このブログのオリジナルコンテンツ一覧
全記事タイトル一覧

働けなくなった僕の代りに、嫁がレンタル妻を始めました完(転載禁止)

前回の話

僕は、二人の寝室をのぞき見しながら、股間を激しくまさぐり続けていた。パジャマの上から竿を握り、オナニーするようにしごく僕……。有美は、今日は何度も僕にチャンスをくれたのに、僕はろくに応えることが出来なかった。

ベッドの上では、千堂さんがゆっくりとしたリズムで腰を動かしている。全然激しくない動きなのに、有美はのけ反ったりしがみついたりしながら、激しく感じているようだ。


「たくさんイッて。そして、僕ので妊娠して欲しい」
千堂さんは、そんなことを言いながら腰を動かし続ける。僕は、二人の夫婦のようなセックスを見ながら、オナニーを続けてしまっている。湧き上がるような快感……。興奮が、どこまでも高まっていくような感覚に驚くばかりだ。

『もう、してると思います。だって、妊娠したいって強く思ってるから』
有美はそう言って、千堂さんにキスをする。キスしたままのセックスが始まると、有美のうめくような声だけが漏れてくる。のけ反り、しがみつき、夢中で舌を絡める有美。感情のこもった熱烈なセックスをしているなと思う。僕は、敗北感を感じながらも、射精寸前になってしまっていた。

有美の中に注ぎ込まないと、僕ので妊娠させられない……。そんな当たり前のことはわかっているのに、僕はオナニーの手をとめられないでいる。

『誠さんの、すごく固くなってきた。中に出して下さい。誠さんの精液で、有美の子宮をいっぱいにして下さい』
有美は、感情のこもった声で言う。
「イクよ。有美、愛してる」
千堂さんは、余裕のない声で言う。そして、再びキスをしたまま腰を振る。そのまま彼は、有美の中に射精を始めてしまった……。

僕は、なんとか射精をこらえながらそれを見つめる。二人は、射精が終わってもくっついたままキスを続けている。本当に、妊娠したくて仕方ないという気持ちが伝わってくるような仕草だ。

『いっぱい出ましたね。誠さん、元気いっぱい』
有美は、甘えたような声で言う。何回見ても、自分の妻が他の男に媚びるような仕草をするのは、本当に胸が苦しくなる。
「有美ちゃんが相手だからだよ。何回しても、したりない感じだよ」
千堂さんは、そんなことを言う。本当に、幸せそうな感じだ。
『フフ……。私もです。もっとして欲しいな……。じゃあ、大きくしちゃいますね』
有美は甘えたような口調で言うと、彼のペニスをくわえてバキューム音を響かせ始めた。僕は、有美がどういうつもりなのかまったくわからなくなってしまった。これは、演技なのだろうか? それとも、本当に千堂さんに心奪われてしまったのだろうか? さっきは、隙を見て僕の所に来てくれた。そして、僕に中に出して欲しいと言ってくれた。僕の種で妊娠するのを、望んでいてくれていると思っていた。

でも、目の前で千堂さんのペニスを勃起させようとしている有美を見ると、もう僕の赤ちゃんは欲しくないのかな? と、思ってしまう。

「あぁ、有美ちゃんスゴいよ……。そんなに吸われたら、すぐに大きくなっちゃうよ」
千堂さんは、さすがに少し疲れたような口調だ。
『すぐに大きくなるようにしてるんですよ。フフ。もう大きくなってきた』
イタズラっぽく言う有美。本当に、千堂さんのことが好きで仕方ない……そんな風に見えてしまう。

『大きくなった。じゃあ、入れますね。もう、我慢出来ないです』
有美はそう言って彼のペニスを握ると、自分の膣口に導いていった。
『うぅあぁ、すごく固い。こんなに固くなってて、嬉しいです。好き、誠さん大好き』
有美は、本当に嬉しそうに言う。
「僕もだよ。こんなに何回も求めてくれて、最高に幸せだよ」
千堂さんは、心を込めて言う。
『千堂さんの気持ち良すぎて、何回でもしたくなっちゃう。いつも、早く抱いて欲しいなって思ってるんですよ』
有美は、そんな風に言う。
「彼といるときも?」
千堂さんは、いきなりそんな質問をする。
『はい。ヒロ君といるときも……ヒロ君に抱かれてるときも、そう思ってます』
有美は、照れたように言う。僕は、有美のまさかの発言に、頭を殴られたようなショックを受けてしまった。

「そうなんだ……。嬉しいよ。じゃあ、僕としてるときは? 彼に抱かれたいって思うの?」
千堂さんは、そんな質問までする。
『フフ。ナイショです。もっと気持ち良くしてくれないと、そう思っちゃうかも』
有美は、まるで小悪魔のような感じで言う。すると、千堂さんは身体を起こして有美にキスを始めた。対面座位で、キスをする千堂さん。ものすごく、荒々しい感じでキスをしている。なんというか、興奮しているのがわかる。

『誠さん、激しいです。もしかして、焼きもちですか?』
有美は、嬉しそうに言う。
「……そうだよ。ものすごく嫉妬してる。有美、愛してる。有美は?」
千堂さんは、珍しく少しイラッとしたような雰囲気だ。
『愛してる。誠さん、愛してます』
有美は、可愛らしく言う。千堂さんは、有美にキスをしたまま腰を突き上げ始めた。いつになく激しく腰を突き動かす千堂さん。有美は、うめきながら千堂さんに抱きついている。それだけではなく、自分からも積極的に舌を絡めているのがよくわかる。

そのまま、千堂さんは動き続ける。僕は、射精寸前のペニスをゆっくりとしごき続ける。気を抜いたら、すぐに出てしまいそうな状況だ。少しすると、
『もうダメっ、イクっ、誠さん、イッちゃうっ! 気持ち良いのっ、一番気持ち良いのっ!』
と、有美は切羽詰まったような口調で言う。気持ち良すぎて追い詰められてしまったような感じだ。

「いまも、彼の事考えてる? 彼に抱かれたいって思ってる?」
千堂さんは、嫉妬を隠そうともせずに質問する。
『お、思ってない。誠さんのことだけ考えてるっ。イッて、中でイッて、妊娠させて下さいっ』
有美は、息も絶え絶えな感じで言う。そして、有美は自分からキスをすると、めちゃくちゃに舌を絡ませ始める。それだけではなく、千堂さんの腰の動きにあわせるように、自分の腰も動かし始めた。

僕は、有美の卑猥すぎる腰の動きを見ながら、あっけなく射精を始めてしまった。圧倒的な快感……なんとか声が漏れるのを抑え込む。そんな僕の目の前で、有美は千堂さんに膣内射精をされ始めた。中に注ぎ込まれながら、身体をのけ反らせてイッてしまった有美……。

僕は、逃げるように自分の寝室に戻った。有美の言葉は、本心なのだろうか? 本当に、あんなことを思っているのだろうか? 僕は、不安な気持ちのまま眠りについた。

次の朝、有美が起こしに来てくれた。
『おはよう。朝ご飯出来てるよ!』
有美は、にこやかに話しかけてくる。僕は、寝ぼけながらもありがとうと言った。すると、すぐに有美は抱きついてキスをしてきた。舌が飛び込んできて、荒々しく僕の口の中をかき混ぜてくる。歯を磨いていないと思って振りほどこうとしたが、有美はそのまま僕の股間をまさぐってくる。
『フフ。もう固くなってる。ねぇ、すぐ欲しい……。ヒロ君ので妊娠させて』
有美は、興奮した声で言いながら、僕のパジャマのズボンを脱がせてくる。僕は、一気に興奮状態になり、有美の服を脱がせていく。そして、下半身裸のまま、もつれるようにセックスを始めた。

『ヒロ君、もっと奥まで……。掻き出して。誠さんの精液、まだ入ったままだから』
有美は、あえぎ声混じりに行ってくる。僕は、その言葉に強い嫉妬心を燃やしながら、夢中で腰を振り続けた。少しでも奥に押し込み、有美の膣中の精液を掻き出そうとあがく僕。でも、今さら掻き出したところで、遅いのではないか? そんな気持ちにもなってしまう。
『そう、もっと強く、うぅっ、頑張って』
有美は、あえぎ声をあげながらそんなことを言う。僕は、必死で腰を振りながら、なんとか僕ので妊娠させたいなと思っていた。

『ヒロ君、好き? 嫌いになってない?』
有美は、心配そうに聞いてくる。僕は、昨日の有美を見ているだけに、有美がそんな心配をしているのが不思議だった。僕のことを、好きという気持ちが残っている? 

一気に射精感が強くなってきた僕は、もう射精しそうだと告げた。
『まだダメ。身体が準備出来てない。もっと、気持ち良くしてくれないと、身体が妊娠したがらないよ』
有美は、そんな風に言う。僕は、その言葉にドキッとしながらも、必死で腰を動かし続ける。

僕は、射精しそうになるのを必死でこらえながら腰を動かし続けている。気を紛らわそうと、ふと横を見た。すると、薄くドアが開いているのがわかる。僕は、ドキッとしてしまった。そして、人の気配もある。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

働けなくなった僕の代りに、嫁がレンタル妻を始めました4(転載禁止)

前回の話

『フフ。会社、遅れちゃいますね』
有美は、イタズラっぽく言う。千堂さんは、
「本当だ。つい夢中になっちゃったね」
と、満足げに言う。そして、二人は離れて身支度を調え始めた。千堂さんは経営者なので、多少遅れようと問題はないはずだ。でも、真面目な性格なのか、慌てて用意をしているように見える。


そして、呆然としている僕の尻目に、千堂さんは会社に出発した。二人きりになると、有美はイタズラっぽい笑みを浮かべながら、
『ヒロ君、さっきイッちゃったでしょ。私が妊娠させられちゃうかもしれないのに、オナニーしてたでしょ』
と、言ってくる。責めているような内容だが、表情は笑顔だ。千堂さんと暮らすようになるまでは、僕も有美も追い詰められていた。笑顔も少なくなっていた。

今の状況は、夫の僕にとってはツラい部分も多いが、結果的には良かったのかもしれないと思うようになってきた。僕は、有美を抱きしめてキスをしようとした。すると、有美は軽く僕の身体を押し返しながら、
『ダメだよ。今日は、千堂さんの日だよ。ヒロ君としたら、浮気になっちゃうでしょ。ルールは守らないとダメだよ』
と、言ってくる。僕は、色々な言葉が頭をグルグル回ったが、結局引き下がった。確かに、ルールはルールだなと感じた。

『でも、ヒロ君大きくなったままなんだね。苦しそう……。じゃあ、興奮させてあげるから、自分でしてみて』
有美は、そんなことを言い始めた。僕は、言っている意味がわからず、動きが止まってしまう。すると、有美はゆっくりとスカートをまくり上げていく。

ショーツを穿いていないので、アソコが丸見えだ。薄く小さく形を整えられたヘア……。これは、千堂さんの好みだそうだ。そして、有美はゆっくりと脚を広げていく。そして、膣口を広げるようにした。
ピンク色の膣肉が丸見えになる。そして同時に、白いモノがあふれ出す。中に出されてしまった千堂さんの精液……。相変わらずというか、凄い量だ。

『フフ。こんなにいっぱい。もしかしたら、これで妊娠しちゃったかもね』
有美は、挑発的な言い方をする。僕は、その言葉にドキドキしながらも、溢れ出る精液から目が離せない。有美の膣から垂れて床に液だまりを作っている状態だ。

『フフ。やっぱり興奮するんだね。良いよ、オナニーしても良いよ』
有美は、どこか挑発的だ。以前は、どちらかというと気弱な感じで、引っ込み思案というイメージだった。それが今は、まるで僕に対して言葉責めでもしているような口ぶりだ。

でも、僕はそんなことを思いながらも、言われるままにオナニーを始めてしまった。ズボンとパンツを膝まで降ろし、さっきの射精でドロドロになっているペニスをしごき始めると、突き抜けるような快感を感じてしまう。

『私が千堂さんので妊娠するかもしれないのって、そんなに興奮するモノなの?』
有美は、膣口から精液を垂れながらしながら聞いてくる。僕は、そんなことはないと即答した。
『でも、オナニーしながらそんな風に言っても、説得力ないよ』
有美は、笑いながら言う。こんな惨めな状況でオナニーをしている僕を、有美はバカにしたり蔑んだりはしない。不思議だなと思う。こんな取り柄も何もない、心まで病んでしまっている僕を、どうして見捨てないんだろう? 100人に聞いても、きっと100人が千堂さんとくっつくべきだと言うと思う。

僕は、流れをいっさい無視するように、千堂さんとのセックスはそんなに気持ち良いのかと質問した。
『え? この状況でそんなこと聞くんだね。フフ。ヒロ君も、少しは余裕出来てきたんだね。良かった……』
有美は、本当に安心したような口ぶりだ。僕は、こんな形であっても、有美が安心してくれたことが嬉しいと思ってしまった。

『千堂さんとのエッチは、凄く気持ち良いよ。見ててわかってると思うけど、我を忘れちゃうの』
有美は、言いづらそうに答える。僕は、千堂さんのことも本当に愛しているのかと質問した。
『……エッチしてるときは愛してるって思ってる。でも、今はヒロ君の方がずっと好き』
有美は、そんなことを言う。はっきりと、隠すことなく気持ちを話している感じだ。僕は、そんな言葉すら興奮の材料にしてしまっている。

『フフ。ヒロ君すごく興奮してるね。ヒロ君って寝取られ性癖なのかな?』
有美は、ふとそんなことを言う。僕は、考えたことがなかったけど、言われてみればその通りだなと思ってしまった。

僕は、有美の膣から流れ出る精液を見つめながら、夢中でオナニーを続ける。いつも以上の興奮に、あっけなくイキそうになってくると、
『イッちゃうの? 明日はヒロ君の番なのに? 薄い精液じゃ、妊娠させられないんじゃない? それとも、千堂さんに妊娠させてもらいたいのかな?』
有美は、イタズラっぽく言う。僕は、思わずしごく手を止めた。

『フフ。明日まで、ちゃんと溜めとかないとダメだよ。ヒロ君に妊娠させてもらいたいんだからね』
有美は笑顔でそう言った。僕は、うなずきながらも、射精が中途半端に終わったモヤモヤを感じてしまっていた。

そして、僕も仕事を始めた。千堂さんのサイトの更新業務だ。たいした仕事量ではないのですぐに終わってしまう。でも、こんな風に在宅で仕事が出来ることに、本当に感謝しかない。今の僕は、完全に寄生してしまっているような感じだ。男とし、夫として情けない気持ちになる。でも、有美が笑顔でいてくれるので、それに救われているなと思う。

千堂さんは、夕方早くに帰ってきた。
『おかえりなさ~い』
有美は、すぐに玄関に出迎えに行く。僕も、挨拶をしようと玄関に向かう。すると玄関で抱き合いながら濃厚なキスをする二人が見えた。僕は、足を止めて呆然とそれを見つめる。

千堂さんの口の中に差し込まれた舌……。有美の方が積極的に舌を使っているようだ。本当に、新婚の夫婦のように見えてしまう。

『まだ早いけど、夕ご飯にしますか? それとも、私?』
有美は、可愛らしく言う。僕は、ゾクゾクッとしてしまった。有美が、他の男に媚びている。嫉妬や絶望感が湧いてくる。

千堂さんは、もちろん有美だと答える。
『フフ。嬉しい』
有美は本当に嬉しそうに言うと、千堂さんのズボンのファスナーに指をかける。そして、あっという間にズボンとパンツを降ろしてしまった。

千堂さんの巨根は、すでに大きくなりかかっている。それに対して、有美はフェラチオを始めた。
「あっ、まだシャワー浴びてないよ」
慌てる千堂さん。
『平気。誠さんのなら、全然汚くないよ』
そう言って、大きく口を開けてくわえてしまう有美。頬がすぼまり、バキュームをしているのがわかる。
「あぁ、有美ちゃん、気持ち良いよ」
千堂さんは、嬉しそうだ。一気に勃起するペニス。有美は、くわえ込んだまま舌を使っているようだ。しばらくフェラチオを続ける有美。でも、すぐに立ち上がると下駄箱に両手をついて腰を突き出した。千堂さんは、興奮した顔で有美のスカートをまくり上げていく。すぐにあらわになるお尻。ショーツは穿いていない。
「穿いてないんだね」
千堂さんは、興奮した声で言う。
『だって、すぐに入れて欲しかったから。ねぇ、来て。誠さんのおっきなおちんちん、入れて下さい』
有美は、甘えた声でおねだりをする。千堂さんは、吸い寄せられるように有美に挿入をした。
『あっ、誠さんのすごく固い』
有美は、とろけた声で言う。本当に気持ち良くて仕方ないというのが伝わってくるような声だ。

千堂さんは、すぐに腰を動かし始める。長いペニスが、長いストロークで有美の膣中を責め立てていく。
『気持ち良い。誠さんのおちんちん、奥まで当たって気持ち良い』
有美は、可愛らしく言う。千堂さんは、腰の動きを徐々に早くしていく。玄関に、肉がぶつかる音が響き、有美のあえぎ声もこだましている。

僕は、この状況で完全に勃起してしまった。そして、オナニーをしたくてたまらない気持ちにもなってしまっている。

『誠さん、イッちゃう、もうイクっ、誠さんのおちんちん、気持ち良すぎるのっ』
有美は、背中をのけ反らせながら叫ぶ。もう、イク寸前という感じだ。誠さんは、急に動きをとめた。
『ど、どうして? なんでとめちゃうの? もう少しだったのにぃ』
有美は、唇をとがらせながら言う。すねているような顔だ。
「キスしながら、一緒にイキたいなって……」
千堂さんは、恥ずかしそうに言う。有美は、
『誠さん、可愛い。じゃあ、ベッドに行こうよ。キスしながら中に出されたら、すぐに妊娠しちゃいそうだね』
と、嬉しそうに言う。

そして二人は寝室に向かう。僕は、迷ったあげくに二人の後を追った。ドアの前に立ち、聴覚に集中する僕。でも、造りの良いドアで、寝室も広いせいかあまり聞こえてこない。でも、有美のあえぎ声らしいものは聞こえてくる。

僕は、疎外感を感じながらも興奮状態になってしまっている。そして、しばらく迷った後、そっとドアを開け始めた。中が見えるギリギリの薄さでドアを開けると、ベッドの中央で正常位で繋がる二人が見える。

言っていたように、キスをしたままセックスを続けている。有美の腕も脚も千堂さんに巻き付くようになっていて、種付けされたいという気持ちが出てしまっているように見える。

千堂さんの寝室のベッドの上で、種付けされるのを望むような行動を取っている有美を見て、僕は負けた気持ちしか湧いてこない。それなのに、僕は信じられないほど興奮してしまっていて、結局我慢出来ずにオナニーを始めてしまった。

『ンッ、ン~ッ、ンッうぅっ』
キスをしたままうめく有美。さっきから、爪先がせわしなく伸びたり曲がったりしている。本当に気持ちいいときの反応なのかな? と、思いながらオナニーを続ける僕は、すでにイク寸前だ。

『あぁ、固くなってきた。誠さんのおチンポ、すごく固くなってきた。イッて、中に出してっ、妊娠させてっ!』


Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

働けなくなった僕の代りに、嫁がレンタル妻を始めました3(転載禁止)

前回の話

精液まみれのペニスを晒した状態で声をかけられた僕は、言い訳の言葉一つ思い浮かばなかった。でも、有美は冷静に話を始める。僕は、呆然としながら有美の言葉を聞いた。

有美の言葉は、まったく想像も出来ないような内容だった。聞いても、話の内容を理解することが出来なかった。有美は、淡々と説明を続ける。


有美の話してきた内容は、動画の男性と本当に結婚するという内容だった。そして、彼の家で一緒に暮らすと言う信じられないようなものだった。
でも、もっと信じられないのは、僕も一緒に彼の家で生活をするという話だった。有美は、彼と結婚するが、僕とも夫婦生活は続けると言う。

『だって、それしかないでしょ? お金の心配がなくなるんだよ。ヒロ君と私が幸せになるには、これしかないの』
有美は、思い詰めた顔でそんな風に言った。有美の話をまとめると、彼の家で3人で生活をする。生活費のいっさいは、彼が出す。そして、有美に対してレンタル妻としての費用も払い続けるという内容だ。

僕は、まるで彼に寄生するような感じがした。本当に、彼は納得しているのかと尋ねると、
『うん。してるよ。でも、条件があるの……。彼の子供を産む……』
と、言いづらそうに答える有美。僕は、あまりの内容に驚いて声も出せない。
『でも、ヒロ君とも子作りするから、ヒロ君ので妊娠すれば良いんだよ』
有美は、そんな風に言う。僕は、有美の提案がまったく理解出来ないでいた。僕は、僕のことを愛しているのかと質問した。
『なんでそんなこと聞くの? 愛してるから、頑張ってるんだよ……』
有美は、悲しそうに言う。僕は、彼の事はどう思っているのかと聞いた。
『それは……。お客さんだよ。ヒロ君と幸せになるために、利用させてもらう……。そんな気持ちだよ』
有美は、深い苦悩を感じさせる顔で言う。僕は、正直ホッとしていた。色々と見てしまった有美の態度は、演技だったんだなと……。
言葉は悪いが、幸せになるために利用させてもらう……そんな感じなのだろう。僕は、それでもやっぱり抵抗感はあった。僕が働けないのが悪いと言うことはわかっているが、それでもやっぱり有美が他の男性とも夫婦生活をするというのは、イヤに決まっている。

『やっぱり、イヤ?』
有美は、僕の様子を見てそんなことを聞いてくる。僕は、もちろんイヤだと告げた。
『でも、これしかないんだよ。わかって』
有美は、ツラそうに言う。僕は、それでもうんとは言えなかった。

でも、僕の気持ちなど関係なく、引っ越しの日は決まった。僕は、引っ越し予定日を告げてくる有美に、結局なにも言えなかった。そして、引っ越しの日がやってきた。

元々少ない荷物なので、引っ越しもあっという間に終わる。そして、彼の家に上がった。
「初めまして! 千堂です。この度は、僕の無理なお願いを聞いてもらって、本当にありがとうございます!」
年下の僕に、丁寧な言葉遣いで挨拶をする彼。僕は、出鼻をくじかれたような気持ちになりながら、挨拶をした。

家の中を色々と案内してくれる彼。本当に広い家だ。バスルームもトイレも2つあるので、別々の生活が出来てしまいそうだ。

彼の案内で、一通り家の中を説明してもらった。そして、彼からの提案もあった。食事は一緒にするが、その他の生活は基本的に別々にする。
そして有美は、一日一日交替で僕と彼と交互に夫婦生活をする……。そんな内容だった。僕は、強い抵抗感を覚えた。でも、僕が何か言う前に、有美が承諾してしまった。

引っ越し当日と言うこともあり、夕食は出前を頼むことになった。1時間ほどで配達された寿司は、僕でも名前を知っているような有名店のものだった。

食事をしながら、千堂さんが色々と話をしてくる。
「もし、病状が落ち着いているのなら、家で出来る仕事をしてみますか?」
彼は、僕に対してそんな提案をしてくる。僕は、プライドを傷つけられたような気持ちになりながらも、そんなことを言っている場合ではないなと思い、提案を詳しく聞いた。

千堂さんが提案してきたのは、サイトの更新業務だった。彼の関係している店舗などの更新業務で、手間はかかるが作業自体は単純なものだ。誰とも関わらずに仕事が出来ると言うことが、今の僕には魅力的だった。

『良かったね。でも、無理しちゃダメだからね』
有美は、優しい口調で言う。千堂さんも、
「出来る範囲でやってもらえれば良いですからね」
と、優しい口調で言う。僕は、ありがたいと思いながらも、情けない自分に悲しくなってしまった。

『疲れちゃったね。一緒にお風呂入ろうよ』
有美は、そんな風に言ってくる。僕は、素直に一緒にお風呂に入ることにした。有美は、まったく以前と変わらずに優しい。カバンにカメラを仕込んでいたことも、とくに何も言ってこない。普通は、盗撮なんかしたら離婚の危機だと思う。でも、有美は何も変わらないままだ。

千堂さんの家のお風呂は、驚くほどの大きさがあった。ビジネスホテルの小さめの大浴場のようなサイズ感だ。驚く僕に、
『凄いでしょ。私も、最初はビックリしちゃったんだ』
有美は、そんなことを言いながら慣れた動きでジェットバスのスイッチを入れる。

千堂さんと一緒に、何回もお風呂に入ったんだろうなと思うと、嫉妬心が膨らんでしまう。でも、嫉妬の感情を持つと、驚くほど簡単に勃起してしまう。
『ヒロ君、大きくなってる。私と一緒に入って興奮しちゃった?』
嬉しそうに言う有美。確かに、久しぶりに一緒にお風呂に入るので、それで興奮している部分もある。相変わらず、細いウェストと形の良い胸、抜けるように白い肌。最高の身体をしていると思う。

『ヒロ君、あれ使ってしちゃおうよ』
有美は、そんな風に言って壁に立てかけてあったエアーマットみたいなものを床に敷く。そして、シャンプーなどと一緒に並べられていたローションのボトルを手に取った。
『ここに寝て』
有美の指示で、エアーマットの上に寝転がる僕。すると、有美はお湯と混ぜたローションを僕に塗りつけてくる。そして、有美は身体を使って僕にローションを塗り始めた。

まるで、風俗店でサービスを受けているような状況になってしまった。有美は、ローションまみれの指で僕の乳首を触ったりしてくる。気持ち良くて、声が漏れてしまいそうになる。
『フフ。気持ち良い? いっぱい気持ち良くなってね』
そう言って、乳首やペニスを責めてくる有美……。自分の胸に塗ったローションで、僕の身体を責めてくる。

僕は、快感に声を漏らしながらも、千堂さんにもこんなことをしているんだろうなと想像していた。
『ヒロ君の、カチカチ。もう入れちゃうね』
そう言って、有美は僕のペニスを一気に挿入した。包み込まれる感覚と、絡みつくひだの感触……。僕は、思わずあえぐ。
『フフ。ヒロ君、可愛い声だね。ねぇ、いっぱい中に出してね。ヒロ君ので先に妊娠させて』
有美は、そんなことを言いながら腰をくねらせ始める。一気に快感が増し、僕は有美にしがみついた。有美は、
『ヒロ君、愛してる。誠さんとエッチしても、怒らないでね。いっぱい気持ち良くなっちゃうと思うけど……』
有美は、申し訳なさそうに言う。僕は、千堂さんとのセックスは、そんなに気持ち良いのかと質問した。
『うん。気持ち良い。誠さんの大きなおちんちんで奥まで責められたら、頭真っ白になっちゃう』
有美は、興奮したような声で言う。想像しただけで、高ぶってしまっているようだ。

僕は、嫉妬がさらに大きくなり、泣きそうな感情になってきた。でも、それ以上に快感が強くなっていることに、僕は戸惑っている。
『ヒロ君、もっと固くなってきたよ。イッちゃうの? 全部出して。ヒロ君ので妊娠させて』
有美は、僕の耳元で挑発するように言う。僕は、本当にあっけなくイッてしまった。
『アン。ヒロ君、ドクドクしてる。愛してる。赤ちゃん、出来たかな?』
有美は、幸せそうな顔で言う。でも、僕は敗北感を感じていた。有美は、ほとんどあえぎ声をあげていなかった。千堂さんとのセックスでは、悲鳴に似た声をあげたり、野太いうめき声のようなものまであげていた。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

働けなくなった僕の代りに、嫁がレンタル妻を始めました2(転載禁止)

前回の話

有美は、男性の睾丸を舐めながら手コキを続けている。愛情のこもった感じの丁寧な奉仕だ。僕は、そんな有美を見ながら射精しそうなほど強い興奮を感じていた。

『誠さんのおちんちん、本当に素敵です。こんなの知っちゃったら、もう普通じゃ物足りなくなっちゃう』
有美は、そんなことを言いながら舌と指で奉仕を続ける。


「もう、僕以外とはしないで欲しいな。僕だけの有美ちゃんでいて欲しいよ」
男性は、そんなことを言う。有美に対して、相当な熱を上げているのがわかる。
『じゃあ、誠さんも私以外の人とエッチしちゃダメですよ』
有美は、そんな風に言う。
「本当に? 僕がそうしたら、有美ちゃんも誰ともエッチしない?」
男性は、かなり嬉しそうだ。
『良いですよ。もう、このおちんちん以外は入れない』
有美は、妙に嬉しそうに言う。
「でも、旦那さんに誘われたら? どうするの?」
男性は、心配そうに聞く。
『う~ん、寝たフリしちゃいます』
有美は、そんな風に言った。僕は、その言葉を聞いてドキッとしてしまった。さっき、有美はすぐに寝てしまった。疲れ切っているのだと思っていたが、もしかして……。

僕は、不安になってしまった。有美は起きているのではないか? 僕とのセックスが始まらないように、寝たフリをしていたのではないか? 僕は、いったん動画をとめて寝室に向かった。

そっと音を立てずにドアを薄く開ける。すると、有美の規則正しい寝息が聞こえてくる。ごく軽いいびきも混じるので、寝たフリではなさそうだ。僕は、安心してリビングに戻った。

動画を再開すると、有美のフェラチオが映る。他の男のペニスをくわえる有美……。僕は強い嫉妬を感じながらも、一気に興奮が高まっていく。

『もう、我慢出来ない。誠さんのおちんちん、入れても良いですか?』
興奮した声で質問する有美。マイクロビキニ姿の彼女は、本当に卑猥な感じしかしない。美しく、清楚な有美。本当に、自慢の嫁だ。そんな彼女が、裸同然のマイクロミニのビキニを着てフェラチオしている……。AVや風俗みたいな事を、愛する嫁がしている……。

「良いよ。入れてごらん」
男性は、そんな風に言う。すると、有美がスッと立ち上がる。マイクロビキニ姿は、有美のスタイルの良さを際立たせているような感じだ。細いウェスト、形の良い胸、スラッと伸びた長い脚……。僕だけのモノだったはずだ。
『じゃあ、誠さんのおちんちん、入れちゃいますね』
うわずった声で言いながら、男性にまたがる有美。何の躊躇もなく、生のペニスを入れてしまう。
『うぅあぁ、大きい。誠さんのおちんちん、子宮に当たってます。こんなに刺激されたら、安全日でも受精しちゃいそうです』
有美は、可愛らしい声で卑猥な言葉を口にする。
「僕ので妊娠してよ。妊娠したら、僕と結婚してくれるでしょ?」
男性は、真剣な口調で言う。本気としか思えないような口調だ。
『フフ。妊娠したら、考えますね』
有美は、まるで小悪魔のような言葉を口にする。
「絶対に妊娠させる!」
男性は元気よく宣言すると、腰を突き上げ始めた。対面座位で、夢中で腰を突き上げる男性。有美は、すぐに男性にしがみつくように抱きつく。
『あっ、アンッ、気持ち良いっ、おちんちん奥まで来てますっ! もっと、もっと強くして、うぅあっ、そう、あっ、アンッ、気持ち良いっ! おちんちん気持ち良いっ!』
有美は、すぐにあえぎ始めてしまった。本当に気持ちよさそうにあえぐ有美。男性は、力一杯腰を動かし続ける。
「旦那さんより気持ち良い?」
男性は、そんな質問をする。
『気持ち良いですっ。全然違う。誠さんのおちんちんの方が、100倍気持ち良いっ!』
嫁は、そんなことを言いながらあえぎっぱなしになっている。僕は、自分のペニスを取り出し、そっと握ってみた。握っただけで隠れてしまうペニス……。長さが全然足りていないと思う。そして、太さも……。

「もっと気持ち良くなって」
男性が、そんな声をかけながら腰を突き上げ続ける。
『もうダメっ、イクっ、イクっ、誠さん、愛してるっ! 愛してるのっ!』
有美は、そんな言葉を口にしながらのけ反り身体を震わせる。深い快感を感じているのがわかるリアクションだ。
「有美ちゃん、愛してる。ずっと一緒にいたい!」
男性は、そんなことを言いながら腰を動かし続ける。
『私も一緒にいたいっ。誠さんと、いつも一緒にいたいっ!』
有美は、そんな言葉を口にしながらあえぎ続ける。そして、有美は自分から男性にキスを始めた。下から突き上げられながらキスをする有美……。本当に、感情がこもっているように見える。

「有美ちゃん、もうイキそう。出すよ、中に出すからね!」
男性も、かなり興奮状態のようだ。そんな言葉を口にしながら、腰を狂ったように突き上げ続ける。
『出して、中に出してっ。愛してる。誠さん、愛してるっ!』
有美はそう言って男性にキスをした。そして、男性はキスをしたまま腰を突き上げ、すぐに射精を始めてしまった……。

有美は、膣中に出されながらもキスを続ける。男性も、夢中で舌を絡めながら、射精を続けている。僕は、家政婦ではなく、本当の夫婦みたいになってしまっているなと感じていた。

射精をした後も、ひたすらキスを続ける二人。僕は、握っていたペニスをしごき始めてしまった。どうしてそんなことをしてしまったのかわからない。でも、有美が他の男とキスをしている姿を見ながらするオナニーは、一瞬で射精しそうになるほど強い快感があった。

『いっぱい出ましたね。フフ。こんなに出されちゃったら、本当に赤ちゃん出来ちゃうかも』
有美は、嬉しそうに言う。僕は、有美が本気なのか演技なのかわからなくなっていた。でも、そんな気持ちになりながらも、僕は夢中でペニスをしごき続けている。

「本当に、妊娠したら僕と結婚してくれる?」
男性は、真剣な口調で質問する。
『良いですよ。誠さんのお嫁さんになります』
有美は、真剣な口調で言う。本気で言っているとしか思えない口調だ。
「じゃあ、このままもう一回出すね。絶対に妊娠させるからね」
男性は、そんな風に言って腰を動かし始めた。
『えっ? 続けて? すごい、あっ、アンッ、もう固くなってる』
有美は一瞬戸惑いながらも、嬉しそうに言う。男性は、やっぱり嬉しそうな顔で腰を突き上げ続ける。僕は、射精直後にすぐに2回戦目を始めた男性を見て、負けた気持ちになっていた。

『ダメっ、すぐイッちゃう、ねぇ、私が動くよ。私にさせて』
有美は、そんな風に言う。そして、男性が動きをとめると、有美が腰を動かし始めた。
『気持ち良い? もっと気持ちよくなって下さいね』
有美は、優しい口調で言いながら腰を動かし続ける。イヤラシく、腰をくねらせるように動かし続ける有美……。私とのセックスでは、こんな動きはしたことがない。

男性は、腰を動かし続ける有美の胸を触り始めた。マイクロビキニの上から乳首をつまんだり、こすったりすると、
『気持ち良いっ。乳首も気持ち良いです。誠さんも気持ち良くしてあげる』
有美はそう言って、彼の乳首を触り始めた。気持ちよさそうな声を漏らす男性。有美は、腰を動かしながら乳首を愛撫し続ける。
「あぁ、気持ち良い。有美ちゃん、本当に気持ちいいよ」
男性は、本当に気持ちよさそうな声を漏らす。
『もっと、気持ち良くしてあげる』
有美はそう言って、男性の乳首を舐め始めた。対面座位で、窮屈そうに身体を曲げて乳首を舐める有美……。僕は、こんなタイミングでいきなり射精してしまった。暴発するような射精……。今までに経験のない快感に、うめき声が漏れてしまう。

「有美ちゃん、寝室に行こうよ。ベッドでしよう」
男性は、そんなことを言い始めた。そして、二人は慌ただしくリビングを出て行った……。

僕は、射精して飛び散ってしまった精液をティッシュで拭きながら、動画を見続ける。動きは何もない。すると、動画が途切れた。動体検知の機能があるらしい。すぐに始まった動画は、全裸の有美が入ってきたところから始まった。
動画の時間表示を見ると、2時間ほど経過している。有美は、全裸のままカメラの前を横切る。有美の表情は、とろけたような感じになっている。

鼻歌交じりで通り過ぎていく有美は、本当に楽しそうで幸せそうに見える。仕事で仕方なくレンタル妻をしているとは思えない。

少しすると、男性も全裸でカメラの前を通り過ぎる。やっぱり、ニコニコしている。僕は、こんな動画を見るんじゃなかったなと後悔を始めていた。

そして、少しすると、今度は全裸の二人が入ってきた。髪が濡れている感じがするので、お風呂に入ったのかもしれない。二人で仲良く入浴……。僕は、嫉妬でおかしくなりそうだ。

全裸の有美がカメラに近づいてくる。僕は、バレたのかと思ってドキドキしてしまった。でも、有美はカメラに気が付いたとかではなく、カバンを手に取っただけだった。そして、移動が始まる。カメラは廊下の壁を写すばかりだったが、寝室に入るとどこかに置かれたようで、固定アングルになった。

カメラは、ベッドを映している。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

働けなくなった僕の代りに、嫁がレンタル妻を始めました(転載禁止)

「それって、家政婦とは何が違うの?」
僕は、嫁に質問した。嫁が提案してきた話は、僕の知識では一発で意味が理解出来なかった。

僕が職場の人間関係で心を病んでしまったことで、経済的に苦しい状況になってしまった。僕の実家も嫁の実家も色々と助けてくれてはいるが、将来のことを考えると気持ちは暗くなる一方だった。

そんな日々が続く中、嫁がパートをやめてフルで働くと言い出した。嫁は、IT系の小さな会社の受付のような事をしていた。そこそこ給料も良かったが、結局パートなので生活が成り立つほどではなかった。


嫁が提案してきた話は、パート先の社長さんが個人的に始めた事業で、レンタル妻というような内容のものだった。掃除洗濯はもちろん、食事を作ったり家事のいっさいをするという感じのものだ。ただ、日給が驚くほど高く、僕は戸惑っていた。

『うん。家政婦みたいなものだけど、本当の奥さんがするようなことも全部するって言う内容なんだ』
嫁は、少し言いづらそうに説明をする。
「全部って?」
僕は、まだ意味がわかっていなかった。
『うん。一緒にお風呂に入ったり、一緒に寝たり……』
嫁は、言いづらそうだ。僕は、やっと意味を理解した。そして、当然のことながら反対した。少し口調も強くなっていたと思う。

『でも、私が働ける場所なんて、パートくらいしかないよ。資格もないし……』
嫁は、なぜか申し訳なさそうだ。嫁の有美は、資格を持ってはいないが、とてもルックスには恵まれている。どうして僕なんかと結婚してくれたのかな? と、思うくらいに可愛いと思う。

僕は、さらに反対を続けるが、申し訳ない気持ちも大きくなってきていた。僕がこんなことになってしまったばかりに、有美を追い詰めてしまっている……。僕は、謝りながら、僕もちゃんと頑張ると告げた。

『無理しちゃダメだよ。だって、死にたくなっちゃうんでしょ? 絶対ダメ。ヒロ君がいなくなったら、私も生きていけない』
有美は、そんなことを言ってくれる。でも、どんな形であっても、有美が他の男性と夫婦のように生活するなんて、絶対に耐えられない。

僕たちは、長い時間話を続けた。そして、半ば押し切られるように、有美が詳しく説明を聞きに行くことに同意した……。有美が聞きに言っている間、僕は色々と考えてしまった。そして、その仕事のことも調べた。でも、情報はほとんど出てこなく、表の商売ではないのかな? と、感じた。

どちらにしても、僕は反対するつもりだ。有美のような美しい女性がレンタル妻として家にやってきたら、絶対にセックスをしようとするに決まっている。そんな事をさせるつもりはない。

帰ってきた有美は、
『そんなに心配しなくても大丈夫だと思う。お客さんは、ほとんどが奥さんに先立たれた年配の方ばっかりで、その……エッチなことになる事はほとんどないんだって』
と、報告してきた。僕は、ほとんどないって言うことは、少しはあるって事だよね? と、質問した。
『……うん。でも、やってみたいな。ヒロ君に、お金のことで心配させたくないから』
有美は、そんな風に言う。僕は、自分のせいで有美にこんな苦労をかけていることに、申し訳ない気持ちで泣きそうになってしまった。

そして、1ヶ月ほど色々と話し合った結果、有美はそこで働くことになった。最初の日、僕は心配で仕方ない気持ちだった。でも、帰ってきた有美は、明るい顔で報告をしてきた。掃除や洗濯をして、色々と話し相手になる感じだったそうだ。
『心配しすぎだったね。考えてみたら、そんなにお金払える人だったら、他にいくらでもそう言うこと出来るんだもんね』
有美は、そんな風に言う。

僕も、なるほどと思った。給料が高いと言うことは、当然利用者が支払う金額も高いはずだ。そんなお金を日常的に払える人ならば、いくらでもセックスの相手を確保出来るはずだ。

僕は、やっと安心した。そして、有美のレンタル妻生活は始まった。お金の心配がなくなり、目に見えて明るくなった有美。僕も、有美の明るい笑顔に癒やされる日々を過ごしていた。でも、ある日突然、
『ゴメンね、明後日まで3日間泊まりになっちゃうんだ。めったにないみたいなんだけど、お給料凄くもらえるみたいだから……』
有美は、少し申し訳なさそうに言う。僕は、泊まりがあるとは聞いていたが、まさか3日間も帰ってこないとは思っていなかったので、心配する気持ちが大きくなってしまった。
でも、僕はなるべく明るい顔で、僕のことは大丈夫だから無理しないでと言った。
『うん。頑張ってくるね』
有美は、そう言って家を出た。働きもせず家にいる僕……。文句を言う資格もないと思う。でも、さすがに泊まりは心配になってしまう。

働いている間は、基本的に連絡は取れない。そういう契約だ。本当の緊急時は、会社の方に連絡をするシステムだ。僕は、3日間、身が焦がされるような時間を過ごした。

『ただいま! ゴメンね、寂しかった? 私も寂しかったよ』
有美は、そんな風に言いながら戻ってきた。見た感じ、特に変化はない。心配しすぎだったかな? と、思いながら彼女を出迎えた。

いつもよりも、少しおしゃべりになっている有美。僕は、まだ不安を感じていた。そして、どんな感じだったのかと質問した。
有美は、いつも通りの感じの説明をする。僕は、一緒に風呂に入ったりしたのかと聞いた。
『う、うん。でも、水着着てだよ! 裸は見られてないから!』
僕は、一気に不安な気持ちになり、本当に水着を着て入ったのかと聞いた。
『ホントだよ。ちゃんと用意してくれてたから……。本当にそれだけだよ』
有美は、そんな風に説明をする。僕は、強いショックを受けながらも、僕が文句を言える立場ではないなと思い出していた。有美は、申し訳なさそうに何回も謝ってくる。その態度からも、本当にそれ以上のことはなかったんだろうなと感じた。

僕は、どうしてこんなことになってしまったのだろう? どうして有美がレンタル妻なんてしているのだろう? そんなことばかりを考えて、落ち込んでしまった。でも、僕が病む前に稼いでいた額よりも稼いでしまっている有美に、何も言えない自分もいる……。

有美は、毎週のように泊まりの仕事をするようになってしまった。
『ゴメンね。断りづらくて……。なるべく泊まりはないようにお願いしてみるね』
有美は、本当に申し訳なさそうに言う。でも、僕は気にしないで泊まりの仕事も入れて良いと言った。正直、泊まりの仕事の給料がとんでもなく高額なので、それに目がくらんでしまっている部分もあると思う。

お金の心配をしなくて良いと言うことが、こんなにもストレスを軽減してくれるとは思っていなかった。そして、すっかりとこの環境に慣れてしまった僕もいる。


そんなある日、久しぶりに有美とセックスをした。いつも疲れてすぐ寝てしまう有美が、
『ヒロ君、いつもゴメンね。仕事も慣れてきたから、もう平気だよ。ねぇ、……久しぶりに、しない?』
有美は、恥ずかしそうに誘ってきた。僕は、大喜びで彼女に抱きついた。すると、すぐにキスをしてくる有美。僕は、飛び込んできた彼女の舌に舌を絡ませながら、細い身体を抱きしめた。

夢中でキスをしながら、どうしてこんなに積極的なのだろう? と、思ってしまった。僕は、そんな気持ちを持ちながらも、いつものように彼女のパジャマを脱がせていく。細いウェストに、小ぶりでも形の良い胸。本当に、綺麗な身体をしていると思う。
この身体を、他の男に見られてしまったのだろうか? 本当に、水着を着ていたのだろうか? 僕は、嫉妬でおかしくなりそうだった。

そして、いつもよりも少し荒っぽい形で彼女を抱いた。
『ヒロ君、すごいっ、あっ、ダメぇ、うぅっ、あっ、あんっ』
有美も、いつもよりも感じているようなリアクションだ。僕は、いつも以上にあっけなく射精してしまいそうになり、動きを緩めた。
『疲れちゃった? じゃあ、交代するね』
有美は、そんな風に言うと僕と体制を入れ替え始める。そして、騎乗位になると腰を動かし始めた。僕は、驚いていた。こんな風に、有美が上になったことがあっただろうか? 僕は、異常にドキドキし始めていた。
何か、有美に変化があったのではないか? 僕は、悪い想像を膨らませてしまう。でも、全裸の有美が他の男と一緒にお風呂に入っている姿を想像した瞬間、あっけなく射精してしまった。

射精した途端に冷静になった僕は、興奮しすぎてコンドームをつけていなかったことを思い出した。そして、慌てて謝る。
『大丈夫だよ。それに、そろそろ子供欲しいな……』
有美は、そんな風に言う。僕は、今は働いていないので、しっかりしないといけないなと思った……。

ただ、有美のセックスの仕方が変わったことが、僕に暗い影を落とし始めていた。そして、考えれば考えるほど、レンタル妻というモノが異常に思えてくる。実際は、どんなことをしているのだろう? そんな疑念で、おかしくなりそうだった。

結局僕は、有美がどんな風に働いているのだろうかと調べることにしてしまった。と言っても、普通の方法では調べようがない。僕が考えた方法は、有美のカバンにカメラを仕込むことだった。
有美が仕事に持っていくカバンは、結構使い込んであるタイプだ。ごく小さな穴が開いていても気がつかれないと思う。僕は、前の職場でのスキルを生かして、カバンの持ち手部分に小さなカメラを仕込んだ。

僕の代りに働いてくれている有美を裏切るようで心苦しいが、どうしても気になってしまって止められなかった……。
一泊の仕事を終えて帰ってきた有美。いつものように、
『ゴメンね、寂しかった? 私もだよ~』
と、申し訳なさそうに言ってじゃれついてくる。僕は、お疲れ様と言いながらも、カメラのことがバレていないかドキドキしていた。

有美は、とりあえずカメラには気がついていなかったようで、いつも通りの感じだ。手早く夕ご飯を作り、楽しそうに話しかけてくる。僕は、有美の明るい感じを見て、何もなかったんだろうなと思うようにしていた。

そしてその夜、有美はいつものようにあっという間に寝てしまった。疲れ切っているのか、軽いいびきも聞こえる。僕は、有美が熟睡したのを確認して、そっと寝室を抜け出した。

有美のカバンから取り出したカメラの動画を確認すると、当然のことながら移動中の映像が映る。常時録画で48時間はバッテリーが持つようにバッテリーも増設してあるし、マイクロSDカードも512GBのものにした。
自分が働いていないのに、こんな物にお金を使うことに罪悪感は感じた。でも、気になってしまったことは確認せずにはいられない……。その性分が、心の病に発展したのだと思う。

移動の場面を早送りしながら確認していると、有美は電車を降りてタクシーに乗った。タクシーに場所を告げる有美。僕でも知っているような、住宅街として人気のある地名だ。高級住宅街と言っても良いエリアだと思う。

そして、タクシーを降りた有美。一軒家に近づいていく。見た感じで大きな家とわかる家だ。インターホンを押して会話をする有美。すぐに門扉のロックが解除されて中に入っていく。

『お邪魔します。お待たせしました』
有美は、そんな風に言って部屋に入っていく。
「有美ちゃん、こんにちは。よろしくお願いします」
そんな風に挨拶をしてきたのは、思いのほか若い男性だった。おそらく、40代後半くらい。早くも、妻に先立たれた年配男性というイメージが崩れてしまった。

『フフ。あらたまってどうしたの? なんか、初めの頃思い出しちゃった』
有美は、いきなり砕けた口調で言う。そして、声が消える。カメラは下駄箱を映しているだけで、二人の姿は映っていない。
『ダ~メ、それは後で。そんなに焦らないの』
有美が、おどけたような口調で言う。
「だって、キスしたらこんなになっちゃったよ。少しだけしてくれる? お願い!」
甘えたような口調で言う男性。僕は、この時点で絶望感しか感じていなかった。聞いていた話とはまるで違う……。

『え~? 仕方ないなぁ。じゃあ、少しだけ』
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

カテゴリ

プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読めます。


月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者マガブロ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
48位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
3位
アクセスランキングを見る>>

リンク元ランキング