してしまった。
 上半身裸の二人が、絡み合うようにキスをしている。すごく興奮しているが、綺麗だなと思う僕もいる。女の子同士のキスは、卑猥な感じよりも美しさを感じる。
 僕は、嫉妬心はあまり湧いていないが、射精しそうな感じの興奮は高まっていく。ふと祐介を見ると、やっぱり興奮した顔で二人を見つめている。

 ゆかりちゃんは、キスをしながら詩織の乳首を触り始めた。
「ンッ、うぅ、フゥ」
 詩織は、キスをしながらうめく。ゆかりちゃんも、興奮した顔でキスを続け、乳首も刺激し続けている。どこまでするつもりだろう? そんな不安を感じていると、ゆかりちゃんは詩織の乳首を舐め始めた。
「ンッ、あっ、ダメぇ、」
 詩織は、弱々しい声をあげる。でも、ゆかりちゃんを押しのけようとはしていない。ゆかりちゃんは、そのまま舐め続ける。舌を使ったり、歯で軽く噛んだりしながら詩織の乳首を責め続けている。

「ンッ、あっ、アンッ、ダメぇ、気持ちいい……ゆかりちゃん、上手だよ……」
 詩織は、気持ちよさそうにあえぎ始めた。ゆかりちゃんの舌も指も、絶え間なく動く。詩織は、のけ反るような格好になったり、ゆかりちゃんにしがみつくような感じになったりを繰り返しながらあえぐ。
 顔も快感にとろけてしまっていて、止めさせようという感じは少しもない。
 祐介に、詩織の感じている顔を見られている……。僕は、激しく動揺している。嫉妬のような感覚と、止めさせないといけないという焦燥感も感じる。

「詩織ちゃん、私のも舐めて」
 そう言って、ゆかりちゃんは体勢を変えた。身体を180度回転させ、自分のおっぱいを詩織の顔の上に持っていく。すると、詩織もすぐにゆかりちゃんの乳首を舐め始めた。
 お互いに、夢中で相手の乳首を舐める……完全にレズプレイが始まってしまった。ゆかりちゃんも、可愛らしい吐息を漏らしながら乳首を舐め続ける。詩織も、気持ちよさそうにうめきながらゆかりちゃんの乳首を舐める。
 僕は、まったく想像していなかった展開にドキドキしながらも、ペニスを握ってしごき始めてしまった。祐介の方を見ると、祐介もペニスをしごいている。妻同士のレズプレイを見ながら、オナニーをする夫……。聞いた事もないアブノーマルな状況だ。

 ゆかりちゃんは、まくれ上がってしまいそうな詩織のスカートを完全にまくり上げる。ショーツが丸見えの状態になった詩織は、恥ずかしそうな顔になった。でも、同じようにゆかりちゃんのスカートをまくっていく。そして、ほとんど同時に二人はお互いのショーツを脱がせてしまった。
 ゆかりちゃんは、かなり興奮した動きで詩織のアソコを舐め始めた。詩織も、すぐにゆかりちゃんのアソコを舐める。
「んっ、うぅ〜っ」
 うめきながら舐める詩織……ゆかりちゃんも、可愛らしい声でうめいている。まさか、こんな形のシックスナインを見る事になるなんて、夢にも思っていなかった。二人は、お互いのクリトリスを舐め続ける。
 ゆかりちゃんはかなり激しく舐めている。こういうプレイにも慣れている感じが伝わってくる。詩織も、夢中で舐め続けている。ゆかりちゃんのアソコは、見てわかるほどに濡れて光っていた。
 祐介の位置からは、詩織のアソコが丸見えのはずだ。おっぱいだけではなく、アソコまで見られてしまった……。嫉妬が大きくなり、不安も感じる。でも、祐介が詩織のアソコを見ながらオナニーしていると思うと、すごく興奮してしまう。やっぱり、僕は寝取られ性癖があるんだなと感じた……。

 二人のクンニは、さらに激しくなっていく。舐める勢いも強くなっていき、あえぎ声やうめき声も大きくなる。本当に感じているのが伝わってくるような激しさだ。
「ダメぇ、ゆかりちゃん、イッちゃう……イキそう……」
 詩織が、切なげな声をあげる。
「良いよ、イッて。詩織ちゃん、いっぱいイカせてあげる!」
 叫ぶように言うゆかりちゃん。詩織は、身体を震わせながら果てた。脚がピンと伸び、かなり力が入っているのがわかる。

「フフ、イッちゃっったね。でも、クリイキだけじゃ物足りないでしょ? 祐介、きて。ゴムつけて入れてあげて」
 ゆかりちゃんは、口の周りを手腕で拭いながら指示をした。祐介は、慌ててオナニーを止め、カバンから取り出したコンドームを装着し始める。
 詩織は、祐介のペニスを見つめている。期待しているような、なんとも言えない表情をしている。僕は、かなり動揺している。このまま、やられてしまう……でも、それは僕も望んでいた事だ。
 詩織が巨根に貫かれるのを見てみたい……確かに、そんな願望を持っている。詩織も、はっきりと祐介のペニスを入れてみたいと言った。

「ゆかり、良いの?」
 祐介は、心配そうな顔でゆかりちゃんに聞く。ゆかりちゃんは、
「うん。良いよ。見てみたい。詩織ちゃんが大っきなおチンポで狂うの、見てみたいの」
 と、興奮したような顔で言う。詩織は、急に僕を見てきた。心配そうな顔で、僕を見つめている。でも、僕がペニスをしごいているのを見ると、安心した顔になった。
「孝君、見ててね。祐介さんの大っきなおちんちん、入るところ見ててね」
 詩織は、そんな事まで言う。そして、祐介が詩織の脚の間に身体を持ってきた。ゆかりちゃんは、入れ替わるように身体をどかし、僕の方にやってきて横に座った。

 祐介は、コンドームをつけたペニスを詩織の膣口にこすりつけるようにする。
「うぅ、あぁ、固い……」
 詩織は、色っぽい声で言う。僕は、ドキドキしながら不安で苦しい。本当に、良いのだろうか? このまま進めてしまって、後悔しないだろうか? 止めようか迷っていると、いきなりゆかりちゃんが僕のペニスを握ってきた。
「わっ、カチカチ。こんなに興奮してるんだね。詩織ちゃんが大っきなおチンポ入れられるの、そんなに興奮するんだね」
 と、楽しそうに言った。それを聞いて安心したのか、祐介はペニスを入れていく。
「うぅっ、ふ、太いよ……すごく、うぅ、太いの」
 詩織は、驚いた声をあげる。痛そうとか、気持ちよさそうという感じはない。ただ驚いているみたいだ。
「痛い?」
 祐介は、ペニスを半分ほど入れた状態で質問する。
「平気だよ。続けて」
 詩織は、そんな風に言いながらも少し不安そうな声だ。祐介は、そのまま腰を押し込んでいく。ズブズブと入ってくペニス……やっぱり、大きさが違和感を感じるほどに大きい。
「こ、こんなに……太い……あぁ、こすれてる……。孝君、ごめんね、もう気持ちいいの」

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

私しか知らない妻が、他の男に抱かれる姿を見たいと思った6(オリジナル 転載不可)

前回の話

 真奈美は、泣いているような顔であえぎながらお漏らしを続ける。アンモニア臭も広がり、掃除が大変だなと思ってしまった。
 私に抱きつくような体勢になった真奈美は、バックで激しく突かれながら私を見つめている。こんな風に他人に犯される真奈美を見ることになるなんて、数ヶ月前までは夢にも思ってなかったことだ。

 まさみ君は、腰を振り続ける。真奈美の腰の辺りをホールドし、力強く腰を動かす。見た目は中性的で可愛い感じだが、意外に力強い動きをしている。そして、まさみ君は正面を見ているので、私と目が合ったままの状況だ。


 こうやって間近で見ると、本当に綺麗な顔をしている。男相手におかしいが、少しドキドキしてしまう。チラッと横を見ると、射精を終えた高橋さんが、ソファに座って缶ビールを飲んでいる。
 この光景も、異常だなと感じる。乱交パーティーとか、そんな感じがする。
「ねぇ、またイキそうなの。パパ、イッても良い? パパのじゃないおチンポでイッても良い?」
 真奈美は、泣きそうな顔で言う。普段から、色々とおねだりをしたりわがままを言ったりすることがあまりない真奈美が、懇願するように言う姿はとてもドキドキする。
「ほら、パパさんとキスしないと。パパさんとキスしながら、違うチンポでイカないと」
 まさみ君が、意外なほどサディスティックなことを言う。すると、真奈美はすぐに私にキスをしてきた。すぐに舌が滑り込んできて、私の口内をめちゃくちゃにかき回す。興奮しているのが伝わってくるような激しいキスだ。

 私は、真奈美とキスしながら、まるでまさみ君とセックスをしているような錯覚に陥っていた。まさみ君の腰の動きが、真奈美を通してダイレクトに伝わる感覚……夫として、悔しい気持ちも湧くし、嫉妬心も高まる。
 真奈美は、私とキスをしながらペニスを掴んできた。もう、射精寸前なほどにいきり立った私のペニスは、握られただけで射精してしまいそうだ。

「パパ、イクっ、イクっ、このおチンポ本当に気持ちいいの。反ってて、私の気持ちいいところにぴったりハマるのっ」
 真奈美は、とろけた顔で言う。まさみ君は、ひたすら動き続ける。ふと床を見ると、溢れ出た高橋さんの精液が液だまりを作っている。
「パパ、もうダメっ、イクっ、おチンポイクっ、うぅうぁぁっ、イグゥッ」
 真奈美は、さっきの高橋さんとのセックス以上にあえいでいる。大きさでは、高橋さんのペニスが上回っていたが、気持ちよさはまさみ君の方が上なのかもしれない。

「あぁ、すごい、めちゃくちゃ締まってきた。出して良いですか? パパさん、真奈美さんの膣中にザーメン出して良いですか?」
 まさみ君は、私のことを真っ直ぐに見つめながら言う。長いまつげが、とてもセクシーに見えてしまう。私は、すぐにうなずいてしまった。
「出しますよ? 奥さんのオマンコの中、他人種であふれちゃいますよ? 本当に良いんですか?」
 まさみ君は、そんな卑猥なことを言う。可愛い顔でこんな言葉を使うのは、とても違和感がある。でも、そんなことにも興奮してしまう。

「パパ、孕んじゃう。安全日だけど、妊娠しちゃう。だって、このおチンポ気持ちよすぎるの。パパ、どうしよう? 出してもらっても良い?」
 真奈美は、やっぱり泣きそうな顔で聞いてくる。私は、黙ってうなずいた。すると、まさみ君がスパートをかける。真奈美は、のけ反るような格好になりながら、
「パパ、イクっ、イッちゃうっ、パパのおチンポが届かないところ、気持ちよくしてもらってるのっ!」
 と、ひどいことを叫ぶ。でも、私はその言葉でより興奮が強くなってしまった。そして、まさみ君は真奈美の膣奥深くに射精を始めた。
「うぅあぁぁあっ、パパ、出てるよ……子宮にドクドクかかってる。パパのじゃない精液が、中まで入っちゃう……」
 真奈美は、恍惚とした顔で言う。妻の子宮に、精液をぶちまけられている……最悪の状況なのに、私は興奮しきっている。

 すると、中出しを終えたまさみ君が、私に抱きついてキスをしてきた。慌てて顔を背けようとしたが、まさみ君の舌が滑り込んでくる。まさみ君は、私に強く抱きつきながら舌を使い始めた。
 そればかりか、私のペニスを握ってきた。そして、激しくしごく。私は、あっけなく射精させられてしまった……。
「フフ、パパさん出ちゃったね。真奈美さんじゃなくて、僕にイカされちゃったね」
 まさみ君は、妖艶な笑みを浮かべて言う。私は、ゾクゾクしっぱなしだ。チラッと真奈美を見ると、高橋さんの大きなペニスを頬張っている。
 夢中な顔で、必死でフェラチオをする真奈美……。膣からは溢れた精液が流れている。

「パパさん、僕のも綺麗にして欲しいな」
 まさみ君は、ソファに座って私を見つめる。その股間は、まだ勃起したままだ。真奈美の体液やまさみ君の精液でドロドロのままのペニスは、彼の見た目に反してとても立派だ。間違いなく、私の粗末なものよりも大きい。
 でも、いくらなんでもお掃除フェラチオをしろというのは、あまりに常軌を逸している。当然、男性のペニスなんてくわえたことも舐めたこともない。
 でも、濡れたような目で私を見つめるまさみ君は、男とは思えないほど妖艶な雰囲気だ。さっきしたキスも、嫌悪感はまるで感じなかった。むしろ、興奮したくらいだ……。

 真奈美を見ると、まだ夢中でフェラチオを続けている。それは、お掃除フェラチオを越えて勃起をさせよとしているように見える。

 私は、結局吸い寄せられるようにしてまさみ君のペニスをくわえてしまった。生臭いような塩辛いようななとも言えない味がする。
 そして、カチカチなことにも驚いてしまう。勃起したペニスが固いのは当然知っているが、ここまで固いんだなと驚いてしまった。
 私は、見様見真似でお掃除フェラチオを続ける。考えてみれば、夫婦そろって初対面の男性のペニスをくわえているのは、異常すぎて現実味がない。

 私は、とにかく夢中で舐め続けた。すると、口の中のペニスがさらに固さを帯びていく。私は、自分のフェラチオで彼のペニスが固くなる感覚に、喜びのような感情を持った。
 そんなものが上手くなる必要なんて少しもないのに、少しでも勃起させようと知恵を絞ってしまう。自分がやられて気持ちいいと思う場所を責め続けると、
「パパさん、気持ちいいです。すごく上手」
 と、まさみ君が気持ちよさそうな声で言ってくれる。その言葉に喜びを感じるのもどうかと思うが、やっぱりテンションが上がるのを感じる。

「うぅあぁっ、太いっ」
 急に聞こえてきた真奈美の声に驚き、慌てて彼女を見た。すると、真奈美は対面座位で高橋さんと繋がっていた。

 真奈美は、当たり前のように生ペニスを膣に入れている。安全日なのでまず妊娠はしないと思うが、そんなことよりも精神的なダメージを感じる。
 コンドームなしの、直接の触れあい……そんなことは、ネットで知り合ったような単独男性として良いことではない。
 病気も怖いし、精神的に罪悪感を感じるはずだ。それなのに、真奈美はすでに腰を振り始めている。前後に揺さぶるように、夢中で腰を振っている。
「本当に大きい。高橋さんのおチンポ、子宮をググって押してくるの。本当に気持ちいいよ」
 真奈美は、うっとりしたような顔で言いながら腰を振る。なまめかしく、そして激しい動き……。真奈美は、巨根に夢中だ。そんなに違うものなんだろうか? いくら大きさが違うと言っても、倍も違うわけではない。
 それなのに、真奈美は見たこともないくらいにとろけた顔で、苦しげにあえぎ続ける。私は、そんな真奈美をチラチラ見ながら、夢中でお掃除フェラチオを続ける。もう、男性のペニスをくわえている嫌悪感は感じていない。まさみ君が、女性のように思えている。
 きっと、なまめかしい顔で可愛らしい声であえいでいるせいだと思う。

「あっ、アンッ、おチンポ気持ちいいっ。パパ、このおチンポ、この格好だと奥に強く当たって内臓までズラしてくるの」
 真奈美は、そんなとんでもないことを言う。いくらなんでもそんなことはないと思うが、真奈美の感じ方を見ると、そうなのかな? と、思ってしまう。

 真奈美は、夢中で腰を動かし続ける。高橋さんのことを熱っぽい目で見つめながら、ソファがきしむほど激しく腰を動かし続けている。
「本当に気持ちいいです。このおチンポ、好きぃ」
 真奈美は、卑猥な言葉を口にしながら高まっていく。時折、不随筋のように身体をビクッと震わせたりしている。
 自分でも制御出来ないほどの快感を感じているのだろうか?

「ほら、パパさん見てるよ。間男のチンポくわえながら、奥さんのこと見てるよ」
 高橋さんも、挑発的に言う。真奈美は、私のことを見つめながら、感情の読めない顔になっている。馬鹿にしているようにも、哀れんでいるようにも見える。
 この状況は、なんだろう? 私は、このままで良いのだろうか? と、思いながらもフェラチオを続ける。自分の妻を貫き、私が与えられない快感を与えたペニスを、夢中でフェラチオし続ける……。気が狂ってると言われても仕方ないような状況だ。

「パパさん、上手ですね。もう、綺麗になりました。じゃあ、奥さんたっぷりと楽しませますから、オナニーでもしててください」
 そう言って、まさみ君は真奈美の方に移動していく。真奈美は、高橋さんとキスをしながら腰を振り続けている。イケメンで中性的なまさみ君とキスをしているのは、少しレズ的な美しさを感じた。でも、高橋さんとキスをしながらセックスをしている姿は、不倫にしか見えない。私は、ここまで激しいセックスになるとは思っていなかったので、後悔の気持ちが湧いている。

「真奈美さん、アナルは経験ないんでしたっけ?」
 まさみ君が質問する。真奈美は、
「そ、そんなにはないわ」
 と、答えた。私は、ビックリして真奈美を見つめた。私とは経験がないし、そんな話を聞いたこともない。
「へぇ、あるんだ。パパさんとですか?」

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

私しか知らない妻が、他の男に抱かれる姿を見たいと思った5(オリジナル 転載不可)

前回の話

 私は、夢中でペニスをしごき続けた。一瞬で射精感が高まってしまい、思わずしごく速度を緩めてしまった。
真奈美は、まさみ君の反り返った巨根をくわえている。高橋さんは、真奈美の乳首を責め続けている。触り方が本当にイヤらしく、ねちっこい感じだ。
 真奈美は、うめきながらフェラチオを続けている。私は、本当に3Pを始めてしまったなと思いながら、興奮しきってしまった。

真奈美に他の男性とセックスをしたいと言われた時、ショックも感じたが興奮の方が遙かに大きかった。でも、まさか本当に3Pをするとは思っていなかった。セックスには積極的な女性だったが、貞操観念もしっかりしているし、良き母親で良き妻だった。


 そんな真奈美が、息子とほとんど同じ年のまさみ君のペニスをくわえている……。その顔はすでにとろけてしまっていて、牝の顔になっている。真奈美は、息子のことを考えないのだろうか? 罪悪感を持たないのだろうか? そんなことも考えてしまう。

「あぁ、大きい……本当に素敵だわ。このおチンポ、くわえてるだけで変な気持ちになる……」
 真奈美は、卑猥な言葉を口にしながらフェラチオを続ける。真奈美の秘部から溢れ出た蜜は、すでに太ももを越えて膝の辺りまで濡らしている。すねの所にまで届きそうな勢いだ。こんなにもペニスに焦がれる真奈美は、見たことがない。
「真奈美さん、溢れてますよ。そんなにおチンポ欲しいですか?」
 高橋さんが、真奈美の乳首を摘まむように責めながら聞く。
「は、恥ずかしいです……見ないで……」
 真奈美は、あふれた蜜を指摘されて、顔を真っ赤にしながら恥ずかしがる。でも、高橋さんはあふれた蜜を指で触りながら、
「こんなに溢れて、エッチな奥さんですねぇ」
 と、楽しそうだ。高橋さんの指先は、ロウでも塗り込んだように光っている。本当に、真奈美は興奮しきっているのだなとわかる。
「だって、こんなに素敵なおチンポに囲まれてるから……もう、入れて欲しいです」
 真奈美は、焦れた顔になっている。
「じゃあ、入れてみてください。最初は、対面座位でしましょうよ」
 まさみ君が、穏やかに言う。本当に中性的というか、イケメンそのものだ。まさみは、すぐにそのまままたがっていく。
「ゴムは良いんですか?」
 まさみ君が、少し慌てる。
「パパ、しなくても良いでしょ? 今日は平気な日だし……」
 真奈美は、顔を赤くしながらモジモジと聞いてきた。私は、真奈美の言葉に驚いてしまった。平気な日とかそういうのは関係なく、初対面の男性とセックスをするのに、コンドームなしでしたいというのが信じられない。
 妊娠のことや性病のこともそうだが、夫の目の前で生セックスをすると言うことに、抵抗はないのだろうか? 私は、言葉に詰まっている。どう答えるべきなのかわからない。でも、真奈美は私の返答を待つことなく、まさみ君にまたがっていった……。

「ドキドキする……。こんな気持ち久しぶり……」
 真奈美は、緊張気味に言いながらもまさみ君のペニスを掴んだ。そして、そのまま自分の膣に導いていく……。避妊具なしの生のペニスが、真奈美の膣に触れている……その光景がはっきりと見える。私は、そんな危機的な状況を見ながらも、オナニーの手を止められない。すでに射精しそうな感覚もある……。

「真奈美さん、可愛い顔ですね」
 まさみ君が褒めると、真奈美は顔を真っ赤にしながら照れる。でも、そんな仕草も可愛らしい。真奈美は、大学生の息子がいるがまだ18歳だ。早く産んだこともあり、まだまだ若々しいし可愛らしいと思う。
「おばちゃんをからかわないの」
 そう言って、まさみは腰を下ろしていった。
「うぅっ、太いわ……本当に太い。それに、熱い」
 ズブズブとペニスを挿入しながら、真奈美は嬉しそうに言う。もう、ペニスは半分以上入ってしまっている。いつも使っているディルドよりも大きなペニス……。
「気持ちいいです。真奈美さんのオマンコ、めちゃくちゃ締まりますね」
 まさみ君は、嬉しそうだ。
「ホント? フフ、嬉しいな。奥まで入れるね」
 真奈美は、嬉しそうに腰を下ろしていく。
「うぅっ、子宮潰れてる……おチンポ、もう奥まで当たってる」
 真奈美は、恥ずかしそうな顔をしながらも、卑猥な言葉を口にした。そして、そのまま腰を下ろしきった。

「どうですか? 痛くないですか?」
 まさみ君が、心配そうに聞く。
「平気よ。気持ちいいわ。本当に気持ちいい」
 真奈美は、すでに余裕のない顔になってきている。
「まさみさん、子宮降りてきてますよ。身体が妊娠したがってるんじゃないですか?」
 まさみ君にそう言われて、真奈美は耳まで赤くなった。
「そうかも……。子宮の奥がうずいてるみたいよ」
 まさみは、すでにとろけかかった顔になっている。

「動いてください」
 まさみ君が指示をすると、真奈美はすぐに腰を動かし始めた。
「うぅっ、あっ、あぁっ、深いわ……気持ちいい。子宮が潰れてる……奥に当たってるの」
 真奈美は、腰を動かしながら言う。まだ、様子を見るようなおとなしい動きだ。それでも、ディルドでオナニーをしている時みたいな顔になっている。
 真奈美が、気持ちよさそうな顔で他の男の上で腰を振る……。まさに、見たかった光景だ。でも、実際実行してしまい、今さら後悔もしている。想像だけで終わらせるべきだった……そう思ってしまう。

「あっ、ンッ、気持ちいいっ。まさみ君のおチンポ、すごくこすれるの。反ってるから、気持ちいいところにゴリゴリ来てるのっ」
 真奈美は、すでに冷静さを失っている。本当に気持ちよさそうに、本当に興奮した顔で腰を振り続ける。もう、私が見ていることなんて忘れてしまっているようだ。

「もっと感じてください。真奈美さん、マジで可愛いよ」
 まさみ君は、真剣な顔で言う。本当にそう思っているような顔だ。すると、真奈美が彼を見つめたまま、
「まさみ君も、格好いいわ。キュンキュンしてる。本当にイケメンね」
 と、切なげな顔で言う。息子と同じくらいの年の男の子に、こんなにも媚びた態度を取っている……。私は、焦燥感を感じながらもオナニーの手を止められない。
「好きになりそうです」
 まさみ君が、真剣な顔で言う。すると、真奈美は堪えきれないようにキスをした。思い切り抱きつき、舌を彼の口の中に差し込んで動かしている。
「うぅっ! んぅ〜〜っ」
 真奈美は、うめく。うめきながら、キスをしている。イケメンの彼とキスをしている真奈美は、本当に嬉しそうだ。私は、キスをしている姿が一番ショックが大きいと思っていた。
 生での挿入……ショックは大きかった。信じられない気持ちになった。でも、真奈美がキスをしている姿は、それ以上にショックが大きい。

 真奈美は、自分から舌を使い続ける。まさみ君も、舌を絡ませ始めた。キスが激しすぎて、絡み合う舌が見え隠れしている。
 真奈美は、激しいキスをしながら腰を動かし続ける。さっきよりも、動きはかなり早い。すると、高橋さんが真奈美の後ろに回り込み、胸を揉み始めた。
「うぅぅっ、んぅ〜っ」
 まさみは、キスをしながらうめく。かなり大きな声になっている。まさみは、腰の動かし方を変えた。上下に動いていたのものが、揺さぶるような感じになている。奥までいれまま動かしているよだ。
「ダメぇ、イキそう。イッちゃう。パパ、違うおチンポでイッちゃうっ」
 真奈美は、すでに我を忘れたような顔になっている。そんな顔のまま、キスを続けて腰を振る。あっけなくセックスをしてしまった。こんなにも簡単に、他人のペニスを入れてしまうなんて、さすがに想定していなかった。

 高橋さんは、後ろから手を回して真奈美の乳首を責め続ける。かなり強い力を入れているように見える。気持ちいいところまでペニスを差し込まれ、乳首も唇も責められている。もう、完全に3P状態だ。

 すると、高橋さんが真奈美の肩を掴むようにして動きを止めさせた。
「ダメっ、もう少しなの、イカせて下さいっ」
 真奈美は、とろけた顔で叫ぶ。でも、高橋さんは、
「まだダメだよ。次は、私のペニスを味わって下さい」
 と言いながら真奈美を立たせる。そして、座っているまさみ君の前で立ちバックの姿にした。
「あぁ、ダメぇ、ゾクゾクしちゃう。大っきなおチンポ、本当に欲しかった。ずっと考えてました」
 真奈美は、声を震わせながら言う。そして、高橋さんはそのまま生ペニスを挿入していく。
「うぅっ、太い。パパ、見える? このおチンポ大きいの」
 まさみは、私を見ながら言う。でも、私がオナニーをしているのにも無関心で、お尻を突き出すようにしながら高橋さんの挿入を待っている。高橋さんは、真奈美の腰を掴んで固定状態にしながら腰を動かし始めた。
「うぅっ、あっ、大きいっ、ダメぇ、潰れてるっ、子宮潰れちゃうっ」
 真奈美は、まさみ君の時とは違って不安そうに声を漏らし始めた。でも、痛みを感じている気配はない。LLサイズのディルドよりも大きなペニス……そんな大きな日本人なんて、いないと思っていた。

「真奈美さん、すごく気持ちいいです。出産してるとは思えない締まりだ」
 高橋さんも、気持ちよさそうに言う。二人とも、しきりに真奈美の膣の締まりを褒めているが、私はあまりピンときていない。もしかしたら、私のペニスが小さすぎて締まりの良さに気がつけないだけなのかもしれない……。
「思い切りして下さい。その……性欲処理だと思ってして下さい。私を感じさせるとか、考えないで下さい」
 真奈美は、とんでもないことを言い始めた。まさかの発言に、私はドキドキしてしまう。同時に、射精を堪えるのが難しいくらいになってしまった。
 私は、しごくのをやめてまさみの不倫セックスを見つめる。

「そういうのが好みなんですね。わかりました」
 高橋さんは、落ち着いた声だ。
「お願いします……めちゃくちゃに……して下さい」
 真奈美は、震える声で言った。すると、高橋さんはすぐに腰を動かし始めた。激しい動きだ。まるで、スパートをかけたような力強い動きだ。
「ううぁっ、あっ、すごいっ、気持ちいいっ! 突き抜けちゃう、オマンコ突き抜けるっ!」

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

私しか知らない妻が、他の男に抱かれる姿を見たいと思った4(オリジナル 転載不可)

前回の話

 真奈美は、すっかりと淫乱な女性になってしまった。ネットで募集した男性2人との3Pを希望するなんて、今でも信じられない。
 来週末のその日のことを、もの凄く楽しみにしているのが伝わってくる。そして、真奈美の希望で例のLLLサイズのディルドも購入した。
「こんなに大きいの!?」
 私が買って帰ったそのディルドを見て、真奈美は目を見開いて驚いている。私も、持って帰るのに疲れを感じるくらいに重いそのディルドに、驚いた気持ちのままだ。


 さすがに、これは無理だよという私に、
「そうだね……でも、あの二人のおちんちん、これといつものヤツの中間くらいはあるよね? なんか、怖くなってきちゃった」
 真奈美は、少し緊張気味の顔になっている。でも、緊張した顔になりながらも、そのディルドを握り始めた。
「太い……指、全然回らないね。パパでも回らない?」
 真奈美に言われて、私もディルドを握ってみた。確かに、私の指も届かないくらいの太さだ。
「パパのでも届かないんだね。こんなの、無理だよね……でも、赤ちゃんの頭はもっと太いか……」
 そんな事を言いながら、ディルドを握ったりさすったりしている。無理と言いながらも、試してみたい気持ちになっているのかな? と感じた。

 私は、試してみる? と聞いた。
「……うん。無理だと思うけど、せっかく買ってくれたんだから……試してみようかな?」
 真奈美は、気乗りしない感じで言う。でも、その顔はどう見ても興奮しているし、発情しているようにすら見える。そして、いつも通りのセックスが始まった。最近は、常にセックスをしているような感じになってしまった。息子が大学進学で一人暮らしを始めた当初は、こんな日々が来ることなんて想像もしていなかった。

 寝室に行き、キスをしながら真奈美の服を脱がせていく。ショーツを脱がせると、糸を引くくらいに濡れていて、ショーツまで大きなシミが出来ていた。いつも以上の濡れ具合に驚いていると、
「それ触ってたら、興奮しちゃった……はしたないよね、ごめんなさい」
 と、顔を赤くしながら謝る真奈美……。私は、そんな仕草にも興奮しながら、すぐに使ってみる? と聞いた。

「いきなりは無理だと思う……いつもの使うね」
 真奈美は、そう言うと自分でいつものLLサイズのディルドをつかみ、さっさと挿入してしまった。まるっきり、私の存在はないような態度だ……。
「うぅあぁ、気持ちいいっ! おチンポ奥まで来てるのっ」
 真奈美は、一瞬でスイッチが入ってしまった。そして、激しくディルドを抜き差しし始めた。私とのセックスでは決して出さないような声をあげながら、真奈美はディルドを動かし続ける。
「気持ちいいっ! パパ、おチンポすごいの。奥に当たって、頭真っ白になるッ。パパも気持ちよくなって。オナホ使って良いよ!」
 真奈美は、とろけた顔で叫ぶ。私は、情けない気持ちになりながらも、オナホにローションを満たして挿入した。もう、どれくらいの期間、真奈美に挿入していないだろう? 真奈美は私のペニスを入れようともしないし、私も真奈美がディルドで狂う姿を見ながらオナホを使う方が、快感が大きいと感じている……。

「イグッ、んおぉおっ、おチンポイグッ! オマンコ壊れるっ」
 真奈美は、はしたない言葉を口にしながら身体を硬直させる。足がピンと伸び、腰の辺りが小刻みに震えている。本当に、このディルドを使うとあっという間に果ててしまう。最近では、ローターやMサイズのディルドは、見向きもしなくなった。常にこのLLサイズのディルドを使う感じだ……。

 普通ではあり得ないほどの巨根が、真奈美の膣を出入りしている……。引き抜く時にアゴが上がり、だらしなく口が半開きになる。そして、一気に押し込むと、歯を食いしばるように力を入れながらうめく。
「も、もうダメ、動かせない……」
 真奈美は、息も絶え絶えな状態だ。そして、ディルドを壁の柱に吸盤でくっつけると、立ちバックの体勢で挿入してしまう。最近は、腕が疲れてくるといつもこんな風にする。

 真奈美は、腰を動かし始めた。腰の部分だけを、クイッ、クイッとくねらせるように動かしながら、泣きそうな顔であえぐ……。
「パパ、気持ちいいの。バックで犯されてると、気持ちよすぎて漏れちゃうのっ」
 真奈美は、泣きそうな顔のまま叫び、ハメ潮のようなものを吹き始めた。床がビチャビチャになるのもかまわず、真奈美は腰を動かし続ける。私は、そんな真奈美の姿を見ながら、無心でオナホを動かし続けている……。

 真奈美は、自分で両乳首を摘まみ始めた。そんな姿のまま、腰だけ別の生き物のように動いている。こんなにも快楽に取り憑かれてしまって、大丈夫なのだろうか? 依存症みたいになっていないだろうか? そんな心配もしてしまう。でも、こんな風に、他の男にバックで責められて潮吹きまでする真奈美を想像すると、一気に射精感が限界になってしまう。
 私は、オナホを動かすのを止めて真奈美の痴態を見続けた。すらりと細い身体に、Fカップの大きな胸。38歳になった今も、とても官能的な身体をしている。美しい顔も快感に歪み、セックスのことしか考えられなくなっているのが伝わってくる……。
 そして、真奈美は、
「オマンコイグッ! ンオォオオおぉおぉっ、イグゥ〜〜〜ッ!」
 と、ほとんど叫ぶような声を上げて痙攣した。そして、ベッドに身体を突っ伏すように倒れ込む。壁から生えているディルドは、真奈美の体液でドロドロになっている。そこかしこに白いドロッとしたものも付着していて、真奈美の深い快感が伝わってくるようだ。

「パパ、入れてみて……ゆっくりね」
 真奈美は、トロンとした顔のまま話しかけてくる。私は、慌ててオナホを引き抜き、LLLサイズのディルドを手に持った。でも、やっぱりこれが挿入できるとはとても思えないサイズ感だ。私は、ローションを塗り込んでいく。ローションで濡れて光るディルドは、より凶悪なものに見える。
 真奈美は、ベッドに突っ伏したまま腰を少し持ち上げた。ほぼ寝バックの体勢だ。でも、脚を大きく拡げているし、腰を持ち上げているのでアソコは丸見えだ。まだ、少し拡がったような状態のままになっている。
 真奈美の膣中は、こうやって見てもわかるくらいにうごめいている。ピンクの膣肉が、ウネウネとうねっているような感じだ。

 深い快感を感じると、女性の膣は意思とは関係なく動く……それを知ったのは、LLサイズのディルドのおかげだ。私とのセックスでは、真奈美の膣が動く感覚すら経験したことがない。圧倒的に、快感の量が足りなかったのだと思う。

 私は、LLLサイズのディルドを膣口に押しつけた。押しつけた瞬間に無理だと感じるほど、穴と棒のサイズが合っていない。女性の拳のような感じに見える。とても入らない……止めようかと思っている私の前で、真奈美が腰をディルドに向かって動かしていく。挿入をねだるような、浅ましい姿……。
 真奈美は、潰れたカエルのような姿のまま、腰を浅ましく押しつけようとしている。私は、その姿に興奮しながら、ゆっくりとディルドを押し込んでいく。でも、やっぱり抵抗感が強く、入っていきそうにない。
「うぅっ、あぁ、太い……太すぎるよ……パパ、もっと強く……押してみて」
 真奈美は、不安そうな感じもあるが、そんなリクエストをしてくる。私は、恐る恐るさらに力を込めていく。大きすぎる亀頭部分が入っていき、膣が大きく拡がっていく。でも、カリ首部分の馬鹿げたサイズのせいで、引っかかったような感じになってそれ以上進まない。

 それでも私は力を込めていく。メリメリッと音がしそうな感じに見える。でも、やっぱり無理だ。私は、力を抜いた。
「フゥ……やっぱり、太すぎるね。まだ、無理みたい」
 おどけたように笑う真奈美。まだという言葉に不安を感じるが、とりあえず入らなかったことにホッとした。こんなものが入ってしまったら、さらに私のペニスの出番がなくなりそうだ……。
 そして、3Pの日までに2度ほどチャレンジしてみたが、LLLサイズのディルドを挿入することは出来なかった。私は、少し残念に思う気持ちはあったが、入らなくて良かったと思う気持ちの方が大きかった。

 ついに3Pの日が来た。朝から真奈美は上機嫌だ。鼻歌交じりでメイクをし、髪にもクルクルドライヤーかけてカールをしている。ふわっとしたソフトな感じになり、とても可愛らしくて上品な姿になった。
 どこから見ても、清楚な若妻……そんな感じだ。38歳が若妻かどうかは議論の余地があると思うが、見た目は若妻にしか見えないと思う。

 移動の車の中でも、真奈美は上機嫌だ。これから他の男とセックスするのに、こんなにも上機嫌になっている……正直、複雑な気持ちはある。でも、私は朝からずっと勃起したままだ。興奮しすぎて、呼吸も浅めになっている。
 まさか、自分にこんな隠れた性的指向があったなんて、今でも信じられない。普通に考えれば、自分の妻が他の男とセックスをするなんて、興奮する要素なんてないはずだ。怒りや悲しみを感じるのが普通の男性だと思う……。

 そして、郊外の大きなラブホテルに到着した。そこは、いわゆるパーティールーム的な部屋が複数あり、複数人での使用が許されている。私は、そのまま車を駐車場に滑り込ませた。
 妻とラブホテルに入る……いつ以来のことだろう? 少し懐かしいと思ってしまう。でも、これから真奈美を抱くのは、私ではない……。
 緊張と不安……そして興奮を感じたまま、私は車を降りた。すると、真奈美が手を握ってきた。少し不安そうな顔だ。
「なんか、ドキドキするね……大丈夫かな?」
 真奈美は、そんな言葉を漏らしながらも、目がトロンととろけているように見える。そして、フロントで受付をしてエレベーターに乗った。私は、すぐに彼女のスカートの中に手を差し込んだ。
 真奈美のショーツは、濡れているというレベルではなく、したたりそうな程になっていた。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

友人夫婦と食事をしてたら、アレのサイズの話になって2(オリジナル 転載不可)

前回の話 

 詩織の希望もあり、祐介に連絡を取った。そして、会社帰りにお茶をした。こっちの状況を話すと、
「オマエの所もそうなんだ。ウチも、同じ感じだよ。ゆかりに散々いじめられてるよ」
 と、苦笑いで言った。ゆかりちゃんは、自分でけしかけておきながら、祐介が詩織にペニスを見せたことを色々いじってくるそうだ。祐介は、セックス中にそれを言われて興奮し、以前よりも早く射精が出来るようになってゆかりちゃんもあまり痛がらなくなったそうだ。


 お互いにそんなことになっていて、少し面白いなと思ったが、微妙にちょっと違うんだなと思った。そして、週末にまた家で食事をしようと誘うと、
「いいね。でも、何か起きそうだけどな」
 と、祐介は笑った。帰宅してそのことを詩織に話した。
「さすがに行動が早いね。いつも腰が重いのに、こういうことは早いんだね」
 詩織は、からかうように言う。確かに、実際その通りなので何も言い返せない。でも、詩織もどこか嬉しそうだ。それを指摘すると、
「だって、楽しみだもん。でも、本当に良いの? 本当に、して欲しいの?」
 詩織は、小悪魔っぽく笑う。僕は、本気でするつもりなのかと聞いた。祐介とセックスをしたいと言った言葉は、どこまで本気なんだろう? 僕を興奮させるために言ったのだろうか? それとも、本心? 判断がつきかねている。
 それでも僕は、してもかまわないと告げた。そして、正直に、僕自身も見てみたい気持ちだとも言った。

「フフ、やっぱり変態さんになっちゃったね。じゃあ、楽しみにしててね」
 詩織は、イタズラっぽく笑うと僕にキスをしてくれた。正直、まだ迷っている。確かに興奮はしたが、あれはただ詩織が祐介のペニスを握っただけだ。
 その程度のことだったので、興奮できたのだと思う。実際に、詩織は他の男に抱かれる姿を目の当たりにして、興奮できるとは思えない僕もいる……。

 週末になると、祐介とゆかりちゃんが遊びに来た。ピザやチキンなんかを食べながら、表面上は普通の会話を続けている。でも、詩織もゆかりちゃんも、妙に露出が高い格好だ。示し合わせたようにミニスカートで、詩織は胸元がざっくり開いているシャツで、巨乳のゆかりちゃんは薄手のニットを着ている。かなり薄い素材のニットみたいで、ブラの形が透けて見えている。

 食事もだいたい終わってワインやビールを飲みながら会話を続けていると、詩織が口火を切った。最近の僕たちのセックスの話をしている。
「孝君、寝取られ性癖に目覚めちゃったの?」
 ゆかりちゃんが、からかうように言う。でも、僕はそんなことはないと答えた。答えながら、完全に目覚めてしまっているのにな……とも思った。
「ウチも、ゆかりが孝弘の見たいって言ってるんだよね」
 祐介が、おどけるように言う。ゆかりちゃんは、顔を赤くしながら、
「そ、そんなこと言ってないじゃん!」
 と、否定した。
「でも、そんな感じのことは言ってたでしょ?」
「そ、それは……受け取り方の問題だよ」
 ゆかりちゃんは、開き直ったように言った。詩織は、
「じゃあ、ゆかりちゃんも見る? 孝君の。確かに、不公平だよね」
 と、言い始める。僕は、予想していなかった展開にドキドキしてしまう。

「え? う、うん。じゃあ、見せてもらおうかな?」
 ゆかりちゃんは、少し恥ずかしそうな顔になったが、結局そんなことを言った。
「ほら〜。やっぱり見たいんじゃん」
 祐介は楽しそうだ。イヤではないのだろうか? ゆかりちゃんが他の男のペニスを見ることが……。
「だって、どんな感じなのか興味あるし……」
ゆかりちゃんは、モジモジと答える。すると、祐介が解説をした。ゆかりちゃんは、祐介以外の男性と経験がないそうだ。
「だから、他の人のがどんななのか、興味あるんだ」
 ゆかりちゃんは、完全に下ネタっぽくなっているのに恥ずかしがる様子もない。詩織も同じだ。

「孝君、見せてあげて」
 詩織は、そんなお願いをしてきた。その顔は真剣だ。僕は、まさか僕に話を振られるとは思っていなかったので、戸惑ってしまっている。そして、恥ずかしいし無理だよと答えた。すると、祐介が、
「俺の時は煽ってたのに、それはダメだって」
 と言ってくる。ゆかりちゃんは、
「じゃあ、祐介も脱ぐから孝君も脱いでよ。それなら、恥ずかしくないでしょ?」
 と、グイグイと迫ってくる。僕は、祐介と比べるとペニスが小さいので、堂々と披露する気持ちにもなれない。祐介は、何の躊躇もなくズボンとパンツを脱ぎ始める。勃起こそしていないが、それでも大きいとわかるペニスが剥き出しになった。

 僕は、それでも恥ずかしいと渋る。
「じゃあ、私も脱ぐからお願い!」
 と、ゆかりちゃんはニットを脱いでしまった。ブラ姿になったゆかりちゃん……大きい胸の谷間がエグい。僕は、一気に興奮して勃起してしまった。
「ほら、ゆかりちゃんも脱いだんだから、男らしく脱ぎなって」
 詩織が僕にそんなことを言う。今日の主役は、詩織と祐介だと思っていた。僕は、イヤだなと思いながらも、ここまでされてしまっては抵抗は難しいと諦めた。

 渋々ズボンとパンツを脱いで、勃起してしまっているペニスを晒す。
「孝君の、凄い形だね。ディルドみたい」
 ゆかりちゃんが、ボソッと言った。詩織は、ディルドって何? と質問する。ゆかりちゃんは、ハッと気がついた顔になり、顔を真っ赤にした。祐介がニヤニヤしながら、
「大人のオモチャだよ。おちんちんの形したヤツ。カリ首が凄く張り出てて、迫力あるんだよ。孝弘の、けっこうエグいカリ首してるじゃん」
と言ってきた。僕は、あまりそんな自覚がなかったので、そんなものなのかな? と、思った。

「ゆかりちゃん、そんなの使ってるの?」
 詩織が、少し驚いた顔で聞く。
「たまにだよ。祐介のだと痛くなっちゃうから」
 ゆかりちゃんがそんな風に答えるが、祐介は、
「一人の時でも使ってるでしょ?」
 と、ニヤニヤしながら言った。ゆかりちゃんは、顔を赤くして言わないでよと言っている。
 僕は、ゆかりちゃんがオナニーをしているところを想像して、かなり強く興奮してしまった。
 ゆかりちゃんは、顔を赤くしたまま僕のペニスを掴んできた。
「固い! 凄く固いね」
 ゆかりちゃんは、驚いた声で言う。それ以上に驚いた顔になっている祐介が、
「ちょっ、ダメだよっ、何握ってんの!」
 と、慌てて言う。ゆかりちゃんは何食わぬ顔で、
「ほら、こことか凄いよ。祐介のより良い形してる」
 そう言って、僕のカリ首を指で撫でた。握られた驚きと、カリ首を指で撫でられた気持ちよさに、思わず声が漏れた。

 すると、詩織が、
「じゃあ、私も祐介君の握る!」
 と、悪ノリし始めた。僕は、ダメだよと言いかけたが、すでにゆかりちゃんに握られている状況なので言うに言えない。モタモタしている間に、詩織は祐介のペニスを握ってしまった。
「あれ? 柔らかいよ」
 詩織が、イタズラっぽく言う。勃起していないのをわかっていて言っているような雰囲気だ。
「まだ勃ってないから……」
 祐介は、戸惑った顔になっている。ゆかりちゃんが僕のペニスを興味深そうに撫でたり握っているのが、凄く気になっているみたいだ。
「じゃあ、大きくするね」
 詩織はそう言うと、上着を脱いでしまった。あっという間にブラ姿になった詩織……少し頬が赤い。ゆかりちゃんと比べると小ぶりな胸だが、今日のブラはセクシーなレースの刺繍張りのものだ。

「うわ、エロい」
祐介は、詩織のブラ姿を見て嬉しそうに言う。そして、あっという間にペニスは勃起した。やっぱり、大きさではかなわない。でも、確かにカリ首は僕の方が張り出ているように見える。
 ブラジャー姿の妻達が、違うパートナーのペニスを握っている……一気に淫靡な空間に変わってしまったようだ。

「詩織ちゃん、どう? 少し柔らかいでしょ」
 ゆかりちゃんが、僕のペニスを握ったまま詩織に話しかける。詩織は、
「そうだね、でも、充分じゃない? 凄く大きいし……」
 と、少し恥ずかしそうに祐介のペニスを握ったりさすったりしている。
「いやいや、まだ完全体じゃないし! 大きいから、血の巡りが悪いんだよ」
 祐介は、ムキになっている。これだけサイズの差を見せつけているのに、固さでも勝ちたいものなんだろうか? あまり闘争心のない僕には、不思議な気がする。
「じゃあ、どうしたら完全体になるの?」
 詩織が、興味を引かれたような感じで聞く。
「おっぱい見せてくれたら」
 祐介は、即答した。いつもゆかりちゃんの巨乳を見ているのに、詩織の小ぶりな胸なんか気になるのだろうか? 不思議な気がする。
「え? 私のなんか見たいの? ゆかりちゃんみたいに大きくないよ?」
 詩織も、同じ事を疑問に思ったようだ。
「詩織ちゃん、スタイルいいから見てみたい」
 祐介は、そんなことを言った。
「それって、私がスタイル悪いって事?」
 ゆかりちゃんは、少しムッとしている。
「い、いや、そういうわけじゃなくて、ほら、おっぱいはいくつあってもいものだし」
 祐介は、焦ってしどろもどろになっている。言っていることも、笑ってしまうような内容だ。

「フフ、変なの。でも、いいよ。完全体にしてみて」
 そう言って、詩織はあっさりとブラジャーを外してしまった。抜けるような白い肌、小ぶりな乳輪と乳首、どちらも色が凄く薄い。大きさを除けば、最高クラスのおっぱいのはずだ。
「綺麗だね、めちゃくちゃ綺麗なおっぱいじゃん」
 祐介は、興奮と言うよりも感動しているような感じだ。
「いいなぁ、乳輪小っちゃくて……」
 ゆかりちゃんは、羨ましそうだ。僕は、詩織の胸を見られていることに、強い衝撃を感じている。いくらなんでも、やり過ぎ……でも、詩織は今日は祐介と最後までするつもりのようなことを言っている……。

 今さら迷いがでてしまっている。止めないと……そんな気持ちだ。でも、なぜだか興奮してしまう僕がいる……。
「あれ? もっと固くなったよ。詩織ちゃんのおっぱい見て、興奮してるの?」
 ゆかりちゃんが、キョトンとした顔で言う。すると、詩織が、
「違うよ。孝君は寝取られ性癖だから、私のおっぱいが祐介さんに見られて喜んでるんだ」
 と、言ってしまった。慌てて否定したが、ゆかりちゃんは嬉しそうに、
「へぇ、そうなんだ。孝君、意外に一番変態なんだね〜」
 と言った。言葉に詰まる僕に、さらにゆかりちゃんは、
「じゃあ、もっと興奮させてもらえば?」
 と言い始めた。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

友人夫婦と食事をしてたら、アレのサイズの話になって(オリジナル 転載不可)

 久しぶりに高校からの友人の祐介が遊びに来た。嫁さんのゆかりちゃんと一緒だ。祐介とは出会った当初から気が合って、よく一緒に遊んでいた。大学も同じだったので、本当によく一緒に過ごしていた。ただ、社会人になって結婚をすると、少し疎遠になった。
 今日は、僕の昇進祝いを兼ねて、久しぶりにウチで食事をしようと言うことになった。
「おめでとう。良かったな」
 祐介は、肉やワインを持ってきた。ゆかりちゃんも、
「お久しぶりです。詩織ちゃん、こんばんは」
 と、ニコニコしながら入ってきた。過去にも何度か食事をしているので、嫁の詩織とゆかりちゃんは仲が良い。年齢も一緒と言うこともあるのだと思う。詩織も、嬉しそうに挨拶をしている。170cmと長身の詩織と150cmのゆかりちゃんが並ぶと、大人と子供みたいな感じがして少し面白い。


 それにしても、ゆかりちゃんは相変わらず本当に可愛らしい。150cmと小柄なこともあるが、童顔で子供みたいだ。でも、胸は大きくてアンバランスな感じがたまらないなと思う。今日も、可愛らしい感じの服を着ているが、スカートはかなり短い。つい太ももを見てしまう。
 詩織が、長身でスレンダーな身体をしているので、余計に太目の太ももに目を奪われてしまうのかも知れない。逆に、祐介は詩織の足を見ているのがわかる。無い物ねだりなんだろうけど、スラリと細くて長い脚に、目を奪われているようだ。
 詩織は、170cmと長身で、スラリとしたスタイルの良い身体をしている。ゆかりちゃんが可愛らしい顔立ちをしているのと対照的に、美人顔だと思う。そして、ゆかりちゃんと違って胸は小さい。本当に、ゆかりちゃんとは色々な面で正反対だなと感じる。

 そして、すき焼きをメインに、楽しい食事会が始まった。仕事の話はあまりなく、昔の話が多い。でも、次第に子供の話になっていく。どちらもまだ子供はいない。
「そろそろかなって思ってるよ。もう、あっという間に30歳になっちゃうしね」
 詩織が、そんなことを言い始めた。僕は、少し意外だった。詩織とは、子作りを始めようという話はしていないからだ。
「そうなんだね。ウチも、そろそろ始めようかな? でも、そもそもしてないもんね」
 ゆかりちゃんは、少し責めるような口調で言った。祐介が、
「そ、そんなことないでしょ。なに言ってんの」
 と、慌てて否定をする。でも、ゆかりちゃんは酔いが進んでいるのか、
「してないじゃん。最後にしたのって、いつだっけ?」
 と、すねたように言った。僕は、かなり意外だった。ゆかりちゃんは、すごく肉感的でセクシーだ。可愛い顔とのギャップで、セックスも楽しそうだと思う。

「それは……まぁ、いいじゃん」
 祐介は、しどろもどろになっている。すると、詩織が食いついた。
「どうしてしないの? ゆかりちゃん、エッチ嫌いなの?」
 詩織も酔っているようだ。急に下ネタっぽい流れになってきて、少し戸惑ってしまった。僕は、どちらかというとセックスには淡泊な方だ。月に1回あれば充分と思う感じだ。そう言えば、詩織はどうなんだろう? 考えたこともなかった事に気がついた。

「好きだよ。大好き。でも、祐介がね……」
 ゆかりちゃんは、意味ありげな言い方をして止めた。
「え? 祐介さんが、エッチ嫌いってこと?」
 詩織は、さらに興味を引かれた顔になっている。想像していなかった展開に、ドキドキしてしまう。なんとなく、セックスの話はあまりしたくないと思った。二人の秘密というか、プライベート中のプライベートな話だと思う。

「いや、好きだよ。むしろ、性欲は強い方だよ」
 祐介が、そんな答え方をした。僕も、その言葉を聞いて不思議に思った。
「え? じゃあ、どうして?」
 詩織は、混乱気味だ。
「まぁ、なんて言うかな、その……サイズの不一致」
 祐介は、言葉に迷っている感じだ。祐介の身長は180cm近くある。確かに、ゆかりちゃんとの身長差は30cmくらいになるはずだ。でも、それでセックスをしないというのも意味がわからない。

「別に、身長差があっても出来るんじゃないの?」
 詩織も、同じ事を考えたようでそんなコメントをした。すると、ゆかりちゃんが恥ずかしそうに、
「う、うん。身長じゃないんだ」
 と言った。詩織は、さらに意味がわからないという顔になり、どういうこと? と聞く。祐介が、
「俺のが大きすぎて、痛がるんだよね」
 と、恥ずかしそうに答えた。
「えっ? 大きいって、その……おちんちんってこと?」
 詩織が、一瞬で顔を赤くしながら言う。
「うん。ゆかりのも小さいから」
 祐介は、困った顔で答えた。ゆかりちゃんが、
「ちゃんと時間かけないからだよ。祐介、いつも雑なんだよ」
 と、祐介を非難する。
「いや、そういうレベルのサイズ差じゃないでしょ? 時間かけても、痛がるじゃん」
 祐介は、怒っている感じではないが、諭すように言う。
「でも、時間かけてくれたら、少しはマシに出来るじゃん」
 ゆかりちゃんも引き下がらない。
「手でしごいてて、イキそうになったら入れるって、種馬みたいでちょっと抵抗があるよ」
 祐介は、少し悲しそうに言う。
「だって、仕方ないじゃん。痛くなるんだもん」
 ゆかりちゃんも、やっぱり引き下がらない。

「そんなに大きいの? でも、ローションとか使ったら出来るんじゃない?」
 詩織が、二人をなだめるように言う。
「もう、使ってるよ。でも、やっぱり痛くなっちゃうんだ。祐介、大きいだけじゃなくて遅いから」
 ゆかりちゃんは、そんなことまで言う。大きくて遅い……男としては、長所だと思う。僕なんかは、大きくもないし早漏だ。羨ましいと感じてしまう。

「ごめんね、でも、ゆかりちゃんも小さいでしょ? お互い様だって」
 祐介は、やっぱりソフトに言う。責められても、怒りを感じない性格なのは昔から変わっていないみたいだ。
「だから、いっぱいしたら拡がるでしょ? 頑張ろうよ」
「でも、痛がってるゆかりちゃんは見てられないよ」
 二人は、愛し合っているんだなと思った。お互いがお互いを思いやっている。でも、そのせいでセックスが出来なくなっているのは、少し皮肉な感じもする。

「なんか、信じられないな……そんなに大きいなんて事、あるの? だって、子供も産むんだよ。いくら大きくても、赤ちゃんの頭よりは小さいでしょ?」
 詩織は、もっともなことを言った。正直、僕も愛撫が足りないだけなのではないか? 濡れ方が足りないだけなのではないか? そんな風に思う。

「そう思うでしょ? 本当に大きいんだよ。見てみる?」
 ゆかりちゃんは、思い詰めたような顔になっている。
「え? 見たい」
 詩織は、あっさりと見たいと答えた。でも、祐介は慌てて、
「ダメだよ、なに言ってんの。そんなの無理だって」
 と言う。当たり前の話だと思う。友人の嫁にペニスを見せるなんて、あまりにおかしな話だ。
「良いじゃん、見たいって言ってるんだから。減るもんじゃないでしょ?」
 ゆかりちゃんはそんなことを言うと、祐介のズボンを脱がせ始めた。
「ちょっ、ダメだって、何やってんの」
 祐介は、慌てている。でも、強引にふりほどこうとはしていない。本当に、身体の大きさに似つかわしくなく、草食系な感じだ。

「見せるくらい、良いでしょ? その方が、話が早いし」
 そう言いながら、すでにズボンを降ろしてしまった。パンツ丸見え状態の祐介……確かに、股間がモッコリとしているように見える。
「見せて。そんなに大きいのが本当なら、見たい」
 詩織も、悪ノリ気味だ。僕は、迷っていた。止めた方が良いと思う。それはわかっている。でも、僕自身も興味があった。それに、祐介のズボンを脱がそうとバタバタしていると、ゆかりちゃんのパンツが丸見えだった。可愛らしいピンクのショーツ……それが、はっきりと見えていた。

 僕は、もっとゆかりちゃんの下着や太ももを見たいと思ってしまった。そのせいで、この悪ノリ状態を止めることもなく見つめている。
 そして、祐介はパンツも脱がされてしまった。ダランと垂れたペニス……確かに大きい。でも、驚くほどではない気もする。

「あれ? そんなに大きいかな?」
 詩織は、祐介のペニスを見てそう言った。詩織が、他の男のペニスを見ている……。不安な気持ちが湧いてきた。嫉妬? 焦り? 自分でも、この感情の正体が見えない。

「まだ、大きくなってないもん。祐介の、普通の時との差がすごいの。これくらいだったら、普通にエッチできるのに……無駄に大きくなっちゃうんだ」
 ゆかりちゃんが、そんな説明をした。僕は、この状態からどこまで大きくなるのだろう? と、興味を引かれていた。
「無駄って、仕方ないでしょ? 好きで大きいわけじゃないんだから」
 祐介も、少しムキになったような感じだ。でも、ゆかりちゃんはそのまま祐介のパンツも脱がせてしまうと、
「じゃあ、大きくするね。すごいんだよ」
 と、楽しそうに言った。そして、すぐに彼のペニスを握ってしごき始める。
「ゆかりちゃん、恥ずかしいよ……」
 祐介は、ペニスをしごかれながら恥ずかしそうに声を漏らす。
「ほら、詩織ちゃんが見てるよ。ちゃんと見せてあげようよ」
 ゆかりちゃんは、そんな風に言いながら手コキを始めた。祐介は、恥ずかしそうにしているが、無抵抗だ。そして、ムクムクと勃起していくペニス……。
「大きくなってきた。良いよ、もっと大きくして」
 ゆかりちゃんは、少し興奮したような声になっている。
「もう、充分でしょ。恥ずかしいって」
 祐介が、そんなことを言い始めた。でも、恥ずかしがっている割にはそれほど抵抗もしていない。みるみると大きくなっていくペニスは、本当に驚くほどの大きさになってきた。

 小柄なゆかりちゃんの手には大きすぎて、握っているのに指が届いてない。そして、握った手からはみ出ている部分は、手で隠れている部分よりもさらに長い。
 詩織は、祐介のペニスを見て、
「本当に大きいんだね……。ゆかりちゃんの身体には、大きすぎるかも」
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

私しか知らない妻が、他の男に抱かれる姿を見たいと思った3(オリジナル 転載不可)

前回の話

 真奈美は、私に精液をかけられながら、身体を震わせている。太いLLサイズのディルドを根元まで入れたまま、恍惚とした顔になっている。
「うぅあぁ、熱い……パパのザーメン、すごく熱いよ」
 顔を精液まみれにしながら、とろけた声で言う真奈美。私は、精液まみれになっている真奈美を見て、今までに感じたことがないような強い興奮を感じてしまった。

「フフ、いっぱいだね。顔、ドロドロになっちゃった」
 真奈美は、イタズラっぽく笑いながら言う。

精液まみれにされても、怒っている感じはない。むしろ、興奮しているように見える。私は、顔を汚してしまったことに罪悪感を感じていた。そして、真奈美にゴメンと謝った。
「別に良いよ。ドキドキしちゃった。こんなの初めて……」
 真奈美は、そんな事を言いながら私のペニスをくわえてくれた。精液まみれのペニスを、口で綺麗にしてくれる……。今まで、してもらったことがないような事だ。真奈美は、発情でもしてしまったような顔でフェラチオし続ける。ズズっと吸い込むような音がして、竿の中の精液まで搾り取ってくれている。
 真奈美は、今までに見せたことのないようなとろけた顔のままお掃除フェラを続けてくれる。長い年月一緒に暮らしてきたが、真奈美のこんな卑猥な顔は見たことがない。

「パパ、ゴメンね、まだ足りないの……。もっと、気持ちよくなりたい……もっと、狂いたいの……」
 真奈美は、恥ずかしそうに言いながら腰を動かし始めた。顔中精液でドロドロにしたまま、腰をくねらせるように動かしている。ぺたんと床に女の子座りみたいになっているので、ディルドは根元まで入ってしまっているはずだ。
 真奈美は、腰をこすりつけるようにしながら動かし続けている。動きは小さいが、なまめかしくて卑猥な動きに見える。
「パパ、ごめんなさい。すごく気持ちいいの。おっきなのが、奥まで届いて子宮にキスしてるの……」
 真奈美は、泣きそうな声で腰を動かし続ける。本当に、申し訳なさそうだ。でも、罪悪感を感じている顔をしながらも、腰の動きは止められないようだ……。

 真奈美は、下半身裸でまだシャツを着たままだ。シャツにはクッキリと乳首が浮いていて、真奈美の興奮を現しているようだ。まさか、洗面所でこんな事までするとは思っていなかった。真奈美は、周りが見えていないような顔で、夢中で腰を動かし続けている。
 口の周りの精液を舌で舐め取り、飲み干しながら夢中で腰を使っている。
「パパ、イク、またイッちゃう。パパ、ダメ、本当に気持ち良いの。大きなおチンポ、奥まで届いてるのっ」
 真奈美は、とろけきった顔で言いながら腰を動かし続ける。真奈美に、こんな淫乱な顔があったなんて想像もしていなかった。

「パパ、欲しい……本物のおチンポ欲しい。ぶっといおチンポで、狂わせてもらいたいの。こんなオモチャじゃなくて、本物のおチンポハメてもらいたいっ」
 真奈美は、すがりつくような顔で言いながら腰を動かし続ける。私は、そんなのはダメだと思いながらも、ペニスは自分でも驚くほどいきり立っている。
「パパ、良い? 本物のおチンポで狂っても良い?」
 真奈美は、興奮しきった顔で言う。そして、腰をくねらせるように動かしながら、自分で乳首を摘まみ始めた。シャツの上から、ギュッと両乳首を摘まむ……その状態で腰を動かし続ける真奈美は、快楽に取り憑かれてしまったように見える。

 私は、本当に他の男とセックスしたいのかと聞いた。自分でも、声が震えてしまっているのがわかる。
「したいっ。大っきなおチンポで、めちゃくちゃに犯されたいっ! ごめんなさい。大っきなおチンポで、中に出されてみたいのっ」
 真奈美は、信じられない言葉を叫んで身体を震わせた。のけ反りながら、身体を硬直させて痙攣している姿は、いつもの真奈美からは信じられないような卑猥な姿だ……。

 真奈美は、のけ反って身体を硬直させたまま固まっていた。でも、急にスイッチが切れたようにぐたっと床に倒れ込んだ。横倒しになったので、ディルドもズルンと抜けてしまう。
 ディルドが抜けた膣は、少し穴が空いたように拡がったままだ。あんなに馬鹿げた大きさのディルドを入れてしまったので、拡がってしまった? 私は、焦燥感を感じてドキドキしてしまった。元に戻るだろうか? そんな心配で、胸が苦しくなる。

「パパ、すごかったよ……。やっぱり、LLにして正解だったね」
 真奈美は、うっとりとしたような顔のまま言う。その顔には、まだ精液がたっぷりと付着したままだ。私は、そっとティッシュで真奈美の顔を拭きながら、大丈夫? と、声をかけた。
「……うん。でも、明日は筋肉痛確定だね」
 真奈美は、イタズラっぽく笑った。

 そして、少しすると、リビングに移動した。ソファに座った真奈美は、まだ顔がトロンとしたままだ。そんな顔のまま、LLサイズのディルドを触っている。
「こんなの、入らないと思った。ここの所、太すぎるよね」
 真奈美は、ディルドのカリ首を撫でながら言う。確かに、あり得ないほど張り出したカリ首だ。もしかしたら、これくらいの大きさのペニスを持つ男性はいるかも知れない。でも、このカリ首はあり得ないと思う。ほとんど漫画の世界だ。

「この固さも、すごいよ。ゴリゴリこすれて、頭が真っ白になっちゃった」
 真奈美は、うっとりした顔でディルドを撫で続ける。まさか、こんな卑猥なオモチャにここまでハマってしまうとは夢にも思っていなかった。
 私は、こんなのは人体ではあり得ないんじゃないかと言った。そして、本物の方が物足りないと言う事になるのではないか? そんな意見を言った。
「……そうかも。でも、これだと、怖くなって動きを弱くしちゃうんだ……。気持ちよすぎちゃうの。本物のおちんちんで、私のことは気にせずに一方的に責められてみたいの……」
 真奈美は、信じられないことを言い始めた。そんな願望を持っていたなんて、想像もしていなかった。本気なのかと聞くと、
「……パパがイヤじゃなかったら。パパがイヤなら、諦める」
 と、真剣な顔のまま言った……。

 この日から、さらに真奈美とのセックスが変わった。LLのディルドが主役みたいになってしまった。私のペニスを挿入しても、本当にリアクションが薄くなってしまい、真奈美はある日オナホを持ち出した。私のために、わざわざネット通販で買ったそうだ……。

 真奈美が、壁の柱に吸盤で貼り付けたLLサイズのディルドを膣に入れて腰を振っている。立ちバックのような体勢で、夢中で腰を振っている。こんなのは、見たことがない。バックでハメられている側が腰を振る……あまりにも卑猥な光景だ。
 私は、それを見ながらオナホでオナニーを続けている。どうしてこんな事になってしまったのだろう? 情けない気持ちでいっぱいになりながらも、夢中でオナホを動かし続ける。
 最近、真奈美の膣に挿入しても、なかなか射精にいたらない。明らかに、緩くなってしまった。人体がそんなに簡単に伸びるとは思っていなかったが、あんなに馬鹿げた大きさのもので毎日のようにオナニーをしていたら、そうなるのも仕方ないのかも知れない……。

「んおおぉおっ、イグッ、おチンポイグッ! パパもイク? オナホの中にいっぱい出してっ!」
 真奈美は、とろけた顔でそんな事を言う。オナホを使い始めた頃は、真奈美がオナホを動かして射精まで導いてくれていた。最近は、こんな形での相互オナニー状態だ。
 私は、そんなに気持ちいい? と、聞いた。
「気持ちいいっ! おチンポ凄いのっ! 子宮が壊れるっ! ずっと押し潰されてるのっ!」
 真奈美は、腰を高速で動かしながら叫ぶ。あんなに太いディルドが、たいした抵抗もない感じでスムーズに出入りし続けている……。もう、LLLサイズが入ってしまうのではないか? そんな事も考えてしまう。あの、置物のようなサイズのディルド……。さすがに、あんな物を使ってしまったら最後だと思う。

 でも、私は狂った大きさのディルドでイキ狂う真奈美を想像した途端、あっけなく射精をしてしまった……。
「フフ、もうイッちゃったの? ゴメンね、まだ足りないの。手伝ってくれる?」
 真奈美は、妖艶な笑みを浮かべながら指示をしてきた。私は、すぐにオナホを床に置き、ローターを手に持って真奈美に近づく。真奈美は、とろけた顔のまま私を見つめている。
「キスして」
 真奈美は、熱っぽい顔で言う。私は、すぐにキスをしながらホッとした気持ちになっていた。真奈美のことをセックスで満足させられていない……。もしかして、私への気持ちがなくなっているのではないか? そんな心配を常にしている。
 こんな風に、キスをしてくれと言われると、本当にホッとする。私は、夢中で舌を絡める。でも、真奈美は腰を動かし続け、あえぎ続けている。こんな風にキスをしていても、違うペニスで感じている……まるで、3Pのような状態だ。
 私は、本当に他人に犯される真奈美を想像し、激しく嫉妬している。でも、やっぱり興奮が信じられないくらいに高まってしまう……。どうしてこんなにも興奮してしまうのだろう? 本当に、真奈美が違う男性とセックスをしてしまったとき、私はやっぱり興奮するのだろうか? 想像の中では、メチャクチャに興奮する。でも、現実にそれを見たとき、さすがに興奮はしないような気もする。

「早く……イジワルしないで」
 真奈美は、腰を動かしながらそんな事を言う。明らかに興奮しきった声だ。私は、すぐにローターを真奈美のクリトリスに当ててスイッチを入れた。腰を動かしているので、クリトリスに当てるのが難しい。でも、何度も繰り返してきたことなので、真奈美の腰が動いていてもちゃんと当てられるようになった。
「うぅあぁっ、気持ちいいっ! パパ、もっとっ! 一番強くしてっ! 早くっ!」

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

私しか知らない妻が、他の男に抱かれる姿を見たいと思った2(オリジナル 転載不可)

前回の話
 
真奈美とのセックスは、さらに回数も増えて濃厚な物に変わってしまった。ほとんど毎日に近いくらいの頻度で、求めてくるようになっていた。
 ただ、私の身体は以前ほど疲れていない。真奈美は、ほとんどディルドで満足してしまうので、私と一つになってセックスをするというシチュエーションが減った。

 ディルドの上で腰を動かし、はしたない言葉を口にしながら果てる真奈美……。私は、それを見ながらオナニーをして終わることがほとんどになった。真奈美が、疑似とはいえ他のペニスで感じている……そう思うだけで、嫉妬と興奮が渦を巻くように心の中で燃え上がる。


「パパ、もうイキそう。イッてもいい? パパのじゃないのに、イッてもいい?」
 真奈美は、壁の柱に貼り付けたディルドを出し入れしながら聞いてくる。立ちバックの体勢で、イヤらしく腰をくねらせるように動かしながらディルドとのセックスを楽しんでいる。
 私のものよりも大きなディルド……。張り出したカリ首は、私のものとは比較にならないくらいに逞しい。そんなディルドを挿入し、自ら腰を激しく使う真奈美は、すっかりととろけた顔になっている。私とのセックスでは、こんな顔になることはないと思う。

 私は、ディルドに嫉妬しながら真奈美に近づく。そして、キスをした。真奈美は、私に抱きつきながら激しく舌を絡めてくる。でも、キスをしていても腰は止まらない。むしろ、腰の動きは激しくなったように見える。
「パパ、もうダメなの、イキそう、気持ちいいの。奥に当たるとおかしくなっちゃう」
 真奈美は、泣きそうな顔で言う。私とのセックスでは感じることの出来ない強い快感を、こんなディルドに与えられていると思うと、敗北感で気持ちが沈んでしまう。

 私は、夢中でキスをして舌を絡めた。私のペニスは、さっきから射精寸前なくらいまで高ぶっている。手も触れていないのにこんな状態になることに、我ながら不思議に感じる。
「パパ、もうダメ、イク、イッちゃう、イッてもいい?」
 真奈美は、さらに切羽詰まった顔で聞いてくる。私の許可を求めてくる辺りに、真奈美の罪悪感のような感情を感じる。でも、許可あろうがなかろうが、ここまで感じてしまっていては、同じ事のような気もする……。

 私は、奥に当たるとそんなに気持ちいいの? と、聞いた。
「気持ちいいのっ! 頭が真っ白になって、フワフワして幸せな気持ちになるのっ」
 真奈美は、とろけた顔で叫ぶ。私とするよりも気持ちいい? と聞くと、
「そ、そんなの……言えない……」
 と、切なげな声であげる。でも、もう答えは聞いたようなものだ。私は、もっと大きなディルドを試したいかと聞いた。このディルドは、Mサイズと表記してあった。この上には、まだLサイズとLLサイズがある。LLLサイズもあるみたいだが、さすがにそれは挿入を前提としていないような狂ったサイズに見えた。
「……うん。試したい……」
 真奈美は、耳まで真っ赤にしながら恥ずかしそうに言った。そして、私がイクのを許可をすると、真奈美は腰をさらに激しくくねらせながら動かし、
「んおぉおぉおっ! イグッ! あなた、ごめんなさいっ! イグゥ〜ッ」
 と、野太い声と甲高い声が入り混じったようなあえぎ声を出しながら果てた……。

「……すごかった。ゴメンね、またイッちゃった。パパも、入れる?」
 真奈美は、床にへたり込むようになりながら聞いてきた。私は、連日の射精で満足しているので、もう平気だよと言った。
「……本当に、大きいの買うの?」
 真奈美は、不安と期待が入り混じったような顔で聞いてきた。私は、その表情にドキドキしながら、LとLLのどちらにするか聞いた。
「えっ? それは……パパの好きな方で良いよ」
 真奈美は、耳まで赤くしながら答える。私は、LLでも平気なの? と聞いた。
「……わからないけど……パパがそっちがいいなら」
 真奈美は、モジモジと恥ずかしそうに言う。私は、少し意地悪な気持ちで、
「じゃあ、Lサイズにしようかな」
 と言ってみた。
「えっ? う、うん。そうだね、その方がいいかも」
 真奈美は、目に見えてガッカリしている。本当に、顔に出やすいなと思う。私は、やっぱりLLにしてみると言った。
「……うん。ちょっと、怖いけど……楽しみ」
 真奈美は、本当に恥ずかしそうだ。そんな表情が、たまらなく可愛いと思った。

 私は、次の日の会社帰りに、アダルトショップに立ち寄った。いつも使っているディルドの、LサイズとLLサイズを手に取って比べた。どちらも、Mサイズとは違って冗談みたいなサイズだ。
 巨根というレベルではなく、奇形と言ってもいいくらいに大きく感じる。でも、サイズの数値を見ると、アダルトビデオの男優さんの数字と変わらない。
 こんなに大きな人間が、いるんだ……そう思うと、敗北感しか感じられない。真奈美は、どう思っているのだろう? 私のペニスで、満足しているのだろうか? していないに決まっている……。していたら、そもそもディルドなんて使わないはずだ。

 私は、Lサイズを握ってみた。ギリギリ指が届くような太さに、握っても半分ほど飛び出す長さ……。こんなものが、入るのだろうか? 痛いのではないか? そんな心配をしてしまうくらいのサイズがある。そして、LLの方も握ってみた。こちらは、指が回りきらない。太すぎる……そんな印象を持った。
 真奈美は、LLの方を入れたいと思っているみたいだ。ここまで大きいとは思っていないのかも知れない。私は、迷った。LLなんかを使ってしまったら、ガバガバになってしまうのではないか? 私のペニスでは、感じなくなってしまうのではないか? そんな危機感を感じる。
 でも、この異常なほどのサイズのディルドで、真奈美が狂う姿を見たい……そんな気持ちは大きくなるばかりだ。私は、結局LLを買うことに決めた。そして、Lサイズを棚に戻すとき、LLLサイズが目に入った。
 思わず手に取ってみると、とにかく重い……圧倒的なサイズ感があり、太さも長さもとんでもない。とても入るようなサイズには見えない。女性の拳くらいあるのではないか? そう思うほどの馬鹿げたサイズだ。

 私は、さすがにこれは無理だと思い、LLサイズを購入して店を出た。帰宅すると、
「お帰りなさい。お疲れ様!」
 と、真奈美が元気いっぱいに出迎えてくれる。でも、私が持っている黒いビニール袋を見て、
「それって、もしかしてアレ?」
 と、少し緊張気味の顔で聞いてきた。私は、そうだよと答えながら、袋ごと真奈美に手渡した。
「わっ、重いね。こんなに重いんだ……」
 真奈美は、ビックリした顔で言いながらも、すでに顔が興奮している。真奈美は、そのまま袋の中からディルドを取り出した。
「こ、こんなに大きいんだ……」
 真奈美は、耳まで赤くしながら恥じらっている。ディルドを持ったまま恥じらう姿は、すごくインパクトがある。真奈美は、ディルドを握り始めた。
「指が……届かない」
 ビックリしながら、ディルドを握ったり緩めたりしている。こんなものが、入るのだろうか? そんな疑問を感じてしまう。
 すると、真奈美が、
「お腹空いてる? ……先に、したいな……」
 と、耳まで赤くしながら言う。私は、真奈美以上に興奮してしまっているようで、すぐに抱きしめてキスを始めた。

 激しく絡み合う舌……。こんな風に、玄関で発情してしまったことは記憶にない。そのままキスをしながら真奈美の胸を揉みしだく。真奈美は、吐息を漏らしながら夢中で舌を絡めてくれる。
 でも、私が冷静になった。このままだと、ディルドを使わないセックスになってしまう……そう思って、一端仕切り直した。ディルドを洗ってくると言って洗面所に向かう。すると、真奈美が一緒についてきた。
 シュリンクを剥がしていき、ディルドを洗い始める。ハンドソープをつけてこすっていると、なんとなく変な気持ちになる。すると、真奈美も手を伸ばしてきて一緒に洗い始めた。
 真奈美の指が、ディルドに絡みつく……。まるで、ローションでしごいているような感じに見える。それにしても、やっぱり大きすぎる。真奈美の手が小さいせいで、余計に小さく見えている。

「本当に、大きい……これって、固さも固い?」
 真奈美は、洗うと言うよりは手コキみたいになってしまっている。私は、固さは同じだと言った。
「こっちの方が、固い感じがする……」
 真奈美は、興奮を隠せない声になっている。私は、早く入れてみたい? と聞いた。
「……うん」
 真奈美は、恥ずかしそうにうなずく。私は、今までにないほどの興奮を感じてしまった。真奈美が、大きなペニスを欲している……そう思うだけで、嫉妬心が燃え上がるようだ。

 私は、ディルドを真奈美の口に持っていく。すると、何も言っていないのにディルドを舐め始めた。とろけたような顔で、ペロペロと舐める真奈美……。ただの大人のオモチャだとわかっているのに、どうしても嫉妬心が湧いてくる。
 真奈美は、一生懸命に舐め続ける。まるで、本当にフェラチオをしているような感じだ。そして、大きく口を開けてくわえ込んでしまう。それは、どう考えても口のサイズと合っていなくて、くわえるだけで精一杯に見える。真奈美は、それでもフェラチオのような動きをする。頭をゆっくりと前後に動かしながら、ディルドを勃起させようとあがいているように見える。

「大きい……それに、太い……」
 真奈美は、興奮しきった顔だ。私は、真奈美の胸を揉み始めた。
「ンッ、フゥ、うぅ」
 ディルドをくわえたまま、吐息を漏らす真奈美……もう、発情しきったような雰囲気だ。私は、シャツの中に手を突っ込んでブラを引き下げ、直に胸を揉み始めた。大きくて柔らかい……それが、私の手でグニョグニョと複雑に形を変えていく。
 そして、私は乳首を触り始めた。カチカチに固くなった乳首……。真奈美は、とろけた顔であえぐ。
「気持ちいいっ。乳首気持ちいいっ」

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

私しか知らない妻が、他の男に抱かれる姿を見たいと思った(オリジナル 転載不可)

 息子が大学に進学して京都で一人暮らしを始めたことで、久しぶりに妻と二人きりの生活が始まった。まだ20歳だった妻の真奈美を妊娠させてしまい、できちゃった婚をして18年、あっという間だった。
 20歳という若さで子供を産んだこともあり、真奈美はまだ38歳だ。息子がいなくなったことで、月に1回あるかどうかだったセックスが、週に2回3回と増えた。真奈美いわく、ずっと我慢をしていたそうだ。

 ただ、真奈美がまだ40前なのに対して、私はもう40半ばだ。正直、体力的に厳しいと思っている。それでも真奈美のリクエストを断ることも出来ず、なんとか頑張ってセックスをしているような日々だ。


「疲れちゃった? ゴメンね、でも、もう少し……」
 真奈美は、私の上で腰を動かしながら、少し申し訳なさそうに言ってきた。私は、平気だと言って真奈美の乳首を刺激する。
「あぁ、気持ちいい。パパ、もっと強くして、うぅっ、そう、気持ちいいっ」
 真奈美は、長い髪を振り乱しながらあえぐ。薄暗い中でも、官能的な身体が際立っている。身長は165cmで比較的長身な方だ。すらりとした身体の割に、胸は大きい。細いウェストのせいもあるのか、ブラジャーのカップはFカップだそうだ。
 大きな胸に、くびれたウェスト。こうやって騎乗位で上になって動いていると、本当になまめかしくてドキドキしてしまう。

「パパ、もう少し……あぁ、気持ちいい。もっと、うぅっ、パパ、愛してる」
 真奈美は、うめくような声を上げながら腰を動かし続ける。でも、私は疲れを感じていた。つい2日前にもセックスをしたばかりだ。しかも、今日はまだ木曜日だ。明日も仕事があると思うと、いささか不安を覚える。
 真奈美は、身体を折り曲げるようにして私の乳首を舐め始めた。少し柔らかくなりかけていた私のペニスは、そのおかげで固さを取り戻す。真奈美は、嬉しそうに私の乳首を舐めながら腰を動かし続けている。

「パパ、イク、イッちゃう。うぅっ、あっ、あっ、イクっ」
 真奈美は、うめくように言いながら身体を震わせた。私は、射精するのを必死で我慢していたのを解除し、射精を始めた。
「あぁ、パパ、ドクドク動いてる……」
 真奈美は、嬉しそうに言うとキスをしてくれた。真奈美は、セックスが終わると急に恥ずかしそうに布団に潜り込んで身体を隠すような仕草をする。
 私は、コンドームを外して口を縛りながら、可愛いなと思った。セックスが始まる前の積極的な態度から、急に変わってしまうのが面白い。

「パパ、疲れちゃった? ゴメンね、いつもいつも……」
 真奈美は、顔を赤くしながら謝ってきた。さすがに、頻度が高いと自覚があるみたいだ。私は、平気だけどちょっと身体が厳しいと言う事をソフトに伝えた。
「ゴメンね……じゃあ、アシストするようなの使ってみる?」
 真奈美は、もの凄く恥ずかしそうな顔になっている。私は、アシストって? と、質問した。すると、真奈美は身体にタオルを巻き付けてクローゼットに近づく。そして、扉を開けて黒いビニール袋を取り出した。
「ネットで買ったの……」
 そう言って、袋の中からアダルトグッズを取り出し始めた。ローターとバイブ、そしてローションがベッドの上に並べられる。真奈美がそんなものを買ったことに驚きながらも、すでにドキドキと興奮していた。

「こういうの使えば、パパも疲れないでしょ? こういうのは、嫌い?」
 真奈美は、顔が真っ赤になっている。私は、バイブを手に取ってみた。それは、よくあるような電動こけしという感じではなく、一体成形のペニスを模倣したようなリアルなタイプの物だった。
 パッケージの説明書きには、ディルドMと書かれている。手に持ってみて、大きさに戸惑った。私の物よりも、一回り近く大きい。太さも太くて、長さも長い。なによりも、かなりの固さがある。
 最近、めっきりと固さに自信がなくなっていた私には、劣等感を感じさせるような固さだ。思わず、大きいねと言った。
「そ、そうかな? パパのと同じくらいじゃない?」
 真奈美は、さらに顔を赤くしながらモジモジと答える。大きいペニスに興味があるのかな? と、モヤモヤした気持ちになってしまう。
 私のペニスは、おそらく標準よりも小さい。勃起した状態で比べたことはないが、銭湯などに行くとそれを感じる。もしかしたら、真奈美は欲求不満を感じていたのだろうか? 私のペニスを、物足りないと思っていたのだろうか?
 真奈美は、私と結ばれたとき処女だった。男性との交際経験もなかった。私しかしらずに生きてきた。私は、急に変な想像を始めてしまった。他の男性と経験をしてみたいと思っているのだろうか? そんな事を考えてしまう……。

「パパ、引いてる?」
 真奈美は、心配そうな顔になっている。私は、そんな事はないと答え、早速使ってみようと提案した。
「うん。じゃあ、洗ってくるね」
 真奈美は、嬉しそうな顔になっている。私があっさりと受け入れたことで、ホッとしたようだ。真奈美は、すぐに戻ってきた。そして、タオルを外してベッドに仰向けに寝転がる。
 寝転がっても、胸があまり潰れずに形を保っている。38歳の身体にしては、まだまだ張りもあって若々しいと思う。身体も最高だと思うが、顔も整っていて美人だと言われることも多い。
 そんな真奈美が頻繁にセックスを求めてくるのは、男としては最高のシチュエーションのはずだ。それでも加齢には逆らえないんだなと、少し寂しい気持ちにもなる。

 私は、ローターを手に取ってスイッチを入れてみた。ビーンという乾いたモーター音が響き、手に振動が伝わってくる。くすぐったいような、不思議な感覚だ。
「すごい……そんなに震えるんだね」
 真奈美は、ローターを見て少し不安そうな顔になっている。私は、それを真奈美の胸に押しつけてみた。
「フフ、なんかくすぐったいね」
 真奈美は、恥ずかしそうに笑っている。まだ、快感を感じているような様子はない。徐々に乳首の方にローターを近づけてみた。まさか、真奈美とアダルトグッズを使うような日が来るなんて、今日まで想像したこともなかった。

 乳首にローターが近づくにつれ、真奈美の表情が変わっていく。くすぐったそうな笑みから、気持ちよさそうな顔に変わっていく。そして、乳首にローターを押しつけると、
「うぅ、あ、ンッ、うぅ」
 と、くすぐったさを感じている顔ではなく、快感を感じている顔に変化してしまった。不思議な感覚だった。ただ、ローターを押しつけているだけ……それなのに、真奈美は快感を感じている。正直、すごく楽だ。私は、ローターを当て続ける。
「ンッ、あっ、うぅっ、パパ、気持ちいいの」
 真奈美は、恥ずかしそうな顔で告白してきた。私は、はにかみながらあえぐ真奈美をみて、強い興奮を感じている。アダルトグッズは、視覚的な興奮が強いと感じた。

 そして、ローターのスイッチ部分のスライダーを動かして振動を強くしてみた。ビーンというモーター音が、少し甲高くなった。
「うぅっ、あっ、ンッ、あっ、あっ、気持ちいい。パパ、すごいの、気持ちいいの」
 真奈美は、強い快感を感じているような顔になってきた。その顔を見て、さらに興奮した気持ちでローターを押しつけ続ける。真奈美は、のけ反ったり脚をピンと伸ばしたり、せわしなく身体を動かしながらあえぐ。
 こんなリアクションをする真奈美を、見たことがない。興奮した気持ちに押され、さらに振動を強くしてみた。ビーンという振動音がより甲高くなり、ちょっと不安を感じるくらいの振動になった。
「あっ、あっ、アンッ、パパ、すごいっ」
 真奈美は、目を剥くような顔であえぐ。快感を感じているのは間違いないが、驚きも感じているような顔になっている。

 そんな真奈美を見て、興奮しながらローターを当て続ける。そして、ローターを当てていない左の乳首を舐め始めた。
「うぅあぁっ、あっ、気持ちいいっ! パパ、ダメぇ、すごいの、気持ちいいのっ!」
 真奈美は、本当に気持ちよさそうにあえぐ。いつもの愛撫では、こんなに感じることはない。こうなってくると、もっと真奈美を感じさせることしか頭になくなる。
 乳首を舐めながら、ローターを当て続ける。スライダーをさらに動かし、一番強い振動にした。
「ダメぇ、パパ、凄いのっ、うぅっ、あっ、アンッ、気持ちいいっ」
 真奈美は、今まで見たことがないくらいにあえいでいる。こんなに気持ちよさそうなリアクションは、私が挿入して腰を振っているときでもしないような感じがする……。
 こんな小さなオモチャに、負けている……そう思うと、悔しい気持ちが湧いてくる。でも、不思議と興奮もしている。自分でも戸惑うほどの興奮を感じながら、ローターを当て続けた。
「パパ、イッちゃう。イッちゃいそうなの、ダメぇ、止めて、怖い」
 真奈美は、泣きそうな顔で叫ぶ。私は、思わずローターを離して舐めるのも止めた。真奈美は、脚に力を入れていたのを止めてぐったりした。そして、潤んだ目で私を見つめてくる。
「パパ……すごかった。ねぇ、入れて欲しい。我慢出来なくなっちゃった……」
 真奈美は、本当に恥ずかしそうだ。でも、その表情は発情しているように見えてドキドキしてしまう。こんなに妖艶な顔をする真奈美を、見たこともなければ想像したこともなかった。

 私は、自分が強く勃起していることに気がついた。最近にないほど、固くいきり立っている。でも、私はベッドの上にあるディルドに注目している。
 ディルドを手に取ると、真奈美の顔に近づけた。真奈美は、潤んだような目でディルドを見つめている。欲しがっている……そんな風にしか見えない顔だ。
 私は、今までに感じたことのない感覚になっている。真奈美が、他のペニスに欲情している……。作り物とはいえ、私以外のペニスに心を奪われている……そう思った途端、今まで感じたことのない強い嫉妬と興奮に包まれた。


 そして、興奮した気持ちのまま真奈美の口にディルドを押しつけた。自分でも、どうしてそんな事をしたのかよくわからない。でも、真奈美は素直にディルドをフェラチオするように舐め始めた。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

嫁が元彼とかなり過激なセックスを経験していた完(オリジナル 転載禁止)

前回の話

「フフ、また無駄打ちだね。ホント、すぐ出ちゃうんだから」
 結衣は、パンツの中に射精してしまった俺に小馬鹿にしたような口調で言う。画面の中では、透けたビスチェを身につけた結衣が、バックで激しく犯されている。男性は、結衣の妊娠した大きなお腹を気にすることもなく、全力で腰を動かしている。そして、もう一人も結衣の口にいきり立った巨根をくわえさせた。
 結衣は、とても妊婦とは思えないような扱われ方をしている。でも、結衣の顔は幸せそうだ。本当に気持ちよさそうで、嬉しそうに見える。


 俺は、隣の結衣を見た。そして、平気だったのかと聞いた。
「うん。いっぱいイカせてもらったよ。久しぶりだったから、本当に気持ちよかった。やっぱり、私は回されないとダメみたい。ねぇ、今度はなお君の前で回されたい」
 結衣は、興奮しきった顔で言う。俺は、そう言えば結衣の方から声をかけたの? と聞いた。
「そうだよ。安定期に入ったから、ご主人さまに連絡しちゃったんだ」
 結衣は、ニコニコと楽しそうに答えた。俺は、このまま元彼との関係は終わってくれるものだとばかり思っていた。それなのに、結局結衣は元に戻ってしまった。最近、やっとお腹の中の赤ちゃんに関して、受け入れる気持ちになりつつあった。誰の種で孕んだのかわからないまま、自分の子として受け入れる……そんな覚悟も出来ていた。
 結衣は、結局あっさりと俺を裏切った。それなのに、俺は怒りを感じていない。どうしても興奮の方が上回ってしまう。

 画面の中では、結衣がオモチャになっている。後ろから激しく突かれ、口でも手でもペニスを扱っている。こんなメチャクチャな扱われ方をしているのに、どうして結衣は感じてしまうのだろう? 妊娠しているのに、心配にならないのだろうか? こんなに激しく子宮を刺激されたら、破水してしまいそうに思えてしまう。

 結衣は、イタズラっぽい笑みを浮かべたまま、俺のズボンとパンツを脱がせてきた。あっという間に精液でドロドロのペニスがあらわになる。
「フフ。本当にイッちゃってる。触ってもなかったよね? 興奮しすぎだよ〜」
 結衣は、楽しそうに言いながら俺のペニスを握ってきた。
「まだカチカチだね。出しても固いままなんて、なお君じゃないみたい」
 からかうように言う結衣。俺は、何も言い返せない。何も言えないまま、つい画面を見つめてしまう。結衣は、精液を顔にかけられてドロドロになっている。
 そして、顔にかけられて精液を指で口に集めて飲み干していく。お腹の大きな結衣が、そんな事をしている……。俺は、強すぎる不安を感じながらも、興奮しすぎて呼吸がおかしくなりそうだ。

 画面の中で結衣を犯している男性が、うめきながら射精を始めた。あまりにいきなりの射精……。結衣に、中に出して良いのか確認することもなかった。
 当たり前のように結衣の膣中に精液を注ぎ込む男性……気持ちよさそうな声をあげている。結衣も、中に注ぎ込まれてうめきながら身体を震わせている。
「ダメぇ、赤ちゃん溺れちゃう」
 結衣は、とろけきった顔で言った。すると、すぐに他の男が結衣のアナルにペニスを突き立てた。
「あうぅっ、ケツマンコダメぇ、久しぶりだからキツくなってるの、あぁ、裂けちゃう……ゆっくりして」
 結衣は、泣きそうな声で言う。でも、すでに男性のペニスは、結衣のアナルにあらかた入ってしまっている。まったく穂すぐ事もなく、いきなり入れてしまった……。それなのに、結衣は痛がっていない。
「メチャしまってる。気持ちいい。ホント、この人妻エロいな」
 結衣のアナルを犯しながら、感心したように言う男性。雑な動きで腰を振り、結衣のことを責め立てる……。本当に酷い状況だ。

「あぁ、ケツマンコイクぅ。気持ちいいのっ! もっと犯してっ! ケツマンコ、ぶっといおチンポでガバガバにしてぇ」
 結衣は、卑猥ではしたない言葉を口にし続ける。これが結衣の本当の姿なんだなと、釈然としないものを感じながらも思った。

 その後も、結衣ははしたない言葉を口しながら、巨根とのセックスを心底楽しんでいるようだ。俺は、横に結衣がいるのに、画面の中の彼女ばかりを見てしまう。
 正直、結衣のことを見るのが怖いと思っていた。目を合わせると、俺のヘンタイな部分を軽蔑されてしまう……。そんな危機感で、まともに彼女を見ることも出来ない。
 すると、結衣の吐息のような声が聞こえた。俺は、慌てて横を見る。結衣は、自分で乳首をまさぐってオナニーを始めていた……。両手の指で、両乳首を強くつねるようにいじっている。
 俺は、何か声をかけるべきか迷いながらも、結局画面に視線を戻した。画面の中では、アナルにペニスを入れられた結衣が、仰向けに寝転がるような体勢にされている。
 そして、もう一人の男性が結衣の膣にペニスを押しつけ始めた。
「む、無理、お腹に赤ちゃんいるのっ! 二本同時はまだ無理!」
 結衣は、泣きそうな顔で叫んでいる。それなのに、男性はそのままペニスを挿入してしまった……。
「うぅあぁっ! ダメぇ、赤ちゃん生まれちゃうぅ」
 結衣は、泣き声だ。でも、その顔はすっかりとろけてしまっている。
「ホントだ。チンポに当たる。破水するかな?」
 男性は、楽しそうに言いながら腰を動かし始めた。
「うぅあっ、あっ、ダメぇ、壊れちゃう、オマンコ壊れるっ」
 結衣は、追い詰められたような声で言う。それなのに、男性は腰を激しく動かし続ける。下になっている男性も、動きを合わせるようにして腰を突き上げ始めた。
 結衣は、叫ぶような声であえぎ続ける。卑猥なランジェリー姿のまま、膣もアナルも貫かれ、妊娠している大きなお腹をものともせずに責め抜かれてしまっている……。
 俺は、信じられないものを見た気持ちになった。そして、恐る恐る結衣の方を見た。すると、結衣は膣に指を二本入れてかき回すようにオナニーをしていた……。
「なお君、あれ凄いんだよ。気持ちよくて、何も考えられなくなるの」
 膣を激しくかき混ぜながら、話しかけてくる結衣……。その表情は快感にとろけているが、それ以上に狂気を帯びているように見えてしまう。

「なお君、こんなに溢れてきたよ。妊娠してるからもう妊娠しないけど、赤ちゃん溺れちゃうね」
 そんな風に言いながら、さらに激しくかき混ぜていく。画面の中では、結衣は膣にもアナルにも当たり前のように中出しをされていて、その度に身体を痙攣させるような勢いで震わせていた。

 アナルに入れていた男性がペニスを抜くと、カメラがそれをアップにする。ぽっかりと穴が空いているようなアナルから、真っ白な精液が溢れ出てくる。俺は、結衣のアソコを凝視した。膣からは、指の動きにあわせて精液がとめどなくあふれてくる。一人二人が注いだ量とは思えないくらいの量に見える。
「なお君、こっちにも出されてるよ」
 結衣はそう言って、四つん這いになった。スカートはまくれ上がり、お尻が丸見えだ。すると、お尻にはプラグが入っていた。
「なお君、抜いて」
 うわずった声でおねだりをする結衣……。俺は、複雑な気持ちのままプラグを摘まんだ。そして、引っ張り始める。でも、強烈に締め付けているのか、動く気配がない。
「うぅあぁ、気持ちいいよ。なお君、もっと強く引っ張って」
 結衣は、膣をかき混ぜながらおねだりをしてくる。俺は、異常な光景に興奮しきった状態になりながら、プラグを必死で引っ張る。すると、ズルズルっとゆっくり抜けていく。
「うぅあぁあぁ、なお君、ダメぇ、イキそう。ケツマンコ気持ちいいのっ」
 結衣は、とろけた声でうめく。お腹の大きな結衣が、四つん這いになっているだけでも違和感がある。ましてや、スカートをまくり上げてアナルに入ったプラグを抜こうとしている光景なんて、まるで現実感がない。

 俺は、強い抵抗感を感じながらも、無理矢理プラグを抜いていく。
「うぅあぁあ、あヒィ、うぅ」
 結衣は、信じられないくらいにとろけた顔をさらす。俺は、そのまま一気に引き抜いた。結衣は、ガクガクッと身体を震わせ、
「うぅああっ、イグぅっ、ケツマンコイグッ」
 と、目を剥くような顔をしながら果てた……。ぽっかりと穴が空いたアナルからは、とめどなく精液が溢れ出てくる。強い臭い……部屋中が、一瞬で精液の青臭い臭いに包まれた。

「なお君……来て。ハメて」
 結衣は、力なく絞り出すように言う。俺は、他人の精液が溢れ出るアナルに、慌ててペニスを押しつけた。他人の精液に触れる……。それは、正直かなり抵抗がある。汚いと思うし、気持ち悪いと感じてしまう。

 でも、俺は一気にペニスを突き入れた。すると、あっさりと根元まで入っていく。
「うぅああっ、なお君、固いッ。おチンポカチカチだよっ」
 結衣は、嬉しそうに卑猥な言葉を叫んだ。俺は、結衣のアナルの感触に、物足りないものを感じてしまう。アナルの入り口はキツいのに、中は空洞みたいな感じだ。カリ首が、まるで刺激されていないように感じる。
 それでも俺は、腰を動かし始めた。
「うぅっ、あっ、アンッ。気持ちいいよ。なお君、アナルだと気持ちよくなれそうだよ」
 結衣は、そんな言葉を口にしながらあえぐ。俺は、馬鹿にされたような気持ちになりながらも、必死で腰を動かし続けた。少しでも感じさせたい……アイツから、取り戻したい……そんな気持ちだ。

 俺は、あまり快感を感じることなく腰を動かし続ける。画面を見ると、結衣は立ちバックの体勢になっていて、男性が後ろからペニスを挿入して激しく腰を振っている。
 結衣は、泣き叫ぶような声であえいでいる。
「もう無理っ! 壊れる、オマンコ壊れるっ! 破水しちゃう。赤ちゃん生まれちゃうっ」
 結衣は、普通の妊婦が口にしないような言葉を口にしながら高まっていく。俺は、もう無理なのかもしれない……と、思い始めていた。俺には、結衣のことを満足させることは無理だ……。

 男性は、ペースを変えることなく腰を激しく動かし続け、無言で膣内射精をした。すると、すぐに男性はペニスを抜き、次の男性が挿入してスパートをかけた。
「アガッ、あうぅ、ヒィ、ああぁっ、もう無理、イッてる、イッてるのにイッてるのっ!」
 結衣は、泣き叫ぶように果てる。でも、男性はペースを変えることなく結衣を犯し続けている。肉がぶつかる大きな音、泣き叫ぶ結衣、男性の荒い息遣い……。どうしてこうなったのだろう? 俺は、今さら後悔していた。もっと、いい終点があったはずだ……。

 男性は、あっけなく結衣の膣中に射精をした。再び身体を痙攣させる結衣……。そして、すぐに男性は交代した。次に挿入した男性も、いきなりスパートの早さで腰を振っている。

「イグイグイグッ! もう無理、死ぬっ、オマンコ死ぬっ、もうダメ、イグ! イグゥ〜〜ッ!! んおっぉおぉっ!」

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

初めて同士で付き合った彼女にオモチャを使っていたら、寝取られた完(オリジナル 転載禁止)

前回の話

 千里は、自分で膣口を拡げながら後部座席に座ってカメラを見つめている。薄いニットには乳首が完全に浮き出ていて、短すぎるスカートはもはや何の役にも立っていない。
 ピンク色の髪の美少女……アニメかと思ってしまう。地味な眼鏡の文学少女……僕が好きになった千里は、そんな女の子だったはずだ。
 秀一さんの好みで、すべて変わってしまった。メイクも教えられ、ピアスも開けられた。着る服も、全部ビッチ系の露出が高いものばかりだ。
 僕は、自分の恋人が他人好みに変えられてしまったことに、どうしても興奮してしまう。嫉妬や焦燥感が、そのまま快感や興奮に変換されるのだと思う……。


「危ない日って、妊娠するって事?」
 男の1人が質問した。不安そうと言うか、驚いているような感じだ。
「そうだよ。妊娠しちゃう日だよ。中に出したら、パパになっちゃうかも」
 千里は、膣口を大きく拡げたまま誘うような顔で言う。ヌラヌラと光っている膣口……すでに濡れすぎなほど濡れている。
「マジか。まぁ、いいや」
 男は一瞬たじろいだが、結局そのまま千里の膣に生ペニスを挿入してしまった。
「おチンポ、大っきい」
 嬉しそうに言う千里。結局、危ない日とわかっているのに避妊なしでセックスをしてしまっている……。
「気持ちいい。メチャ良いオマンコじゃん」
 男性は、気持ちよさそうな声で言いながら腰を動かし始めた。千里を感じさせようと言う感じはなく、ただ自分の射精のためだけに腰を動かしているようなやり方だ。
 それでも、千里はとろけきった顔であえぐ。
「気持ちいいっ! おチンポ大きくて、子宮にガンガン当たってるよ。ねぇ、孕ませたいの? 私のこと、妊娠させちゃうの?」
 千里は、とろけきった顔で言いながらカメラの方を見た。男の1人が、千里のスマホで撮影をしているみたいだ。千里は、撮影している男のペニスをくわえた。上下の口を塞がれ、うめくような声をあげ続けている。

 ワンボックスカーの後部座席で、二人の男とセックスをしている……。もう、浮気セックスをすることに何の罪悪感も感じないようだ……。僕は、千里の手コキでイキそうになってきた。千里が二人がかりで犯されているのに、どうしてこんなに興奮してしまうのだろう?
「なお君の、カチカチになってきたよ。もう出しちゃうの? 出しちゃったら、また秀一さんの家に泊まりだよ?」
 千里は、興奮しきった顔で言う。僕は、千里が何に対して興奮しているのかわからなくなってしまった。僕にヤキモチを焼かせたい……そんな気持ちが大きかったはずだ。
 今の千里は、ただ肉の快楽に流されているようにしか見えない……。僕は、今日こそは千里と一日過ごしたいと思い、必死で射精を堪える。

 画面の中の千里は、興奮しきった顔になっている。口でされている方の男性が、
「ヤバい。出そう。フェラ上手すぎでしょ」
 と、余裕のない声で言う。そんな事を言いながらも、カメラはずっと千里のフェラ顔を撮し続けている。本当に美味しそうにくわえている……。
「フフ。セックスの先生に教えてもらったんだ。いつでも出して良いよ。お口の中なら妊娠しないから。全部飲んであげる」
 千里は、楽しそうに言う。もう、ビッチを演じているのではなく、ビッチになってしまったんだなと思った。
「セックスの先生? なんだそれ」
 男が、意味がわからないという顔で言う。
「うん。結婚する恋人もいるんだけど、おチンポちっちゃいし早漏なんだ。だから、セックスをいっぱいしてくれる先生がいるの。このピアスもピンクの髪も、先生の好みなんだよ」
 千里は、快感にとろけた顔で答える。
「フィアンセがいるのに、セフレがいるって事?」
「違うよ、セフレじゃなくて、セックスの先生だよ」
 千里は、そんな風に答えた。さらに、
「フィアンセがいるのに、セフレなんて作るはずないでしょ?」
 とも言った。
「なんだそれ。セフレはいなくても、ナンパされて生ハメしてるじゃん」
 男は、笑いながら言う。
「だって、なお君喜ぶんだもん。私がビッチになればなるほど、興奮してくれるの。なお君のために、ビッチになってるんだよ。本当は、なお君以外の人とエッチなんてしたくないの」
 千里は、そんな事を言う。でも、言い終わると同時にペニスをくわえて激しいフェラチオを始めた。
「やべーな」
 男は、あきれたように言う。そして、フェラチオされている方の男が、
「あぁ、ダメだ、出る。飲んでっ」
 と言いながら射精を始めてしまった。
「ん〜」
 千里は、うめくような声をあげながら口内射精を受け止める。そして、出されたそばから喉を大きく動かして飲み干していく……。

「フフ。いっぱい出たね。ごちそうさま」
 無邪気に笑う千里……。カメラは、精液を飲み干してしまった千里の口の周りをアップにしている。口の周りはヌラヌラ光っている。他人の精液にまみれた千里の口……僕は、興奮が異常なほどに高まってしまう。でも、射精は必死で堪える……。

「なお君、出ちゃいそうだよ。良いの? また手でイッちゃうの? オマンコに入れないの?」
 千里が、僕のペニスを緩く手コキをしながら質問する。僕は、興奮しきった状態で彼女のスカートをまくり上げた。穴あきの卑猥なショーツ……。
 千里の秘部が丸見えだ。ビッチな行動からは信じられないほど、綺麗な膣周りだ。ビラビラも小さく、色も薄い。ヘアも秀一さんの趣味で剃り上げてしまっているので、より綺麗に見える。

 そして、千里の膣からは何かヒモが出ている。僕は、イヤな予感しかしないまま、千里に聞いた。
「フフ。なお君へのお土産だよ。引っ張ってみて」
 千里は、興奮した顔で言う。僕は、ヒモを摘まんでゆっくりと引き抜き始めた。ググッと、思ったよりも抵抗感がある。でも、スルスルと抜けてきた。

 抜け落ちたのは、やっぱりタンポンだった。生理? と、思う間もなく、千里の膣からはドロッとした白いモノが溢れ出てきた……。
「フフ、お土産だよ。興奮しちゃう?」
 千里は、興奮した顔で聞いてくる。僕は、慌てて避妊のことを質問した。
「ゴメンね、出されちゃったんだ。あっ、ちょうど出されるところだよ。見て!」
 千里が画面を見ながら言う。僕は、すぐに画面に目を向けた。正常位のような体位で犯されている千里……もの凄く気持ちよさそうにあえいでいる。
「おチンポ気持ちいいっ! カチカチになってきたよ。イクの? 危険日マンコに中出ししちゃうの?」
 千里は、興奮しきった声で言う。男性は、
「ヤバいな、メチャクチャ気持ちいい。オマンコうねってるじゃん」
 と、余裕のない声で言う。
「私もイキそうなの。おチンポ気持ちいいのっ。イッちゃう? 子宮にぶっかけちゃう?」
 千里は、興奮しきった声で言いながらカメラを見つめる。
「なお君、中に出されちゃう。危険日なのに、中出しされちゃうよ。妊娠したらゴメンね、キライにならないで」
 カメラ目線でそんな事を言い続ける千里……。信じられないくらいにとろけて気持ちよさそうな顔になっている。
「ヤバい、出そう。抜くよ」
 男は、さすがに躊躇している。すると、千里の両脚が彼の身体に絡みつき始めた。
「ちょっ、ダメだって、離して」
 ガシッと両脚でホールドされ、男が慌てて言う。
「もう少しなの、イキそうなの」
 とろけた顔で言う千里。僕は、ドキドキしながら画面を見つめる。
「ダメだって、妊娠しちゃうって」
 そう言って、男は動きを止める。でも、ほとんどシームレスに千里が腰を動かし始めた。正常位の下側で、男性を蟹挟みみたいにしながら腰をくねらせるように動かす……どう考えても、異常な行動に見える。

「ヤバいって、マジで出る」
 男は、困ったような声を出している。でも、千里は腰を夢中で動かし続けながら、
「気持ちいいっ。おチンポガチガチになってきた。イキそう、イクっ、なお君、他人チンポでイッちゃうっ!」
 と、カメラ目線で叫ぶ。すると、男が、
「出すぞ、イクっ、うぅっ」
 と、うめきながら射精を始めてしまった……。中に出された途端、千里は身体をガクガク震わせながらのけ反る。
「ヒィ、うぅ、出てる、熱いのでてるのぉ」
 とろけきった顔をさらす千里……。僕は、結局射精をしてしまった……。

「フフ。イッちゃった。またオマンコに入れられなかったね。もしかして、なお君はもう私のオマンコに入れたくないのかな?」
 千里は、からかうような口調で言いながら、手や指についた精液を舐めとる。そして、飲み干しながら、
「やっぱり、薄いね。おちんちんが小さいと、精液も薄くなるんだね。これって、あるあるなのかな?」
 無邪気な顔で精液をすすり取る千里に、僕は少し怖くなってしまった。秀一さんに変えられてしまった部分は大きいと思う。でも、千里に淫乱の血が流れていなかったら、きっとこんなにも淫乱になることはなかったような気もする……。

「じゃあ、今日も秀一さんのところに行くね。泊まってくるから。いっぱい動画も撮るから楽しみにしててね。もしかしたら、秀一さん、また何か千里の事変えちゃうかもよ」
 千里は、意味ありげな顔で言う。僕は、色々想像してしまい、暗い気持ちになった。でも、気持ちとは裏腹に、ペニスは射精したばかりなのにいきり立ったままだ……。
 結局、千里は本当に秀一さんの所に行ってしまった。今日は、僕と一緒に過ごして泊まる予定だったのに……。悲しい気持ちになりながらも、千里がどんな風に変えられてしまうのだろう? と、ドキドキしてしまった。

 千里は、次の日の昼にウチに来るまで連絡をしてこなかった。ずっとやきもきしていた僕に、笑顔でただいまと言う千里……。見たところ、特に変化はない。さすがに、ネタ切れなのかな? と、思っていると、千里が尻尾みたいなものをぶらせていることに気がついた。
「フフ。可愛いでしょ。猫みたい?」
 千里は、そう言って後ろを向く。ミニスカートの中から、尻尾が映えている。確かに、猫のような尻尾だ。どうなっているのだろう? と、不思議に思っている僕の前で、千里はスカートをまくり上げていく。千里は、Tバックの下着を履いていた。そして、尻尾は彼女のお尻から生えている……。

「昨日は、お尻も使えるように調教してもらったんだ。これで、生理の時でも秀一さんに抱いてもらえるよ」

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

初めて同士で付き合った彼女にオモチャを使っていたら、寝取られた7(オリジナル 転載禁止)

前回の話

 アニメキャラのようにピンク色の髪になった千里は、僕を射精させた後も足でペニスを踏み続けている。
「いっぱい出たね。でも、足で踏まれて出しちゃうなんて、なお君もっと変態になったんだね。今日は、秀一さんに良い物ももらったから、後で使おうね」
 千里は、僕のペニスをグイグイと踏みつけながらイタズラっぽく微笑んだ。本当に可愛らしい顔だ。秀一さんに教えられたメイクで、ぱっちり二重の美少女という感じになっている。
 そして、耳に開けられたピアスも、ピンク色に染められた髪も、全部彼の好みだ。自分の恋人を良いように変えられてしまい、今さら強いショックを受けてしまう。でも、千里が何か変えられるたびに、僕は信じられないほどの強い快感を感じてしまう。


 画面の中では、射精した男のペニスを舐め続ける千里が映っている。口の周りに精液を付着させたまま、丁寧にお掃除フェラを続けている。千里の話だと、彼はナンパしてきた男性だそうだ。初対面の男性とこんなことをしている……。いつもの清楚な彼女と比べると、まるで別人に思えてしまう。
 ピンク色の髪の千里が、多目的トイレで初対面の男性にフェラチオしている……。エロアニメのようなビジュアルに無性にドキドキしてしまう。

「フフ、まだカッチカチ。おチンポ、元気だね」
 画面の中の千里が、ビッチのような言葉を使う。でも、ビジュアルにマッチしていると感じてしまう。いつもの眼鏡をかけた真面目な感じの千里とは、まったく違うイメージだ。

「お姉さんがエロすぎるから。いつもこんなことしてるの?」
 男性は、満足げな声で聞く。
「してないよ。初めてこんなことしたよ」
 千里は、素直に告白する。
「またまた〜。お姉さん、ヤリマンでしょ? 乳首もメチャ浮いてるし」
 そう言って、男性はシャツに浮き出ている乳首を摘まんだ。
「うぅっ、あぁ、もっと強くぅ」
 千里は、一瞬でとろける。男性は、片手で撮影をしながら千里の乳首をグイグイ摘まんでいく。
「うぅ、あぁ、気持ちいい。もっと強くして」
 千里は、本当に気持ちよさそうだ。
「マジで淫乱じゃん。ねぇ、やらせてよ」
 男は、軽いノリで言う。
「え? 良いよ。すぐ出来るの?」
 千里は、笑顔で聞く。
「マジで? 良いの? 出来るに決まってるでしょ」
 男は、千里のあっさりした返事に逆にびっくりしている感じだ。

「じゃあ、ハメて」
 千里は、あっさりとそんなことを言ってお尻を突き出すような格好になる。そして、スカートをまくり上げて秘部をさらけ出した。
「うわ、なにこれ。こんなパンツ穿いてるんだ。やっぱり、目茶苦茶ヤリマンでしょ」
 男は、びっくりした声で言いながらカメラを千里のアソコに向ける。スリットが入って秘部が丸出しのパンツ……。まるで下着の意味がない。
「ヤリマンじゃないもん。ちょっと、エッチが好きなだけだよ」
 モジモジと恥ずかしそうに言う千里。妙に可愛い。でも、やっていることはメチャクチャだ。千里は、自分でアソコを拡げてしまう。カメラは、大きく拡げられた秘部をアップにしていく。うごめくピンクの秘肉、すぐに精液があふれ出てきた。
「あれ? なんか出てきた。もしかして、もうやった後なの?」
 男性は、さすがにドン引きしたような声だ。
「うん。中にいっぱい出されちゃってるよ」
 千里は、アソコを広げたまま恥ずかしそうに答える。
「やっぱりビッチじゃん。じゃあ、俺ので掻き出してやるよ」
 そう言って、男はあっさりと千里の膣に生挿入してしまった。他人の精液があふれる膣に入れることに、抵抗はないのだろうか? 僕は、そんなことを考えてしまった。生理的に気持ち悪いし、性病のことなんかも気にならないものだろうか? でも、男性はすぐに根元まで突っ込むと、腰を動かし始めた。
「気持ちいい。おチンポ固くて気持ちいいよ」
 千里は、すぐにとろけた声をあげる。それだけではなく、甘い声であえぎ始めた。
「声ヤバいって。聞こえるから!」
 男性は、少し慌てている。でも、慌てていながらも腰を止めない。
「だ、だって、気持ちいいの。こんなところでハメられるの、初めてだから。ドキドキしちゃう。見られたら、どうしよう?」
 千里は、不安そうに言いながらもあえぎ声を出し続ける。本当に気持ちよさそうで、とろけた顔になっている。

「声我慢して。さすがにマズいから」
 男はそう言いながら腰を動かし続ける。こんな、初対面のナンパ男に身体を許す……しかも、生挿入まで。もう、僕の好きだった地味で清楚な千里は、いなくなってしまったんだなと思った。

「ごめんね、ナンパされちゃった。初めてだから、ドキドキしちゃったよ」
 僕のペニスを踏んでいる千里が、ニヤニヤしながら言う。僕は、他に聞くべき事はあるはずなのに、気持ちよかったの? と聞いてしまった。
「気持ちよかったよ。誰か来るんじゃないかって思ったら、ドキドキしてオマンコ勝手に締っちゃうの」
 千里は、発情したような顔になっている。もう、僕は訳がわからなくなってしまっていた。僕と一緒にいるときに、急に秀一さんに呼ばれて中出しをされる……。完全に都合に良いセフレ状態だ。その上、その帰りにナンパされて生ハメまでしてしまった。
 どうしちゃったんだろう? 千里は、おかしくなってしまったのだろうか? でも、そんな千里にペニスを踏まれて勃起しきっている僕も、完全に異常だと思う。

「ねぇ、なお君も出来る? もう、カチカチだよ」
 千里は、僕のペニスを踏みつけながら聞いてくる。僕は、黙ってうなずく。画面の中では、千里があえぎ声を必死で抑えながら犯され続けている。もう、興奮が高まりすぎてすぐにでも射精してしまいそうだ。

「じゃあ、秀一さんからのプレゼント出すね」
 カバンを探りながら千里が言う。楽しそうにニヤついた顔になっている。僕は、一体に何を出すのだろう? と、ドキドキしていた。すると、千里が取り出したのはペニスバンドだった。僕は、意味が理解できずにポカンとしている。

「フフ。これ、ここにおちんちんハメられるんだよ。内側のここのところが、オナホになってるんだって」
 千里はそう言いながら、ペニスバンドの内側のオナホ部分にローションを塗り込んでいく。僕は、まだよくわかっていない。何をするんだろう? そう思っていると、千里が僕のペニスにオナホ部分をハメていく。人体とは違う、ゾリゾリしたようなエッヂの立った快感……。思わずうめいてしまった。そんな僕にかまわず、千里はペンスバンド部分のベルトを締めていく。

「フフ。立派なおチンポになったね」
 千里は、嬉しそうに言う。僕は、ペニスバンドを装着した形になり、そそり立ったペニスがエグいことになっている。
 大きい……それに、カリ首の拡がり方が極端だ。秀一さんのペニスよりも、凶悪な姿に見える。でも、僕の本体はこのペニスバンドの中に隠されている状態だ。

「なお君、すぐハメて。見てるだけで欲しくなっちゃった」
 千里は、ソファにM字開脚に座る。すると、スリットの隙間から千里の膣周りが見える。ドロドロに濡れて光っている膣からは、白い物が流れ出てしまっている……。
 僕は、怯んでいた。さすがに、この状態でセックスをするのは惨めすぎる……。でも、千里はアソコを拡げながら妖艶な笑みを浮かべて僕を誘う。
「早くハメて。動画見てたら、うずいちゃった」
 千里は、焦れきったような顔になっている。結局、僕は惨めな気持ちのまま千里に覆い被さっていった……。ペニスバンドの先端が、千里の膣口に触れる。でも、当然のことながら感覚はない。
「すごい……太いよ、早く押し込んで」
 千里は、とろけきった顔でおねだりをした。僕は、意を決して腰を押し込んでいく。
「うぅっ、あぁ、気持ちいい。なお君、オマンコ拡がってるの。なお君のぶっといおチンポで、千里のオマンコ拡がってるっ」
 千里は、一瞬で顔をとろけさせた。僕は、まったく快感を感じていない。膣の感触なんて、少しも伝わってこない。それでも千里のとろけた顔が嬉しくて、腰を動かし始めた。
「ヒィうぅ、アッ、気持ちいいっ。全然違うっ! んオおぉっ、おぉおおっ、おチンポ気持ちいいっ!」
 千里は、今まで僕には見せたことのない顔であえぎ始めた。

 そして、僕も気持ちよくなってきた。千里の膣が締ることでペニスバンドが引っ張られ、ペニスバンドの中の僕のペニスの動きとずれが生じる。それによって、僕のペニスはオナホにこすり上げられる。ゾリゾリした強い刺激……。まったり系のオナホしか経験がない僕は、あまりの刺激に腰が引けそうだ。

「なお君、気持ちいい。これなら、なお君とのセックスでもイケるかも」
 千里は、本当に嬉しそうに言う。僕は、複雑な気持ちのまま腰を動かす。僕の腰の動きで、千里が野太いようなうめき声をあげる……強い快感を感じてくれているのが伝わってきて嬉しい。でも、結局これは僕の物ではないので、僕が感じさせているとは言えないのかもしれない。

 僕は、夢中で腰を振る。画面の中では、トイレの中で犯されあえぐ千里が映り続けている。一体、どれだけの時間セックスをしたのだろう? 誰か来なかったのだろうか? そんな心配をしてしまう。

「なお君、気持ちいい。本当にすごいの。オマンコこすれてイキそうだよ。なお君ので、初めてイケそうなのっ」
 千里は、嬉しそうに言う。でも、実際には僕の物ではないので複雑な気持ちだ。それでも僕は腰を動かし続ける。千里が感じてくれるのが本当に嬉しい。
「ダメぇ、イクっ、いっちゃうっ、なお君、イクっ!」
 千里は、気持ちよさそうに叫ぶ。僕は、夢中で腰を動かしながら、射精しそうな感覚が大きくなってきた。実際に、生で千里の膣に入れたら、とっくに射精してしまっていると思う。でも、ペニスバンドでこんな形での刺激なので、射精感が多少は緩い。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

初めて同士で付き合った彼女にオモチャを使っていたら、寝取られた6(オリジナル 転載禁止)

前回の話

千里とのセックスは、完全に変わってしまった。元々そういう性癖があったのかはわからないが、僕を嫉妬させていじめるようなプレイを好むようになっていた。

「もう良いよ、入れて」
 僕に愛撫され、気持ちよさそうにあえいでいた千里が、トロンとしたような顔で言う。僕は、すぐにコンドームをつけようとした。でも、
「なお君、そっちじゃないよ。大っきなおチンポ入れて欲しいな」
 と、からかうような口調で言われてしまった。僕は、屈辱的な気持ちになりながらも、最近いつも使っているディルドを手に取った。

 
 ズシッと重いディルド。千里と一緒にアダルトショップで買った大人のオモチャだ。リアルな造形のペニス型の張り型だけど、どう見ても大きい。あの時、秀一さんに抱かれて目覚めてしまったのか、奥の方まで刺激しないと物足りないと言われてしまう。

 千里は、ディルドを潤んだ目で見つめている。期待に目が輝いているように見える。
「なお君、早く入れて下さい。千里の淫乱なオマンコにハメてください」
 千里は、自分で陰唇を左右に拡げておねだりをし始めた。黒髪で小柄、眼鏡もかけて文学少女という印象の千里……。それが、ド淫乱のビッチがするようなことをしている……。
 あまりのギャップに毎回驚かされるが、触ってもいないペニスが射精しそうになっていて、僕は慌てて目をそらす。そして、ディルドにローションを塗り込んでいく。

 千里の膣周りは、指で拡げた途端に蜜があふれてしまうほど濡れている。それでも、このディルドは太すぎるのでローションを塗る。千里は、トロンとしたような顔でディルドを見つめ続けている。

 最近では、もう僕のペニスには興味がなくなってしまったようだ。実際、千里に3ヶ月以上挿入できていない。僕は、大きく指で拡げられた膣口にディルドを押し当てた。
「なお君、早く……焦らさないで」
 切なげな声でせかしてくる千里に、僕は悲しい気持ちになってしまう。もう、僕のものではまったく満足できなくなってしまった……。そういうことだと思う。

 僕は、色々な思いを振り払うようにディルドを押し込んでいく。
「うぅ、あぁ、太いよ……なお君、おチンポ太くて気持ちいい」
 千里が、卑猥な言葉を口にした。そんな言葉を口にしそうにない見た目なのに、とろけた声で卑猥な言葉を口にし続けている。
「動かして。オマンコ奥まで突いて」
 とろけた顔で僕を見つめる彼女。僕は、ディルドを動かし始めた。こんなに太いものが、小柄な彼女の膣に入っているのが不思議だと思いながら抜き差しし続ける。ググッと抵抗を感じるが、それを無視して強引に動かす。
「あっ、ンッ、うぅっ、気持ちいいっ。オマンコこすれてるよ、なお君、奥まで当たってるよ」
 千里は、すぐにとろけた顔であえぎ始める。こんなに太くて大きなディルドでも、まったく痛みを感じないみたいだ。僕は、どんどん動きを速くしていく。千里は、あえぎながらアゴが上がっていく。ほとんど天井を見つめるような姿で、気持ちよさそうにあえぎ続けている。

「なお君のが届かないところ、いっぱい刺激されてるよ。本当に気持ちいいの。ここまで届かないと、少しも気持ちよくなれないんだよ」
 千里は、とろけた顔で言い続ける。僕は、必死でディルドを動かし続ける。千里は、背中がのけ反り始めてきた。本当に気持ちよさそうに僕の責めを受け続ける彼女に、僕は愛していると言う気持ちが大きくなる。

 千里は、あえぎながら僕の股間を足で踏み始めた。
「フフ。もう出ちゃいそうだね。そんなに興奮しちゃう? なお君のじゃないので気持ちよくなってるのに?」
 千里は、挑発的な顔で言いながらグイグイ股間を踏んでくる。僕は、声が漏れてしまった。こんな風に踏まれているだけなのに、快感が本当に強い。千里も、繰り返しのプレイで僕の感じる場所がよくわかっているようだ。

 僕は、先にイカされないように必死でディルドを使い続ける。千里は、とろけた顔であえぎながら、足でペニスを刺激してくれる。
 ディルドを抜き差しし続ける僕。すると、ディルドが動かしづらくなってきた。イキそうになっているんだなと思い、僕はさらに力を込める。グイグイと、秘肉をかき分けてディルドが出入りを繰り返す。
 千里は、あえぎ声が野太く変化してきた。
「うぅあっ、あっ、うぅ。んおぉっ、おぉおぉっ、オマンコ気持ちいいっ」
 以前の千里が、絶対に口にしない言葉を口にしながら高まっていく。すると、千里のスマホが鳴った。千里は、慌ててスマホを手に取る。僕とプレイ中なのに、まるで気にしていないみたいだ。

「なお君、秀一さんが抱いてくれるって。ごめんね、すぐ行かなきゃ」
 そう言って、千里は股間に刺さっているディルドを引き抜く。ぽっかりと穴が空いたようになっている膣。中の肉壁がうねるように動いているのが見える。

 千里は、すぐに身支度を調えていく。クローゼットから下着を取り出し、身につけていく彼女。身につけた下着は、ブラのショーツもアダルトショップで買ったセクシーなものだ。どちらにもスリットが付いていて、肝心の場所が隠せていないようなタイプのものだ。
 千里は、透けて丸見えのビスチェも着ると、ミニスカートとブラウスを着た。スカートは短すぎて、普通に階段も上れないような丈だ。ブラウスも、真っ白で生地が薄く、乳首が響いて浮き出ているのがわかってしまうようなものだ。
 黒髪で眼鏡をかけた地味な印象の千里が、ビッチの姿をしている……。僕は、他の男に変えられてしまった千里を、悲しい気持ちで見つめる。千里は、眼鏡を外してコンタクトレンズを入れて準備を終えた。
 コンタクトレンズにしただけで、一気に美少女になる。千里は自己評価が低い女の子なので、自分が可愛いと言うことにあまり気がついていない。
 秀一さんは、千里を自分色に染めることが好きなようで、色々と千里のことを変化させようとしてくる。耳に開けた小さなピアスも、彼とのデートの時に開けられてしまったものだ。
 僕は、千里のピアスを見るたびに、彼女を変えられてしまったことを悲しく感じる。でも、千里が変化すればするほど、僕の興奮も高まってしまう……。

 秀一さんとのプレイは、今では千里が単独で行くようになっていた。僕が同伴できていたのは、最初の3回程度だった。
「だって、なお君がいたら、集中できないでしょ? 後でちゃんとビデオ見せてあげるからね」
 千里にそんな風に言われ、僕はそれを止めることすら出来なかった。

 僕は、プレイの途中で放り出され、性欲の行き場がなくなってしまった。興奮が収まるどころか高まる一方なので、仕方なく前回のビデオを見始めた。

 動画が始まると、画面いっぱいに千里の顔が写る。眼鏡をしていない顔……。ぱっちりとした二重まぶたがとても可愛らしい。でも、これも秀一さんが教えたメイクのおかげだ。つけまつげにアイメイク。そして、二重まぶたにするためのアイプチまで彼に与えられた。
 画面に映っている千里は、以前の地味な文学少女というイメージとはほど遠い。

「おチンポくわえても良いですか?」
 千里は、カメラ目線で卑猥な言葉を口にする。すると、カメラはズームアウトしていき、千里の身体と秀一さんの身体が映り始めた。
 千里は、女子校生みたいなブレザーの姿になっている。こんなコスプレも、秀一さんは頻繁にさせる。千里にこんな格好をさせて、街中を歩いてデートするそうだ。
 千里は、恥ずかしさを感じながらも、ものすごく興奮してしまうと言っていた。実際、野外でのプレイもたまにしているみたいだ。

 秀一さんにとっては、本当に都合の良いセフレなんだと思う。そして千里も、セフレとして扱われることに強い興奮を感じているようだ。
  画面の中の千里は、嬉しそうにペニスを舐めている。舌が巻き付くように絡みつき、強烈にバキュームも始まる。あっという間に勃起していくペニス。やっぱり大きい。さっき使っていたディルドと、同じくらいはあると思う。
 もっとも、あのディルドは千里のチョイスだ。何種類ものディルドを握って、秀一さんのサイズを探した。

 千里は、大きく口を開けて秀一さんのペニスをくわえていく。僕は、千里が他の男のペニスをくわえる姿を見ても、以前ほどの衝撃を受けなくなっていた。刺激というものは、慣れていくものなんだなと思う。でも、同時に怖くなってしまう。刺激を求めてどこまで行ってしまうのだろう? そんな恐怖も感じる。

「本当に素敵です。このおチンポ、最高です」
 千里は、うわごとのように言いながらフェラチオを続ける。千里の顔との比較で、やたらとペニスが大きく見えている。
「あぁ、太い……おチンポ好きぃ。早くハメて欲しいです」
 千里は、とろけきった顔だ。秀一さんは、カメラで千里のフェラチオ姿を撮し続ける。ビデオは、もう30本くらいになった。僕に見せるために撮ってくれていると言うが、千里自身もハメ撮りされることが快感なんだと思う。

「じゃあ、おねだりしてごらん」
 秀一さんが楽しそうに指示をする。すると、千里は仰向けで寝転がり、脚を拡げてM字開脚にしていく。スカートはまくれ上がり、穴あきのはしたないショーツが丸見えだ。
 千里は、指で陰唇を拡げていく。ほとんど色素沈着のない綺麗な陰唇……大きく拡げられて膣口も開いてしまっている。
「あれ? オイルでも塗ったの?」
 秀一さんは、千里のアソコを見てからかうように言った。確かに、千里の膣周りは光っている。濡れすぎて油でも塗ったようになっている……。

「ずっと秀一さんのおチンポのこと考えてたから……恥ずかしいです。早くおチンポハメて下さい」
 千里は、顔が真っ赤だ。恥ずかしすぎて、耳まで赤くなっているようだ。こんなにはしたないことをしていても、恥ずかしがる気持ちが残っているのが千里らしいなと思ってしまう。

 秀一さんは、カメラを置いてアングル固定にする。そして、大きなペニスを握って千里の膣口にこすりつけ始めた。
「うぅあぁ、固いです、おチンポ固い。ハメて下さい。淫乱な千里のオマンコ、目茶苦茶に犯してください」

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

嫁が元彼とかなり過激なセックスを経験していた7(オリジナル 転載禁止)

前回の話

 結衣は、俺の股間を握ってきた。ズボンごと勃起したペニスを握りながら、
「もう出そうだね。私のこんな姿見て、なんで興奮しちゃうの? 私の一番恥ずかしい姿、大勢に見られて嬉しいの?」
 と言ってくる。俺は、結衣に謝ることしか出来ない。
「別に謝らなくても良いよ。そんなド変態ななお君でも、大好きだもん」
 結衣はそう言いながら、俺のペニスを揉み続ける。正直、ズボンの上からの刺激なのに、射精をこらえるので必死だ。


 画面の中では、結衣が拘束台に固定されたままお尻を突き出している。そして、すぐ後ろには元彼がいる。勃起したペニスを握っているが、その異形ぶりは何回見ても驚かされる。
 シリコンボールでボコボコの竿。そして、改造で異様に張り出したカリ首。あんな物を入れられても、痛いだけのように見える。でも、画面の中の結衣は、トロトロにとろけた顔で挿入を待ちわびている。

「ご主人さま、早くハメて下さい。ケツマンコ、ゴリゴリに壊して下さい」
 結衣は、言っているそばからその言葉自体に興奮しているような感じだ。元彼は、結衣のアナルにペニスを突き立てる。一気に根元までねじ込んでしまう彼……。様子を見るとか、優しくほぐすという考えはないみたいだ。
「ンオォおおぉっ、ケツマンコ、イグッ!」
 結衣は、その可愛らしい顔からはおよそ想像もつかないような卑猥な言葉を口にする。元彼は、そのまま腰を動かし始めた。拘束台に固定され、強制的に立ちバックの姿勢にされている結衣……。その周りをぐるっと、裸の男性たちが囲んでいる。
 毎週のようにこんな調教を受ける結衣を、俺は止めることが出来ない。それどころか、喜んで送り出している……。
「ンおぉぉっ、アガッ、アグゥ、ケツマンコ気持ちいいっ!」
 結衣は、卑猥な言葉とともにどんどん高まっていく。その顔は、すでにとろけきったようになっていて、強すぎる快感を感じているのがわかる。

 元彼は、ひたすら腰を動かし続ける。異形のペニスで、結衣のアナルをひたすら犯し続ける……。
「イグぅっ、イグゥ〜〜ッ!」
 結衣は、ほとんど雄叫びのような声になってきた。感じているような声ではなく、腹の奥から絞り出すような声だ。
「また勝手にイッたね」
 元彼は、冷たく言って結衣のお尻を叩く。平手でバシンと音が響くほど叩いている……。結衣は、叩かれて大きくうめいた。でも、痛みを感じていると言うよりは、強い快感を覚えているような感じだ。

 元彼は、腰を動かしながらもお尻を叩き続ける。乾いた音が響くたび、結衣は身体をガクガク震わせながら果てる。そして、結衣のお尻は真っ赤に染まってしまっている。
「もうダメぇっ! イキすぎて壊れちゃうっ!」
 結衣は、脚をガクガク震わせながら叫んだ。もう、快感が強すぎて止めてもらいたいと思っているようだ。でも、元彼はそのまま腰を動かし続ける。浣腸されてすっかり綺麗になった腸内を、好き勝手に犯し続けている。

 俺は、自分の嫁がオモチャにされているような気持ちになってしまった。でも、そう思えば思うほど、興奮がさらに高まるのがわかる……。

 泣き叫ぶようにあえぎ続ける結衣。ひときわ大きく悲鳴を上げると、グッタリと脱力してしまった。元彼は、ペニスを引き抜く。カメラは、すぐにペニスが引き抜かれた結衣のアナルをアップにした。
 穴が空いたように拡がったままのアナル……。ヒクヒク動いていて、中のピンク色の肉壁まで見えてしまっている。こんな姿を、大勢の男たちに見られている。そう思うだけで、嫉妬や焦燥感が大きくなる。

「なお君、脱がせるよ」
 そう言って、結衣が俺のズボンとパンツを脱がせ始めた。
「もう破裂しちゃいそうだね。そんなに興奮したの? 私がご主人さまにケツマンコでイカされる姿」
 そんなことを言いながら、俺のペニスをしごき始めた。強い快感に、声が漏れてしまう。そして、情けない顔で結衣を見つめた。
「そんな顔しないで。いっぱい気持ちよくしてあげるから」
 結衣は、そう言って俺の粗末なペニスをくわえてくれた。すぐに強いバキュームが始まり、舌もカリ首を責め始める。圧倒的な快感に、射精をこらえるのに必死になってしまう。
 以前の結衣は、フェラチオが下手だった。でも、それは下手なふりをしていただけだったことを知った。元彼に調教されていた結衣は、とても上手にフェラチオが出来たはずだ。下手くそなふりをしていたのは、淫乱がバレないようにするためだったんだと思う。
 そう考えると、俺が好きになった結衣は、本当の結衣ではなかったと言うことになる。本当の姿を知ってしまった今、この先も結衣とやっていけるのか不安に思う……。

 画面の中では、次々と男たちが結衣に襲いかかる。元彼のペニスが引き抜かれたアナルに、当たり前のように挿入している。そればかりか、口にもペニスを突っ込んで腰を振っている。結衣は、弱々しい声であえぐ。
 拘束台に固定され、口もアナルも犯されている結衣は、本当にレイプされているように見える。でも、結衣は気持ちよさそうな声をあげているし、よく見ると舌を使って奉仕もしている。

 こんなセックスを望むなんて、どうかしていると思ってしまう。小柄で子供みたいな結衣……男たちに囲まれて犯され続けていると、犯罪的なものを感じてしまう。でも、結衣は元彼とのアナルセックスから回復したのか、気持ちよさそうな声であえぎ始めた。

「イッて! ザーメン飲ませてっ! ケツマンコにもお口にも飲ませて下さい」
 とろけきった声でおねだりをする結衣。俺は、興奮しきった状態で視聴を続ける。結衣のフェラチオでイカされそうになりながらも、夢中で見続ける。

 すると、結衣のアナルを犯していた男性が早々に射精を始めた。腸内に精液を受けながら、結衣は身体を震わせて果てる。すぐにくわえさせていた男性も射精を始め、結衣は喉を鳴らすようにして飲み干していく。
「もっと! ザーメンまみれにして下さいっ」
 結衣は、とろけきった顔で哀願した。すぐにもう一人が結衣を犯す。今度は、膣に入れられてしまっているのが見える。当たり前のように生ペニスが挿入され、結衣は気持ちよさそうにあえぐ。
「オマンコ気持ちいいっ! もっと奥にっ! 子宮潰してっ!」
 とろけた顔であえぎ始めてしまった。すぐにもう一人も結衣の口を犯し始める。腰を振り、オナホのように結衣の口を使っている……。

 結衣は、口に深くペニスを差し込まれ、えずいて吐きそうになる。でも、男性はかまわずに結衣の喉を犯し続ける。結衣は、涙を流しながらえずき続ける……。

「あれされると、頭真っ白になるんだ。なお君にもしてもらいたいな……でも、短いから無理だね」
 結衣は、俺のペニスを手コキしながら言う。そんなことを言われてしまったのに、俺は興奮している。嫉妬や劣等感が、快感に置き換わるような感覚だ。

 俺は、生膣を犯されている結衣を見て、
「ピルは……飲み始めたの?」
 と聞いた。結局、あれから結衣はピルを飲まなかった。あの夜、飲んだ方が良いの? と聞かれた俺は、結局返答が出来なかった。飲んだ方が良いというのは当然のことだ。でも、リスクがない生セックスで、興奮できるの? と言われたとき、答えることが出来なかった……。
 結衣は異常な事をしていると思う。でも、それ以上に俺の心も異常な状態になってしまっている……。

「イキそう。中に出すよ」
 結衣の生膣を犯している男性が、余裕のない声で言う。
「あぁ、ダメぇ、妊娠しちゃう。ピル飲んでないから孕んじゃいます」
 結衣は、震えるような声で言う。
「マジで? じゃあ、中に出す。孕ませてあげるよ」
 男は、腰を振りながら嬉しそうに言う。
「ダメなの、本当に孕んじゃうっ。危ない日なの、お願いします、外に出してくださいっ」
 結衣は、泣き声で哀願する。でも、男性はより興奮したのか、腰の動きが早くなった。肉がぶつかる鈍い音が響く。結衣のあえぎ声も大きくなっている。でも、顔は泣き顔だ。

「あぁ、ヤバい、めっちゃ締る。本当は、孕ませられたいんだろ? 見ず知らずのおっさんに、妊娠させられたいんだろ?」
 男性は、興奮しきった声で言いながら腰を振る。
「ダメぇ! 本当にダメなの、妊娠しちゃう。なお君に捨てられちゃうっ!」
 結衣は、ほとんど絶叫状態だ。俺は、急に名前が出てきたことに戸惑う。
「なに締め付けてるんだよ。本当は、出してもらいたいんだろう? 身体はそう言ってるぞ。あぁ、ヤバい、出そう。出すからな、子宮にぶっかけるからな!」
 男性は、興奮しきった声だ。人妻を妊娠させるのは、男としては最高に興奮する行為なのかもしれない……。

「ダメっ! イヤァ〜ッ!」
 結衣は叫ぶ。でも、男性は思いきり腰を押し込んだ状態で、射精を始めた。
「うぅあっ、出てる、妊娠しちゃぅ、うぅあぁ、イクぅ」
 結衣は、中に出されながらイッてしまった……。俺は、中に出されている結衣を見ながら、射精を始めた。結衣は、軽くうめきながら口内射精を受け止めてくれる。画面の中では、結衣の膣口がアップになっていた……。
 だらしなく拡がった膣……とめどなく精液が流れ出している。凄い量が溢れ続ける……本当に、妊娠させられてしまったのではないか? そんな危機感で脚が震えてしまう。

「いっぱい出たね。でも、お口に出しても妊娠しないよ? 負けちゃうよ」
 結衣は、俺の精液を飲み干した後そう言った。画面の中では、すでに結衣は膣を犯されている。男性のピストンにあわせ、膣から精液があふれ出すのも見える。
 あの画面の女性が自分の妻だと思うと、今さらながらに信じられない気持ちになる。夢だと思いたい気持ち……でも、俺はやっぱり興奮してしまう。

 結衣が、服を脱ぎ始めた。小さな胸、ツルツルのアソコ、子供みたいな裸体が姿を見せる。
「抜いて。今日は、両方入ってるよ」


Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

カテゴリ

kindle 電子書籍出版情報

電子書籍出しました

2話収録です

2話収録です

2話収録です

ハード系です

新作です

新作です

新刊です

新刊です

バッドエンド



プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読めます。


月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者マガブロ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
50位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
4位
アクセスランキングを見る>>

リンク元ランキング