ド田舎の訳あり女に童貞を奪われた

俺は、クソのような田舎町で生まれ育った。
駅を降りると、川の上流は川沿いにちょっとした温泉街があり、下流は住宅街だった。
俺が小4の頃お袋が亡くなり、それ以降、オヤジの生活は荒れた。
親父は観光で食ってたが、お袋が亡くなった後は、訳アリの女をとっかえひっかえ連れ込んで抱いていた。
俺は、親父が女を連れ込んだ日は、その訳アリ女達の寄宿舎みたいな建物に預けられていた。

小学 生のうちは単純に可愛がられていたが、中学になって学ランを着るようになると、
「ボクちゃんも大人っぽくなってきたわね。おチンチンに毛生えた?」
「もう、精液出るの?」
とからかわれるようになり、中1の夏、短パンを逃がされ、チンポを弄られた。
数人の訳あり女達に囲まれて、身体を押さえつけられ、勃起したチンポを扱かれたが、まだ、射精しなかった。
「ボクちゃん、まだ精液出ないんだね・・・」
一人の訳あり女が呟くとパンツを脱いで跨ってきた。
チンポが熱いマンコに呑み込まれた。
女の腰が妖しく動き、俺はチンポに強烈な快感を受けて悶えた。
「中学生のボクちゃん、童貞喪失~」
一人、また一人と射精しないチンポに跨って腰を振った。
こうして夏の間に性交を教えられた。
射精はしないが、ビククン!と身体が痙攣すると一度萎えた。
幼くても空砲は打つのだろうか。

中1の秋、寄宿舎にセーラー服の女の子が連れてこられた。
2年生の先輩だった。
「上若連の玩具だってさ。ボクちゃん、この娘とセックスしてみなよ。」
俺は学ランを、先輩はセーラー服を脱ごうとしたら、
「ああ、下だけ脱いで。上はそのままでおやり・・・」
学ランの少年とセーラー服の少女の拙いセックスは、訳アリ女達がビデオ撮影した。
それが地下で売られて、数年後に「モノホン中学生のセックス」と言うタイトルで画質の悪い裏ビデオとして流通していた。

俺が中2の夏休みの出来事だ。
訳アリ女が俺に跨って腰を振っていたとき、内股にザワワ~~という感覚が来た。
その少し後、ドロドロドロ~~っと射精したのだ。
「!!エッ!ヤダ~~・・・ボクちゃん射精したの~~」
訳アリ女のマンコにタップリと新鮮な精液が大量に噴出したのだ。
暫くして、その訳アリ女は寄宿舎から消えた。

その後も俺は、訳アリ女達の性欲処理坊やとして飼い慣らされた。
コンドームをして相手させられた。
今度は、すぐに射精すると叱られるようになり、我慢を覚えた。
中学の時も、高校の時も、時折連れて来られる顔見知りの同年代の女の子と制服セックスをさせられ、撮影されていた。
後に知ったが、その中高生の女の子達は、温泉街に住まう貧困家庭の娘達で、若連と言う地域組織のうち、金持ちのお坊ちゃんだけで組織する上若連の男達の慰み者だった。
みんな、中学生になってセーラー服を着ると、上若連に処女を奪われ、日々輪姦される。
そして、俺のような立場の男と性交させてビデオ撮影して、訳アリ女達の小遣い稼ぎのために地下売買されていたのだ。
上若連も訳アリ女達も一切画面に映らないから、万が一当局に裏部で尾が押収されても、自分たちは検挙を免れるというずる賢さだった。
時はまだ、昭和だった。

俺は、高校を出たらクソ田舎を離れて県庁所在地へ出た。
建設会社で働き、飯場の飯炊き女達の相手をして性欲を紛らわしていた。
若い俺は、30代40代の飯炊き女達の人気者だった。
21歳の時、建設会社に出入りしていた資材会社の女とハメ友になった。
彼女は営業の女で27歳の人妻だったが、なかなかの美人だった。
俺はその女に誘われて会社を移り、暫く不倫ハメ友をしていたが、女が旦那の子を妊娠して退社した。

その資材会社のOLと恋仲になったのが24歳の時だった。
OLと言っても高卒の事務補助だったが、俺の生まれたクソ田舎にはいそうもない可愛い女の子で名前は絹子と言った。
24歳と19歳の初々しいカップルは、社内公認となり、微笑ましく見守られた。
「ねえねえ、キスしたの?」
女の子同士の会話が聞こえてきた。
俺は、性体験はやたら多かったが、恋愛経験はゼロだったから、好きな女を口説いて性交に持ち込む術を知らなかった。
性欲処理の性交と好きな女との性交が同じ物ではなかったのだ。
だから、絹子がいながら飲み屋の女と寝たりしていた。

絹子が20歳の夏、薄着の絹子に欲情した俺はついストレートに言った。
「絹子・・・俺、絹子とセックスしたいな。」
「ムードないのね。もう少し愛情表現できないの?」
「絹子が好きだからセックスしたい。」
「愛してるとか、君が欲しいとか、言えないの?」
全くもって恋愛下手だった。

ラブホテルに絹子を連れ込んだ。
絹子の裸はやや華奢でパイオツもあまり大きくなかった。
何となく、上若連の玩具にされていた先輩の中2少女の身体を思い出して、絹子は顔も体も中学生みたいだと感じた。
「絹子、中学生みたいに可愛いね。」
褒め言葉のつもりだったが、
「ペチャパイって言いたいの?」
つくづく恋愛下手だと思った。
それでも成功経験豊かな俺は、絹子の身体を愛撫し、濡れてきたマンコを広げて舐めた。
絹子のマンコは、今まで見てきたどのマンコより美しかった。
完全に皮を被ったクリを吸い気味にして剥いて舐めると、絹子は急に、
「ウアァァ!ナニ?エッ?ナニコレ!アァァ~~」
まるでエビのように跳ねていた。
大抵の女はこれをやると艶めかしく喘いだのに、絹子の違う反応に俺は面白がって舐め続けると、
「ちょっと、ストップ!ストップ!」
クンニを中断させられた。
「どうしたんだよ。気持ち良くないの?」
「なんか変な感じ。それに、アソコ舐めるのって、変態っぽくない?」
セックスの前には、マンコを洗ってあるならクンニするのが当然と思っていた俺は、絹子が言ってる意味が分からなかった。
フェラしてもらおうと思ってチンポを近づけると、怪訝そうな顔をされて、絹子は性器を舐めることを良しとしない女なのかとその日は諦めた。

スキンを被せて、絹子のマンコに入れた。
思いのほか狭く、すんなり入らなくて少し体重をかけると、ズコッといきなり入った。
「イッタタタターーーー!」
「え?どうした絹子!」
チンポを入れられて悦ぶ女ばかりだったから、痛がられてパニックになった。
「は、は、初めてなの!」
「!!・・・初めて・・・あっ!」
俺は、処女の存在と処女膜の破瓜について思い出していた。

痛がっていた絹子だったが、2年後には俺の妻となっていて、股を開いてクンニを求め、チュパチュパチンポを舐め、マンコに迎えたチンポをキュウキュウ締めて喘ぐようになっていた。
子供は女、女、男と3人生まれた。
俺は出産のたび、飲み屋の女に手をつけて浮気した。
そして、結婚して12年の頃、会社の独身OLと不倫していたところを興信所に抑えられた。
絹子に愛想をつかされ、俺は、慰謝料代わりに家と家財道具を全て絹子に渡し、体一つで家を出た。

俺は離婚後6年、45歳で会社を辞め、故郷へ戻り、オヤジが残したボロ家を直して住んだ。
クソ田舎は俺を優しく迎えてくれた。
すっかりひなびた温泉街の観光協会の仕事をして暮らした。
俺の相棒は、銀縁メガネの孝子と言う37歳の行かず後家だった。
決して不細工ではないのだが、髪を後ろで束ねただけの洒落っ気ゼロの女だった。
女を感じないからか、すぐに仲良くなり、1年もすると週末は連れ立って飲みに行っていた。
孝子は完全にオヤジ化していて、ある日、ベロンベロンに酔って、目が覚めたら俺のボロ家で二人でゴロ寝していた。
土曜の朝、俺の家から出てきた孝子が数名の人間に目撃され、噂になった。
平成の世でも、田舎町では男の家から女が朝帰りはセンセーショナルな話題だった。

孝子は、
「私達デキてる事になってるわね。悪いことしちゃった・・・」
「悪い事?そうでもないけどね。俺は歓迎するよ。」
話は簡単で、週末、孝子は俺のボロ家にやってきた。
「今時、シャワーもないお風呂って珍しいわね・・・」
などと言いながら、身体を拭きつつ、どこも隠さず歩いてきた。
俺も風呂に入って戻ると、孝子が座って待っていた。
「私ね、セックスするの20年ぶりくらいなんだ。」
「20年?10代のセックスが最後?」
「今はもうないけど、昔ね、上若連っていうふざけた組織があって、私、家が貧乏だから中学の時からそいつらに輪姦されてたんだ・・・汚い体で、この町では恋愛なんか出来やしない。だから、汚い私なんかと噂になって申し訳ないと思ったんだ・・・アアン・・・」
孝子のマンコはビラが若干ドドメ色だった。
37歳の人妻なら綺麗すぎるマンコだが、20年前、女子高生でこのマンコでは汚い女と言われただろう。
「アン、アアン・・・中1で初体験して・・・アハン・・・週2~3日呼び出されて犯されて・・・アアッ・・・一度に5人に輪姦されたこともあった・・・」
しつこいクンニにマンコはトロトロになっていった。
特に何も言わないので生で入れた。
「アア~~~高校になって・・・お前のアソコは汚いからもういらねえ!何て言われてお払い箱・・・きっと、代わりの若い女の子が手に入ったんだと思う・・・アン、アアン・・・高2で変色したアソコの女なんて・・・お嫁には行けないわよ・・・アアッ・・・」
孝子は仰け反って、それ以上話さなくなった。
俺は、あの中2の先輩達は、どこで何してるんだろうと思った。
孝子のマンコは、ずっと放ったらかしだったせいか、良く締まった。
中には出せないから、ヘソのあたりに射精した。
「別に、気にしなくていいからね。私、寝たからお嫁にしてとか言わないから・・・」
「そう言うなよ。一緒に暮らそうや・・・」

孝子と暮らして14年になる。
入籍して13年だ。
一緒に暮らしているうち孝子を妊娠させちまって入籍、孝子は高齢出産した。
子供は来年中学生、そして俺は今年還暦を迎えた。

俺は先月、もう一つの家族の様子を見に15年ぶりに県庁所在地に舞い戻った。
俺が残した家の前に車をとめ、少し様子を見ていたら、家族5人で暮らした日々が蘇り、涙がポロポロ流れた。
すると、絹子よりずっと若い女と幼稚園くらいの子供が庭に出てきた。
絹子達は引っ越していた・・・いや、違った。
あれは、俺の娘と孫だった。
白髪の女が自転車で帰って来て、買い物袋を携えて家に入った・・・絹子だ・・・
「おばーちゃーん・・・」
子供の声が聞こえた。
俺は、幸せそうなその光景を胸に刻んで、何も告げずにその場を離れた。
そして、もう二度とこの家を訪ねない決心をして、心で絹子と子供達に別れを告げた。

俺は、クソな田舎に結局は舞い戻り、上若連の犠牲者と一緒になった。
孝子はサバサバした女で、不幸な少女時代を受け入れつつ半ばあきらめ気味に生きていた。
俺と結婚できると知った時は泣いていたくらいだから、子供が無事に生まれた時には物凄い喜びようだった。
今、還暦を迎え、孝子との営みは週2回になったが、40代の時は毎日ハメていた。
52歳になる孝子は、今でも俺に抱かれることが楽しみだという。
閉経して1年、週2回、俺の精液は孝子のドドメ色マンコに直接注がれている。
いつまで勃つかわからないが、俺は、このクソ田舎で孝子を愛し余生を生きる・・・

・FC2BlogRankingでこの続きを探す
・オリジナルの体験談一覧(姉妹ブログも含む)
関連記事
 
[ 2016/11/18 22:00 ] 年上女性との体験談 | TB(-) | CM(-)
カテゴリ
アクセスカウンター
おすすめコミック
DLO-01 カレとの約束 ダウンロード販売
夏のオトシゴ ダウンロード販売
ブロマガ購読者数

現在291人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

アクセスランキング