部屋でオナニーをしてたら、女子大生の姉が急に入ってきた

俺が高校生のとき、夏休みで部活もやらず休みの日は家でぐったりしていた。
休みの日だから、俺は部屋でゲームしたりパソコンでAV見たり、とにかく自分だけの時間を過ごしてた。
姉(以下、咲耶)も夏休みなんだろう、普段は大学に通ってて、一人暮らしをしてる姉が実家に帰ってきてたんだ。
その姉に俺はオナニーを目撃されてしまった。

ちょうどその日は、父さん母さんが出掛けてて、俺1人だなって思ってたから、朝からノートパソコンでAVを見ようと思った。
いつものように1人でしていると、突然扉を開けて咲耶が入ってきた。

俺「な、なんだよ!」

咲耶「あっ、ご、ごめん!」

俺「ノックぐらいしてよ」

咲耶「あんた寝てるかと思ったから、ごめんね」

俺「・・・でもせめてノックは」

咲耶「それより何してんの?」

俺「何って・・・」

咲耶「1人でしてたんでしょ?」

俺「してねぇよ」

咲耶「お姉ちゃんに見せてよ」

俺「何言ってんだよ」

咲耶「え~、あんたずっと1人でしてるんでしょ?」

俺「そんなことねぇし」

咲耶「じゃ、見せてごらん」

俺「何でそんな見たいんだよ」

咲耶「お姉ちゃんが、あんたが童貞なのか見てあげる」

俺「はぁ?」

咲耶「ほら!」

そう言われ、俺は姉にチンコを見せた。

咲耶「やっぱ童貞だ」

俺「悪かったな」

咲耶「でも皮剥けてるんだ」

俺「そりゃあ」

咲耶「へぇ~意外にデカい」

俺「それで?何がしたいの?」

咲耶「あんた、お姉ちゃんの身体見てそんなに大きくしてるの?」

確かに姉ちゃんは巨乳だし可愛いし、姉弟じゃなきゃ付き合ってたな。

俺「そんなわけないじゃん」

咲耶「そっか~?私のここばっかり見てたくせに」

俺「・・・そ、そんなわけないじゃん」

咲耶「身体は嘘ついてないよ??」

俺「なんだよ姉ちゃん、弟なのにいいのかよ?」

咲耶「あっ、エッチなこと考えてた?」

俺「あ、うん」

咲耶「ざーんねん、お姉ちゃんはあんたが1人でしてるのを見たいだけ」

俺「嘘だ~」

咲耶「なに?お姉ちゃんにして欲しい?」

俺「まぁ~そうだね」

咲耶「しょうがないな童貞君は」

俺「いいの?」

咲耶「挿入以外ならいいけど」

俺「ちぇ」

咲耶「なに?入れてみたいんだ」

俺「そりゃな」

咲耶「まぁ、考えておいてあげる」

俺「って・・・姉ちゃん・・・」

俺は姉にキスをされてしまった。
しかもディープ。

咲耶「キスだけでカチカチにしちゃって」

俺「姉ちゃん、俺そんなことしたことないんだから」

咲耶「じゃ手コキしてあげる」

俺「そんな速くシコられたヤバい」

咲耶「すごいカチカチでデカいのね」

俺「あっ・・・姉ちゃんダメだって・・・」

咲耶「出しちゃダメだよ?」

俺「あっ・・・気持ちいい・・・」

咲耶「もう少し耐えたらお口でしてあげるから」

俺「あっ・・・う・・・ん・・・」

咲耶「我慢我慢」

俺「あっ・・・」

咲耶「ダメ~」

俺「ハァハァ・・・姉ちゃん・・・」

咲耶「我慢汁だけはいっぱい出しちゃって」

俺「耐えたよ・・・」

咲耶「全く・・・」

姉ちゃんは笑いながら俺のチンコを口で咥えた。

俺「あっ・・・気持ちいい・・・あ・・・」

咲耶「フェラチオも初めてだもんね」

俺「姉ちゃん・・・気持ちいい・・・」

咲耶「あんたの大きくて入らないよ」

俺「出そう・・・姉ちゃん・・・」

咲耶「一回出しておく?それともおっぱいで挟んで欲しい?」

俺「挟んで欲しい」

咲耶「全く仕方ないな」

俺「姉ちゃん挟んで」

咲耶「挟んだらちんちん消えちゃうかもね?」

俺「お願い早く」

姉ちゃんはパンツだけになり、俺のチンコを挟んでくれた。

咲耶「もう我慢できないでしょ?いっぱいお姉ちゃんのおっぱいで出して」

俺「あっ・・・出る・・・」

咲耶「いいよ」

俺「あっ・・・イク・・・出る!」

俺はそのまま姉ちゃんのおっぱいに出し、そして顔にもついた。

咲耶「あんただけ気持ちよくなってずるいな」

俺「あっ・・・ご、ごめん」

咲耶「お姉ちゃんが1人でしてるところ見て、また大きくてしてよ」

俺「そんなすぐならないよ」

咲耶「そうかな?じゃ、そこで見てて」

俺「あっうん」

咲耶「あん・・・あっ・・・ほら、お姉ちゃんのアソコ見て」

姉ちゃんは弟の俺の目の前でオナニーを見せてくれた。

咲耶「ほら、少しずつだけどまた大きくなってきてるじゃん」

姉ちゃんはそう言うなり口に咥えながらオナニーをした。

咲耶「あっ・・・お姉ちゃん欲しくなっちゃうな」

俺「このままじゃまずくない?」

咲耶「いいよ、今日安全日だし」

俺「じゃ・・・」

咲耶「跨がってあげる」

騎乗位をしてくれた。

俺「すげぇあったかい」

咲耶「あんたの大きいからお姉ちゃんすごい気持ちいい」

俺「あっ・・・すごい気持ちいい」

咲耶「イキそう・・・あっ・・・あん・・・」

俺「姉ちゃん気持ちいいよ」

咲耶「お姉ちゃんイク・・・あっ・・・」

俺はAVのようにバックで突いてみたいと思い、やってみた。

咲耶「あっ・・・ん・・・いい・・・」

俺「姉ちゃん・・・また出そう・・・」

咲耶「ダメ・・・外に出して・・・」

俺「あっ・・・イク!出る・・・」

俺は抜いてお尻にザーメンを出した。

咲耶「今日のことは秘密よ」

その日以来、父さん母さんがいない時は、姉ちゃんとすることがある。
姉ちゃんのパンツですることもある俺は変態です。

・FC2BlogRankingでこの続きを探す
・オリジナルの体験談一覧(姉妹ブログも含む)
関連記事
 
[ 2016/10/17 12:16 ] 近親体験談 | TB(-) | CM(-)
カテゴリ
アクセスカウンター
おすすめコミック
DLO-01 カレとの約束 ダウンロード販売
夏のオトシゴ ダウンロード販売
ブロマガ購読者数

現在290人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

アクセスランキング