バスケ部のマネージャーは、選手のあの世話も仕事でした

高校の時の話、バスケ部のマネージャーしてた。
うちの高校部活が結構強い。
自分がマネージャー入った時はマネージャーだけで11人いた、3年2人、2年4人、1年自分含む5人ね、まぁいろいろあって結局1人になった訳だがそれは別の話。
他のマネージャーもプレイヤーとやってたかは微妙だが少なくとも自分以外に5人はやってた、と思う。

1年のマネージャーは大体プレイヤーがかっこよくて入る、自分は断じて違うが、マネージャーのみんなも全体的にかわいかった。

他校からあそこのマネージャーかわいいとか言われるくらい、ちなみに>>1はそこに含まれてないぞ。

なんか初めて書くけど難しい、質問あったら答える。
まず1年の夏合宿の話から書いていきたいと思う。

初め入ったときは全然そんな雰囲気はなかった、と思う。

最初の1ヶ月でどんどんマネージャーが辞めていったから、そいつらがやってて自分が知らなかっただけかもしれんが、さすがに大所帯でも11人もいると仕事は楽だった、むしろ話してばっかで楽しかった。

後で1人になったときは地獄だった訳だが、マネージャー辞め期一回目の波がきて残り4人になった。

3年1人、2年2人、1年1人。
4人になって前よりは忙しくなったがまぁそれなりだった。

平日の部活でも9時くらいまでやる。
そこから片付け居残り練習とかもあるから帰れるのは10時過ぎとかだった。

普通後輩のマネージャーに最後やらせて帰ると思うが、先輩のマネージャー達は絶対自分より早く帰らなかった。

今思い返すとそのときやってたのか、とか疲れてんのによくやるなとか思うが、後に自分も同じ立場になったので何も言えない。

すまん、だらだら違うこと書いてしまったが、夏合宿の話次で書くわ。

8月入ったくらいに夏合宿があった。
4泊5日くらいだったと思う。
学校に泊まりこみで1日中部活だ。

1日目早朝の集合から練習始めて、ご飯練習ご飯練習で9時に一応全体終わり。

でもそっから個人練習がある。
その間にマネージャーが交代で風呂に入るが個人練習は終わってないので結局また練習に参加することになる。

0:00は過ぎる。
そこからプレイヤーは風呂に入って就寝なのでプレイヤーも相当きつかったと思う。

が、マネージャーは洗濯もありようやく寝れたのは夜中かの3時をまわっていた。

1日目は普通に過ぎた。
高校の部活が不健全なものになったのは1年夏合宿の2日目からだった。

2日目も朝から練習して夜のマネージャー風呂の時間になった。
風呂を上がり練習に戻ってみるとプレイヤー達がなにやらこっちを見てニヤニヤしている。

コソコソ会話してるのが聞こえてきたのだが、どうやら風呂を覗かれたらしい。

一応羞恥心はあるので、もうどうしたらいいのかわからず、涙目だった。

そこにプレイヤーの2年でDQNっぽい男が近づいてきた。

「>>1ちゃん、身体左腕から洗うんだね?」

ニヤニヤしながら言ってきたが、なぜか冷静な自分がいてここで焦ったらもっとからかわれると思い、

「なんで知ってるんですかぁ?」

ととぼけた女を演じて颯爽と逃げた。

と思いきや、そのDQNっぽい男が腕をつかんできた、さすがに焦って振り返るとニヤニヤしながら

「胸ちいさいんだね」

と囁き去って行った。
自分は何を言われたかわかるまでぼーっと突っ立っていた。

うっせー、どうせちっぱいだこのくそ、AよりのBだ死ね!とも言えず、恥ずかしさを隠して練習に参加した。

その日の個人練習も0時を過ぎ、洗濯をしていると1年のプレイヤーに呼ばれた。

「DQN先輩がお風呂の水がどーのって…とにかく呼んでこいって」

それだけ言ってった。
人数が多いので学年んで風呂の時間がわかれていた、2年の時間だった。
馬鹿正直な自分は

「給湯器が故障したかな?」

と思いながら風呂場に向かった、

「すいませーん、どうしました?」

脱衣室に呼びかけると

「いいからちょっと入ってきて!」

と怒鳴られた。
呼ばれた訳なので脱衣室に入ると上半身は裸だったが下ははいていた。
普段みんな脱ぐので男の裸にはそれなりに慣れていた。
上半身ならな。

「これ見てよ」

と奥の方に2年がたまっている。
なんだ?と思って近づいて行くがみんながあつまっていてよく見えない。

まぁそこで鍵をかけられていた訳だが当然気付かず。
どんな不備があったのかと不思議に思っていたら、

「>>1ちゃん?もういっかいちいさいおっぱい見せてよ」

とDQN先輩が後ろから抱きついてきた。
するとみんなも

「おれもおれも」

と言って身体をまさぐってきた。

驚き抵抗するがDQN先輩に後ろから羽交い締めされているような形になりあまり意味がなかった。

なにを言っても聞いてくれず、おかしな空気だった。

あとは寝るだけなのと夏だったので、Tシャツに短いパンツをはいていた。
2年の1人がTシャツをめくりあげブラをはずした。
泣いていた。

そのとき2年の中でも優しい先輩が頭をなでたりキスをしてきた。
顔は結構整ってる連中だし、キスもうまかった。
一度みんながおとなしくなった。

キスをしてきた先輩が

「>>1ちゃん、俺たち今日も練習がんばったしだめ?お願い、練習ばっかじゃキツイし集中力がきれるんだよな。先輩たちもしてくれてるよ?」

とわけのわからない説得をしてきた。
これは後で知ったんだが一応無理矢理は無しという、あるようないようなルールがあるらしい。

風呂場の熱気と先輩がやってるならしょうがないのか?という思いがぐるぐるし黙っていると、それを了承と捉えたのかまた身体をさわってきた。

何本もの手に触られて、キスされて、いつのまにか全裸になっていた。

自分は根が変態なのと犯されたい願望も少しあったため、濡れまくっていた。

「あれ?>>1ちゃんぐしょぐしょじゃーん。そんに感じちゃった?」

下を触ってきたやつが言った。
さすがに恥ずかしくて顔がかなり赤かったと思う。

しかし、当時はまだ処女だった。
そのことを言うと、先輩たちはこそっと相談して

「じゃあ今日はなめて?」

と自身のものをだしてきた。
当然フェラなどしたことなかったので戸惑っていると、頭を掴まれ顔に押し付けられた。

「口開けて」

「舐めて」

「歯あてないで」

指示通りに無心になってなめていた。

すると両手がそれぞれとられ、他のやつのものをにぎらされこすらされた。
周りのやつはそれを見て自分でしごいていた。
はやく終われと思いながら続けていると舐めているやつが

「うっ」

と呻き抜いて顔にかけてきた。
反射的に目を瞑ったが、顔にあたたかいものが流れるのを感じた。
そして周りも出していき、身体が精子まみれになった。
くさかった。

どうしたらいいかわからずにいると、シャワーに連れてかれ、身体を洗ってくれた。
笑顔で

「ありがとうね」

と言われた。
みんながそんなに喜んでくれるならたまにならしてもいいかなぁと思った。

身体を拭いてそのまま部屋に行き、寝た。

それからの合宿中は練習の合間に部室でキスや胸をもまれたり、就寝後に呼ばれてフェラしたりした。
SEXはまだしなかった。

これが1年の夏合宿のときの話。

かなり長々と書いてしまったすまん。
まだあるけど、人いる?

じゃあ処女奪われたときの話書く。

1年の夏休みの終わりの日だった。
珍しいことにその日は午前中だけで練習は終わり、昼からは個人練習にあてられた。

プレイヤーが練習しているのでマネージャーだけ帰る訳にもいかず、部室の掃除をすることに。

って言っても2年のマネージャーはどっか行って喋ってたからほぼ自分1人で黙々と掃除してた。
あ、3年のマネージャーは夏休み後半で辞めた。
残り3人ね。

これが汚い。
前の日にかなり掃除してきれいにしても次の日にはお弁当のひじきとか床に落ちてる。
ふざけんな。

掃除が終わりに近づいて部室の入口の近くの床にはりついてるガムをとろうと苦戦してた時、視界にふっと影が落ちた。

ドアの方を見ると1年のエースと言われてる190をこえる身長のやつが立ってた。
こいつも結構イケメン、岡田将生?に似てるかな、さわやか系、見た目は。
以後岡田と呼ぶ。

「タオルでもとりにきたかな?」

と思い壁の方に寄って道をあけた。
が、岡田は入口から動かない。
あ、キスされるかなーフェラかな、はやいとこガムはがしたいんだけどなー、とか考えてた。

「>>1掃除してんだー。サンキュー、きれいじゃん」

岡田の言葉にびっくりした。
くたくたになるまで掃除しても、相手の分析表を徹夜でしあげても、誰かにほめられることはほぼないからだ。
まぁたまーに気付いてくれるやつがいるだけでがんばれる訳だが。

「ありがと」

うれしくなって笑顔で岡田と少し話していた。
しばらくすると、

「あー、疲れたなー、まじ夏休み最後まで部活ありえねー、疲れたー」

と疲れたアピールをし出した。

「おつかれさま」

と返していたが

「だから、な、いいでしょ?」

とにかっと笑った。
すると一瞬で身体を抱き寄せられ、ドアと岡田に挟まれる形になった。
と同時にカチャリと鍵の閉まる音がした。

結構長い間抱きしめられていたと思う。
なんせ岡田は190はあるので完全に包まれてるようだった、安心感も感じていた。

「>>1、いつもありがとな?」

と頭をなでられ、正直ドキドキした。
いつもの他のやつとのキスやフェラとは違うドキドキだった。

すると、頭を両手で包むように持たれ、上をむかされてキスされた。
激しかった。
息継ぎができず、苦しかったが岡田は夢中でなかなかキスをやめてくれなかった。

なんだこのドラマみたいな展開と思う冷静な自分もいたが、だんだん薄れていった。

ようやく離してくれ、今度は首すじにキスをされた舐められて、感じた。
首は弱い。

さっきまでの和気あいあいからの一転にはずかしくなり、

「今はやだ」

と抵抗したが

「いいんだよ」

の一言で片付けられてしまい、事は進んでいった。

Tシャツをまくられて乳首を執拗にいじくられ、硬くなっていた。
するとハーパンの中に手をいれられ、パンツごしにまんこをさわってきた。

「やばくね?お前濡れすぎだろ」

実際かなり濡れていた。
夏合宿の日に少しだけ触られてからはまんこは誰にも触られてなかった。

岡田がパンツごしにこすった。
気持ちいいというより恥ずかしさの方が勝っていた。
次にパンツの中に手をいれてきたので、本格的に拒否した。

「ちょっと、ほんとだめ。…やらないよ?」

処女だということも主張したが岡田はおかまいなしというかんじだった。

「しようぜ。先輩にはもう言ってあるし」

初めは意味がわからなかったが、どうやら練習試合の得点で競っていたのに勝ったらしい。
そんなことで自分の処女を奪われる相手は決まったのだ。

しかしそれで納得なんて普通の人はしないだろう。
それでもまだ嫌がっていると、抱きしめられた、今回は岡田のペニスに押し付けるように。

「なぁ、俺>>1とやったらもっとがんばるから。今度の試合もがんばるからまじでお願い」

そんなふうに言われたら困る。
そもそもマネージャーはプレイヤーがプレイに集中できるようにするのが仕事なのか?これも仕事にはいるか?とマネージャーのあり方を考えなおしてたころには岡田がまたまんこを触りだしていた。

クリを触られ、正直トイレにいきたいようなかんじだった。

「…ふっ…んっ…」

と声がでてしまい恥ずかしさもあり岡田の腕にしがみついていた。

すると、手をひかれ、部室の奥の方に連れていかれた。
部室にはマッサージ用のマットがある。
そこでしようというのだ。

いったん間があいてしまったので若干気まずいかったが、マットに寝かされて、脚を広げられた。
少し抵抗したが結局従った。

「指いれるぞ」

そういわれ岡田の指が入ってきたが、思ったより痛くはなかった。

何回かぬきさしされると、

「いれるぞ」

と一言だけ言われ、まんこにペニスを押し付けてきた。
ゴムはつけてなかった。

生でやったのはこのときだけ。
岡田は後で先輩たちに怒られたらしい。

なかなかはいらず、てこずっていたが、ぐっと圧迫感を感じたすぐ後にかなりの痛みを感じた。

「痛い、痛いよ」

泣きながら岡田に言ったが無視され、最後までいれられた。
少しの間の後に

「動くぞ」

と言われ、腰をふられた。

痛かった。
泣いて岡田の身体を押しても岡田は容赦してくれなかった。
岡田はしばらく腰をふっていたが、自分のお腹に射精して、満足感にひたっていたと思う。

「わりぃ、大丈夫?」

気がついたようにそう言うと部室にあったトイレットペーパーで精子をふいてくれた。
2人で向かい合わせにマットの上に座っていた。
岡田が頭をなでてきた。

「サンキューな」

と言って部室を出ていった。
しばらく呆然としていたが、パンツとハーパンをはいて帰宅した。

ああ、もう処女じゃないんだなと思い、泣きはしなかったが落ち込んだ。
風呂ではせめて初めてがDQN先輩じゃなかっただけましと思い、寝た。

これが処女奪われた話。

このときからプレイヤー達とSEXしまくってた。
2学期に入ると2年のマネージャーも辞めて、とうとう1人だけになった。
仕事は増え、かなり大変だった。
それとSEXもしてたから当時の自分は相当体力があったと思う。

・FC2BlogRankingでこの続きを探す
・オリジナルの体験談一覧(姉妹ブログも含む)
関連記事
 
[ 2016/12/16 17:19 ] 女子学生の告白 | TB(-) | CM(-)
カテゴリ
アクセスカウンター
おすすめコミック
DLO-01 カレとの約束 ダウンロード販売
夏のオトシゴ ダウンロード販売
ブロマガ購読者数

現在291人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

アクセスランキング