バイト先の人妻さんを送ったら、車の中で誘惑されました

大学生時代にバイトしていたパブで、飲みすぎたお店の姉さん(34歳・人妻)を車で送って行く事になり、その途中でお姉さんに誘惑された事がある。

お姉さんが「気持ち悪いから、そこの駐車場の中に止めて」と言うので、わざわざ中に入れて止めたら「お水かお茶を買ってきて」といわれました。

買って戻ると、お姉さんが助手席ではなく後部座席に移動していて、横にきてほしいと言うので、言われるがままに横にいきました。

するとお姉さんが「お店の○○ちゃんとデキてるの」と聞かれたので、正直に「何の関係もありませんよ」と答えると、
「気をつけなさいよ」「あの子は君を狙ってるんだから」と言われ、つづけざまに「やっぱり若い子が好きなの?」と聞かれました。

自分は正直、若い子より色気のあるお姉さん好みだったので、「○○ちゃんより○○さん(そのお姉さんの事)の方が好みですよ」 と言うと、「君、かわいい事言うわね」と言われ、「今、チャンスだと思わない」と言ってしな垂れかかってきました。

「でも、お店の人にわかったら・・・ヤバイですから」と言うと、もの凄く色っぽく「だいじょうぶよ」と言って、ズボンの上からオレの股間あたりに顔をうずめてきました。

さすがにオレも我慢できなくなって、お姉さんの体を起こしてキスしました。
お姉さんは待ってましたとばかりにオレの顔を両手で掴んで激しく舌を絡ませ、ねっとりしたキスをしながらオレのズボンのチャックを下ろしてチンチンを出し、優しく手でシゴキ始め、オレの手を自分のスカートの中へ導きました。

オレもキスをしたまま、片腕でお姉さんの腰を引き寄せ、片手をスカートの中に入れて、下着とパンストの上から大事な部分を中指で刺激し、時折お姉さんの耳元で「ココ感じますか」とか「濡れてきたのわかりますよ」とか言って刺激しました。

お姉さんの着ていたスーツのジャケットのボタンを外したら、直にブラジャーだったので、ジャケットは脱がさず、ブラジャーも上へズリ上げただけで乳首をペロペロしました。

するとお姉さんが弾けたように、身をよじりながら「あぁぁぁ~ん」と悶え、まだパンストを履いたままの綺麗な脚をパカっと開いて、捲くれ上がったスカートから、まる見えの下半身をクネクネさせ、オレの頭を押さえ髪をかき混ぜながら「欲しいの~」「欲しいの~」と連発。

オレもペロペロしながら、自分でベルトをはずしズボンとトランクスを膝まで下ろしていたので、お姉さんに「口で気持ち良くしてください」と言いました。

お姉さんは、座席に座ったオレの両膝の間に入って、顔が見えるような格好でまず先っぽを舌でペロペロとアイスキャンディーを舐めるようにしながら、オレの顔を見上げ、しだいに口の中へ全てを含んでいきました。

スロートしたり裏スジを舐めたり、袋を含んだりとイロイロなバリエーションで気持ち良くしてくれた上に、1発目はお姉さんのお口の中に出させてくれて、さらに吐き出さずに飲み込んでくれました。

射精したばかりで崩れ落ちたモノが復活するまで、オレもお返しにと思い、お姉さんをシートに押し倒し、下着とパンストをズリ下げて顔を近づけたら、お姉さんが「ダメ~ 今日はダメっ!」とかたくなに拒まれました。

考えたら、男と違い女性はシャワーも浴びてない体を男に舐められたくないんだなと思い、またねっとりとしたキスをしながら、ズリ下げたままになっている大事な部分を指で優しくこすってあげると、すでにズブ濡れ状態でクチュクチュ音をたてていました。

すると今度は小さくかすれたような声で「あぁぁぁん」「ソコ気持ちィーよ~」 「ねぇ~ 欲しいよ~」とチンチンをシコりながら催促されたので、下着もパンストも履いたままのお姉さんの両脚を持ち上げて、愛液でトロトロになり、開ききった穴に自分のモノをあてがいました。

ところが自分もまだ半立ち状態なので、入りません! ここで、まだ立ってないからと言うとシラケそうだったので、お姉さんの穴にモノをあてがい、自分の手で半立ちのモノを捻じ込んで、とりあえずピストン。

すると、熱いお姉さんの膣の締め付ける感覚で、あっという間に射精してしまった。

・FC2BlogRankingでこの続きを探す
・オリジナルの体験談一覧(姉妹ブログも含む)
関連記事
 
[ 2017/03/30 12:20 ] 人妻や主婦との体験 | TB(-) | CM(-)
カテゴリ
アクセスカウンター
おすすめコミック
DLO-01 カレとの約束 ダウンロード販売
夏のオトシゴ ダウンロード販売
ブロマガ購読者数

現在294人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

アクセスランキング