このブログのオリジナルコンテンツ一覧
全記事タイトル一覧

中学の時の担任にバッタリ出会い、中出ししました

今から25年前、私が28歳で、25歳の女房が妊娠した時のこと。
女房が実家近くの産院で出産するために実家へ帰った。
ある金曜の夜、次の日休みだからと居酒屋で一杯ひっかけて帰ろうとしたら・・・。

「洋治君?」

声を掛けられて振り向くと、中学時代に担任の先生だった。
当時55歳の先生は吉行和子さんに似た綺麗な女性で、一緒に飲んだらその色っぽい横顔にゾクッとしてしまった。

「どうしたの?何かついてる?」
「いや、先生って綺麗だなあって・・・」

「やだわ。私、洋治君のお母さんと同じくらいの年でしょ」
「いや、全然違いますよ。所帯じみてないし、美人ですよ」

「もう・・・たまたま今、奥さんいないからって、こんなおばさん口説くつもり?」
「口説いたら付き合ってくれるんですか?」

これが冗談ではなくなっていったのだ。
先生の腰に腕を回してラブホに入ると、先生の方が肝が据わっていて・・・。

「洋治君、一緒にお風呂入ろうか?」

先生に促されてバスルームに入ると、先生の裸は55歳とは思えぬ引き締まった体で、肉棒がギンギンになってしまった。

「あら、若いってすごいのねえ・・・」

先生に肉棒を洗われて、それだけで出そうになった。

ベッドに移って先生とキス。
そして豊かな乳房を揉みながら、やがて股間に・・・。
恩師の女性器を覗き見る興奮・・・。
茂みの下に蠢く肉裂を開くと、まだドドメ色になっていない何とも美しい肉ビラが開き、桜色の肉穴がヒクついていた。

「先生・・・綺麗なアソコしてますね。びっくりですよ」

「もう10年以上もしてないから・・・」

勃起した大き目の肉豆を吸い気味に弾くと・・・。

「アァ・・・アン・アッアァ・アァァァ」

ジュルジュルと淫水が溢れ、先生の腰が震えだした。
かなり長い間セックスしていなかったと見えて、感じ方が半端でなかった。

「洋治君、もう舐めなくていいから早く入れて・・・そのまま、そのまま入れて大丈夫だから、早くっ・・・アァアァ・・・」

先生はガバッと起き上がって俺の肉棒をパクリと咥えると、ジュパジュパしゃぶって唾でまぶしたかと思うと、俺に跨がって肉棒を肉穴へ挿し込み、クイクイと腰を動かし始めた。
俺は先生の豊かな乳房を下から揉み上げ腰を突き上げた。

「アァアァァ~~アァァァァァ~~」

それはそれはえげつない、知的な美人教師の乱れ姿だった。

「洋治君、洋治君、アァアァ凄い、アァ、凄い・・・」

突き上げるほどに豊かな乳房が波打ち、仰け反る先生・・・。
激しい腰使いにキンタマがせり上がって精液を出したがり、我慢も限界に達した。

「先生!出そうです!下りてください!」

騎乗位のまま先生の肉壷にぶちまけそうで焦った俺。

「そのまま、アアァ・・・中に出して!先生、もう、大丈夫だから!ンアアァ・・・」

ドッピュピュピュ~~~ドクドクドクゥ~~~。

先生の胎内に27歳も年下の教え子の精液が注がれた。
この日は一休みした後、もう1回先生に中出しして、連絡先を交換して別れた。

翌日は女房の実家へ出向き、後ろめたさを誤魔化すように女房のお腹を擦ったりキスしたり・・・。
女房の実家に1泊して戻ると、先生に電話してラブホへ・・・。
前からパンパン、後ろからパンパン、先生の肉壷にドバドバと精液を流し込んだ。
55歳の女教師の肉穴から俺の精液がトロトロと流れ落ちた。
もし今だったら携帯電話で撮影したかもしれなかったが、あの頃は目に焼き付けるのが精一杯だった。

先生との関係は3ヶ月続き、その日も2回戦頑張って先生の肉壷を精液で満たした。
身支度を整えてラブホを出る時、先生が・・・。

「ねえ洋治君、赤ちゃん産まれて、そろそろ3ヶ月よね。奥さんと再開できる頃合いじゃないかしら?」
「そう・・・ですね・・・」

「じゃあ、今日で終わりにしましょう。これ以上浮気はダメ」
「先生・・・」

「ふふ・・・ありがとうね。先生、女を思い出したわ。もう男の人に抱かれることはないのかな?なんて思ってたから。じゃあ、ここでお別れ。この次会ったら、ただの先生と生徒よ。いいわね。約束よ。さようなら」
「はい・・・先生。さようなら」

そしてこの後、俺は先生に再び会うことなく、53歳まで女房だけを愛して生きてきた。
そして先週、新聞に先生の名を見つけた。

『告別式、六月十日午後一時・・・』

先生は80歳でこの世を去った。
俺は告別式の会場で、かつて男女の関係にあった恩師を送りつつ、喪主のご子息の話を聞いた。

「母は45歳で離婚してからあまり幸せとは言えない人生を歩んで・・・そして、一人静かにこの世を去りました・・・」

(え?先生は離婚していたのか・・・)

『先生・・・綺麗なアソコしてますね。びっくりですよ』
『もう10年以上もしてないから・・・』

25年前のあの時の会話が蘇った・・・。
先生との思い出をここに書き記して、先生のご冥福を祈る。

・FC2BlogRankingでこの続きを探す
・オリジナルの体験談一覧(姉妹ブログも含む)
関連記事
・出張から3ヶ月ぶりに帰ると、嫁が優しく淫乱に変わっていた4
・姉さん女房の妻に、友人とのセックスをお願いした結果3
・夫のお兄さんが出張で滞在中、電マでオナニーしてるのを見られちゃいました完
・個人経営の塾で、妻が身体をご褒美にして生徒の成績を上げていました完
・合格のご褒美に何でもしてくれると言った嫁を他人に抱かせた5
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声
 


新聞配達少年のデカチンで何度もイってしまう人妻

カテゴリ

アクセスランキング

プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

ブログランキング

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このブロマガは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のブロマガは全て読めます。


月が変わっても、購入した月のブロマガはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者ブロマガ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
292位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
15位
アクセスランキングを見る>>