強気な姉さん女房と友人で脱衣麻雀を始めた結果2(ブロマガ転載禁止)

『ハァ……。本当にド変態かよ。ほら、出していいってさ。飲んであげるよ』
嫁はあきれたように言いながら、明雄へのフェラチオを再開した。
「い、いいのか? 本当に出るぞ……」
明雄は、戸惑ったような顔で俺に聞いてくる。嫁は、そんな事お構いなく頭を激しく前後に振っている。俺は、自分が興奮している事にまだ戸惑いながらも、嫁の行動を止める事もなく見ていた。

「久美子ちゃん、ヤバい、出る」
明雄は、短くうめいた。
『ん〜っ』
嫁はうめき声をあげながら明雄の射精を受け止めた。そして、しばらくすると、嫁は明雄のペニスを口から出して俺の方に顔を向けてきた。そのまま口を開けて口の中を見せてくる嫁。当然のことながら、嫁の口の中にはザーメンがいっぱいになっている。

俺は、嫁の口の中に他の男のザーメンがたっぷり入っている状況に、言葉が出てこなかった。嫁は、しばらく探るような目で俺を見つめていたが、俺がなにも言わないせいか、口を閉じてそれを飲み干してしまった。そして、そのまま俺のペニスを握って、
『なんでこんなになってんだよ。ド変態。自分の嫁が他の男の精液飲まされてるのに……。カッチカチじゃん。ほら、出ちゃいそうなんだろ? 出せば良いじゃん』
と、言ってきた。俺は、動揺しながらも無抵抗でいた。そのまま俺のペニスをしごき続ける嫁。かなり強く握って激しく動かして来る。嫁の唇の端っこに、明雄のザーメンがついたままなのを見て、俺は一気に興奮と快感が高まり、コントロール出来ない感じで射精してしまった。

『わっ、早っ。本当にド変態なんだな……。知らなかったよ』
嫁はそんな事を言いながら、自分の手についた俺のザーメンを口ですすりとった。そのまま飲み込むと、
『へぇ、味も濃さも全然違うんだ……。アンタのは薄いな』
と、小馬鹿にするように言った。そして、スッと立ち上がると廊下へ消えてしまった。

「な、なんか悪かったな……」
明雄はバツが悪そうに言うと、パンツをはいて服を着始めた。俺は、気にするなよと言いながら服を着始めた。しばらくすると嫁が戻ってきて、
『あれ? なんでまだいるの? もうスッキリしたんでしょ? 帰らないの?』
嫁はあくびをしながら明雄に言う。もう、結構遅い時間だ。明雄は、慌てた顔で立ち上がり、
「あ、あぁ、もうこんな時間か。今日はありがとう。じゃあ、帰るわ」
と、少し慌てた感じで言うと部屋を出ていった。嫁と二人きりになると、嫁は俺の座っているソファの横にドカッと座った。そして、なにも言わずにいる。耐えきれずに俺が謝ると、
『なにが? なにがごめんなの?』
と、少しイラッとしているような口調で言った。俺は、興奮してしまったことを素直に謝った。
『なんで興奮するの? 私の事、どう思ってるの?』
嫁はやっぱり怒っているようで、そんな事を言ってくる。俺は、ただ謝ることしか出来なかった。

『わかった。ねぇ、ベッド行こうよ』
嫁は、少し照れ臭そうにそんな事を言う。俺は、嫁の考えがわからず、ドキドキしながら寝室に行った。すると、嫁はすぐに抱きついてキスをして来た。そのままベッドにもつれるように倒れ込んでいく嫁。
『すぐ欲しい……。出来るでしょ?』
嫁は、顔を赤くしながら言う。こんなに恥ずかしそうにしている嫁は、見たことがない気がする。俺は、許してもらえたんだと思い、喜んで彼女の服を脱がせていった。そして、俺もすぐに全裸になると、サイドテーブルからコンドームを取り出そうとする。でも、嫁が熱っぽい顔で、
『そのままで良い……』
と、言ってきた。俺は、興奮していたこともあり、そのまま彼女に覆いかぶさっていった。ペニスが嫁のアソコに触れると、ヌチャッと湿った音がする。
「凄く濡れてるよ」
思わず口にしてしまった俺。
『バ、バカッ、そんなことないから、早く……』
嫁は、顔を赤くしながら言う。こんなに動揺している姿も珍しい。

そのまま腰を押し込んでいくと、ローションでも塗っているように抵抗感なくペニスが入っていく。
『うぅ、あぁ、大丈夫だから、奥まで……』
嫁は、気持ちよさそうな声で言う。俺は、一気に根元までペニスを押し込んだ。俺は、嫁の名前を口走りながら彼女を抱きしめてキスをした。嫁の舌がすぐに口の中に飛び込んできて目茶苦茶にかき混ぜてくる。一瞬、明雄のが残っていたのか生臭いような感じがしたが、気にせずに舌を絡めていく。

そのまま腰を動かし始めると、
『うぅっ、あっ、あっ、気持ち良い、うぅ、あんっ』
と、最初から気持ちよさそうにあえぎ声を出し始める嫁。俺は、愛してると言いながら腰を振り続けた。コンドームをしていないこともあるのか、いつもよりもかなり気持ち良い。なによりも、嫁のリアクションが可愛らしく、それが余計に興奮を増す。

『あ、愛してる。もっと、もっと強くッ、うぅあっ、あっ、気持ち良いっ、もっとぉ』
嫁は、最近ない程の乱れ方をしてくれる。俺は、夢中で腰を振る。でも、頭の中には、さっき明雄にフェラチオした嫁のイメージが浮かんでいた。凄く嫌で嫉妬を感じるのに、興奮がバカみたいに高まってしまう。

頑張って腰を振り続けていたが、あっという間に限界が来てしまい、俺は慌ててペニスを抜いて嫁のお腹の上に射精した……。
『うぅあぁ、熱い、うぅ』
嫁はお腹にザーメンを巻き散らかされて、うっとりとした顔で言う。
「ご、ごめん、もう出ちゃった」
俺が早漏を詫びると、
『良いよ。いつもの事じゃん。それより、どうして中に出さなかったの?』
と、甘えた仕草で聞いてくる。俺が、コンドームをしていないことなどを言うと、
『別にいいのに。そろそろ子供作ろうよ』
と、嫁が言う。俺は、嫁が子供が欲しいと思っていることに驚きながら、嬉しくなってしまった。俺が赤ちゃん作ろうねと言うと、嫁は嬉しそうに微笑んでくれた。
『さ、さっきは、悪かったな……』
嫁は、言いづらそうな感じで謝ってきた。
「さっきって?」
俺は、本当にわからずに聞いた。
『そ、その……。やりすぎたっていうか、口でしちゃったし、飲んじゃったし……』
嫁は、申し訳なさそうだ。こんな嫁は、ほとんどあり得ないと言ってもいいくらいだ。俺は、そんな嫁が可愛らしいと思いながらも、ちょっといじわるな気持ちもわいてしまった。
「でも、久美子も興奮したでしょ? 凄く濡れてたもんね」
俺がそう言うと、
『そ、そんなわけないだろ? それより、アンタこそなんであんなに興奮したんだよ。ド変態』
と、嫁は吐き捨てるように言った。そのままパジャマを着ると、俺に背を向けて寝始めてしまった。俺は、失敗したなと思いながらも、そんな嫁も可愛いなと思った。そして、後ろから嫁を抱きしめながら眠りについた。

次の日からは、嫁は少しだけ可愛らしくなった気がした。付き合い始めの頃のような初々しさはないが、それでも最近なかったくらいに可愛らしい嫁になった。

そして、子作りも始めた。明雄とのことは、ちょっと衝撃的すぎる出来事だったけど、結果的に良かったかな? と、思えるようになった。

そんなある日、また明雄から電話があった。俺は一瞬迷ったが、あの時の興奮がよみがえってしまい、また勝負しようということになってしまった……。

『別にいいけど。もう、変な事は無しだからな』
嫁は、電話で明雄が遊びに来ることを伝えた俺にそう言った。意外に抵抗がなかったなと思いながら、もしかして嫁も期待しているのでは? と、変な猜疑心を持ってしまった。

そして、少し早めに仕事を切り上げ帰宅すると、嫁が出迎えてくれた。
『わかってるよね? また変な事したら、小遣い無しだから』
嫁は、無表情でそんな事を言う。俺は、わかったと言いながらも、前回は嫁が勝手に自滅したような部分もあったのでは? と、思っていた。

そして、とりあえずスーツから着替えていると、もう明雄がやって来た。
「こんばんは〜。カモがねぎ背負ってきましたよ〜」
明雄は、相変わらずの軽いノリだ。
『わかってるじゃん。じゃあ、身ぐるみ剥いでやるよ』
嫁は、さっそくそんな事を言い出した。さっき、変な事なしと言ったのを忘れてしまっているようだ……。

「おぉ、こわ。でも、まず飯にしようよ。今日はなに? 良い匂いするけど」
明雄は、しれっとそんな事を言う。
『どんだけ図々しいんだよ。ほら、とりあえず上がれば?』
嫁は、あきれたような顔になりながらも、明雄を家に上げる。嫁は、なんだかんだ言っても、けっこう明雄のことを気に入っているのだと思う。

「やっぱり久美子ちゃんの料理は美味しいわ」
明雄は、そんな事を言いながらバクバク食べていく。本当に美味しそうに食べるなと思う。
『早く結婚しろよ。嫁に作ってもらえって』
嫁はそんな事を言う。
「いや、相手いないし」
『セフレしかいないんだっけ?』
「そうそう。なかなか良い子がいなくてね」
『そんな事言って、本当は彼女作るの面倒臭いだけだろ? 良いモノもってるんだから、ちゃんとした相手作れよ』
「あれ? 俺のヤツ、良いモノって思ったんだ。どうする? 試してみる?」
明雄は嬉しそうに言う。
『死ねっ』
嫁が、冷たい顔で言う。そんな会話を続ける二人。嫁の言葉づかいこそ悪いが、楽しそうにしか見えない。俺は、嫉妬を感じながらも、少しだけ興奮し始めていた。


そして、また3人での勝負が始まる。今日は、明雄の調子がいいようで、それに嫁がなんとか食い下がっている感じだ。俺は相変わらずだ。

「今日は調子悪いんじゃない?」
明雄にそんな事を言われ、ムッとした顔の嫁。
『うるさいわ』
そんな事を言いながら、勝負を続けていく。

「やっぱり、レートが低くて本気になれないんじゃない? また、違うモノかけたら?」
俺は、ボソッとそんな事を言ってみた。正直、かなり興奮していたのでそんな風に言ってしまったのだと思う。

『はぁ? 約束しただろ?』
嫁が眉間にシワを寄せて言う。イラッと来ている感じだ。
「いいじゃん。またやろうよ。ていうか、負けるの怖いんだ」
明雄が、小馬鹿にしたように言う。なかなか挑発するのが上手いなと思う。

『うるさいなぁ。別に私の裸なんて見ても嬉しくないだろ?』
嫁が言う。
「嬉しいに決まってるじゃん。それに、今日は良いもの持って来てるし」
明雄が上機嫌で言う。
『なに持って来てるんだよ。どうせ、くだらないものだろ?』
嫁は、そう言いながらも興味を引かれているようだ。
「じゃあ、勝負しようか?」
俺のことなどお構いなしに、勝手に話を進める明雄。嫁は、押し切られるようにして同意した。

そして、すぐに明雄が嫁から上がり、嫁が舌打ちをしながら靴下を脱ごうとすると、
「待った、脱ぐ前にこれに着替えてよ。そこからスタートで」
と、言いながら、明雄が袋を渡す。嫁は、
『何だよこれ』
と、言いながら、袋の中を覗いた。
『何だこれ。バカじゃないの』
嫁があきれた顔で言う。チラッと見えた袋の中には、メイド服のようなものが見えた。

「絶対に似合うから! ほら、ルールに従わないと」
明雄は、真剣な顔でお願いをする。
『ルールって、聞いてないし』
嫁は、あきれ顔だ。
「だって、聞かれてないし。負けたくせにズルイじゃん」
明雄が食い下がる。
『ハァ……。なんで私の周りには、変態しかいないのかねぇ』
嫁はそんな事を言いながら、袋を持って廊下に出た。

「何だよあれ。買ってきたのか?」
俺が質問すると、
「あぁ。久美子ちゃんみたいな強気な子が着ると、絶対に似合うんだって」
と、明雄が力説する。俺は、メイド服なんていうのは、妹系の女の子が似合うものなんじゃないのかな? と、思っていたので、少し意外だった。

しばらくすると、嫁が戻ってきた。嫁は嫌がっていた割に、メイド服独特のカチューシャまで装着し、妙に可愛らしい。
『ちょっと短すぎないか? それに、サイズもキツいし』
嫁はそんな事を言いながら、少し頬を赤くしている。俺は、嫁がメイド服を着てはにかむ姿を見て、猛烈に興奮してしまった。モジモジと内股気味で恥ずかしそうな嫁……。いつもの強気が、まるでウソのようだ。

「そんな事ないって、メチャクチャ似合ってるよ! ホント、美人はなに着ても似合うよね」
明雄はそんな風に嫁を褒める。確かに、違和感は凄いけど似合っている。スカートが短くて胸の辺りはキツそうだけど、それがエロさを強調しているように感じる。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


カテゴリ
アクセスカウンター
おすすめコミック
DLO-01 カレとの約束 ダウンロード販売
夏のオトシゴ ダウンロード販売
ブロマガ購読者数

現在292人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

アクセスランキング