男友達に運転させておきながら、後部座席でエッチする俺達

男友達と女友達Aのところに遊びにいくことに。
Aとはエッチした関係だったけど、友達として続いていた。
スレンダーで結構可愛くて20代前半。
Aと友達はもちろん初対面。

車の持ち主の男友達が運転席で、後部座席に俺とAが座わり、3人で喋る状況。
車で話すことになって、恋愛トークからだんだん下ネタトークに。

「最近エッチしてる??」

「してなくはないけど、あまり気持ちよくなくって・・・」

あんなに感じやすかったAなのに・・・。
友達に気づかれないように、上着をかけてこっそりとミニスカートに手を入れて触ってみる。
Aも友達に気づかれないように最初は普通に喋りながら、手で避けてたんだけど、俺のしつこさに根負け(?)して、触らせてくれるように。
すぐに下着の隙間からAの秘部を触ると、下ネタを喋っていたからなのか、すでに濡れ濡れ状態入り口をゆっくり触って、ヌメヌメの指でクリを触る。

「ん・・・」

Aの太ももが締まる。
拒否る手に力が入っていない・・・。
それから、下ネタや普通の話をしているけど、俺の手はAの下半身をゆっくりと触っている状況なので、俺もかなり勃起してる。
Aの手を俺の下半身に近づけると、ゆっくりと触り始め、チャックをこっそり下ろして直接手コキ状態。
だんだんとAの会話が少なくなる・・・。
友達も気づいてきたようで、だんだん会話がなくなり、車内にエッチな匂いとピチャピチャした音が響く。

俺も我慢できなくなってきて、Aの顔を下半身に近づけると自然とフェラし始める。
なんか、どうでも良くなるほどの不思議な感覚。
フェラしてもらいながらも、Aのアソコに指を入れ、あえて音が出るように触る。
下着までビチャビチャの洪水状態。

そのとき、友達が「俺どうしたらいい???」と聞いてきたので、「どうする??」とAに聞く。
フェラが止まって・・・。

「・・・」

Aの顔は真っ赤になっているし、ピチャピチャ音は鳴っているし。

「◯◯のも舐めてあげる?」

「・・・」

友達も後部座席に移動して、フェラがスタート。
初対面にも関わらず、友達のチンポに貪りつくA。
そのまま俺はバックでAに挿入。

「あんっ!!!」

ずっと声を押し殺していた反動からか、Aの喘ぎ声が車内に響き渡る。
バックで突きながら、友達をフェラし続けるA。
ゆっくりと中をなぞるように動かしたり、クリを触りながらゆっくりとピストンしたり、変に友達と目が合うのが気まずいけど、興奮するし・・・。

「イッちゃう・・・」

ゆっくりとしたピストンで焦らしながら、激しいピストンに切り替えたあたりでAはイッちゃいました。
その勢いで友達もフィニッシュw
Aは連続してイケるので、そのまま激しいピストンを続けていると・・・。

「ダメダメ!!!」

結局3~5回くらいイッてしまってから、俺もフィニッシュ。
終わった後にAに聞くと、途中から何でもよくなっちゃったみたい。
最高に気持ちよかったらしいので、良かったのかなぁ。

それから、ちょくちょく3人で遊んでました。
エッチしたり、しなかったりしながら・・・。

・FC2BlogRankingでこの続きを探す
・オリジナルの体験談一覧(姉妹ブログも含む)
関連記事
 
[ 2016/12/24 12:30 ] 野外・露出プレイ体験 | TB(-) | CM(-)
カテゴリ
アクセスカウンター
おすすめコミック
DLO-01 カレとの約束 ダウンロード販売
夏のオトシゴ ダウンロード販売
ブロマガ購読者数

現在294人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

アクセスランキング