このブログのオリジナルコンテンツ一覧
全記事タイトル一覧

会社の仲間にハメられて16歳年下の事務の子にハメる事になった

俺マサキ36歳独身会社員
彼女マミ20歳独身同じ会社の事務
2ヶ月前、会社の休憩室で彼女から告白された。

俺「どうしたの?」

マミ「あの・・・彼女と別れたって聞いたから・・・その・・あの・・」と普段明るい彼女がモジモジ言う。
俺「?」

マミ「マサキさんっ!突然ですけど私と付き合ってくださいっ!!」と明るく彼女が言う。

俺「えっ!?!俺??」
冗談かと思った。

マミ「ダメですか??ずっと好きだったんですっ!」

俺「俺のどこがいいわけ??こんなオッサンが。」

マミ「オッサンじゃないですよ!全然若いし優しいし頼れるし」

正直うれしかったのだが、娘ほど(娘はいませんけどね)も離れた年の子と付き合うのもなんだなぁとおもってその場では、

俺「ありがとう!考えとくよ!」なんて強がってみた。

いわれてからしばらく彼女と話すのを避けていた。
正直迷っていた。
コレでイイのか?って。

数日後、会社の事務の人たちと飲む機会があったんだが、俺は用事で遅れて行った。

そのとき、課長(女38歳独身)エリ(事務25歳既婚)ユウ(女28歳既婚)マミ俺の5人だった。
男は何故か俺だけ・・・

するとマミの隣しか空いていない・・・座るしかない。。

マミ「お疲れ様でーす!まずは飲んでくださいっ!!」とビールを勧めてきた。
まるでこないだのことは無かったのかのように。

しばらく飲んでいるとマミがカラダを寄せてきて耳元で、
「こないだのこと考えてくれました??」と。

俺「えっ?アレ冗談じゃなかったの?」と言うと、
マミ「私本気なんですっ!!ダメですか??」
周りも聞いてるよーー。

すると前に座っていた課長(女)が
「アラ・・マミさん。マサキ君のことお気になの~??」と茶化してくる。

さらにエリ(同じ会社の事務)も茶化してくる。
「いいなぁ・・・マサキさんって優しいし仕事できるし結婚早まったかなぁ・・」

さらにユウも
「私も~マサキさんっていいなぁて思ってたんだけど、その時彼女いたみたいだし諦めたのよ~なんてね。」

俺がモテていると錯覚させるかのように皆で持ち上げてくる。

課長「アラ・・マサキ君ってイイカラダしてるわねぇ・・・私じゃダメかしら??」と俺の胸をサワサワしてくる。

マミ「あーーーーーーーーーーーーっ!課長!!ダメですよ!」と言ってた。

なんやかんや2時間ばかり飲んでからお開きになった。

俺は課長と同じ電車だったのだが、駅前でトイレに行きたくなったので、先に帰ってもらった。

トイレから出てくると、マミが立っていた。

マミ「あっ!お疲れ様でーす!」

俺「あれ?どうしたの?帰んなかったの?」と言うと、

マミ「あーー私と一緒じゃイヤですか?えーん・・」と泣いた振り。

俺「わかったよ・・まだ終電まであるしちょっと飲むか?」と言うと、

マミ「ヤッター!飲みましょ!飲みましょ!」と突然ルンルンになる。

マミ「まぁ明日は休みですからね!トコトン飲みましょ!」と俺の腕を引っ張る。

その時マミのムネが俺の腕に・・・『けっこうおっきいな・・』と思いつつ。

そこは個室飲み屋だった。

マミ「トナリ座ってイイですか?マサキさんと一緒でうれしいの!」と無邪気にはしゃぐ。

俺「はは・・イイよ・・」と言うとマミはチョコンと俺の隣に座った。

マミ「トコトン飲みましょ!なんて言っておいてなんですけど、もうあんまり飲めないかも・・」

俺「?じゃあ、まぁ、ちょっと飲んでから帰ろうか?」と言うと、

マミが俺の腕に抱きついて「今日は一緒にいてもらえませんか・・?マサキさんと一緒がイイ・・」

ちょっと久しぶりのシチュエーションに俺も舞い上がってしまったのか、
俺「わかった!俺はOKだけどマミは大丈夫なの??」

マミ「今日はママに友達のうちに泊まるよって言ってあるので大丈夫ですっ!」計算済みかい・・・

しばらく飲んでいると彼女が「ふぅ~ちょっと酔っちゃった。」と俺の方に頭をもたれさせた。

俺「大丈夫か?お決まりのセリフだけど、どっかで休んでく??」と言うと、

マミ「えーっでも、休めないんじゃないですか・・?マサキさんっ!!」と俺に抱きつく。胸があたる。大きい。

俺「よしっ!じゃ、出ようか!?」

マミ「ハイっ!」

二人でホテルに入る。

入り口で靴を脱いでいると、マミの方から抱きついてきた。

マミ「マサキさんっ!こないだの返事聞いてないんですけど・・OKですか!?」

俺「ここにいるんだからOKってことでイイのかな?」

マミ「ワーイ!!ありがとうございますっ!!うれしいよぅ・・」と彼女は泣き出した・・

俺「はは・・ありがとう。」

それからシャワーをあびてベッドへ・・・

彼女の大きなムネ(Gカップ)とくびれたウエスト、張りのあるヒップを堪能しつつ、彼女の攻めも味わいつつ(けっこうフェラ上手い)、俺も彼女を攻めまくった。

そして次の日は休みだからか朝までヤっていた。

それにはマミも驚いたようで、
「マサキさんってスゴイですね!!5回もしちゃうなんて・・・エッチっ!!」と赤くなってます。

俺「マミだって、いっぱいして!っておねだりしてたじゃん!」

マミ「そんなことないもんっ!!もうーーーーホントにエッチっ!!」

俺「あーーーっ!誘ってきたの、そっちじゃん!このエローーっ!5回もイッてたくせにーっ!」

マミ「ちがうもん!7回だもんイッたの・・・あっ・・・」と赤くなってる。

マミ「あーどうせエロですよ!!でもマサキさんの前だけだから・・・」

と真っ赤な顔をしてマミは俺に抱きついてきた。

俺も彼女とこれから楽しく過ごそうかと思い、

俺「マミ・・・これからよろしくね!」

マミ「ハイッ!よろしくお願いします!!」

なんてやり取りをしながらも付き合いだしました。

マミも俺もエッチが大好きだし相性もイイみたい。

会うと必ず最低3回はエッチする。

まだ付き合って2ヶ月だが、久々の彼女に満足している。

でも、後で聞いたんだけど、あの飲み会自体、他の皆グルだったんだよね・・

オンナってコワいかも。

断ってたらどうなってたんだろうと思うと背筋が凍る・・・

・FC2BlogRankingでこの続きを探す
・オリジナルの体験談一覧(姉妹ブログも含む)
関連記事
・男前な姉さん女房を、後輩の彼氏に抱かせることになって完
・妻が追突事故を起こしたことで、ヤクザの真珠入に狂うことになりました3
・年上の嫁を寝取ってもらうために、友人のアレを型取ってディルドを作った4
・妻からの昇進のお祝いは、元カレとのセックスでした2
・家族旅行の海外で、男の子達にエステの特別コースをしてもらった妻 完
 


ネトラレーゼ 悔しい...温泉旅行で妻が上司に寝取られた話

寝取られJK -大好きな先生に捧げるはずの処女は同級生に奪われました-

カテゴリ

アクセスランキング

プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

ブログランキング

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このブロマガは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のブロマガは全て読めます。


月が変わっても、購入した月のブロマガはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者ブロマガ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
143位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
5位
アクセスランキングを見る>>