このブログのオリジナルコンテンツ一覧
全記事タイトル一覧

私が参加しているパーティーは、1組がセックスをして、他のメンバーに視姦されます

あたしが参加しているパーティの話。

毎回パーティの最初に1組のカップルをクジ引きで決めて、その2人だけでプレイして全員周りを囲んで見るっていう習慣があります。

先週の水曜日にパーティがあったんだけど、何とあたしが当たりくじを引いちゃいました。

あたし10回くらい参加してるけど、当たったのは初めてだったんです。
でも、相手の人は何回かはした事のある人で一安心です。

どんなプレイをするかは2人の自由だったので、あたし達は普通の恋人同士がするエッチって感じにする事にして、下着だけになって皆の真ん中に座りました。

最初はもう恥ずかしくって、キスとかもつい笑っちゃったり、彼があたしの胸に手を持ってきても払い除けちゃったりしてました。

すると、彼があたしの顎に手を当ててディープキスをしてきました。

あたしもこれでスイッチが入ったみたいで、首に手を回してお互いに貪るようなキスをしました。

彼はいつの間にかブラを外してて、あたしの胸を愛撫していました。

あたしが乳首弱くて凄く感じるのを覚えてたみたいで、胸を揉みながらだいぶ微妙な感じで乳首を攻めて来ました。

あたしの乳首はもうピンとなってメチャメチャ感じています。

すると彼はキスを止め、顔を下に下げていって一気に乳首を吸い始めました。

「あんっあぁぁぁん!あっあっ」

あたしは自然と声が出ちゃいます。

仰け反ったまま彼に両方の乳首を交互に吸われ、かなり感じちゃってきました。

普段ならたくさんの手があたしの身体を触ったり、フェラをさせられたりしてる頃ですが、今日は1人の人に抱かれているあたしを皆が見ているんです。

そう思うと身体がカーッて熱くなってきます。

彼はあたしを寝かせるとパンティを下げてきました。

周りで見てる人がおお~とか、足開いてとか言っています。

彼は皆に見えるようにあたしの足を開きます。

「やっ恥ずかしい」

「かおりちゃんの綺麗なあの部分をよ~く見てもらおうね」

彼はそう言いながら、あたしのあの部分を指で拡げたり、指を入れてきたりします。

あたしはその度に仰け反って大きな声を出していました。

「かおりちゃん、今度は反対側の人にも見えるように四つん這いになって」

あたしは反対を向いて膝をついてお尻を突き出します。

「そうそう、綺麗だよ。かおりちゃん」

彼はまた指を入れたり広げたりしました。

彼はあたしから指を抜くと前に来ました。

いつの間にか彼も裸になっています。

四つん這いになってるあたしの顔の前に自分のモノを持ってきて

「ほら、かおりちゃん」

とだけ言いました。

あたしはごく自然に彼のモノを右手で握って、お口に入れました。

ちゅば…ちゅば…しゅぼ…じゅる…あたしフェラはちょっと得意なので、わざと大きく音を立てました。

彼のモノがお口に中でどんどん大きくなってきます。

この人のペニスってあたし大好きなんです。

カリの部分が凄く張り出していて、唇に引っかかる感じが凄いエッチっぽいんです。

あたしはもう夢中でフェラしちゃいました。

「かおりちゃん、入れたいよ」

彼がフェラを止めようとして言いました。

あたしはすぐには止めずに舌をちょっと固くして彼の先っぽを攻めました。

割れてる部分に舌を入れるようにして。

「あぁ…おぉぉ~いいよ、かおりちゃん」

男の人に声を出させるのってすんごいいい気分なの。

あたしは顔を上げて、手を少し後について胸を突き出しながら周りで見てる男性に、舌で唇を舐めるような仕草を見せました。

「お~、かおりちゃん今日はメチャクチャエロっぽいね」

「いいね~、後でオレにもしてくれよね」

「早くかおりちゃんに入れたいよ~」

皆声援を送ってくれます。

この時の気分はもうAV女優でした。

この隙に彼はゴムを着けてました。

(女の子に入れる時はゴム必須がルールなんです)

「じゃ最初はバックでね」

彼はそう言って後から入れてきました。

「あぁぁぁん!あぁぁっあっ」

いつもと違って完全にあたしだけを皆が見てるのって、とても良い気分です。

この日は女の子4人いたけど、今だけはあたしが主役です。

最後は正常位になって彼が一段と激しくしてきました。

あたしは時々目を開けて、周りにいる男性と視線を合わせました。

こうすると男の人って喜ぶみたい。

「あんっあんっあんっあぁん…いいっ!イクゥゥゥ!」

「おおおお、いいよ。イってごらん。皆の前で」

あたしは、もっと~とか突いて~とか叫んでたみたいです。

「あ、あ、あ、ああ、いっちゃうっあぁん!いくぅぅあぁぁぁぁ!」

「おお、オレも出すぞ!」

彼は凄い勢いで突いてきました。

そのまま彼もあたしの中でイッたみたいです。

周りからおお~って声と共に拍手が起こりました。

この日はこの後もやっぱりあたしが一番モテモテだったみたいです。

「かおりちゃんて今まで可愛い系だと思ってたけど、いやぁエロエロ系だったんだねぇ」

「ホント、こんな可愛い顔して入れてだの突いてだの言われたら堪らんよなあ」

だって。

あたしそんなに今までぶりっ子してたかな。

あたしってば、見られると変わっちゃうのかな。

ちょっといい気分のパーティでした。

また次も頑張っちゃお。

・FC2BlogRankingでこの続きを探す
・オリジナルの体験談一覧(姉妹ブログも含む)
関連記事
・個室ビデオで見たAVに、若い頃の妻が出演していた
・妻からの昇進のお祝いは、元カレとのセックスでした4
・いつも学生に間違われる幼い嫁が、カップル喫茶に興味を持ってしまった結果4
・親友が、新婚の若妻を抱いてくれと言ってきた
・妻が追突事故を起こしたことで、ヤクザの真珠入に狂うことになりました4
 


結婚2年目のももかさん

僕の妻を、お歳暮として送ります

カテゴリ

アクセスランキング

プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

ブログランキング

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このブロマガは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のブロマガは全て読めます。


月が変わっても、購入した月のブロマガはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者ブロマガ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
132位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
5位
アクセスランキングを見る>>