パート先の男の子にエッチな写真を撮られて他のバイトの子に見せられてしまいました完【ブロマガ転載禁止】

前回の話

正人君は、休憩室で武藤君に私の恥ずかしい画像を見せて以来、どんどん行動をエスカレートさせていきました。武藤君に見せるだけでは物足りなくなったのか、プリントアウトした私のヌードを休憩室にわざと置いたりします。

私が休憩室に行くと、キッチンの恵美ちゃんとホールの美優ちゃんが騒いでいました。
『どうしたの?』
と、私が聞くと、二人とも恥ずかしそうにテーブルの上を指さしました。そこには、私のヌード写真が置いてありました。もちろん、顔は映っていませんが、ヘアまで丸見えの写真です。

『なんか、こんなの置いてあって』
『これって、忘れ物ですかね?』
と、キャアキャア言いながら言ってくる彼女たち。私は、同性に見られているという恥ずかしさで顔が真っ赤になりながら、その写真を慌てて手に取りました。
『こんなの持ってくるなんて、サイテーよね』
私は、怒っている振りをしながらそれをポケットにしまいこみました。

『でも、きれいな身体でしたね』
『羨ましいなぁ』
二人がそんな事を言ってきます。私は、嬉しい気持ちもありましたが、本当に恥ずかしくて消えてしまいたいと思っていました。

私は、話をそらそうとして、
『誰が持って来たのかしらね。ホント、許せないわ』
と、怒った振りをしたまま言いました。二人とも、この写真が私とは気がついていないと思いますが、私は心臓の音が聞こえるくらいドキドキしていました。

正人君は、こんなプレイを楽しむようになりました。でも、私も正直言うと興奮していました。そんな事をされた後、正人君と一緒にバイトを終えて彼の自宅に向かうと、
「紀香ちゃん、良かったじゃん。褒められてたでしょ」
彼は、どこで聞いていたのかそんな事を言ってきます。私が顔を真っ赤にして抗議をすると、
「でも、興奮してるでしょ? すぐにハメて欲しいんじゃない?」
と、そんな事を言ってきます。私は、本当はハメて欲しくて仕方ないくせに、
『そんなわけないでしょ! あんなこと、もうしないでね!』
と言っていました。
「そうなんだ。じゃあ、今日はもうなしでいいよね」
正人君は、余裕たっぷりの顔で言います。私の心を見透かしているみたいですが、実際に見え見えなんだろうなと思います。

私は、黙って彼の手を握りました。
「あれ? どうしたの? したいの?」
正人君は、相変わらず余裕たっぷりの顔で言います。私は屈辱を感じることもなく、素直にしたいと答えていました。

「素直じゃん。じゃあ、部屋行こうか」
正人君にそう言われ、私は素直にうなずきました。こんな昼間の時間帯に、夫ではない男性と手を繋いで歩くなんて、自殺行為のように思います。でも、私は固く彼の手を握って歩き続けました。


彼の部屋に入ると、彼はすぐにキスをしてきました。私は、彼にしがみつき、必死で舌を絡めていきます。今日は夫が休みの日なので、いつものように息子が幼稚園から帰ってくるまでに帰らなければいけないということもなく、時間に余裕があります。
私は、普段なかなか抱いてもらえない欲求不満を解消してもらいたいと思っていました。部屋に入るなり、キスしながら彼のペニスをズボンの上から触り始めると、もう固くなっている事に嬉しくなりながら、必死で彼の舌に舌を絡めていきました。

『正人君、もう欲しいの』
私は、必死で言います。
「なにが欲しいの?」
いじわるな口調で言う正人君。私は、恥ずかしいとも思わずに、
『正人君のおちんちん! もう大きくなってるでしょ? 今すぐ欲しいの!』
と、言っていました。
「じゃあ、口でしてよ」
正人君はいじわるを言います。でも、私はすぐにしゃがんで彼のズボンのファスナーに手をかけました。そして、慌ててファスナーを降ろし、ペニスを剥き出しにします。自分でも、飢えた牝みたいだなと思いながらも彼のペニスにむしゃぶりつきました。
夫のものとは比較にならないほど大きく、そして固いペニス。それを口に含むだけで、子宮の奥がうずいてキュンキュンしてしまいます。
『あぁ、美味しい……。欲しい……入れて欲しいぃ』
私は、うわごとのように言いながら、彼のペニスをフェラチオし続けます。正人君とこんな関係になる前は、フェラチオをしたことがありませんでした。それが今は、フェラチオしているだけでイキそうになるほど興奮してしまいます。

「まだダメ〜。ほら、もっと気合い入れて!」
正人君はそんな事を言いながら、スマホで私のフェラチオを撮影し始めます。私は、もう慣れたこととはいえ、やっぱり緊張してしまいます。でも、撮されていると思うと、興奮が高まるのも事実です。

私は、夢中で彼のペニスをフェラチオしながら、我慢出来ずにアソコをまさぐり始めました。スカートの中に手を突っ込み、ショーツの上からクリトリスを触ると、自分でも驚くほど濡れてしまっています。私は、クリトリスの快感と、太いペニスが喉の奥まで入ってくる窒息感にクラクラしながら、もうイキそうになっていました。

『ダ、ダメ、イッちゃう、正人君、イッちゃうぅ』
私は、オルガズムの気配を感じながら、狂ったようにクリトリスをまさぐり続けます。すると、彼は私の口からペニスを引き抜き、私の頬を軽くビンタしました。
「なに勝手にイコうとしてるんだよ。ほら、こっち来いよ」
正人君は、冷たい口調で言います。私は、ビンタの痛みと、彼の冷たい言葉にゾクゾクッとしてしまいました。そして、ビンタされたことで軽くイッてしまった事を隠しながら、
『ごめんなさい。わかりました』
と言って、彼に言われるままに部屋に入りました。

「じゃあ、脱げよ」
彼は、今日はいつもよりも冷たい口調で言います。でも、私はゾクゾクしっぱなしです。そして、私は一枚ずつ服を脱いでいきます。
正人君は下半身裸のままベッドに座り、私の一挙手一投足を見つめています。いくら若々しいと言われることが多くても、もう三十代半ばです。正人君の身の回りにいる女の子達とは、張りもみずみずしさも違うと思います。
私は、ブラも外し、羞恥を感じながらショーツも脱ぎ去りました。ショーツが恥ずかしいほど濡れて大きなシミが出来ているのを隠すようにして床に置くと、彼の待つベッドの上に乗りました。そして、イキそうなところで止められて発情状態の私は、彼に抱きついてキスをしました。すると、いきなりインターホンが鳴りました。私は、ビクッと驚き慌てて彼から離れます。

「あいつ、もう来たのかよ。紀香ちゃん、早く隠れて」
私は、訳がわからないままクローゼットに押し込まれました。私は、不安な気持ちのまま隙間から部屋の様子をのぞくと、正人君が玄関のドアを開けていました。
「お疲れ様です」
部屋に入ってきたのは武藤君でした。私は、驚いてしまいました。どうして武藤君が? 私は、理解が追いつきません。
「早かったな。上がれよ」
正人君が武藤君を招き入れます。武藤君が突然遊びに来たわけではないみたいです。私は、全裸のままだということを思い出し、見つかったらどうしよう? と、不安な気持ちになっていました。


「ほら、始めるぞ」
正人君はそう言うと、テレビをつけました。そして、テレビにつないである小さなパソコンも立ち上げると、動画を再生し始めます。そこには、はしたないランジェリー姿で、バックでハメられている私が映りました。
「スゲぇ、これって、この前のスマホの子ですか?」
武藤君が興奮した声で言います。
「そうだよ。マジでド淫乱なんだよ」
正人君がそんな事を言います。私は、正人君の意図がわからず、不安な気持ちもわいてきます。

「正人さん、羨ましいっす。こんなエロい女と付き合ってるなんて、ズルいっす」
武藤君が興奮しきった声で言います。
「まあね。俺の一番大事な女だよ」
正人君ははっきりとそう言いました。私は、嬉しくて涙がこぼれてしまいました。

「じゃあ、アッチの部屋にいるから、抜いていいぜ」
正人君が武藤君にそんな事を言いました。そして、隣のベッドがある部屋に行ってしまった正人君。

武藤君はすぐにズボンを降ろし、いきり立ったペニスをしごき始めました。私は、男同士がこんなにも気安くオナニーの事を話していることにも驚きましたが、武藤君のペニスの太さにも驚いていました。

彼のペニスは、正人君のペニスと比べると長さは短い感じですが、太さはパッと見てすぐわかるほど太いです。
「スゲぇ、エロすぎ」
そんな事を口走りながら、オナニーを続ける武藤君。私は、その太いペニスに目が釘付けでした。

私は、始めて正人君に抱かれたとき、今までの夫とのセックスはなんだったのだろう? と、驚くほどの快感を感じました。それは、ペニスの大きさによるものが大きかったと思います。夫のペニスよりも一回りも二回りも大きな正人君のペニスが、私の膣を拡げながら入ってきて子宮口に当ると、頭が真っ白になるほどの快感を感じました。

私は、オナニーを続ける武藤君のペニスを見ながら、完全に発情していました。正人君のペニスでも、失神するほど感じてしまうのに、正人君のよりも太いこのペニスを入れたらどうなってしまうのだろう? そんな事を考えてしまいました。

私は、正人君への罪悪感を感じながら、アソコをまさぐり始めました。クリトリスに指が触れると、声が漏れてしまうほどの快感が走ります。私は、自分の親指を噛みながら必死で声を抑えます。

武藤君は、太いペニスをしごきながら、俺もやりたいと言っています。私は、彼のペニスが入ってくるのを想像しながら、オナニーを続けます。正人君のことが大好きなのに、武藤君のペニスを入れることを想像してしまう私……。自分がこんなにも淫乱で、尻軽なことに驚きながら、我慢しきれなくなった私は指を膣に入れました。

人差し指と中指を膣中に入れ、Gスポットの辺りを必死でこすり始めると、すぐにイッてしまいました。でも、イッても私の興奮は収まらず、私は乳首もつまんでさらなる快感を追い求めました。

「あぁ、出る、うぅっ」
武藤君は、うめきながらティッシュの中に射精をしたようです。私は、二度も三度もオルガズムに至りましたが、逆にもっと興奮が増してしまった感じでした。もう、入れて欲しくて仕方ない……太くて大きなペニスを入れて欲しくて仕方ない……そんな気持ちでした。

武藤君は、ティッシュをティッシュでグルグル巻きにしてゴミ箱に捨てると、隣の部屋に行きました。すると、しばらくするとなぜか正人君だけが戻ってきて、真っ直ぐに私がいるクローゼットの前に来ました。そして扉を開けると、
「凄い顔になってるよ。欲しいんでしょ? 今すぐ入れて欲しいんでしょ?」
と、小さな声で言ってきます。私は、隣の部屋の武藤君を気にしながら、うなずきました。

「おいで」
そう言われて私はクローゼットから出ましたが、隣に武藤君がいると思うと気が気ではありませんでした。
彼は、私に顔が半分ほど隠れるような大きな目隠しをすると、
「声出したらバレちゃうからね」
と言って、私の手を掴んで歩き始めます。私は、何が起きるのかドキドキしていました。でも、それ以上にペニスが欲しくて我慢出来ませんでした。

そしてドアが開く音がして、
「おまたせ〜」
と言う、軽い感じの正人君の声が響くと、
「わっ、すっげ! マジですか!?」
という、武藤君の声が響きました。私は、武藤君に全裸を見られていることに激しく動揺しながらも、武藤君に私だとバレないように黙っていました。

「あぁ、好きにして良いぜ。この子、童貞が大好物だからさ」
「あ、ありがとうございます!」
武藤君はそう言うと、いきなり私の胸にむしゃぶりついてきました。視覚を奪われた状態でいきなり乳首を舐められ、私は思わず声を漏らしてしまいました。
「スゲぇ、こんなに固くなるんだ」
武藤君はそんな事を言いながら私の乳首を舐め続けます。私は、バイト先の高校生の男の子にこんなことをされ、気持ち良すぎて声が我慢出来ません。
『あっ、んっ、うぅ、ふぅ』
「エロい声……声も可愛いっすね」
武藤君はそんな事を言いながら、乳首を舐め続け、そして乳房を揉んできました。私は、声で私だと気がつかれないように、必死で声を抑えようとします。でも、すでに発情しきった私は、声を我慢するなんて無理でした。

「ほら、ベッドに寝かせてやれよ」
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


カテゴリ
アクセスカウンター
おすすめコミック
DLO-01 カレとの約束 ダウンロード販売
夏のオトシゴ ダウンロード販売
ブロマガ購読者数

現在262人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

アクセスランキング