地味な僕はサークルで地味な彼女が出来ましたが、彼女はサークルのオモチャでした2

ユカリはやっさんに潮を噴かされてイカされて、ビクビク痙攣して顔を隠していました。
全く力が入らなくて動けない様子でした。
するとやっさんは立ち上がって、素早く全裸になりました。
やっさんの鍛え抜かれた真っ黒な体が出てくると、同時に凶器のような巨根が飛び出しました!
冗談抜きで僕の2倍はある大きさと太さでした・・・。

そしてユカリに許可も得ないで、勝手に挿入しようとしていました。
しかもコンドームをつけている様子はありませんでした。
さすがにユカリも気が付いて、「きゃあ、何してるの!お願いそれはダメ!いやあ」って言いながら逃げようとしていました。
でも全然体が動かないみたいで、すぐにやっさんに捕まって、アソコに巨根を当てられていました。
ユカリはやっさんの巨根にびっくりして、「いやあ、何それ!そんなの入らない!壊れちゃうから!」と叫んでいます。

やっさんは楽しそうに、「彼氏よりデカいか?すぐに気持ち良くなるよ!」と言っていました。

ユカリは抵抗しながら、「お願い、今日は危ないから、お願いやめて!」と言っていました。

僕は内心、(危険日じゃなかったらいいのか!)って怒りを覚えました!

やっさんは、「大丈夫だよ!そんなすぐに出来ねーよ!もう入れるぞ!」と挿入しようとしています。
僕だって生で入れた事がないユカリのアソコに、遊び半分のやっさんが入れようとしています・・・。

ユカリは信じられない事に、「わかった、じゃあせめて避妊して!お願い、それだけはお願い!」と言いました。

つまり、入れられてもいいってユカリから言ったんです・・・。

するとやっさんは、「じゃあ一回だけ生で入れさせて!一回入れたらすぐにゴムするから!」と言いました。
ユカリはすごく困った感じで、「えー・・・本当に一回?すぐに抜いてくれる?約束だよ?」と渋々オッケーしました。
やっさんは、「約束するよ!いくぞ、入れるよ!ほら!見て、ずっぽり生で入るよ、ほら!ああああ、入るよ!」と言うと、ユカリは苦しそうに挿入部分を見つめながら・・・。

「いやああ、やだあ、やっぱ入らないよ、ダメダメ、いやあああ、あああ、すっごい、あああ、いっぱいになってるよ」

まるでいつもとは別人みたいです。
完全にやっさんのペースに合わせてるようです・・・。
やっさんは巨大なアソコを、ユカリの一番奥までゆっくり入れました。
そして、「ユカリ!奥まで当たってるの分かるか?どうだ?」と聞いています。
ユカリはすごく苦しそうな声で、「ハァハァ、うん、ハァハァ、分かる、こんなの初めて、ハァハァ、どうしよう、もう抜いて、危ないよ、こんな奥まで入ったことないもん、ハァハァ、どうしよう」と妊娠を心配しながらも明らかに感じています。

やっさんは勝ち誇ったように、「ユカリ、彼氏にはワリーけど、ユカリのマンコは俺のもんだ!いいか!もう忘れられねーようにしてやるからな!いいか?」と勝利宣言していました。

ユカリも満更でもなさそうに、「ハァハァ、いやあ、そんなの無理だよ、だって、ハァハァ、やっさん遊び人なんだもん、ハァハァ、彼女一人じゃダメなんでしょ?ハァハァ」と言っていました。

やっさんは、「あったりめーだよ!お前も彼女の一人にしてやるからいいだろ?ってかもうガンガン我慢汁出まくってるぞ?あははは」と笑っています。

ユカリは凄く焦って、「いやああ、ホントに?危ないよ、どうしよう、もう抜いて、お願い」と言いました。

その瞬間・・・もの凄いピストンが始まりました!
すさまじいピストンです。
ユカリはビックリしながらも、いきなりのピストンに思わず絶叫しています。

「いやああああああ、ダメええええええ、あああああああああ、抜いてえええええ、いやああああああ」

ユカリのあんな大きな声を僕は聞いた事がありません・・・。
やっさんは本気で責めまくっています。
ユカリの飛び出した巨乳がブルンブルン揺れています。
ユカリは本気で感じています・・・。

「やめて」って口では言ってるけど完全に感じています・・・。

そして10分以上も突きまくっていると、ユカリが泣きそうな声で、「いやああああ、イク、イク、イッちゃうううううう、あああああああ」と言い出しました。
その瞬間、やっさんは勢いよく巨根をユカリからズボンッと抜いてしまいました!
抜いた瞬間に、ブシャアアアアアアアア!と噴水みたいにユカリから潮が噴き出しました!
ユカリはイク寸前でチンコを抜かれてしまい、どうしようもなく痙攣しています。

やっさんは、「抜いたよ!もうしなくていいんだろ?せっかく俺が彼女にしてやるって言ってんのによー!」と冷たく言いました。

するとユカリは腰をモジモジさせながらやっさんを見つめて、「ハァハァ、そんなつもりじゃ・・・ハァハァ」と何か言いたそうです。

やっさんは続けて、「ユカリは俺とエッチしたくねーんだろ?え?俺が気持ちわりーんだろ?なぁ?」と怒り気味で言いました。

するとユカリは泣き出してしまいました!
でもやっさんはさらに大きな声でユカリに言いました!

「俺が彼女になれって言ってんのに、お前が断ったって事は、俺なんかゴミってことだろ?ああ?」

ユカリはどんどん大泣きになってしまって、「ひっ、ひっ、違うよ、ひっ、だって、ひっ、やっさんは浮気するから、ひっ、恐いだけ、ひっ」と本気で泣いています。

するとやっさんは急に優しくなって、「浮気するのはしょうがないだろ?それが俺だから!でもお前は俺の彼女に変わりねーだろ?」とユカリに囁きました。

するとユカリは嬉しそうに、「じゃあ私が一番なの?」と聞くと、やっさんは、「そうだ、他の女とセックスしても一番はお前だ!」と言いました。

とんでもない話ですが、ユカリは納得してしまったようです・・・。
そしてやっさんは、「俺は彼女とは生でしかセックスしねーぞ!いいか?できるな?」と言いました。
ユカリが、「うん、でも・・・ちょっと心配・・・」と言うと、「うるせーよ!出来たら責任とってやるから!」と言って、また生で入れようとしています!
もうユカリは抵抗なんてしません・・・協力的に自分から股を広げました・・・。

そしてやっさんはズッポリ生挿入して、「ああああ、やっぱ生は気持ちいいな!ユカリも気持ちいいか?」と聞いていました。
すると、あの真面目なユカリの口から、「気持ちいいよ」と声が聞こえました。
やっさんはさらに、「生チンポが気持ちいいだろ?ちゃんと言えよ!」と信じられない事を言い出しました。
そしてユカリは恥ずかしがりながらも、「生チンポが気持ちいいです」と何十回も言わされていました・・・。
そしてユカリは待ちに待った絶頂を味わっていました・・・。

「いやああああ、ひっ、ひぐっ、ひやあああああ、イッ、イッくうううううう、ひやああああああ」

聞いたこともない絶叫で、大痙攣しながらイッていました・・・。
ユカリはすっかりやっさんの女みたいになってしまいました。
やっさんの巨根にイカされて、「浮気する」と言われてるのに、彼女にしてもらって喜んでいました・・・。
あの大人しくて真面目だったユカリが大きく股を広げて、股間から汁を溢れだしながら痙攣していました・・・。
どんな真面目な女でも、男によってはこんなに変えられてしまうもんなんだと実感しました。

やっさんは今度ユカリをバックにさせると、鬼のようなピストンを始めました。
肉と肉がぶつかり、ズパァンズパァンと凄い音がして、ユカリの牛みたいなおっぱいが顔に当たりそうなほど揺れています。
あの不感症だと思っていたユカリは、獣のようなうめき声を出して、力一杯シーツを握り締めていました。

すると、ユカリの携帯が鳴っているのにやっさんが気付きました。
やっさんはバックで入れたままユカリの携帯に手を伸ばして、ユカリに渡しました。
ユカリは、「いいよ出なくて、ハァハァ」と言っていますが、やっさんが、「誰だ?」と聞くと、ユカリは小さく、「彼氏・・・」と答えました。
僕は思い出しました。
何も知らない僕は、友達と飲んでいるユカリを心配して電話をしたんです。
ユカリは当然出るのを嫌がっていましたが、やっさんが巨根を抜いて、「俺に隠し事か?彼氏との会話は聞かれたくねーのか?」と責められると渋々電話に出ました。
僕は何も知らないので、普通に会話していたのを覚えています。

しばらくするとやっさんは、抜いた巨根をゆっくりユカリに入れ始めました。
ユカリは後ろを向いて必死で首を振っています。
そしてやっさんは容赦なくピストンを始めました。
ユカリは耐えられなくて電話と口を手で押さえて必死に我慢していました。
僕はユカリが言った、「地下の居酒屋にいるから電波が悪い」って言葉を全く疑っていませんでした。
今考えると、ユカリが変な声を出していたのを思い出しました・・・。

ユカリは僕との会話を続けようとするんですが、やっさんがピストンをすると、すぐに携帯を手で塞いで声を殺していました。
それでも我慢出来なくて、「んぐうっ、んっ、はぁあ、うぐっ、うはぁっ」と声は漏れていました。
僕はそんな光景は全く想像していなかったので、全く気がつかなくて、(かなり電波悪いな?)としか思っていませんでした。
やっさんはユカリが携帯を塞ぐと、「お前ざけんなよ、ほらぁ、話せよ!」と言っていました。
ユカリはお尻をブルブル震わせて感じていて、やっさんが動きを止めると、ビクビクッと身震いしていました。
ユカリは一生懸命悟られないように話しています。
僕も色々喋りたかったんですが、会話が途切れるので全然内容のない会話だったのを思い出しました。
確かにユカリがなかなか電話を切らないな?と思ってはいました。
今考えると、友達と居酒屋にいるにしては、なぜか話を長引かせる感じたったので・・・。

そうこうしてると、やっさんがピストンを思いっきり激しくしました!
もうユカリは声にならないくらいシーツをクチャクチャに握り締めて、顔を布団に押し付けていました。
僕の携帯には音が聞こえていたと思うのですが、ガチャガチャして聞こえなかったと思います。
するとやっさんが、「うああああああああ」と叫びだして、パァーン、ズパーンと二回、大きくユカリのお尻に腰を打ち付けて、ブルブル震えながら動きを止めました。
ユカリは痙攣して大人しくなりました。

僕は、まさかやっさんが中に出したんじゃないかって心配でしょうがありませんでした。
でも、さすがにあのユカリがそんな事されたら怒るだろ?って思っていました。
するとユカリが慌てた様子で、潰れたバックの体勢のまま後ろを振り向きました。
その時には電話は切れていました。

ユカリは泣きそうな声で、「出したの?えっ?中にしたの?えっ?」と声を震わせていました。

この時のユカリは凄く可哀相でした・・・。
例えるなら、本当に純粋な娘が、ついつい海外旅行ではしゃいでドラッグをやってしまい、初めてなのに警察に逮捕されてしまった人を見てるような切ない気持ちになりました・・・。
ユカリは泣き出してしまいました。

「んっ、グスッ、やばいよ・・・、どうしよう、んぐっ」

するとやっさんは信じられない事に、ユカリのアソコから巨根をブリンッと引き抜くと、まだまだカッチカチのアソコを、ユカリの口元ギリギリに近付けました。
ユカリは泣きながら、「もうイヤッ、ヤダッ、ひどいよ」と拒否しています。
僕だってユカリがそんなに常識外れの事をするはずないって思いました。
さすがに初めて無理やりコンドームを付けないでされて、勝手に中に出されて怒らないわけがありません。

するとやっさんは怒り気味に、「メスとオスが交尾すんのにゴムとか外出しとか言ってんじゃねーよ!マジでやりあってんだから中出しだろーが!半端なこと言ってんじゃねーぞ!オレの女はどんな時でも中出しなんだよ!それが本気って事だろーが!」と言いました。

そんなの無茶苦茶な言い分です・・・。
でもユカリは何も言い返せなくて黙ってしまいました。
そしてやっさんが、「ほらっ、しゃぶれ」と言うと、催眠にかけられたようにユカリはパックリと咥えてしまいました。
一度しゃぶってしまうと、後は当たり前のように裏スジを舐めさせられたり、玉を舐めたり、一切抵抗はありませんでした。
そしてやっさんの精子を全部吸い取ると、「一緒に風呂入るから、オレの体洗え!」と言われて、二人は風呂場に消えて行きました。
見えなくなった後も、風呂場からはユカリの激しく喘ぐ声が聞こえてきました。
風呂場だけでも3回はイカされたようでした・・・。

結局、動画はそこまででした。
僕はユカリに怒る事も出来ませんでした。
男としてやっさんに完敗した気分になってしまい、怒って取り乱した姿さえ、やっさんと比べられてしまう気がしました。
そして僕からはユカリに連絡を取ることはありませんでした。
正直、1週間ぐらいしたらユカリから連絡があるんじゃないかって期待していましたが、結局自然消滅してしまいました。

その後もユカリの噂だけは耳に入ってきました。
本当にやっさんと付き合っているみたいで、やっさんは「ただのダッチワイフ」と言っていました。
それは本当みたいで、ヤリたくなったら呼び出して、ヌキ終わると部屋から追い出すらしいです。
そのうち友達とかに貸し出すようになって、やっとユカリも目が覚めたのか、つい最近、逃げるように退学していきました。

でも悲しい事に、今でもやっさんのハメ撮りが一番のおかずです。

・FC2BlogRankingでこの続きを探す
・オリジナルの体験談一覧(姉妹ブログも含む)
関連記事
 
[ 2017/07/20 20:35 ] 寝取られ寝取り体験 | TB(-) | CM(-)
カテゴリ
アクセスカウンター
おすすめコミック
DLO-01 カレとの約束 ダウンロード販売
夏のオトシゴ ダウンロード販売
ブロマガ購読者数

現在289人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

アクセスランキング