このブログのオリジナルコンテンツ一覧

★地味だけど童顔で可愛らしい嫁が、AVに出ていただけではなく……完(ブロマガ転載禁止)

前回の話

嫁は、週に何度も松田に中出しをされるようになった。たぶん、本気で松田の子供を妊娠したいのだと思う。二人目が欲しいというようなことは、ストレートには言わないながらも匂わせてはいた。

松田とセックスをした翌日、私ともセックスをする嫁……。もちろん、妊娠してしまった時のつじつま合わせのためだと思う。でも、私も嫁の中に注ぎ込んでいるので、私の種で妊娠する可能性もあるはずだ。
こんな事を言うと頭がおかしくなったと思われてしまうかもしれないが、松田の種で妊娠してくれた方が良いと思ってしまう私がいる……。

ただ、30歳を過ぎているからなのかはわからないが、嫁はなかなか妊娠しない。日々、クラウドストレージのハメ撮り動画だけが増えていく状況になっていた。
私は、その動画を見てオナニーもするし、嫁とも週に2回も3回もセックスをする。こんなに毎日のように射精する日々は、学生の頃以来だ。今日アップされた動画は、露出プレイみたいな状況から始まった。

嫁は、かなり短いスカートを穿いている。テニスの時に穿くような、短くて広がったような形のスカートだ。でも、テニスの時は普通アンダースコートを穿くと思う。嫁は、そのミニスカートの下にアンダースコートどころか、下着すら身につけていない。
歩く度にスカートがヒラヒラと跳ねるように動き、時折尻肉が見えてしまっている。
松田は、後ろから歩く嫁を撮し続けている。少し離れて歩いている感じだ。嫁は、上はギャルのようなキャミソールを着ているだけなので、後ろ姿はまるっきり未成年の女の子のようだ。
二人は、公園のようなところを歩いている。人通りはまばらで、平日の昼間という感じだ。
「じゃあ、おっぱい出してみて」
松田が指示をする。すると、嫁は、
『え~。ここで見せるの?』
と、驚いたようなリアクションをする。でも、本当に嫌がっている感じではない。実際、すぐにキャミソールをまくり上げてしまった。若々しいおっぱいと、くびれたウェストが丸見えになる。身体も服装も、とても子持ちの主婦のものではないと思う。

「いいね。じゃあ、下もまくり上げてごらん」
『もう……。ヘンタイ』
嫁は、そんな風に言いながらもスカートをまくり上げた。躊躇なく思いきりまくり上げたので、アソコが丸見えになってしまった。真っ昼間の公園で、胸もアソコも丸見えにしている嫁……。この露出プレイを、心底喜んでしているように見える。

「丸見えじゃん。じゃあ、そこでおしっこしてみなよ」
松田が指示をする。すると、嫁はすぐにしゃがんで放尿を始めた。しぶきが飛び散り、地面に大きなシミが出来ていく。
『恥ずかしいよ。撮らないで……』
嫁はそんな事を言いながらも、最後の一滴まで放出してしまった。カメラは、アソコをアップにしたりしながら、その様子をずっと撮し続けていた。

そして場面が切り替わると、大きな木に両手をついた状態の嫁が、バックでハメられていた。
『んっ、ん~っ、んふぅっ、声、うぅ、でちゃう、うぁうっ! ダメぇ、もっとゆっくり、うぅっ!』
嫁は必死で堪えようとしながらも、声がどうしても我慢出来ないようだ。真っ昼間の公園で、立ちバックでハメている二人。しかも、嫁は全裸にされている。正確には、靴だけは履いているが、それがシュールな感じにさせている。

「ほら、人あつまってきたぞ。見て欲しくて、わざと声出してるだろ」
松田があきれたように言う。
『そ、そんなことない、うぅ、ダメぇ、見られてる、イヤァ』
嫁は、泣きそうな声で言う。カメラがパンすると、中年の男性とまだ学生くらいのオタクっぽい男性が嫁を見ていた。二人とも、興奮した顔になっていて、中年の方の男性はズボンの中に手を突っ込んで股間をまさぐっている。

「じゃあ、もっと近くで見てもらうか」
松田がそう言って、男性達を呼び寄せる。すると、二人もとすぐに近くに寄ってきた。
『ダメッ、イヤ、見ないで、うぅあっ! あっ、あっ、あぁっんっ!』
嫁は、必死でそんな事を言う。でも、声も顔も快感にとろけてしまっているような感じだ。
「ウソつけって。見られて感じてるだろ。ほら、もっと見てもらえよ。イクとこ見てもらえって」
松田も、ノリノリで調教のような言葉を浴びせる。嫁は、本当に気持ちよさそうだ。人に見られながらのセックスは、そんなに気持ちいいものなのだろうか? 
松田の言うとおり、嫁はセックス依存症なのだと思う。でも、私にはその顔を見せない。どちらかというと、セックスには淡白な顔しか見せてくれない。嫁や夫とは出来ないセックスがある……。そういう話はよく聞く。と言うよりも、不倫をしている男女が必ず言うセリフだと思う。

松田は、男性達にオナニーをするように煽った。すると、素直に二人ともペニスを出してオナニーを始めた。こんな事があるのだろうか? 夜の公園で、露出狂のカップルや夫婦がこんな事をするというのは聞いたことがある。でも、真っ昼間の公園でこんな事をするのは、あまりにもリスキーな気がする。
「で、出そうです」
学生っぽい方が、余裕のない声で言う。すると、松田は嫁の膣中からペニスを抜いて、男性に嫁の顔にぶっかけろと命じた。嫁は、立ちバックの体勢からしゃがむような格好になる。ちょうど、目の高さに男のペニスがある。

男は、ペニスをしごきながらさらに嫁に近づく。そして、嫁の顔めがけて射精を開始した。塊のような大量のザーメンが、一直線に嫁のまぶたに突き刺さる。それは、鼻や頬や唇までドロドロに汚していく。男の射精は長く大量で、嫁の髪の毛にまでザーメンがかかってしまっている。

そして、長い射精が終わると、
「顔にかけられて、イッただろ。ホント、ド淫乱だな」
と、松田が声をかける。
『だ、だってぇ……。凄い量だし、臭いも凄いから』
嫁は、恥ずかしそうに言う。すると、男が顔にかけたことを謝り始める。でも、嫁はザーメンまみれの笑顔で、
『平気だよ。すっごい量だね。ふふ。綺麗にしてあげる』
と、言いながらお掃除フェラを開始した。まったく見ず知らずのギャラリー男性のペニスを、躊躇なくくわえる嫁……。私は、激しい興奮に包まれながら、オナニーを開始した。今日か明日、きっとまた嫁が子作りをせがんでくるとわかっていながら、オナニーを止めることが出来ない。
嫁は、本当に丁寧にお掃除フェラを続ける。熱心に、心を込めてしているような感じだ。ザーメンに塞がれて、片目を閉じたまましばらくお掃除フェラを続けていると、もう一人の男性がイキそうだと言い始めた。

「よし、口に出してもらえ」
松田は、そんな指示をした。私は、いくら何でもやり過ぎだ……と、思った。でも、私のペニスはそうは言っていない。今にも爆発しそうなほどガチガチに固くなっていて、先走り汁でローションでも塗ったようになっている。

「うぅっ」
男性は嫁の口の中にペニスを押し込むと、数秒で射精を開始した。
『んっ~~っ』
嫁は、ザーメンまみれの顔で、男性の射精を一滴も漏らさずに受け止めている。

「よし、口開けて見せてみろ」
松田は、そんな風に命令する。嫁は、言われるままにカメラに向けて口を開ける。すると、たった一回の射精なのに、嫁の口の中は溢れんばかりのザーメンが池を作っていた。
「ヤバいね。凄い量じゃん。ほら、大好きだろ? 良いぞ、飲んじゃえよ」
松田が指示をする。確かに、動画で見る限り、嫁はイケメンのザーメンは全て飲み干していた。でも、いま嫁の口の中に注ぎ込んだのは、ハゲ散らかった中年のブサメンだ。私は、ドキドキしながら嫁の行動を見守った。すると、嫁はほとんど躊躇も見せず、口を閉じて飲み干してしまった。

どうやら、イケメン限定ではなく、ザーメンならなんでも良いようだ……。そして、画面はまた変わった。今度は、室内の画像だ。私は、なんとなくホッとしてしまった。動画は、けっきょく過去の出来事なので、結果が変わるわけではない。それでも、誰かに見られたり、警察に捕まったりするのではないかと心配してしまう。

室内の動画なら、とりあえずその心配は無いと思う。室内には、嫁が穴あきのブラとショーツ、そしてガーターベルトという、松田のお気に入りの娼婦スタイルをしている。松田は、ほぼ毎回こんなはしたない格好をさせている。

嫁は、そんな格好のまま、床に吸盤で固定したディルドを相手に腰を上下に動かし続けている。カメラに向かって真っ直ぐに顔を向け、はしたない動きを続ける嫁……。
『ねぇ、もう入れて。もう、イキすぎておかしくなっちゃう』
嫁は、とろけきった顔で言う。嫁は、ひたすら快感を求めて動いているようにしか見えない。
「そんな太いのでイキまくってたら、俺のじゃ物足りないんじゃない?」
松田が言う。その言葉でよくディルドを見たら、確かにちょっと普通ではないサイズのディルドを使っているのがわかった。
松田のものより大きく、まるで500mlのペットボトルのようなサイズ感だ。いくら経産婦とはいえ、信じられないくらいの大きさだ。あれでは、拳を入れることも出来るのではないかと思ってしまう。

『大丈夫だよ。アナルだったら平気だもん。ねぇ、綺麗にしたんだから入れてくれるんでしょ? あんなに恥ずかしい姿まで見たんだから、責任取ってよね』
嫁は、少しすねたように言う。一番恥ずかしい姿? 私は、嫌なイメージしか湧かない。でも、私ですら見たことがない姿を松田に晒したんだなと思うと、私はもうイクのを我慢するのが難しいくらいに興奮が高まってしまっていた。

「よし、おねだりしてみろよ」
松田が指示をすると、すぐに嫁が松田のところに近づく。そして、立ちバックのような格好でお尻を突き出すと、穴あきショーツ越しにアナルを拡げ始めた。太すぎるディルドが入っていた膣穴は、ポッカリと穴が空いたようになっている。そして、アナルも嫁自身が目一杯拡げているので、腸内が見えている。

『早くそのぶっといおチンポ、淫乱ケツマンコに入れて下さい♡』
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

カテゴリ

アクセスランキング

プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

ブログランキング

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このブロマガは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のブロマガは全て読めます。


月が変わっても、購入した月のブロマガはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者ブロマガ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
451位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
19位
アクセスランキングを見る>>