このブログのオリジナルコンテンツ一覧

会社の飲み会の帰り、定年退職した元上司と3Pになりました

課の表彰祝いの飲み会の後、路菜と一緒に最寄りの駅まで歩きました。
途中のオープンテラスに、2年前に定年退職した課長の中川さんが座っていました。

私が2度の不妊治療で、時々会社を休んだり、長時間トイレに行っていたり、それに、2度の育休してお世話になった課長です。
路菜が、まだ8時30分よ、一緒に飲みに行こうよ、ご主人は単身赴任だし、子供は実家に預けているんでしょう。それに明日は休み、課長とはひさしぶりだし、と言われて、みんなで飲みに行きました。

中川課長と昔の話や今の課の現状で話が弾み、ワインカクテルやサングリアを何度もおかわりしました。路菜をみると笑いながら黙って頷いていました。

店からでると、少し足を取られていました。路菜が、もう11時だから休もうよ、と言われて、ホテルにいきました。

浴衣に着替えて、キングベッドの上に載って、梅酒を飲んでいたら、眠り込みました。ふと気がつくと、路菜が私の浴衣開け、おっぱい、耳たぶ、首筋、乳首、おへそ、口のキスを繰り返していました。

そのうち、私のショーツを脱がせて、円を描くようにやさしい手つきでお尻をマッサージしてきて、そしてやがて指先でアナルをタッチしました。
その後はじっくりひたすらアナルを指先でマッサージしてきたのです。

汚いから、洗ってなく汚いから、恥ずかしい、と私。路菜は、いいから、いいから、と言って、口にキスし、あそこやお尻の穴までなめました。とても気持ちがよく、課長の方を見ると、ビールを飲みながら、こちらを見ていました。

恥ずかしくなり、アッと思ったら、声が出ちゃい、いってしまいました。その後、路菜が、私のクリをしつこいくらい指で上下にこねてきて、ワレメにそって指や舌でなぞったりしたので、私は腰をクネクネさせて「ッン...ッン...」って吐息のような声を、そして、また、いってしまいました。


路菜は、冷蔵庫の横の箱をごそごそしていて、戻ってくると、私のアソコを舐めて、器具を私のクリやアソコに当てました。モーター音はうなりをあげ、震えています。

私は下でシックスナインの姿勢になりました。他人の女性器を見るなんて生まれて初めて。路菜は毛深くて、アソコとおしりの穴は毛に覆われています。毛深いねといったら、急に、アソコに器具をいれたままお尻に両手を回されて、お尻を持ち上げられました。

両足は開いているので、アソコとおしりの穴はまるみえです。課長に見られる、と思ったら、足がガクガクになり、ァあ~~~!!!でちゃうぅぅぅ!!!と叫んだ瞬間、お○っことは違う透明なあたたかく生臭いモノがピュッぴゅぴゅぅっと飛びだし、いってしまいました。

路菜は、課長に、亜紀子(年下なのに私を亜紀子というのです)に入れてあげてよ、亜紀子いいわね。

もう身体が思うように動かなくて、返事もできない私。すぐに、課長は、山口さん、と言って、首筋に舌を這い、乳首を強く摘まんできて、円を描くように撫で、指先でクリを動かしてきました。

声をもらしてしまい、アソコが、くちゅくちゅいってるのが聞こえてきました。課長はアソコに顔を近づけてきて、息がアソコにかかり、しばらくは眺めてるだけだったんです。

見てるだけでも溢れてるよ、えっちだ、と課長。もうガマンが、と私。アソコに舌を入れてきました。それも思いっきり。

くちゅくちゅと舌で掻き回したり、クリを強く吸われたり、舌でころころされたり、その頃になるともう声も止まらなくて、何度も喘いで。手でクリを攻められ、そこで私の膝を持って足を思い切り広げると、一気に私の中に入ってきました。

勢いよく突かれてきます。私の声とぐちょぐちょになったアソコの音…。時には奥の奥まで突かれながらクリを集中的に擦られ、腰がクネクネ動いてしまい、課長は、私の両足を肩に担ぎ、激しく腰を動かし出すと、私は子宮まで、凄い快感を感じ、あぁっ…って、今までで一番大きな声が。

課長も同時にいき、暖かいものが。課長は終わった後、タオルでアソコを拭いてくれて、私の髪を撫でながら、顔、首筋や口にキスをしてくれました。

もう完全に脱力状態でよこたわっている私。
路菜は、私よ、と言って、下を向いていた課長のモノを右手で握りしめながら、自分の方に体を向けさせ、舌で舐め、ゆっくりと舌を這わせて、仰向けになって、課長を上にして課長のモノを迎え入れ、両足で課長の腰を押さえて、腰を動かしていました。

まもなく、ふたりとも、いってしまいました。
それから、2人は、抱き合いながらずっとキスをしていました。ディープキスをしてるようです。路菜は、いれて、と言って、屈んで足を拡げて、おしりを課長に突き出しました。課長は激しく突いていました。

つながっていて、なんだかすごく卑猥。路菜のあえぎ声を聞くと、私がされているような錯覚がしました。

それから一緒に、ワインを飲みました。課長のパワフルさには正直驚いてます。どうも、路菜と課長が図ったようです。しかし、とっても満足しました。時々仕事帰りに、3人で集まってHしています。

・FC2BlogRankingでこの続きを探す
・オリジナルの体験談一覧(姉妹ブログも含む)
関連記事
・後輩と自宅で飲んで酔いつぶれた結果、嫁の秘密を聞くハメに6
・合格のご褒美に何でもしてくれると言った嫁を他人に抱かせた
・名家に生まれたばかりに、妻が一族に種付けされることになりました
・ロリ巨乳な美少女に彼氏の前でハメて欲しいと言われたが、彼氏じゃなくて美少女がいた2
・息子の上京をきっかけに、妻が若い恋人との交際を告白してきた2
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声
 

カテゴリ

アクセスランキング

プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

ブログランキング

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このブロマガは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のブロマガは全て読めます。


月が変わっても、購入した月のブロマガはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者ブロマガ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
483位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
21位
アクセスランキングを見る>>