・【私が書いた電子書籍一覧です】

・このブログのオリジナルコンテンツ一覧

・全記事タイトル一覧

「PR」本ブログはアフィリエイト広告を利用しています

結婚に消極的な彼女の淫らな過去ー完ー(マガブロ 転載禁止).

前回の話

「溢れて来ちゃうの。拭いても拭いても、どんどん溢れちゃう……。拭いてくれる? 夏くんに拭いて貰いたいな」
 可愛らしいミニスカートをまくり上げたまま、恥ずかしそうに言う優奈。そのはにかんだ顔を見ていると、恥ずかしがりの清楚な女の子にしか見えない。

 僕は、動揺しながらもティッシュで優奈の太ももを拭き始めた。ツルツルの秘部、服装も可愛らしいので、とても幼く見える。ロリコンの元彼のために、こうしているのだと思う。

 僕は、膣周りも拭き始めた。陰唇のリングのピアスが南京錠で連結されているので、あまり陰唇を開けない。それでもティッシュが重くなるほどの蜜が拭き取れた。

「ゴメンね、夏くんが見てる前で子作りセックス出来ると思うと、ドキドキして興奮しちゃうの。そうだ、もうピル飲んでないからね。その方が、夏くん喜ぶかなって……」
 優奈は、恥ずかしそうにモジモジと言う。僕は、思わず本当なの? と聞いた。
「うん、本当だよ。楽しんでね。目の前で優奈が元彼に中出しされるの見て、オナニーしても良いよ」
 優奈は、声がすっかりとうわずっている。僕は、焦燥感にまみれながら、安全な日なの? と聞いた。

「違うよ。でも、そこまで危険日でもないよ。どうする? 今からでもピル飲んだ方が良い? あんまり効果ないと思うけど」
 優奈は、僕の事を真っ直ぐに見据えながら聞いてくる。彼女の考えがまったくわからなくなってしまった。一体、どこまでが本気なんだろう? 僕を煽るために言っている? 本当に考えが読めない。

 優奈の考えを読もうと、彼女の顔を見つめる。返事もろくに出来ない。すると、急に笑顔になった。
「なに興奮してるの? フフ、ヘンタイさんだね」
 優奈は、僕の股間を見て楽しそうに笑った。僕の小ぶりなペニスでも、はっきりと盛り上がっているのがわかるくらいに勃起してしまっている。

「そんなに興奮するなら、ピルなしで中出しされた方が良いみたいだね。良いよ、してあげる。夏くんの見てる前で、いっぱい中出しして貰うね」
 優奈は、弾けるような笑顔で言った。そして、家を出た。優奈は、いつも以上に上機嫌だ。僕の手を握って、グイグイ引っ張っていく。

「なんか、ドキドキしちゃうね。夏くんも? ドキドキしてる?」
 優奈は、僕を見つめながら言う。無邪気な笑顔と、小悪魔のような笑みが入り混じっている。僕は、この先のことを考えて怖くなってしまった。

 この先、子供を作ったとき、それが自分の種かどうか確証が持てない気がする。優奈の淫乱は、おそらくこのまま治らないと思う。元彼と会うなと言っても、他の男性と乱れたセックスをするはずだ。

 僕は、メチャクチャドキドキしているよと伝えた。
「夏くん……一つだけ約束して欲しいな。優奈がどんな姿を見せても、嫌いにならないで」
 優奈は、泣きそうな顔で言う。僕は、約束すると言いながらも、どんな姿を見せるつもりなのかとドキドキしている。

「良かった。やめなきゃって思っても、調教始まっちゃうと抑えが効かなくなるから……。でも、夏くんも楽しみにしてくれてるみたいだね」
 優奈は、僕の股間を見て笑った。小ぶりなおかげで、勃起していてもそれほど目立たない。でも、ズボンのファスナーの辺りにシミが出来てしまっている。

 そして、電車に乗ったりしながら移動を続けた。優奈は、本当に可愛らしい姿だ。ロリっぽい格好がとても似合っている。26歳という年齢は、見た目からはわからないと思う。
 でも、無邪気で幼い印象の中に、やたらと色っぽい雰囲気を感じる。
 ふと見ると、太ももまで蜜が溢れている。興奮して快感を感じているみたいだ。それが、まるでフェロモンでも出しているような雰囲気に繋がっている。

「ゴメンね、溢れて来ちゃう。淫乱でゴメンね」
 優奈は、おどけたように謝りながらも移動を続けた。そして、元彼のマンションに到着した。ごく普通の分譲マンションみたいに見える。

 優奈は、合鍵を取り出してオートロックを開ける。合鍵を持たされているなんて、聞いていない……。僕は、ショックを受けながらもマンションに入っていった。
 そこそこ古そうなマンショだが、造りは良い。高いんだろうなと思う。エレベーターに乗ると、優奈はスカートをまくり上げた。

 想像以上に蜜が溢れて、酷いことになっている。ショーツなんて、染みで変色してしまっている。
「ゴメンね、想像しただけでこんなになっちゃうの」
 優奈は、申し訳なさそうに謝った。でも、やっぱりその顔はとろけているようになっていて、この後のことを楽しみにしているようにしか見えない。

 そして、部屋に入った。優奈は、自分の家に上がるようにさっさと上がっていく。僕も、慌てて後を追う。
「初めまして。新田です」
 新田さんは、30半ばくらいの優しそうな男性だった。想像していたよりも、年齢が行っている。けっこうな年の差のカップルだったみたいだ。

 僕も、挨拶と自己紹介をした。優奈の夫ですと自己紹介をするのも、違和感が強かった。元彼……しかも、現在進行形で肉体関係のある元彼にそんな挨拶をしている僕は、あまりにも滑稽だと思う。

「今日は、よろしくお願いします。優奈に聞いてます。楽しんでもらえるように頑張りますね」
 新田さんは、僕には丁寧に話をしてくる。でも、優奈のことを自然と呼び捨てにしている。色々モヤモヤするが、僕はよろしくお願いしますと言ってしまった……。

 優奈は、新田さんの前に立つと、
「溢れてこんなになってるの。ご主人さまのおチンポ欲しくて、溢れてる……」
 と、切なげに言う。思ったよりは、言葉遣いはフランクだ。調教という言葉から、絶対的な主従関係を想像していた。

「見せて」
 新田さんが指示をすると、優奈はすぐにスカートを脱いでしまった。染みで変色したショーツ……南京錠で変な風に出っ張っている。
 優奈は、ショーツもすぐに脱いだ。陰唇のリングに通された南京錠……それも、蜜で濡れている。

「淫乱だね。彼がいるのに、こんなに溢れさせて良いの?」
 新田さんは、言葉責めみたいに言う。
「ダメです……でも、溢れちゃう……。鍵外してください。もう我慢出来ない……おチンポ下さい」
 優奈は、切なげに言う。本当に、もう我慢出来ないという感じだ。すると、彼は鍵を優奈に手渡し、
「彼に外してもらって」
 と指示をした。優奈は、下半身裸のまま僕の前に立つ。そして、鍵を手渡してきた。溢れた蜜……太ももまで垂れた物は、膝の辺りまで濡らしている。

「夏くん……外して」
 声がうわずるのを止められないみたいだ。僕は、鍵を受け取って南京錠を開け始めた。指が触れると、ネチャッとしている。蜜でドロドロだ。
 少し滑るなと思いながら鍵を開け、南京錠を外した。僕との結婚指輪……陰唇に付けるために、一度切断したんだと思う。どうやったのかはわからないが、今は見た目は繋がっている。

 そして、もう一つのリング……新田さんの牝奴隷の証だそうだ。ここだけ見ても、充分に異常だ。やっぱり、ここで立ち止まってやめるべきだと思う。でも、僕はリングから南京錠を外した。

 優奈は、嬉しそうに新田さんの前に戻る。そして、陰唇のリングを掴んで左右に拡げた。タラッと蜜が溢れて床に落ちる。もう、少しも我慢出来ないと思っているようなリアクションだ。

「ハメて下さい。おチンポ欲しい。我慢出来ないよぉ」
 優奈は、焦れきった顔だ。こんな顔を見せられては、僕は敗北感しか感じない。僕がもう少し優奈を感じさせることが出来ていれば、こんな事にはならなかったはずだ。

「まずは、彼としてごらん。どんなセックスしてるのか見てみたい」
 新田さんは、そんな提案をしてきた。優奈は、露骨にガッカリした顔に変わる。そんな顔を見せられては、僕は立場がない……。
「……はい。すぐ代わってくださいね」
 優奈は、そんなことを言いながら僕の前に戻ってきた。そして、僕のズボンとパンツを一気に脱がせてしまう。今にも射精しそうなペニスがあらわになるが、自分でも悲しくなるほどサイズがない……。

「入れるね。我慢しなくて良いよ、いつでもイッて」
 優奈はそんなことを言うと、さっさとまたがってしまった。濡れすぎなほど濡れた膣……まったく抵抗がない感じで、根元まで一気に入ってしまった。
「フフ、カチカチ。出そうだね。良いよ、出して」
 優奈はそう言って腰を動かし始めた。強烈な締まりと、力強い動き。どう考えても、さっさと射精させようとしている。

 僕は、情けない気持ちで優奈を見つめている。優奈は、たいして気持ちよさそうではない。他に気を取られているような感じだ。でも、動きは激しい。
「良いよ、出してね」
 優奈はそんなことを言いながら、シャツの中に手を突っ込んで乳首を触ってきた。さらに快感が増し、余裕がなくなっていく。

「気持ちいい? 私も気持ちよくなるから、ちゃんと見ててね。ご主人さまのすごいんだよ」
 嬉しそうに言う優奈。僕の立場なんてない……。

 それでも僕は、必死で射精を堪えた。せめてもの抵抗だ。でも、巧みな指遣いで乳首を責められ、強烈に膣を締め付けられたことで、あっけなく限界を迎えた。
 すると、優奈はさっと僕の上からどいてペニスをしごいた。むなしく優奈の手で射精をしながら、快感にうめいてしまった……。

「危なかった。夏くんが先に出しちゃったら、意味ないもんね。夏くんも、ハラハラしたいんでしょ? ご主人さまの子種で孕んで欲しいんでしょ?」
 優奈は、楽しそうに微笑んでいる。酷いことを言っているのに、すごく楽しそうだ……優奈のことが怖くなってしまった。

 優奈は、射精した僕にかまわず、さっさと新田さんのところに移動した。そして、一人がけのソファに座る彼のズボンとパンツを脱がしていく。
 ダランとしたままのペニス……優奈のあられもない姿を見ているのに、勃起していない。なんとなく、怒りに似た感情がもたげてきた。

「失礼します。ご奉仕させてください」
 優奈は、そんな風に言うと彼のペニスをくわえ始めた。勃起していなくても、太いペニス……。優奈の頬はギュッとすぼまっている。かなり強く吸引しているみたいだ。そして、フェラチオしながら彼の服も脱がせていく。

 優奈は、フェラチオしながら乳首も指で触り始めた。陰唇に通された二つのリングも揺れている。そして、優奈は睾丸を口に含んで手コキをしている。
 ご奉仕という言葉がピッタリくるような、一生懸命の奉仕だ。新田さんは、とくに気持ちよさそうな感じはない。でも、ペニスは徐々に大きくなってきた。

 輪姦プレイの時の6人の中にも、巨根はいた。新田さんのペニスは、立派だがそこまでの巨根とは言えない感じだ。でも、反り方とカリ首の発達具合が特徴的だ。

「ご主人さまのおチンポ、ハメても良いですか? 優奈の淫乱な牝穴に、入れさせてもらっても良いですか?」
 優奈は、すがりつくように哀願する。本当に、欲しくて仕方ないというのが伝わってくる。

「彼の前で妊娠してごらん」
 新田さんに言われて、すぐに彼にまたがってしまった。一瞬の躊躇もなく、一気に根元まで挿入すると、のけ反るようになりながら身体を震わせた。
「イグゥッ」
 短くうめくように言う優奈。その顔は本当に幸せそうだ。
「妊娠します。夏くんの前で、ご主人さまので孕みます!」
 優奈は、嬉しそうに腰を動かし始めた。僕の目の前で、本気で妊娠しようとしている……この目で見ても、信じられないような行動だ。

「見える? 奥まで入ってるよ。夏くんのが全然届かないところまで、しっかり届いてる。もっと近くで見て」
 優奈は、そんなことを言いながら腰をさらに激しく動かす。僕は、素直に近づいて二人のセックスを間近で見た。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

結婚に消極的な彼女の淫らな過去5(マガブロ 転載禁止).

前回の話

 優奈との衝撃的な一日を経験して、僕は色々なことを考えるようになってしまった。このプレイを実行する前は、優奈が過去にどんな酷いことをしていたとしても、どんなに汚れていたとしても、受け止められると思っていた。

 僕は、何があっても優奈への気持ちは揺るがないと思っていた。そう思っていたから、あんな狂ったことを実行した。
 優奈が回されるのを見て、もの凄く興奮した。僕は、間違いなく寝取られ性癖があると確信もした。

 でも、いくらなんでも想像を超えていた。あんな姿を見せられて、気持ちは大きく揺らいでいる。どう考えても、酷すぎた。淫乱という言葉では足りないくらいの、酷い姿だった。


 何よりも衝撃を受けたのは、元彼と別れた理由だ。てっきり、元彼に他の女が出来て優奈が捨てられたとばかり思っていた。
 でも、浮気をしたのは優奈の方で、しかも相手は黒人だったそうだ。優奈に対する、信頼の気持ちは消えてしまった。今後も、浮気をされるのではないか? そんな疑念を感じてしまう。

「あっ、おはよ~。卵、どうしたらいい?」
 優奈は、笑顔で話しかけてくる。その無邪気な笑顔に可愛いなと思いながら、両面焼きにしてくれと言った。幸せそうに料理を続ける彼女……。ミニスカートが可愛らしい。
 こうやって見ていると、幸せな新婚生活だ。でも、どうしても想像してしまう。あの可愛らしいスカートの中には、肥大したクリトリスや、性器に作り替えられてしまったアナルがある……。

「どうしたの? ジッと見て。可愛いって思った?」
 優奈は、おどけたように言う。実際、その表情や仕草は可愛らしい。本人はそのつもりはないかも知れないが、ロリっぽくて無邪気な女の子だと思う。

 なにも知らずに結婚した方が幸せだったと思うが、こんなに嫉妬したり興奮したりすることはなかったと思う。今さら聞かなかったことには出来ないが、それでもやっぱり色々なことを想像してしまう。

 あの日以来、優奈から報告はない。元彼と、連絡を取っているのかどうかもわからない。ただ、セックスはしなくなった。なんとなく、気後れする気持ちになっている。
 あんなに感じている姿を見せつけられて、僕が優奈を抱いても意味がないと思ってしまうようになってしまった。

 そして優奈も、甘えたりイチャチやしたりはしてくれるが、セックスをしようという誘いはしてこなくなった。これはこれで幸せな時間だと思うが、やっぱり性欲はある。
 僕は、あの時の輪姦プレイを思い浮かべながら、密かにオナニーをする事が多くなっていた……。

 今日は、久しぶりに遊園地に遊びに来た。優奈は、可愛らしいミニスカートに、少し少女趣味が入っているようなブラウスと帽子をかぶっている。
 そんな姿が、抜群に似合うと思った。小柄で可愛らしい顔……仕草や表情もとにかく可愛らしいと思う。
「けっこう空いてるね。ジェットコースター乗ろうよ!」
 僕の手を握ってグイグイと引っ張っていく彼女。どこから見ても、可愛い女の子だ。

 あんな輪姦プレイで淫乱な顔を見せていたとは、とても思えない姿だ。優奈は、本当に良くしゃべる。楽しそうに、幸せそうに色々と話しかけてくる。

「ジェットコースターの上でジャンプしたら、どうなるんだろう? 置き去りになるのかな?」
 子供みたいな質問をする彼女。僕は、笑いながら説明をした。
「そうなんだ。やってみて!」
 無理なことを言ってくる彼女。僕は、楽しい会話を続けながら、ジェットコースターの列に並んでいた。

 こうやって一緒に外で過ごしていると、優奈はけっこう男性に見られていることがわかる。ミニスカートから突き出た生足や、ブラウスを盛り上げているそこそこ大きな胸を。
 優奈は顔も可愛いので、余計に見られれるのだと思う。僕は、少し得意気な気持ちになっている。でも、ドキドキもする。

 自分の妻が他の男に性的な目で見られるのは、不思議な気持ちになる。寝取られ性癖もあるので、興奮もしてしまう。優越感と嫉妬、興奮が入り混じる。
 逆に、優奈は僕をどう思っているのだろう? 僕は、ごくごく平凡な男だ。他人に自慢出来るような男ではないと思う。なによりも、ペニスが小さい……。

 無邪気に乗り物を楽しみ、パレードを見たりした。何のキャラクターかわからないが、少し露出の高いキャストの女性がいた。
「夏くん、なに見てるの。それも、浮気だよ」
 頬を膨らませた優奈に、そんなことを言われた。僕は、慌てて謝ってそのキャストから視線をそらした。

 すると、満足したように良い笑顔をしながら、僕の腕に腕を絡ませて密着してきた。
「夏くんは、私だけ見てれば良いんだからね」
 はにかみながら言う彼女……たまらなく愛おしいと思った。でも、彼女は僕の見ている前で、6人の男性と浮気をしていた。理不尽さも感じる……。

 そして、食事をしたり、買い物もしたりしながら一日を過ごした。かなり疲れたが、本当に楽しい一日だった。優奈も、メチャクチャ楽しかったと言ってくれた。

 帰りの車の中で、手を繋いできた彼女……凄く良い雰囲気になってきた。信号待ちでキスをしたりしていると、優奈は僕のズボンのファスナーを降ろしてきた。
 そして、すでにガチガチに勃起したペニスをしごいてくれる。こんな事をされたのは始めてた。少し危ないと思いながらも、久しぶりの性的刺激にあらがえない。

 高速道路に乗ると、優奈はくわえてくれた。すぐに舌が絡みつき、強烈なバキュームも始まる。一瞬で射精感が湧き上がるほどの、上手なフェラチオだ。

 あの日以前は、優奈はフェラチオは下手くそだった。ぎこちなくて、経験が少ない感じだった。下手くそな演技をしていただけだったのだが、そのままずっと下手なフリをしていて欲しかったと思ってしまう。

 僕は、オートクルーズ機能も使いながら気をつけて車を走らせる。いま事故をしてしまったら、噛み千切られてしまう……きっと、救急隊員も驚くはずだ。
 そんなことを考えて、射精感を逃そうとする。でも、絡みついてくる舌があまりに気持ちいい……。

 すると、優奈はスカートの中に手を差し込んでまさぐり始めた。
「んっ、うぅ、んっ、ん~っ」
 うめきながらフェラチオを続ける優奈。スカートの中の手は、かなり激しく動いている。オナニーしながらのフェラチオに、視覚的な興奮も強くなる。

 こんな風に、元彼に調教されていたのだろうなと思う。淫乱な女に、作り替えられてしまったのだと思う。嫉妬で胸が苦しくなる。

 優奈は、さらに激しくまさぐり続ける。クチョクチョという水音が響く。優奈は、見た感じで膣に指を入れているみたいだ。
 激しく動かしながらも、フェラチオを続けてくれる。こんな事までしてくれることに感動しながらも、これも元彼にいつもしていたんだろうなと思ってしまった。

 想像すればするほど、嫉妬で胸が苦しくなる。でも、勃起も射精感も強くなっていく。僕の寝取られ性癖は、かなり重症みたいだ……。

 僕は、限界になってしまった。もう出そうだと告げると、優奈はさらに頭を激しく前後に動かす。僕は、搾り取られるように射精を始めてしまった。

「んっ~~っ」
 優奈は、うめきながら口内射精を受け止める。受け止めたそばから、喉を大きく動かして飲んでいる。精液を飲んでもらうことが、どうしてこんなに嬉しいのだろう? 僕は、最高の気持ちになっている。

「いっぱい出たね。どうして最近エッチしてくれないの?」
 優奈は、寂しそうだ。僕は、正直に気持ちを話した。
「良かった……嫌われたのかと思った。汚いって思ってるのかなって……」
 優奈は、本当にホッとした顔だ。僕は、まさかのすれ違いに慌てて謝った。

「別に、小っちゃくても気にしなくて良いよ。愛してるから……それに、オモチャもあるでしょ?」
 いらずらっぽく微笑む彼女。なんというか、すごく良い雰囲気になってきた。今日のデートも楽しかったし、本当の気持ちを話せたことで、彼女との距離がさらに縮んだ気がする。

 僕は、本当にそれで満足出来るのかと聞いた。いくら僕の手で使うとは言え、所詮はオモチャだ。
「出来るよ、出来るに決まってる」
 優奈は、きっぱりと言ってくれた。でも、どうしてもあの時の光景を考えると、信じ切れない僕がいる……。

 また輪姦プレイをしてみたいのではないかと聞いた。自分でも、どうしてそんなことを聞くのか理解出来ない。でも、聞かずにはいられない気持ちだ。
「……したいよ。してみたい。夏くんの見てる前で、もっと酷いことされたい」
 優奈は、言いづらそうだ。目も合わせない。伏し目がちで話を続けている。

 僕は、元彼のことも聞いた。あれから、どうなっているのかと。もう、話はしたのかと。
「……もう、会ったよ。3回会って、もう調教してもらってる」
 優奈は、本当に言いづらそうだ。少し涙目になってきている。僕は、冗談を言われたのだと思った。そう言うと、優奈は涙を流しながら謝った。

「ごめんなさい。抵抗出来なくて。調教するって言われたら、身体が勝手に反応しちゃったの」
 優奈は、罪悪感で押し潰されそうな雰囲気だ。でも、まったく気がつかなかった。優奈が隠し事している雰囲気などなかったし、怪しいと思うこともなかったはずだ。

 僕は、動揺しすぎて運転が怪しくなってきた。オートクルーズと車線維持アシストのおかげで普通に走れているが、サービスエリアに車を停めた。

 僕は、いつから会ってるのかと聞いた。すると、あの輪姦プレイの2日後だったそうだ。そして、だいたい2週間ごとに会っていたそうだ。最後に会ってからは、1週間ほど経過しているみたいだ。

「ごめんなさい。ナイショにするつもりはなかったのに……最初から調教されちゃったから、言い出せなくて」
 優奈は、そんな説明をする。でも、説明をしながらも声がうわずっているように感じる。僕は、どんなことをされたのかと聞いた。

「いっぱい抱かれた……中にもいっぱい出されたよ。妊娠させるつもりで出したって……オモチャも使ったし、外でもした。通りかかった全然知らない人にも貸し出された」
 優奈は、衝撃的な説明をしてくる。でも、説明をしながら顔がトロンとしてきている。

 僕は、興奮してるの? と聞いた。
「してる。すごくしてる。もうイキそうなの」
 優奈は、泣き顔で言う。さっきまでの、幸せなデートの感覚が吹っ飛んでしまった。

 優奈は、すでに元彼に調教されている……ショックで脚が震えるが、妊娠はしていないのかと聞いた。
「してないよ! その……彼には内緒でピル飲んでるから。だから、安心して」
 優奈は、そんな説明をした。確かに、かなり安心した。少なくても、妊娠はない。それだけで危機的状況はひとまず脱したと感じた。

 でも、ピルを飲んでるから安心してと言う言葉も、かなりとんでもないと感じた。他の男と中出し浮気セックスをするために、ピルを飲んでいる……どう考えても酷い裏切りだ。

「怒ってる?」
 優奈は、不安そうだ。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

結婚に消極的な彼女の淫らな過去4(マガブロ 転載禁止).

前回の話

 優奈は、冗談みたい大きくなったお腹のまま、激しくバックで犯されている。優奈は泣き叫びながらも身体を何度も震わせる。

「もう無理、出ちゃう、汚しちゃうっ」
 優奈は泣き声で言いながらも顔はとろけている。男性は、楽しそうに腰を振り続け、優奈の生膣を責め続ける。他の男性達も、思い思いに優奈の身体を触っている。


 一番恥ずかしい姿を見られ、アナルにも膣にも中出しをされてしまった。精液を飲むのも普通のことみたいにしてしまっている。
 これが、優奈の生きてきた世界だと思うと、住む世界が違うという言葉が頭をよぎる。結婚してしまったのは、失敗だった? そんなことを考えてしまう。

 優奈のアナルは、完全に性器になっている。あれだけお湯を噴き出させて排泄までしてるのに、あっけなくペニスは入ってしまった。
 ローションなんかは、完全に洗い流されたと思う。それでも入ってしまうほど、優奈のアナルは性器としての機能を果たしている。

 僕は、優奈の酷すぎる姿を見ながらオナニーを続ける。どうしてこんなに気持ちいいのかまったく理解出来ないまま、夢中でペニスをしごき続けた。

「もう無理っ、出るっ! 出ちゃうっ! イヤァっ!」
 優奈は叫ぶ。でも、アナルには巨根がずっぽりハマっているので排泄しようにも出来ない状態だ。
「出せないでしょ。ほら、もっとケツマンコ締めてよ。ガバガバで気持ちよくないって」
 男性は、楽しそうに腰を振り続ける。自分の妻が酷い扱いをされているのに、僕はどうしてもオナニーを続けてしまう……。

「イヤッ、苦しい……出させてくださいっ! もう無理なのっ! お腹破れちゃうっ!」
 優奈はほとんど泣き叫ぶような声だ。それなのに、僕はやっぱり止めることもなくオナニーをしてしまう。

 周りの男性陣も、優奈の身体を触ったりはやし立てたりしている。優奈は、本当に苦しそうだ。でも、快感を感じているのも間違いないような表情だ。
 酷い扱いをされても、身体は快感を感じてしまう。元彼とのセックスが、優奈の身体に刻み込まれているのだと思う。

 そして、そのまま優奈はアナルを犯され続けた。結局、男性は優奈に排泄をさせることなく射精するまで犯し続けた。
「うぅあぁ、ダメぇ、出ちゃうぅ」
 優奈は腸内に射精をされて、さらに苦しそうな顔になった。男性がペニスを引き抜くと、一気にお湯が噴き出した。ただ、もうお腹の中は空っぽだったようで、結局お湯しか出なかった。

 それでも優奈は恥ずかしそうな顔で泣き叫んでいた。見ないでと言いながら、お腹の中のお湯をぶちまけていた。女性にとっては、一番恥ずかしい姿だと思う。

 でも、優奈はお尻から噴き出しながらも身体を震わせるようにして果てていた。そして、優奈はお尻や顔や髪も流されて綺麗になった。
 精液まみれの姿も美しいと思ってしまったが、やっぱり綺麗になった優奈は本当に可愛いと思った。

 そして、再びベッドに戻ると、優奈は仰向けで寝転がった男性にまたがり生ペニスを挿入した。すぐにもう一人がアナルに入れてしまい、両穴を同時に犯され始めた。
「気持ちいいっ、ケツマンコ気持ちいいっ! 子宮にもゴリゴリ当たってるの。ねぇ、もっと激しくして。彼の見てる前で、めちゃくちゃに犯して妊娠させて」
 優奈はそんなことを言いながら僕を見つめる。僕は、ついオナニーの手を止めてしまった。

「そのままして良いよ。夏くんが見てる前で、他人種で妊娠するから。見られながら妊娠するね」
 優奈は、挑発的な顔で言う。とても本気で言っているとは思えないセリフだが、優奈は僕の事をずっと見つめている。

 男性達は、思い思いに優奈を犯す。両穴を塞がれていてあえぎっぱなしの優奈……男性が優奈の口に巨根をくわえさせた。こんな風に、3つの穴で同時に男性3人を射精に導こうとしている……。
 異常すぎる行為なのに、どう見ても優奈は慣れている。こんなことを、日常的にしていたとしか思えない……。

 優奈は、僕を見たままだ。ペニスをくわえて両穴を犯されていても、僕を見つめている。僕は、再びペニスをしごき始めた。すると、優奈は目で笑った。馬鹿にしているとかではなく、妙に優しげな表情だ。

 男性達は、調子に乗って優奈にペニスを握らせてしごかせる。一度に5人を相手に出来ることに驚いてしまう。もう、ここまで来たらショックもあまり感じない。
 優奈はうめきっぱなしだ。小柄で可愛らしい見た目の優奈が、5人にオモチャにされている。残った一人も、優奈の身体を触ってオナニーをしている。

 こんなセックスは見たことも聞いたこともない。優奈は、この状態でも必死でフェラチオと手コキをしている。そして、何度も身体を跳ねさせるようにして震えている。

 優奈は男達の欲望のはけ口になることに、興奮と快感を感じるのだろうか? そして、まずは手コキを受けていた男性が射精を始めた。勢いよく飛んだ精液は、優奈の身体をドロドロに擦る。
 そして、それを見て興奮したのか、優奈のアナルを犯していた男性も射精を始めた。
「んぅ~~~っ」
 ペニスをくわえたままうめく優奈。もう、気持ちよくて仕方ないというリアクションだ。

 アナルに射精をした男性がペニスを引き抜くと、ドロッとした精液があふれ出す。でも、もう排泄感はなくなったようで、優奈は取り立てて慌てていない。

 すぐにあぶれていた男性が優奈のアナルを犯す。優奈は、また大きくうめくようになりながら、とろけた顔でうめく。すぐにフェラチオをさせていた男性も射精を始め、優奈は喉を鳴らして飲み干してしまった……。

「もっと飲ませて。オマンコにもいっぱい出して。彼が見てる前で孕ませてっ」
 優奈は、とろけきった顔で叫ぶ。こんな状態でも、僕を意識し続けているのが怖い。この状況で僕を意識することで、快感が増しているみたいだ。

 6人もいるので、常に誰かが優奈を犯しているような状態だ。3つの穴に、思い思いに射精をしている。こんな扱いをされていても、優奈は幸せそうだ。
 僕は、優奈のことをなにもわかっていなかったことに気がついた。話を聞いて、わかったような気持ちになっていただけだと思う。

 優奈と結婚してしまった今、今さら後悔しても遅い。でも、離婚したいという気持ちは湧いていない。失敗したかもしれないとか、僕では優奈を満足させることなんて出来ないとは思いながらも、優奈を好きという気持ちは変わっていない。

 むしろ、より独占欲が湧いているし、愛しているという気持ちも強くなったように思う。

 そして、長いプレイがいったん終わった。男性達は2回以上射精して、とりあえずは満足したようだ。ベッドの上には、文字通り精液まみれの肉便器状態の優奈がいる。
 膣からもアナルからも精液を溢れさせ、顔も精液でドロドロだ。

 酷い状態で、僕を見つめている。そして、
「夏くんの、ビンビンだね。良いよ、好きなところに入れて」
 と、場違いに優しい顔で言った。僕は、優奈と6人の男性の視線を感じ、劣等感が刺激される。6人のペニスを比べると、あまりに小さな僕のペニス……。

 僕は、羞恥に顔が赤くなるのを感じながら、優奈の膣に挿入した。少しでも掻き出したい一心だ。
「あれ? 夏くんの大きくなってるよね?」
 挿入した途端、キョトンとした顔で言う優奈。僕は、大きくなってると告げた。そして、劣等感にまみれながら腰を動かし始めた。

 優奈は、僕のペニスが大きくなっているかどうかわからないと言っている。でも、僕も明らかに感触が緩くて戸惑っている。
 優奈の膣は、刺激が少ない。いつもの感触とはまるで違う。雅、数時間のことで膣がガバガバになるとは思っていない。でも、どう考えても刺激が弱い。

 僕は、夢中で腰を振り続けた。溢れ出てくる精液は、際限がないように思える。もしかしたら、精液が満たされすぎてそれがローションのように滑りを浴しすぎているのかな? と思った。

 他人の精液のせいで、刺激が弱くなる……そんな経験をするなんて、悪夢としか言えない。

「夏くん、ゴメンね、こんな淫乱な女で……」
 優奈は、僕を見つめて謝ってくる。僕が挿入して腰を振っているのに、普通に話している。快感を感じている気配もない。

 彼らに回されている時は、優奈は無我夢中になっていた。周りのことなんか見えてないような、激しい感じ方だった。僕は、悔しい気持ちで腰を振り続けながら、輪姦プレイはそんなに気持ちいいの? と聞いた。

「気持ちいいよ。おチンポがどんどん入ってきて、休む暇もなくイキまくるの。頭真っ白になって、おチンポのことしか考えられなくなる……。回されてる時は、夏くんのことも忘れちゃうの」
 優奈は、悲しそうに言う。でも、それが本音なんだろうなと思った。すると、30代くらいの男性が優奈の口にペニスを押しつけてきた。

「ゴメンね、夫婦水入らずのところ割り込んじゃって。綺麗にしてくれる?」
 軽い調子で言いながら、精液や体液でドロドロになったペニスを優奈の口に押しつけている。酷い乱入だ。でも、優奈はすぐに嬉しそうにペニスをくわえて清め始めた。

 ズズッと音がするほどバキュームして、竿の中の精液まで吸い取っている。そして、舌で竿を根元から舐めあげていく。どう見ても、心のこもったお掃除フェラだ。

 僕が挿入して腰を動かしているのに、彼のペニスに夢中に見える。悔しい気持ちが大きくなるが、優奈の膣の変化に驚いてしまった。
 優奈の膣は、まるで生き物になったように動いている。キュンキュンと搾り取るような動きを始めた。膣がこんな動きをするなんて、想像もしていなかった。

 僕は、一気に射精感が高まりながら腰を振り続ける。ペニスはよりカチカチになったと思うが、優奈はやっぱり彼のペニスに夢中のようだ……。

 こうやって見ていると、大きさの違いに悲しくなる。太さも長さも、一回り違う。ここまでサイズが違うと、悔しいと感じるのも違うような気がするほどだ。

「夏くん、良いよ、出して。早く出して」
 優奈は、うわずった声で言う。僕は、優奈がそんなことを言うのが理解出来ない。それでも必死で腰を振り続けた。
「早くこのおチンポ入れたいの……夏くん、我慢せずに早く出して。早く交代して欲しいの」
 優奈は、申し訳なさそうに言う。僕は、泣きたい気持ちになりながらも、あっけなく射精を始めてしまった……。

「アンッ、フフ、イッてくれた。ありがとう。ねぇ、このおチンポ早くぶっ込んで」
 優奈は、とろけた顔で男性におねだりをした。僕は、逃げるようにペニスを引き抜いた。すると、すぐに彼が血管がうねるように勃起したペニスを挿入した。

 彼は、チラッと僕を見て薄く笑ったような気がした。小馬鹿にされているようで、泣きたくなる。でも、僕はコソコソと部屋の隅の椅子に腰掛けた。
 すぐに他の男性も優奈に群がる。ほぼ全員が復活したようで、いきり立ったペニスが眩しい。

「そんなにチンポ好きなの?」
 若い男性がニヤニヤ楽しそうに質問した。優奈は、彼のペニスを掴んで、
「好き。大っきなおチンポ好き」
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

結婚に消極的な彼女の淫らな過去3(マガブロ 転載禁止).

前回の話

 優奈は、本当に中出しされてしまった。あっけないくらいに簡単に、初対面の男性の精液を膣中に受け止めてしまった。恍惚とした顔で身体を震わせながら、僕の事を見つめている。
 僕は、彼女のすぐ近くで正座したまま、結合部を見つめている。こんな風に、男性が射精をするのを間近で見るのも初めてだ。

 射精すると、睾丸があんなに収縮するように動くなんて、想像もしていなかった。それにしても長い射精だ。優奈はのけ反り気味になりながら身体を震わせ続ける。


「出されてるよ、夏くん、中に出されてる」
 優奈は、声を震わせながら言う。僕は、射精したばかりなのに興奮状態のままだ。
「お姉さん、ほら、大好きなおチンポだよ。入れてごらん」
 大学生くらいの男性が、ベッドに仰向けで寝転んだ状態で声をかけた。彼のペニスも、かなりのサイズだ。そそり立って縦に時折揺れている。

「大っきいね。夏くん、比べてみたら? 全然サイズが違うでしょ? ほら、彼の横に寝てみて」
 優奈は、イジワルをするような顔になっている。そんな顔をも可愛いなと思うが、酷い事を言われてしまっている。

 でも、僕は素直に男性の横に寝転がった。僕のペニスも最大限に勃起している。でも、サイズの差は明らかだ。長さも太さも半分くらいに見える。
 こんな風に、わざわざ比較する必要もないくらいに差は歴然だと思う。でも、優奈は楽しそうに男性の上にまたがって腰を下ろしていく。脚を開いてまたがった事で、さっき中に注がれた精液があふれ出す。

 ダラッと垂れてしまった精液は、そのまま若い男性の下腹部に落ちていく。
「フフ、溢れちゃった」
 優奈はイタズラっぽく笑いながら、彼の下腹部に垂れ堕ちた精液をすすり取る。そして、僕に向かって大きく口を開けると、口内にいっぱいになった精液を見せつけてきた。

 僕は、無性にドキドキしていた。元彼に色々な調教を受けていた事はわかっているが、こんな風に目の前で淫乱な姿を見ると、焦燥感が凄い。
 居ても立ってもいられないというのは、こういうことなんだなと思うくらい、強烈な光景だ。

「まだ溢れてくるみたい……ねぇ、受け止めてみて」
 優奈は、そう言って僕のお腹の上あたりで脚を拡げてまたぐ。軽く力を入れるような仕草をすると、すぐに精液が溢れてきた。
 僕は、落ちてくる精液に対して、思わず手を出した。手の平に落ちてきた精液……その熱さに驚いた。そして、臭いも強い。

「こんなに出されちゃった……孕んでないかな?」
 優奈は、僕の事を見つめながら言う。これでは、僕が調教されているみたいだ。優奈は、ドMの牝奴隷だったと言っていた。でも、まるで逆に見える。

 6人の男性に囲まれた状況で、怯む事なく余裕すら感じる。僕は、優奈の知らなかった顔がどんどん出てくる事に、軽く恐怖も感じ始めている。

 すると、優奈は僕の手の平に口を付けてすすり始めた。どう考えてもわざととしか思えない、ズルズルと大きな音を立ててすすっている。
 優奈は、すすり取ったそばから飲み干しているみたいだ。そして、僕の手の平をペロペロと舐めてきた。くすぐったさと快感を感じる。

 優奈は、僕のペニスを握りながら、
「すごく固いよ。私が他の人のザーメン飲むのが、そんなに嬉しいの?」
 と聞いてきた。僕は、思わずゴメンと謝りながら、素直に興奮している事を告げた。
「フフ、ドヘンタイだ。私よりも、ドヘンタイなのかもね」
 優奈は、可愛らしい笑顔で言う。あどけなくて驚くほど可愛らしい顔……でも、内面はビックリするくらいに淫乱で色々な顔を持っている。

「お待たせ。いっぱい出して、夏くんの見てる前で妊娠させてね」
 優奈はそんな事を言うと、彼にまたがって腰を下ろしていく。そして、当たり前のように生ペニスを手で掴んで膣口に導くと、躊躇もなく腰を下ろした。
「んうぅっ、大っきい」
 優奈は、目にハートマークが浮かんでいるような可愛らしい声で言う。そして、そのまま腰を上下に動かし始めた。

「うわ、なんだこれ、メチャ気持ちいい。これ、どうやってるの?」
 男性は、驚いた顔だ。
「大っきなおチンポ入れると、子宮がうずいて勝手に動いちゃうんだ。気持ちいい? いつでも出して良いからね」
 優奈はそう言って腰を動かし続ける。男性は、本当に気持ちよさそうにうめきながら、優奈の事を見つめている。

 優奈とのセックスが最高なのはわかっているが、勝手に膣中が動くというのは経験していない。そんな事があるのだろうか? と思うが、男性のリアクションを見ていると事実なのだと思う。

 僕のペニスが小さいから、優奈の膣が反応しなかった……そういうことだと思う。

 他の男性達も、優奈を取り囲む。ペニスを握らせたり、胸を揉みしだいたり、ペニスをくわえさせてしまった。優奈は、両手でそれぞれのペニスをしごきながら、フェラチオまでしている。
 こんなに同時に出来る事に驚かされてしまうが、どう考えても初めてではないんだろうなとわかる。本当に、元彼の前で輪姦プレイをさせられていたんだなと実感した。

 さすがに6人一度には対応出来ていないが、残った二人もペニスを緩くしごいている。そのペニスも、大きくてカリ首が張り出している。
 どうやって、こんなにも巨根の男性ばかりを集める事が出来たのだろう? そして、優奈の巨根好きにも驚かされる。小柄な優奈にとっては、彼らのペニスは大きすぎるはずだ……。

「んっ、うぅっ、ンふぅっ、ふぅ~~っ」
 優奈は、ペニスをくわえたまま発情した牝ネコのようにうめく。男性達は興奮した顔で思い思いに優奈の事をオモチャにし続ける。あぶれていた男性も、優奈の足の指を舐めたりし始めた。

ほとんど6人全員が何かしらの形で参加している。7Pなんて、アダルトビデオビデオですら見た事がない。優奈は、こんな異常なプレイを慣れた動きで続けている。
 僕は、ふと結婚して本当に良かったのかな? と、思ってしまった。後悔なんて感じた事もなかったが、目の前の優奈の姿を見てそんな考えがよぎる……。

「ヤバ、もう出る。優奈ちゃん、妊娠してね」
 またがられている男性は、余裕のない声をあげ始めた。優奈の本名まで知られている事に危機感を感じながらも、中出しされようとしている優奈を見て興奮が収まらない。
 いきり立ったペニスが、縦に揺れるように動いてしまう。
「イッてっ! 夏くん、見ててっ! 夏くんじゃないので妊娠するの見ててっ!」
 優奈は、興奮しきった顔で叫ぶように言う。そして、男性はあっけなく射精をしてしまった。

「うぅああっ、夏くん、見てっ! いま受精するからっ!」
 優奈は、のけ反り気味で腰回りをガクガク震わせる。早漏気味の射精でも、充分に感じる事が出来たみたいだ。
「フフ、夏くんの、出ちゃいそう。なんか、白いのも出てるよ。漏れちゃった?」
 優奈は、中出しされて恍惚の顔のまま僕のペニスを見ている。確かに、僕のペニスからは少しだけ精液が漏れている。しごいてもいないペニスから、精液が漏れ出す……そんな事があるんだなと驚いてしまった。

「じゃあ、交代して比較しないとね。いまハメるね」
 そう言って、男性の上から移動してきた。でも、比較してくれなんて、僕が言ったわけでもなんでもない。優奈はすぐに僕にまたがると、腰を下ろして挿入してしまった。

 優奈の膣中は、いつもとまったく違う状態だった。入れたそばから膣全体がうごめいているような感覚になった。断続的に収縮するような感覚……入れただけなのに、強制的に射精させられそうな感じだ。
「フフ、ザーメン溢れてきてる。ねぇ、掻き出さないと本当に孕んじゃうよ? 頑張って」
 優奈は、心から楽しそうだ。僕は、言われてすぐに腰を動かし始めた。突き上げるように動かした。すると、精液が溢れ出てくるのがわかる。

「夏くん、頑張って。夏くんの小っちゃいおチンポでも、けっこう掻き出せてるよ」
 優奈は、酷い事ばかり言う。でも、悪意は感じない。不思議な感覚だ……。

 僕は、夢中で腰を動かした。でも、優奈はあえぐ事もなく煽るような事ばかりを言ってくる。そして、僕もあっけなく限界が来た。いつも早漏な僕だが、いつも以上に早い。さっき射精をしたのに、関係なく限界が来てしまった。

「アンッ、もう出ちゃったの? 夏くんのって、細いのにすぐイッちゃうんだね。あんまり刺激されてないでしょ? 私も、ほとんど刺激感じてないもん。それでも、こんなに早くイッちゃうんだね」
 優奈は、イジワルを言いながらも嬉しそうだ。
「夏くんので妊娠出来てると良いな」
 優奈は、そんな事を言ってくれる。でも、すぐに男性の一人が優奈を抱えるようにして僕から引き剥がした。

「じゃあ、旦那さんのザーメン、俺が全部掻き出して妊娠させるよ」
 そう言って、30歳くらいの男性が優奈をバックで犯し始めた。
「気持ちいいっ、おチンポ固いよ。すごく固い。こんなに固いの初めてっ!」
 優奈は、バックから激しく突かれながら叫ぶ。今日のリアクションの中で、一番激しいリアクションだ。本当に気持ちよくて仕方ないというのが伝わってくる。

 6人とも巨根で、見る限り固そうだ。それでも、固さには差があるのだろうか? 固さの違いで気持ちよさも違うのだろうか?

 優奈はとろけきった顔であえぎながら、お尻をさらに突き出すようにしている。こんな仕草をされたら、男としては最高なんだろうなと思う。

「イグッ、イグッ、オマンコイグッ、んおぉっ、おぉおぉっ、イグゥッ!」
 優奈は、かなり激しく感じている。こんなに感じるなんて、想像以上だ。男性は、スパートをかけている。激しいピストンが続く。

 優奈は、頭をブンブン振り、髪を振り乱しながらあえいでいる。
「もっとっ! 夏くんの劣勢精子、全部掻き出してっ! 素敵なおチンポで孕みたいの……大っきくてガチガチのおチンポで、妊娠アクメしたいのっ」
 優奈は、もう本気で言っているようにしか思えない。あくまでプレイとして……僕を興奮させるために言っていたはずなのに、どうしてこんな事になってしまったのだろう?

「ほらほら、もっとケツ突き出せって。奥までいじめてやるよ」
 この男性は、かなりサディスティックだ。
「いじめて下さい。優奈のオマンコ、大っきなおチンポで目茶苦茶にいじめて下さい」
 優奈は、急にM奴隷モードに変わった。もう、どれが本当の彼女なのかわからなくなってしまう。
「エロいね。ホント、ド淫乱だ」
 男性は、小馬鹿にしたように言いながら腰を動かし続ける。

 ピストンされるたびに、漏れ出す精液……。僕の種で妊娠する可能性は、どんどん低くなるようだ。でも、そもそも今日は危険日ではない。
 妊娠する可能性は、さほど高くないはずだ。それでも優奈が他の男に生でハメられていると思うと、嫉妬と危機感で居ても立ってもいられなくなる。

「もっと締まってきた。旦那と話すと興奮するんだ。マジでどうしようもないドヘンタイだね」
男性は、あきれ顔で言う。
「そうなの。淫乱な牝豚を、もっとしつけてくださいっ」
 優奈は顔をトロトロにとろけさせながら叫ぶ。優奈は、太ももまで精液を垂れ流しながらあえぎっぱなしだ。

 まだ、部屋に入ってそれほど時間が経っているわけではない。それなのに、優奈はもう中に出されているし、飲精もしてしまっている。
 今さら過去に嫉妬しても仕方ないが、元彼が優奈をいいように調教していたと思うと悔しくて仕方ない。

 バックで犯され続ける優奈……。他の5人もペニスをくわえさせたり胸を荒々しく揉んだりし始めた。優奈は、こんな風に酷いことをされるとより快感が増すようだ。

 すると、バックで優奈を犯している男性が、親指を優奈のアナルにねじ込もうとし始めた。
「んうぅっ、ダメぇ、お尻はダメぇ」

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

結婚に消極的な彼女の淫らな過去2(マガブロ 転載禁止).

前回の話

 優奈は、もう言葉も出さなくなっていた。歯を食いしばり、うめき声しか出していない。優奈の手の動きはさらに加速していて、勃起した大きなクリトリスをメチャクチャにこすっている。
 両手首は、革の手錠で繋がれた状態だ。それなのに、激しくクリトリスをまさぐっている。その姿に、過去の元彼の調教の影響を感じ、ツラい気持ちになってしまう。

 僕は、両手でディルドを握りながら、優奈の膣奥にぶつける勢いで動かし続けだ。こんなに激しくしてしまって、痛くないのだろうか? 壊れないかな? そんな心配をしながらも、メチャクチャに激しく動かしてしまう。


 ディルドは、動きが少し鈍くなってきた。膣が強烈に締め付けているのか、しっかり握って動かさないと抵抗感が強くて動かしづらい。

 優奈は、思い切り歯を食いしばっている。目隠しで口元しか見えないが、それでも可愛らしい顔が台無しだ。そして、両脚もピンと伸びて硬直したようになっている。
 こんなにも感じる姿を見せられて、僕は完全に怯んでしまっている。僕が連れて行くことの出来ない領域……元彼への敗北感を感じてしまう。

「イグイグイグッ! オマンコイグゥ〜〜ッ」
 優奈は、泣き顔で叫ぶ。少女のような可愛らしいルックスから、卑猥下品な言葉が漏れ続ける。元彼に調教されて、こんな事まで言う女にされてしまった……。
 僕は、本当に優奈と結婚して良かったのかな? と思い始めてしまった……。

 優奈のあまりに激しい果て方に、思わずディルドを動かす手を止めた。
「ダメっ! もっとっ!」
 優奈は、慌てて叫ぶ。あまりの没頭ぶりに怖くなってきた。僕は、慌ててディルドを動かし始めた。優奈は、すぐにまた歯を食いしばるような顔になった。

 のけ反りながらうめくような声をあげ続ける優奈……。目隠し状態なので表情は全部はわからない。でも、優奈が夢中になっているのはよくわかる。

 僕は、ディルドを片手で持ちながら動かし、目隠しを外した。優奈は、トロンとした焦点の合わないような目で僕を見つめながら、あえぎ声を漏らし続ける。
 こんな顔を、元彼にはいつも晒していたのだろうか? そんなことを考えると、嫉妬が強く湧き上がる。

 僕は、さらにディルドの動きを加速していく。ドロドロに濡れて光っている膣周り。ディルドも優奈の蜜や体液で酷い状態だ。
「イグッ、んおぉっ、オマンコイグッ、夏くんもっとっ! 子宮潰してっ!」
 優奈はとろけた顔でクリトリスをまさぐりながら、おねだりもしてくる。僕は、素直にディルドの動きを激しくする。膣奥にぶつけて押し込むようにしながら、子宮を潰すように動かし続ける。

 実際に、ディルドを押し込んで子宮に当たるかどうかなんてわからない。でも、優奈はそう言っているし、感覚的にも膣奥には子宮があるような気がする。
 元彼に調教され、大きくなってしまった乳首とクリトリス。肉体を変えられた……そう思うと、敗北感が強く湧く。

 ディルドを動かしながら、乳首を摘まんだ。痛いだろうなと思うくらいに、思い切り摘まんだ。
「ヒィンッ、うぅあぁ、もっと、潰してぇ。乳首握りつぶしてっ」
 優奈は、目を剥くような顔で叫ぶ。痛みも快感に置き換わるみたいだ。僕は、ますます元彼のことが気になってしまった。優奈の淫乱を作り上げた男……。
 実際に、どんな風に優奈を調教してたのか見てみたいと思ってしまう。

 僕は、さらに強く摘まんだ。絶対に痛いはず……そう思うくらいに、強く指で摘まんでいる。
「ヒィ、あぁあぁ、ダメぇ、イク、イクゥ」
 優奈は、でたらめにクリトリスを激しくこすりながら果てた。一体、いつ終わる? もう、手が疲れてきた。それを質問すると、
「まだダメ。元彼は、一日中でもしてくれたよ。優奈が失神しても、何度も何度もイカせてくれたよ」
 と、元彼のことを話すのにもう抵抗はないみたいだ。僕は、彼女の手首の革手錠を外しながら、また元彼に調教されてみたい? と聞いた。
「そ、そんなのダメだよ! 絶対にダメ」
 優奈は、ビックリした顔になっている。じゃあ、大勢に回されるのは? と聞いた。さっきは、僕の見ている前でそれをされたいと言っていた。

「……うん。して欲しい。夏くんの前で、本当の私を見てもらいたい」
 優奈は、思い詰めた顔で言う。本当の優奈って? と聞くと、
「言えないよ。嫌われそうで怖いもん……」
 優奈は、目に涙を浮かべている。そんなに僕に嫌われたくないのだろうか? あんなに酷い過去を告白しておきながら、矛盾した感情に思える。

 僕は、ゆっくりとディルドを引き抜いた。
「あぁ……ダメぇ」
 優奈は、切なげな声をあげる。でも、僕は再度挿入はせずに、自分のいきり立ったものを挿入した。勢いで、さっきも生でしてしまった上に中に出してしまった。
 でも、理性が働かずに腰を動かし始めた。恐ろしく締め付けて絡みついてくる感触……。そして、ペニスの先端がやっぱり突き当たりに触れる。
 さっきよりも、当たる感触が強い。子宮がより降りてきた? 僕は、夢中で腰を動かし続けた。

「当たってる。夏くんの、さっきより当たるよ。気持ちいい。夏くんは気持ちいい?」
 優奈は、切なげな顔で聞いてくる。僕は、メチャクチャ気持ちいいと告げながらも、優奈のリアクションの薄さにドギマギしている。

 ディルドの時の感じ方と比べると、全然感じていないように見えてしまう。ディルドに対抗心を燃やしても情けないと思うが、必死で腰を振った。なるべく奥に当たるように、腰を目一杯押し込みながら振り続けた。
「夏くん、愛してる」
 優奈は少し不安そうに言う。僕は、もう一度元彼に調教されたいのかと聞いた。
「そ、そんなことない……夏くん、もしかして見たいの?」
 優奈は逆に聞いてきた。僕は、とっさにそんなことはないと言ったが、見たくて仕方ない気持ちだ。
「固くなったよ……想像してるの? 私が元彼にひどいことされてるところ」
 優奈は、僕の様子を探るように言う。もう、ドキドキして仕方ない。腰の動きも完全に止めてしまった。

「でも、そんなことしたらダメだと思う……。気持ちが戻ったら、どうするつもりなの?」
 優奈は、僕の事を見つめながら言う。不安な気持ちのまま、戻る可能性はあるの? と聞いた。
「わからない……でも、昔みたいに調教されたら、身体は求めると思う。彼にオモチャにされたいって思うはずだよ」
 優奈は、しっかりとした口調で言う。実際、その通りなんだと思う。

 僕は、悪いイメージで呼吸も怪しくなってきた。そして、やっぱり興奮している。優奈の膣に挿入しているだけなのに、射精しそうな感覚が逃がせなくなってきた。
「ドクンって動いてる……もしかして、出ちゃうの? そんなに興奮しちゃうの?」
 優奈は、驚いた顔になっている。目一杯奥まで挿入しているのに、感じている顔ではないことに落胆してしまう。でも、優奈をもっと感じさせたいのに、少しでも動いたら射精してしまう……。

「そんなに興奮するんだね。でも、それってヤキモチ焼いてくれてるって事だよね?」
 優奈は、妙に嬉しそうだ。
「元彼とは……さすがに無理だけど、夏くんの前で回されてあげるね」
 優奈は、無邪気な笑顔でそう言った。僕は、その言葉を聞いた途端に射精してしまった。
「アンッ、フフ、ホントに出たね」
 嬉しそうな優奈。僕は、情けないような気持ちのまま、ゴメンと謝った。

「良いよ、ヤキモチ焼いてくれて嬉しいもん。じゃあ、回してくれる人たち探してみるね。楽しみにしてて」
 優奈は、そんなことを言う。僕は、本気なの? と聞いた。かなり動揺してしまっている。
「うん。だって、夏くんのそんな顔見せられたら、絶対にやりたいって思うよ。愛してる」
 そう言って、優奈はキスをしてくれた……。

 それにしても、想像以上の展開だった。優奈を拘束してディルドで責める……それだけのはずだったのに、次の展開まで決まってしまった。さすがに元彼との再会は強く拒否されたが、それはそれで良かったと思う。
 僕も、寝取られ性癖の興奮で元彼との調教プレイを見たいと思ってしまったが、実際に実行したら後悔しか残らなかったと思う。

 そして、取り立てて何もないまま日々は流れた。ただ、優奈とのセックスは確実に変化して、ディルドを使ったり拘束したりは当たり前になった。
 ディルドで激しく優奈を責めながら、元彼とはもっと凄いことをしていたのだろうなと想像し、あっけなく射精をするというセックスを繰り返していた……。

「夏くん、お待たせ。やっと決まったよ。今度の土曜日に、集まってもらえることになったよ。それでね……夏くんには決めてもらいたいことがあるの」
 食事を終えたタイミングで、優奈が報告をしてきた。今は、顔を赤くしてモジモジと恥ずかしそうにしている。僕は、何を決めれば良いの? と、震える声で聞いた。
「う、うん。今度の土曜日だと、ほとんど安全日なの。でも、確実に安全日ってわけでもない……。コンドームは、使った方が良い? 使わない方が良い?」
 優奈は、真剣な顔で聞いてきた。僕は、生唾を飲み込みながら、色々なことが頭をよぎった。ダメに決まっている。確実に安全日でもないのに、当然無理だ。
 と言うよりも、妊娠するしない関係なく、僕が以外の男性が生で入れて良いはずがない。

 僕は、すぐに使わないとダメだよと告げた。
「……本当にそう思ってる? ほとんど安全日なんだよ?」
 優奈は、僕の顔をのぞき込むようにしながら言う。その顔は、不安を感じているようでもあるし、少し興奮しているようにも見える。
 僕は、妊娠関係なく、優奈が他の男と生でセックスするのはとても見ていられないと告げた。

「でも、こんなになってるよ? フフ、いつもより固いじゃん」
 優奈は、僕のペニスを握りながら言う。僕は、うめいてしまっている。ペニスを握られただけで、あっけなく射精してしまいそうだ。
「見たいんでしょ? 私がザーメンまみれになる姿や、オマンコに中出しされる姿、見たいんでしょ?」
 優奈は、まるで挑発しているような顔になっている。僕は、弱々しくうめくようにうなずいた。
「フフ、そうだよね。見たいんだよね。良いよ、見せてあげる。生チンポでイク姿、いっぱい見せてあげるよ」
 優奈は、僕のペニスをズボンごとこすりながら言う。それにしても、いつもとはまったく違う反応をしている。僕のペニスは固くいきり立ち、少し射精しそうな感覚だ。

「失神するまで責められて、オマンコの奥に射精されちゃうんだよ。危険日じゃなくても、オマンコの一番奥に出されたら、孕んじゃうかもね。夏くんじゃない子種で、妊娠しちゃうかも」
 優奈は、僕をいじめるように言いながらペニスをしごいてくれる。ズボン越しの刺激でも、ほとんど我慢出来ないくらいに射精感は高まっている。

「夏くん、いっぱいイッても怒らないでね」
 優奈は、やっぱり挑発するような顔で言う。僕は、もう射精してしまいそうだ。僕は、何人来るの? と聞いた。
「ナイショ。当日までの楽しみにしてて。夏くんが、絶対に喜んでくれるように準備したんだよ。本当に期待して」
 優奈は、僕を見つめながら言う。僕は、不安の方が遙かに大きいのに、結局うなずいてしまった。

 そして、そのままセックスをしようとした。あまりに興奮しすぎて、射精しなければ収まらないような気持ちだった。でも、
「ダメだよ。土曜日まで射精禁止だよ。夏くんは、私に射精管理されるの」

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

結婚に消極的な彼女の淫らな過去(マガブロ 転載禁止).

 4年交際している26歳の彼女に結婚の話をすると、毎回はぐらかされる。僕の事を好きじゃないのかな? と、心配になってしまうが、日頃の態度を見ているとそんなことはないと思う。
 彼女の優奈は、普段は過剰なくらいにイチャイチャしてくるし、けっこう束縛というかヤキモチ焼きだ。

 一緒にデートをしていて、ミニスカートの女性をチラッと見ただけで、けっこうしつこく怒られるくらいだ。
「また見てたでしょ。それも、浮気だよ」
 頬を膨らませながら言う彼女を、本当に可愛らしいと思う。26歳の年齢から考えると、そういうリアクションはそろそろ痛いかな? と思う。でも、小柄で可愛らしい優奈にはとてもハマっていると思ってしまう。


 こんなにもヤキモチ焼きでいつも一緒にいたがる彼女なのに、なぜか結婚の話にだけはリアクションが薄い……と言うか、ほぼスルーされてしまう。

 今日もデート後、僕の部屋でイチャイチャしているときに結婚の話題を振ったが、曖昧に誤魔化された上に、抱きつかれてキスをされた。
 積極的に舌を絡めるキスをしながら、僕を押し倒すようにしてくる。いつもは恥ずかしがりでこんな事をするタイプではないが、たまにこんな風に話を誤魔化すように積極的に襲ってくることがある。

「夏くん、愛してる。世界一愛してる」
 そんな風に言いながら、激しくキスをしてくれる。愛情を感じるキスだし、実際に愛されていると実感している。また誤魔化されているなと感じながらも、僕も舌を絡めていく。
「フフ、もう固いよ。興奮してる?」
 優奈は、嬉しそうに僕の股間を揉んでいる。ズボンごと握られて、思わずうめいてしまうほど快感を感じてしまう。

 優奈は、たぶんあまり経験がない。フェラチオもぎこちないし、あえぎ声もいまだに恥ずかしそうにあげる。ただ、今のこの股間をまさぐることに関しては、的確にカリ首辺りの気持ちいいところを刺激している。
 偶然とは思うが、あまりの気持ちよさに軽く射精感すら湧いてきた。僕は、すっかりとスイッチが入り、逆に彼女を押し倒して服を脱がせ始めた。

 恥ずかしそうに照明を消す彼女……でも、まだ日が落ちていないのでディティールがわかる程度には明るい。可愛らしいブラジャーを外すと、それほど大きくはないが、形の良い張りのある乳房があらわになる。
 僕は、夢中でむしゃぶりついた。すでに固くなっている乳首を舌で弾くと、
「んっ、うぅ、あっ、んっ、夏くん気持ちいいよ」
 と、恥ずかしそうに声を漏らす。相変わらず敏感だなと思いながら、指でも乳首を触って責め続けた。
「あっ、んっ、気持ちいい。夏くん、すごく気持ちいいよ。上手……もっとして……」
 優奈は、可愛らしい声であえいでくれる。こんなにリアクションが良いと、僕のテンションもかなり上がってくる。軽く噛んだりしながら責め続けると、優奈は背中を軽くのけ反らせながらあえぐ。

 ちょっと痛いかな? と思うくらい噛むと、
「ヒィッ、うぅ、夏くん、ダメぇ」
 と、切なげな声をあげた。でも、ダメと言いながらも無抵抗で、振りほどく仕草も見せない。
 優奈の顔は、はっきりわかるほど快感にとろけている。痛みではなく、快感を感じているのは確かだと思う。優奈は、かなりMっけがあると思う。
 でも、それがわかっているのに、僕はイマイチそれを有効に使えていない。もっとSな感じで責めれば良いのに、具体的に何をしたら良いのかわからない……。

 僕は、乳首を甘噛みしながら指と舌で攻め続ける。優奈は、さらに気持ちよさそうにあえぎながら、
「夏くん、もう来て……我慢出来ないよぉ」
 と、甘えた声でおねだりをしてきた。すぐにスカートも脱がせ、下着も興奮しながら引き下ろした。優奈は、恥ずかしそうに僕を見つめる。でも、焦れたような顔にもなっている。
 そのままコンドームを装着し、彼女に覆い被さった。僕も興奮しているので、かなり慌ただしい。
「うぅ、あぁ、夏くん、愛してる」
 優奈は、幸せそうな顔で言ってくれる。僕は、すでに射精そうな感覚になりながら腰を動かし始めた。
「うぅっ、アンッ、うぅ、気持ちいいよ。夏くん愛してる」
 優奈は、あえぎながら愛していると繰り返す。僕も愛していると言いながら腰を振り続けた。

 優奈は、僕を見つめながらあえぎ続ける。でも、いつものことだが声は抑えめだ。もっと感じて欲しいと思うが、恥ずかしがりの彼女は、大きな声であえぐのは難しいのかもしれない。

 優奈は、本当に何度も愛していると言ってくれる。キスをしながら腰を振っていると、可愛らしい小ぶりな舌が激しく動き回る。本当に気持ちよくて、一気に限界が来てしまった。
「まだダメ、もっと……」
 優奈は恥ずかしそうに言う。きっと、顔も真っ赤になっていると思う。でも、必死でイクのを堪えても、限界はすぐそこだ……。
 僕は、ゴメンと謝りながら射精を始めた。
「ああっ、夏くん、うぅっ」
 優奈は、少し不満そうにうめく。でも、すぐにキスをしてくれた……。

「夏くん、愛してる。気持ちよかったよ」
 優奈は、幸せそのものの笑顔で言う。僕は、幸せを感じながら愛していると告げた。
「ねぇ、あとでもう一回出来る? もっとしたいな……」
 優奈は、はにかんだ顔で言う。でも、すっかりとその顔は発情したようになっていて、熱っぽい目で僕を見つめる。僕は、良いよと答えたあとで、結婚の話を聞いた。
 今日は、はぐらかされないようにどうしてこの話題を避けるのかと聞いてみた。
「そ、そんなことないよ。はぐらかしてない……」
 優奈は、かなり動揺している。もしかして、他に付き合っている男性がいるの? と聞いた。
「いるわけないでしょ! いつも一緒にいるじゃん!」
 優奈は、怒りながら言う。確かに、他の男性の影を感じたことすらない。僕は、だったらどうして? と、いつもとは違ってしつこく聞いた。

 僕の中で、30歳前に子供を作りたいという希望がある。28歳の僕には、もうあまり猶予がない。別に、焦る必要もないかもしれないが、昔から漠然とそう思っている。

「……私は、夏くんのお嫁さんになれる女じゃないの」
 優奈は、苦悩に満ちた顔で言う。思っていなかった言葉が出てきて、理解が追いつかない。何を言い始めたのだろう? そんな驚きでいっぱいだ。
「私は、汚れてるの……夏くんのお嫁さんにはふさわしくないの」
 優奈は、真剣な顔で話を続ける。ますます意味がわからなくなってしまった。まるで、ドラマの一場面のようだ。

 しつこく何度も理由を尋ねていると、やっと重い口を開き始めた。
「元彼に、大学の頃調教されたたの。凄くハードなことされてて、いっぱい汚れたの……」
 優奈の言葉を聞いて、心臓がドキドキ音を立てて脈動し始めた。今まで、昔のことは教えてもらったことがなかった。いつも明るくナイショと言われていて、元彼の事なんて話したくないんだろうな……程度に思っていた。
 でも、想像とはまったく違う方向の話に、戸惑いすぎてしまう。ハードな事って? と聞くと、
「……縛られたり、外でされたり、器具を使われたり……。浣腸もされた……お尻でも……されたよ」
 優奈は、信じられないことを言い続ける。まさかの告白だ。優奈は、経験が少ないウブな女の子だと思っていた。でも、言っていることが本当ならば、ウブどころの話ではない……。

 強い衝撃は受けたが、汚れているとか、結婚する資格がないと言うほどではないと感じた。それを指摘すると、
「中出しされるためにだけにピル飲んでた……。彼に言われて、他の人ともしてた。彼の目の前で、大勢に回されたりもしてた……」
 と、涙を流しながら告白を続ける。僕は、思わず彼女を抱きしめた。抱きしめながら、過去の話だから……と言葉をかける。

 僕自身、あまりの衝撃にパニクっているし、受け止められるかまるで自信がない。でも、泣いている彼女を見てすぐに抱きしめた。
「軽蔑したでしょ? 裏切られたって思ったでしょ? 言おうと思っても、ずっと言えなかった……夏くんに捨てられたくなくて……」
 優奈は、涙をこぼしながら話を続ける。僕は、急に覚悟が決まった。この話を聞かされて衝撃は受けたが、優奈のことを嫌いになっていない。
 汚らわしいとも思っていないし、裏切られたという感覚もない。自分でもよくわからないが、愛しているという気持ちはまったく変わらない。

「本当に? こんな私なのに、平気なの?」
 優奈は、びっくりした顔で聞いてくる。僕は、黙って彼女を抱きしめてキスをした。優奈は、また驚いた顔になる。でも、すぐに舌を絡めてきた。
 僕も夢中で舌を使いながら、元彼に対しての嫉妬のような感情に襲われていた。優奈を、好きに調教していた……。きっと、色々なことをして楽しんでいたはずだ。
 悔しい気持ちが湧いてくるが、どんなことをしていたのか気になってしまう。そしてそれを想像すると、嫉妬で苦しい……。

 僕は、他にはどんなことをされていたのかと聞いた。
「う、うん……逆ナンパさせられたり、ハメ撮りされたり……電マをテープで固定したまま縛られて、1日放置されたりした……」
 想像を超えることばかりを話してくる。僕は、嫉妬で狂ったように彼女を抱いた。剥ぎ取るように服を脱がせ、避妊も忘れて挿入してしまった。
「あっ、んっ、うぅっ、夏くん、ごめんなさいっ。汚い女でごめんなさいっ」
 優奈は、泣き顔で謝りながらあえぎ続ける。僕は、嫉妬に駆られて腰を動かし続ける。でも、優奈がいつもよりも感じていることに気がついた。

 もしかして、昔のことを思い出している? 思い出して興奮している? 僕は、嫉妬で目がくらみそうな気持ちのまま腰を動かし続けた。
「イッちゃう、イクっ、夏くんごめんなさいっ、イクっ」
 優奈は、今までに見せたことのないリアクションをしながら果てた。僕は、初めて彼女をイカせることが出来たんだなと実感しながら、思い切り膣内射精をした……。
「うぅあぁ、愛してる、夏くん、愛してる」
 優奈は、本当に幸せそう微笑んだ。

 結局、そんなことがあっても優奈と結婚した。不安や葛藤がなかったと言ったらウソになるが、やっぱり昔のことよりもこれからだと思った。
 優奈は、僕が結婚したいといった時、何度も考え直すように言ってきた。自分には、そんな資格はないと……でも、僕の気持ちは変わることなかったし、何度も結婚をしようと求めた。

 結婚式を挙げるまでは、めまぐるしい日々だった。想像以上に、パワーのいることなんだなと思った。でも、すべてが楽しかったし、幸せだった。

 結婚して同居を始めると、優奈はそれまで以上に愛しているという気持ちを表に出すようになった。ヤキモチ焼きな所ももっと加速した感じがある。
 過去に色々あったにしても、僕は幸せだった。ただ、優奈とセックスをしていると、どうしても過去のことを考えてしまう……。

 ある日、セックスの最中に、優奈は気持ちよかったのかと聞いた。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

カテゴリ

kindle 電子書籍出版情報

電子書籍出しました



ハード系です

新作です

新作です

新刊です

新刊です

バッドエンド



プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読めます。
なお、規約の変更などにより、予告なく削除されることがございます。
大変にお手数ですが、webページの保存などをしてください。
※以前購入されたブロマガが削除により購読出来なくなった方は、読めなくなった作品のタイトルをメールにてお知らせ下さい。個別で対応いたします。
netorarezuki@gmail.com

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

現在、VISAカードでの決済がしづらいようです。VISAカードは、アダルト系のサイトでの決済に使えなくなっているようです。楽天カードが年会費無料で、JCBやMasterカードで作れます。すでに楽天カードを持っていても、2枚目をJCBやMasterカードで無料で作れます。

筆者マガブロ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
4位
アクセスランキングを見る>>

リンク元ランキング