このブログのオリジナルコンテンツ一覧
全記事タイトル一覧

※嫁が子作りを始めたいと言ってきたので、寝取られ性癖を告白した5(転載禁止)

前回の話

「ホントにしなくても良いんだって、流れだけわかってくれれば良いって」
大慌ての店長さん。ファッションヘルスの店長なのに、人が良いというか、女性経験が少ない男性みたいなリアクションだ。
『だって、下手くそだから教えてもらいたいです』
典子が、そんな事を言う。
「いや、下手くそくらいが良いんだって。お客さんは、素人っぽさを求めてるんだから」
店長さんは、そんな事を言う。僕は、イメージしていた風俗店の店長と違いすぎるなと思った。イメージでは、講習と称して無理矢理やってしまうようなイメージだった。
『でも、本当に下手くそだから、教えて下さい』
典子の真面目な声が響く。
「あっ、いや、いいって、しなくても、あぁ、そんな」
店長さんは、明らかに動揺している。

「気持ち良いよ、別に下手じゃないし。そうだね、カリ首をもっとこするように舐めたら?」
店長さんはやっと講習らしいことをしゃべりはじめた。その後は、わざと音を立てるとか、大っきくて歯が当たっちゃうと言いながらわざと歯を当てるとか、細かいテクニックも教えていく。

すると、すぐ横の典子が、
『さっそく、講習の成果を見せてあげるね』
と、言いながら僕のズボンとパンツを降ろす。
『なんでこんなになってるの? もう~。ヘンタイ』
我慢汁でドロドロになった僕のペニスを見て、あきれたように言う典子。僕は、ゴメンと謝った。
『良いよ。お客さん、元気ですね~』
典子は、そんな事を言って僕のペニスを舐め始めた。カリ首を、舌が強く舐めあげていく。確かに、今までとはまったく違うフェラチオの仕方だ。

僕は、典子が店長さんに仕込まれたと思い、強いショックを受けた。嫉妬や焦り、そして後悔が僕の胸をグルグル回る。
典子は、卑猥な音を立てながら僕のペニスをくわえ続ける。本当に大きな音を立てて、下品な感じだ。でも、典子みたいな美人がそんな下品なフェラチオをしていると思うと、ドキドキして仕方ない。

すると、典子の歯が僕のペニスに強めに当たった。思わず痛っと言ってしまった僕。すると、慌てて典子がペニスを口から吐き出す。そして、
『ごめんなさい。お客さんのおちんちん、大っきいから歯が当たっちゃった』
と、申し訳なさそうに言う。僕は、すっかりと風俗嬢のようだなと思いながら、複雑な気持ちになっていた。僕のペニスは、間違いなく小さい。短小包茎を絵に描いたようなペニスだ。
それなのに、歯が当たっちゃうと言われても、悲しいだけだ。

ボイスレコーダーからは、店長さんの講習が続いている。さすがに、一度始まると真剣にテクニックを教えているようだ。そして、僕はそのテクニックを味わっていた。
『どう? 気持ち良い?』
典子は、僕にそんな質問をしてくる。僕は、正直にもうイキそうになってしまったと告げた。すると、典子はフェラチオを止める。
『まだダメだよ。これからがいいところなんだから』
典子は、イタズラっぽく言う。僕は、イキそうになってきたところで止められてしまい、モヤモヤしていた。


レコーダーからは、店長さんの余裕がなくなった声が響く。
「もう良いよ、ストップ。出そうだよ」
すると、典子が真面目っぽい声で、
『イカせるときは、どうすればいいですか?』
と、質問する。
「くわえて、口の中に出させてね。飲まないように気をつけて」
店長さんは、余裕のない声で言う。
『わかりました。やってみますね』
典子が真剣に言う。
「いや、もう良いって、ストップ」
店長さんが慌てて言う。でも、典子は何も答えない。まだ、くわえているのかな? と、思った。
「うわ、ちょっ、ゴメン、うぅっ」
店長さんが申し訳なさそうに言う。
『ん~っ』
典子は、くぐもった声をあげている。

僕は、思わず典子の顔を見た。典子は、イタズラっぽい笑みを浮かべながら、
『店長さん、すっごい沢山出したんだよ。たまってたんだって。ヘルスの店長さんなのに、おかしいよね』
と、言う。

ボイスレコーダーからは、
「ご、ごめん、出して、ほら、ティッシュに」
と、慌てる店長さんの声。僕は、風俗店の個室で、典子がこんな事をしてしまったという事実に、今さらやりすぎたと思っていた。
『ごめんなさい。飲んじゃいました。凄い量だったから……』
「マジで!? ホントゴメンね。うがいして、マジゴメン」
店長さんは、本当に申し訳なさそうに言う。とことん人が良いんだなと感じた。
『わかりました。ちょっと待ってて下さい』
そんなやりとりをする二人。

僕は、典子に飲んじゃったの? と、質問した。前回、典子はあの男の子のザーメンも飲んでしまっていた。飲むことに、抵抗は感じないのだろうか? 

『うん。量が多すぎて、飲まないとこぼれちゃいそうだったから。それに、飲んだ方が良かったでしょ? 明憲が喜ぶかなって思ったんだ』
典子は、そんな風に言う。僕は、そんな事はないと言った。飲むことでも性病になる可能性があると言うと、
『そんな事心配するなら、あんなお店に行かせちゃダメでしょ?』
と、ド正論を言われた。すると、典子が僕のペニスを掴んでくる。
『フフ。やっぱり喜んでるじゃん』
典子は、楽しそうだ。僕は、言葉が見つからず、ゴメンと言うしかなかった。


店長さんが、
「ゴメンね~。お茶飲む? 不味かったでしょ」 
と、典子に言う。
『そんなことないですよ。美味しくはないですけどね』
典子は、優しく言う。
「じゃあ、こんな感じでやれば良いからね。明日からよろしくね」
店長さんは、講習を終えようとする。
『え? 受け身の講習はないんですか? 私、あんまり経験無いから……。どんなリアクションすれば良いか、教えて下さい』
典子は、真剣に言う。実際、典子はあのマッサージ師のことがあるまでは、僕しか経験が無かった……はずだ。でも、一瞬、翔馬のことを考えてしまった。あの時、本当に何もなかったのだろうか?

「いや、別にマグロでいいって。純子ちゃんくらいの美人さんなら、黙って寝てるだけでOKだよ」
店長さんは、イッた後の賢者モードの影響もあるのか、そんな言い方をする。
『でも、どうせやるならちゃんとしたいです。じゃあ、お願いします。教えて下さい』
ボイスレコーダーから聞こえてくるのは、典子の真剣な声だ。
「……了解。じゃあ、はじめるよ。イヤだったら言ってね」
『わかりました』
そして、2人の声が消える。少しすると、
「そんなに真剣にキスしちゃダメだよ。中には勘違いする痛いヤツもいるから、キスはもっと事務的にね」
と、店長さんの声がする。僕は、そんな風に言われるくらい真剣にキスをしたのかな? と、泣きそうな気持ちになってしまった。

『だって、店長さん上手いから……。ちょっと本気になっちゃいました』
「うわぁ、ヤバい。惚れちゃいそうじゃん。大事なことだから言うけど、お客さんに惚れられたりしないようにね。距離感間違うと、マジで痛い目にあうからね。中には、色恋で惚れさせる女の子もいるけど、たいてい痛い目にあってるから」
店長さんは、真剣に話をしている。本当に、働く女の子のことを大切に思っているようだ。正直、ヤクザみたいな人が、力で女の子達を押さえつけているようなイメージだったので、ビックリした。

『気をつけます。じゃあ、続けて下さい』
「うん」
そして、また静かになる。でも、すぐに、
『ンッ、ン、ふぅ、ン……あっ、くぅ』
と、噛み殺すような典子のあえぎ声というか吐息が聞こえる。
「じゃあ、下も舐めるよ」
『お願いします』
典子は、声がうわずっている。完全に感じている時の声だ。
『あっ、うぅ、うぅっ、あっ、あっ、ダメぇ、声出ちゃう』
典子は、さらにとろけた声に変わる。
「いいリアクションだよ。そんな感じでまったく問題ないよ」
『本当ですか? でも、どうすればもっと良くなるか教えて下さい』
「ホント、真面目だね。間違いなくナンバーワンになるんじゃない。じゃあ、舐められてる時も、お客さんの乳首触ったり、チンポ握ったりしてあげて。一番喜ぶのは、純子ちゃんからキスすることかな? 最初にするよりも、途中でいきなりすると喜ぶと思うよ。ンッ!」
『こんな感じにですか?』
「そうそう、て言うか、マジで惚れちゃったよ。ヤバいね、最高すぎる」
店長さんは、本当に嬉しそうだ。女の子を乗せるために言っているのではなく、本気で言っているようにしか聞こえない。コレが演技ながら、たいしたものだと思う。

『私も、惚れちゃいそうです。だって、店長さんの舐め方すごく優しくて気持ち良いんだもん』
典子は、そんな事を言った。僕は、思わず横の典子を見た。
『フフ。店長さん、イケメンだからかな? 経験豊富でメチャ上手だったんだよ。この時も、密かにイッちゃったんだよね~』
典子は、衝撃のカミングアウトをする。僕は、その言葉を聞いてペニスがビクンビクンと何度も跳ねてしまった。僕のペニスは、射精してもおかしくないくらいになっていた。

『フフ。すっごく喜んでるね。でも、もっと喜ぶことがあるからね。まだイッちゃダメだよ』
と、典子は小悪魔の顔で言う。たった一日風俗店に行き、講習を受けただけなのに、典子はまるで雰囲気が変わってしまった気がする。妖艶というか、エロさがにじみ出ているような感じだ。


店長さんは、照れ臭そうに、
「ありがとう。じゃあ、指入れするよ。痛かったら言ってね」
と、言った。
『わかりました』
典子は、少し緊張したような声だ。典子とセックスをする時、指を入れることなんてほとんどない。僕が我慢出来なくて、すぐにペニスを入れてしまうからだ。

『ううぅ、入ってきたぁ』
典子は、気持ちよさを隠しきれない声をあげる。
「痛くない?」
『平気です。すごく気持ち良いです。続けて下さい』
典子は、講習と言うよりは、セックス自体を楽しみはじめてしまったような感じだ。
「もしかして、本気で感じちゃってる?」
『えっ? は、はい。本当に気持ち良いです』
「そっか。けっこう敏感なんだね。でも、毎回感じてたら、身体もたないよ。違うこと考えて、感じないようにしてみたら? 例えば、昔飼ってたザリガニが死んだ時のことを思い出すとか」
店長さんがそう言うと、典子が吹き出すように笑った。
『ザリガニって。店長さん面白いですね』
「いや、俺飼ってたからさ。最近まで」
『最近までですか? ホント、おもしろ~い』
典子は、本当に楽しそうだ。少なくても、店長さんにはかなりの好感を持っているようだ。

「じゃあ、これくらいにしようか」
『え? その……もう少し続けてくれませんか? 出来たら、指2本で……』
典子は、本当に恥ずかしそうに言う。
「えっ? う、うん。じゃあ、痛かったら言ってね」
『はい。お願いします!』
典子は、嬉しそうに言う。


『ゴメンね。ホントに感じちゃったんだ。中途半端なところで止めるから、我慢出来なくなったの……』
典子が、申し訳なさそうに言う。僕は、もう今さら、愛のないセックスで感じることはない……と、言うつもりはない。あのマッサージの人や高校生の男の子に、嫌と言うほど思い知らされている。

『うぅ、あっ、あんっ、気持ち良い。そこ気持ち良いですっ』
典子は、本当に気持ち良さそうにあえぎ始めてしまった。
「すごいね、メチャ締まってきたよ。感じすぎだって」
『だ、だって、気持ち良いから。すごく気持ち良いのっ、もっと、もっとこすってぇ』

【続きは出典元で】

・FC2BlogRankingでこの続きを探す
・オリジナルの体験談一覧(姉妹ブログも含む)
関連記事
・妻からの昇進のお祝いは、元カレとのセックスでした3
・倦怠期の婚約者が、会社の男の子にデートに誘われたと言ってきた
・男前な姉さん女房を、後輩の彼氏に抱かせることになって完
・妻が追突事故を起こしたことで、ヤクザの真珠入に狂うことになりました3
・年上の嫁を寝取ってもらうために、友人のアレを型取ってディルドを作った4
 


従順な妻を演じてきましたけどもう我慢できません

彼女が親父のチンポに負けた理由

カテゴリ

アクセスランキング

プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

ブログランキング

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このブロマガは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のブロマガは全て読めます。


月が変わっても、購入した月のブロマガはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者ブロマガ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
136位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
5位
アクセスランキングを見る>>