出会い系のプチメンヘラの彼女は、2人で会うのが怖いと言っていたくせに4Pになった

高校時代に某C掲示板で仲良くなった子がいた。
仮名みぃとする。
みぃは岡山住みで俺は神奈川住み。
メールもするようになって仲良くなるうちに彼女はプチメンヘラであった。

少なからずみぃに好意があったのでメールで支えたりしていくうちに、メールで猥談(画像とかは無)などもするようになった。

大学に進学し、みぃは東京の大学に進学した。
当然の流れで落ち着いたら会いたいねという話になったが、お互い予定があわず、みぃが帰省するギリギリの12月末に会うことになった。

2人で会う気でいたが、恐いらしく2対に2で会いたいといったのでそうすることになった。
俺は高校からの大学の友人(仮名:堀田)に声をかけると快諾してくれた。

当日はメールと電話でやりとりし無事合流。
みぃは背が160cmくらいで小柄でかわいらしいかんじだった。
もう一人(仮名ゆき)はみぃより少し大きいくらいで少しぽっちゃりしているがかわいい方だと思う。

ランチということだったが、大学生ということもありファミレスで2時間くらいだった。
会話はたわいもないことが続いたが、堀田もゆきもスキーが好きでみぃもスキーをやってみたいということで、今度4人でスキーに行こうということは決まった。

堀田がスキー好きということを初めて聞いたので、解散後に尋ねてみると、スキーなら泊まりで遊びにいけるといった変態的発想からだったらしい。
俺も堀田も高校でスキーキャンプがあったから滑れなくはないが。

話は具体的に進み2月下旬に俺の運転で行くことになった。
スキー場に着いたのは、10時頃で荷物をロッカーに預けて11時頃から滑り始めた。
天候はあまり芳しくなく、15時頃に遅めの昼食を取ってそのまま撤退となった。

泊まるのは4人用コテージ。
荷物をコテージに運びゆっくりすると、みぃとゆきはお土産を買いに本館に行った。
俺と堀田は夜の件を会議した。

とりあえず男2人が風呂に入っちゃえば女性2人もすぐ風呂に入るだろうと読み、俺と堀田は風呂に入った(もちろん別々に)。
みぃに連絡を取るとまだ売店にいるとのことだったので、チューハイやおつまみなどをお願いした。

周りが暗くなった17時頃には戻ってきて、予想どおりみぃとゆきは風呂に入った。
少しでも薄着にさせようと部屋の暖房をガンガンにしたのは堀田のアイディア。
それは成功し、上がってすぐに2人はTシャツ+ズボンという薄着になった。
みぃは白Tなのでピンクのブラジャーが透けている。
さすがに暑いようで、暖房を少し緩めたが格好は変わらない。

そしてチューハイで乾杯となり色々な話をしていくうちに、俺もみぃの馴れ初め(?)話になった。
エロいメールの話題にもなり、みぃが以前Bカップと教えてくれたことを言うと。
恥ずかしそうに今も変わってない的な発言をした。

調子に乗り触りに行こうと近づいたが拒絶はしなかったので、そのままおっぱいタッチ。
軽く揉むとヤダヤダといいながらも喜んでいる。

もちろんそのままゆきの胸の話にもなり少し強引に後ろから触るとそれなりに大きかった。
サイズは教えてくれなかったがDくらいであろうか。
ゆきもそれほど嫌がる素振りはない。

その後俺はみぃの胸を揉んだりブラパッチンしてるときに堀田はゆきの股を触っていた。
手が早い…

堀田との打ち合せでは乱交のようにお互い2人と遊ぶ予定だったが、完全に別れてしまった(同じ部屋だが)ので、俺はみぃをいじる。
下よりも胸フェチな俺だったしピンクのブラが気になったのでTシャツを脱がす。
抵抗は全くない。

ブラの上からしばらく触り抱き寄せてホックを外そう手を回すと、みぃも手を回してハグ状態になる。
みぃが「私のこと好き?」と聞いてくるので「好きだよ」と答える。
すると「ちゅーして」と言われた。

少し躊躇したが、キスをする。
軽く触れているだけだ。
唇を合わせたままホックを外し唇も外す。
ブラを外して小さなおっぱいが露になった。
乳首も小さめだがキレイにツンと立っている。

乳首もいじりつつ胸を揉み回す。
俺が「乳首、感じてるんだね」的なことを言うと、「下の方がやばいよ。」と答える。

そのままズボンの上からだが股に手が伸びる。
股と胸をいじっていると、ゆきの叫び声というか喘ぎ声が聞こえた。
振り返ると、ゆきは白と黒のボーダーのブラだけで下半身は裸になり堀田に股をいじられていた。
堀田は既に全裸だ。

「あっち早いね」とみぃに言うと「さっきからだよ」と答える。
俺は背を向けていたが、みぃはあっちが見えていたらしい。
「下も脱がすよ」というと、みぃが承諾しズボンを脱がせる。
パンツはブラと同じピンクだ。
パンツの上から触ると「パンツも脱がしていいよ」とみぃが答える。

パンツも脱がし指で優しく局部を触る。
声は出さないものの感じているのがわかる。
目をつぶっているようだ。
胸に手を伸ばし、おっぱいも触ると目をあけた。

「○○(俺の名前、具体的に書くと妄想しづらいと思うので完全に伏せます)も脱いで」と言った。
俺が「え?」と聞き返すと「堀田くんも脱いでるじゃん。」と答えた。
振り返るとゆきを床に押し倒し完全にヤる体勢になっていた。

俺も全裸になり、裸のままみぃをベットルームに誘導した。
ヤるのを見られたくなかったのもあるが、人のエッチを見たくなかったのもある。

ベットに上がってからはみぃを押し倒し局部や胸を触る。
みぃが「ちゅーして」と言ってきたので上から覆い被さりキスもした。
身体が密着したからかみぃが「○○のすごく立ってるね……触っていい?」と聞いてくる。

うなずくと起き上がり、お互いベットの上で向かい合い下半身をいじった。
気持ち良くなってきたので、そのまま前に倒れみぃを押し倒す形になった。
抱きしめて「入れるよ」と囁く。
みぃがうなずく。
ゴムは準備したがカバンのなかなのでナマで入れようとする。
みぃは拒否はしない。

自ら股を開いたので、すんなり入っていった。
締め付けが強く入れた瞬間逝きそうになった。
しばらく動かさず落ち着くのを待った。
その後ゆっくり動かすとみぃは我慢せずに声を出す。

その声と小さな胸の揺れと締め付けにより、すぐに逝きそうになる。
みぃの声を荒々しくなる。
3分もしないうちに逝ってしまった。
もちろん中には出さず寸前でぬき、腹から胸の辺りに発射した。

ティッシュで拭き取り、お互い落ち着いても俺のは半立ち状態だ。
喘ぎ声がリビング(?最初の場所)から聞こえてきたので、お互い興味があり戻る。

推測どおり、まさにエッチ中であり騎乗位だ。
ゆきの胸は思ったよりでかく騎乗位なので激しく揺れている。
すぐに堀田は逝ったらしく動きが止まる。
抜くと堀田はしっかりゴムを付けていた。

俺は再びギンギンに立ってしまっていた。
ゆきもまだ逝ってないようだったし、ゆきともヤりたくなってしまった。
本能的にゆきを抱きに行き胸を触る。
みぃよりも断然大きい。
抱き締めると胸が強く当たる。
そのまま押し倒し覆い被った。

俺は体勢を直し入れようとすると「ゴムは付けてよ。」とゆきは言う。
俺はカバンに取りにいこうとすると堀田が差し出してきた。
2人に見られていると実感し恥ずかしくなったが欲求は止まらない。

ゴムを付けてゆきの股を開く。
ヤったばっかりなせいかすんなり入る。
すぐにピストンに入るとみぃよりは緩く一回逝ってるせいか、すぐに逝きそうではないので激しく突く。
肩を出て押さえてピストンすると胸の揺れがすごくなる。

胸を触りながら無我夢中で突き続けると、ゆきが「逝く、逝く」と叫びはじめた。
そのままピストンを続けると俺もすぐに逝ってしまった。
2度目なのに結構な量がゴムの中に出た。

堀田とみぃがこっちを見てニヤニヤしている。
ゆきを起こすと「2回も連続でヤったの初めて」と言った。
堀田が「もう1ラウンドやる?」と聞くと「もう無理、もう無理」と答えパンツを履き始めたので、みんな衣類を着た。

その後は、4人でエッチのことなど色んな話をした。
ゆきがEカップなこと、みぃが2回目のエッチだったこと、俺とみぃが別室にいるときに堀田がゆきにパイズリされていたことなどを話したが、時間が経つに連れ会話が途切れ途切れになりみんな眠りについていった...

俺は翌朝9時前に目覚めるとみぃが起きて荷物をまとめていた。
ふつうに「おはよう」と挨拶され皆を起こし10時前にはチェックアウトして、もうスキーな気分じゃなかったので車で帰った。

あの夜以来エロいことはなく会ってはいないが、またメールで声をかければ何かあるかもしれない

・FC2BlogRankingでこの続きを探す
・オリジナルの体験談一覧(姉妹ブログも含む)
関連記事
 
[ 2017/03/06 22:00 ] 複数でした体験談 | TB(-) | CM(-)
カテゴリ
アクセスカウンター
おすすめコミック
DLO-01 カレとの約束 ダウンロード販売
夏のオトシゴ ダウンロード販売
ブロマガ購読者数

現在263人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

アクセスランキング