彼女がホテル街で男と楽しそうに腕を組んでいた

昔の話で恐縮ですが、暇つぶしになればいいかなと思い投稿させてもらいます。
私には大学1年から3年付き合っているTという彼女がいたのですが、3年目に突入し、大学もそろそろ就職活動ピーク。
私は体力に自信があり、色々な企業の面接を受け、早く就職して落ち着いたら結婚しよう、互いにずっと支えあっていこう。
そう何度も誓うほど、私たちはとても仲が良かったです。

しかしそんな私の彼女Tの様子が3年目に入って2ヶ月ぐらいしたころからどうもおかしい。
就職活動の合間をぬって互いの予定を組んでデートに誘っても、急な予定が入った、就活だからとはぐらかされる。
まあ時期が時期だけに仕方ないかと諦め、メールでのやり取りや電話は欠かさずしないようにしました。

私は会えない憂さ晴らしにとジムに通い、体力づくりなんかをしてストレス発散していましたが日も差し掛かったところ、そろそろ帰ろうと思った帰り道、私は嫌なものを発見してしまいました。

それはTと知らない男性が仲睦まじく歩いているところでした。

Tとその見知らぬ男性は、ビル街を腕を組み楽しそうに歩いています。
私はといえばその光景を見てただもうポカーンとして、

え?なんだあれ?何が起こってんだ?は?という感じで頭の中が真っ白でした。

二人がホテルのある通りのほうへ歩くのを見届けた辺りで意識を戻すと、もう自分の中でぐちゃぐちゃとした怒りがこみ上げてきて、がむしゃらに二人が通った道の方へ走りました。

横断歩道を渡り、猛速で走り追いついたとき、調度二人はどこのホテルに入ろうかーみたいな感じで楽しそうに喋っています。

こういうときは普通なら落ち着いて写真とるなり何なりするんでしょうけど、とりあえず呼吸を落ち着けながらも、そんな風には思考が回らず、Tの後ろに忍び寄り肩をつかんだ辺りで浮気相手と目があいました。

私「・・・何してんの?」

そのときのTの顔はもう顔面蒼白で、サーっとみるみる内に血の気が引いていくのが目に見えてわかりました。
男のほうはというと大体察したのか平然とした顔してます。

うわー場慣れしてんなーと思いつつもとりあえずTを問い詰める私、
その先はお決まりの 違うのこれはねあのね のしどろ問答、
もうTと話しててもダメだ、と思い男の方に目を向けて

私「俺こいつの彼氏だけど、あんた何してる人?」


男の方はもうなんていうか開き直ってる感じで。

男「Tさんとお付き合いしているものです」

と結構紳士的な態度、私はというと頭に血が上っててとてもじゃないけど、そんな紳士な態度取れません。
もう今にも殴り掛かりたい、というかもう何だ、前科持ちも悪くないとか、そんなことばかりに頭がいくのを振り切って必死に平静を装ってました。

俺「いや俺こいつともう3年付き合ってて結婚も考えてたんだけどさ、
  あんたいつからよ?いやまあそんなの聞いても仕方ないから・・・」

自分でも何言ってたのかここらへんは曖昧で、気がついたら泣きじゃくるTを引っ張って調度近所にあるTの両親が経営する貸しビルのほうへ、
男のほうは黙ってついてきますが、どことなくそわそわしてました。

Tは泣きながらどこ行くの?ねえ!やめようよ!こっちお父さんの・・・ねぇ・・・もう・・・
と懇願してますが聞く耳もちません。

Tの両親のビル前まで着くと再びTが謝ってきます。

T「ねぇぇぇ・・・もうやめようよ、お父さんたち関係ないよねぇ!
  この人とは何でもないんだから!?」

半ばヒステリー起こしてるけど、さっき紳士的に何かいうてたやん・・・orz

もう私も色々限界でしたけど、何か急に熱が冷めるというか、
なんだもうあーめちゃくちゃにしちまえって感じでTの言うことを無視して

私「そっちの人って社会人?」

T「そうだけど・・・違うの私この人とはまだ何もしてないから!」

私「いやこれからするとこだったんでしょ?wまあいいけどさ
  結婚はされてるんですか?」

男「・・・・・」

この辺りからもう気持ちが冷静になってきてました。
というより、Tの手を引っ張ってるときにあーもう戻らないんだな俺ら
とかそんなこと考えて投げやりな気持ちになってたというのが正しいですね。

私「いや別に訴えるとかそんなじゃなしに、結婚はしてるんですか?」

と聞くと、男は静かに掠れる声で「・・・はい」と言いました。
先ほどは冷静に見えたけれど、この人も半ば諦めてるんだという気もしました。

私「あーそう、そうなんだ・・・へー・・・不倫してたの?」

T「ちが・・ご飯食べてただけだから・・・ホテルのほういったのも乗り気じゃなかった」

そのわりには楽しそうだったねー、と言うとTはうつむいて黙りました。


私「じゃあまあ慰謝料請求とかしちゃおっか、俺には金入らないけど
  奥さんとか大変だろうし携帯出してよそっちの」

Tの血の気がさらにひくのをみて、もう怒りというよりはなんていうかこう、
ざまみろwというような最低な気持ちが全面に出てしまい、
思わず吹き出しそうになりました。ごめんなさいorz
人の子ですからね!

Tを放置し、男の方に詰め寄ると今度は男の顔が見る見る蒼白に、
と思った次の瞬間、きびす返して血相変えて逃げようとしました。

そうはいくか、体力には自信があるし、ウォームアップならさっき走ったし、ジム帰りですぐ追いつき捕獲・・・!と思ったけど意外と力が強い。

一悶着起こしながら何とか押さえ込むと、今度は逆上して私のことを殴る蹴る、
掴み合いでのパンチだから大して痛くはなかったのですが、
余りにばしばし殴ったり蹴ったり、
あまつさえ「はなせええ!俺は悪くないぃぃ!」とか言ってます。

ああ、はいそうですかハハハ 
もうね、何か切れたね プッツーン って


Tとは結婚の約束もするぐらい仲が良かった

3年間ずっと一緒だった

心から愛せる人ってほんとにいるんだなーと思えた。これはほんとに思った。

もう就職したら結婚、子供は2人、両方娘ね!なんて笑い話も結構本気で話した。

ずっとずっと一緒だと思ってたわけですよ、それがですね、
なんですか?目の前の必死こいて携帯死守しようとしてるこの情けないリーマンに俺はとられたわけですか?はー情けねーと

もうなんだこの人生、笑えるなwwww
プツンと何かが切れたその瞬間

男の顔面に思いっきり肘鉄食らわして、続いて前キック。
よろめいたところを距離をとり、即座にワンツー顔面にぶちかましてしまいました。

私「うるせーよwwwどうみてもお前ははあははあははあは!」

もうこのとき半分ラリってました。
小学校 中学校と空手、高校上がってからはボクシングも始めて、
前述したとおり、体力にだけは自信ありましたから。
もう ぼこぼこにしないと だめだ そんな気分でした。

ワンツーぶちあてたので大分意識が朦朧としてる男につかみかかり、
もうニ三度殴ってやろうなんて思いながら、拳を構えたときに

T「もうやめてよおお!ごめんって謝ってるやんかあああ!」と

Tの悲痛な悲鳴で何とか留まり、鼻血噴出してうんうん唸ってる男を離し

私「とりあえず携帯だして」と一言

しかしもう意識も朦朧としてるのか「は・・・へえ」と情けない声を出しながらうずくまってしまうだけ。
こりゃどうしたもんかと思ってると、Tの声を聞いてTの両親登場。

T母「えええ、これどないしたんT!○○くん!どないしたんこれなぁ!その人は?」

しどろもどろながらもTが事情説明、浮気のことは曖昧にはぐらかしたので

私「ああ、浮気したんですよ、この既婚者の人と」ときっぱり伝え

T母「ここだったらなんやからとりあえず中はいり・・・」と消え入りそうな声のお母さん

本当にごめんなさい。
二人はほんと良い両親で、無愛想で893みたいだけどやさしいお父さんと、
天使みたいなお母さんでした。
あのときの顔は今思い出しても胸が痛いです・・・。

T、私、浮気相手の男と両親の5人でとりあえずビルで会議。
私はもう別れますということを伝え、男のほうはお父さんが携帯を奪い取り、奥さん宅に電話。

事情を説明し、何とかビルのほうにきてくれることとなりました。
とにかく怪我がひどかったので応急処置をしましたが、
男は謝りも何もせず、ただ無言でずーっとがたがた震えてました。

Tはもうなみだ目でずっとうつむき、Tのお母さんは私にずっとごめんねぇと謝ってました。

やがて奥さんが辿り着き、男の顔見て唖然。
私はそのことに対し深々と謝罪し、もし法的な話があるなら受けると言いましたが、奥さんはもう事情を知っており、それにこれで2度目の不倫だったらしく、慰謝料請求だなんだは旦那にのみする、Tとのことはまだそんなに長くもないので・・・
とかなんとかで示談。

なんとなく納得はいかないものの、T勝ち越し。
あまつさえ復縁狙いだから始末がつかない。
もうずっと「ごめんごめんごめん」ばっかり、寂しいからやったとかそんなお決まりなあれ

もうわしゃきいてられんよ、うちかえってねゆ!と言い
両親と奥さんに深々と礼をして、最後に目の前で携帯へし折って

「もう二度と顔も連絡も見たくないしするな」と言って帰りましたとさ。

もう3年も前だから大分脚色入ってるけど大体事実です。
その後はTから大学の知り合い関係から連絡とろうと必死になってましたが、友人関係には全員しっかりと事情を話しておいたので、何とか事なきを得ました。

私はというと携帯新機種に変えたり、就職活動であっちいったりこっちいったりで、もう何か泣く暇もなく過ごしました。

結局泣いたのは半年後就職が決まった嬉しさと、ここまでがんばって就職活動したのは彼女のためだったんだと、そう思ったせいで油断して少しだけ泣き笑いしました。

なんていうか、一人身最高。


そいじゃまあ名無し戻ります、駄文失礼。

・FC2BlogRankingでこの続きを探す
・オリジナルの体験談一覧(姉妹ブログも含む)
関連記事
 
[ 2016/11/24 20:11 ] 寝取られ寝取り体験 | TB(-) | CM(-)
カテゴリ
アクセスカウンター
おすすめコミック
DLO-01 カレとの約束 ダウンロード販売
夏のオトシゴ ダウンロード販売
ブロマガ購読者数

現在298人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

アクセスランキング