このブログのオリジナルコンテンツ一覧
全記事タイトル一覧

続きを読む

双子の姉妹の妹とやったのがバレたから”似てて間違えた”と言った怒られた

その姉妹は、二人暮らしをしていて、俺はその姉の方と学校が同じで付き合っていた。妹は初めて家に行くまで面識なかった。つうか、妹って聞いていただけだった。
始めて見たときはそっくりでびっくりした。二人は、本当にそっくりなんだけど、どっちかって言うと友達感覚で、あまりお互いに干渉していない感じ。

続きを読む

当直のドクターに誘われて、ホイホイと股を開いた私

868 名前: えっちな18禁さん 投稿日: 2010/05/13(木) 07:53:17 ID:GhWlsqXF0
おたんこナースで申し訳ないんですが、昨日準夜勤(夕方から夜中までの勤務)、当直の先生が前からちょっと気になっている先生でした。
冗談で「あとで当直室に差し入れ持ってきてよ」と言われたのですが、真に受けたフリして行っちゃいました。
今から出かけますので、ご要望があれば、夕方か夜くらいに書きます。

続きを読む

人妻になる1ヶ月前の女

130 えっちな21禁さん sage New! 04/02/26 23:26 ID:GmT5Zi3L
このスレは人妻がらみの話じゃないといかんの?
人妻になる1ヶ月前の女の話なら
書きかけのがあるんだけど。

133 えっちな21禁さん sage New! 04/02/27 00:12 ID:87yjn8Rh
じゃあ、書きかけなので途中までだけど
暇な人はちょっと付き合ってくだされ。

数年前の夏、当時俺は会社で借上げて貰った1K・ロフトつきの
アパートの1階に住んでいた。
そのアパートには俺以外に社員はいなくて、他の部屋は普通に借
りて入居している人ばかり。そこに住み始めてからしばらくは、
朝早く出勤し帰りも遅い上に休日が不規則だったので、俺は隣の
住人がどんな人かも知らなかった。ただ、時々隣からかすかに聞
こえる声から若い女だということはなんとなく想像していた。時折
男の声も聞こえたので、彼氏持ちなんだなーということもわかっていた。

ある土曜の夜、翌日も出勤する予定だった俺は少し早めにロフト
に上がって寝る態勢に入った。
土曜の夜なので、他の部屋の住人は夜更かしをしているようで、
2階の部足音や隣のテレビの音が聞こえていた。
その程度の物音はまったく気にならないので、疲れていたせいも
あって俺はすぐに眠りに落ちかけた。
突然、2階から男の叫ぶ声が聞こえた。どうやら酒を飲んで喧嘩
をしているらしい。

続きを読む

友達が俺の彼女でオナってた

彼女と俺の友達と(男)と三人で酔っぱらって家に帰った時のこと。
彼女はその日ミニスカだったんだけど酔っていてそのまま三人で雑魚寝することになった。
彼女は最初は布団をかぶって寝ていたんだけど、途中で目が覚めると開脚しているじゃないですか。
もちろんパンツ丸見えで食い込んでやらしい姿に。
連れに見られるのが嫌で布団をかぶせた。
 
で、眠たさもあって再び眠りに入ったんだけど、何気に目が覚めて目を開けると
彼女のバーバリーっぽいスカートがヘソまでめくれてパンツが食い込んだあそこ
を見ながら連れがオナっていた。
俺は気付かないふりをしたが、触られてなくて良かったと思う。
彼女酔って寝たら触られたくらいじゃ起きんからひょっとしてあの食い込みは奴
そ仕業じゃないかと考えたけど、そんな奴じゃないしなぁ。
しかし、あいつも度胸あるよ。俺と彼女の間に入ってきてオナるなんて。

続きを読む

エロい体のお嬢様と

605 なまえを挿れて。[sage] 2013/11/12(火) 07:13:12.33 ID:k4D0dKte0
おじゃまします。
私の10年ほど前の経験。

相手は日本で指折りの食品会社の副社長の娘でした。
かなり短期で終わってしまったんだが、いつも「です」「ます」でしゃべるまさに育ちの良いお金持ちのお嬢さんだった。
 
彼女とは、俺の友人の夕食会で知り合った。
俺は彼女とは面識がなかったが、俺の友達が彼女を良く知っており、それで話をすることが出来た。
何でも彼女の親父さんが退職し、リゾート地に引っ越すとかで、彼女はまだ両親と一緒に暮らしていたので、
一緒に行くのか、一人で残るのか、選択を迫られていた。
彼女は身長約165、サイズは上から、85、60、90ぐらいで、ものすごいグラマーだった。
そのうえ、目のやりどころがないほどの爆乳。おそらくEからFカップぐらいだろうか。
やはり、裕福な家に生まれると、食生活が恵まれているのか、とても発育がいいようだ。
その日の彼女は夏の初めだったこともあり、うす水色にプリントの柄が涼しげな、ワンピースを着ており、身体の線はそれほど強調されてはいなかった。
しかし、ちょっと気をつけてみれば、彼女の肢体がいかに成熟しているかは隠せるはずもなかった。
特に胸のあたりはワンピースが、パッツンパッツンに張っているのが見て取れた。
彼女が姿勢を変えたり、笑ったりするたびに、その部分が悩ましく振動するのがよく見えた。

続きを読む

友達カップルと飲んでたら潰れて夜這いされた

彼氏とのHがマンネリ化していた時に、友達のマンションで友達カップル2人(KくんとYちゃんは同棲中、Yちゃんはわたしの友達)と飲みました。

いつも通りくだらない話で0時くらいまで盛り上がりましたがわたしは体調悪い上に結構飲んだので潰れてしまいました。

最初から飲むつもりだったのでわたしは、お泊りセット持参でしたが、飲みすぎでお風呂も入らずに客間へ。

着替えもせずに敷いてもらった布団の中へ・・・。
 
 
私もどれくらい寝たのか時間は分かりませんが「何かもぞもぞする・・・。」

と思って飛び起きるとKくんがわたしTシャツの上から胸を触っていました・・・。

「だめだよ、何してるの、Kくん、だめ・・・。Yちゃんがいるでしょ。絶対ダメっ!!」

「オレ靖代ちゃんが好きなんだ・・・。好きだからさ・・・。」

Kくんは上のTシャツを着たままパジャマとパンツを同時に少し下ろし、

仰向けのわたしの頭を両手でつかんで乗りかかる感じでわたしの口にモノを入れてきました・・・。

Kくんは正直あまりタイプではないんですが・・・。

続きを読む

理科主任の佐藤清美先生と

それは合意の上でのことでした。

 僕の名前は菅原敬。函館にある中学校の、理科の教師になって三年目。まだまだ新米です。昨年の夏、北海道の教育委員会主催のセミナーに理科主任の佐藤清美先生と出席することになりました。佐藤先生は43歳、美人ではないけれど細身で明るい性格で生徒達にも同僚の教師達にも人気があります。頭も良くて包容力があるというか、誰の意見でも真っ向から否定することはなく、理解しながら的確なアドバイスを下さる点は新米教師の私としても見習わなくてはいけない点だと思います。それに学校ではいつも白衣を着ていますが佐藤先生が実はすばらしいプロポーションの持ち主であることは僕は知っていました。
 セミナーは室蘭のセミナーハウスで三日間にわたって行われ、三日目の夕方にはいちおう閉幕したのですが、道内でも遠くから来ている人は、もう一泊泊まりその日の夜打ち上げパーティーをやることになりました。一次会の後、他の先輩先生達は室蘭の町へと繰り出して行きましたが、僕と佐藤先生は彼女の部屋で飲み直すことにしたのです。         

 40半ばの大人の女性と30前の男、話は佐藤先生(セミナー期間中は"〇〇先生"と言うのは厳禁でしたから、清美さんと呼びましょう。)が独身男性がさも珍しいかのように色々と質問してきて私がおどけて答える、そしてお互いに笑い合う、時に私の反応を試すような意地悪な質問をぶつけてきくると、私も清美さんの期待に応えておどどと話にくそうに答える、そんな姉弟のような会話が続いていました。SEXの話をし出したのは清美さんの方でした。  
 と言っても女性の好みや独身の男性はどうやって処理してるの?とか聞かれ、僕も大げさに困ったように答えていました。
「敬ちゃん、彼女はいるの?」

続きを読む

友達の里美ちゃんの旦那の精子を注がれて

何年か前の話ですが、友達の里美ちゃん夫婦がアパートを引っ越ししたというので遊びに行きました。土曜の夜で3人で飲んだので、車で帰れず泊まることにしました。里美ちゃん夫婦は二人で寝室で寝て、わたしは一人で居間に布団を敷いて寝ることに。
夜中に(お酒でお腹がゆるくなり)お腹が痛くなってトイレに行き10分くらいしてトイレ(男女一緒の洋式トイレでした)を出ると、里美ちゃんの旦那のMくんも偶然トイレに起きてきてバッタリ会い、「わっ!」と私はびっくりして「(音とか聞かれてたら恥ずかしいな・・・)」と思い、「トイレねっ、ごめんなさい」と素早く居間に戻ろうとするとMくんが私の腕をつかんできてトイレの中に連れ込まれました。

「イヤっダメっ!」と私は抵抗しました。トイレの中で声が響いて、里美ちゃんに聞こえるとまずいのであまり大きな声は出せませんでした。私は洋式トイレのフタの閉まった状態の上で座らされ、トレーナーのズボンとパンツを下げられてクンニされました・・・。
Mくんはズボンを下げ、オチンチンを出しました。すごく亀頭のエラが張っていてワタシの旦那より全然太かったです。フェラさせられて、さっき一緒に3人で飲んでいたMくんとは人格が変わっていました。「ここはせまいから居間に行こうよ」とつれられて居間の布団へ。

私は小声で「となりの部屋で里美ちゃんが寝てるよ・・・口でガマンして・・」とお願いしましたが「道家ちゃんとこんな事できるチャンスないからダメだ」と押し倒されました。電気が小さいのだけついていて体を見られるのが恥ずかしかったです。

続きを読む

お持ち帰りじゃなくて置き去りにされた

お酒を飲むとエロくなって何度かお持ち帰りされてるけど、
目が覚めると知らない人と寝てたとか、泥酔して覚えてないとか、
そういう経験はないのね。エロくなるっていうか、人肌恋しくなる感じかな。
寂しがりやなのかもしれない。彼氏がいる時はちゃんと彼氏に相手してもらう。
浮気もしない。問題は彼氏がいない時期。
 
でね、酔っぱらいながらも一応相手を選んでいる、らしい。
最低限のルールは前から知っている人で、わたしに関心をもっている人、らしい。
そういう基準を満たしていたら、後は気分次第っていうか、勢いっていうか、
テキトーっていうか・・・わたしの中のエロ女よ、もう少し選んでよ。


で、お持ち帰られじゃなくて置き去りにされた話です。

続きを読む

幼なじみのちーちゃんと

19 名前:18 投稿日:2008/03/15(土) 23:05:32 ID:8c4tywVL0
 俺には千里ちゃんという物心ついたときからの幼馴染がいて、ちーちゃん、ちーちゃんと呼んでいた。
周辺に俺たち以外子供のいない地域だったので、いつも一緒だった。
 
しかし中学校に上がる前にちーちゃんが引っ越してしまい、それ以来交流は無くなった。
親同士が仲が良かったので、俺が中学や高校に入学とき、お祝いで家にきてくれたことはあったが、
この年頃になるとお互いの世界があるわけだし、会っても一言も口をきかなかったなあ。

 で、いつしか俺は大学を卒業し、就職で故郷を遠く離れた都会に出てきたわけだ。
こうなってくると、もう一生会うこともなさそうだが、話はここから始まるので、世の中は訳が分からない。

続きを読む

サバサバした女友達とエロトークから

536 名前: えっちな18禁さん [sage] 投稿日: 2010/03/15(月) 15:08:30 ID:O429kZqE0
高校3年で同じクラスでその後同じ大学に進んだ女友達。
サバサバした性格で音楽の趣味が合ったから高校時代より寧ろ大学時代に仲良くなった。
ただ御互い高校時代から彼氏彼女がいたから本当に友達という感じの付き合い。
 
週一位で電話したり、バイト帰りとかに時々飲んだりといった感じ。
下ネタもありありで本当サバけた感じの付き合いをしてた。

そして大学3年になったある冬の日、俺の家で二人で飲んでた。
それも二人で飲もうではなく、本当は3人で飲む予定が一人キャンセルしたからという理由で二人だった。

当時俺には彼女はおらず、女友達には彼氏がいた。
下ネタOKなので飲みながら「SEXしてる?」
「ん?まあ、してるけど。」
「俺してない」「まあ彼女いないんなら当たり前でしょ。」
等々際どい話をしながら飲んでいた。

続きを読む

ゲームに勝ったらエロいことしてイイよ

962 名前: えっちな18禁さん [sage] 投稿日: 2010/03/17(水) 00:36:44 ID:CB/hnq900
914のを読んでて思い出したので俺の体験談を。
学校卒業してしばらくして、学生時代の女友達(かな)の紹介で彼女が出来た。
付き合って1年くらい経ったころ、3人で飲む機会があった。
 
普通に飲んでたんだが、かなの携帯に電話がかかってきてかなはベランダに出てしゃべりだした。
2週間くらいHしてなかったこともあり、その隙に彼女とキスをしたり胸を揉んだりしてたんだが、どうやら隙間から見えてたらしい。

続きを読む

親友の彼とまさかの中出しセックス

親友のMちゃんとMちゃんの彼氏T君は最近仲がうまくいっていないと聞き、
私は、T君の相談にたびたび乗ってあげていました。
T君はジャニーズ系の顔で女の子だったら誰でもいいな。と思うような男の人でした。
私自身は婚約者がいて、今は式の打ち合わせなど準備で忙しいのですが、
平日の夜だったら時間があったので話を聞くことにしました。

どっちが悪いとも言えない感じで、ずーっと話を聞いてました。
バーのようなところでお酒を飲み、店を出ると、終電の時間に間に合わなくなっていました。
タクシーでは遠すぎるし、どうしようと話しているとT君が
「ホテルで泊まるか・・・」
「えぇっ!?私、婚約してる人いるし、T君もMちゃんがいるじゃん」
と答えると
「何もしないからさ」

続きを読む

彼氏と別れた女友達にぎゅってされたいと言われた

男4女4で朝三時まで飲んだ後、女友達を一人送っていくことになった。
女友達は結構酔ってて、車内では「彼氏がいなくて寂しい寂しい」って言ってた。
俺は、寂しいって言ってる友達が可愛くなってきて信号待ちの時軽くキスした。
びっくりしてたけど嫌ではなさそうだった。
その反応を見た俺は川沿いに車を止めてキスしたり、いろんな話をした。
 
俺は話をしながら友達の太ももに手を伸ばし軽く触れていった。
さすがにそれは嫌がられたけど「こうすると俺落ち着くんだよ」とか言ってごまかした。
しばらく会話してると突然友達に「ぎゅってされたい」って言われた。
最初俺は軽く抱きしめたんだけど、そしたら友達が予想外に強く抱きしめてきた。
「こいつほんと寂しかったんだな~」とか思ってると俺も勢いがついてきて
今度は服の中に手を入れてさらに強く抱きしめた。
ここまで来ると後はお互い収まらず、ディープキスしたり、胸を直で触ったり・・・
やる直前って感じになった。

続きを読む

カテゴリ

アクセスランキング

プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

ブログランキング

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このブロマガは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のブロマガは全て読めます。


月が変わっても、購入した月のブロマガはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者ブロマガ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
227位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
11位
アクセスランキングを見る>>